ガメイ種のワインおすすめ5選|ワインエキスパートが厳選【ボジョレー以外も紹介!】

ガメイ種のワインおすすめ5選|ワインエキスパートが厳選【ボジョレー以外も紹介!】
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、ガメイ種のワインおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。ガメイ種とは赤ワイン用のブドウ品種のひとつで、フルーティーで軽めの赤ワインを生み出します。赤ワイン特有の渋みが比較的穏やかなため、ワイン初心者の方や、渋い赤ワインが苦手な方でも飲みやすいのが特徴。「ボジョレー・ヌーヴォー」の産地である、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区を中心に栽培されており、実は『ボジョレー・ヌーヴォー』もガメイから造られています。この記事では、そのガメイ種を使ったワインのなかから厳選した商品をご紹介します。ぜひお気に入りの一本を見つけてくだい。


ガメイ種のワインの選び方 ワインエキスパートに聞きました

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、ガメイ種のワインを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ぶどうの木

Photo by Amos Bar-Zeev on Unsplash

ガメイ種の赤ワインはたくさん販売されていますが、どのような点に注意して選べばいいのでしょうか。

産地で選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ガメイの代表的な産地と言えば、やはりフランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区です。そのため、はじめてガメイのワインに挑戦する方や、典型的なガメイのワインが味わってみたいという方は、まずはボジョレー地区のものを選ぶといいでしょう。

一方、ボジョレー地区のガメイのワインをすでに飲んだことがあるという方や、ちょっと変わったガメイのワインが飲んでみたいという方は、ロワール地方やスイスなど、ボジョレー地区以外の産地のガメイのワインに挑戦してみるのもおすすめです。

ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』

手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー。ボジョレー地区の伝統を重んじた生産者が手掛けるワイン。

>> Amazonで詳細を見る

ボジョレー地区の格付けで選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ボジョレー地区のワインには独自の格付けが存在するため、格付けから選ぶというのもおすすめです。ボジョレー地区で最も高い格付けは「クリュ・デュ・ボジョレー」。とくにすぐれたワインを生み出すボジョレー地区の10の村で生産されるワインが該当します。

その次が「ボジョレー・ヴィラージュ」。指定された約39の村で造られたワインが、これを名乗ることができます。

そのほかのボジョレー地区全域で造られたものが「ボジョレー」。格付けとしては最も下になりますが、価格も手ごろで、コストパフォーマンスが高いものもたくさんあります。

なお、贈り物には「ボジョレー・ヴィラージュ」以上の格付けのものを選ぶといいでしょう。

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

180年以上のワイン造りの歴史がある名門生産者が手掛ける『ボジョレー・ヴィラージュ』。フルーティな味わいの奥に、しっかりとした骨格と複雑味も感じられる赤ワインです。

>> Amazonで詳細を見る

生産者から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じ産地のガメイのワインでも、生産者ごとにワインの個性は変わってくるので、生産者に注目して選ぶというのもいいでしょう。たとえば、この記事で紹介している「ジョルジュ・デュブッフ」は、醸造家(じょうぞうか)として比類ない才能を発揮し、「ボジョレー・ヌーヴォー」を世界に広めたことから、「ボジョレーの帝王」と呼ばれる実力者。

一方、「ポール・ボーデ」は1869年からボジョレーでワイン造りをおこなってきた、伝統のある生産者。極力、農薬を減らしてブドウを栽培する「リュット・レゾネ」にも取り組んでいます。

このように、生産者ごとに異なる特徴やヒストリーに注目しながらワインを選ぶと、ワインの奥深さを一層感じられるでしょう。

おすすめガメイ種のワイン5選 ワインエキスパートが厳選

ここまで紹介した、ガメイ種のワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン 2015』

ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン2015』 ジョルジュデュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン2015』

出典:楽天市場

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ジョルジュ・デュブッフ
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

