フィールドスコープおすすめ商品5選【バードウォッチングや天体観測に!】

フィールドスコープおすすめ商品5選【バードウォッチングや天体観測に!】
IT・テックライター:石井 英男
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

野鳥観察など、対象物にあまり近寄れないものを見るときには双眼鏡や望遠鏡などが欠かせません。双眼鏡と違ってフィールドスコープは片目でしか見られませんが、その代わりにデジタルカメラの装着や接眼レンズの交換など、双眼鏡にはない機能が備わっています。そこで、IT・テックライターの石井英男さんにお話をうかがい、フィールドスコープの選び方を解説するとともに、おすすめの商品を紹介していただきました。フィールドスコープになにができるのか、自分の用途にはどんな商品が合っているのかなど、商品選びの参考にしてください。


フィールドスコープを選ぶ際のポイント|IT・テックライターによる解説

IT・テックライターの石井さんに、フィールドスコープを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。商品選びをスムーズにできるように、必要な機能と不要な機能をあらかじめ整理しておきましょう。

フィールドスコープ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

フィールドスコープを使えば、遠くにあるものを手前に引き寄せて観察できます。

覗き方のタイプで選ぶ

IT・テックライター

フィールドスコープ(スポッティングスコープ)は、接眼レンズの取りつけ方によって、直視型(ストレートタイプ)と傾斜型(アングルタイプ)の2種類に大別できます。

直視型は、フィールドスコープ本体と接眼レンズが直線的に配置されているタイプ。対象物にフィールドスコープをまっすぐ向ければいいので、初心者でも使いやすいことが特徴です。デジタル一眼レフなどと合体させて写真を撮りたい場合も直視型が向いています。

傾斜型は、接眼レンズがフィールドスコープ本体に対して上向き・斜めに配置されているタイプ。高い場所の鳥や天体などを観測するときに、無理な姿勢をとる必要がないのでらくに観察できることが利点です。

ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』

デジタル一眼レフと合体させたい場合は、こちらの直視型が向いています。こうしたデジタルカメラを装着できる機種なら、超望遠撮影ができます。

>> Amazonで詳細を見る

対物レンズの有効径で選ぶ

IT・テックライター

対物レンズの有効径(口径)が大きいほど、たくさんの光を集められるので、より明るくシャープな像を得ることが可能。とくに高倍率になるほど、対物レンズの有効径が大きいフィールドスコープのほうが有利です。

その半面、対物レンズの有効径が大きくなると、本体が大きく重くなるので持ち運びがたいへんになります。気軽に使いたいのなら、有効径50~60mmの製品がおすすめです。

倍率で選ぶ

IT・テックライター

倍率が大きいほど、遠くの対象物を大きく見ることができますが、その分、一度に見える範囲が狭くなり明るさも暗くなります。用途によって最適な倍率が異なり、野鳥観察なら20~40倍、天体観測なら10~30倍が使いやすい倍率です。

またフィールドスコープによっては、接眼レンズを交換できるものや接眼レンズが別売りのものがあり、そうした製品なら、接眼レンズを交換することで倍率を変更可能です。倍率を可変できるズームレンズを備えた製品もありますが、ズームレンズでは同じ倍率でも、固定レンズに比べると視野が狭くなるので注意しましょう。

ニコン『ED50』

接眼レンズが別売になっている機種は目的に合った接眼レンズを購入しましょう。メリットとしては、接眼レンズを交換することで倍率の変更が可能になります。

>> Amazonで詳細を見る

防水機能やアイレリーフもチェックしよう

IT・テックライター

フィールドスコープはその名のとおり、屋外で使われることが多いので、防水機能を備えた製品のほうが安心して利用できます。また、アイレリーフの長さも使い勝手に影響します。

アイレリーフとは、接眼レンズを覗いたときに「視野全体を見渡せる」眼の位置から、レンズまでの距離のこと。眼鏡をかけながらフィールドスコープを使うのなら、アイレリーフが長い製品(15mm以上)がおすすめです。アイレリーフが15mm以上の製品は、ハイアイポントと呼ばれることもあります。

フィールドスコープおすすめ5選|IT・テックライターによる厳選商品

上で紹介したフィールドスコープの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分の使い方に一番近いものはどの製品なのか、それぞれを比較しながら購入する製品を検討してください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『アロマ 52‐A』

