安い一眼レフカメラおすすめ7選【初心者でも手の出しやすい軽量商品も紹介】

安い一眼レフカメラおすすめ7選【初心者でも手の出しやすい軽量商品も紹介】
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

写真家・カメラ評論家である田中希美男さんへの取材をもとに、はじめての本格カメラにおすすめの一眼レフを比較的値段の安いもののなかからご紹介します。はじめて一眼レフカメラを買おうと思う場合、予算や今後買い替えることを考えてまずは比較的安いものから選びたいという方も多いでしょう。価格控えめのエントリーモデルの一眼レフでも、さまざまな機能が備わっています。本記事では安い一眼レフでも、上級機種に引けを取らない高性能・高機能商品や、軽くて小さいモデルなど、国内メーカーの一眼レフカメラを紹介しています。ぜひ参考にしてください。


安い一眼レフカメラの選び方 レンズ付き10万円以内で探すべし!

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに、安い一眼レフを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

一眼レフカメラ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ボディとレンズがセットで、10万円以下のモデルがひとつの目安になります。

ボディとレンズがセットになったモデル

写真家、カメラ評論家

レンズ交換式カメラは、基本的にはカメラボディ単体で販売されます。しかし、交換レンズの手持ちがなければカメラボディだけとなり、写真は撮れません。そこで、一般的で低価格なズームレンズとセットで販売しているものが「レンズキット」です。

ボディ単体と交換レンズを別々に購入するよりも相当お買い得な価格になっています。ここでは、やや初心者向けの低価格一眼レフカメラとズームレンズをセットにして、10万円以下で買える機種だけを並べてみました。カメラがどんな撮影機能を備えているか、セットのズームレンズの画角はどれくらいか、などをチェックして選んでください。

一眼レフカメラの魅力と欠点

写真家、カメラ評論家

レンズ交換式カメラは「一眼レフ」と「ミラーレス」に大別できます。ここで取り上げたのは一眼レフカメラ。それも低価格の機種だけに限定しました。一眼レフカメラの魅力は、

・光学ファインダーの視認性の良さ
・カメラボディのホールドのしやすさ
・交換レンズが豊富にラインナップされていること
・オーソドックスなカメラスタイルで見栄えが良いこと

などです。とはいえ、ミラーレスカメラに比べると「大きくて重い」ことが欠点といえます。しかし、最近では低価格の一眼レフカメラを中心に、「小さくて軽い」ものも多くあります。このようなカメラのサイズと重量も、カメラ選びのチェックポイントにしてください。

低価格ながらも上級機種に迫る画質

写真家、カメラ評論家

ここに紹介したカメラは低価格機種ばかりですが、決して「安かろう悪かろう」ではありません。むしろ「安かろう良かろう」と言えるものばかりです。とくに画質については心配することはなにもありません。使用しているイメージセンサー(撮像素子)は最新型ですし画素数も充分あり、上級機種にも使用されている場合が多いです。

撮影機能、撮影モードは、初心者でも失敗なく楽しんで使えるように追加搭載されています。むろん基本の撮影モードはきちんと備わっています。ここが、いわゆるエントリークラスのカメラの特長のひとつです。

撮影時のブレを抑えるための手ブレ補正機能は、キットズームレンズにはすべて搭載されていますし、PENTAXのカメラには、ボディ内に手ブレ補正の機能が内蔵されています。これにより、安心してブレの少ないシャープな画像を撮ることができます。

安い一眼レフカメラのおすすめ7選 写真家・カメラ評論家が厳選

うえで紹介した安い一眼レフの選び方のポイントをふまえて、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

高速連写機能を搭載したカメラや、撮った写真をスマホや携帯に自動転送できるカメラなど、さまざまなカメラがありますよ。

初めての一眼レフカメラ

Photo by Adil Ansari on Unsplash

一眼レフカメラを使うと、スマホとは違った写真の世界が広がります。スポーツ・夜景といった撮影シーンに合わせて設定もできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『EOS 9000D・EF-S18-135 IS USM レンズキット』

Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS9000D・EF-S18-135ISUSMレンズキット』

出典:Amazon

本体サイズ 幅131.0×高さ99.9×奥行76.2mm
本体の重さ 約493g
使用レンズ キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む)EF-Mレンズを除く
撮影機能 ホワイトバランス、ノイズ低減、画像の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ光学補正など
ファインダー方式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式
ファインダー視野率 上下・左右とも約95%(アイポイント約19mm時、アスペクト比3:2設定時)
有効画素数 約2,420万画素
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

