釣りライターがおすすめする【ショアジギングロッド5選】|メタルジグを大遠投!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングロッド5選】|メタルジグを大遠投!

キャンプ/釣りライター:中山 一弘
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

岸から回遊魚を狙う豪快なゲームが楽しめるショアジギングは人気の釣りです。大海原へ向かってロッドを振っているだけでも気持ちがいいですね。釣れるのはイナダ、ワラサなどのブリの若魚や、ソーダカツオや本カツオ、潮がよければマグロも狙えます。そんなおいしいターゲットを手に入れるにはどんなロッドが必要なのでしょうか? 釣りライターの中山一弘さんにうかがってみましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ショアジギングロッドの選び方|釣りライターに聞きました!

釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギングロッドを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

海岸で釣りをする
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

岸から回遊魚を狙う豪快なゲームが楽しめるショアジギング。

使うジグの重さで分けていく

キャンプ/釣りライター

ショアジギングロッドを選ぶときに最初に考えて欲しいのは、釣りに使うメタルジグ(ルアーの一種。金属製)の重量です。

潮の流れが速い釣り場や、深場を狙うには80~100g前後のメタルジグを使うこともありますし、逆に手返しよく中小型の回遊魚のナブラを追うような釣りでは20~40gぐらいが扱いやすいです。

すべてをカバーするロッドはありませんから、まずは自分がやりたいショアジギングをあらかじめ決めておくことが必要です。

がまかつ『LUXXE コヨーテ S100MH』

軽さと強度に加え、遠投性能と優れたアクション性能を両立。小~中型回遊魚狙いから根魚狙いまで幅広く対応するライトショアジギングのオールラウンダーモデルです。

>> Amazonで詳細を見る

長さは10ft前後が中心

キャンプ/釣りライター

ショアジギングロッドをフルキャストするのに最適な長さは、10ft(フィート。1フィートは0.3048m)ぐらいまでです。あまり長いとロッドが重くなりキャスティングのフィールが悪くなります。

逆にあまり力がない人は9ft前後のほうが軽く振れるので、結果的に短い方が飛ばしやすかったりします。

体力とよく相談し、自分が振り切れる長さのロッドを選びましょう。

シマノ『コルトスナイパー S1000MH-3』

ロッドの性能を最大限に引き出す、強化構造「ハイパワーX」に加え捻じれの剛性を高めた「スパイラルX」構造を採用。ブレや捻じれがなく、キレのいいパフォーマンスを発揮します。

>> Amazonで詳細を見る

ロッドの特徴を踏まえ、狙う獲物に合う物を選択

キャンプ/釣りライター

メーカーごとに差はありますが、ロッドのかたさはやわらかいほうから順に、M、MH、H、Xなどと分かれています。

かたいロッドほど大物への対応がしやすくなりますが、キャストをするにはパワーもテクニックも必要です。やわらかいロッドは軽く投げてもよく飛びますが、大きなメタルジグは投げられませんし、大物が掛かると主導権を取られやすいです。

また、ロッドのかたさは適合するメタルジグの重さや負荷とも関係してきます。こうした特長を踏まえつつ、まずは大物狙いならH、中小型が中心ならMHを中心に、考えながら絞っていくとよいです。

ショアジギングロッドおすすめ5選! 釣りライターが厳選

上で紹介したショアジギングロッドの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『コルトスナイパー S1000MH-3』

出典:Amazon

全長
3.05m
継数
3
仕舞寸法
106.7cm
自重
278g
最大ルアー負荷
80g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

投げる快感と有り余るパワーで強敵をねじ伏せる

シマノのブランク加工テクノロジー、「ハイパワーX」と「スパイラルX」の恩恵がとてもよく感じられるロッドです。

キャスト時の横方向へのねじれがほとんどないので、メタルジグをフルキャストしたときのフィールがとてもよいです。投げて気持ちがいいため自然と手返しも多くなり、リズムが作りやすく釣果も必然的に伸びていきます。

バットパワーも強いので、大物でも安心してやり取りができます。3本継タイプはコンパクトに収納したい人に特におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイワ『ショアスパルタン スタンダード 96M』

出典:Amazon

全長
2.90m
継数
2
仕舞寸法
150cm
自重
245g
最大ルアー負荷
60g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

バランスのよい優等生で扱いやすさがピカイチ!