出典:Amazon

倍率
25倍
対物レンズ有効径
52mm
実視界
2.1度
ひとみ径
2.1mm
アイレリーフ
12.0mm
重量
460g
防水性
×
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は52mmで、付属の接眼レンズでの倍率は25倍です。接眼レンズを交換することで倍率を変更できます。アイレリーフは12mmと標準的ですが、重量が460gと軽いので、気軽に持ち運べます。ボディが伸縮式で、収納時は長さが17.7cmまで縮まるのも便利な点。

倍率も標準的なのでさまざまな目的に利用でき、とくに高い位置にある対象物を見るのに向いています。レンズやプリズムには3層以上の多層膜コーティングが施されているので、コントラストが高く、シャープに見えます。防水仕様ではありませんが、お手ごろな価格なのではじめてフィールドスコープを買う人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン『ED50』

出典:Amazon

倍率
接眼レンズは別売
対物レンズ有効径
50mm
実視界
接眼レンズは別売
ひとみ径
接眼レンズは別売
アイレリーフ
接眼レンズは別売
重量
455g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

防水仕様でアウトドアでも安心

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、接眼レンズは別売りです。本格的な防水仕様で、内部に窒素ガスが充填(じゅうてん)されているので、雨天時の観察や気温差が大きい場所で使用しても、レンズ内部が曇りにくくなっています。

対物レンズにはEDガラスを採用。レンズとプリズム、防塵ガラスの全面は多層膜コーティングされているので、明るくコントラストの高い視野になります。

重量も455gと軽く、バードウォッチングはもちろん、スポーツなどで使いたい人におすすめ。接眼レンズの種類が豊富なので、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』

出典:Amazon

倍率
27倍
対物レンズ有効径
82mm
実視界
2.6度
ひとみ径
3.0mm
アイレリーフ
18.0mm
重量
1330g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

有効径82mmの大型高性能モデル

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径が82mmと大きく、集光力にすぐれています。対物レンズには色にじみの少ないEDレンズを採用し、ピント調整がデュアルフォーカス式なので、こまかくピントを合わせられます。

また野鳥を素早く視野に入れる際に役立つ、素通しファインダーを装備しています。付属の接眼レンズの倍率は27倍ですが、別売りの接眼レンズに替えれば倍率を変更できます。眼鏡をかけたままでも見やすい、アイレリーフ18mmのハイアイポント設計。窒素ガス充填による本格的な防水設計も魅力です。重量は1330gと重いので三脚は必須ですが、じっくり観察したい人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』

出典:Amazon

倍率
20~40倍
対物レンズ有効径
50mm
実視界
2.3度~1.6度
ひとみ径
2.5mm~1.3mm
アイレリーフ
14mm~12.5mm
重量
400g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

ズームレンズ搭載のコンパクトモデル

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、本体がコンパクトなことが魅力です。接眼レンズは20~40倍ズームの固定式なので交換はできません。特徴は、ポリカーボネート製のボディを採用しているため、重量が400gと非常に軽いこと。

また防水設計で、内部には窒素ガスが充填されているので、雨天時などでもレンズの内側が曇りにくくなっています。コンパクトで軽量化された、持ち運びやすいフィールドスコープを探している人におすすめです。バードウォッチングやアーチェリー、トレッキングなどさまざまなシーンで活躍するでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

出典:Amazon

倍率
接眼レンズは別売
対物レンズ有効径
65mm
実視界
接眼レンズは別売
ひとみ径
接眼レンズは別売
アイレリーフ
接眼レンズは別売
重量
1050g
防水性
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4
IT・テックライター

50mmクラスでは物足りなくなった人に

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は65mmで、接眼レンズは別売りです。JIS保護等級の6級相当の防水仕様で、窒素ガス充填によりレンズ内部の曇りを防ぎます。また対物レンズにEDガラスを採用することで、クリアな視界を実現しています。

接眼レンズは、ズームタイプと固定倍率タイプが用意されているほか、同社の天体望遠鏡用の接眼レンズ(アイピース)も利用できます。倍率は最大60倍までの接眼レンズが用意されているので、高倍率での観察にも向いています。重量は1050gと比較的に重いタイプなので、三脚を使って腰をすえて観察したい人におすすめです。

「フィールドスコープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

ビクセン『アロマ 52‐A』
ニコン『ED50』
ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』
コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』
リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

商品

ビクセン『アロマ 52‐A』 ニコン『ED50』 ビクセン『ジオマII ED82‐Sセット』 コーワ プロミナー『スポッティングスコープ TSN‐501』 リコーイメージング『ペンタックス スポッティングスコープ PF‐65EDII』

