PR(アフィリエイト)

スポーツ観戦用の双眼鏡おすすめ8選|高倍率・眼鏡をかけたまま覗けるタイプも

OLYMPUS 双眼鏡 8x25 小型軽量 防水 グリーン 8X25WP II GRN
出典:Amazon
OLYMPUS 双眼鏡 8x25 小型軽量 防水 グリーン 8X25WP II GRN
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年04月05日に公開された記事です。

現地でのスポーツ観戦を楽しむために便利な双眼鏡。双眼鏡があれば、席が遠くても選手や試合の動きをよく確認することができるので、よりいっそう楽しんで観戦できるでしょう。ですが、双眼鏡は倍率や口径、「見かけ視界」など耳慣れない用語が多く、どれを選んでいいか悩む方も多いと思います。

この記事では、高倍率タイプや眼鏡をかけたまま覗けるタイプなど双眼鏡を選ぶ際のポイントや注意点、おすすめのスポーツ観戦向け双眼鏡をご紹介します。

記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので、ぜひ最後までご覧ください。


この記事を担当するエキスパート

IT・テックライター
石井 英男
東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー
水貝 英斗

「ゲーム・ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

スポーツ観戦向け双眼鏡とは

 
OLYMPUS 双眼鏡 8x25 小型軽量 防水 グリーン 8X25WP II GRN
OLYMPUS 双眼鏡 8x25 小型軽量 防水 グリーン 8X25WP II GRN

スポーツ観戦向け双眼鏡の特徴とは、解像度や視界の広さの機能が優れているスポーツ観戦に特化したアイテムになります。

サッカーやバスケットなどの激しいアクティブなスポーツには視界が広い双眼鏡を。野球やテニスなどの動きが一定のスポーツは解像度を重視して選ぶことがポイントです。

屋外のスポーツの場合は、急な雨にも対応できる防水機能付きの商品を選んでみてはいかがでしょうか。

スポーツ観戦双眼鏡の選び方

スポーツ観戦双眼鏡を選ぶときのポイントを教えてもらいました。ポイントは下記。

【1】倍率は12倍程度までにとどめる
【2】口径は20~30mmの大型ではないものでじゅうぶん
【3】見掛け視界もスポーツによって選ぼう
【4】明るさはあまり気にしない
【5】屋外のスポーツ観戦なら防水は必須
【6】アイレリーフを確認する

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】倍率は12倍程度までにとどめる

 
Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 10×25D ダハプリズム式 10倍25口径 SPEX10X
Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 10×25D ダハプリズム式 10倍25口径 SPEX10X

観戦したいスポーツによって、適した倍率が変わりますが、あまり高倍率のものを選ばないことがポイントです。

倍率が高いと、それだけ実視界が狭くなってしまうので、動きの速いスポーツでは選手を追いかけるのが難しくなります。

サッカーやラグビーなど広い場所で行なうスポーツなら6~12倍程度、バレーボールやバトミントンなどの屋内スポーツでは4~10倍程度が適切な倍率です。

【2】口径は20~30mmの大型ではないものでじゅうぶん

 
MIZAR 双眼鏡 5倍 25mm 口径 ダハプリズム式 広視界 ブラック SW-550
MIZAR 双眼鏡 5倍 25mm 口径 ダハプリズム式 広視界 ブラック SW-550

倍率が同じなら、口径(対物レンズの直径)が大きいほど像が明るくくっきりと見えるようになりますが、その分双眼鏡が重く大きくなり、手持ちで長時間使うと手が疲れてしまいます。

暗い天体を観測するのに使うのなら、大口径の双眼鏡がおすすめですが、スポーツは基本的に明るい場所で行われますので、あまり大口径のものではなく、20~30mm程度のものがおすすめです。

【3】見掛け視界もスポーツによって選ぼう

 
Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 10×25D ダハプリズム式 10倍25口径 SPEX10X
Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 10×25D ダハプリズム式 10倍25口径 SPEX10X