細部に至るまでショアジギング向けにチューンされているにも関わらず、コストバリューが高いアイテムです。

Mクラスのロッドは特に軽量で操作性が高いので、ライトショアジギングのメインロッドとしておすすめです。大物が掛かってもあわてずにロッドで溜めるようにファイトをしていれば相手は必ず浮いてきます。

いざというときも安心なので、まずは心置きなくこのロッドで小型回遊魚たちと遊んでみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

がまかつ『LUXXE コヨーテ S100MH』

出典:Amazon

全長
3.05m
継数
2
仕舞寸法
157cm
自重
195g
最大ルアー負荷
50g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

ライトショアジギングに狙いを絞った専用機

こちらの製品「LUXXE Coyote(ラグゼ コヨーテ)」は、ショアジギングでもっとも人気のライトショアジギングに特化させたアイテムです。

1~3kgぐらいの回遊魚を狙うライトゲームに絞ってチューンアップされたブランクは遠投性や操作性が非常に高く、万が一の大物が来た際でも十分なバットパワーを持たせてあるので安心です。

メタルジグの操作性についてはかなり高く、フォールアクションも手に取るように伝わるので、ボトム狙いにも効果的なロッドです。これを使えばテクニックもかなり上達するはずですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アブガルシア『Salty Stage KR-X ShoreJigging SXJS-1063MH60-KR』

出典:Amazon

全長
3.2m
継数
3
仕舞寸法
110.5cm
自重
230g
最大ルアー負荷
80g
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

剥き出しの感度で海中がイメージしやすい

KRガイドを装着し、ライントラブルを激減させてくれるロッドです。人気のガイドですが、この製品の無塗装ブランクと併せて相性がいいように感じます。海中の様子がよくわかるので、メタルジグの動きがイメージしやすく、アクションさせるのも楽しいです。

もちろん、イメージ通りに釣った一匹はいつもの何倍もうれしいなります。値段もお手頃なので、高感度なロッドを探している人はぜひ試してください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

メジャークラフト『「三代目」クロステージ CRX-962LSJ』

出典:Amazon

全長
9.6ft
継数
2
仕舞寸法
-
自重
-
最大ルアー負荷
40g(30-50)
Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34
キャンプ/釣りライター

最高のコストパフォーマンスでショアジギングが身近

このロッドはショアジギング専用モデルでありながら、価格は1万円台を実現しているハイコストパフォーマンスモデルです。キャストフィールをよくし、ねじれを軽減する「マイクロピッチクロスフォース」という機構も採用されています。

本格仕様でこの価格は実にうれしいですね。気軽に持ち歩けますから、ほかの釣りの合間を縫って楽しみたいというライトな使い方をしたい人にもおすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

シマノ『コルトスナイパー S1000MH-3』
ダイワ『ショアスパルタン スタンダード 96M』
がまかつ『LUXXE コヨーテ S100MH』
アブガルシア『Salty Stage KR-X ShoreJigging SXJS-1063MH60-KR』
メジャークラフト『「三代目」クロステージ CRX-962LSJ』

商品

シマノ『コルトスナイパー S1000MH-3』 ダイワ『ショアスパルタン スタンダード 96M』 がまかつ『LUXXE コヨーテ S100MH』 アブガルシア『Salty Stage KR-X ShoreJigging SXJS-1063MH60-KR』 メジャークラフト『「三代目」クロステージ CRX-962LSJ』

特徴

投げる快感と有り余るパワーで強敵をねじ伏せる バランスのよい優等生で扱いやすさがピカイチ! ライトショアジギングに狙いを絞った専用機 剥き出しの感度で海中がイメージしやすい 最高のコストパフォーマンスでショアジギングが身近