「ボジョレーの帝王」のクリュ・デュ・ボジョレー

ガメイのワイン入門におすすめの、ボジョレー地区の1本がこちら。「ボジョレーの帝王」と呼ばれる名醸造家、ジョルジュ・デュブッフが手掛ける「ムーラン・ナ・ヴァン」です。「ムーラン・ナ・ヴァン」は、ボジョレー地区で最高峰の格付けの「クリュ・デュ・ボジョレー」に選ばれた村のひとつ。その土壌の影響で、とくに深い味わいで熟成能力にすぐれたワインを生み出す産地です。

このワインはフローラルで華やかな香りに、力強く、なめらかな口当たりで、ガメイの持つ魅力が存分に引き出されているため、ガメイ入門にはピッタリの1本といえるでしょう。格付けも高く、実力もあるワインなので、贈り物にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』

出典:Amazon

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 アルベール・ビショー
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 12.5%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

名門生産者が手掛けるボジョレー・ヴィラージュ

ガメイの個性がよくわかるワインをお探しの方におすすめの1本が、アルベール・ビショーが手掛ける「ボジョレー・ヴィラージュ」です。アルベール・ビショーは、ボジョレー地区が含まれるブルゴーニュ地方で、180年以上のワイン造りの歴史がある名門生産者。各地区の個性を表現することに重きを置いたワイン造りをおこなっている生産者です。

このワインの格付けは、ボジョレー地区で2番目に高い「ボジョレー・ヴィラージュ」。ガメイ種のフレッシュかつフルーティな特徴がよく表れており、同時にしっかりとした骨格と複雑味も感じられます。ガメイの個性を味わってみたい、という方にはうってつけの1本です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』

ポール・ボーデ『ボジョレー2017』

出典:Amazon

生産地 フランス/ボジョレー地区
生産者 ポール・ボーデ
タイプ 赤/ライトボディ
アルコール度数 14%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー

手ごろな価格のガメイのワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。ボジョレー地区に1869年に設立され、受け継がれた伝統を守り続けるポール・ボーデが手掛ける「ボジョレー」です。格付けは「ボジョレー」になりますが、ポール・ボーデの「ボジョレー」は、手ごろな価格の割に品質は確かで、コストパフォーマンスにもすぐれています。

また、ブドウは極力農薬を減らして栽培されているため、健康志向の方にも魅力的な1本です。フレッシュな果実味と柔らかな酸味が感じられ、渋みは穏やかで、ガメイならではの飲みやすさが際立っています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ 2018』

ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ2018』

出典:Amazon

生産地 フランス/ロワール地方
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール
タイプ 赤/-
アルコール度数 13%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ロワール地方の自然派のガメイワイン

フランスのロワール地方のガメイのワインをお探しの方やオーガニック志向の方におすすめの1本が、こちらの「ガメイ・サン・トラララ」です。産地はロワール地方のなかでも代表的なワインの産地、トゥーレーヌ地区。

生産者のドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエールは、できるだけ化学肥料や農薬に頼らず、自然の力でワイン造りをおこなう「自然派ワイン」の生産者としても知られています。

赤い果実の甘酸っぱいような香りと、フレッシュな果実味と繊細な味わいが特徴的。ボジョレーのガメイよりも引き締まった酸味が感じられ、飲み比べてみるとその違いがよくわかるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエ『ヴェスパ 2017』

ドメーヌ・ジャン・ルネジェルマニエ『ヴェスパ2017』

出典:楽天市場

生産地 スイス/ヴァレー州
生産者 ジャン・ルネ ジェルマニエ
タイプ 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 -
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ワイン通必見の珍しいスイスのガメイワイン

珍しいワインや、話題性のあるワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。日本ではあまり見かけることのない、スイスのガメイのワインです。産地はフランスと国境を接する場所に位置し、スイス最大の生産量を誇るヴァレー州。生産者のドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエは、1896年創業という老舗のワイナリーです。