見掛け視界とは、双眼鏡を覗いたときに見える視界の広さのことです。見掛け視界が広ければ、動きの激しいスポーツでも見やすくなります。

野球やソフトボールのように、あまり動きの激しくないスポーツなら見掛け視界が45~60°程度あれば問題ありませんが、サッカーやラグビーのような動きの激しいスポーツなら見掛け視界が65°以上の広いものがおすすめです。

【4】明るさはあまり気にしなくても大丈夫

夕暮れのサッカースタジアムの写真
夕暮れのサッカースタジアムの写真
ペイレスイメージズのロゴ

暗い場所で双眼鏡を使う場合は明るさを気にする必要がありますが、スポーツ観戦の場合は基本的には明るい場所で使用するため明るさはあまり気にする必要はありません。

もし明るさも気になる!という場合は「ひとみ径」の数値を確認してみましょう。日中のスポーツ観戦なら2~3mm、ナイター観戦なら3~5mm程度がおすすめです。

【5】屋外のスポーツ観戦なら防水は必須

 
OLYMPUS(オリンパス)『8×25 WP II』
OLYMPUS(オリンパス)『8×25 WP II』

バトミントンや卓球のように体育館などでおこなわれる室内スポーツの観戦なら、防水仕様でなくても大丈夫です。

しかし、サッカーやラグビー、野球などのように屋根のない屋外で行われるスポーツを観戦する場合は、防水仕様の製品を選ぶことをおすすめします。

【6】アイレリーフを確認する

メガネをかけた男性が双眼鏡を両手で持っている写真
メガネをかけた男性が双眼鏡を両手で持っている写真
ペイレスイメージズのロゴ

眼鏡をかけている方は、アイレリーフの確認も大切なポイントです。

アイレリーフとは、目と接眼レンズの適切な距離のことです。眼鏡をかけたまま双眼鏡を使う場合、目を接眼レンズに近づけることができないため、双眼鏡の視野すべてをきちんと見るためには、アイレリーフが長い製品を選ぶ必要があります。眼鏡着用で双眼鏡を使いたい場合は、アイレリーフが15mm以上の製品から選ぶのがよいでしょう。

【ここがポイント!】IT・テックライターのアドバイス

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

テレビ中継でスポーツを観戦する場合は、テレビカメラの望遠レンズを駆使したアップの映像が観られますが、実際にサッカー場や野球場に行ってみると、選手が遠くてよくわからなかったという経験をお持ちの方も多いことでしょう。

双眼鏡があれば、離れた場所からでも選手の姿をはっきり見ることができスポーツ観戦が格段に楽しくなりますので、双眼鏡を持って行くことをおすすめします。

スポーツは基本的に明るい場所でおこなわれますので、それほど大きな双眼鏡は必要ありません。携帯性や防水性能を重視して選ぶのがよいでしょう。

スポーツ観戦用双眼鏡おすすめ8選

ここまで紹介したスポーツ観戦用双眼鏡の選び方のポイントをふまえておすすめ商品を紹介します。遠くのプレイシーンも見逃さないために使いやすい双眼鏡を探してみてください。

Nikon(ニコン)『スポーツスターEX 10×25D CF』

Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX10×25DCF』
出典:Amazon この商品を見るview item

防水仕様で屋外スポーツにも最適

口径25mm、倍率10倍の小型双眼鏡。本体内部に窒素ガスを充填し、本格的な防水仕様を実現していますので、屋外スポーツにも最適。

折りたたみ式なので、携帯時にはよりコンパクトにたためます。実視界は6.5°、見掛け視界は65.0°で、アイレリーフは10mm。レンズにはマルチコーティングが施されていますので、反射光が抑えられ、像が明るく見やすくなっています。

重量も300gと軽く、長時間持っても疲れません。スポーツ観戦はもちろん、旅行やアウトドアでの利用にもおすすめです。

倍率 10倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/2.5mm
実視界/見かけ視界 6.5°/59.2°
種類 ダハプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 10mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ
全てを見る全てを見る

倍率 10倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/2.5mm
実視界/見かけ視界 6.5°/59.2°
種類 ダハプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 10mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ
全てを見る全てを見る

