【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説
作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


クライミングロープの選び方|アウトドアライターに聞く

アウトドアライターの夏野 栄さんに、クライミングロープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ロープを使いクライミング中の女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

安全なクライミングのためにも、しっかりとしたクライミングロープを選びましょう。

用途から選ぶ

作家/アウトドアライター

クライミングにはさまざまな種類があり、ぞれぞれに対応したロープの使い方、ロープの種類があります。一般にスポーツクライミングでは一本のロープを使うシングルロープという方法、登山では二本のロープを別々に使うダブルロープという方法、アイスクライミングや沢登ではツインロープといわれる二本を一束とし、一本のように扱う方法をもちいます。

シングルロープで使うロープの太さが9.4~11mmほど、ダブルロープでは8~9mm、ツインロープでは8mm前後の太さが目安となります。この点はメーカー側が種類を記載している商品もあれば、ない商品もあります。また木登りに使うロープにも特徴があり、「短い墜落」と「木の柔軟性」から、通常のクライミングロープよりも伸びない構造になっています。用途にマッチしたクライミングロープを選びましょう。

TENDON(テンドン)『TENDON TIMBER EVO 11.5』

木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少ないツリークライミング専用ロープ。

>> Rakuten市場で詳細を見る

安全基準から選ぶ

作家/アウトドアライター

命を預けるクライミングロープには、各種の安全基準が設けられています。まずは『衝撃荷重』『耐墜落回数』といった数値は必ずチェックしましょう。

UIAA耐墜落回数という記載で、耐墜落回数の数字が多いロープほど耐久性が高くなります。また最大衝撃荷重という数字は衝撃の吸収力を示しています。落下した際に支点やクライマーが受ける衝撃の数字で、小さいほど安全性が高くなります。登山用の補助ロープ程度であれば構いませんが、これらの記載のないロープをクライミングで常用することは避けましょう。

ロープをクライミングロープとして使う場合、太さや重さ、耐荷重が合うからといって、どんなロープでも使えるというわけではありません。クライミングで使用できるロープは『ダイナミックロープ』と言われる伸縮性が確保された種類のロープになります。伸縮性のないロープを使用した場合、墜落した際に身体に大きなダメージを与えたり、ビレイポイントが壊れてしまうリスクがあります。

加工処理から選ぶ

作家/アウトドアライター

クライミングロープは機能面を向上させるため、さまざまな加工や処理がなされています。まず確認すべきところが水対策です。外岩などのアウトドアでロープを使う場合、水濡れによりロープの状態の変化を防ぐ撥水処理がされている商品を選びましょう。

未加工のロープが野外で使えないということはありませんが、水濡れによって著しく劣化したり品質が落ちてしまう場合があるため注意したいポイントです。また水対策のほか、耐久性を高めるための表皮処理や、芯材の加工がなされたタイプもあるのでチェックしてみてください。

EDELRID(エーデルリッド)『HERON PRO DRY 9.8mm』

外皮だけでなく芯まで撥水加工されていて水濡れに強く、高い耐久性もある。

>> Amazonで詳細を見る

おすすめクライミングロープ5選|アウトドアライターが厳選

ここまで紹介したクライミングロープの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』

出典:Amazon

種類
シングル
重量
68g/m
衝撃荷重
8.5kN
UIAA耐墜落回数
9–10回
サイズ
40・50・60・70・80m
用途
トレーニング、ワークアウトクライミング、トップロープクライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

ロープライスでエントリー層やジムメインに

インドアのジムでのクライミングがメインの、エントリー層におすすめのロープがこちら。表面加工がなく、水に強いわけではないので基本的にはジムでのクライミング向けです。とはいえ比較的ロープライスながら耐墜落回数も9-10回とじゅうぶんな耐久性。重量はやや重めです。

ジムでのクライミングにとりあえずマイロープがほしいという方にぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』