価格

Amazon : ¥ 25,213
楽天市場 : ¥ 27,527
Yahoo!ショッピング : ¥ 28,990
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 38,500
楽天市場 : ¥ 26,709
Yahoo!ショッピング : ¥ 26,950
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 38,610
楽天市場 : ¥ 38,610
Yahoo!ショッピング : ¥ 37,950
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 36,190
楽天市場 : ¥ 25,078
Yahoo!ショッピング : ¥ 25,259
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 12,584
楽天市場 : ¥ 13,370
Yahoo!ショッピング : ¥ 14,157
※各社通販サイトの 2019年10月16日時点 での税込価格

全長

3.05m 2.90m 3.05m 3.2m 9.6ft

継数

3 2 2 3 2

仕舞寸法

106.7cm 150cm 157cm 110.5cm -

自重

278g 245g 195g 230g -

最大ルアー負荷

80g 60g 50g 80g 40g(30-50)

商品情報

通販サイトのショアジギングロッドランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのショアジギングロッドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ジギングロッドランキング
楽天市場:ジギングロッドランキング
Yahoo!ショッピング:ショアジギングロッドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

「ショアジギングはスポーツだ!」釣りライターより

最初は軽いメタルジグを使って腕を磨こう

キャンプ/釣りライター

ショアジギングは、重たいメタルジグを何十回、何百回とキャストするゲームです。ロッドがかたく、メタルジグが重くなるほどキャスト時の負担は釣り人にはね返ります。80gのメタルジグを急流の中に向かって遠投し続けるヘビーなショアジギングは、かなりの体力がないと持ちません。最初から難しい場所の大型魚狙いなどはせず、小さな防波堤で15gぐらいのメタルジグを使うところからはじめてみてください。

それでも1kgクラスが掛かれば結構楽しめますから、まずはそこで腕を磨いてから大物狙いにいきましょう。

【そのほかのロッドを検討したい方】こちらの記事もチェック

釣りライターの中山一弘さんが、自ら使って選んだ特選のエギングロッドを紹介します。エギングロッドは専門性の高いジャンルの製品なので、スペックやダイワやシマノなどのメーカーの説明文だけではわかりづらいところもたくさんあります。中山一弘さんへの取材ともとに、エギングロッドの選び方のコツと入門者におすすめの製品を紹介します。

シーバス(スズキ)は、九州から北海道まで国内沿岸の広い地域に生息する身近なターゲットです。ヒラスズキやタイリクスズキなども生息していますが、これらの魚は、生息域や釣り場の環境に制限があり個体数も少なめなことから、上級者向けのターゲットです。ここでは一般的なシーバスに限定して、釣り歴50年のフィッシングライター・田澤 晃さんに、シーバスロッドの選び方やおすすめのロッドを解説してもらいました。サーフ、ベイエリア、河川など、さまざまな環境で狙えるからこそ、はじめはシーバスに慣れることが大切。そして、身近な釣り場の環境に合わせた1本を使い込むほど、ステップアップに必要な機能などが分かり、「自分好み」の1本にたどり着きますよ。

使っていないロッドは安全に置いておきたいですよね。それは釣りをしている最中でも、釣りから帰ったあとでも同じことです。ロッドの保管は一本ずつ立てて置けるほうが場所も取らず、事故も起こりにくくなります。こうした役目を持ったアイテムを「ロッドスタンド」と呼びますが、どのような種類があるのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに、選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

キャンプライターが選ぶ【DODテント5選】| 個性的なテントを求めるキャンパーにもおすすめ!

DODは日本のアウトドア用品メーカーですが、従来はドッペルギャンガーアウトドアというブランド名で知られていました。2018年2月からはDOD(ディーオーディー)にブランド名が変更され、今ではウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。ちなみに現在ではドッペルギャンガーというブランドは、同社の自転車ブランド名になっています。DODは幅広いアウトドア用品を提供していますが、テーブル・チェアや焚火用品をはじめ、ユニークな名前や機能を持つ製品が多いのも特徴です。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんがDODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。