フィットネスシューズおすすめ8選|ナイキ、ニューバランスなど人気ブランドも!

フィットネスシューズおすすめ8選|ナイキ、ニューバランスなど人気ブランドも!

ジムに通うならそろえておきたい「フィットネスシューズ」。トレーニング内容に合わせて選ぶことで、より高いパフォーマンスを発揮できます。また安定性も高まるので、ジムに通う初心者の方はフィットネスシューズの使用をおすすめします。

本記事では、フィットネスシューズの選び方とおすすめをご紹介。自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう!記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー
田子 政昌

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーをはじめ国内外の数多くの指導ライセンスを保有しており、神奈川県内でランニング・かけっこのスクール事業を展開しながら、パーソナルジムの経営を行っています。 現在も現役で陸上競技大会に出場しており、選手としての自身の目線や大手スポーツ量販店での社員経験・これまでの運動指導経験を活かして様々なスポーツ関連の記事執筆に関わってきました。 各種スポーツ教室・健康運動教室・講演会などのご依頼もお請けしております。

フィットネスシューズの必要性

フィットネスのイメージ画像
Pixabayのロゴ

ジムや公共体育館などのトレーニング施設では、床がキズつくようなシューズはさすがにNGですが、それ以外には指定がほぼありません。スニーカーや屋外用のランニングシューズでトレーニングで代用している方もいますが、安定しづらくパフォーマンスがうまく発揮できないことがあるので、パフォーマンスをアップさせるには、フィットネスシューズがおすすめです。

フィットネスシューズが普通のシューズと異なる点は、構造です。マシントレーニングやウェイトトレーニング、トレッドミル(ランニングマシン)、ヨガなどのスタジオプログラムといったさまざまなトレーニングに対応するため、クッション性が高い構造になっています。そのため、トレーニングの種目に合ったものを履くと、踏ん張れてより力が出やすくなったり、動きやすくなります。これからトレーニングを始める方、ジム初心者の方は自分がおこなう運動内容に適したシューズを選びましょう。

また、滑りにくくなりケガの防止にもなるメリットがあります。

フィットネスシューズの選び方 運動種目と運動レベルに合わせて

それでは、フィットネスシューズの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の2つ。

【1】運動種目で選ぶ
【2】自分の運動レベルに合うものを選ぶ


上記の2つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】運動種目で選ぶ

ジムでどんな運動をおこなうかで、適切なトレーニングシューズが異なります。ここでは、万能用、ランニング用、ウエイトトレーニング用、ダンスエクササイズ用に分類して解説します。

▼選んでおけば安心の「万能用」

 

有酸素運動やウエイトトレーニングなどのさまざまな運動に取り組んでいる方や、初心者でどんな種目をメインにするのか未定の方もいることでしょう。

そんなときにぴったりの万能タイプは、あらゆる動きに対応できるのが大きな特徴です。ケガを防ぐためのクッション性や安定性・フィット感のバランスがほどよく、履き心地がいいでしょう。

▼クッション性が高い「ランニング用」

ランニングする人の写真
Pixabayのロゴ

ランニングやウォーキングをおもにおこなう場合は、ランニング用シューズを選ぶといいでしょう。クッション性や軽量性にすぐれており、ひざにかかる負担を抑えてくれるのが特徴です。

ランニングシューズには、クッション性を重視したトレーニング用と、軽さ重視でクッション性が低めのレース用があります。運動目的で履く場合は、トレーニング用を選んでください。

▼安定感のある「ウエイトトレーニング用」

 

パワー系のウエイトトレーニングをメインに取り組む方は、ウェイトトレーニング用のフィットネスシューズを利用しましょう。重さに耐えながら、足でしっかりと踏ん張れるように、安定性とグリップ性能が高められています

素足のような感覚で履ける薄いソールの製品や、足首までしっかりホールドするハイカットタイプなど、ラインナップが豊富です。

▼横の動きやひねりも対応する「ダンスエクササイズ用」

 

ダンス・エアロビクスといった運動には、ダンスエクササイズ用のフィットネスシューズがおすすめです。機微な動きやひねりなど、あらゆる方向に対する動きにしっかり対応できます。

安定性やクッション性を重視したモデルは、ケガや疲労予防に役立ちますが、重たい傾向があるため注意しましょう。軽快な動きを重視したい場合は、軽量モデルを選んでください。