出典:Amazon

種類
ダブル
重量
45g/m
衝撃荷重
5kN
UIAA耐墜落回数
7回
サイズ
30・40・50・60・70・80・100・200m
用途
ロッククライミング、マウンテンクライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

高性能で良コスパなダブルロープ

こちらは細身でオールラウンドに使いたい方にぴったりのダブルロープ。テフロン加工により高い防水性があり、野外の多くの局面で信頼できます。

また8.5mmという細さで1mあたり45gという軽さながら、耐墜落回数が7回、最大衝撃荷重5KNと、非常に高い耐久性があります。フリークライミングにとどまらず、アルパインクライミングからミックスルート、アイスクライミングまで幅広くおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』

出典:Amazon

種類
シングル
重量
61g/m
衝撃荷重
7.6kN
UIAA耐墜落回数
7回
サイズ
50・60・70・80・200m
用途
フリークライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

表皮ズレが起きにくく細めでしなやか

ベアールのタイガーはエントリーモデルながら、アウトドアでの幅広いクライミングにじゅうぶんな基本性能です。表面加工されたモデルで水に強く野外で安心して使えます。また外被と芯を接着するベアール独自の製法により、起こりがちな表皮が芯からズレてしまうリスクが軽減されています。

ビレイしやすく比較的柔らかめなフリークライミングロープをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』

EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』

出典:Amazon

種類
シングル
重量
63g/m
衝撃荷重
8.9kN
UIAA耐墜落回数
10回
サイズ
50・60・70・80m
用途
ロッククライミング、アイスクライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

タフでミックスやアイスにも対応

世界中から支持されるドイツのクライミングギアブランドの『エーデルリッド』。ラインナップ中ハイエンドなシリーズとして『プロライン』が用意されています。

こちらのヘロンプロドライはシリーズのなかでもお求めやすいモデルで狙い目。外皮だけでなく芯まで撥水加工されていて水濡れに強く、9.8mmの細径ですが扱いやすいのが特徴です。また軽さはさほどではないものの、高い耐久性があります。外岩でのクライミングはもちろん、岩と氷が混ざるルートからアイスクライミングまでおすすめのロープです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

出典:Amazon

種類
-
重量
90g/m
衝撃荷重
30kN
UIAA耐墜落回数
-
サイズ
30・40・50・60・70・80・100・200m
用途
ツリークライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

木登りに最適

木登りにはツリークライミング専用ロープを使います。クライミングロープのなかでもロッククライミングなどに使われる伸縮性の高いダイナミックロープに対して、ツリークライミング専用ロープは木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少なくなっています。

テンドンのこちらのロープは伸びが少なくソフトな外皮。ツリー用としてだけではなく、登山用の補助ロープや懸垂降下用にもおすすめです。

「クライミングロープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』
TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』
BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』
EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』
TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

商品

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』 TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』 BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』 EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』 TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

特徴

ロープライスでエントリー層やジムメインに 高性能で良コスパなダブルロープ 表皮ズレが起きにくく細めでしなやか タフでミックスやアイスにも対応 木登りに最適

価格

Amazon : ¥ 20,520
楽天市場 : ¥ 20,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 20,900
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,728
楽天市場 : ¥ 15,728
Yahoo!ショッピング : ¥ 15,728
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 19,440
楽天市場 : ¥ 18,810
Yahoo!ショッピング : ¥ 19,800
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 27,500
楽天市場 : ¥ 27,500
Yahoo!ショッピング : ¥ 27,500
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,353
楽天市場 : ¥ 21,353
Yahoo!ショッピング : ¥ 21,353
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格

種類

シングル ダブル シングル シングル -

重量

68g/m 45g/m 61g/m 63g/m 90g/m

衝撃荷重

8.5kN 5kN 7.6kN 8.9kN 30kN

UIAA耐墜落回数

9–10回 7回 7回 10回 -

サイズ

40・50・60・70・80m 30・40・50・60・70・80・100・200m 50・60・70・80・200m 50・60・70・80m 30・40・50・60・70・80・100・200m

