ガメイ種のワインおすすめ5選|ワインエキスパートが厳選【ボジョレー以外も紹介!】

ガメイ種のワインおすすめ5選|ワインエキスパートが厳選【ボジョレー以外も紹介!】
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。 日本橋三越の洋酒担当を経て、ワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培う。 2016年に日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得。 その後、家族の仕事の都合で高知県に転居し、現在は高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけている。 2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。 趣味は旅行、ドライブ、料理など。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、ガメイ種のワインおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。ガメイ種とは赤ワイン用のブドウ品種のひとつで、フルーティーで軽めの赤ワインを生み出します。赤ワイン特有の渋みが比較的穏やかなため、ワイン初心者の方や、渋い赤ワインが苦手な方でも飲みやすいのが特徴。「ボジョレー・ヌーヴォー」の産地である、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区を中心に栽培されており、実は『ボジョレー・ヌーヴォー』もガメイから造られています。この記事では、そのガメイ種を使ったワインのなかから厳選した商品をご紹介します。ぜひお気に入りの一本を見つけてくだい。


ガメイ種のワインの選び方 ワインエキスパートに聞きました

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、ガメイ種のワインを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ぶどうの木

Photo by Amos Bar-Zeev on Unsplash

ガメイ種の赤ワインはたくさん販売されていますが、どのような点に注意して選べばいいのでしょうか。

産地で選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ガメイの代表的な産地と言えば、やはりフランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区です。そのため、はじめてガメイのワインに挑戦する方や、典型的なガメイのワインが味わってみたいという方は、まずはボジョレー地区のものを選ぶといいでしょう。

一方、ボジョレー地区のガメイのワインをすでに飲んだことがあるという方や、ちょっと変わったガメイのワインが飲んでみたいという方は、ロワール地方やスイスなど、ボジョレー地区以外の産地のガメイのワインに挑戦してみるのもおすすめです。

ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』

手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー。ボジョレー地区の伝統を重んじた生産者が手掛けるワイン。

>> Amazonで詳細を見る

ボジョレー地区の格付けで選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ボジョレー地区のワインには独自の格付けが存在するため、格付けから選ぶというのもおすすめです。ボジョレー地区で最も高い格付けは「クリュ・デュ・ボジョレー」。とくにすぐれたワインを生み出すボジョレー地区の10の村で生産されるワインが該当します。

その次が「ボジョレー・ヴィラージュ」。指定された約39の村で造られたワインが、これを名乗ることができます。

そのほかのボジョレー地区全域で造られたものが「ボジョレー」。格付けとしては最も下になりますが、価格も手ごろで、コストパフォーマンスが高いものもたくさんあります。

なお、贈り物には「ボジョレー・ヴィラージュ」以上の格付けのものを選ぶといいでしょう。

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

180年以上のワイン造りの歴史がある名門生産者が手掛ける『ボジョレー・ヴィラージュ』。フルーティな味わいの奥に、しっかりとした骨格と複雑味も感じられる赤ワインです。

>> Amazonで詳細を見る

生産者から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じ産地のガメイのワインでも、生産者ごとにワインの個性は変わってくるので、生産者に注目して選ぶというのもいいでしょう。たとえば、この記事で紹介している「ジョルジュ・デュブッフ」は、醸造家(じょうぞうか)として比類ない才能を発揮し、「ボジョレー・ヌーヴォー」を世界に広めたことから、「ボジョレーの帝王」と呼ばれる実力者。

一方、「ポール・ボーデ」は1869年からボジョレーでワイン造りをおこなってきた、伝統のある生産者。極力、農薬を減らしてブドウを栽培する「リュット・レゾネ」にも取り組んでいます。

このように、生産者ごとに異なる特徴やヒストリーに注目しながらワインを選ぶと、ワインの奥深さを一層感じられるでしょう。

おすすめガメイ種のワイン5選 ワインエキスパートが厳選

ここまで紹介した、ガメイ種のワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン 2015』

ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン2015』 ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン2015』

出典:楽天市場

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ジョルジュ・デュブッフ
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

「ボジョレーの帝王」のクリュ・デュ・ボジョレー

ガメイのワイン入門におすすめの、ボジョレー地区の1本がこちら。「ボジョレーの帝王」と呼ばれる名醸造家、ジョルジュ・デュブッフが手掛ける「ムーラン・ナ・ヴァン」です。「ムーラン・ナ・ヴァン」は、ボジョレー地区で最高峰の格付けの「クリュ・デュ・ボジョレー」に選ばれた村のひとつ。その土壌の影響で、とくに深い味わいで熟成能力にすぐれたワインを生み出す産地です。

