シラー種のワインおすすめ10選【ワインエキスパートと編集部が選ぶ】

シラー種のワインおすすめ10選【ワインエキスパートと編集部が選ぶ】
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインのおすすめと選び方を教えてもらいました。シラーとはフランスのローヌ地方を原産とする、赤ワイン用ブドウ品種のひとつです。シラーのワインの最たる特徴は、黒コショウのようなスパイシーな風味で力強いワインになると言われることも多いのですが、実際は繊細でエレガントなものもあります。この記事ではたくさんあるシラー種ワインの中から厳選した商品をご紹介します。どれを選べばいいか悩んでいる方は、この記事の最後にある各通販サイトのランキングも、ぜひ参考にしてください。


シラー種ワインの選び方 ワインエキスパートに聞いた

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

赤ワインとブドウ畑

Photo by Kym Ellis on Unsplash

産地ごとの味わいで選ぶ

ワインの味わいは、原料となるぶどうの品質により変わってきます。その品質を決めるのは、ぶどうが生育する土壌や天候なので、産地によりワインの味わいに違いが出てくるのも当然といえます。そこでまずはじめにシラー種の産地を見ていくことにしましょう。

フランス産のローヌ地方が有名

ブドウ農園
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じシラーから造られるワインでも、産地ごとに少しずつ味わいが異なります。フランスのローヌ地方のシラーのワインには、スパイシーな風味が前面にあらわれた、芳醇で芯のしっかりとした味わいのものが多いです。

オーストリア産は「シラーズ」と呼ばれる

シラー種のぶどう
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

オーストラリアのシラーズのワインは、ローヌのものに比べるとスパイシーな風味は控えめ。果実味が豊かで、濃密な力強い味わいになる傾向があります。このように産地ごとに異なるワインの味わいの特徴から選ぶというのもおすすめです。

フランスやオーストラリア以外(通称:ニューワールド)

世界各国でシラー種のワインは作られています。有名なフランスやオーストラリア以外でも安くておいしいワインを楽しめます。アメリカ、アルゼンチン、チリ、ニュージーランド、南アフリカなどの産地のワインもぜひ試してみてください。

ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』

アルゼンチン産でシラーズ60%・マルベック40%のブレンドタイプのワイン。シラーのスパイシーな風味とマルベックの濃厚な果実味が調和し、互いの個性を引き立て合っています。デイリー向きのシラーのワインをお探しの方におすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

シラーを存分に味わうならシラー100%を選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーは、ほかのブドウ品種とブレンドされることが多い品種です。ブレンドによって絶妙なバランスの味わいのワインが生まれるため、ブレンドすること自体は決して悪いことではありません。

飲みやすい味わいや、万人受けする味わいのワインをお探しの方には、ほかの品種とブレンドされたものがおすすめです。

「シラーの個性を存分に味わいたい」という方は、シラーのみから造られた、シラー100%のワインを選ぶといいでしょう。

E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』

シラーの原産地でもあるフランスのローヌ地方で作られた赤ワイン。シラー100%で特徴であるスパイシーさを味わってみたい方におすすめです。

>> 楽天市場で詳細を見る

生産者から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じ産地のシラーのワインでも、生産者が変われば、その味わいも変わってきます。それは、それぞれの生産者に特徴やこだわりがあるからです。

たとえば、ここで紹介しているオーストラリアの「トイスナー・ワインズ」は、ワインにブドウ本来の風味を出すことを重視しています。また、チリの「ビニャ・マイポ」はあくまでもシラーのワイン造りにこだわり、フランスの「エステザルグ葡萄栽培者組合」は、減農薬栽培に取り組んでいる生産者です。

このような生産者の特徴やこだわりから、共感できたものや、応援したいと思ったものを選ぶというのもいいでしょう。

トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ 2017』

ぶどう本来の味を最大限引き出すことにこだわり、果実味たっぷりの味わいが楽しめます。

>> 楽天市場で詳細を見る

ヴィンテージ(年代)も確認する

ワインの味わいは、産地や生産者などのほかに、製造年(原料となるぶどうの出来がよかったか)によっても大きく変わってきます。またシラー種は、長期熟成能力の高いぶどう品種といわれ、年代ごとの味わいが楽しめる点も魅力のひとつです。

エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』

2017年のシラーワイン。その年に収穫したぶどうの品質によりワインの味わいが変わってきますので、ヴィンテージを確認するようにしましょう。

>> 楽天市場で詳細を見る

シラー種ワインおすすめ10選 ワインエキスパートと編集部が選んだ!