用途

トレーニング、ワークアウトクライミング、トップロープクライミング ロッククライミング、マウンテンクライミング フリークライミング ロッククライミング、アイスクライミング ツリークライミング

商品情報

通販サイトのランキングを参考にする クライミングロープの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのクライミングロープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山ロープ・コードランキング
Yahoo!ショッピング:登山用品 クライミングロープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターからアドバイス|スタイルにマッチしたロープを選ぶ

作家/アウトドアライター

ロープを使うクライミングには多くの種類があります。まずはどのクライミングをしたいのかという点を明確にし、そのスタイルと合致するロープの使用方法、該当するロープを知りましょう。またインドアかアウトドアかという違いを明確にし、水対策がなされたロープかどうかを必ずチェックしてください。

最近ではクライミングロープでも細く軽いロープを求める傾向があり、細径のロープをシングルで使う方もいるようですが、エントリー層の方は基本どおりのロープを使うことをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/14 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【かわいいクーラーボックス】おすすめ6選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

【かわいいクーラーボックス】おすすめ6選|容量・保冷力/インテリアとして選ぶ

山岳写真家が選ぶかわいいクーラーボックスの選び6選をご紹介します。キャンプなどで飲み物や食材を保冷してくれるクーラーボックス。実用的で質素なデザインのものが多いですが、インテリアとしてキャンプサイトに違和感なく溶け込むようなものを選びたいですよね。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、かわいいデザインのクーラーボックスについて教えてもらいました。いままで見た目が気になって選べなかった方もぜひ参考にしてみてください。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。


【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

【軽量タープ】選び方&おすすめ商品9選|アウトドアライターが厳選!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、おすすめ軽量タープ9選について教えてもらいました。アウトドアシーンで日よけや雨よけとして活躍してくれるタープ。一枚用意しておくと、キャンプの楽しみ方が広がりそうですよね。そこで、本記事では薄い素材で作られた持ち運びや設営がしやすい軽量タープに注目し、大森弘恵さんに、軽量タープを選ぶポイントについて解説してもらいます。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。タープの購入を検討しているキャンパーのみなさん、ぜひ参考にしてみてください。


クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表的なメーカーをはじめとして、クーラーボックスを購入するときに見るべきポイントを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

安いテントのおすすめ商品6選【アウトドアライターが選ぶ】安いけど高品質!

アウトドアライターの大森弘恵さんに、数あるテントの中でも安いけれど使える商品を教えてもらいました。家族でキャンプをしてみたいけど、高価なテントはハードルが高いし、テントを何回使うかもわからないし……。そんな悩みをお持ちの方は、まずは手ごろな価格のテントを試してみてはいかがでしょうか。3万円以下のドームテントや5万円以下の大型2ルームテント、さらにはポリコットンを素材に使ってコストを抑えたテントなど、比較的購入しやすい価格のテントを選ぶポイントとおすすめをご紹介します。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。キャンプの楽しさを知ってみたい! という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


軽量な焚き火台のおすすめ9選【アウトドアライターが教える】調理もできる!

軽量な焚き火台のおすすめ9選【アウトドアライターが教える】調理もできる!

アウトドアライターの大森弘恵さんに取材し、軽量焚き火台の選び方とおすすめ商品を聞きました。キャンプで暖をとったり料理をしたりするときに必要な焚き火台。薪をくべたり調理用にダッチオーブンを載せたりするのでしっかりしたものが安心だけど、重かったり組み立てが大変だと使うのが億劫(おっくう)に……。そこでこの記事では、アウトドアライターの大森弘恵さんが、軽くて使いやすい焚き火台の選び方のポイントやおすすめ商品を紹介してくれているので、ぜひ参考にして快適なキャンプ生活を楽しんでください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る