【2】自分の運動レベルに合うものを選ぶ

 

これからジム通いをする初心者と、トレーニングを日常的におこなっている上級者では、選ぶフィットネスシューズが異なってきます。自分のフィットネスレベルに合ったものを選びましょう。

はじめは万能型のフィットネスシューズを選び、そこから重視したい活動内容に応じたフィットネスシューズに買い替えていくのがよいです。自分のレベルに合ったフィットネスシューズを選ぶと、よりパフォーマンスが向上しトレーニングの継続にもつながります。

エキスパートのアドバイス

ランニングインストラクター・パーソナルトレーナー

できれば2足以上の履き分けを推奨

万能タイプのフィットネスシューズも紹介しましたが、よりよいフィットネスライフを送るには、それぞれのシーンに合わせてシューズを履き替えたほうがいいでしょう。

近年のフィットネスクラブは、スタジオやジムトレーニング以外にも、さまざまな活動ができるように進化しています。このような多岐にわたるフィットネスクラブの活動で、より快適に運動を楽しむためには、使いやすいアイテムを使用することが安全性の観点からも重要です。

また、フィットネスファッションとしてもシューズ選びはとても楽しいものなので、ぜひいくつかのタイプのシューズを使い分けて、よりよいフィットネスライフを目指してほしいと思います。

フィットネスシューズの人気メーカー

どこの店舗でも手に入りやすく、人気の高いメーカーをご紹介します。

ナイキ

ナイキは、幅広いフィットネスシューズをラインナップしているのが大きな特徴です。1万円以下で手に取りやすい価格帯のものから、レースで活躍するランナーも利用しているハイスペックモデルまで、充実しています。

そのため、運動初心者から上級者まで、レベルや用途にぴったりのモデルが見つかるでしょう。また、おしゃれなデザインも魅力なので、見た目も重視して選びたい方にぴったりです。

アディダス

 

人気スポーツメーカーのアディダスでは、運動種目ごとに特化したタイプのフィットネスシューズを取り扱っています。そのため、特定の種目だけに集中して取り組んでいる方も、競技別でぴったりのモデルが探せるでしょう。

また、リーズナブルな価格帯の商品も多数取りそろえているので、運動初心者でも気軽に利用しやすいです。

ニューバランス

 

ニューバランスは、幅広い世代から愛用されている人気メーカーです。クッション性や軽量性にすぐれたモデルをラインナップ。

ランニングやジムトレーニングなど、種目別モデルのバリエーションも豊富で、初心者にもぴったりのフィットネスシューズが見つかります。また、手に取りやすい価格帯の商品が多いのも、人気の理由です。

アンダーアーマー

 

アンダーアーマーは、ランニングシューズやトレーニングを取り扱っています。ランニングシューズは、着地するときのエネルギーを推進力に変化させる、ホバーテクノロジー搭載モデルが人気。

すぐれたクッション性と軽い履き心地で長距離ランニングにも活躍します。トレーニングシューズは、無重力空間のような履き心地のモデルがあり、エネルギーリターンはキープしつつ、衝撃をしっかり緩和するのが特徴です。

フィットネスシューズおすすめ8選

選び方を踏まえた、フィットネスシューズのおすすめ商品をご紹介します。

MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースDE』

[ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースDEシルバー(2018年)24.0cm2E

出典:Amazon

ユーザーも多いフィットネスシューズの王道

フィットネスクラブの常連の方にもユーザーが多い人気のフィットネスシューズ。スタジオレッスン向けの機能がしっかりと盛り込まれています。

見た目よりも軽量で、ターンやステップ動作がしやすいアウトソールが特徴。ソールユニットに、ランニングシューズにも採用されているMIZUNO WAVEという構造を使用。そのためクッション性が高く、通気性もよいため数十分~1時間程度動き続けるスタジオレッスンでも足部のムレを感じることが少なく、快適に履き続けることができ、おすすめです。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)『Ultimate Speed』

[アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm [アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm [アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm [アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm [アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm [アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm [アンダーアーマー]スポーツUltimateSpeed3000329メンズBLK/ZCG/BLK26.5cm

