クライミングロープおすすめ14選|シングル・ダブル・ツイン別に厳選

BEAL(ベアール) 10mm タイガー ユニコア ドライカバー 60m BE11116 フューシャ
出典:Amazon

クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。

そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだクライミングロープのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。

最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、売れ筋や口コミなどあわせて参考にしてみてください。


作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

クライミングロープとは?

ロープを使いクライミング中の女性
Pixabayのロゴ

安全なクライミングのためにも、しっかりとしたクライミングロープを選びましょう。

「クライミングロープ」とは、クリミングに使うロープのことです。かつてはザイルと同一のものを意味していましたが、現在では、フリークライミングやボルダリングなどで使用されるものを指します。「ダイナミックロープ」とも呼ばれ、フリークライミングのジャンルによって、シングル・ハーフ・ツインの伸縮性をもった3種類の太さ・形状のロープに分けられます。

クライミングロープの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドアライターの夏野 栄さんに、クライミングロープを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

長さで選ぶ ボルダリングなら30m~40m、岩場で50m程度が目安

 

クライミングロープの長さは、一般的に30~80mまで用意されており、長さや形状に応じて値段も変わります。

また、用途に合わせて、ボルダリング施設などジムでは30~40m、直線的に移動できない岩場のような場所で使用するなら50m、といった具合に選んでみてください。

太さで選ぶ 10mm以上だと強度があり握りやすい

ロープの強度は太さに比例します。目安としては、10mmの太さがあれば、万一の落下時には切れずに体を支えられる太さと言えます。また一方で、太さが10mmあると握りやすいというメリットもあります。

続いて、10mm以上の太いロープと9.5mm~9.8mmの細いロープ、それぞれの特徴やメリットとデメリットについてご紹介していきます。

太いロープ|10mm以上 メリットとデメリット

 

Teufelberger『シリウス リギングロープ』(ロープ径16mm)

【メリット】
強度があり、衝撃の際の吸収性も高い、手で握りやすいのが特徴。墜落が多いボルダリングなどトップロープクライミングやクライマーとビレイヤーの体重差がある場合に最適。

【デメリット】
太い分、重量があるため、リードクライミングではストレスを感じやすい。

細いロープ|9.5mm~9.8mm メリットとデメリット

 

TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』

【メリット】
軽量のため持ち運びやすく、クリップがしやすい。

【デメリット】
太いロープに比べると強度や衝撃吸収性が劣る。ロープがやや握りずらいため、ビレイが難しく感じることも。

用途に合わせて種類で選ぶ

クライミングにはさまざまな種類があり、ぞれぞれに対応したロープの使い方、ロープの種類があります。一般にスポーツクライミングでは1本のロープを使うシングルロープ、登山では2本のロープを別々に使うダブルロープ、アイスクライミングや沢登ではツインロープといわれる2本を1束とし、1本のように扱う方法を用います。

まずは、シングルロープ、ダブルロープ、ツインロープの3種類のクライミングロープ、それぞれ用途に合わせた選び方についてご紹介します。それぞれ特徴が異なりますので、その違いについておさえておきましょう。

シングルロープ スポーツクライミング用

 

BEAL(ベアール) 10mm タイガー ユニコア ドライカバー 60m BE11116

スポーツクライミングの用途であれば、シングルロープがよいでしょう。シングルロープで使うロープの太さは9.4~11mmほど強度が高いのが特徴です。長さはジムなど屋内で30~40m、屋外のクライミングなら50~60mが目安です。

ダブルロープ アルパインクライミング向き

 

テンドン クライミングロープ アンビション ダブル 8.5mm 50m イエロー コンプリートシールド加工

アルパインスタイルでのクライミングやマルチピッチクライミングでは、2本をひとつにして使用するダブルロープがおすすめです。必ず2本をひとつにして使用するため、片方が切れても安心です。ダブルロープでは、太さ8~9mmが目安となります。

ツインロープ アイスクライミング向き

 

