フィールドスコープおすすめ10選|直視型・傾斜型、高倍率モデルも

Vixen フィールドスコープ ジオマIIEDシリーズ ジオマIIED82-Sセット 18073-8
出典:Amazon

野鳥観察など、対象物にあまり近寄れないものを見るのに使うフィールドスコープ。片目でしか見られませんが、その代わりにデジタルカメラの装着や接眼レンズの交換など、双眼鏡にはない機能が備わっており、見え方も異なります。

ここでは、ITライターの石井英男さんと編集部が厳選したフィールドスコープのおすすめと選び方をご紹介します。
記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

マイナビおすすめナビ編集部

「PC・スマホ・カメラ」「メンズファッション」カテゴリーを担当。PC雑誌の編集経験者で、デジタル系商品に馴染みがある。一眼レフカメラやレンズ、メンズファッションにおいて、ユーザーとしての利用・購入機会が多く、物欲や感心が高い。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

フィールドスコープとは?

 

ビクセン『アロマ 52‐A』

フィールドスコープとは、地上望遠鏡に分類される望遠鏡の一種です。地上望遠鏡には、おもにフィールドスコープと双眼鏡がありますが、双眼鏡とは異なり「片目で観察する」のがフィールドスコープの特徴です

双眼鏡よりも倍率が高く、基本的には三脚に固定して使います。バードウォッチングや天体観測などには、フィールドスコープの使用が適しているでしょう。

『フィールドスコープのおすすめ商品』を今スグみる

フィールドスコープの選び方 直視型か軽視型か、レンズ口径、倍率、防水機能など

フィールドスコープ
ペイレスイメージズのロゴ

フィールドスコープを使えば、星空・天体観察や射撃など、遠くにあるものを手前に引き寄せて観たいときに活躍します。

ここからは、フィールドスコープの選び方をご紹介していきます。ポイントは下記7点!

【1】フィールドスコープの種類で選ぶ
【2】倍率で選ぶ
【3】対物レンズの有効径が大きいものを選ぶ
【4】実視界の数値が大きいものを選ぶ
【5】アイレリーフの長いものを選ぶ
【6】防水機能が付いたものを選ぶ
【7】デジスコの対応状況をチェック


対物レンズの有効径や倍率などさまざまな違いがあります。商品選びをスムーズにできるように、必要な機能と不要な機能をあらかじめ整理しておきましょう。

【1】フィールドスコープの種類で選ぶ 直視型・傾斜型

フィールドスコープ(スポッティングスコープ)は、接眼レンズの取りつけ方によって、直視型(ストレートタイプ)と傾斜型(アングルタイプ)の2種類に大別できます。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

直視型(ストレートタイプ)

 

デジタル一眼レフと合体させたい場合は、こちらの直視型が向いています。こうしたデジタルカメラを装着できる機種なら、超望遠撮影ができます。

直視型は、フィールドスコープ本体と接眼レンズが直線的に配置されているタイプ。対象物にフィールドスコープをまっすぐ向ければいいので、初心者でも使いやすいことが特徴です。デジタル一眼レフなどと合体させて写真を撮りたい場合も直視型が向いています。

傾斜型(アングルタイプ)

 

傾斜型は、接眼レンズがフィールドスコープ本体に対して上向き・斜めに配置されているタイプ。高い場所の鳥や天体などを観測するときに、無理な姿勢をとる必要がないのでらくに観察できることが利点です。

【2】倍率で選ぶ 野鳥観察なら20~40倍、天体観測なら10~30倍

 

接眼レンズが別売になっている機種は目的に合った接眼レンズを購入しましょう。メリットとしては、接眼レンズを交換することで倍率の変更が可能になります。『ED50』は小さめで軽量なため、リュックなどに入れて携帯することもできます。

倍率が大きいほど、遠くの対象物を大きく見ることができますが、その分、一度に見える範囲が狭くなり明るさも暗くなります。用途によって最適な倍率が異なり、野鳥観察なら20~40倍、天体観測なら10~30倍が使いやすい倍率です。

またフィールドスコープによっては、接眼レンズを交換できるものや接眼レンズが別売りのものがあり、そうした製品なら、接眼レンズを交換することで倍率を変更可能です。倍率を可変できるズームレンズを備えた製品もありますが、ズームレンズでは同じ倍率でも、固定レンズに比べると視野が狭くなるので注意しましょう。

【3】対物レンズの有効径が大きいものを選ぶ 撮影するなら

 