ミザールテック『SW-550』

ミザールテック『SW-550』 ミザールテック『SW-550』 ミザールテック『SW-550』 ミザールテック『SW-550』 ミザールテック『SW-550』 ミザールテック『SW-550』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワイドな視界でパスも見やすい

口径25mm、倍率5倍の小型双眼鏡。防水仕様ではありませんが、対物レンズに防塵用の平面ガラスが装備されていますので、野外でも安心して使用可能。

倍率は低めですが視界が広いことが特長で、実視界は15.8°、見掛け視界は79°になります。レンズにはマルチコーティングが施されています。

サッカーなどで選手をアップで見たいというより、選手から選手へのパスを見たいという人におすすめ。重量は520gとやや重いのですが、広く見えることを重視する人に最適です。

倍率 5倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/5mm
実視界/見かけ視界 15.8°/79.0°
種類 ダハプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 9mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ
全てを見る全てを見る

倍率 5倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/5mm
実視界/見かけ視界 15.8°/79.0°
種類 ダハプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 9mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ
全てを見る全てを見る

OLYMPUS(オリンパス)『8×25 WP II』

OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25WPII』
出典:Amazon この商品を見るview item

防水仕様で軽いことが魅力

口径25mm、倍率8倍の小型双眼鏡。水深1mの水中に5分間つけても問題がない本格的な防水機能を備えていますので、屋外スポーツの観戦にも向いています。

レンズの表面にはマルチコーティングが、プリズムの表面にはフェーズコーティングが施されていますので、高いコントラストの像がえられます。

実視界は6.2°、アイレリーフは15mmと長いので、眼鏡をかけたままでも覗けます。重量は260gで、防水仕様の双眼鏡としてはトップクラスの軽さを実現しています。

倍率 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.2°/-
種類 ダハプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 15mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
全てを見る全てを見る

倍率 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.2°/-
種類 ダハプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 15mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
全てを見る全てを見る

ホビナビ『双眼鏡』

ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』 ホビナビ『双眼鏡』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトで軽量!

139gと単一電池並みの軽いので持っている腕も疲れにくい双眼鏡。コンパクトなサイズ感なのでスポーツ観戦への持ち運びにもぴったりですよ。

また、視界が広いので焦点がブレにくく、広い会場でも使いやすいのも嬉しいポイント。カラー展開も豊富でシンプルなブラックやホワイト以外にも、なくしづらい明るいポップなカラーからもお選びいただけます。

お手頃価格なので初めての双眼鏡や、どれにすればいいか迷ってしまう方はぜひチェックしてみてください。

倍率 10倍
対物レンズ有効径/ひとみ 22mm/-
実視界/見かけ視界 -/-
種類 -
おすすめの用途 広いドームでの観戦、コンサートなど
アイレリーフ -
付属アクセサリー ・双眼鏡 ・専用収納ケース ・レンズクロス ・ハンドストラップ ・ネックストラップ
全てを見る全てを見る

倍率 10倍
対物レンズ有効径/ひとみ 22mm/-
実視界/見かけ視界 -/-
種類 -
おすすめの用途 広いドームでの観戦、コンサートなど
アイレリーフ -
付属アクセサリー ・双眼鏡 ・専用収納ケース ・レンズクロス ・ハンドストラップ ・ネックストラップ
全てを見る全てを見る

Vixen(ビクセン)『アトレックライト BR6X30WP』

Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アトレックライトBR6X30WP』
出典:Amazon この商品を見るview item

眼鏡をかけたままでも見やすい防水双眼鏡

口径30mm、倍率6倍の双眼鏡。防水仕様なので、屋外スポーツにも最適です。また、レンズの表面に撥油コートが施されていますので、汚れが付着しにくくなっています。

レンズだけでなく、プリズムにもマルチコーティングが施されたフルマルチコート仕様なので、すぐれたコントラストを実現しています。実視界は8°、見掛け視界は45.5°で、アイレリーフが18mmと長いことも魅力。