PETZL(ペツル) R21B ルンバ 8.0mm 50m

アイスクライミングなら、ダブルロープよりも軽量で扱いやすいツインロープがよいでしょう。ツインロープは、万一アイゼンやピッケルでロープを叩いてしまっても大丈夫なよう2本使い、同箇所で支点を取りながら使うのが特徴です。直線的に登っていくため、カラビナに2本のロープを通しながら登っていきます。

防水加工されたものを選ぶ

 

テフロン加工により高い防水性を有する『アンビション ダブル 8.5mm』。

外岩や屋外でのクライミングで使用する場合、水濡れによりロープの状態の変化を防ぐ防水加工や撥水処理、できればシールド加工が施されたものを選びましょう。

シールド加工とは、ロープの表面にや中心にテフロン加工を使った耐水性が施されたものです。ロープが濡れたり汚れたりした際に劣化するのを抑制してくれます。

「UIAA耐墜落回数」の多さで選ぶ

 

衝撃荷重:8.9kN
UIAA耐墜落回数:10回

ロープの強度を測るひとつの指標となるのが「UIAA耐墜落回数」です。この数字が多いものほど強度と耐久性があることを意味します。目安としては、シングルロープやダブルロープで5回以上、ツインロープで12回以上のものを選べば安心です。

「衝撃荷重」の値が小さいものを選ぶ

 

5.5kNと高い衝撃荷重。

最大衝撃荷重という数字は衝撃の吸収力を示します。衝撃荷重の値が小さいほど、クライミング中に落下したときの支点または自身が受ける衝撃荷重の力の大きさが少ないため、優秀かつ安全といえます。

安全規格(適合マーク)を確認する 「PSC」「UIAA」「CE」

クライミングロープの安全性を示す目安として、次の3つのポイントを確認しておきましょう。

 

GM CLIMBING『19kN ダブルブレード 6Mカット 8mm アクセサリーコード 100%ポリエステル素材 オレンジ CE UIAA認証』

(1)PSCマークの有無

「消費生活用製品安全法」に基づいて適合性が確認された製品のみが表示できるマーク。

(2)UIAA安全規格への適合

UIAA(国際山岳連盟)が高い品質・安全基準に適合する製品と判断した製品に認定マークを与えられる。「UIAA耐墜落回数」という記載で、耐墜落回数の数字が多いロープほど耐久性が高くなる。

(3)CE(ヨーロッパ)規格への適合

ヨーロッパ諸国における安全性・環境席順に満たしているかを示す証。

【シングル】クライミングロープおすすめ4選 種類・重量・衝撃荷重・UIAA耐墜落回数・サイズもチェック!

ここまで紹介したクライミングロープの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

まずは、シングルのクライミングロープからご紹介します。

エキスパートのおすすめ

BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

表皮ズレが起きにくく細めでしなやか

ベアールのタイガーはエントリーモデルながら、アウトドアでの幅広いクライミングにじゅうぶんな基本性能です。表面加工されたモデルで水に強く野外で安心して使えます。また外被と芯を接着するベアール独自の製法により、起こりがちな表皮が芯からズレてしまうリスクが軽減されています。