VANGUARD『スポッティングスコープ Endeavor (XF 60A)』

対物レンズの有効径(口径)が大きいほど、たくさんの光を集められるので、より明るくシャープな像を得ることが可能。とくに高倍率になるほど、対物レンズの有効径が大きいフィールドスコープのほうが有利です。

その半面、対物レンズの有効径が大きくなると、本体が大きく重くなるので持ち運びがたいへんになります。気軽に使いたいのなら、有効径50~60mmの製品がおすすめです。

【4】実視界の数値が大きいものを選ぶ 動く物を観察するなら

 

SVBONY SV19 フィールドスコープ スポッティングスコープ 直視型 15-45x60mm Bak4プリズム 実視界2.7°-1.3°FMC

実視界の数値が大きいほど、動いている物を確認しやすくなります。野鳥や野生動物といった動きの速い物を観察したい場合は、実視界の数値も確認しておきましょう。

【5】アイレリーフの長いものを選ぶ メガネをかけて使うなら

 

Nikon 単眼望遠鏡 フィールドスコープ チャコールグレー FSED50CG

アイレリーフとは、接眼レンズを覗いたときに「視野全体を見渡せる」眼の位置から、レンズまでの距離のこと。メガネをかけながらフィールドスコープを使うのなら、アイレリーフが長い製品(15mm以上)がおすすめです。アイレリーフが15mm以上の製品は、ハイアイポントと呼ばれることもあります。

【6】防水機能が付いたものを選ぶ 屋外でも使うなら

 

フィールドスコープの多くは多少の水であれば影響のない仕様にはなっていますが、水滴を気にせず屋外に持ち出したいのなら、窒素ガスが充填してあるタイプや防塵ガラスが使われているタイプを選んでみるのもよいでしょう。

【7】デジスコの対応状況をチェック

 

Vixen フィールドスコープ ジオマIIEDシリーズ ジオマIIED82-Sセット 18073-8

デジタルカメラとフィールドスコープを組み合わせて超望遠レンズにすることを「デジスコ」と呼びます。デジカメなどの超望遠レンズは高価なものが多いですが、フィールドスコープと組み合わせれば、手軽に超望遠撮影をすることが可能です

デジスコには専用のアダプターやレリーズなどが必要になりますが、フィールドスコープによってはデジスコに向いていないものもあるので注意が必要です。

フィールドスコープおすすめ10選 人気のニコン、ビクセンほか

フィールドスコープの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

Vixen(ビクセン)『アロマ 52‐A』

Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03 Vixenフィールドスコープアロマ52-A(SG)シルバーグレイ1153-03

出典:Amazon

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は52mmで、付属の接眼レンズでの倍率は25倍です。接眼レンズを交換することで倍率を変更できます。アイレリーフは12mmと標準的ですが、重量が460gと軽いので、気軽に持ち運べます。ボディが伸縮式で、収納時は長さが17.7cmまで縮まるのも便利な点。

倍率も標準的なのでさまざまな目的に利用でき、とくに高い位置にある対象物を見るのに向いています。レンズやプリズムには3層以上の多層膜コーティングが施されているので、コントラストが高く、シャープに見えます。防水仕様ではありませんが、お手ごろな価格なのではじめてフィールドスコープを買う人にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

Nikon(ニコン)『ED50』

Nikon単眼望遠鏡フィールドスコープチャコールグレーFSED50CG Nikon単眼望遠鏡フィールドスコープチャコールグレーFSED50CG Nikon単眼望遠鏡フィールドスコープチャコールグレーFSED50CG Nikon単眼望遠鏡フィールドスコープチャコールグレーFSED50CG Nikon単眼望遠鏡フィールドスコープチャコールグレーFSED50CG

出典:Amazon

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

防水仕様でアウトドアでも安心

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、接眼レンズは別売りです。本格的な防水仕様で、内部に窒素ガスが充填(じゅうてん)されているので、雨天時の観察や気温差が大きい場所で使用しても、レンズ内部が曇りにくくなっています。

対物レンズにはEDガラスを採用。レンズとプリズム、防塵ガラスの全面は多層膜コーティングされているので、明るくコントラストの高い視野になります。

重量も455gと軽く、バードウォッチングはもちろん、スポーツなどで使いたい人におすすめ。接眼レンズの種類が豊富なので、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

エキスパートのおすすめ

Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』

Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』 Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』 Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』 Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』

出典:Amazon

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

有効径82mmの大型高性能モデル

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径が82mmと大きく、集光力にすぐれています。対物レンズには色にじみの少ないEDレンズを採用し、ピント調整がデュアルフォーカス式なので、こまかくピントを合わせられます。