ここまで紹介した、シラー種ワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』

E.ギガル『クローズエルミタージュルージュ2015』 E.ギガル『クローズエルミタージュルージュ2015』

出典:楽天市場

産地 フランス/ローヌ
生産者 イー・ギガル
アルコール度数 13%
内容量 750ml
品種 シラー100%
ヴィンテージ 2015

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーの特徴がよくあらわれた1本

シラーの特徴であるスパイシーさを味わってみたい方におすすめのワインが、こちらの『クローズ エルミタージュ ルージュ』です。

産地は、シラーの原産地でもあるフランスのローヌ地方。生産者のE.ギガルは1946年に設立して以来、わずか70年あまりでローヌ地方を代表する生産者のひとつにまで成長しました。

黒コショウのようなスパイスの香りが強く、厚みのある果実味と豊かなタンニン(渋み)が調和したパワフルな味わいで、まさにシラーの特徴がよくあらわれた1本です。塩と黒コショウで味つけしたビーフステーキやラムチョップなどと合わせると、抜群の相性を楽しめるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ウィンダウリー・エステート『サクラ シラーズ 2016』

ウィンダウリー・エステート『サクラシラーズ2016』

出典:楽天市場

産地 オーストラリア/ニューサウルウェールズ/カウラ
生産者 ウィンダウリー・エステート
アルコール度数 14%
内容量 750ml
品種 シラーズ
ヴィンテージ 2016

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

日本と深く関わりのある優しい味わいのシラーズ

お花見用のワインや、話題性を持つワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。オーストラリアのウィンダウリー・エステートが手掛ける『サクラ シラーズ』です。

このワインの産地であるニュー・サウス・ウェールズ州のカウラは、第二次世界大戦中に日本人捕虜が大脱走を謀り、200名以上の死者を出した「カウラ事件」の起きた場所。これに心を痛めたカウラの人々は、約2,000本ものサクラを植えたのでした。

そのサクラがラベルのモチーフになったこのワインは、果実味と優しい酸、穏やかなタンニンのバランスがよく、とても親しみやすい味わいです。国際理解を象徴するワインでもあるため、贈りものにするのもいいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ 2017』

トイスナー・ワインズ『リプキーシラーズ2017』

出典:Amazon

産地 オーストラリア/バロッサ ヴァレー
生産者 トイスナー・ワインズ
アルコール度数 -
内容量 750ml
品種 シラーズ100%
ヴィンテージ 2017

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

オーストラリアのシラーズ入門におすすめな1本

オーストラリアのシラーズ入門におすすめの1本が、こちらの『リプキー シラーズ』です。

産地は南オーストラリア州のバロッサ・ヴァレー。オーストラリアのなかでも、シラーズのワインがいち早く世界に認められた産地です。生産者はトイスナー・ワインズ。醸造の際は自然なアプローチで、ブドウ本来の風味を引き出すことを重視する生産者です。

香りはカシスやプラムのような果実と、わずかにシナモンやナツメグなどの甘いスパイス。凝縮感のある果実味に、力強さと優雅さを備えた味わいは、少しピノ・ノワールのワインのような雰囲気も持ち合わせています。少しリッチな食事のお供にもピッタリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ビニャ・マイポ『レセルバ ビトラル シラー』

ビニャ・マイポ『レセルバビトラルシラー』

出典:楽天市場

産地 チリ/マイポ・ヴァレー
生産者 ビニャ・マイポ
アルコール度数 13.5%
内容量 750ml
品種 シラー
ヴィンテージ 2017

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーにこだわるチリの生産者のお手ごろワイン

お手ごろ価格のシラーのワインをお探しの方におすすめなのが、チリのビニャ・マイポが手掛ける『レセルバ ビトラル シラー』です。

産地はチリ中部に位置するマイポ・ヴァレー。安定した品質のワインを生み出す産地です。チリはカベルネ・ソーヴィニヨンや、カルメネールなどの品種のワインを主力とする生産者が多いところ。それでも、ビニャ・マイポはあくまでもシラーにこだわり、シラーのワインを主力商品としています。

プラムや干しブドウのような香りに、コショウやクローブなどのニュアンスが加わり、凝縮した果実の力強い味わいが特徴のワイン。味の濃い料理やスパイシーな料理などにも、いいパートナーとなってくれるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』

ボデガス・カリア『カリアアルタシラーズマルベック2018』

出典:Amazon

産地 アルゼンチン/トゥルム・ヴァレー
生産者 ボデガス・カリア
アルコール度数 16%
内容量 750ml
品種 シラーズ60%、マルベック40%
ヴィンテージ 2018

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーとマルベックの絶妙なバランス

デイリー向きのシラーのワインをお探しの方におすすめの1本が、アルゼンチンの『カリア アルタ シラーズ マルベック』です。

産地はアルゼンチンで2番目のブドウの栽培面積を誇るサン・ファン州。生産者のボデガス・カリアは、イギリスで販売量No.1を誇る注目の生産者です。ブドウ品種はシラーズ主体でマルベックをブレンド。そのバランスも絶妙で、シラーのスパイシーな風味とマルベックの濃厚な果実味が調和し、互いの個性を引き立て合っています。

