登山カメラおすすめ10選【持ち運びに便利】コンデジ、ミラーレスも!

登山カメラおすすめ10選【持ち運びに便利】コンデジ、ミラーレスも!
カメラマン
山下 大祐

1987年生まれの兵庫県出身 日本大学芸術学部写真学科卒業後、フリーランスとしてwebや雑誌等の撮影をする。2014年からレイルマンフォトオフィス所属。鉄道会社のカレンダーや車両カタログ等の撮影に携わるなか、カメラ広告、鉄道誌のグラフ等で独創性の高いビジュアルを発表している。日本鉄道写真作家協会会員。

カメラマンの山下大祐さんに登山カメラの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、カメラは持っていきたいアイテムです。スマホよりもイメージセンサー(撮像素子)が大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは持ち運びに不便です。選び方のポイントとおすすめ商品を参考にご自身にぴったりな登山カメラを探しましょう。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


登山カメラの選び方 機能、持ち歩きやすさ、通信機能、バッテリー対策を考慮

雪山の風景をカメラで撮影する男性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

美しい木々や壮大な山岳風景は、記憶だけでなく映像にも残しておきたいものです。

カメラマン・山下大祐さんに、登山カメラを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。登山というやや特殊な環境でのカメラ選びでは、重視すべきポイントも変わってくるようです。

山で使うことを考えてカメラの機能をチェック 耐衝撃性、耐水性や防塵性、耐低温性能をみる

山頂
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

登山に適したカメラで、山の雄大な風景を撮影しましょう!

登山カメラを選ぶときは、登山中のアクシデントなどにも対応できる機種を選びましょう。

耐衝撃性にすぐれたものを選ぶ

登山カメラを選ぶときは、そのカメラの耐衝撃性を忘れずにチェックしましょう。登山中、岩や木にぶつけたり、落としたりする可能性もないとは言い切れません。

とくに、足元の悪いところで撮影するときや、カメラをカラビナでリュックなどにぶら下げておきたい人は、耐衝撃性が高いものを選ぶことが重要です。「耐衝撃性〇m」などの記載があるものを選びましょう。

耐衝撃性があるものは、落としても壊れにくく、大事な写真のデータも失われにくいです。

耐水性や防塵性があるものを選ぶ

登山中は屋外での撮影になるので、耐水性や防塵性があるカメラを選びましょう。山の天候は変わりやすく、急に雨に降られたり、強い風で土埃が舞ったりします。耐水性や防塵性があるカメラであれば、過酷な環境の撮影にも耐えられるでしょう。

道中にある沢や滝などを撮影したいときは、水しぶきがかかってもよいように防水機能がある機種を選んでください。

冬山登山なら雪が降ることも考えて

雪山登山
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

気温の低い雪山で撮影するのであれば、耐寒性にも注目しましょう。

カメラマン

0度以下の冬山登山にもって行くなら、耐低温性能は見逃せないトピックです。夏山であれば、たいていのカメラは使用温度に問題はないですが、悪天候のなかでもハードに使えるカメラは耐水性のすぐれたカメラに限られてきます。

それも降雪や積雪のなかをバリバリ撮影するとなったら、いずれも一歩リードしたものを選びたいところ。温度に関しては仕様書の「使用温度」という項目を確認します。耐水性は「防滴」や「防水」といった言葉が使われているかによって判断しましょう。

カメラの持ち歩きやすさで選ぶ

登山カメラを選ぶときは、カメラの持ち歩きやすさを意識して選ぶことが大切です。持ち歩きにくいカメラは、次第に使わなくなってしまいます。

タフネスコンデジは幅広い撮影に適している

登山を楽しむついでに写真を撮影したいという人は、アウトドアでの撮影に特化した「タフネスコンデジ」がよいでしょう。タフネスコンデジには、軽くて丈夫なだけでなく、コンパクトで機能性にすぐれた機種が多くあります。センサーサイズはそれほど大きくありませんが、幅広い撮影に使えるのがポイントです。

ポケットに入れられるサイズのタフネスコンデジであればすばやく構えられるので、登山中のシャッターチャンスも逃しにくいでしょう。

写真撮影を目的に登山するならミラーレス一眼を

写真を撮影するために山に登るのであれば、コンパクトタイプのミラーレス一眼カメラがよいでしょう。一眼レフよりも軽いので、コンパクトなタイプであれば大きな荷物になることもありません。センサーサイズが大きなものであれば鮮明な画像が撮れるため、撮影した写真を引き伸ばして飾りたい人にもぴったりです。

