東芝の冷蔵庫おすすめ7選|鮮度キープできる野菜室が魅力の製品も紹介

東芝の冷蔵庫おすすめ7選|鮮度キープできる野菜室が魅力の製品も紹介

「毎日美味しい野菜を食べたい・料理したい」
「野菜中心の生活だから、野菜室の機能にこだわりたい」


そう考えている方にピッタリなのが、東芝冷蔵庫『VEGETA(ベジータ)』シリーズ。その名の通り、野菜の鮮度をキープする機能に優れています。

野菜室に強いイメージのある東芝ですが、実はそれ以外にも、チルドルームの機能やドアのタイプ、容量など、基本的な選び方があります。

本記事では、東芝の冷蔵庫の特徴やおすすめモデル、そして基本的な選び方をご紹介。本記事を読めば、東芝の冷蔵庫のイメージをしっかり確立できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


目次

ドヤ家電ライター
小口 覺

ライター、コラムニスト。SNSなどで自慢される家電製品を「ドヤ家電」と命名し、日経MJ発表の「2016年上期ヒット商品番付」前頭に選定された。 現在は「意識低い系マーケティング」を提唱。著書に「ちょいバカ戦略 −意識低い系マーケティングのすすめ−」(新潮新書)など。

東芝の冷蔵庫の特徴

 

東芝の冷蔵庫の大きな特徴は野菜室。「VEGETA(ベジータ)」の名称で有名で、野菜のみずみずしさを長時間キープしてくれる「摘みたて野菜室」をはじめ、非常に強いこだわりを持って製造されています。

また、取り出しやすいよう野菜室を真ん中に配置したり、両手がふさがっているときに便利な「タッチオープン機能など、使う人目線で野菜室を使いやすい機能が多いです。

東芝の冷蔵庫の選び方

それでは、東芝の冷蔵庫の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】容量・サイズ
【2】チルド機能
【3】野菜室の機能


上記の3つのポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】容量・サイズをチェック

リビングるーむに配置された冷蔵庫
ペイレスイメージズのロゴ

一般的に必要な冷蔵庫の容量は「70L×家族の人数+170L」とされています。4人家族なら、450L、6人家族なら590Lとなる計算です。冷蔵庫の場合、容量が大きくなったからといって消費電力が上がるわけではないので、容量に余裕があって困ることはありません。

ただし、どれだけ大きな冷蔵庫が使えるかは設置スペースによって制限されます。いわゆるマンションサイズとされるのは、横幅60cm。もちろん、住宅によって異なりますので、必ず測ってください。また、階段や廊下など、搬入経路も購入前にチェックしておきましょう。

【2】チルド機能をチェック

チルド機能
ペイレスイメージズのロゴ

冷蔵庫でとりわけ進化しているのがチルド機能です。とりあえず買ってきた肉や魚を入れているだけの方も多いでしょうが、食材の鮮度維持や調理の効率に大きく貢献する機能なので、ぜひチェックしてみてください。

「VEGETA(ベジータ)」の最上位モデルFZシリーズには、「RuRuRuチルド」として用途によって使い分けられる3種類のチルドモードが用意されています。

「低温チルドモード」は細菌の活動を抑え、食材の腐敗を抑制する-1℃前後に保つモードで、肉なら約7日間、鮮魚は約5日間、お刺身は約3日間、鮮度をキープ。「速鮮チルドモード」はぎりぎり凍らない-4℃前後のうるおい冷気を送り込み、鮮度と食感、風味を保ちます。「解凍モード」は、冷凍食材を-7℃にすることで、包丁で切れる硬さにします。

【3】野菜室の機能をチェック

野菜室
ペイレスイメージズのロゴ

『VEGETA(ベジータ)』という名の通り、東芝の冷蔵庫は野菜室に力を入れています。従来、多くの冷蔵庫は一番下に野菜室を配置していましたが、VEGETAには冷凍室の上に配置した「真ん中野菜室」を採用しています。料理では野菜を頻繁に出し入れするため、野菜室が中段にあることで屈んだりする体への負担が軽減されます。

また、野菜は傷みやすいものも多いので、鮮度を保つ機能にも注目です。「もっと潤う摘み立て野菜室」を搭載したモデルでは、庫内を循環する冷気から水分だけを取り出して1日20回以上も野菜室に送り込み、野菜のみずみずしさを保つことができます。

さらに新製品ではプラチナ触媒により、野菜を劣化させるエチレンガスを分解する機能も備えています。

最新の冷蔵庫にして食材ロス削減! エキスパートからのアドバイス

ドヤ家電ライター

ひと昔前まで、冷蔵庫は省エネ性能で選ばれることが多かった傾向です。しかし、ここ10年くらいは省エネ性能に際立った進化はなく、節電目的で買い替えるメリットは少なくなりました。