眼鏡をかけたままでも楽に覗くことができ、長時間の観戦でも眼が疲れにくくなっています。重量は500gでやや重めですが、さまざまなスポーツに対応できる双眼鏡です。

倍率 6倍
対物レンズ有効径/ひとみ 30mm/5mm
実視界/見かけ視界 8°/45.5°
種類 ポロプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 18mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ(ワイド)
全てを見る全てを見る

倍率 6倍
対物レンズ有効径/ひとみ 30mm/5mm
実視界/見かけ視界 8°/45.5°
種類 ポロプリズム式
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 18mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ(ワイド)
全てを見る全てを見る

Vixen(ビクセン)『アリーナ M8×25』

Vixen(ビクセン)『アリーナM8×25』 Vixen(ビクセン)『アリーナM8×25』 Vixen(ビクセン)『アリーナM8×25』 Vixen(ビクセン)『アリーナM8×25』 Vixen(ビクセン)『アリーナM8×25』 Vixen(ビクセン)『アリーナM8×25』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽くて衝撃に強い小型双眼鏡

口径25mm、倍率8倍の小型双眼鏡。防水仕様ではありませんが、アルミダイキャストボディを採用しており、衝撃に強いことが利点。

レンズやプリズムには3層以上のマルチコーティングが施されていますので、明るくくっきりとした像が見られます。実視界は6.3°、見掛け視界は50.4°で、アイレリーフが18mmと長いことも特長。

眼鏡をかけたままでも楽に覗くことができ、眼鏡をかけてない人でも眼と接眼レンズの距離を離せ、眼が疲れにくくなっています。重量は300gと軽くコンパクト。気軽に携帯できることも魅力です。

倍率 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.3°/50.4°
種類 ポロプリズム式
おすすめの用途 コンサート
アイレリーフ 18mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ(ナロー)
全てを見る全てを見る

倍率 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.3°/50.4°
種類 ポロプリズム式
おすすめの用途 コンサート
アイレリーフ 18mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ(ナロー)
全てを見る全てを見る

PENTAX(ペンタックス)『PENTAX AD 10x36 WP』

PENTAX(ペンタックス)『PENTAXAD10x36WP』 PENTAX(ペンタックス)『PENTAXAD10x36WP』 PENTAX(ペンタックス)『PENTAXAD10x36WP』 PENTAX(ペンタックス)『PENTAXAD10x36WP』 PENTAX(ペンタックス)『PENTAXAD10x36WP』 PENTAX(ペンタックス)『PENTAXAD10x36WP』
出典:Amazon この商品を見るview item

高い防水機能をもち、様々なスタイルに適応可能

JIS保護等級で6段階目の防水性能を持ち、悪天候でも観戦を続けられる双眼鏡です。レンズには、透過率アップコーティングがしてあり、シャープではっきりとした像が見えます。明るい大口径レンズは、とくにナイターのように暗い環境でスポーツ観戦をする際に性能を発揮します。

デザインは、手に持ちやすいスタイル。ただ、三脚が取り付けられるようになっているので、三脚が使える場所では長時間の観戦というスタイルも可能です。

倍率 10倍
対物レンズ有効径/ひとみ 36.0mm/3.6mm
実視界/見かけ視界 5.5°/52°
種類 ダハプリズム
おすすめの用途 コンサート
アイレリーフ 17.5mm
付属アクセサリー ケース、ストラップ
全てを見る全てを見る

倍率 10倍
対物レンズ有効径/ひとみ 36.0mm/3.6mm
実視界/見かけ視界 5.5°/52°
種類 ダハプリズム
おすすめの用途 コンサート
アイレリーフ 17.5mm
付属アクセサリー ケース、ストラップ
全てを見る全てを見る

Canon(キヤノン)『BINOCULARS 8×25 IS』

手ぶれ補正機構搭の防振双眼鏡

サッカーやバスケットボールなど、選手の動きが激しいスポーツ観戦で使用すると、防振機能の恩恵をはっきりと感じられる商品。8倍ズームで広角ではありませんが、防振機能がついていて選手の動きを追ってもはっきり見える点が大きな特徴です。

