シラー種のワインおすすめ13選|安いのに美味しい!ワインエキスパートが厳選!

シラー種のワインおすすめ13選|安いのに美味しい!ワインエキスパートが厳選!

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインのおすすめと選び方を教えてもらいました。シラーとはフランスのローヌ地方を原産とする、赤ワイン用ブドウ品種のひとつです。シラーのワインの最たる特徴は、黒コショウのようなスパイシーな風味で力強いワインになると言われることも多いのですが、実際は繊細でエレガントなものもあります。この記事ではたくさんあるシラー種ワインの中から厳選した商品をご紹介します。どれを選べばいいか悩んでいる方は、この記事の最後にある各通販サイトのランキングも、ぜひ参考にしてください。


日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

「シラー種ワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』
ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』
エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』
トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ 2017』
グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』
シレーニ・エステート『 セラー・セレクション・シラー』
ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』
ウィンダウリー・エステート『サクラ シラーズ』
ウィンダウリー・エステート『ザ・ミル シラーズ』
トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ』
トイスナー・ワインズ『ジョシュア』
ラ・クロワザード『レゼルヴ カベルネ・シラー』
イディル・ワイン『ウィスパーズ シラーズ』
商品名 E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』 ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』 エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』 トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ 2017』 グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』 シレーニ・エステート『 セラー・セレクション・シラー』 ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』 ウィンダウリー・エステート『サクラ シラーズ』 ウィンダウリー・エステート『ザ・ミル シラーズ』 トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ』 トイスナー・ワインズ『ジョシュア』 ラ・クロワザード『レゼルヴ カベルネ・シラー』 イディル・ワイン『ウィスパーズ シラーズ』
商品情報
特徴 シラーの特徴がよくあらわれた1本 シラーとマルベックの絶妙なバランス ローヌ地方のコスパ抜群の1本 シラーズワインを造るために設立されたワイナリー 老舗ワイナリーが造るシラーズワイン ニュージーランド産の上品でやわらからシラーワイン 南アフリカの人気ワイナリーが作る赤ワイン 日本に深く関わるカウラ地区のシラー種ワイン バーベキュー料理とよく合う 上質なシラーズで作った凝縮感のある1本 トイスナー・ワインズがはじめて作った銘柄 複雑なアロマと芳醇な味わい 果実味が特徴のシラー種ワイン
産地 フランス/ローヌ アルゼンチン/トゥルム・ヴァレー フランス/ローヌ オーストラリア/バロッサヴァレー オーストラリア/バロッサヴァレー ニュージーランド/ホークス・ベイ 南アフリカ/ウォーカーベイ オーストラリア/ニューサウルウェールズ/カウラ オーストラリア/ニューサウルウェールズ/カウラ オーストラリア/バロッサ ヴァレー/エベニーザー地区 オーストラリア/バロッサ ヴァレー/エベニーザー地区 フランス/ラングドック・ルーション オーストラリア/ヴィクトリア/ムーアブール・ヴァレー
生産者 イー・ギガル ボデガス・カリア エステザルグ葡萄栽培者組合 トゥー・ハンズ・ワインズ グラント・バージ シレーニ・エステート ラ・モット ウィンダウリー・エステート ウィンダウリー・エステート トイスナー・ワインズ トイスナー・ワインズ ラ・クロワザード イディル・ワイン
アルコール度数 13% 16% - 13% 13% 12.9% -% 13.5% - - 13.5% 13.5%
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
品種 シラー100% シラーズ60%、マルベック40% シラー約70%、グルナッシュ約30% シラーズ88% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン6% 、 グルナッシュ3% 、 ムールヴェードル3% シラーズ100% シラー100% シラー95%、 ヴィオニエ5% シラーズ シラーズ シラーズ100% グルナッシュ(68%)、マタロ(23%)、シラーズ(9%) シラー50%、 カベルネ・ソーヴィニヨン50% シラーズ100%
ヴィンテージ 2015 2018 2017 2017 2017 2018 2016 2017 - 2018 2019 2019 2018
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

シラー種ワインの選び方 産地や生産者に注目!

