バードウォッチング向き双眼鏡おすすめ5選【倍率や口径などの選び方も紹介】

バードウォッチング向き双眼鏡おすすめ5選【倍率や口径などの選び方も紹介】
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

IT・テックライターの石井英男さんが選ぶバードウォッチング向き双眼鏡5選をご紹介します。警戒心の強い野鳥を観察するバードウォッチング用に双眼鏡を購入するなら、できるだけ高性能な双眼鏡を用意したいものです。かといって、あまり大きすぎる双眼鏡では持ち運びしにくく、使っているときの疲労が大きくなってしまいます。本記事ではバードウォッチング用の双眼鏡を選ぶときにはどういったポイントを重視するべきなのか紹介します。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


バードウォッチング向き双眼鏡の選び方 IT・テックライターが解説!

IT・テックライター石井英男さんに、バードウォッチング向きの双眼鏡を選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。どういった双眼鏡が野鳥を見るのに向いているのか、石井さんのアドバイスを参考にして最適な双眼鏡選びに役立ててください。

バードウォッチング
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

高性能な双眼鏡の使い方を理解し、コツをつかむことで警戒心の強い野鳥たちをじっくりと観察できます。双眼鏡選びのポイントを押さえて自分に最適な一品を選んでください。

倍率は8~12倍で選ぼう

IT・テックライター

バードウォッチングでは小さな野鳥を遠くから観察するため、倍率の高い双眼鏡が向いていると思っている人もいるでしょう。

しかし、倍率が高くなるとそれだけ見える範囲が狭くなるので、かえって野鳥を探すのが難しくなるうえに、手ブレの影響も大きく受けるようになってしまいます。

そのためバードウォッチングで使う双眼鏡は、倍率が8~12倍程度のものがよいでしょう。とくに初心者は、そのなかでも倍率が低めの8~10倍程度の製品を選ぶことをおすすめします。

ニコン『MONARCH 7 8X30』

倍率は高すぎず低すぎず、バランスのとれた性能のものがバードウォッチングに最適。

>> Amazonで詳細を見る

口径は20~40mmで選ぼう

IT・テックライター

口径とは対物レンズの直径のことで、口径が大きければ大きいほど多くの光を集められるようになり、像が明るくくっきりと見えます。

しかし口径が大きくなると、それだけ双眼鏡が重く大きくなりますので、長時間手で持って観察するのがたいへんになります。おすすめなのは口径20~40mm程度のものですが、そのなかでもバードウォッチングをするシーンによって適した製品は変わります。

ハイキングや散歩などで気軽に野鳥を観察したいのであれば、口径20~25mm程度のコンパクトなものがおすすめ。夜明けや夕暮れなど少し暗い場面での観察をおこないたいのなら、携帯性は犠牲になりますが口径40mmクラスの大型双眼鏡が向いています。

見掛け視界55°以上の製品を選ぼう

IT・テックライター

見掛け視界とは、双眼鏡を覗いたときに見える視界の広さのことです。実際に見える範囲を示す実視界とは意味が違いますので、注意しましょう。

素早く飛びまわる野鳥を探して追いかけるためには、見掛け視界は広いほうが有利です。

一般的な双眼鏡の見掛け視界は45~55°程度が主流ですが、バードウォッチングに使うのなら、見掛け視界が55°以上のワイドタイプの製品がよいでしょう。

ビクセン『フォレスタII HR8×32』

対物レンズの口径が大きく、見掛け視界の大きな製品なら快適な観察環境が得られる。

>> Amazonで詳細を見る

防水機能があるものを選ぼう

IT・テックライター

バードウォッチングは基本的に野外でおこないますので、観察していたら突然雨が降ってきたということもありえます。

そんな急な天候の変化に備えるために、バードウォッチング用の双眼鏡は防水仕様の製品を選ぶことをおすすめします。

防水仕様のものなら川下りや沢歩きなどで利用するときも安心ですので、バードウォッチングに限らずキャンプやハイキングなどさまざまなアウトドアのシーンで活用できるでしょう。

長時間観察するなら三脚に対応した製品を選ぼう

IT・テックライター

バードウォッチングを始めるなら、まずは手持ちで気軽に使える口径25~30mm程度の双眼鏡がおすすめです。

しかし、さらに快適な環境を望むなら、一カ所に腰をすえて大型双眼鏡に三脚を組み合わせて使うことで、腕の疲れを気にせず高画質でじっくり野鳥を観察できます。

40mmクラスの大型双眼鏡を買う場合は、三脚アダプターや三脚も一緒に購入することをおすすめします。

おすすめの双眼鏡5選 IT・テックライターが厳選!

