PR(アフィリエイト)

ガメイ種ワインおすすめ7選|飲みやすいボジョレー、ロゼなど!辛口、甘口も

ガメイ種ワインおすすめ7選|飲みやすいボジョレー、ロゼなど!辛口、甘口も
ガメイ種ワインおすすめ7選|飲みやすいボジョレー、ロゼなど!辛口、甘口も

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ガメイ種とは赤ワイン用のブドウ品種のひとつで、フルーティーで軽めの赤ワインを生み出します。ボジョレー地区やトゥーレーヌ地区での生産が盛んです。

そこでこの記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートに話をうかがい、ガメイ種ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。高級品や手の出しやすいリーズナブルなワインもピックアップ。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子
埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

ガメイ種ワインの特徴とは?

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

「ボジョレー・ヌーヴォー」に代表されるガメイですが、年間を通して楽しめるおいしいものがたくさんあります。また、ガメイのワインは渋みが穏やかで軽やかなため、赤ワイン入門や、赤ワインの苦手な方にもピッタリなワインといえます。

やはりフランスのボジョレー地区なので、まずはボジョレー地区のものから試し、そこからロワール地方やスイスなど、産地を広げていくのがおすすめです。そうすれば、より一層ガメイの魅力や奥深さに気づくことができるでしょう。

ガメイ種のワインの選び方

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、ガメイ種のワインを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

産地ごとの特徴で選ぶ

ボジョレーのブドウ園
Pixabayのロゴ
ボジョレーのブドウ園
Pixabayのロゴ

毎年11月の第3木曜日に解禁される「ボジョレー・ヌーヴォー」。ガメイの生産量が高いのはブルゴーニュ地方南端のボジョレー地区、ついでロワール地方トゥーレーヌ地区です。

フランス国境に近いスイス・ヴァレー州などでも栽培されています。ここではガメイ種ワインの、産地での選び方を解説します。

「ボジョレー・ヌーボー」スタイルを好むならボジョレー産を選ぶ

ガメイの代表的な産地と言えば、やはりフランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区です。

そのため、はじめてガメイのワインに挑戦する方や、典型的なガメイのワインが味わってみたいという方は、まずはボジョレー地区のものを選ぶといいでしょう。

ガメイ種のブレンドワインならボジョレー以外の地域も試そう

 

ボジョレー地区のガメイのワインをすでに飲んだことがあるという方や、ちょっと変わったガメイのワインが飲んでみたいという方は、ロワール地方やスイスなど、ボジョレー地区以外の産地のガメイのワインに挑戦してみるのもおすすめです。

ガメイのみでつくられたワインは、トゥーレーヌ・ガメイ。しかしロワール地方では、ほかの品種とブレンドされたガメイ種ワインがほとんどです。スパークリングワインもガメイ種からつくられています。

ロゼやスパークリングワインという選択肢もあり

 

フレッシュでフルーティーな味わいがガメイ種ワインの特徴です。カジュアルに楽しめる若いガメイの特徴を生かした、ロゼやスパークリングワインもぜひ試してみましょう。

ロゼやスパークリングワインは軽快な味わいに加え、見た目に華やぎがあるのがポイント。パーティーや特別な日にぴったりなチョイスです。パーティーシーズンのテーブルを飾るのにふさわしい1本といえるでしょう。

生産者から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じ産地のガメイのワインでも、生産者ごとにワインの個性は変わってくるので、生産者に注目して選ぶというのもいいでしょう。たとえば、この記事で紹介している「ジョルジュ・デュブッフ」は、醸造家(じょうぞうか)として比類ない才能を発揮し、「ボジョレー・ヌーヴォー」を世界に広めたことから、「ボジョレーの帝王」と呼ばれる実力者。

一方、「ポール・ボーデ」は1869年からボジョレーでワイン造りをおこなってきた、伝統のある生産者。極力、農薬を減らしてブドウを栽培する「リュット・レゾネ」にも取り組んでいます。

このように、生産者ごとに異なる特徴やヒストリーに注目しながらワインを選ぶと、ワインの奥深さを一層感じられるでしょう。

ボジョレー地区の格付けで選ぶ

 
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ボジョレー地区のワインには独自の格付けが存在するため、格付けから選ぶというのもおすすめです。ボジョレー地区で最も高い格付けは「クリュ・デュ・ボジョレー」。とくにすぐれたワインを生み出すボジョレー地区の10の村で生産されるワインが該当します。

その次が「ボジョレー・ヴィラージュ」。指定された約39の村で造られたワインが、これを名乗ることができます。

そのほかのボジョレー地区全域で造られたものが「ボジョレー」。格付けとしては最も下になりますが、価格も手ごろで、コストパフォーマンスが高いものもたくさんあります。

なお、贈り物には「ボジョレー・ヴィラージュ」以上の格付けのものを選ぶといいでしょう。

長期熟成可能なガメイ種ワインにも注目!