ビレイしやすく比較的柔らかめなフリークライミングロープをお探しの方におすすめです。

PETZL(ペツル) 『マンボ ウォール』

優れたハンドリング性により、高い耐久性を発揮

ロープの直径と優れたハンドリング性で、高い耐久性を発揮した商品です。
また、あらゆるレベルのユーザーに対応しています。

ジムで扱いやすいようにデザインされたロープを専用で使用することで、岩場用ロープとの使い分けが可能です。

カラーもブルーとイエローの2種類を展開しています。

BEAL(ベアール)『カルマ』

撥水加工を省略することで手頃な価格を実現

撥水加工を省略したことで手頃な価格を実現した細径ロープの入門的モデルです。

細径ならではの軽さと操作性を求めつつも、上級者におすすめしたい商品です。

カラー展開もイエローと、オレンジで、細部にデザインが施されているので鮮やかでおしゃれなロープです。見た目から始めたい人にもおすすめです。

PETZL(ペツル)『コンタクト』

軽さと耐久性のバランスに優れたロープ

『コンタクト 9.8 mm』は、レベルアップを目指しているクライマーのためにデザインされたシングルロープになっています。

軽さと耐久性のバランスに優れており、スポーツクライミングに最適なロープで様々な使い方が可能です。

クライムレディーコイルはすぐに始めることができるようにと巻かれているので簡単に始められることができます。

【ダブル】クライミングロープおすすめ8選

続いて、ダブルのクライミングロープをご紹介していきます。

GM CLIMBING『ダブルブレード アイツーアイ プルージックコード』

GMCLIMBING『ダブルブレードアイツーアイプルージックコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアイツーアイプルージックコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアイツーアイプルージックコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアイツーアイプルージックコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアイツーアイプルージックコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアイツーアイプルージックコード』

出典:Amazon

シンプルな使い心地で多目的用途に対応できるロープ

ブルージックは、荷重を加えるとしっかりと縮まり、緩めるとスライドできるシンプルな使い心地のクライミングロープです。また、耐熱性と強度にすぐれているため、多目的用途に対応可能。あらゆるアウトドアシーンで使われています。

アイツーアイタイプは、両端にわっか(アイ)があり、一貫した摩擦が得られるため結び目がより結びやすくおすすめです。本品以外にもグリーン(76cm)の展開もあります。

エキスパートのおすすめ

TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』

TENDON(テンドン)『アンビションダブル8.5mm』 TENDON(テンドン)『アンビションダブル8.5mm』 TENDON(テンドン)『アンビションダブル8.5mm』

出典:Amazon

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

高性能で良コスパなダブルロープ

こちらは細身でオールラウンドに使いたい方にぴったりのダブルロープ。テフロン加工により高い防水性があり、野外の多くの局面で信頼できます。

また8.5mmという細さで1mあたり45gという軽さながら、耐墜落回数が7回、最大衝撃荷重5KNと、非常に高い耐久性があります。フリークライミングにとどまらず、アルパインクライミングからミックスルート、アイスクライミングまで幅広くおすすめです。

エキスパートのおすすめ

EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

タフでミックスやアイスにも対応

世界中から支持されるドイツのクライミングギアブランドの『エーデルリッド』。ラインナップ中ハイエンドなシリーズとして『プロライン』が用意されています。

こちらのヘロンプロドライはシリーズのなかでもお求めやすいモデルで狙い目。外皮だけでなく芯まで撥水加工されていて水濡れに強く、9.8mmの細径ですが扱いやすいのが特徴です。また軽さはさほどではないものの、高い耐久性があります。外岩でのクライミングはもちろん、岩と氷が混ざるルートからアイスクライミングまでおすすめのロープです。

PETZL(ペツル)『ルンバ』

どんな環境でも高い性能を発揮

マルチピッチクライミング、マウンテニアリング、アイスクライミングに使用できる、汎用性の高い 8.0mm 径のハーフロープです。

高い耐久性をもち、デュラテックドライ加工を採用しているので、どんな環境でも高い性能を発揮してくれます。

男女ともに好まれるレッド、ブルーのカラー展開なので、好みのカラーで用途に合わせてロープを選ぶのも有りです。

EDELWEISS(エーデルワイス)『オキシジェン』

軽量、かつ柔軟性に優れたダブルロープ

EDELWEISSのSUPER EVERDRYは最も水準が高い撥水加工処理が施された商品です。

アルパインでのロングルートやアイスクライミングに於いてその性能をいかんなく発揮しれるロープです。器具による破断にも、外被がずれて落ちることもないので安心して使用可能です。

Teufelberger『シリウス リギングロープ』

しなやかで耐久性にも優れたロープ

しなやかな素材で操作しやすい、ツリークライミング専用のリギングロープです。カバーもコアもポリエステル製。ダブルブレードなので耐久性にも優れています。ロープ径は16mm、重量は185g/mで、しっかりとした作りのクライミングロープです。

鮮やかなイエローとホワイトカラーが特徴。トゥーフェルベルガー社は、ヨーロッパのツリーワーカーたちに支持されています。繊維ロープなどの製品を多く製造しているグローバル企業です。