このワインはフローラルで華やかな香りに、力強く、なめらかな口当たりで、ガメイの持つ魅力が存分に引き出されているため、ガメイ入門にはピッタリの1本といえるでしょう。格付けも高く、実力もあるワインなので、贈り物にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

出典:Amazon

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 アルベール・ビショー
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 12.5%
内容量 750ml
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

名門生産者が手掛けるボジョレー・ヴィラージュ

ガメイの個性がよくわかるワインをお探しの方におすすめの1本が、アルベール・ビショーが手掛ける「ボジョレー・ヴィラージュ」です。アルベール・ビショーは、ボジョレー地区が含まれるブルゴーニュ地方で、180年以上のワイン造りの歴史がある名門生産者。各地区の個性を表現することに重きを置いたワイン造りをおこなっている生産者です。

このワインの格付けは、ボジョレー地区で2番目に高い「ボジョレー・ヴィラージュ」。ガメイ種のフレッシュかつフルーティな特徴がよく表れており、同時にしっかりとした骨格と複雑味も感じられます。ガメイの個性を味わってみたい、という方にはうってつけの1本です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』

ポール・ボーデ『ボジョレー2017』

出典:Amazon

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ポール・ボーデ
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー

手ごろな価格のガメイのワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。ボジョレー地区に1869年に設立され、受け継がれた伝統を守り続けるポール・ボーデが手掛ける「ボジョレー」です。格付けは「ボジョレー」になりますが、ポール・ボーデの「ボジョレー」は、手ごろな価格の割に品質は確かで、コストパフォーマンスにもすぐれています。

また、ブドウは極力農薬を減らして栽培されているため、健康志向の方にも魅力的な1本です。フレッシュな果実味と柔らかな酸味が感じられ、渋みは穏やかで、ガメイならではの飲みやすさが際立っています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ 2018』

ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ2018』

出典:Amazon

生産地 フランス/ロワール地方
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール
タイプ 赤/-
アルコール度数 13%
内容量 750ml
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ロワール地方の自然派のガメイワイン

フランスのロワール地方のガメイのワインをお探しの方やオーガニック志向の方におすすめの1本が、こちらの「ガメイ・サン・トラララ」です。産地はロワール地方のなかでも代表的なワインの産地、トゥーレーヌ地区。

生産者のドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエールは、できるだけ化学肥料や農薬に頼らず、自然の力でワイン造りをおこなう「自然派ワイン」の生産者としても知られています。

赤い果実の甘酸っぱいような香りと、フレッシュな果実味と繊細な味わいが特徴的。ボジョレーのガメイよりも引き締まった酸味が感じられ、飲み比べてみるとその違いがよくわかるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエ『ヴェスパ 2017』

ドメーヌ・ジャン・ルネジェルマニエ『ヴェスパ2017』

出典:楽天市場

生産地 スイス/ヴァレー州
生産者 ジャン・ルネ ジェルマニエ
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 -
内容量 750ml
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ワイン通必見の珍しいスイスのガメイワイン

珍しいワインや、話題性のあるワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。日本ではあまり見かけることのない、スイスのガメイのワインです。産地はフランスと国境を接する場所に位置し、スイス最大の生産量を誇るヴァレー州。生産者のドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエは、1896年創業という老舗のワイナリーです。

赤い果実の香りや、繊細なタンニンなどのガメイの特徴は残しつつ、独特のエレガントでスタイリッシュな味わいを感じることができます。

スイスのワインは、その希少価値の高さからも、ワインの持ち寄りパーティーなどで持参したら、注目の的となること間違いありません。

「ガメイ種ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン 2015』
アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』
ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』
ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ 2018』
ドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエ『ヴェスパ 2017』
商品名 ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン 2015』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ 2018』 ドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエ『ヴェスパ 2017』
商品情報
特徴 「ボジョレーの帝王」のクリュ・デュ・ボジョレー 名門生産者が手掛けるボジョレー・ヴィラージュ 手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー ロワール地方の自然派のガメイワイン ワイン通必見の珍しいスイスのガメイワイン
生産地 フランス/ボジョレー地区 フランス/ボジョレー地区 フランス/ボジョレー地区 フランス/ロワール地方 スイス/ヴァレー州
生産者 ジョルジュ・デュブッフ アルベール・ビショー ポール・ボーデ ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール ジャン・ルネ ジェルマニエ
タイプ 赤/ミディアムボディ 赤/ライトボディ 赤/ライトボディ 赤/- 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14% 12.5% 14% 13% -
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ガメイ種ワインの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのガメイ種ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ガメイ種ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワインエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ボジョレー地区から産地を広げて楽しみましょう