EOSシリーズ現行モデルの中で最上級機種

キヤノンのEOS一眼レフカメラには現在、入門者向けエントリーモデルとして4機種がラインナップされています。その4機種(四兄弟)のなかで長男にあたるのが『EOS 9000D』です。

操作系も外観も上級機種の一眼レフ並みです。四兄弟のなかで唯一、ボディ上部に液晶情報パネルを備えているのが特徴。シャッタースピードや絞り値などの撮影中の情報が、常時集中表示されますのでカメラの状態を把握しやすいです。

AF性能、連写性能、動画機能、スマホとの連携機能なども上級機種にひけをとりません。キットズームレンズがカバーする画角はフルサイズ判換算で28.8~216mmまであり、1本のズームレンズでほとんどのシーンを撮影することができます。

なお、カメラ操作部が少し違うだけで性能や機能はまったく同じ『EOS Kiss X9i』もありますので、参考になさるといいでしょう。

Canon(キヤノン)『EOS KISS X9i・EF-S18-135 IS USM レンズキット』

Canon(キヤノン)『EOSKISSX9i・EF-S18-135ISUSMレンズキット』

出典:楽天市場

本体サイズ 幅131×高さ99.9×奥行76.2mm
本体の重さ 約485g
使用レンズ キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む)
撮影機能 ホワイトバランス、ノイズ低減、画像の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ光学補正など
ファインダー方式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式
ファインダー視野率 上下/左右とも約95%(アイポイント約19mm時、アスペクト比3:2設定時)
有効画素数 約2,420万画素

『EOS 9000D』を検討するならこちらも!

『EOS Kiss X9i』は、『EOS 9000D』と操作機能が異なりますが、エントリーモデルに位置する製品です。しかし、センサーサイズや画像処理エンジンはどちらも同一なため、大きな性能差はありません。また、初心者にうれしいバリアングル式の液晶モニターを搭載。自分の目線よりも低いものをアップで撮れるほか、運動会などの人が多い場所では頭上まで持ち上げて撮影することも可能です。

次に紹介する『EOS KISS X9』よりも、サイズが少し大きくなりますが、本商品のほうが光学ファインダー時のオートフォーカス性能が優れています。価格差や搭載機能に応じて選択するとよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『EOS Kiss X9・EF-S18-55 IS STM レンズキット』

Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX9・EF-S18-55ISSTMレンズキット』

出典:Amazon

本体サイズ 幅122.4×高さ92.6×奥行69.8mm
本体の重さ 約406g
使用レンズ キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む)
撮影機能 ホワイトバランス、ノイズ低減、画像の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ光学補正など
ファインダー方式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式
ファインダー視野率 上下・左右とも約95%(アイポイント約19mm時)
有効画素数 約2,420万画素
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

小型軽量なズームレンズがセットの入門用一眼レフ

『EOS 9000D』や『EOS Kiss X9i』の弟分となるカメラです。比べると撮影機能や性能はほんの少し下がりますが(それでも十分な性能ですが)、兄貴たちよりも数万円ほど安いところが『X9』のおすすめのポイントなのです。

もうひとつ注目したいのは現行、EOS一眼レフカメラの中でカラーモデルから選択できるのはこちらの機種だけだということです。通常のブラックモデルのほか、グリップ部だけがブラウンのシルバーモデル、そしてボディは真っ白でレンズはシルバーのホワイトタイプが用意されています。女性に人気があるのはホワイトタイプのモデルのようです。

キットズーム18~55mmは、フルサイズ判換算で広角28.8~88mm相当の中望遠までの画角をカバーします。液晶モニターはバリアングル式なので、自撮りすることもできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『EOS Kiss X90・EF-S18-55 IS II レンズキット』

Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』 Canon(キヤノン)『EOSKissX90・EF-S18-55ISIIレンズキット』

出典:Amazon

本体サイズ 幅129.0×高さ101.3×奥行77.6mm
本体の重さ 約427g
使用レンズ キャノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む) EF-Mレンズを除く
撮影機能 表現セレクト機能、ホワイトバランス、ノイズ低減、画面の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ周辺光量補正など
ファインダー方式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式
ファインダー視野率 上下・左右とも約95%(アイポイント約21mm時)
有効画素数 約2,410万画素
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