出典:Amazon

激しい動きにも対応できるトレーニングシューズ

ランニングやジムでのトレーニングだけでなく、あらゆる場面で使いやすいのが、アンダーアーマーのトレーニングシューズ。近年ではランニングシューズなどにも使われる、高機能な「マイクロG」という構造が高いクッション性を備え、足への負担を軽減してくれます。

軽量かつ低重心で、横方向への動きにも対応。安定性も高いため、さまざまなトレーニングを行なう際に足をサポートします。スタジオやジムといった複数のトレーニングをしたい方には、こういったタイプがおすすめです。

Reebok(リーボック)『クロスフィット ナノ/REEBOK NANO 9』

[リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm [リーボック]トレーニングシューズRクロスフィットナノ9Mメンズブラック/ブライトシアン/ホワイト(DV6352)26cm

出典:Amazon

流行のクロスフィット専用のシューズ

クロスフィットとは「歩く」「走る」「起き上がる」「拾う」など、日常生活で繰り返し行なう動作をベースにしたトレーニング種目。重りを持つ動き以外にロープ登りや有酸素的動作も入り、非常に運動効果が高いことから、激しい運動をしたい方からとくに人気があります。

歴史と人気があるリーボックのクロスフィットナノシリーズは、クロスフィット専用に開発されたシューズで高い耐久性がポイント。メッシュ地を織り込んだ構造は、耐久性のほかに通気性も高く、長時間の運動でも足を快適に保ちます。

MIZUNO(ミズノ)『フィットネスシューズ ウエーブダイバース(K1GF1571)』

[ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E [ミズノ]フィットネスシューズウエーブダイバースLG3ホワイト24.5cm2E

出典:Amazon

体感できる柔らかさ!スタジオエクササイズに最適

踵・中底やインソールも柔らかさが体感できるよう、細部までこだわり抜かれたシューズです。靴裏に効果的に配置された横溝と縦溝により、足裏全体や足指を素早く自在にコントロールできます。エアメッシュのアッパーとソールにある通気孔から湿気を排出するので、シューズ内部の湿度と温度の上昇が抑制され、常に快適です。

フィットネス時の横方向のステップでも安定性と屈曲性に優れ、またミズノが開発した「MIZUNO WAVE」によりクッション性にも優れています。

adidas(アディダス)『POWERLIFT 4(FV6599)』

[アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm [アディダス]ウエイトリフティングシューズパワーフィット4Powerlift4コアブラック/コアブラック/ソーラーゴールド27.0cm

出典:Amazon

ウエイトリフティングに特化したシューズ

軽量でも足がしっかり固定され、安定したウエイトトレーニングができるシューズです。ナローフィット仕様で足にピッタリ沿い、面ファスナーストラップ付きのシューレースクロージャーにより、さらにフィット感が高まります。サイズが22cm~29.5cmと幅広いのも嬉しいですね。

耐久性のある「adiWEAR」のアウトソールで、リフティング時に足で床をしっかり踏みしめられます。つま先は柔軟性のあるデザイン、前足部はオープン型なので、優れた透湿性で履き心地が快適です。アッパーは丈夫なキャンパス素材でできています。

New Balance(ニューバランス)『PESU M(MPESU)』

[ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD [ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD [ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD [ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD [ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD [ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD [ニューバランス]ランニングシューズMPESUPESU(ペース)メンズLL1(GRAY/LIME)28cmD

出典:Amazon

通気性とフィット感に優れハードトレーニングに最適

クッション性・反発性に優れており、新素材「DYNASOFT」搭載で、弾むような足裏感覚のあるシューズです。メッシュ部分の高い通気性と、履き口と踵に採用された低反発素材による優れたフィット感で、サポート力がありつつもソフトな履き心地になっています。

アウトソールの前足部分の外側はラバーで囲まれており、サイドステップが安定し、ハードトレーニングもサポートしてくれます。ワイズはDで、やや細めの作りになっています。

Reebok(リーボック)『リーボック ナノ / Reebok Nano X(FW8127)』

Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』 Reebok(リーボック)『リーボックナノ/ReebokNanoX(FW8127)』

出典:Amazon

屈曲性とサポート力で快適トレーニング

「Nano」誕生10周年を祝してアップデートされたモデルです。アウトソールはクッション性が高く、クロスフィットで重要とされるランニングに適しています。「デカップリング」をソールに採用しており、半分に分割されているので足裏がよく曲がります。