特徴

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ 防水仕様でアウトドアでも安心 有効径82mmの大型高性能モデル ズームレンズ搭載のコンパクトモデル 50mmクラスでは物足りなくなった人に

価格

Amazon : ¥15,499
楽天市場 : ¥ 16,880
PayPayモール : ¥ 16,880
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥25,792
楽天市場 : ¥ 28,090
PayPayモール : ¥ 28,090
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥76,999
楽天市場 : ¥ 76,950
Yahoo!ショッピング : ¥ 84,480
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥25,360
楽天市場 : ¥ 27,399
Yahoo!ショッピング : ¥ 27,399
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥43,776
楽天市場 : ¥ 58,152
Yahoo!ショッピング : ¥ 56,587
※各社通販サイトの 2019年12月4日時点 での税込価格

倍率

25倍 接眼レンズは別売 27倍 20~40倍 接眼レンズは別売

対物レンズ有効径

52mm 50mm 82mm 50mm 65mm

実視界

2.1度 接眼レンズは別売 2.6度 2.3度~1.6度 接眼レンズは別売

ひとみ径

2.1mm 接眼レンズは別売 3.0mm 2.5mm~1.3mm 接眼レンズは別売

アイレリーフ

12.0mm 接眼レンズは別売 18.0mm 14mm~12.5mm 接眼レンズは別売

重量

460g 455g 1330g 400g 1050g

防水性

×

商品情報

ECサイトのフィールドスコープランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフィールドスコープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィールドスコープランキング
楽天市場:フィールドスコープランキング
Yahoo!ショッピング:フィールドスコープランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

IT・テックライターの"ここがポイント"|デジタルカメラに装着して使うことも想定すべし!

IT・テックライター

フィールドスコープは、屋外でバードウォッチングをするなど、自分の目で覗いて楽しむことが基本の使い方ですが、通称「デジスコ」と呼ばれる使い方も人気があります。デジスコは、フィールドスコープをデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラと合体させて、フィールドスコープを超望遠レンズとして活用する方法です。

一眼レフ用の超望遠レンズは非常に高価なので、フィールドスコープ+接続アダプターのほうがリーズナブルなことが多いです。デジスコとして使うことが多いなら、直視型の製品をおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/25 タイトルを修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

フォトグラファーが選ぶおしゃれなカメラバッグおすすめ6選をご紹介します。カメラバッグと聞くと、機能面は充実してるけど見た目はちょっと……という人も多いのではないでしょうか。しかし、よく探してみると一目見ただけではカメラバッグとはわからない、おしゃれなものも意外とみつかります。なかにはハイブランドがだしている高級感あるデザインのものも。この記事ではフォトグラファーの瀬川陣市さんが、機能的にもしっかりしながら見た目もおしゃれなカメラバッグのおすすめ商品を紹介してくれているので、自分のスタイルにあったカメラバッグ選びの参考にしてみてください。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

写真家の藤井智弘さんに、カメラ初心者向けミラーレス一眼の選び方とおすすめ商品をうかがいました。普段はスマートフォンで写真をよく撮るけど、もっとキレイに撮りたい、という方におすすめなのがミラーレス一眼。スマホやコンパクトデジカメよりもセンサーサイズが大きく、高画質でボケのある写真も撮れます。最近ではコンパクトでおしゃれなものや、Wi-Fiなどでスマホとも連携できるものもあるので、スマホからのステップアップにぴったりです。この記事を参考に、どんな撮影をしたいのか、どんなデザインが好みなのかをよく吟味して、自分の使い方にあったミラーレス一眼をみつけてください。


格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ビデオカメラ用【一脚】のおすすめ商品5選|運動会で大活躍! 選び方を徹底解説

ビデオカメラ用【一脚】のおすすめ商品5選|運動会で大活躍! 選び方を徹底解説

フォトグラファーの瀬川陣市さんが選ぶビデオカメラ用一脚5選を紹介します。最近のビデオカメラは手ぶれ補正機能がついているものがほとんどですが、運動会など長時間の撮影になると手が疲れてしまいます。そんなとき便利なのがビデオカメラ用一脚。三脚とくらべると安定性は低くなりますが、場所を取らず足元にスッと伸ばすだけなので気軽に使えます。本記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、選び方のポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。自分の用途に合ったビデオカメラ用一脚をみつけてください。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る