ここまで紹介したバードウォッチング向け双眼鏡の選び方のポイントをふまえて、石井英男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。性能や取り回しのしやすさなど、商品ごとの特徴を押さえて自分に一番合った商品を選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon(ニコン)『MONARCH 7 8×30』

Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』 Nikon(ニコン)『MONARCH78×30』

出典:Amazon

対物レンズ径 30mm
倍率 8倍
見掛け視界 60.3°
明るさ 14.4
アイレリーフ 15.1mm
防水性 1m/10分
サイズ/重さ 幅123 × 高さ119mm/435g
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

これからバードウォッチングを始める人におすすめ

口径30mm、倍率8倍の双眼鏡。実視界は8.3°、見掛け視界は60.3°で、アイレリーフも15.3mmと長いため、眼鏡をかけたままでも、楽に覗くことができます。防水性能も高く、1mの水深に10分間浸かっても問題が出ない設計になっています。

すべてのレンズとプリズムにマルチコーティングが施されたフルマルチコート仕様で、明るい視界が広がります。

また、EDガラス(特殊低分散ガラス:見るものの色を自然な色合いで見られるように特殊な加工を施したガラス)を採用することで、色のにじみの原因となる色収差を補正しています。扱いやすく、気軽に持ち運べるサイズなので、これからバードウォッチングをはじめる人向きの製品と言えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Vixen(ビクセン)『フォレスタII HR8×32』

Vixen(ビクセン)『フォレスタIIHR8×32』

出典:Amazon

対物レンズ径 32mm
倍率 8倍
見掛け視界 59.1°
明るさ 16
アイレリーフ 16.5mm
防水性 -
サイズ/重さ 幅135 × 高さ132 ×奥行50mm/605g
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

見え方にこだわり高級レンズを採用

口径32mm、倍率8倍の双眼鏡。実視界は8.1°、見掛け視界は59.1°で、アイレリーフが16.5mmと長いことも魅力です。窒素ガスを充填した防水設計を採用していますので、屋外でのバードウォッチングにもおすすめです。

すべてのレンズ面に7層以上のマルチコーティングが施されているほか、プリズムにはフェイズコートが施されており、きわめて明るくクリアな視界を実現しています。

対物レンズにはEDガラスが採用されており、色のにじみのない、鋭い像が得られます。重量は605gとやや重めですが、オプションのキャリングビノホルダー(M)を使うことで、三脚に固定できますので、見え方にこだわる人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PENTAX(ペンタックス)『AD 8×36 WP』

PENTAX(ペンタックス)『AD8×36WP』 PENTAX(ペンタックス)『AD8×36WP』 PENTAX(ペンタックス)『AD8×36WP』 PENTAX(ペンタックス)『AD8×36WP』 PENTAX(ペンタックス)『AD8×36WP』

出典:Amazon

対物レンズ径 36mm
倍率 8倍
見掛け視界 52°
明るさ 20.3
アイレリーフ 16mm
防水性 JIS保護等級6級相当
サイズ/重さ 幅129 × 高さ155 × 奥行53mm/640g
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

バードウォッチングの中上級者におすすめ

口径36mm、倍率8倍の双眼鏡。実視界は6.5°で、アイレリーフは16mmと長いので、眼鏡をかけたままでも、楽に覗くことができます。

JIS保護等級6級相当の防水機能を備えていますので、悪天候でも安心。すべてのレンズとプリズムの表面にマルチコーティングが施されたフルマルチコート仕様で、明るく見やすい像を実現しています。

重量は640gと重めですが、オプションの三脚アダプターを使うことで、三脚にも取り付けられます。じっくり腰をすえてバードウォッチングをしたい中上級者に向いています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KOWA(コーワ)『BD42-8XD PROMINAR』

対物レンズ径 56mm
倍率 8倍
見掛け視界 60°
明るさ 28.1
アイレリーフ 19mm
防水性 JIS保護等級6等級相当
サイズ/重さ 幅126 × 高さ132 ×奥行51 mm/660g
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

明るく見やすい大口径高級モデル

口径42mm、倍率8倍の大型双眼鏡。実視界は7.5°で、アイレリーフは19mmと長く、眼鏡をかけている人におすすめです。本体に剛性の高いマグネシウム合金を採用し、外装にフィット感にすぐれたラバー素材が使われていますので、滑りにくくなっています。

