クライミングロープのおすすめ4選|アウトドアライターが選び方も解説

BEAL(ベアール) 10mm タイガー ユニコア ドライカバー 60m BE11116 フューシャ
出典:Amazon
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープのおすすめをご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


クライミングロープの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドアライターの夏野 栄さんに、クライミングロープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ロープを使いクライミング中の女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

安全なクライミングのためにも、しっかりとしたクライミングロープを選びましょう。

用途から選ぶ

作家/アウトドアライター

クライミングにはさまざまな種類があり、ぞれぞれに対応したロープの使い方、ロープの種類があります。一般にスポーツクライミングでは一本のロープを使うシングルロープという方法、登山では二本のロープを別々に使うダブルロープという方法、アイスクライミングや沢登ではツインロープといわれる二本を一束とし、一本のように扱う方法をもちいます。

シングルロープで使うロープの太さが9.4~11mmほど、ダブルロープでは8~9mm、ツインロープでは8mm前後の太さが目安となります。この点はメーカー側が種類を記載している商品もあれば、ない商品もあります。また木登りに使うロープにも特徴があり、「短い墜落」と「木の柔軟性」から、通常のクライミングロープよりも伸びない構造になっています。用途にマッチしたクライミングロープを選びましょう。

TENDON(テンドン)『TENDON TIMBER EVO 11.5』

木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少ないツリークライミング専用ロープ。

>> Rakuten市場で詳細を見る

安全基準から選ぶ

作家/アウトドアライター

命を預けるクライミングロープには、各種の安全基準が設けられています。まずは『衝撃荷重』『耐墜落回数』といった数値は必ずチェックしましょう。

UIAA耐墜落回数という記載で、耐墜落回数の数字が多いロープほど耐久性が高くなります。また最大衝撃荷重という数字は衝撃の吸収力を示しています。落下した際に支点やクライマーが受ける衝撃の数字で、小さいほど安全性が高くなります。登山用の補助ロープ程度であれば構いませんが、これらの記載のないロープをクライミングで常用することは避けましょう。

ロープをクライミングロープとして使う場合、太さや重さ、耐荷重が合うからといって、どんなロープでも使えるというわけではありません。クライミングで使用できるロープは『ダイナミックロープ』と言われる伸縮性が確保された種類のロープになります。伸縮性のないロープを使用した場合、墜落した際に身体に大きなダメージを与えたり、ビレイポイントが壊れてしまうリスクがあります。

加工処理から選ぶ

作家/アウトドアライター

クライミングロープは機能面を向上させるため、さまざまな加工や処理がなされています。まず確認すべきところが水対策です。外岩などのアウトドアでロープを使う場合、水濡れによりロープの状態の変化を防ぐ撥水処理がされている商品を選びましょう。

未加工のロープが野外で使えないということはありませんが、水濡れによって著しく劣化したり品質が落ちてしまう場合があるため注意したいポイントです。また水対策のほか、耐久性を高めるための表皮処理や、芯材の加工がなされたタイプもあるのでチェックしてみてください。

おすすめクライミングロープ4選 アウトドアライターが厳選

ここまで紹介したクライミングロープの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』

TENDON(テンドン)『アンビションダブル8.5mm』 TENDON(テンドン)『アンビションダブル8.5mm』 TENDON(テンドン)『アンビションダブル8.5mm』

出典:Amazon

種類 ダブル
重量 45g/m
衝撃荷重 5kN
UIAA耐墜落回数 7回
サイズ 30・40・50・60・70・80・100・200m
用途 ロッククライミング、マウンテンクライミング

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

高性能で良コスパなダブルロープ

こちらは細身でオールラウンドに使いたい方にぴったりのダブルロープ。テフロン加工により高い防水性があり、野外の多くの局面で信頼できます。

また8.5mmという細さで1mあたり45gという軽さながら、耐墜落回数が7回、最大衝撃荷重5KNと、非常に高い耐久性があります。フリークライミングにとどまらず、アルパインクライミングからミックスルート、アイスクライミングまで幅広くおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』

BEAL(ベアール)『タイガーユニコアドライカバー』

出典:Amazon

種類 シングル
重量 61g/m
衝撃荷重 7.6kN
UIAA耐墜落回数 7回
サイズ 50・60・70・80・200m
用途 フリークライミング

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

表皮ズレが起きにくく細めでしなやか

ベアールのタイガーはエントリーモデルながら、アウトドアでの幅広いクライミングにじゅうぶんな基本性能です。表面加工されたモデルで水に強く野外で安心して使えます。また外被と芯を接着するベアール独自の製法により、起こりがちな表皮が芯からズレてしまうリスクが軽減されています。

ビレイしやすく比較的柔らかめなフリークライミングロープをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』