小型軽量で安価ながら上級機種並みのセンサーを内蔵

キヤノンEOS一眼レフカメラの中で末弟にあたるのがこの『EOS Kiss X90』で、2018年春のモデルです。液晶モニターは固定式ですが、そのぶんボディをより小型で軽量に仕上げています。基本的な撮影機能は充分に備わってて性能もいいです。

低価格なカメラですが、使用しているイメージセンサーは約2,410万画素CMOSセンサーで、これは上級機種の多くに採用されているものです。キットレンズは18~55mm(換算で28.8~88mm相当)ですが、言うまでもなく『X90』はレンズ交換式カメラですので、他の交換レンズと組み合わせれば撮影領域も広がり、画質も良くなる可能性があります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『D5600 18-55 VR レンズキット』

Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D560018-55VRレンズキット』

出典:Amazon

本体サイズ 幅124×高さ97×奥行70mm
本体の重さ 約415g
使用レンズ オートフォーカス可能レンズ:AF-S、AF-P、AF-Iレンズ
撮影機能 オートブラケティング、オートフォーカス、調光補正、ホワイトバランスなど
ファインダー方式 アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー
ファインダー視野率 上下・左右とも約95%(対実画面)
有効画素数 2,416万画素
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

高い機能性と性能を備えたエントリーモデル

ニコン一眼レフカメラのエントリークラス機種には搭載機能の順で、『D5600』をトップに『D5300』『D3500』の3機種がラインナップされ、『D5600』の機能がもっとも充実しています。

液晶モニターはバリアングル式でタッチパネル操作の機能を搭載。通信機能はWi-FiのほかBluetooth LE、NFCを備え、ニコンのクラウドサービス「SnapBridge」にも対応していますので、撮影した画像を保存したり他の人と共有することができます。有効画素数2,416万画素CMOSセンサーを採用していますので、ミドルクラス機種に負けない高画質な写真撮影が可能です。

レンズキットのズームはフルサイズ判換算で27~82.5mm相当の画角をカバーしてくれます。なお『D5600』にはもうひとつのレンズキットもあり、そちらは18~140mmズームで27~210mm相当の幅広い画角をカバーできます。少し価格は高くなりますが18~140mmズームのキットのほうがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『D3500 18-55 VR レンズキット』

Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』 Nikon(ニコン)『D350018-55VRレンズキット』

出典:Amazon

本体サイズ 幅124.0×高さ97.0×奥行69.5mm
本体の重さ 約365g
使用レンズ オートフォーカス可能レンズ:AF-SのEタイプ、AF-SのGタイプ、またはAF-Pレンズ
撮影機能 露出補正、オートフォーカス、調光補正、ホワイトバランスなど
ファインダー方式 アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー
ファインダー視野率 上下・左右とも約95%(対実画面)
有効画素数 約2,416万画素
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

コンパクトで扱いやすく高画質の写真が撮れる

基本の撮影機能や性能は上級機種である『D5600』とほとんど違いはありません。強いて違いをあげれば、この『D3500』の液晶モニターは固定式で角度が変えられないこと(そのぶん少し軽量です)と、Wi-Fi機能が備わっていないこと。

しかしバッテリー消費の少ないBluetooth LEが搭載されていて、ニコンのクラウドサービス「PictBridge」と連携し画像の保存、共有ができます。そのほかの撮影機能、そして写りの性能などは『D5600』とほぼ同等ですが、こちらの方が低価格でお買い得かもしれません。

キットレンズは18~55mmズームですが、購入後に他の交換レンズを加えていけば、撮影領域はどんどんと広がります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH(リコー)『PENTAX K-70 18-135WR キット』

RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』 RICOH(リコー)『PENTAXK-7018-135WRキット』

出典:Amazon

本体サイズ 幅125.5×高さ93.0×奥行74.0mm(突起部を除く)
本体の重さ 約628g
使用レンズ KAF4、KAF3、KAF2(パワーズーム非対応)、KAF・KAマウントレンズ|
撮影機能 オートフォーカス、ホワイトバランス、露出補正など
ファインダー方式 ペンタプリズムファインダー
ファインダー視野率 約100%
有効画素数 約2,424万画素
Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

アウトドアでも安心の防塵・防滴・耐寒の仕様

ニコン、キヤノンのエントリー一眼レフカメラとは「ひと味」違う優れた機能を備えたカメラです。雨にも雪にも耐える防滴性、細かなホコリや砂などに対する防塵性、氷点下10度でも動作する耐寒性を備えています。キットレンズも同じ防滴、防塵、耐寒性能を備えています。