赤い果実の香りや、繊細なタンニンなどのガメイの特徴は残しつつ、独特のエレガントでスタイリッシュな味わいを感じることができます。

スイスのワインは、その希少価値の高さからも、ワインの持ち寄りパーティーなどで持参したら、注目の的となること間違いありません。

「ガメイ種ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン 2015』
アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』
ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』
ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ 2018』
ドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエ『ヴェスパ 2017』
商品名 ジョルジュ デュブッフ『ムーラン・ナ・ヴァン 2015』 アルベール・ビショー『ボジョレー・ヴィラージュ』 ポール・ボーデ『ボジョレー 2017』 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール『ガメイ・サン・トラララ 2018』 ドメーヌ・ジャン・ルネ ジェルマニエ『ヴェスパ 2017』
商品情報
特徴 「ボジョレーの帝王」のクリュ・デュ・ボジョレー 名門生産者が手掛けるボジョレー・ヴィラージュ 手ごろな価格で確かな品質のコスパ抜群のボジョレー ロワール地方の自然派のガメイワイン ワイン通必見の珍しいスイスのガメイワイン
生産地 フランス/ボジョレー地区 フランス/ボジョレー地区 フランス/ボジョレー地区 フランス/ロワール地方 スイス/ヴァレー州
生産者 ジョルジュ・デュブッフ アルベール・ビショー ポール・ボーデ ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール ジャン・ルネ ジェルマニエ
タイプ 赤/ミディアムボディ 赤/ライトボディ 赤/ライトボディ 赤/- 赤/ミディアムボディ
アルコール度数 14% 12.5% 14% 13% -
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ガメイ種ワインの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのガメイ種ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ガメイ種ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワインエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ボジョレー地区から産地を広げて楽しみましょう

「ボジョレー・ヌーヴォー」に代表されるガメイではありますが、ここで紹介したように、ガメイのワインには、年間を通して楽しめる、おいしいものがたくさんあります。また、ガメイのワインは渋みが穏やかで軽やかなため、赤ワイン入門や、赤ワインの苦手な方にもピッタリなワインといえます。

代表的な産地は、やはりフランスのボジョレー地区なので、まずはボジョレー地区のものから試し、そこからロワール地方やスイスなど、産地を広げていくのがおすすめです。そうすれば、より一層ガメイの魅力や奥深さに気づくことができるでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

「ワイングラスでワインの味が変わる」といわれるほど、ワインを楽しむのに欠かせないワイングラス。ここでは、食空間プランナーの赤松真紀子さんと編集部が選ぶワイングラスのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。人気ブランドからアウトドアにも使いやすいプラスチック製など厳選しています。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュは、ボルドーと並びフランスの高級ワインの生産地として、世界中で認知されています。有名な「ロマネ・コンティ」や「ボージョレ・ヌーヴォー」もブルゴーニュ地方で作られたワインなのです。ワインは、値段の幅も大きく、味の好みもあるのでどれを選べばよいか迷うことはありませんか? この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに取材をもとに、ブルゴーニュの白ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。さらに記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングとは、ドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種のこと。世界中の寒冷地で栽培されている、最も有名な品種のひとつです。こちらでは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、初心者向けの甘口のリースリングから、上級者向けの辛口リースリングまで、選び方とおすすめ商品をご紹介いたします! さらに、アメリカやオーストラリアなどの産地や生産者の違いよるリースリングの楽しみ方も教えていただきました。また記事後半では通販サイトの最新人気ランキングも確認できるので、口コミなども参考にしながらお気に入りの1本を見つけていきましょう!


【おしゃれに保冷!】ワインクーラーおすすめ12選|自宅用やプレゼント向けも

【おしゃれに保冷!】ワインクーラーおすすめ12選|自宅用やプレゼント向けも

ワインは温度変化によって味わいが変わる繊細な飲み物。コルク栓を開けてから飲み終わるまで、最適な温度をキープしておいしく飲むためには、ワインクーラーが欠かせません。この記事では、ワインクーラーの選び方とおすすめの商品を厳選! おしゃれなものからプレゼントにぴったりの高級品、自宅でも使いやすいリーズナブルな価格のものなど幅広く紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!