 

若いうちに飲むフルーティーなワインというイメージがボジョレーにはあります。しかし長期熟成できる「別格」と称されるほど品質の高いガメイ種ワインを生産している地域が、クリュ・デュ・ボジョレーです。

ボジョレー地区の北部に位置し、ガメイ栽培にぴったりな花崗岩を基盤とした丘陵地帯が広がっています。この地区のガメイ種ワインは、タンニンも豊富で複雑で深い味わいをうみだすのが特徴です。

ガメイ種ワインのおすすめ7選 ワインエキスパートが厳選

ここまで紹介した、ガメイ種のワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』

ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』 ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』 ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』 ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』 ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

「ボジョレーの帝王」のクリュ・デュ・ボジョレー

ガメイのワイン入門におすすめの、ボジョレー地区の1本がこちら。「ボジョレーの帝王」と呼ばれる名醸造家、ジョルジュ・デュブッフが手掛ける「ムーラン・ナ・ヴァン」です。「ムーラン・ナ・ヴァン」は、ボジョレー地区で最高峰の格付けの「クリュ・デュ・ボジョレー」に選ばれた村のひとつ。その土壌の影響で、とくに深い味わいで熟成能力にすぐれたワインを生み出す産地です。

このワインはフローラルで華やかな香りに、力強く、なめらかな口当たりで、ガメイの持つ魅力が存分に引き出されているため、ガメイ入門にはピッタリの1本といえるでしょう。格付けも高く、実力もあるワインなので、贈り物にもおすすめです。

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ジョルジュ・デュブッフ
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ジョルジュ・デュブッフ
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

名門生産者が手掛けるボジョレー・ヴィラージュ

ガメイの個性がよくわかるワインをお探しの方におすすめの1本が、アルベール・ビショーが手掛ける「ボジョレー・ヴィラージュ」です。アルベール・ビショーは、ボジョレー地区が含まれるブルゴーニュ地方で、180年以上のワイン造りの歴史がある名門生産者。各地区の個性を表現することに重きを置いたワイン造りをおこなっている生産者です。

このワインの格付けは、ボジョレー地区で2番目に高い「ボジョレー・ヴィラージュ」。ガメイ種のフレッシュかつフルーティな特徴がよく表れており、同時にしっかりとした骨格と複雑味も感じられます。ガメイの個性を味わってみたい、という方にはうってつけの1本です。

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 アルベール・ビショー
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 12.5%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 アルベール・ビショー
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 12.5%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

ポール・ボーデ『ボージョレ』

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー

手ごろな価格のガメイのワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。ボジョレー地区に1869年に設立され、受け継がれた伝統を守り続けるポール・ボーデが手掛ける「ボジョレー」です。格付けは「ボジョレー」になりますが、ポール・ボーデの「ボジョレー」は、手ごろな価格の割に品質は確かで、コストパフォーマンスにもすぐれています。

また、ブドウは極力農薬を減らして栽培されているため、健康志向の方にも魅力的な1本です。フレッシュな果実味と柔らかな酸味が感じられ、渋みは穏やかで、ガメイならではの飲みやすさが際立っています。

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ポール・ボーデ
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ポール・ボーデ
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ』

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ロワール地方の自然派のガメイワイン

フランスのロワール地方のガメイのワインをお探しの方やオーガニック志向の方におすすめの1本が、こちらの「ガメイ・サン・トラララ」です。産地はロワール地方のなかでも代表的なワインの産地、トゥーレーヌ地区。

生産者のドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエールは、できるだけ化学肥料や農薬に頼らず、自然の力でワイン造りをおこなう「自然派ワイン」の生産者としても知られています。

赤い果実の甘酸っぱいような香りと、フレッシュな果実味と繊細な味わいが特徴的。ボジョレーのガメイよりも引き締まった酸味が感じられ、飲み比べてみるとその違いがよくわかるでしょう。

生産地 フランス/ロワール地方
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール
タイプ 赤/-
アルコール度数 13%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

生産地 フランス/ロワール地方
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール
タイプ 赤/-
アルコール度数 13%
内容量 750ml
全てを見る全てを見る

