選び方&機能を解説【GoPro】おすすめ5選|モバイル情報ブロガーの厳選商品!

選び方&機能を解説【GoPro】おすすめ5選|モバイル情報ブロガーの厳選商品!

モバイル情報ブロガー:伊藤 浩一
モバイル情報ブロガー
伊藤 浩一

モバイル関連情報を紹介するブログ「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」を主宰するブロガー。 日本初のWindows Mobileスマートフォン「W-ZERO3」への思い入れが強い。 「Androidスゴ技BOOK」(共著、ソフトバンククリエイティブ)などの著書も持つ。

モバイル情報ブロガーが選ぶ「GoPro」5選をご紹介します。アクションカムの元祖であるGoProは、アマチュアからプロの現場まで幅広く使われています。人気の秘密は、種類の多いアダプター類により、体だけでなく、車、バイク、サーフボードなどに装着することができ、迫力ある動画の撮影ができる点です。そんなGoProの選び方やおすすめ5選をモバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんが紹介します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


GoProの選び方|モバイル情報ブロガーが解説

モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんに、GoProを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

三脚に設置されたGoPro
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

GoProの選び方をモバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんが解説します。そして、GoProのおすすめ商品5選もあわせて紹介します!

アクションカムは補正機能が必須

モバイル情報ブロガー

動きがある動画を撮影する場合、一般的にはジンバルやスタビライザーという機器を使うケースが一般的。しかし、体に装着したり、車に搭載して撮影するアクションカムの場合、ジンバルやスタビライザー(揺れを抑える器具)を使えないケースも少なくありません。

そのため、補正機能が必須です。この補正機能がないモデルを選んでしまうと、画面がぶれて何を撮影をしているのかわからなくなってしまうからです。動きながら、滑らかな動画を撮影するためには、補正が強力な機種を選択するようにしましょう。

GoPro『HERO7 BLACK』

ブレ補正機能「HyperSmooth」搭載モデル。

>> Amazonで詳細を見る

防水機能の搭載で活用範囲が広がる

モバイル情報ブロガー

水中撮影をする場合、水中撮影できるハウジングオプション(透明の防水ケース)を利用するのが一般的。GoProシリーズの場合、機種ごとに使える防水ハウジングが販売されています。

しかし、水中や水辺での撮影がメインなら、本体に防水機能がついているモデルを選ぶといいでしょう。そうすればあらゆるシーンで動画を撮影でき、活用の幅が広がります。

GoPro『HERO7 WHITE』

ハウジングなしでも10mの防水性を発揮するモデル。

>> Amazonで詳細を見る

各種アタッチメントが対応するか確認

モバイル情報ブロガー

GoProシリーズは、アタッチメントが充実しています。たとえば、体に装着するアタッチメントや車に装着するアタッチメントなどさまざま。撮影したいシーンに合わせてアタッチメントを選択することで、激しい動きでも安定して撮影することができます。

撮影するシーンが決まっている場合、対応するアタッチメントがある機種を選ぶ、というのも1つの方法です。

GoProのおすすめ商品5選|モバイル情報ブロガーが厳選!

ここまで紹介したGoProの選び方のポイントをふまえて、伊藤浩一さんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro『HERO7 BLACK』

GoPro GoPro HERO7 BLACK 国内正規品 CHDHX-701-FW

出典:楽天市場

シリーズ
HERO7
画質
4K60/1080p240
ビデオ安定化(ブレ補正)
HyperSmooth
防水性能:40m
10m
ボイスコントロール
-
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

強力な補正機能と防水機能がウリ

強力な補正機能をもったモデルが「HERO7」。ジンバル並みの安定化機能を搭載しており、動きを予測してカメラのブレを補正。激しい動きでもスムーズな映像を記録します。さらにハウジングなしでも10mの防水性を発揮。海や川などの撮影はもちろん、動きの激しいスポーツなどでもじゅうぶん活躍できるでしょう。

4K60ビデオ、12MP写真の撮影機能などに対応したハイスペックなアクションカムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro『HERO7 WHITE』

出典:Amazon

シリーズ
HERO7
画質
1080p60
ビデオ安定化(ブレ補正)
-
防水性能:40m
10m
ボイスコントロール
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

小型で邪魔にならないフルHD対応モデル

GoProの小型モデル。エントリーモデルでありながら防水対応、タッチスクリーン、フルHDビデオ撮影とアクションカムとしてじゅうぶんな機能をもっています。

ビデオ安定化機能、タイムラプスビデオ、10MP写真を撮影、連写モード1秒間15枚撮影など、幅広く活用できるリーズナブルな価格の機種です。アクションカムを試してみたいという人は、このモデルを購入するといいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro『HERO7 SILVER』

出典:Amazon

シリーズ
HERO7
画質
4K30/1080p60
ビデオ安定化(ブレ補正)
-
防水性能:40m
10m
ボイスコントロール
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

