【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

テクニカルライターの石井英男さんに防振双眼鏡を選ぶポイントとおすすめ商品について紹介していただきました。景色を眺めたり、バードウォッチングを楽しんだり、スポーツ観戦やフェスやライブ鑑賞に使ったりと、双眼鏡はさまざまなシーンに役立つ便利なアイテムです。ただ、使い慣れていないと手ぶれが大きくなって集中できなくなることも。そこでおすすめしたいのが、手ぶれ補正機構を搭載した防振双眼鏡です。この記事では、数ある防振双眼鏡のなかからおすすめの商品を厳選しました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて防振双眼鏡を選ぶ参考にしてみてください。


防振双眼鏡を選ぶポイント テクニカルライターが解説!

テクニカルライターの石井英男さんに、防振双眼鏡を選ぶポイントを4つ教えていただきました。

双眼鏡でこちらをうかがう子供
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

屋外で使うのか、屋内の使用が中心か、用途によって選ぶ倍率も変わってきます。

用途によって倍率を選ぼう

IT・テックライター

防振双眼鏡は、カメラでは当たり前になった手ぶれ補正機能を搭載していることが特長です。通常の双眼鏡の場合は10倍を超えるような高倍率では三脚を使わないと、ぶれで観察がかなり厳しくなりますが、防振双眼鏡なら12~15倍程度でも手持ちでじゅうぶん利用できます。

屋内スポーツの観戦やコンサートなら6~10倍程度、屋外スポーツの観戦やバードウオッチングなら8~12倍程度がおすすめです。

Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『VC スマート 14×30』

コンパクトなボディながら14倍の倍率を実現。屋外でのスポーツ観戦などに適したモデル。

>> Amazonで詳細を見る

口径と重量をチェック

IT・テックライター

双眼鏡は同じ倍率なら口径が大きいほど、像が明るくくっきりと見えます。しかし、そのぶんサイズが大きくなり、重量も重くなります。防振双眼鏡は手ぶれ補正機構と電池を内蔵していますので、口径が同じなら普通の双眼鏡よりも重くなりがちです。

口径は30mm程度あれば、いろいろな用途に対応できます。重量は手持ちで長時間使うのなら、600g未満の製品がおすすめです。

眼鏡をかけているならアイレリーフが長いものを

IT・テックライター

アイレリーフの長さも気をつけたいポイント。アイレリーフとは、双眼鏡の視野が欠けることなくすべてを見ることができる、目と接眼レンズの適切な距離のことです。アイレリーフが長ければ、目をレンズから離して双眼鏡を覗くことができるので、目が疲れにくいというメリットがあります。

とくに眼鏡をかけている人にはアイレリーフが重要。眼鏡をかけたまま双眼鏡を使うことができるアイレリーフが15mm以上の製品をおすすめします。

Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』

アイレリーフは17.5mmと長めで、眼鏡をかけていても気にならない。約422gという軽さも魅力。

>> Amazonで詳細を見る

防振スイッチはロックできるほうが便利

IT・テックライター

防振双眼鏡は、防振機能(手ぶれ補正機能)のオンとオフをスイッチで切り替えられるようになっています。

製品によってはそのスイッチがボタン式で、押してる間のみ防振機能がオンになるものもありますが、長時間観察する際にボタンをずっと押し続けるのは面倒。スライド式など、防振スイッチをロックできる機構になっているほうが便利です。

防振双眼鏡のおすすめ5選 テクニカルライターが厳選!

ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、石井英男さんならではの視点で、おすすめの商品を選んでいただきました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『10×30 IS II』

出典:Amazon

倍率 10倍
口径 30mm
サイズ 幅127×長さ150×高さ70mm
重量 約600g
アイレリーフ 14.5mm
電源 単3電池×2、バッテリーパック/約9時間(常温〈25℃〉単3アルカリ乾電池使用時)
防振スイッチ ボタン式
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

多目的に使えるスタンダードモデル

口径30mm、倍率10倍のベーシックな防振双眼鏡です。液体を利用した独自のバリアングルプリズムにより、高い手ぶれ補正能力を実現しています。単3アルカリ電池2本またはバッテリーパックで動作し、アルカリ電池利用時で約9時間の連続動作が可能です。

アイレリーフも14.5mmと長く、重量は電池別で約600gと、手持ちでもあまり苦になりません。手ブレ補正スイッチはボタン式で、ロック機構はなし。性能と携帯性のバランスがすぐれた製品ですので、はじめて防振双眼鏡を買う人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』