エーデルリッドEDELRIDヘロンプロドライ直径9.8mm50mグリーンER71235.050

出典:楽天市場

種類 シングル
重量 63g/m
衝撃荷重 8.9kN
UIAA耐墜落回数 10回
サイズ 50・60・70・80m
用途 ロッククライミング、アイスクライミング

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

タフでミックスやアイスにも対応

世界中から支持されるドイツのクライミングギアブランドの『エーデルリッド』。ラインナップ中ハイエンドなシリーズとして『プロライン』が用意されています。

こちらのヘロンプロドライはシリーズのなかでもお求めやすいモデルで狙い目。外皮だけでなく芯まで撥水加工されていて水濡れに強く、9.8mmの細径ですが扱いやすいのが特徴です。また軽さはさほどではないものの、高い耐久性があります。外岩でのクライミングはもちろん、岩と氷が混ざるルートからアイスクライミングまでおすすめのロープです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープEVO』 TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープEVO』

出典:楽天市場

種類 -
重量 90g/m
衝撃荷重 30kN
UIAA耐墜落回数 -
サイズ 30・40・50・60・70・80・100・200m
用途 ツリークライミング

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

木登りに最適

木登りにはツリークライミング専用ロープを使います。クライミングロープのなかでもロッククライミングなどに使われる伸縮性の高いダイナミックロープに対して、ツリークライミング専用ロープは木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少なくなっています。

テンドンのこちらのロープは伸びが少なくソフトな外皮。ツリー用としてだけではなく、登山用の補助ロープや懸垂降下用にもおすすめです。

「クライミングロープ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』
BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』
EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』
TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』
商品名 TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』 BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』 EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』 TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』
商品情報
特徴 高性能で良コスパなダブルロープ 表皮ズレが起きにくく細めでしなやか タフでミックスやアイスにも対応 木登りに最適
種類 ダブル シングル シングル -
重量 45g/m 61g/m 63g/m 90g/m
衝撃荷重 5kN 7.6kN 8.9kN 30kN
UIAA耐墜落回数 7回 7回 10回 -
サイズ 30・40・50・60・70・80・100・200m 50・60・70・80・200m 50・60・70・80m 30・40・50・60・70・80・100・200m
用途 ロッククライミング、マウンテンクライミング フリークライミング ロッククライミング、アイスクライミング ツリークライミング
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クライミングロープの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのクライミングロープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山ロープ・コードランキング
Yahoo!ショッピング:登山用品 クライミングロープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターからアドバイス スタイルにマッチしたロープを選ぶ

作家/アウトドアライター

ロープを使うクライミングには多くの種類があります。まずはどのクライミングをしたいのかという点を明確にし、そのスタイルと合致するロープの使用方法、該当するロープを知りましょう。またインドアかアウトドアかという違いを明確にし、水対策がなされたロープかどうかを必ずチェックしてください。

最近ではクライミングロープでも細く軽いロープを求める傾向があり、細径のロープをシングルで使う方もいるようですが、エントリー層の方は基本どおりのロープを使うことをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/09/07 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

肌ざわりが心地よく軽量で保温性も高いことから、アウトドアでの中間着として必須のフリース。アウトドアだけでなくデイリーユースにも活躍します。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、メンズフリース選び方や、おすすめブランドと商品をご紹介。人気のノースフェイスやパタゴニア、コロンビアなどのアイテムをセレクトしています。


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

キャンプやアウトドア熟練者になると、テントの設営や運搬もスムーズにできるため、より選べるテントの幅も広がります。そこで、大規模テントや個性的テントなど、上級者のためのテントの選び方とおすすめ製品について作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがいました。キャンプやアウトドアの熟練度に応じたテントを利用したい人や、トレンドに沿ったテントを導入したい人も、ぜひ参考にしてください。


ガストーチおすすめ商品5選|料理・溶接・キャンプに!

ガストーチおすすめ商品5選|料理・溶接・キャンプに!

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの強い味方です。薪や炭の火起こしや、料理で使用して肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


登山用コンパスおすすめ5選|方位・メジャー付き・コンパクトタイプも

登山用コンパスおすすめ5選|方位・メジャー付き・コンパクトタイプも

ハイキングやトレッキング、低山から高山まで登山を楽しみたい時の必需品といえば登山用コンパスです。とはいえ、登山スタイルによって適した登山用コンパスは異なります。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだ登山用コンパスのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


新着記事


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

今回購入したアネッサの日焼け止め『パーフェクトUVスキンケアミルク』は、しっかりUVカットをしつつ、スキンケアもできる優れもの。日焼けをしっかり防ぎながら、しっとり潤い肌も叶えてくれるという、まさに理想の日焼け止めなのです。そこで本当にしっとり潤うのか、腕に塗って試してみました。「石鹸で簡単に落とせる」については、拭き取り用クレンジングをコットンに浸して日焼け止めを塗った腕を擦り、落ち具合を検証。「石鹸で簡単に落とせる強力な日焼け止めで、肌に優しくてスキンケアもできるもの」を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る