価格と機能のバランスに優れたミッドレンジモデル

ミドルレンジモデルながらも4K30ビデオ撮影に対応。

小型、完全防水、ビデオ安定化機能、縦向き撮影、写真タイマー機能などを搭載しているアクションカメラとして、「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドでハンズフリー制御に対応しており、撮影がしやすくなっています。

アクションカムを使いこなしたい、という人におすすめのモデル。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro「Fusion」

出典:Amazon

シリーズ
Fusion
画質
5.2K30
ビデオ安定化(ブレ補正)
-
防水性能:40m
5m
ボイスコントロール
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

360度の撮影に対応

360度の撮影に対応したアクションビデオカメラ。水深5mまでの防水に対応しているため、海や川などでも幅広く利用ができます。

360度で撮影した映像を従来型のビデオや写真に変換が可能です。360度で撮影する動画は、他のアクションカメラでは体験できない臨場感を味わうことができます。ちょっと変わった動画を撮りたい、という人におすすめしたいGoProです。

最近ではInstagramなどのSNSでも、360度カメラで撮影された写真を見かけることが多くなってきました。そこで、カメラ評論家の田中希美男さんに、その選び方とおすすめ商品について解説していただきます。360度カメラに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro『HERO6 BLACK』

GoPro『HERO6 BLACK』

出典:Amazon

シリーズ
HERO6
画質
4K60/1080p240
ビデオ安定化(ブレ補正)
-
防水性能:40m
10m
ボイスコントロール
-
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

水深60mまで対応

HERO7 BLACKの前モデル。HERO7 BLACKほどの補正機能はありませんが、購入しやすいハイスペックな機種となっています。

4K/60fps、1080p/240fpsの撮影に対応し、本体だけで水深10mまでの防水機能、別売りのハウジングを利用することで、水深60mまで対応しています。普通のカメラでは撮影できないシーンを撮影するなら、このモデルがおすすめ。

一覧表で「GoPro」のおすすめ商品を比較する

画像

GoPro『HERO7 BLACK』
GoPro『HERO7 WHITE』
GoPro『HERO7 SILVER』
GoPro「Fusion」
GoPro『HERO6 BLACK』

商品

GoPro『HERO7 BLACK』 GoPro『HERO7 WHITE』 GoPro『HERO7 SILVER』 GoPro「Fusion」 GoPro『HERO6 BLACK』

特徴

強力な補正機能と防水機能がウリ 小型で邪魔にならないフルHD対応モデル 価格と機能のバランスに優れたミッドレンジモデル 360度の撮影に対応 水深60mまで対応

価格

Amazon : ¥ 45,880
楽天市場 : ¥ 44,880
Yahoo!ショッピング : ¥ 43,780
※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 31,860
楽天市場 : ¥ 32,450
Yahoo!ショッピング : ¥ 28,006
※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 41,580
楽天市場 : ¥ 30,580
Yahoo!ショッピング : ¥ 29,480
※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 39,800
楽天市場 : ¥ 48,400
Yahoo!ショッピング : ¥ 39,154
※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 59,000
楽天市場 : ¥ 34,580
Yahoo!ショッピング : ¥ 36,800
※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

シリーズ

HERO7 HERO7 HERO7 Fusion HERO6

画質

4K60/1080p240 1080p60 4K30/1080p60 5.2K30 4K60/1080p240

ビデオ安定化(ブレ補正)

HyperSmooth - - - -

防水性能:40m

10m 10m 10m 5m 10m

ボイスコントロール

- -

商品情報

通販サイトのGoProランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのGoProの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:GoProランキング
楽天市場:ウェアラブルカメラ・アクションカムランキング
Yahoo!ショッピング:GoProランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

モバイル情報ブロガーの「ここがポイント」|予備バッテリーは必ず用意しましょう!

モバイル情報ブロガー

アクションカムは過酷な場所で撮影することが多くなります。直射日光の当たる場所や、極寒な場所など、温度差の激しいシーンでは、バッテリーへの負荷が高くなります。

途中で、バッテリー切れになったときに備えて、予備バッテリーは用意しましょう。

【関連記事】その他のGoProに関連する記事はこちら

GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんにお話をうかがい、GoProアクセサリのおすすめ4選と選び方をご紹介します。小型で高画質、耐久性の高いアクションカメラが数多くあるなか、GoProは常に選ばれ続ける人気製品。本記事では、GoProに必要なアイテムを厳選しました。

アウトドアで写真や動画の撮影に重宝されるアクションカメラ。1万円台で購入できるモデルあるなかで、高価格帯の商品にはどのような魅力や性能の違いがあるのでしょうか。本記事では、ハイエンドアクションカメラの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。

お手頃なアクションカメラのなかにも、撮影機能が充実したモデル、季節や場所を問わず幅広いシーンに対応できるモデルなど種類があります。本記事では、コストパフォーマンスにすぐれた商品の選び方とおすすめを厳選して紹介します。