出典:Amazon

倍率 12倍
口径 30mm
サイズ 幅149×長さ108×高さ62mm
重量 422g
アイレリーフ 17.5mm
電源 単4電池×2/約12時間(〈20℃〉単4アルカリ乾電池使用時)
防振スイッチ スライド式
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

気軽に持ち運べる軽量コンパクトモデル

口径30mm、倍率12倍のコンパクトな防振双眼鏡です。2軸ジンバル制御により、±3度の手ぶれ補正能力を実現しています。単4アルカリ電池2本で動作し、連続動作時間も約12時間と長いことも魅力。アイレリーフは17.5mmと長く、眼鏡をかけている人にもおすすめです。

重量は電池別で約422gと、防振双眼鏡としてはトップクラスの軽さを実現していますので、気軽に持ち運べます。手ぶれ補正スイッチはスライド式で、押し続ける必要はありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『VC スマート 14×30』

出典:Amazon

倍率 14倍
口径 30mm
サイズ 幅51×長さ124×高さ147mm
重量 515g
アイレリーフ 14mm
電源 CR2リチウム電池×1/約12時間
防振スイッチ スライド式
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

コンパクトな高倍率モデル

口径30mm、倍率14倍の防振双眼鏡です。やや倍率が高めなので、屋外スポーツなどに向いています。2軸ジンバルによる手ぶれ補正機能を搭載し、高倍率でも安定した観察が可能です。CR2リチウム電池1個で、約12時間の長時間動作を実現しています。

アイレリーフは14mmでツイストアップ見口を採用していますので、見口を回転させてアイポイントを調整可能。重量は電池別で515gと、比較的軽量です。手ぶれ補正スイッチはスライド式なので、ボタンを押し続けなくても、常に手ぶれ補正機能を有効にできます。倍率高めの防振双眼鏡がほしいという人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Canon(キヤノン)『10×32 IS』

出典:Amazon

倍率 10倍
口径 32mm
サイズ 幅142×長さ171×高さ77mm
重量 約780g
アイレリーフ 14.5mm
電源 単3電池×2/約10時間(常温〈23℃〉単3アルカリ乾電池使用時)
防振スイッチ ボタン式
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

ふたつのモードで強力にぶれを抑える

口径32mm、倍率10倍のハイクラスな防振双眼鏡です。一眼レフカメラEOSシリーズで培ったシフト方式の手ぶれ補正機能を搭載。通常のISとゆっくりしたぶれにも対応するパワードISの2モードを使い分けることができます。

単3アルカリ電池2本で約10時間の連続動作が可能。アイレリーフは14.5mm、重量は電池別で約780gです。手ブレ補正スイッチはボタン式でロック機構は備えていませんが、一度ボタンを押すとボタンから手を離しても5分間は手ぶれ補正機能が有効になります。手ぶれ補正能力を重視する人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FUJINON(富士フイルム)『テクノスタビ TS-X 1440』

出典:Amazon

倍率 14倍
口径 40mm
サイズ 幅165×長さ81×高さ187mm
重量 約1300g
アイレリーフ 13mm
電源 単3電池×4、単3ニッケル・水素充電池×4
防振スイッチ -
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

世界最高水準の防振機能を実現

口径40mm、倍率14倍のフラッグシップモデルです。完全防水仕様なので、小雨が降るような環境でも安心して利用できます。ふたつの圧電振動ジャイロとポジションセンサーにより振動を感知し、ふたつのモーターで正立プリズムの状態を保つ仕組みです。

テクノスタビ TS 1440の後継製品で、手ぶれ補正範囲が従来の±5度から±6度に向上。センサー方式の防振双眼鏡として世界最高水準の手ぶれ補正性能を実現しています。単3アルカリ電池4本または単3ニッケル水素電池4本で動作します。アイレリーフは13mm、重量は電池別で約1,300g。重量は重めですが、屋外でも雨を気にせず使える高性能な防振双眼鏡がほしいという人におすすめです。