「ボジョレー・ヌーヴォー」に代表されるガメイではありますが、ここで紹介したように、ガメイのワインには、年間を通して楽しめる、おいしいものがたくさんあります。また、ガメイのワインは渋みが穏やかで軽やかなため、赤ワイン入門や、赤ワインの苦手な方にもピッタリなワインといえます。

代表的な産地は、やはりフランスのボジョレー地区なので、まずはボジョレー地区のものから試し、そこからロワール地方やスイスなど、産地を広げていくのがおすすめです。そうすれば、より一層ガメイの魅力や奥深さに気づくことができるでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


女友達に贈る誕生日プレゼントおすすめ41選|喜ぶ姿をイメージして【コスメ、高級スイーツも】

女友達に贈る誕生日プレゼントおすすめ41選|喜ぶ姿をイメージして【コスメ、高級スイーツも】

仲のいい女友達の誕生日には、日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントを送りたいですね。ですが、相手の好みを理解しているつもりでも、いざプレゼントを選ぶとなるとなにがいいのか迷ってしまうもの。この記事では、ギフトソムリエ・Papp Hidekoさんと編集部が、女友達に贈る誕生日プレゼントの選び方、おすすめ41選を8つのカテゴリに分けてご紹介していきます。


チリワインおすすめ6選|安価でおいしい高コスパ商品もご紹介

チリワインおすすめ6選|安価でおいしい高コスパ商品もご紹介

価格は手ごろなのに、高品質な商品が数多くそろっているチリワイン。こちらの記事では日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんへの取材をもとに、チリワインの選び方やおすすめ商品、相性のいい料理をご紹介します。多彩な気候条件が育んだ、個性的でおいしいチリワインを入り口に、ワインの世界をもっと広げてみましょう。


【1万5,000円以下】ボルドー赤ワインおすすめ6選|シャトーや産地に注目

【1万5,000円以下】ボルドー赤ワインおすすめ6選|シャトーや産地に注目

赤ワインの種類として広く知られているボルドー。ボルドー赤ワインといっても店頭にはさまざまな商品が並んでいるので、どれを選べばいいか迷うこともありますよね。そこで日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材を元に、ボルドー赤ワインの選び方のポイントや1万5,000円以下のおすすめ商品を7つご紹介します。ぜひ参考にして、お気に入りのボルドー赤ワインを見つけてくださいね。


メルロー種ワインおすすめ6選|高コスパのデイリーワインもご紹介

メルロー種ワインおすすめ6選|高コスパのデイリーワインもご紹介

この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、メルロー種ワインの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。メルローは赤ワイン用ブドウ品種のひとつで、フランスのボルドー地方のポムロール地区やサンテミリオン地区などをはじめ、世界各地で栽培されており、日本では長野県の塩尻地区などが有名です。メルローのワインはイチゴやチェリーのような赤い色の果実の香りが多く感じられ、ジャムのような甘い香りが感じられるものもあります。タンニン(渋み)はそれほど強くなく、フルーティーな味わい。赤ワイン初心者の方や渋い赤ワインが苦手な方も比較的飲みやすいです。マイルドな味わいは和食とも相性がよく、デイリーワインにも最適ですよ。


【ワインエキスパートが選ぶ】山梨ワインおすすめ5選|おいしい国産ワインを紹介

【ワインエキスパートが選ぶ】山梨ワインおすすめ5選|おいしい国産ワインを紹介

「ワインを飲もう」と思ったとき、定番のヨーロッパ産や安価で手軽なチリ産などの海外産ワインをつい選びがちではないでしょうか。ところが、そんな海外産ワインと肩を並べるほど国産ワインがおいしくなっているのです。なかでも、国産ワインの代表格・山梨ワインは国際的なコンクールで金賞に輝くなど、世界からも熱い注目を浴びています。そこで、この記事では日本ソムリエ協会認定のワインエキスパート・石関華子さんへの取材をもとに、おすすめの山梨ワインについて詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る