その代わりに進化したのは、肉や魚、野菜といった生鮮食料品の鮮度を長くキープするための機能です。最新のチルドルームや野菜室を使うことで食材ロスを減らせるので、ご家庭によっては節電以上の経済的メリットも得られるのではないでしょうか。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
TOSHIBA『5ドア冷凍冷蔵庫(GR-U470GZ)』
TOSHIBA(東芝)『VEGETA GXKシリーズ(GR-T41GXK)』
TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫 FKシリーズ(GR-T550FK)』
TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T15BS)』
TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T460FK)』
TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T600FK)』
TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-U510FH)』
商品名 TOSHIBA『5ドア冷凍冷蔵庫(GR-U470GZ)』 TOSHIBA(東芝)『VEGETA GXKシリーズ(GR-T41GXK)』 TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫 FKシリーズ(GR-T550FK)』 TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T15BS)』 TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T460FK)』 TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T600FK)』 TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-U510FH)』
商品情報
特徴 スマート大容量タイプのGZシリーズ 省スペースでもおける片開き冷蔵庫 新鮮摘みたて野菜室が魅力 1人暮らしにちょうどいいサイズ 使いやすいスタンダードモデル 余裕の収納力を誇るスタンダードモデル 便利機能をしっかりと完備
容量 465L 411L 551L 153L 462L 601L 509L
サイズ 600×704×1833mm 600×692×1833mm 685×699×1833mm 479×582×1269mm 650×649×1833mm 685×745×1833mm 650×699×1833mm
扉の開き方 片開き 片開き 観音開き 片開き 観音開き 観音開き 観音開き
チルド機能 -
野菜室 -
省エネ(eco)機能 - - - - - - -
質量 107kg 88kg 111kg 40kg 100kg 114kg 105kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月6日時点 での税込価格

東芝の冷蔵庫おすすめ7選

それでは早速、東芝の冷蔵庫のおすすめ商品を紹介します。

TOSHIBA『5ドア冷凍冷蔵庫(GR-U470GZ)』

スマート大容量タイプのGZシリーズ

内容積465Lと大容量の冷蔵庫です。同じGZシリーズで内容積501Lのモデルもあります。USBポートを搭載しているためスマートフォンとつなぐことで給電したり、音楽を聴きながら料理したりできます。うるおい冷気で乾燥を防ぎ風味と食感をキープしてくれる「うるおい冷蔵室」、約1週間野菜が摘みたてのような状態を保つ「もっと潤う摘みたて野菜室」を搭載しています。

TOSHIBA(東芝)『VEGETA GXKシリーズ(GR-T41GXK)』

東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅60㎝411LグランホワイトGR-T41GXK(EW)5ドア右開き【タッチオープンドア】【野菜室がまんなか】2021年モデル

出典:Amazon

省スペースでもおける片開き冷蔵庫

本体幅600mm、奥行692mmのコンパクトサイズでありながら、「冷蔵室」「野菜室」「製氷室」「冷凍室上段」「冷凍室下段」がある片開きドアの冷蔵庫です。冷蔵庫内の水分を閉じ込めることで野菜の保存に適した高湿度を実現した「うるおいラップ野菜室」を搭載しています。また、手を使わずに開けることができる「タッチオープン」機能も採用しているため調理も楽チンです。

TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫 FKシリーズ(GR-T550FK)』

東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝551LラピスアイボリーGR-T550FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル

出典:Amazon

新鮮摘みたて野菜室が魅力

収穫したばかりのような鮮度を保てる、野菜室が魅力です。エチレン分解機能とツイン冷却の低音高湿度冷気で、みずみずしさが長持ちします。製氷室はAg+抗菌製氷皿となっており、銀イオン抗菌によって、製氷皿を洗浄せずに清潔で美味しい氷を作ることが可能です。

TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T15BS)』

東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅47.9㎝153LセミマットブラックGR-T15BS(K)2ドア右開き【一人暮らし】【省スペース】2021年モデル

出典:Amazon

1人暮らしにちょうどいいサイズ

コンパクトサイズながら、しっかりとさまざまな食品を整理して収納できる1人暮らしにぴったりなサイズ感の冷蔵庫です。本体サイズが場所を取らないだけでなく、上部には耐熱テーブルボードを採用することによって、冷蔵庫の上にオーブンレンジを置いて使用することも可能。家電の置き場所が限られているという方にも嬉しい設計です。

TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T460FK)』

東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝462LラピスアイボリーGR-T460FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル

出典:Amazon

使いやすいスタンダードモデル

1人暮らしからファミリーまで幅広くカバーできるサイズのスタンダードモデルです。上位モデルと同様に野菜の鮮度をしっかりと保つことができるうるおい冷蔵室や、切替可能な冷凍、オートパワフル冷凍室なども搭載しており、食材や目的に合わせてしっかりと鮮度を保つことができるのもポイント。スタンダードな冷蔵庫を探している方におすすめです。

TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-T600FK)』

東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル 東芝冷蔵庫幅68.5㎝601LラピスアイボリーGR-T600FK(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2021年モデル

出典:Amazon

余裕の収納力を誇るスタンダードモデル

大家族にも対応できる大容量モデルです。分類としてはスタンダードモデルですが、さまざまな食材を冷気で乾燥を防ぎ、鮮度をキープすることができるうるおい冷蔵室も搭載しています。食材の鮮度をしっかりとキープできるので食材をまとめ買いすることが多いという方も安心です。また、まんなか野菜室など使いやすい設計になっているのも嬉しいポイント。