「防振双眼鏡」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Canon(キヤノン)『10×30 IS II』
Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』
Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『VC スマート 14×30』
Canon(キヤノン)『10×32 IS』
FUJINON(富士フイルム)『テクノスタビ TS-X 1440』
商品名 Canon(キヤノン)『10×30 IS II』 Vixen(ビクセン)『ATERA H12×30』 Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)『VC スマート 14×30』 Canon(キヤノン)『10×32 IS』 FUJINON(富士フイルム)『テクノスタビ TS-X 1440』
商品情報
特徴 多目的に使えるスタンダードモデル 気軽に持ち運べる軽量コンパクトモデル コンパクトな高倍率モデル ふたつのモードで強力にぶれを抑える 世界最高水準の防振機能を実現
倍率 10倍 12倍 14倍 10倍 14倍
口径 30mm 30mm 30mm 32mm 40mm
サイズ 幅127×長さ150×高さ70mm 幅149×長さ108×高さ62mm 幅51×長さ124×高さ147mm 幅142×長さ171×高さ77mm 幅165×長さ81×高さ187mm
重量 約600g 422g 515g 約780g 約1300g
アイレリーフ 14.5mm 17.5mm 14mm 14.5mm 13mm
電源 単3電池×2、バッテリーパック/約9時間(常温〈25℃〉単3アルカリ乾電池使用時) 単4電池×2/約12時間(〈20℃〉単4アルカリ乾電池使用時) CR2リチウム電池×1/約12時間 単3電池×2/約10時間(常温〈23℃〉単3アルカリ乾電池使用時) 単3電池×4、単3ニッケル・水素充電池×4
防振スイッチ ボタン式 スライド式 スライド式 ボタン式 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする 防振双眼鏡の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの防振双眼鏡の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:双眼鏡ランキング
楽天市場:双眼鏡ランキング
Yahoo!ショッピング:防振双眼鏡ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他の双眼鏡のおすすめ商品はこちら

バードウォッチングやライブ会場など、遠くのものをよく見る場面で双眼鏡は非常に役に立ちます。最近の双眼鏡はシーンに合わせた多彩な機能がついているのが特徴。目的に合わせた双眼鏡がみつけられるよう、双眼鏡の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

現地でのスポーツ観戦を楽しむのに便利な双眼鏡。双眼鏡があれば、席が遠くても選手や試合の動きをよく確認することができるので、よりいっそう楽しんで観戦できるでしょう。本記事では、おすすめの双眼鏡を選ぶポイントや注意点、おすすめ商品もあわせてご紹介いたします。

警戒心の強い野鳥を観察するバードウォッチング用に双眼鏡を購入するなら、できるだけ高性能な双眼鏡を用意したいものです。本記事では、バードウォッチング用の双眼鏡を選ぶときにはどういったポイントを重視するべきなのか解説しています。

観劇やコンサート、バードウォッチングなどにあると便利なオペラグラス。ただ、倍率や視野角など商品によって異なり、どれを選んでいいのか迷いますよね。本記事では、オペラグラスを買うときの選ぶポイントと、おすすめの商品について紹介しています。

テクニカルライターのアドバイス|双眼鏡を使いこなせなかった人にもおすすめ

IT・テックライター

防振双眼鏡は、双眼鏡に手ぶれ補正機能を搭載したものですが、その威力は絶大です。双眼鏡は手持ちで使うとどうしても手ぶれが気になって、観察に集中できなくなりがち。とくに双眼鏡に慣れていない人は、手ぶれも大きくなりやすいものです。

双眼鏡を買ってみたけどうまく使いこなせなかったという人も、手ぶれを強力に抑えてくれる防振双眼鏡なら快適に利用できます。普通の双眼鏡に比べて価格はかなり高くなりますが、それだけの価値がある製品といえるでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

キャンプやバーベキュー、海水浴や釣りなどあらゆるアウトドアで活躍するハードクーラーボックス。コールマン、イグルー、キャプテンスタッグなどさまざまな企業が商品を製造・販売しています。そのため、どれを選べばいいか分からないと悩む方も少なくないようです。そこで今回は、ハードクーラーボックスの選び方とおすすめの11商品を、アウトドアライターのSAMさんと編集部がご紹介します。ぜひあなたの用途にあったものを見つけてくださいね!


キャプテンスタッグ【アウトドアチェア】おすすめ11選|タイプ別人気チェアを厳選

キャプテンスタッグ【アウトドアチェア】おすすめ11選|タイプ別人気チェアを厳選

キャンプやアウトドアシーンに必ず持っていくものとして欠かせないアウトドアチェア。ブランドはいくつか存在しますが、なかでもコストパフォーマンスに優れ、しかもオシャレなデザインのものが多いブランドが、キャプテンスタッグです。そんなキャプテンスタッグのおすすめ商品をアウトドアライターのSAMさんと編集部が厳選。また、その選び方や特徴も解説していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


ドローンのおすすめ19選|ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間について解説

ドローンのおすすめ19選|ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間について解説

空撮や産業の場で大活躍のドローン。小型のトイドローンであれば、子どもでもかんたんに操作することができます。価格帯ごとで使用目的も異なり、子どもでも使えるものもあれば、災害時の物資の運搬に使用されたりと、たくさんの使用方法があります。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選ぶドローンのおすすめ商品を紹介します。また、選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る