【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


クライミングロープの選び方|アウトドアライターに聞く

アウトドアライターの夏野 栄さんに、クライミングロープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

ロープを使いクライミング中の女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

安全なクライミングのためにも、しっかりとしたクライミングロープを選びましょう。

用途から選ぶ

作家/アウトドアライター

クライミングにはさまざまな種類があり、ぞれぞれに対応したロープの使い方、ロープの種類があります。一般にスポーツクライミングでは一本のロープを使うシングルロープという方法、登山では二本のロープを別々に使うダブルロープという方法、アイスクライミングや沢登ではツインロープといわれる二本を一束とし、一本のように扱う方法をもちいます。

シングルロープで使うロープの太さが9.4~11mmほど、ダブルロープでは8~9mm、ツインロープでは8mm前後の太さが目安となります。この点はメーカー側が種類を記載している商品もあれば、ない商品もあります。また木登りに使うロープにも特徴があり、「短い墜落」と「木の柔軟性」から、通常のクライミングロープよりも伸びない構造になっています。用途にマッチしたクライミングロープを選びましょう。

TENDON(テンドン)『TENDON TIMBER EVO 11.5』

木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少ないツリークライミング専用ロープ。

>> Rakuten市場で詳細を見る

安全基準から選ぶ

作家/アウトドアライター

命を預けるクライミングロープには、各種の安全基準が設けられています。まずは『衝撃荷重』『耐墜落回数』といった数値は必ずチェックしましょう。

UIAA耐墜落回数という記載で、耐墜落回数の数字が多いロープほど耐久性が高くなります。また最大衝撃荷重という数字は衝撃の吸収力を示しています。落下した際に支点やクライマーが受ける衝撃の数字で、小さいほど安全性が高くなります。登山用の補助ロープ程度であれば構いませんが、これらの記載のないロープをクライミングで常用することは避けましょう。

ロープをクライミングロープとして使う場合、太さや重さ、耐荷重が合うからといって、どんなロープでも使えるというわけではありません。クライミングで使用できるロープは『ダイナミックロープ』と言われる伸縮性が確保された種類のロープになります。伸縮性のないロープを使用した場合、墜落した際に身体に大きなダメージを与えたり、ビレイポイントが壊れてしまうリスクがあります。

加工処理から選ぶ

作家/アウトドアライター

クライミングロープは機能面を向上させるため、さまざまな加工や処理がなされています。まず確認すべきところが水対策です。外岩などのアウトドアでロープを使う場合、水濡れによりロープの状態の変化を防ぐ撥水処理がされている商品を選びましょう。

未加工のロープが野外で使えないということはありませんが、水濡れによって著しく劣化したり品質が落ちてしまう場合があるため注意したいポイントです。また水対策のほか、耐久性を高めるための表皮処理や、芯材の加工がなされたタイプもあるのでチェックしてみてください。

EDELRID(エーデルリッド)『HERON PRO DRY 9.8mm』

外皮だけでなく芯まで撥水加工されていて水濡れに強く、高い耐久性もある。

>> Amazonで詳細を見る

おすすめクライミングロープ5選|アウトドアライターが厳選

ここまで紹介したクライミングロープの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』

出典:Amazon

種類
シングル
重量
68g/m
衝撃荷重
8.5kN
UIAA耐墜落回数
9–10回
サイズ
40・50・60・70・80m
用途
トレーニング、ワークアウトクライミング、トップロープクライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

ロープライスでエントリー層やジムメインに

インドアのジムでのクライミングがメインの、エントリー層におすすめのロープがこちら。表面加工がなく、水に強いわけではないので基本的にはジムでのクライミング向けです。とはいえ比較的ロープライスながら耐墜落回数も9-10回とじゅうぶんな耐久性。重量はやや重めです。

ジムでのクライミングにとりあえずマイロープがほしいという方にぴったりです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』

出典:Amazon

種類
ダブル
重量
45g/m
衝撃荷重
5kN
UIAA耐墜落回数
7回
サイズ
30・40・50・60・70・80・100・200m
用途
ロッククライミング、マウンテンクライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