飲みごたえも抜群で、フルボディの赤ワインが好きな方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』

エステザルグ葡萄栽培者組合『コートデュローヌルージュルプティアンデゾン2017』 エステザルグ葡萄栽培者組合『コートデュローヌルージュルプティアンデゾン2017』

出典:楽天市場

産地 フランス/ローヌ
生産者 エステザルグ葡萄栽培者組合
アルコール度数 -
内容量 750ml
品種 シラー約70%、グルナッシュ約30%
ヴィンテージ 2017

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ローヌ地方のコスパ抜群の1本

手ごろな価格で、飲みやすい味わいのワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。

シラー100%ではありませんが、6割以上はシラーを使用し、グルナッシュという品種とブレンドしたフランスのローヌ地方のワインです。生産者はエステザルグ葡萄栽培者組合。可能な限り有機栽培を試み、必要なときだけ少量の農薬を散布する「リュットレゾネ(減農薬栽培)」を導入している生産者です。

バランスのよい味わいで飲みやすく、日本のワイン雑誌で2016年「旨安大賞」に選ばれた実績があり、コストパフォーマンスもたいへんすぐれています。

トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ 2017』

トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ2017』 トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ2017』 トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ2017』

出典:Amazon

産地 オーストラリア/バロッサヴァレー
生産者 トゥー・ハンズ・ワインズ
アルコール度数
内容量 750ml
品種 シラーズ88% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン6% 、 グルナッシュ3% 、 ムールヴェードル3%
ヴィンテージ 2017

シラーズワインを造るために設立されたワイナリー

ワイン専門誌「ワインスペクテーター」が選ぶ世界TOP100に10年連続で選出されたこともあるワインです。シラーズらしい果実味とブレンドされた品種の味わいがよくマッチしていて飲みやすくなっています。価格的にも安定した味わいの点でもデイリーワインにおすすめできる1本です。

グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』

グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』

出典:Amazon

産地 オーストラリア/バロッサヴァレー
生産者 グラント・バージ
アルコール度数 13%
内容量 750ml
品種 シラーズ100%
ヴィンテージ 2017

老舗ワイナリーが造るシラーズワイン

スパイシーで果実味を感じるシラーズらしいワインです。約18か月間に及ぶオーク樽での熟成を経てシラーズ特有の香りと味わいに。甘味や酸味とタンニンのバランスがよくお肉料理との相性もぴったり。フルボディの赤ワインを飲みたい方におすすめしたいワインです。

シレーニ・エステート『 セラー・セレクション・シラー』

シレーニ・エステート『セラー・セレクション・シラー』

出典:Amazon

産地 ニュージーランド/ホークス・ベイ
生産者 シレーニ・エステート
アルコール度数 13%
内容量 750ml
品種 シラー100%
ヴィンテージ 2018

ニュージーランド産の上品でやわらからシラーワイン

フランスやオーストラリアのシラーに比べてやわらかで軽やかな飲み口が特徴。シンプルな肉料理やチーズなどとの相性がよく、またワインだけでも楽しめる1本です。ワイン初心者にもおすすめできます。

ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』

ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』

出典:楽天市場

産地 南アフリカ/ウォーカーベイ
生産者 ラ・モット
アルコール度数
内容量 750ml
品種 シラー94%、 ヴィオニエ6%
ヴィンテージ 2015

南アフリカの名門ワイナリーが造るフレンチスタイル

2015年の南アフリカは天候に恵まれとても品質の高いぶどうが収穫されましたが、そのぶどうを使って発酵・熟成させたワイン。シラーらしいしっかりとした味わいです。ヴィオニエが少量ブレンドされており、ハーブや花、オークの香りが特徴的。スパイスの香りが複雑さを加えています。