コンパクトかつ軽量なので、手持ちでのスポーツ観戦にも適しています。小さくても高性能な双眼鏡をお探しの場合はチェックしてみてください。

倍率 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25.0mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.6°/49.5°
種類 ポロII型プリズム
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 13.5mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
全てを見る全てを見る

倍率 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25.0mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.6°/49.5°
種類 ポロII型プリズム
おすすめの用途 アウトドア
アイレリーフ 13.5mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
全てを見る全てを見る

「スポーツ観戦用・双眼鏡」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Nikon(ニコン)『スポーツスターEX 10×25D CF』
ミザールテック『SW-550』
OLYMPUS(オリンパス)『8×25 WP II』
ホビナビ『双眼鏡』
Vixen(ビクセン)『アトレックライト BR6X30WP』
Vixen(ビクセン)『アリーナ M8×25』
PENTAX(ペンタックス)『PENTAX AD 10x36 WP』
Canon(キヤノン)『BINOCULARS 8×25 IS』
商品名 Nikon(ニコン)『スポーツスターEX 10×25D CF』 ミザールテック『SW-550』 OLYMPUS(オリンパス)『8×25 WP II』 ホビナビ『双眼鏡』 Vixen(ビクセン)『アトレックライト BR6X30WP』 Vixen(ビクセン)『アリーナ M8×25』 PENTAX(ペンタックス)『PENTAX AD 10x36 WP』 Canon(キヤノン)『BINOCULARS 8×25 IS』
商品情報
特徴 防水仕様で屋外スポーツにも最適 ワイドな視界でパスも見やすい 防水仕様で軽いことが魅力 コンパクトで軽量! 眼鏡をかけたままでも見やすい防水双眼鏡 軽くて衝撃に強い小型双眼鏡 高い防水機能をもち、様々なスタイルに適応可能 手ぶれ補正機構搭の防振双眼鏡
倍率 10倍 5倍 8倍 10倍 6倍 8倍 10倍 8倍
対物レンズ有効径/ひとみ 25mm/2.5mm 25mm/5mm 25mm/3.1mm 22mm/- 30mm/5mm 25mm/3.1mm 36.0mm/3.6mm 25.0mm/3.1mm
実視界/見かけ視界 6.5°/59.2° 15.8°/79.0° 6.2°/- -/- 8°/45.5° 6.3°/50.4° 5.5°/52° 6.6°/49.5°
種類 ダハプリズム式 ダハプリズム式 ダハプリズム式 - ポロプリズム式 ポロプリズム式 ダハプリズム ポロII型プリズム
おすすめの用途 アウトドア アウトドア アウトドア 広いドームでの観戦、コンサートなど アウトドア コンサート コンサート アウトドア
アイレリーフ 10mm 9mm 15mm - 18mm 18mm 17.5mm 13.5mm
付属アクセサリー ソフトケース、ストラップ ソフトケース、ストラップ ソフトケース、ストラップ、接眼レンズキャップ ・双眼鏡 ・専用収納ケース ・レンズクロス ・ハンドストラップ ・ネックストラップ ソフトケース、ストラップ(ワイド) ソフトケース、ストラップ(ナロー) ケース、ストラップ ソフトケース、ストラップ、接眼レンズキャップ
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 双眼鏡の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での双眼鏡の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:双眼鏡ランキング
楽天市場:双眼鏡ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他の双眼鏡のおすすめ商品はこちら

双眼鏡は用途によって求められる倍率・口径等が変わる

ひと口に双眼鏡といっても、用途によって求める機能や性能は大きく違います。コンサートの場合は、会場の広さに応じた視野の広さ、会場の明るさに適したレンズの明るさをそれぞれ確認することが必要です。夜空の星座などを見上げる天体観測は、視野は狭くてもいいので高倍率でレンズが明るいものを選びます。山などでの野鳥観察なら、動き回る鳥を見失わない広角タイプで、高倍率の双眼鏡を選びましょう。

それぞれの用途に最適な双眼鏡を選ぶと、ストレスなく見たい被写体を眺めることができ、満足感も大きくなります。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button