赤ワインとブドウ畑

Photo by Kym Ellis on Unsplash

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

産地ごとの味わいで選ぶ

ワインの味わいは、原料となるぶどうの品質により変わってきます。その品質を決めるのは、ぶどうが生育する土壌や天候なので、産地によりワインの味わいに違いが出てくるのも当然といえます。そこでまずはじめにシラー種の産地を見ていくことにしましょう。

フランス産のローヌ地方が有名

ブドウ農園
ペイレスイメージズのロゴ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じシラーから造られるワインでも、産地ごとに少しずつ味わいが異なります。フランスのローヌ地方のシラーのワインには、スパイシーな風味が前面にあらわれた、芳醇で芯のしっかりとした味わいのものが多いです。

オーストリア産は「シラーズ」と呼ばれる

シラー種のぶどう
ペイレスイメージズのロゴ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

オーストラリアのシラーズのワインは、ローヌのものに比べるとスパイシーな風味は控えめ。果実味が豊かで、濃密な力強い味わいになる傾向があります。このように産地ごとに異なるワインの味わいの特徴から選ぶというのもおすすめです。

フランスやオーストラリア以外(通称:ニューワールド)

世界各国でシラー種のワインは作られています。有名なフランスやオーストラリア以外でも安くておいしいワインを楽しめます。アメリカ、アルゼンチン、チリ、ニュージーランド、南アフリカなどの産地のワインもぜひ試してみてください。

シラーを存分に味わうならシラー100%を選ぶ

赤ワイン
ペイレスイメージズのロゴ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーは、ほかのブドウ品種とブレンドされることが多い品種です。ブレンドによって絶妙なバランスの味わいのワインが生まれるため、ブレンドすること自体は決して悪いことではありません。

飲みやすい味わいや、万人受けする味わいのワインをお探しの方には、ほかの品種とブレンドされたものがおすすめです。

「シラーの個性を存分に味わいたい」という方は、シラーのみから造られた、シラー100%のワインを選ぶといいでしょう。

生産者から選ぶ

ワイン農家
ペイレスイメージズのロゴ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じ産地のシラーのワインでも、生産者が変われば、その味わいも変わってきます。それは、それぞれの生産者に特徴やこだわりがあるからです。

たとえば、ここで紹介しているオーストラリアの「トイスナー・ワインズ」は、ワインにブドウ本来の風味を出すことを重視しています。また、チリの「ビニャ・マイポ」はあくまでもシラーのワイン造りにこだわり、フランスの「エステザルグ葡萄栽培者組合」は、減農薬栽培に取り組んでいる生産者です。

このような生産者の特徴やこだわりから、共感できたものや、応援したいと思ったものを選ぶというのもいいでしょう。

ヴィンテージ(年代)も確認する

ワインの味わいは、産地や生産者などのほかに、製造年(原料となるぶどうの出来がよかったか)によっても大きく変わってきます。またシラー種は、長期熟成能力の高いぶどう品種といわれ、年代ごとの味わいが楽しめる点も魅力のひとつです。

シラー種ワインおすすめ13選 価格が安いのに美味しいワインを紹介!