デ・ボルトリ『ラ・ボエム アクト フォー シラー ガメイ』

ガメイとシラーのブレンドを堪能できる上級なワイン

オーストラリアを代表するファミリーワイナリー「デ・ボルトリ社」が手がけたガメイ種ワイン。ビストロワインをお探しならぜひお試しあれ。冷涼な気候で知られるヤラ・ヴァレーで生まれたブドウの味わいに、土っぽさを感じさせる骨格のあるワインです。

魅力的なアルフォンス・ミュシャのラベルやヴィーガン認証を受けているのも購買意欲をそそります。

生産地 ヤラ・ヴァレー(オーストラリア)
生産者 デ・ボルトリ社
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
内容量 750mL
全てを見る全てを見る

生産地 ヤラ・ヴァレー(オーストラリア)
生産者 デ・ボルトリ社
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
内容量 750mL
全てを見る全てを見る

ウヴァヴァン『ガメイ ヴァン スイス』

ウヴァヴァン『ガメイヴァンスイス』 ウヴァヴァン『ガメイヴァンスイス』 ウヴァヴァン『ガメイヴァンスイス』 ウヴァヴァン『ガメイヴァンスイス』
出典:Amazon この商品を見るview item

奥行きのあるスイス産のガメイ種を味わえる

「消費者の期待に応えられる、スイスを象徴するワイン」を目指す、生産者の共同組合が発売しているガメイ種ワイン。ガメイ種のみで醸造されているので、フランス・ボジョレーとスイスのガメイ種ワインの違いを知ることができます。

ハーブ、紅茶、シャンピニオンなどの複雑なニュアンスも堪能できるスイスワイン。フルーティーで軽快なガメイ種ワインは、辛口に仕上がっています。

生産地 ヴォー州(スイス)
生産者 ウヴァヴァン
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 13%
内容量 750mL
全てを見る全てを見る

生産地 ヴォー州(スイス)
生産者 ウヴァヴァン
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 13%
内容量 750mL
全てを見る全てを見る

マルセル・ラピエール『モルゴン』

マルセル・ラピエール『モルゴン』 マルセル・ラピエール『モルゴン』
出典:Amazon この商品を見るview item

自然派のコストパフォーマンスにすぐれたワイン

フランス自然派ワインの礎を築いたマルセル・ラピエールは、巨匠ともいえる存在です。その村や畑固有の酵母にこだわっており、化学肥料、除草剤や殺虫剤を使わない自然な農業を実践しています。

農薬を使用せずに育てられたブドウを自然酵母で発酵させたワインは、人の心を動かすほどの味わいです。この機会に自然派ガメイ種ワインの魅力をぜひ堪能しましょう。

生産地 ボジョレー・モルゴン
生産者 マルセル・ラピエール
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 -
内容量 750mL
全てを見る全てを見る

生産地 ボジョレー・モルゴン
生産者 マルセル・ラピエール
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 -
内容量 750mL
全てを見る全てを見る

「ガメイ種ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』
アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』
ポール・ボーデ『ボージョレ』
ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ』
デ・ボルトリ『ラ・ボエム アクト フォー シラー ガメイ』
ウヴァヴァン『ガメイ ヴァン スイス』
マルセル・ラピエール『モルゴン』
商品名 ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 ポール・ボーデ『ボージョレ』 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ』 デ・ボルトリ『ラ・ボエム アクト フォー シラー ガメイ』 ウヴァヴァン『ガメイ ヴァン スイス』 マルセル・ラピエール『モルゴン』
商品情報
特徴 「ボジョレーの帝王」のクリュ・デュ・ボジョレー 名門生産者が手掛けるボジョレー・ヴィラージュ 手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー ロワール地方の自然派のガメイワイン ガメイとシラーのブレンドを堪能できる上級なワイン 奥行きのあるスイス産のガメイ種を味わえる 自然派のコストパフォーマンスにすぐれたワイン
生産地 フランス/ボジョレー地区 フランス/ボジョレー地区 フランス/ボジョレー地区 フランス/ロワール地方 ヤラ・ヴァレー(オーストラリア) ヴォー州(スイス) ボジョレー・モルゴン
生産者 ジョルジュ・デュブッフ アルベール・ビショー ポール・ボーデ ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール デ・ボルトリ社 ウヴァヴァン マルセル・ラピエール
タイプ 赤/ミディアムボディ 赤/ライトボディ 赤/ライトボディ 赤/- 赤/ミディアムボディ 赤/ミディアムボディ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14% 12.5% 14% 13% 14% 13% -
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750mL 750mL 750mL
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ガメイ種ワインの売れ筋をチェック

楽天市場でのガメイ種ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ガメイ,辛口 赤ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

おすすめのワインをさらに紹介

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button