一眼レフの大きな特徴である光学ファインダーは本格的なガラス製のペンタプリズムを採用し、クリアーな視認性があります。さらにファインダー視野率は100%で、トップクラスの一眼レフカメラに匹敵する優れた性能です。ボディ内に手ブレ補正機能を備えているので、どんなレンズと組み合わせても、低速シャッタースピードでの手ぶれを防いでくれます。

また、高ISO感度での画質に優れていることも『K-70』のもうひとつのセールスポイントでしょう。とてもよい、おすすめの一眼レフカメラです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Canon(キヤノン)『EOS 9000D・EF-S18-135 IS USM レンズキット』
Canon(キヤノン)『EOS KISS X9i・EF-S18-135 IS USM レンズキット』
Canon(キヤノン)『EOS Kiss X9・EF-S18-55 IS STM レンズキット』
Canon(キヤノン)『EOS Kiss X90・EF-S18-55 IS II レンズキット』
Nikon(ニコン)『D5600 18-55 VR レンズキット』
Nikon(ニコン)『D3500 18-55 VR レンズキット』
RICOH(リコー)『PENTAX K-70 18-135WR キット』
商品名 Canon(キヤノン)『EOS 9000D・EF-S18-135 IS USM レンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS KISS X9i・EF-S18-135 IS USM レンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS Kiss X9・EF-S18-55 IS STM レンズキット』 Canon(キヤノン)『EOS Kiss X90・EF-S18-55 IS II レンズキット』 Nikon(ニコン)『D5600 18-55 VR レンズキット』 Nikon(ニコン)『D3500 18-55 VR レンズキット』 RICOH(リコー)『PENTAX K-70 18-135WR キット』
商品情報
特徴 EOSシリーズ現行モデルの中で最上級機種 『EOS 9000D』を検討するならこちらも! 小型軽量なズームレンズがセットの入門用一眼レフ 小型軽量で安価ながら上級機種並みのセンサーを内蔵 高い機能性と性能を備えたエントリーモデル コンパクトで扱いやすく高画質の写真が撮れる アウトドアでも安心の防塵・防滴・耐寒の仕様
本体サイズ 幅131.0×高さ99.9×奥行76.2mm 幅131×高さ99.9×奥行76.2mm 幅122.4×高さ92.6×奥行69.8mm 幅129.0×高さ101.3×奥行77.6mm 幅124×高さ97×奥行70mm 幅124.0×高さ97.0×奥行69.5mm 幅125.5×高さ93.0×奥行74.0mm(突起部を除く)
本体の重さ 約493g 約485g 約406g 約427g 約415g 約365g 約628g
使用レンズ キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む)EF-Mレンズを除く キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む) キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む) キャノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む) EF-Mレンズを除く オートフォーカス可能レンズ:AF-S、AF-P、AF-Iレンズ オートフォーカス可能レンズ:AF-SのEタイプ、AF-SのGタイプ、またはAF-Pレンズ KAF4、KAF3、KAF2(パワーズーム非対応)、KAF・KAマウントレンズ|
撮影機能 ホワイトバランス、ノイズ低減、画像の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ光学補正など ホワイトバランス、ノイズ低減、画像の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ光学補正など ホワイトバランス、ノイズ低減、画像の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ光学補正など 表現セレクト機能、ホワイトバランス、ノイズ低減、画面の明るさ自動補正、高輝度側・階調優先、レンズ周辺光量補正など オートブラケティング、オートフォーカス、調光補正、ホワイトバランスなど 露出補正、オートフォーカス、調光補正、ホワイトバランスなど オートフォーカス、ホワイトバランス、露出補正など
ファインダー方式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式 ペンタダハミラー使用、アイレベル式 アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー ペンタプリズムファインダー
ファインダー視野率 上下・左右とも約95%(アイポイント約19mm時、アスペクト比3:2設定時) 上下/左右とも約95%(アイポイント約19mm時、アスペクト比3:2設定時) 上下・左右とも約95%(アイポイント約19mm時) 上下・左右とも約95%(アイポイント約21mm時) 上下・左右とも約95%(対実画面) 上下・左右とも約95%(対実画面) 約100%
有効画素数 約2,420万画素 約2,420万画素 約2,420万画素 約2,410万画素 2,416万画素 約2,416万画素 約2,424万画素
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