TOSHIBA(東芝)『冷蔵庫(GR-U510FH)』

東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル 東芝冷蔵庫幅65㎝509LラピスアイボリーGR-U510FH(ZC)6ドアフレンチドア【野菜室がまんなか】【速鮮チルド&解凍モード】2022年モデル

出典:Amazon

便利機能をしっかりと完備

ファミリー層にぴったりな大容量のスタンダードモデルです。2022年の5月に発売されたばかりの最新モデルで、スタンダード以上のモデルの多くに搭載されているうるおい冷蔵室やオートパワフル冷凍室、速鮮チルドや解凍モードなど充実した機能が搭載されています。便利機能をしっかりと備えた大容量モデルを求めている方におすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 東芝・冷蔵庫の売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでの東芝・冷蔵庫の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:冷蔵庫ランキング
Yahoo!ショッピング:東芝 冷蔵庫ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

容量別に冷蔵庫をチェック 【関連記事】

野菜室にこだわりを持ったメーカー

この記事では、東芝の冷蔵庫の特徴やおすすめ商品、そして選び方をご紹介しました。商品を選ぶ際は、下記の3つのポイントを押さえておきましょう。

【1】容量・サイズ
【2】チルド機能
【3】野菜室の機能


上記のポイントを押さえることで、より生活に合う東芝の冷蔵庫を選べるはずです。

東芝の冷蔵庫は、特に野菜室にこだわりを持ったメーカー。野菜室の高さや保冷能力など、他メーカーに引けを取らない強さがあります。冷蔵庫はどんな料理・食事をするかで大きく選び方が変わります。もし新鮮な野菜を食べたいなら一番おすすめです。ぜひ本記事を参考に、生活に合うピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


日立製冷蔵庫のおすすめ8選|容量別に紹介! 真空チルドも

日立製冷蔵庫のおすすめ8選|容量別に紹介! 真空チルドも

機能性とデザインを両立したモデルが多い日立の冷蔵庫。肉や魚などの生鮮食品を新鮮に保存できる真空チルド機能を備えた製品であれば、買い溜めや作り置きもできてうれしいですね。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選んだ日立製冷蔵庫のおすすめ商品と選び方についてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

【目的別】ミニ冷蔵庫おすすめ13選|おしゃれなデザイン・静音性のあるモデルも

【目的別】ミニ冷蔵庫おすすめ13選|おしゃれなデザイン・静音性のあるモデルも

一人暮らしの方、寝室や子供部屋などのちょっとしたスペースに冷蔵庫を置きたいという方にピッタリなのがミニ冷蔵庫(小型冷蔵庫)。金額も1万円以内で購入できるものがあるなど、今、幅広い種類があります。しかし、実際に購入しようと思っても、何を基準に選んでいいのかわかりませんよね。本記事では、一人暮らしや寝室、子供部屋などのセカンド用にぴったりな「ミニ冷蔵庫(小型冷蔵庫)」の選び方とおすすめの製品をご紹介。おしゃれなデザイン性だけでなく、寝室に置くために大切な静音性、メンテナンスが楽になる霜取り機能付きなど幅広い製品をピックアップしています。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , 生活家電 , キッチン・調理家電

冷蔵庫をお得に買い換えるために覚えておきたいポイント&おすすめ5選

冷蔵庫をお得に買い換えるために覚えておきたいポイント&おすすめ5選

本記事では、家電ライターの秋葉けんたさん監修のもと、冷蔵庫を買い換える際の大切なポイントや選び方、おすすめ商品をご紹介いたします。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

大型冷蔵庫おすすめ6選|500L~600Lサイズまで紹介

大型冷蔵庫おすすめ6選|500L~600Lサイズまで紹介

大家族や業務用で大型の冷蔵庫をお探しの方へ。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材のもと、大型冷蔵庫の選び方やおすすめ商品をご紹介します。また記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなども確認してみましょう。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

300Lの冷蔵庫おすすめ7選|失敗しない選び方や良コスパモデルを紹介

300Lの冷蔵庫おすすめ7選|失敗しない選び方や良コスパモデルを紹介

「2人暮らしや3人暮らしには300Lほどの冷蔵庫がぴったりと聞いたが、詳しいことはよくわからない」という方は多いのではないでしょうか。実際、300Lの冷蔵庫は2〜3人暮らし向けの冷蔵庫ですが、実は、それらは計算式で出された人数で、食べる量や保存する食材の量によって変わります。また、300Lと350Lでも機能や価格の違いがあり、目的に応じて選ぶ商品が変わってきます。本記事では、これから新生活や買い替えで冷蔵庫を購入しようと考えている方に向け、300L程度の冷蔵庫にはどんな種類があるのか、選び方はあるのか、おすすめ商品はどれか、など、初心者向けに詳しく解説いたします。本記事を読み、基本的な機能や目的に応じた選び方、自分が求める商品がどれなのかを見つけられるはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 冷蔵庫・冷凍庫 , キッチン・調理家電

関連するブランド・メーカー


TOSHIBA(東芝)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。