高性能で良コスパなダブルロープ

こちらは細身でオールラウンドに使いたい方にぴったりのダブルロープ。テフロン加工により高い防水性があり、野外の多くの局面で信頼できます。

また8.5mmという細さで1mあたり45gという軽さながら、耐墜落回数が7回、最大衝撃荷重5KNと、非常に高い耐久性があります。フリークライミングにとどまらず、アルパインクライミングからミックスルート、アイスクライミングまで幅広くおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』

出典:Amazon

種類
シングル
重量
61g/m
衝撃荷重
7.6kN
UIAA耐墜落回数
7回
サイズ
50・60・70・80・200m
用途
フリークライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

表皮ズレが起きにくく細めでしなやか

ベアールのタイガーはエントリーモデルながら、アウトドアでの幅広いクライミングにじゅうぶんな基本性能です。表面加工されたモデルで水に強く野外で安心して使えます。また外被と芯を接着するベアール独自の製法により、起こりがちな表皮が芯からズレてしまうリスクが軽減されています。

ビレイしやすく比較的柔らかめなフリークライミングロープをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』

EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』

出典:Amazon

種類
シングル
重量
63g/m
衝撃荷重
8.9kN
UIAA耐墜落回数
10回
サイズ
50・60・70・80m
用途
ロッククライミング、アイスクライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

タフでミックスやアイスにも対応

世界中から支持されるドイツのクライミングギアブランドの『エーデルリッド』。ラインナップ中ハイエンドなシリーズとして『プロライン』が用意されています。

こちらのヘロンプロドライはシリーズのなかでもお求めやすいモデルで狙い目。外皮だけでなく芯まで撥水加工されていて水濡れに強く、9.8mmの細径ですが扱いやすいのが特徴です。また軽さはさほどではないものの、高い耐久性があります。外岩でのクライミングはもちろん、岩と氷が混ざるルートからアイスクライミングまでおすすめのロープです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

出典:Amazon

種類
-
重量
90g/m
衝撃荷重
30kN
UIAA耐墜落回数
-
サイズ
30・40・50・60・70・80・100・200m
用途
ツリークライミング
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

木登りに最適

木登りにはツリークライミング専用ロープを使います。クライミングロープのなかでもロッククライミングなどに使われる伸縮性の高いダイナミックロープに対して、ツリークライミング専用ロープは木の柔軟性や短距離墜落を想定し伸びが少なくなっています。

テンドンのこちらのロープは伸びが少なくソフトな外皮。ツリー用としてだけではなく、登山用の補助ロープや懸垂降下用にもおすすめです。

一覧表で「クライミングロープ」のおすすめ商品を比較する

画像

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』
TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』
BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』
EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』
TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

商品

MAMMUT(マムート)『ギャラクシー クラシック 10.0』 TENDON(テンドン)『アンビション ダブル 8.5mm』 BEAL(ベアール)『タイガー ユニコア ドライカバー』 EDELRID(エーデルリッド)『ヘロンプロドライ』 TENDON(テンドン)『ツリー用クライミングロープ EVO』

特徴

ロープライスでエントリー層やジムメインに 高性能で良コスパなダブルロープ 表皮ズレが起きにくく細めでしなやか タフでミックスやアイスにも対応 木登りに最適

価格

Amazon : ¥ 20,520
楽天市場 : ¥ 20,900
Yahoo!ショッピング : ¥ 20,900
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,728
楽天市場 : ¥ 15,728
Yahoo!ショッピング : ¥ 15,728
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 19,440
楽天市場 : ¥ 18,810
Yahoo!ショッピング : ¥ 19,800
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 27,500
楽天市場 : ¥ 27,500
Yahoo!ショッピング : ¥ 27,500
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,353
楽天市場 : ¥ 21,353
Yahoo!ショッピング : ¥ 21,353
※各社通販サイトの 2019年10月23日時点 での税込価格