GM CLIMBING『ダブルブライド リギングロープ』

GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』 GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』 GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』 GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』 GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』 GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』 GMCLIMBING『ダブルブライドリギングロープ』

出典:Amazon

日常でもアウトドアでも活躍するリギングロープ

ナイロンコアと外側に使用したポリエステルで、バランスのよい仕上がりのロープです。ポリエステルは水を吸収しにくい素材なので、アウトドアでの使用に適しています。強度と耐久性が抜群のダブルブライト構造を採用。使用中のロープの変形がなく、長期間の使用が期待できますよ。

ツリーワークやクライミングの補助ロープとしてはもちろん、プーリーシステムなどでの使用にも向いています。あざやかなオレンジのカラーが特徴です。

GM CLIMBING『ダブルブレード アクセサリーコード』

GMCLIMBING『ダブルブレードアクセサリーコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアクセサリーコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアクセサリーコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアクセサリーコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアクセサリーコード』 GMCLIMBING『ダブルブレードアクセサリーコード』

出典:Amazon

耐熱性に優れ、強度の高いポリエステル素材

ポリエステル素材で耐久性があり、熱にも強いのが特徴のロープです。吸水性が低いポリエステルを使用しているので、水に濡れる場所での使用でも、強度が損なわれる心配がなく安心して使用できます。ダブルブレード製法を採用しているので、高い強度を実現。安全性にも優れています。

ランヤードやブルージック、アンカー作りなど、アウトドア環境でさまざまな用途に活躍しますよ。破断強度は19kNで、CEとUIAAの両方に認証されています。

【ツイン/そのほか】クライミングロープおすすめ2選 種類・重量・衝撃荷重・UIAA耐墜落回数・サイズもチェック!

最後に、ツインのクライミングロープ、そのほかのクライミングロープをご紹介していきます。

エキスパートのおすすめ

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

木登りに最適

木登りにはツリークライミング専用ロープを使います。クライミングロープのなかでもロッククライミングなどに使われる伸縮性の高いダイナミックロープに対して、ツリークライミング専用ロープは木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少なくなっています。

テンドンのこちらのロープは伸びが少なくソフトな外皮。ツリー用としてだけではなく、登山用の補助ロープや懸垂降下用にもおすすめです。

BEAL『ランド ゴールデンドライ(BE11002)』

補助ロープとして活躍する軽量タイプ

ツインロープとしてCEN/UIAAの規格に適合しているロープです。長時間にわたって耐摩耗性能を持続可能なドライカバー加工済み。芯にはフッ素加工を施してあるので、さらに耐久性能がアップしています。

コンパクトな軽量タイプなので、クライミングをする際の補助ロープとして常に携帯しても邪魔にならないのが嬉しいポイント。登山用ロープとしての基準は満たしていないので、確保用には使用できません。お好みのカラーを選んで携帯したいですね。

「クライミングロープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』
PETZL(ペツル) 『マンボ ウォール』
BEAL(ベアール)『カルマ』
PETZL(ペツル)『コンタクト』
GM CLIMBING『ダブルブレード アイツーアイ プルージックコード』
TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』
EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』
PETZL(ペツル)『ルンバ』
EDELWEISS(エーデルワイス)『オキシジェン』
Teufelberger『シリウス リギングロープ』
GM CLIMBING『ダブルブライド リギングロープ』
GM CLIMBING『ダブルブレード アクセサリーコード』
TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』
BEAL『ランド ゴールデンドライ(BE11002)』
商品名 BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』 PETZL(ペツル) 『マンボ ウォール』 BEAL(ベアール)『カルマ』 PETZL(ペツル)『コンタクト』 GM CLIMBING『ダブルブレード アイツーアイ プルージックコード』 TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』 EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』 PETZL(ペツル)『ルンバ』 EDELWEISS(エーデルワイス)『オキシジェン』 Teufelberger『シリウス リギングロープ』 GM CLIMBING『ダブルブライド リギングロープ』 GM CLIMBING『ダブルブレード アクセサリーコード』 TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』 BEAL『ランド ゴールデンドライ(BE11002)』
商品情報
特徴 表皮ズレが起きにくく細めでしなやか 優れたハンドリング性により、高い耐久性を発揮 撥水加工を省略することで手頃な価格を実現 軽さと耐久性のバランスに優れたロープ シンプルな使い心地で多目的用途に対応できるロープ 高性能で良コスパなダブルロープ タフでミックスやアイスにも対応 どんな環境でも高い性能を発揮 軽量、かつ柔軟性に優れたダブルロープ しなやかで耐久性にも優れたロープ 日常でもアウトドアでも活躍するリギングロープ 耐熱性に優れ、強度の高いポリエステル素材 木登りに最適 補助ロープとして活躍する軽量タイプ
種類 シングル シングル シングル シングル ダブル ダブル シングル ダブル ダブル ダブル ダブル ダブル - ツイン
重量 61g/m 65g/m 61g/m 60g/m - 45g/m 63g/m 44g/m 43g/m 185g/m 87g/m 50g/m 90g/m 37g/m
衝撃荷重 7.6kN 8.5kN 7.1~7.2kN 8.4kN 20kN 5kN 8.9kN 6.3kN(ダブル)、9.6kN(ツイン) 5.5kN - 30kN 19kN 30kN 4.2kN
UIAA耐墜落回数 7回 7回 9回 7回 - 7回 10回 7回(ダブル)、22回(ツイン) 7回 - - - - 5回
サイズ 50・60・70・80・200m 40m 60m 60m 1.14m 30・40・50・60・70・80・100・200m 50・60・70・80m 50m 50m 60m 16・30・50m 6m 30・40・50・60・70・80・100・200m 20m
用途 フリークライミング ジム - スポーツクライミング クライミング、ロープレスキュー、キャンプ、運搬システム ロッククライミング、マウンテンクライミング ロッククライミング、アイスクライミング マルチピッチクライミング、マウンテニアリング、アイスクライミング - ツリークライミング クライミング、アーボリスト、運搬装置、プーリーシステム アーボリスト、ウィンチライン、サバイバル ツリークライミング スキーツアーや登山で後続者を確保するための補助ロープ
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クライミングロープの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのクライミングロープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山ロープ・コードランキング
Yahoo!ショッピング:登山用品 クライミングロープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

クライミングロープに関するQ&A よくある質問

question icon使った後に絡まってしまうのを防ぐには?

answer icon

新品のロープはロールの巻き癖が残っています。そのため、毎回使った後にロープをしごくようにすると、癖がとれていきます。

question iconロープの寿命はどれくらい?

answer icon

ロープメーカーの老舗、エーデルワイス社によれば、ロープの使用年数は5年、保管と使用年数を足しても10年を超えないこととしています。

クライミングロープに関するそのほかの商品情報 【関連記事】

用語集

ここでは、「クリップ」「ビレイ」「クイックドロー」「トップロープクライミング」「リードクライミング」など用語について解説します。どれもクライミングではよく使われる用語なので、覚えておいて損はありません。

クリップ

カラビナでつながれたクライミングロープ
ペイレスイメージズのロゴ

カラビナでつながれたクライミングロープ。

カラビナにロープを通すこと。クライマーの基本技術。正確にロープを通さないと、墜落時に大事故につながってしまう。

ビレイ

ビレイ時のクライマーの様子。
ペイレスイメージズのロゴ

ビレイ時のクライマーの様子。

ロープクライミング時の「安全確保」のこと。ビレイする人をビレイヤーと呼ぶ。クライマーが登るたびにたるんでしまうロープをビレイヤーが引っ張ることで、クライマーが途中で手を離してもその高さで静止させることができる。ビレイの際に必要になるのがビレイデバイス、グローブ、ビレイ用メガネ。

クイックドロー

 

Kailas(カイラス)『Vacuo クイックドロー 14cm/20cm 24kN 26mm カラビナ』

2個のカラビナを短いスリングで繋いだもの。別名「ヌンチャク」。

トップロープクライミング

トップロープクライミング
ペイレスイメージズのロゴ

トップロープクライミング

クライマーがあらかじめ最上部から確保されたロープで登ることができる練習的なスタイル。ビレイしてもらいながら安全に登ることができる。

リードクライミング

 