ここまで紹介した、シラー種ワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーの特徴がよくあらわれた1本

シラーの特徴であるスパイシーさを味わってみたい方におすすめのワインが、こちらの『クローズ エルミタージュ ルージュ』です。

産地は、シラーの原産地でもあるフランスのローヌ地方。生産者のE.ギガルは1946年に設立して以来、わずか70年あまりでローヌ地方を代表する生産者のひとつにまで成長しました。

黒コショウのようなスパイスの香りが強く、厚みのある果実味と豊かなタンニン(渋み)が調和したパワフルな味わいで、まさにシラーの特徴がよくあらわれた1本です。塩と黒コショウで味つけしたビーフステーキやラムチョップなどと合わせると、抜群の相性を楽しめるでしょう。

エキスパートのおすすめ

ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーとマルベックの絶妙なバランス

デイリー向きのシラーのワインをお探しの方におすすめの1本が、アルゼンチンの『カリア アルタ シラーズ マルベック』です。

産地はアルゼンチンで2番目のブドウの栽培面積を誇るサン・ファン州。生産者のボデガス・カリアは、イギリスで販売量No.1を誇る注目の生産者です。ブドウ品種はシラーズ主体でマルベックをブレンド。そのバランスも絶妙で、シラーのスパイシーな風味とマルベックの濃厚な果実味が調和し、互いの個性を引き立て合っています。

飲みごたえも抜群で、フルボディの赤ワインが好きな方にもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ローヌ地方のコスパ抜群の1本

手ごろな価格で、飲みやすい味わいのワインをお探しの方におすすめの1本がこちら。

シラー100%ではありませんが、6割以上はシラーを使用し、グルナッシュという品種とブレンドしたフランスのローヌ地方のワインです。生産者はエステザルグ葡萄栽培者組合。可能な限り有機栽培を試み、必要なときだけ少量の農薬を散布する「リュットレゾネ(減農薬栽培)」を導入している生産者です。

バランスのよい味わいで飲みやすく、日本のワイン雑誌で2016年「旨安大賞」に選ばれた実績があり、コストパフォーマンスもたいへんすぐれています。

トゥー・ハンズ・ワインズ『テナシティ・オールド・ヴァイン・シラーズ 2017』

シラーズワインを造るために設立されたワイナリー

ワイン専門誌「ワインスペクテーター」が選ぶ世界TOP100に10年連続で選出されたこともあるワインです。シラーズらしい果実味とブレンドされた品種の味わいがよくマッチしていて飲みやすくなっています。価格的にも安定した味わいの点でもデイリーワインにおすすめできる1本です。

グラント・バージ『フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ』

フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ/グランド・バージ[赤ワインフルボディオーストラリア750ml] フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ/グランド・バージ[赤ワインフルボディオーストラリア750ml] フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ/グランド・バージ[赤ワインフルボディオーストラリア750ml] フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ/グランド・バージ[赤ワインフルボディオーストラリア750ml] フィフス・ジェネレーション・バロッサ・シラーズ/グランド・バージ[赤ワインフルボディオーストラリア750ml]

出典:Amazon

老舗ワイナリーが造るシラーズワイン

スパイシーで果実味を感じるシラーズらしいワインです。約18か月間に及ぶオーク樽での熟成を経てシラーズ特有の香りと味わいに。甘味や酸味とタンニンのバランスがよくお肉料理との相性もぴったり。フルボディの赤ワインを飲みたい方におすすめしたいワインです。

シレーニ・エステート『 セラー・セレクション・シラー』

【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】セラー・セレクション・シラー[赤ワインフルボディニュージーランド750ml] 【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】セラー・セレクション・シラー[赤ワインフルボディニュージーランド750ml] 【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】セラー・セレクション・シラー[赤ワインフルボディニュージーランド750ml] 【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】セラー・セレクション・シラー[赤ワインフルボディニュージーランド750ml]

出典:Amazon

ニュージーランド産の上品でやわらからシラーワイン

フランスやオーストラリアのシラーに比べてやわらかで軽やかな飲み口が特徴。シンプルな肉料理やチーズなどとの相性がよく、またワインだけでも楽しめる1本です。ワイン初心者にもおすすめできます。

ラ・モット『ピアニーフ・シラー・ヴィオニエ』

南アフリカの人気ワイナリーが作る赤ワイン

17世紀からの長い歴史を持つ、南アフリカのワイナリーの商品です。シラーをメインにヴィオニエを5%ブレンドしており、シラーのスパイシーさと、ヴィオニエが持つ花のニュアンスがあります。