極端な厚みがあるヒール部分がしっかり踵をホールド、足がシューズ内でぶれず快適なトレーニングが可能です。異なった素材で分割されているミッドソールラップ部分が、ロープクライミングや腹筋などのシューズにかかる摩擦から足を保護してくれます。

MIZUNO(ミズノ)『TC-01(31GC1901)』

[ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E [ミズノ]トレーニングシューズTC-01ブラック×ダークグレー26cm2E

出典:Amazon

素足に近い履き心地でバランス能力アップ

ソール部分にある「MIZUNO COB」により足裏の感度が高まり、快適でバランスに優れたトレーニングが可能です。アッパー部分は柔らかいニット素材で足を包み込み、履き口部分はブーティ構造が採用されていて、足とシューズの一体感が高まり、素足に近いフィット感抜群の履き心地です。

サイズが23~29cmと豊富なのも嬉しいですね。カラーは「ライトグレー×ホワイト×グレー」「イエロー×ブラック」「ブラック×ダークグレー」の3色です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースDE』
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)『Ultimate Speed』
Reebok(リーボック)『クロスフィット ナノ/REEBOK NANO 9』
MIZUNO(ミズノ)『フィットネスシューズ ウエーブダイバース(K1GF1571)』
adidas(アディダス)『POWERLIFT 4(FV6599)』
New Balance(ニューバランス)『PESU M(MPESU)』
Reebok(リーボック)『リーボック ナノ / Reebok Nano X(FW8127)』
MIZUNO(ミズノ)『TC-01(31GC1901)』
商品名 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースDE』 UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)『Ultimate Speed』 Reebok(リーボック)『クロスフィット ナノ/REEBOK NANO 9』 MIZUNO(ミズノ)『フィットネスシューズ ウエーブダイバース(K1GF1571)』 adidas(アディダス)『POWERLIFT 4(FV6599)』 New Balance(ニューバランス)『PESU M(MPESU)』 Reebok(リーボック)『リーボック ナノ / Reebok Nano X(FW8127)』 MIZUNO(ミズノ)『TC-01(31GC1901)』
商品情報
特徴 ユーザーも多いフィットネスシューズの王道 激しい動きにも対応できるトレーニングシューズ 流行のクロスフィット専用のシューズ 体感できる柔らかさ!スタジオエクササイズに最適 ウエイトリフティングに特化したシューズ 通気性とフィット感に優れハードトレーニングに最適 屈曲性とサポート力で快適トレーニング 素足に近い履き心地でバランス能力アップ
用途 スタジオエクササイズ(ダンスエクササイズ) スピード、アジリティトレーニング、ランニング CrossFitワークアウト、カーディオ、リフティング スタジオエクササイズ(エアロビクス、ダンスエクササイズ) ウエイトトレーニング フィットネスランニング ファンクショナルフィットネス ハードトレーニング
サイズ 22.0~27.5cm 22.5~31.0cm 22.0~31.0cm 22.0~27.5cm 22~29.5cm 25.0~29.0cm 24.5~29.5cm 23~29cm
カラー シルバー、ブルー、ゴールド White・BLK、WHT・TINほか ブラック、ホワイト他 ホワイト、ブラック コアブラック×コアブラック×ソーラーゴールド GRAY/BLUE、GRAY/LIME、BLACK/WHITE)、NAVY/ORANGE ブラック、ホライゾンブルー、シャルトリューズ ライトグレー×ホワイト×グレー、イエロー×ブラック、ブラック×ダークグレー
素材 甲材:人工皮革・合成繊維、底材:合成底 甲材:合成繊維・合成樹脂、底材:合成樹脂・ゴム 甲材:合成皮革、底材:ゴム 甲材:合成繊維・人工皮革、底材:合成底 アッパー:合成繊維、アウトソール:ゴム底 アッパー素材:合成繊維、ソール素材:ゴム底 - 甲材:合成繊維・合成樹脂、底材:ゴム底
重量 約270g(25.0cm片方) - - 約255g(23.5cm片方) - 約220g(26.5cm片方) - 約335g(27.0cm片方)
ヒールの高さ - 3cm 3.5cm 4.5cm 2.8cm(サイズ27cm) 4.5cm - 2.5cm
ソールの厚さ 2cm 2.5cm 2cm 2cm - 2.5cm - 1.5cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フィットネスシューズの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフィットネスシューズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィットネスシューズランキング
楽天市場:シューズランキング
Yahoo!ショッピング:フィットネスシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ

本記事では、フィットネスシューズの必要性や選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の2つのポイントを抑えておきましょう。

【1】運動種目で選ぶ
【2】自分の運動レベルに合うものを選ぶ


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいフィットネスシューズを選べるはずです。ジムやスタジオなどで履くためのフィットネスシューズ。ランニングシューズをフィットネスシューズとして履くこともできますが、中身のクッション性や履きやすさが全く変わります。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

【関連記事】そのほかシューズ関連記事はこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


もはや最強? 自宅で有酸素運動が手軽にできる、FITBOXを1ヶ月使ってみた

もはや最強? 自宅で有酸素運動が手軽にできる、FITBOXを1ヶ月使ってみた

このご時世、ジムに行くのもはばかられ、かといってランニングやウォーキングの時間が取れないと思っている方は多いと思います。そんな方たちにぜひ使ってもらいたいのが、今回のFITBOX。30dbと極静音、90分の連続使用が可能、運動不足を解消する有酸素運動、8段階の負荷調節で下半身まで鍛えるガチなトレーニングがしたい方まであらゆる使い方ができます。この記事では、筆者が1ヶ月使ってみてわかった、メリットとデメリットをご紹介します。

tag icon 健康グッズ , トレーニンググッズ , ヘルスケア・衛生用品・健康グッズ

【2021年】ウェアラブル活動量計おすすめ13選|スマートに運動・健康管理

【2021年】ウェアラブル活動量計おすすめ13選|スマートに運動・健康管理

ウェアラブル活動量計は心拍数や運動量、歩数などをはじめ、さまざまな数値を計測できるとても便利なアイテムです。スマートフォンと連携して1日の生活習慣や健康状態を可視化することで、生活改善にも役立ちます。この記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんにウェアラブル活動量計を選ぶときのポイントをうかがい、おすすめの商品を紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon スマートウォッチ , 活動量計 , フィットネス・トレーニング

5kgダンベルおすすめ5選|筋トレ初心者でも安心して使える重さ!

5kgダンベルおすすめ5選|筋トレ初心者でも安心して使える重さ!

自宅で手軽にできるトレーニング器具といえばダンベルを思いつく方も多いのではないでしょうか。一般的には体を鍛えるために活用する商品になりますが5kgのダンベルは適度な負荷なので使い方を工夫することでさまざまな筋肉を鍛えることができる便利なトレーニング器具です。筋トレ初心者や正しいフォームをに身につけるのにおすすめですよ。この記事では、5kgダンベルに注目をしておすすめ商品や選ぶポイントを解説。通販サイトの最新人気ランキングのリンクも載せているので、売れ筋や口コミもチェックしてみてくださいね。

tag icon 筋トレ器具 , トレーニンググッズ , フィットネス・トレーニング

自宅用ベンチプレスおすすめ5選|自宅で本格的な筋トレを!

自宅用ベンチプレスおすすめ5選|自宅で本格的な筋トレを!

この記事では、スポーツトレーナーの内田英利さんと編集部が、自宅用ベンチプレスの選び方、おすすめ商品をご紹介します。上半身を鍛える筋トレのひとつであるベンチプレス。自宅用のベンチプレスセットがあれば、ジムに行かなくても家庭で本格的なトレーニングができます。ですが、価格や設置するスペースといった面で購入するのを悩んでいる人もいるとおもうので、この記事を参考に、自宅に合ったベンチプレスを見つけてください。

tag icon 筋トレ器具 , トレーニンググッズ , エクササイズグッズ

野球用トレーニングシューズおすすめ12選|ミズノ、アシックスなど厳選

野球用トレーニングシューズおすすめ12選|ミズノ、アシックスなど厳選

野球の試合で使用するスパイクは、ランニングやバッティング、ピッチングなどのトレーニングには向かないため、トレーニング用シューズを用意する必要があります。また、スパイクを履けない小学生以下の子供が野球をするときにも活用できます。この記事では、野球用トレーニングシューズの選び方、おすすめ1商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon メンズ靴 , ランニングシューズ , メンズファッション

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。