「シラー種ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』
ウィンダウリー・エステート『サクラ シラーズ 2016』
トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ 2017』
ビニャ・マイポ『レセルバ ビトラル シラー』
ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』
エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』
トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ 2017』
グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』
シレーニ・エステート『 セラー・セレクション・シラー』
ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』
商品名 E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』 ウィンダウリー・エステート『サクラ シラーズ 2016』 トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ 2017』 ビニャ・マイポ『レセルバ ビトラル シラー』 ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』 エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』 トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ 2017』 グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』 シレーニ・エステート『 セラー・セレクション・シラー』 ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』
商品情報
特徴 シラーの特徴がよくあらわれた1本 日本と深く関わりのある優しい味わいのシラーズ オーストラリアのシラーズ入門におすすめな1本 シラーにこだわるチリの生産者のお手ごろワイン シラーとマルベックの絶妙なバランス ローヌ地方のコスパ抜群の1本 シラーズワインを造るために設立されたワイナリー 老舗ワイナリーが造るシラーズワイン ニュージーランド産の上品でやわらからシラーワイン 南アフリカの名門ワイナリーが造るフレンチスタイル
産地 フランス/ローヌ オーストラリア/ニューサウルウェールズ/カウラ オーストラリア/バロッサ ヴァレー チリ/マイポ・ヴァレー アルゼンチン/トゥルム・ヴァレー フランス/ローヌ オーストラリア/バロッサヴァレー オーストラリア/バロッサヴァレー ニュージーランド/ホークス・ベイ 南アフリカ/ウォーカーベイ
生産者 イー・ギガル ウィンダウリー・エステート トイスナー・ワインズ ビニャ・マイポ ボデガス・カリア エステザルグ葡萄栽培者組合 トゥー・ハンズ・ワインズ グラント・バージ シレーニ・エステート ラ・モット
アルコール度数 13% 14% - 13.5% 16% - 13% 13%
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
品種 シラー100% シラーズ シラーズ100% シラー シラーズ60%、マルベック40% シラー約70%、グルナッシュ約30% シラーズ88% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン6% 、 グルナッシュ3% 、 ムールヴェードル3% シラーズ100% シラー100% シラー94%、 ヴィオニエ6%
ヴィンテージ 2015 2016 2017 2017 2018 2017 2017 2017 2018 2015
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする シラー種ワインの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのシラー種ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:シラー種ワインランキング
Yahoo!ショッピング:シラー種ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

シラーの魅力を開拓しよう ワインエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーのワインは産地や生産者、ほかのブドウ品種とのブレンドの有無により、さまざまな表情を見せてくれるワインです。そのため、さまざまな産地や生産者のシラーを飲むごとに「シラーにはこんな魅力があるんだ!」と、新たな発見ができるのではないかと思います。

すでに「シラーのワインが好き」という方も、「これからシラーのワインを試してみたい」という方も、ぜひいろいろな産地や生産者のシラーのワインを試してみましょう。そして、シラーの魅力を開拓していってくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

2020/01/24 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カマンベールチーズおすすめ10選|高級品からリーズナブルな安い商品まで!

カマンベールチーズおすすめ10選|高級品からリーズナブルな安い商品まで!

濃厚でコクのあるカマンベールチーズ。今や日本でもなじみ深いチーズですが、本格志向のものから手軽に手に入るものまで種類はさまざま。産地や熟成度合いなど違いがあり、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのでは? この記事では、フランスチーズ鑑評騎士・山田好美さんへ取材して、カマンベールチーズの選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

独特の甘さがある「ポートワイン」。ひと口にポートワインといっても、ルビーポートやトウニーポート、ヴィンテージ・ポートなど、さまざまな種類があります。自分の好みに合うものがわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで本記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんへの取材をもとに、ポートワインの選び方とおすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


カベルネ・ソーヴィニヨンおすすめ12選|安うま1,000円ワインから高級ワインまで!

カベルネ・ソーヴィニヨンおすすめ12選|安うま1,000円ワインから高級ワインまで!

赤ワイン用ブドウの品種として代表的なカベルネ・ソーヴィニヨン。高級なものから1,000円前後で買える安いワインまで種類が豊富です。また、フランスのボルドーをはじめ、チリやアメリカなど産地もさまざま。この記事では、カベルネ・ソーヴィニヨンの選び方やおすすめ商品をご紹介。どんな料理に合うのかもかんたんに解説しています。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ワインエキスパートがおすすめ! 4000円以下のイタリアワイン6選

ワインエキスパートがおすすめ! 4000円以下のイタリアワイン6選

世界のなかでもイタリアは、ワインの生産量がトップクラス。ピエモンテ州とトスカーナ州の2大産地が有名ですが、北はアルプス山脈から南はシチリア島まで、イタリア全土でワインがつくられています。ぶどうの品種によって、またつくられている州によって味も香りもさまざまなイタリアワイン。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、イタリアワインの選び方と、おおむね4,000円以下のお手ごろ価格で手に入るなかから、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインのおすすめを紹介していきます。


 2,000円以下のオーガニックワイン5選|ワイン専門家の推薦!

2,000円以下のオーガニックワイン5選|ワイン専門家の推薦!

一日の疲れを癒やしたり、特別な日のお祝いに欠かせないワイン。せっかくならワインのなかでも、製法や栽培方法にこだわったものを楽しみたいですよね。有機栽培されたオーガニックワインが気になっている方にとって、どのような基準でワインを選べばよいかわからないこともあるでしょう。ここでは日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート石関華子さんへの取材をもとに、おおむね2,000円以下で手に入るお買い得なオーガニックワインからおすすめをご紹介いたします。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る