牛肉や炭火焼き、香りのいいカレーなどを相性ばっちり。また、南アフリカの画家のコレクションから選んだという、美しいラベルも魅力です。

ウィンダウリー・エステート『サクラ シラーズ』

ウィンダウリー・エステート『サクラシラーズ』 ウィンダウリー・エステート『サクラシラーズ』 ウィンダウリー・エステート『サクラシラーズ』

出典:Amazon

日本に深く関わるカウラ地区のシラー種ワイン

オーストラリア・カウラ地区で、はじめて創業したワイナリーの1本です。300ケースほどしか作られない貴重なシラー種ワインで、年に1度輸入されています。

カウラ地区には、1944年に起きた日本人捕虜脱走事件の犠牲者への追悼として、約2,000本のサクラが植えられていますが、ワインのラベルは、そのサクラをモチーフにデザインされているのが特徴です。

ワインは、凝縮された果実味やすっきりとした酸味があります。

ウィンダウリー・エステート『ザ・ミル シラーズ』

ウィンダウリー・エステート『ザ・ミルシラーズ』 ウィンダウリー・エステート『ザ・ミルシラーズ』 ウィンダウリー・エステート『ザ・ミルシラーズ』

出典:楽天市場

バーベキュー料理とよく合う

プラムやスパイスの香りを感じる、フルボディのシラー種ワインです。フレンチオークによる要素がバランスよく残っており、豊かな果実味があります。

カウラ産シラー種の特徴がよくわかる、クラシックなスタイルのワインです。すぐ飲むのはもちろん、何年か熟成させてから飲むのもいいでしょう。バーベキューの野菜・肉と相性がいいです。

トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ』

上質なシラーズで作った凝縮感のある1本

リプキー家は、エベニーザー地区にいくつかのブドウ園を所有しており、6世代にわたってすぐれた品質のブドウを育ててきました。こちらは、そんなリプキー家の農園で育てられたシラーズを100%使い、醸造されたワインです。

プラムをはじめとする黒い果実とジャムの風味、スパイスのほどよい風味が融合して、口のなかに広がります。

トイスナー・ワインズ『ジョシュア』

トイスナー・ワインズがはじめて作った銘柄

トイスナー・ワインズにとってはじめてとなるワインが、このジョシュアです。樹齢100年以上のグルナッシュを3分の2使用し、マタロとシラーズをブレンドしました。

アンオークのフレッシュと、マタロが持つスパイシーさが特徴。また、ジューシーさも感じられます。古い樹から採れたブドウをたっぷり使った、贅沢なワインです。

ラ・クロワザード『レゼルヴ カベルネ・シラー』

複雑なアロマと芳醇な味わい

1998年に、南フランス・ラングドッグ地方で創立したワイナリーのシラー種ワインです。ブドウ農家に対して、栽培・収穫方法についてアドバイスもおこないながら、品種の個性を活かすことを大切にしています。

ソーヴィニヨンとシラーを半分ずつブレンドしたこちらのワインは、すみれ・ブラックベリー・トースト香などを感じる、複雑なアロマが特徴です。

イディル・ワイン『ウィスパーズ シラーズ』

果実味が特徴のシラー種ワイン

イディル・ワインは、冷涼な気候で質のいいブドウが収穫できる、ヴィクトリア州ムーアブール・ヴァレーにあるワイナリーです。

ウィスパーズ シラーズは、やわらかな甘みのある、ブラックベリーのような果実味があふれたワインです。ミントのようなさわやかな風味も、ほどよく感じられます。完熟した果実味がしっかり楽しめるでしょう。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする シラー種ワインの売れ筋をチェック

楽天市場でのシラー種ワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:シラー種ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのワインに関連する記事はこちら 【関連記事】