F1レースなどのオンボードカメラ中継で観ていたような映像を、最近では1万円を切るような安価なアクションカメラでも4K画質で撮影できるようになってきました。そこで、アクションカメラのプロに、アクションカメラを選ぶ際のポイントやおすすめ機種5機種を教えてもらいました。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ミニ三脚】の選び方&おすすめ商品5選|マンフロット・ゴリラポッドほか

【ミニ三脚】の選び方&おすすめ商品5選|マンフロット・ゴリラポッドほか

ITジャーナリストの一条真人さんに聞いた、ミニ三脚のおすすめ5選をご紹介します。デジカメやスマホの普及で画像や動画の「撮影」が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。最近はコンパクトながらもすぐれた製品が数多く販売されています。この記事では、一条さんに、ミニ三脚を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

テクニカルライターの石井英男さんに防振双眼鏡を選ぶポイントとおすすめ商品について紹介していただきました。景色を眺めたり、バードウォッチングを楽しんだり、スポーツ観戦やフェスやライブ鑑賞に使ったりと、双眼鏡はさまざまなシーンに役立つ便利なアイテムです。ただ、使い慣れていないと手ぶれが大きくなって集中できなくなることも。そこでおすすめしたいのが、手ぶれ補正機構を搭載した防振双眼鏡です。この記事では、数ある防振双眼鏡のなかからおすすめの商品を厳選しました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて防振双眼鏡を選ぶ参考にしてみてください。


instaxシリーズ【チェキ】おすすめ商品4選|モバイル情報ブロガーが解説&番外編も

instaxシリーズ【チェキ】おすすめ商品4選|モバイル情報ブロガーが解説&番外編も

モバイル情報ブロガーが選ぶ「チェキ」4選+番外編をご紹介します。チェキは、富士フイルムによるインスタントカメラのブランドです。まだデジタルカメラのないフィルム時代からインスタントカメラは愛用されており、現代になっても、インスタントカメラで撮影した写真は若いユーザーの間で高い人気を誇っています。また、チェキシリーズには、カメラのほか、スマホで撮影した写真をチェキで印刷できるプリンターもあります。そこで、チェキの選び方やおすすめ商品について、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんに教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【SDカード】選び方&おすすめ商品5選|モバイル情報ブロガーが解説!

【SDカード】選び方&おすすめ商品5選|モバイル情報ブロガーが解説!

モバイル情報ブロガーが選ぶSDカード5選をご紹介します。パソコンのデータ交換用やデジタルカメラなどの記録用媒体として使われるSDカード。本記事では、SDカードの選び方とおすすめ商品について、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんが解説します。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


スチールカメラ用【三脚】おすすめ商品7選|フォトグラファーが選び方のコツを解説

スチールカメラ用【三脚】おすすめ商品7選|フォトグラファーが選び方のコツを解説

フォトグラファーが選ぶスチールカメラ用三脚7選をご紹介します。数ある撮影用品のなかでも、本格的に写真を撮るのにまずそろえておきたいツールが三脚です。三脚があればスローシャッターを使用するときのブレを抑え、表現の幅がぐっと広がります。そこで、フォトグラファーの高月 優さんにスチールカメラ用三脚を選ぶときのポイントをうかがい、おすすめの商品を選んでいただきました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、三脚を購入する際の参考にしてみてください。


新着記事


買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶポイントとおすすめ商品4選を教えていただきました。生活に不可欠な冷蔵庫は、家族構成やライフスタイルに合わせて最適なものを選定したいですよね。ただ、いざ買い換えるとなると、各メーカーより充実した機能を備えた冷蔵庫が数多く販売されていて、どの冷蔵庫を選べばよいか悩んでしまいます。そこで、数ある冷蔵庫のなかから秋葉けんたさんに厳選しいていただいた5商品をご紹介します。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングも参考に、ライフスタイルにぴったりの冷蔵庫を見つけてくださいね。


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

IT&家電ライターの井上真花さんに、おしゃれな加湿器の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。空気に潤いを与える加湿器は、長時間使うことが多いため、部屋のインテリアになじむかどうかも大切なチェックポイント。加湿器を選ぶときは、デザインが部屋全体の雰囲気にあっているかどうかも確認しましょう。最近はカラーバリエーションが豊富なモデルも増えています。IT&家電ライターの井上真花さんおすすめ商品を参考に、お部屋のインテリアにあった、おしゃれな加湿器をみつけてください。


【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、スマホアームバンドの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。ランニングやウォーキングに行くときは、できるだけ身軽にいきたいですよね。でも、音楽を聴いたり計測アプリを使ったりするのにスマホは必要になります。そんなとき役に立つのがスマホアームバンド。この記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんがスマホアームバンドの機能や性能について、くわしく説明してくれています。ぜひ参考にして、快適なランニングを楽しんでください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る