また野鳥を素早く視野に入れる際に役立つ、素通しファインダーを装備しています。付属の接眼レンズの倍率は27倍ですが、別売りの接眼レンズに替えれば倍率を変更できます。眼鏡をかけたままでも見やすい、アイレリーフ18mmのハイアイポント設計。窒素ガス充填による本格的な防水設計も魅力です。重量は1330gと重いので三脚は必須ですが、じっくり観察したい人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

Kowa(コーワ)『スポッティングスコープ(TSN‐501)』

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

ズームレンズ搭載のコンパクトモデル

傾斜型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は50mmで、本体がコンパクトなことが魅力です。接眼レンズは20~40倍ズームの固定式なので交換はできません。特徴は、ポリカーボネート製のボディを採用しているため、重量が400gとひじょうに軽いこと。

また防水設計で、内部には窒素ガスが充填されているので、雨天時などでもレンズの内側が曇りにくくなっています。コンパクトで軽量化された、持ち運びやすいフィールドスコープを探している人におすすめです。バードウォッチングやアーチェリー、トレッキングなどさまざまなシーンで活躍するでしょう。

エキスパートのおすすめ

PENTAX(ペンタックス)『スポッティングスコープ(PF‐65EDII)』

IT・テックライター:石井 英男

IT・テックライター

50mmクラスでは物足りなくなった人に

直視型のフィールドスコープ。対物レンズの有効径は65mmで、接眼レンズは別売りです。JIS保護等級の6級相当の防水仕様で、窒素ガス充填によりレンズ内部の曇りを防ぎます。また対物レンズにEDガラスを採用することで、クリアな視界を実現しています。

接眼レンズは、ズームタイプと固定倍率タイプが用意されているほか、同社の天体望遠鏡用の接眼レンズ(アイピース)も利用できます。倍率は最大60倍までの接眼レンズが用意されているので、高倍率での観察にも向いています。重量は1050gと比較的に重いタイプなので、三脚を使って腰をすえて観察したい人におすすめです。

VANGUARD(バンガード)『スポッティングスコープ Endeavor (XF 60A)』

VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A VANGUARDスポッティングスコープEndeavorXF60A

出典:Amazon

野外でも安心して使えるフィールドスコープ

鮮明でとてもクリアな視界が特徴の、フィールドスコープです。マルチコーティングがされているため、高い透過率を実現しています。防水・防霧の設計がしてあるため、野外でも安心して使用することができます。直射日光を防ぐレンズフードや、手袋をつけたままでも操作しやすい大きめのピントダイヤルも、嬉しいポイントです。

SVBONY(サボイ)『フィールドスコープ(SV28)』

SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察 SVBONYSV28フィールドスコープスポッティングスコープバードウォッチング単眼望遠鏡アーチェリー、野鳥観察

出典:Amazon

最初のフィールドスコープを買うならこれ!

フィールドスコープを初めて購入する方におすすめなのが、SVBONYのフィールドスコープになります。75倍までのズームができ、付属品として、卓上型の三脚とスマホ用のホルダーが付いてきます。付属の三脚は卓上用のため、野外で使う場合は、別の三脚を購入する必要がありますが、とてもコスパのいい商品となっています。

SVBONY(サボイ)『SV17フィールドスコープ』

SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き) SVBONYSV17フィールドスコープスポッティングスコープ直視型大口径防水バードウォッチングアーチェリー射撃日本語マニュアル(25倍-75倍70mm)(四段三脚付き)

出典:Amazon

コスパ最強のフィールドスコープ

続いても、SVBONYのフィールドスコープになります。こちらは直視型のフィールドスコープとなっています。バードウォッチングから天体観測など、様々な状況で使用できるフィールドスコープです。レンズが70mmと大きいため、多少暗い環境でも観察を続けられます。コスパを重視したフィールドスコープが欲しい方に、おすすめです。

Kowa(コーワ)『スポッティングスコープ (TSN-502)』

KowaスポッティングスコープTSN-502 KowaスポッティングスコープTSN-502 KowaスポッティングスコープTSN-502 KowaスポッティングスコープTSN-502 KowaスポッティングスコープTSN-502 KowaスポッティングスコープTSN-502

出典:Amazon

軽量でコンパクトなフィールドスコープならこれ!