窒素ガスを充填した防水構造で、屋外でも安心して利用が可能。また、すべてのレンズとプリズムにマルチコーティングが施されたフルマルチコート仕様で、明るくコントラスト(明暗比:コントラストが高いと、明るいものはより明るく、暗いものはより暗く、メリハリのある像が見られます)の高い視界となっています。対物レンズにはEDガラスを採用したXDレンズが搭載されていますので、色にじみのない最高の見え味を実感できるでしょう。重量は660gとやや重めですが、三脚アダプターにも対応しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『アトレックII HR8×25WP』

ビクセン『アトレックIIHR8×25WP』

出典:Amazon

対物レンズ径 25mm
倍率 8倍
見掛け視界 55.3°
明るさ 9.6
アイレリーフ 15.0mm
防水性 あり
サイズ/重さ 幅119 × 高さ109 × 奥行40mm/360g
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

コンパクトで持ち運びに便利

口径25mm、倍率8倍の小型双眼鏡。実視界は7.5°、見掛け視界は55.3°で、アイレリーフは15mmと長いので、眼鏡をかけたままでも利用できます。

また、防水設計なので、雨が降ってきても安心して使えます。すべてのレンズとプリズムにマルチコーティングが施されたフルマルチコート仕様で、高いコントラストを実現しています。

重量は360gで、気軽に持ち運べることが利点です。ラバーボディ採用で、手で持っても滑りにくく、バードウォッチング初心者におすすめの製品です。

「バードウォッチング向き双眼鏡」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Nikon(ニコン)『MONARCH 7 8×30』
Vixen(ビクセン)『フォレスタII HR8×32』
PENTAX(ペンタックス)『AD 8×36 WP』
KOWA(コーワ)『BD42-8XD PROMINAR』
ビクセン『アトレックII HR8×25WP』
商品名 Nikon(ニコン)『MONARCH 7 8×30』 Vixen(ビクセン)『フォレスタII HR8×32』 PENTAX(ペンタックス)『AD 8×36 WP』 KOWA(コーワ)『BD42-8XD PROMINAR』 ビクセン『アトレックII HR8×25WP』
商品情報
特徴 これからバードウォッチングを始める人におすすめ 見え方にこだわり高級レンズを採用 バードウォッチングの中上級者におすすめ 明るく見やすい大口径高級モデル コンパクトで持ち運びに便利
対物レンズ径 30mm 32mm 36mm 56mm 25mm
倍率 8倍 8倍 8倍 8倍 8倍
見掛け視界 60.3° 59.1° 52° 60° 55.3°
明るさ 14.4 16 20.3 28.1 9.6
アイレリーフ 15.1mm 16.5mm 16mm 19mm 15.0mm
防水性 1m/10分 - JIS保護等級6級相当 JIS保護等級6等級相当 あり
サイズ/重さ 幅123 × 高さ119mm/435g 幅135 × 高さ132 ×奥行50mm/605g 幅129 × 高さ155 × 奥行53mm/640g 幅126 × 高さ132 ×奥行51 mm/660g 幅119 × 高さ109 × 奥行40mm/360g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 双眼鏡の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの双眼鏡の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:バードウォッチング 双眼鏡ランキング
楽天市場:双眼鏡ランキング
Yahoo!ショッピング:双眼鏡ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他の双眼鏡のおすすめ商品はこちら

バードウォッチングやライブ会場など、遠くのものをよく見る場面で双眼鏡は非常に役に立ちます。最近の双眼鏡はシーンに合わせた多彩な機能がついているのが特徴。目的に合わせた双眼鏡がみつけられるよう、双眼鏡の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

現地でのスポーツ観戦を楽しむのに便利な双眼鏡。双眼鏡があれば、席が遠くても選手や試合の動きをよく確認することができるので、よりいっそう楽しんで観戦できるでしょう。本記事では、おすすめの双眼鏡を選ぶポイントや注意点、おすすめ商品もあわせてご紹介いたします。

観劇やコンサート、バードウォッチングなどにあると便利なオペラグラス。ただ、倍率や視野角など商品によって異なり、どれを選んでいいのか迷いますよね。本記事では、オペラグラスを買うときの選ぶポイントと、おすすめの商品について紹介しています。

双眼鏡選びに迷ったら…… ここがポイント! IT・テックライターのアドバイス

初めての双眼鏡なら小型軽量モデルがおすすめ

IT・テックライター

バードウォッチング用の双眼鏡と一口にいっても、口径や倍率が異なる製品が多数あります。初めて双眼鏡を購入するのなら、手持ちで気軽に使える口径30mm以下、倍率10倍以下のコンパクトなモデルをおすすめします。

このクラスの双眼鏡なら、普段からバッグなどに忍ばせておけますので、思いがけない場所で見つけた野鳥の観察のチャンスを逃すこともありません。

口径30mm以下、倍率10倍以下の双眼鏡はバードウォッチングだけでなく、観劇やスポーツ観戦でも活躍します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/7 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


防振双眼鏡おすすめ5選|コンサートやスポーツ観戦にも!