シラーの魅力を開拓しよう ワインエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シラーのワインは産地や生産者、ほかのブドウ品種とのブレンドの有無により、さまざまな表情を見せてくれるワインです。そのため、さまざまな産地や生産者のシラーを飲むごとに「シラーにはこんな魅力があるんだ!」と、新たな発見ができるのではないかと思います。

すでに「シラーのワインが好き」という方も、「これからシラーのワインを試してみたい」という方も、ぜひいろいろな産地や生産者のシラーのワインを試してみましょう。そして、シラーの魅力を開拓していってくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/19 商品情報更新のため、コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 渡辺裕美)

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

趣味は「某アイドルの推し活」の30代主婦。『美容・食品』カテゴリを主に担当。推しに会える日を夢見て美容にも惜しみなく投資する、「すべては推しのため」が口癖。これまでライターや編集経験を積み、2020年1月におすすめナビへ。ミーハー気質なため、流行りを常に追うが飽きるのも早い。ナチュールワインとエイジングケアコスメが好き。

関連する記事


2019年解禁のおすすめボジョレーヌーボー|ワインエキスパートが味わいなどを紹介!

2019年解禁のおすすめボジョレーヌーボー|ワインエキスパートが味わいなどを紹介!

ボジョレーヌーボーは、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で生産される新酒の赤ワインです。2019年の解禁日は11月21日。ワイン初心者でもチャレンジしやすいフレッシュな口当たりが特徴です。ここでは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート石関華子さんにお話をうかがい、ボジョレーヌーボーの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

tag icon 赤ワイン , イベントギフト , ワイン

電動ワインオープナーおすすめ10選【充電式・乾電池】おしゃれで高級感を演出

電動ワインオープナーおすすめ10選【充電式・乾電池】おしゃれで高級感を演出

ワインを飲むときに必要なコルク抜き。斜めにスクリューが入ったり、うまく抜けなかったりした経験はありませんか。それを手軽にできるのが「電動ワインオープナー」です。しかし、いざ購入しようと思っても、種類も多く使いやすいのはどれなのか悩んでしまいますよね。この記事では、ソムリエの福田友一さんと編集部が、選び方のポイントと厳選したおしゃれな商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon キッチンツール , ワイングッズ , 調理器具

ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

独特の甘さがある「ポートワイン」。ひと口にポートワインといっても、ルビーポートやトウニーポート、ヴィンテージ・ポートなど、さまざまな種類があります。自分の好みに合うものがわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで本記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんへの取材をもとに、ポートワインの選び方とおすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

tag icon ワイン , お酒

シェリー酒おすすめ10選|はじめての人でも飲みやすいもので!

シェリー酒おすすめ10選|はじめての人でも飲みやすいもので!

世界中で愛されるシェリー酒。食前酒のイメージが強くありますが、種類によって食中酒から食後まで幅広く楽しめるお酒です。シェリー酒は造り手によって異なる味わいをもつお酒です。この記事では、シェリー酒の選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon ワイン , お酒

島根ワインおすすめ4選|ワインのプロが解説【白・赤・スパークリング】

島根ワインおすすめ4選|ワインのプロが解説【白・赤・スパークリング】

島根県にある湯の川温泉湯宿「草菴」常務取締役の内田洋平さんへの取材をもとに、島根ワインの選び方とおすすめ商品をご紹介します。じつは島根県はブドウの名産地であるとともに、隠れたワインの名産地でもあります。島根県産のワインは種類も豊富で、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインと多数そろっているので、きっとお気に入りが見つかるはず。品質の高い島根県産ワインは、時期的に入手しずらいこともある貴重なワインです。この記事では、内田洋平さんがチョイスした、島根ワインのなかでもとくに時間と手間をかけて造られた上級の銘柄をご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、売り切れる前にお気に入り商品を手に入れてくださいね!

tag icon 国産赤ワイン , 国産白ワイン , 赤ワイン

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。