こちらはKowaから出ているフィールドスコープの直視型タイプのものです。こちらも傾斜型と同じく、400gとなっており、その軽量さが特徴となっています。約2.5mでピントが合うので、遠くだけでなく、昆虫観察や花の観察などでも使用できます。「色々なところにフィールドスコープを持ち歩いて使いたい」という方におすすめの商品です。

Kenko(ケンコー)『MILTOL 200mm F4 レンズキット (KF-L200-SCE)』

スポーツ観戦からバードウォッチングまで対応の商品

焦点距離22mmのアイピースが付いているため、22倍のテレスコープとして、使用することが可能です。バードウォッチングはもちろん、スポーツ観戦や野生動物の観察に使うことができます。マウント交換が可能となっているので、Tマウントを複数枚用意することで、マウントごとにレンズを買い換える必要が無くなります。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Vixen(ビクセン)『アロマ 52‐A』
Nikon(ニコン)『ED50』
Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』
Kowa(コーワ)『スポッティングスコープ(TSN‐501)』
PENTAX(ペンタックス)『スポッティングスコープ(PF‐65EDII)』
VANGUARD(バンガード)『スポッティングスコープ Endeavor (XF 60A)』
SVBONY(サボイ)『フィールドスコープ(SV28)』
SVBONY(サボイ)『SV17フィールドスコープ』
Kowa(コーワ)『スポッティングスコープ (TSN-502)』
Kenko(ケンコー)『MILTOL 200mm F4 レンズキット (KF-L200-SCE)』
商品名 Vixen(ビクセン)『アロマ 52‐A』 Nikon(ニコン)『ED50』 Vixen(ビクセン)『ジオマIIED82-Sセット(18073-8)』 Kowa(コーワ)『スポッティングスコープ(TSN‐501)』 PENTAX(ペンタックス)『スポッティングスコープ(PF‐65EDII)』 VANGUARD(バンガード)『スポッティングスコープ Endeavor (XF 60A)』 SVBONY(サボイ)『フィールドスコープ(SV28)』 SVBONY(サボイ)『SV17フィールドスコープ』 Kowa(コーワ)『スポッティングスコープ (TSN-502)』 Kenko(ケンコー)『MILTOL 200mm F4 レンズキット (KF-L200-SCE)』
商品情報
特徴 コンパクトでリーズナブル、初心者におすすめ 防水仕様でアウトドアでも安心 有効径82mmの大型高性能モデル ズームレンズ搭載のコンパクトモデル 50mmクラスでは物足りなくなった人に 野外でも安心して使えるフィールドスコープ 最初のフィールドスコープを買うならこれ! コスパ最強のフィールドスコープ 軽量でコンパクトなフィールドスコープならこれ! スポーツ観戦からバードウォッチングまで対応の商品
倍率 25倍 接眼レンズは別売 27倍 20~40倍 接眼レンズは別売 15~45倍 25X-75X 25X-75X 20~40倍 22倍
対物レンズ有効径 52mm 50mm 82mm 50mm 65mm 60mm 70mm 70mm 50mm 50mm
実視界 2.1度 接眼レンズは別売 2.6度 2.3度~1.6度 接眼レンズは別売 2.7~1.3° - - 2.3度~1.6度 2.7~1.3°
ひとみ径 2.1mm 接眼レンズは別売 3.0mm 2.5mm~1.3mm 接眼レンズは別売 - - - 2.5mm~1.3mm -
アイレリーフ 12.0mm 接眼レンズは別売 18.0mm 14mm~12.5mm 接眼レンズは別売 19~20mm 16-14mm - 14mm~12.5mm 19~20mm
重量 460g 455g 1330g 400g 1050g 1280g 1850g 1,000g 400g 1820g
防水性 - 有り 有り 有り 有り -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フィールドスコープの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフィールドスコープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィールドスコープランキング
楽天市場:フィールドスコープランキング
Yahoo!ショッピング:フィールドスコープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フィールドスコープに関するQ&A よくある質問

question iconフィールドスコープをデジカメに取り付けることはできますか?

answer icon

できます。ただし、専用のアタッチメントやブラケットなどのデジスコーピングシステム製品が必要となります。

question icon超望遠レンズの代用としてフィールドスコープを使うことは可能ですか?

answer icon

可能です。2000mmを超えるような超望遠域を求めるのであれば、デジスコを使ったフィールドスコープがよいでしょう。1000mmまでの撮影であれば、600mmの超望遠レンズにテレコンバーターを使うという選択肢もあります。

フィールドスコープ選びでおさえておきたい2つの用語

フィールドスコープを選ぶうえで、必ずといっていいほど目にする用語があります。スペックにも関わってくる用語なので、ぜひ覚えておきましょう。

対物レンズ有効径

 