防振双眼鏡おすすめ5選|コンサートやスポーツ観戦にも!

テクニカルライターの石井英男さんに防振双眼鏡を選ぶポイントとおすすめ商品について紹介していただきました。景色を眺めたり、バードウォッチングを楽しんだり、スポーツ観戦やフェスやライブ鑑賞に使ったりと、双眼鏡はさまざまなシーンに役立つ便利なアイテムです。ただ、使い慣れていないと手ぶれが大きくなって集中できなくなることも。そこでおすすめしたいのが、手ぶれ補正機構を搭載した防振双眼鏡です。この記事では、数ある防振双眼鏡のなかからおすすめの商品を厳選しました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて防振双眼鏡を選ぶ参考にしてみてください。


【2020年版】双眼鏡おすすめ23選|ドームコンサートで見やすい商品などたっぷり紹介

【2020年版】双眼鏡おすすめ23選|ドームコンサートで見やすい商品などたっぷり紹介

ガジェット関連に精通するIT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、2020年版双眼鏡おすすめ23選をご紹介します。ドームなどのコンサートで見やすいおすすめ双眼鏡をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


単眼鏡おすすめ5選【美術館や観劇で活躍!】シーン別に適切な倍率の解説も

単眼鏡おすすめ5選【美術館や観劇で活躍!】シーン別に適切な倍率の解説も

小物王の納富廉邦さんにお話をうかがい、単眼鏡の選び方のポイントやおすすめ商品について教えてもらいました。大きな美術館や博物館で活躍する単眼鏡。双眼鏡に比べてマイナーなので、情報が少ないアイテムです。単眼鏡とは小型の望遠鏡のようなものになります。同じ性能の双眼鏡とくらべても半分の大きさのため、より軽くて持ち歩きやすく、散歩や登山、星座観測、旅行などにも気軽に持っていけるおすすめアイテムです。本記事では目利きライターが選ぶ単眼鏡5選をご紹介します。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


オペラグラスおすすめ4選+10選と双眼鏡も紹介【コンサートや観劇に】

オペラグラスおすすめ4選+10選と双眼鏡も紹介【コンサートや観劇に】

小物王の納富廉邦さんにオペラグラスを買うときの選ぶポイントと、おすすめの商品を取材しました。観劇やコンサート、バードウォッチングなどにあると便利なオペラグラス。東京ドームや京セラドームなどでおこなわれる野球の試合など、遠くの人物をとらえたいときにも活躍します。ただ、倍率や視野角など商品によって異なり、どれを選んでいいのか迷いますよね。ぜひ本記事を参考にして、目的に合ったオペラグラスを見つけてくださいね。


スポーツ観戦用の双眼鏡おすすめ商品7選|倍率や口径の選び方【コンサートにも】

スポーツ観戦用の双眼鏡おすすめ商品7選|倍率や口径の選び方【コンサートにも】

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、おすすめの双眼鏡を選ぶポイントや注意点、またおすすめのスポーツ観戦向け双眼鏡をご紹介いたします!現地でのスポーツ観戦を楽しむために便利な双眼鏡。双眼鏡があれば、席が遠くても選手や試合の動きをよく確認することができるので、よりいっそう楽しんで観戦できるでしょう。ですが、双眼鏡は倍率や口径、「見かけ視界」など耳慣れない用語が多く、どれを選んでいいか悩む方も多いと思います。この記事では、ドームなどでの野球観戦やスタジアムでのサッカー観戦などスポーツの種類ごとに選ぶべきスペックを掲載していますので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

レザークラフト作家のHARUさんと編集部が、目打ちの選び方とおすすめ12選をご紹介します。目打ちはレザークラフトや刺繍、裁縫などの手芸で使う道具で、目打ちを使うことで、作品の出来上がりに差が出ます。こまかい部分まで美しく仕上げたい人は、ぜひ一度使ってみましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る