リードクライミング

クライマーとビレイヤーの2人1組で自然の岩場を登っていくこと。トップロープクライミングと異なり、自らロープを「クイックドロー」と呼ばれる支点にかけ、墜落距離を縮めながら登っていくスタイル。

スタイルにマッチしたロープを選ぶ アウトドアライターからのアドバイス

作家/アウトドアライター

ロープを使うクライミングには多くの種類があります。まずはどのクライミングをしたいのかという点を明確にし、そのスタイルと合致するロープの使用方法、該当するロープを知りましょう。またインドアかアウトドアかという違いを明確にし、水対策がなされたロープかどうかを必ずチェックしてください。

最近ではクライミングロープでも細く軽いロープを求める傾向があり、細径のロープをシングルで使う方もいるようですが、エントリー層の方は基本どおりのロープを使うことをおすすめします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


熊鈴おすすめ9選|登山時の熊除け効果を解説!モンベルの熊鈴も紹介!

熊鈴おすすめ9選|登山時の熊除け効果を解説!モンベルの熊鈴も紹介!

キャンプ、レジャーの際にクマなどの野生動物から身を守るための道具が「熊鈴」です。消音機能のあるものやコンパクトなものまでさまざまなタイプがあります。今回はカメラマンでもある山崎友貴さんに、熊鈴の種類や選び方を解説していただきました。Amazonの人気売れ筋ランキングや口コミ掲載もありますのでぜひチェックしてみてくださいね!

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

アウトドア用高機能ハットおすすめ7選|登山やキャンプ、タウンユースにも

アウトドア用高機能ハットおすすめ7選|登山やキャンプ、タウンユースにも

屋外活動に欠かせないアウトドアハット(サファリハット)。日光から頭部を守って熱射病などの予防とするだけでなく、速乾機能で頭部を冷却、撥水加工で雨よけ、UVカットなど、高機能なものがいろいろあります。素材による違い、あごひもの有無など、どういう観点で選べばよいのか迷うのではないでしょうか。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんに取材して、アウトドア用高機能ハット・帽子の選び方とおすすめの商品について教えてもらいました。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon メンズ帽子・キャップ , レディースファッション雑貨・小物 , メンズファッション雑貨・小物

マップケースおすすめ10選|登山時の持ち運びに! 防水・ロールアップも

マップケースおすすめ10選|登山時の持ち運びに! 防水・ロールアップも

防水性や耐水性を持ち、安全登山には欠かせない重要な地図をしっかり守ってくれるマップケース。ここでは、山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんが選んだマップケースのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

トレッキングポールおすすめ13選|レキ・モンベル・ブラックダイヤモンドなど厳選

トレッキングポールおすすめ13選|レキ・モンベル・ブラックダイヤモンドなど厳選

トレッキングポールは、登山やトレッキングのときに「杖」のように使うアイテムです。手に1本ずつ持ち、体の脇に突いて使用することで体がブレにくくなります。本記事では、山岳ライターの高橋庄太郎さんと編集部が厳選したトレッキングポールのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 登山・トレッキング , アウトドア・キャンプ

アウトドア用高機能タイツのおすすめ12選|秋冬も快適な登山&スポーツを

アウトドア用高機能タイツのおすすめ12選|秋冬も快適な登山&スポーツを

登山や山歩き、トレッキングで活躍するアウトドア用の高機能タイツ。サポート系やコンプレッション系、リカバリー系といった種類があり、着用により関節や筋肉の動きをサポートしたり、段階的な圧力で着用している間に足をキュッ引き締め軽く感じさせたりと、効果が期待できるアイテムです。この記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんと編集部が厳選した登山、山歩き向けの高機能タイツのおすすめと選び方をご紹介します。

tag icon タイツ・レギンス・ストッキング , レディースファッション雑貨・小物 , 登山・トレッキング

関連するブランド・メーカー


EDELRID(エーデルリッド) PETZL(ペツル)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。