SVBONY SV17 フィールドスコープ スポッティングスコープ 直視型 25-75x70mm BaK4プリズム IPX7防水

「対物レンズ有効径」とは、対物レンズの内径のことを言います。たとえば、「10×32」といったような表記があった場合、「10」が倍率、「32」が対物レンズの有効径ということになります。

倍率……数値が高いほど被写体が大きく見える。その分、手ブレもしやすくなる。
対物レンズ有効径……数値が大きいほど明るく見える。その分サイズが大きくなり重くなる。

ひとみ径

 

Vixen フィールドスコープ ジオマIIED82-Sセット 18073-8

「ひとみ径」とは、明るさを表す数値のことです。ひとみ径はレンズ有効径を倍率で割った数字を2乗した数値です。ひとみ径が大きければ大きいほど、暗い場所でも明るく見えます。

デジタルカメラに装着して使うことも想定すべし! IT・テックライターからのアドバイス

IT・テックライター

フィールドスコープは、屋外でバードウォッチングをするなど、自分の目で覗いて楽しむことが基本の使い方ですが、通称「デジスコ」と呼ばれる使い方も人気があります。デジスコは、フィールドスコープをデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラと合体させて、フィールドスコープを超望遠レンズとして活用する方法です。

一眼レフ用の超望遠レンズはひじょうに高価なので、フィールドスコープ+接続アダプターのほうがリーズナブルなことが多いです。デジスコとして使うことが多いなら、直視型の製品をおすすめします。

フィールドスコープに関するそのほかのおすすめ記事 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


デジタル顕微鏡おすすめ12選|屋外で使える持ち歩きタイプや高性能モデルも

デジタル顕微鏡おすすめ12選|屋外で使える持ち歩きタイプや高性能モデルも

光学レンズをとおし、微生物や細胞などのミクロの世界を拡大して見ることができるデジタル顕微鏡。電子回路の組み立てや肉眼では難しい作業など、幅広く活躍するアイテムです。最近ではセパレートタイプや一体型タイプ、超高画素数のものなどさまざまなものが販売されています。本記事では、デジタル顕微鏡のおすすめ商品と選び方をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 双眼鏡・望遠鏡・光学機器 , カメラ

天体望遠鏡おすすめ13選|反射式・屈折式・反射屈折式など厳選

天体望遠鏡おすすめ13選|反射式・屈折式・反射屈折式など厳選

月や満点の星空を間近に見させてくれる天体望遠鏡。天体観測には欠かせません。天体望遠鏡を使えば、月のクレーターはもちろん、もっと遠くの星でも効率的に光を集めて観測することができます。ここでは、IT・テックライターの石井英男さんと編集部が厳選した天体望遠鏡おすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 双眼鏡・望遠鏡・光学機器 , カメラ

オペラグラスおすすめ18選|ミュージカルや観劇に

オペラグラスおすすめ18選|ミュージカルや観劇に

この記事では、東京ドームや武道館などの広い会場でのコンサートや、ミュージカルや宝塚の観劇にも役立つオペラグラスをご紹介しています。おしゃれなアイテムや、持ち運びに便利なストラップ付きのものもピックアップしました。Amazonなどの売れ筋ランキングもあるのでチェックしてみましょう!

tag icon 双眼鏡・単眼鏡 , 双眼鏡・望遠鏡・光学機器 , カメラ

APS-Cミラーレス一眼おすすめ6選|軽い・高画質・高コスパ

APS-Cミラーレス一眼おすすめ6選|軽い・高画質・高コスパ

高画質で写真を撮りたいけれど、重くて大きなカメラは持ち歩きたくない、そんなときに導入したいのがAPS-C判のミラーレスカメラです。小型軽量で高画質の写真が撮れるということで、SNS投稿用の写真を撮るカメラとしても、バッグに入れて持ち歩いて街角のなにげない景色を撮るお散歩カメラとしても最適です。本記事では、APS-C判ミラーレスカメラの選び方やおすすめ商品をご紹介。記事後半には比較一覧表、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

防水カメラおすすめ15選|防水防塵・F値・光学ズーム・手ブレ補正機能で厳選

防水カメラおすすめ15選|防水防塵・F値・光学ズーム・手ブレ補正機能で厳選

プールやビーチ、ダイビングなど水辺のアウトドアで活躍する防水カメラ。防水性能が高いため、防水ケースに入れなくても気軽に屋外へ持ち出せます。ここでは、カメラ専門家の田中希美男さんと編集部が厳選した防水カメラのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon コンパクトデジタルカメラ , デジタルカメラ , ダイビング

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。