安い一眼レフカメラを選ぶ際のアドバイス 写真家・カメラ評論家に聞いた

写真家、カメラ評論家

今回紹介したすべてのカメラは、APS-Cサイズ判のイメージセンサーが使われています。フルサイズ判(35mm判)よりもひとまわり小さなセンサーです。そのためフルサイズ判用の交換レンズを使って撮影すると、レンズ記載の本来の焦点距離から換算する画角よりも、望遠に写ってしまいます。

焦点距離をだいたい「×1.5」(ニコン、ペンタックス)や「×1.6」(キヤノン)にすることで、フルサイズ判換算の画角となります。フルサイズ判カメラ用の交換レンズを使用する場合も同じ。たとえば焦点距離50mmレンズなら「50×1.5=75」、つまり75mm相当の画角になるということです。

なお、キヤノンのAPS-C判カメラにはフルサイズ判用交換レンズは取り付けられませんので注意してください(サードパーティー製の交換レンズなら取り付け可能)。

扱いやすいレンズキットを選ぼう! 軽量コンパクトで機能性に優れる

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、一眼レフ初心者でも手の出しやすい、10万円以下で購入できる製品をご紹介しました。

本体とレンズがセットになっている「レンズセット」なら、購入したその日撮影を始めることができてお買い得です。カメラの採光性を左右するイメージセンサー、撮影をサポートしてくれる機能性、そしてカメラ本体のサイズや重量には十分注意して選びましょう。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 山本明日美)

※2020/2/6 タイトル修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【ドローン】おすすめ22選|価格・機能・飛行時間で選ぶ!

2020年【ドローン】おすすめ22選|価格・機能・飛行時間で選ぶ!

空からの撮影シーンで大活躍のドローン。小型のトイドローンであれば、子どもでもかんたんに操作することができます。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選ぶドローンのおすすめ商品を紹介します。選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


超広角レンズのおすすめ5選|フルサイズ用商品もご紹介!

超広角レンズのおすすめ5選|フルサイズ用商品もご紹介!

写真家・カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、超広角レンズの選び方とおすすめの商品をご紹介します。曇や星空撮影、風景写真を撮るときなど、広いエリアを写真に収めたい場合に活躍するのが超広角レンズです。魚眼レンズとは違い、画面の端まで、直線が歪まないで撮影できます。最近ではスマホなどで済ませてしまう人も多いですが、一眼レンズの魅力はスマホでは表現できない絵を切り取れるところでしょう。ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。


防水性能も!【カメラバッグ】おすすめ5選|フォトグラファーが商品の選び方を解説

防水性能も!【カメラバッグ】おすすめ5選|フォトグラファーが商品の選び方を解説

フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがった内容をもとに、カメラバッグの正しい選び方とおすすめのバッグを紹介します。大切なカメラを運ぶとき、落下などの外部のダメージから守るのに必須のカメラバッグ。カメラバッグはショルダータイプのものやリュックタイプのものなどその種類は豊富にあり、シーンに合わせて選ぶことができます。しかし、それゆえにカメラバッグにくわしくなければ、何を基準に選んでいいのかわからない人も案外多いのです。リュックタイプのカメラバッグやカメラ女子注目のかわいい商品など、たくさんのカメラバッグをご紹介しているので参考にしてみてくださいね。


カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。手持ちよりも安定し、手振れを防いでくれる三脚。天体星空の撮影や夜景のような暗いシーン、バードウォッチング野鳥撮影、風景撮影など待ちが必要な場合は、三脚がとても役に立ちます。しかし、カメラ用三脚の売り場を見るとたくさんの種類があり、どれを選んだらよいか分かりづらいですよね。そこで、フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。専門家ならではの視点をぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。


【カメラフラッシュ】選び方&おすすめ8選|フォトグラファーによる厳選商品!

【カメラフラッシュ】選び方&おすすめ8選|フォトグラファーによる厳選商品!

暗いところで写真を撮るとき、カメラフラッシュ(ストロボ)を使えば写真が暗くなったり、ひどい手ブレで写真がダメになってしまったりということを防げます。また、フラッシュを上手に使いこなせれば、室内でのポートレート撮影やブツ撮りのクオリティーをアップさせられるなどのメリットもあります。そこで、フォトグラファーでカメライターの高月 優さんにお話をうかがい、フラッシュの選び方とおすすめ商品を紹介していただきます。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る