種類

シングル ダブル シングル シングル -

重量

68g/m 45g/m 61g/m 63g/m 90g/m

衝撃荷重

8.5kN 5kN 7.6kN 8.9kN 30kN

UIAA耐墜落回数

9–10回 7回 7回 10回 -

サイズ

40・50・60・70・80m 30・40・50・60・70・80・100・200m 50・60・70・80・200m 50・60・70・80m 30・40・50・60・70・80・100・200m

用途

トレーニング、ワークアウトクライミング、トップロープクライミング ロッククライミング、マウンテンクライミング フリークライミング ロッククライミング、アイスクライミング ツリークライミング

商品情報

通販サイトのクライミングロープランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのクライミングロープの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:登山ロープ・コードランキング
Yahoo!ショッピング:登山用品 クライミングロープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターからアドバイス|スタイルにマッチしたロープを選ぶ

作家/アウトドアライター

ロープを使うクライミングには多くの種類があります。まずはどのクライミングをしたいのかという点を明確にし、そのスタイルと合致するロープの使用方法、該当するロープを知りましょう。またインドアかアウトドアかという違いを明確にし、水対策がなされたロープかどうかを必ずチェックしてください。

最近ではクライミングロープでも細く軽いロープを求める傾向があり、細径のロープをシングルで使う方もいるようですが、エントリー層の方は基本どおりのロープを使うことをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/14 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

テクニカルライターの石井英男さんに防振双眼鏡を選ぶポイントとおすすめ商品について紹介していただきました。景色を眺めたり、バードウォッチングを楽しんだり、スポーツ観戦やフェスやライブ鑑賞に使ったりと、双眼鏡はさまざまなシーンに役立つ便利なアイテムです。ただ、使い慣れていないと手ぶれが大きくなって集中できなくなることも。そこでおすすめしたいのが、手ぶれ補正機構を搭載した防振双眼鏡です。この記事では、数ある防振双眼鏡のなかからおすすめの商品を厳選しました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて防振双眼鏡を選ぶ参考にしてみてください。


【折りたたみリュック】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説!

【折りたたみリュック】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説!

アウトドアライターが選ぶ折りたたみリュック5選をご紹介します。旅行やハイキングなど、移動先で小回りのきくリュックがあると便利ですよね。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんに、折りたたみリュックを選ぶ際に注目すべきポイントやおすすめの商品についてお話をうかがいました。ザ・ノース・フェイス、アークテリクス、カリマー、オスプレーなどアウトドアブランドを中心に商品を紹介しています。最後に売れ筋ランキングも掲載していますので、こちらも参考にしながら自分のニーズにぴったりのリュックを見つけてください。


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


新着記事


買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶポイントとおすすめ商品4選を教えていただきました。生活に不可欠な冷蔵庫は、家族構成やライフスタイルに合わせて最適なものを選定したいですよね。ただ、いざ買い換えるとなると、各メーカーより充実した機能を備えた冷蔵庫が数多く販売されていて、どの冷蔵庫を選べばよいか悩んでしまいます。そこで、数ある冷蔵庫のなかから秋葉けんたさんに厳選しいていただいた5商品をご紹介します。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングも参考に、ライフスタイルにぴったりの冷蔵庫を見つけてくださいね。


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

IT&家電ライターの井上真花さんに、おしゃれな加湿器の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。空気に潤いを与える加湿器は、長時間使うことが多いため、部屋のインテリアになじむかどうかも大切なチェックポイント。加湿器を選ぶときは、デザインが部屋全体の雰囲気にあっているかどうかも確認しましょう。最近はカラーバリエーションが豊富なモデルも増えています。IT&家電ライターの井上真花さんおすすめ商品を参考に、お部屋のインテリアにあった、おしゃれな加湿器をみつけてください。


【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、スマホアームバンドの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。ランニングやウォーキングに行くときは、できるだけ身軽にいきたいですよね。でも、音楽を聴いたり計測アプリを使ったりするのにスマホは必要になります。そんなとき役に立つのがスマホアームバンド。この記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんがスマホアームバンドの機能や性能について、くわしく説明してくれています。ぜひ参考にして、快適なランニングを楽しんでください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る