ソーヴィ二ョンブランおすすめ15選|ニュージーランド産・チリ産・フランス産別に紹介!

ソーヴィ二ョンブランおすすめ15選|ニュージーランド産・チリ産・フランス産別に紹介!

白ワインのブドウ品種であるソーヴィニョンブラン。ソーヴィニョンブランと相性のいい料理も紹介します! 日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートおすすめのソーヴィニョンブランをご紹介します。記事後半にはAmazonや楽天の人気売れ筋ランキングや口コミも掲載していますのでぜひチェックしてみてくださいね!


新着記事


白髪染めヘアマニキュアのおすすめ10選|ダメージを抑え美しく

白髪染めヘアマニキュアのおすすめ10選|ダメージを抑え美しく

ヘアデザイナー・毛髪改善スペシャリストである窪田圭志さんへの取材をもとに、白髪染めヘアマニキュアの選び方とおすすめ商品をご紹介します。髪にやさしくセルフカラーリングができるヘアマニキュア。美容院に行けなくて根元が白く気になってきたとき、ヘアマニキュアがあればすぐリカバーできて便利ですね。忙しい方、コスパが気になる方にも強い味方です。ぜひこの記事を参考に自分にぴったりの商品を見つけてくださいね。


SIXPACKプロテインバーチョコレート味はおいしい? 実際に食べてレビューしました

SIXPACKプロテインバーチョコレート味はおいしい? 実際に食べてレビューしました

健康や筋トレのため、タンパク質が注目を集めています。でも、普段の食事だけで必要なタンパク質をとるのは大変。そんなときに役に立つのがプロテインバーです。今回はUHA味覚糖の『SIXPACKプロテインバー』を試してみました。一本で約1/3日分のタンパク質がとれるそうです。


MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

どんな筆記具でも書きやすく、一冊の本をつくるようにおしゃれに記入できるノートを探している人もいるのではないでしょうか。ふつうのノートじゃ満足できないというあなたにぴったりなノートが、今回ご紹介する『MDノート』です。昔の文庫本のようなシンプルかつ個性的なデザインで、にじみにくく上質なオリジナル用紙を使用。糸かがりとじで製本されていることもあり耐久性もすぐれています。ここでは、『MDノート』を実際に使用している様子を写真を交えたレビューをお届けするとともに、使い方の実例もご紹介します。


『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

手帳にぴったりのボールペンを探している方におすすめしたいのが三菱鉛筆のボールペン、その名も『ジェットストリーム』。油性ボールペンでありながら力を入れなくてもなめらかに書けるのが特徴です。また油性なので速乾性に優れていて、商談先で手帳に予定を書き込んでさっと閉じても写り込む心配がいりません。ですが油性ボールペンと水性ボールペンを迷っていたり、もうボールペン選びで悩みたくない! と思っている人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックしてみました! さらに実際に購入して使ってみた感想もお伝えします。


牛乳嫌いでも食べやすい! 愛知ヨークのヨーグルト『コアコア』を実際に食べて味を検証レビュー

牛乳嫌いでも食べやすい! 愛知ヨークのヨーグルト『コアコア』を実際に食べて味を検証レビュー

食後のデザートとしても食べやすい少量サイズのヨーグルト。お子さんのおやつとしても手軽で便利ですよね。でも、種類も豊富で購入する際に悩んでしまうこともあるでしょう。また、食べたことないメーカーだと不安に感じて成分表示やパッケージを眺めて買わずに終わる、ということもあるかもしれません。今回は、色んなメーカー・種類のヨーグルトを食べ比べた筆者が愛知ヨークの『コアコア』について実際に食べて特徴や味について解説していきます。購入を考えている方も是非参考にしてみて下さいね。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る