ただし、ミラーレス一眼はバッテリーの持ちが短いです。長時間の登山になるときは、予備のバッテリーも忘れずに持っていくようにしましょう。

小型軽量で収納しやすいカメラが便利

ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』

撮影時にはレンズが伸びて高倍率のズームも可能なカメラ。コマンドダイヤルで絞りやシャッタースピードを直感的に操作できます。星軌跡機能で星空の撮影も楽しめます。

>> Amazonで詳細を見る

カメラマン

イメージセンサーの大きさは画質に関わりますが、むやみに大きいセンサーのカメラだと大きくて重いので、自分がもっていける大きさ、重さのカメラを選ぶことが大切です。

「カメラ選びの一番のバッドチョイスは億劫(おっくう)になってもっていかなくなることである」と自身に言い聞かせましょう。

レンズを含めたカメラ全体の形状も考慮するとよいでしょう。一般的な一眼カメラはレンズが出っ張った立体的な形状をしています。それに対しコンパクトデジカメと呼ばれるカメラには一枚の板状になるようなものも存在します。

行動中にカメラを収納するか否かは、意外とこのカタチによるところが大きいのです。

Wi-FiやBluetooth機能の有無で選ぶ

スマートフォン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

通信機能があるものは、かんたんにデータを送信・共有できます。

撮影した写真を誰かに送りたいときや、パソコンで編集したいときは、Wi-FiやBluetoothといった通信機能がそなわっているものを選びましょう。通信機能がそなわったものであれば、スムーズに写真が送れます。

スマートフォンに専用アプリがある機種であれば、リモート撮影やその場でのかんたんな編集が行なえるのもポイント。

登山カメラを選ぶときは、ぜひ通信機能の有無にも注目してみましょう。

目的の被写体に適したカメラを選ぼう カメラマンからのアドバイス

オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』

防水・耐結露で湿気や雨対策もばっちり。小さな花や虫の撮影なら1cmのマクロ撮影も可能なこのカメラが向いています。別売りアクセサリーも豊富で、リュックやバックパックにカメラを固定できるスポーツホルダーや、ソフトカメラケースなどもあります。

>> Amazonで詳細を見る

カメラマン

登山カメラに限りませんが、自分がなにを撮りたいかという根本的なところがカメラ選びには大切です。たとえば、かんたんには近づけない野鳥や小動物を撮るには望遠レンズがそなわったカメラの方が向いています。草花や昆虫を撮るのであれば近接撮影にすぐれたカメラがいいでしょう。

といったように、なにを撮りたいかによってもカメラ選択は大きく異なります。メーカーは撮影の目的別でカメラに個性をもたせているので、商品ウェブサイトに出てくる作例写真はなにを撮っているかという点を参考にしてもいいでしょう。

オールマイティーに撮りたい方でも、あまりにズーム倍率の高いものは避けた方が無難です。高倍率ズームを組み込んだカメラは形状がゴツゴツしがちで、もち運びなどの点でデメリットも大きいためです。

予備バッテリー対策も考慮 充電手段を複数用意

カメラマン

登山中の時間は当然、無電源の時間でもあります。日帰りの場合や電源のある宿泊施設などがあればなんとかなるとしても、充電せずに2〜3日撮り続けられるデジタルカメラはほとんどありません。

バッテリー1個で何枚撮れるかというカタログの数字も参考にしたいですが、市販のポータブルバッテリーから給電が可能かどうかや、予備バッテリーの価格も気にしておきたいところです。

高画質すぎるカメラは登山では重荷になることも コンデジやコンパクトなミラーレスがベター

カメラマン

写真の画質の基礎となるセンサーサイズや画素数は、風景写真派の登山者には譲れない要素です。しかし、センサーサイズの大きさはカメラとレンズの大きさに比例するうえ、大きいほど撮影にも時間がかかります。

センサーサイズが大きく画素数が多いと、大きくプリントした際にちがいが出てきますが、高画質プリントを目的とした楽しみ方をしない場合は、登山の重荷になってしまうことも。登山中にどれくらい集中して写真撮影に時間を割くか、撮った写真を下山後にどのようにあつかうか。自身の登山スタイルにあった性能を求めましょう。

登山カメラのおすすめ10選 タフネス仕様のコンデジやミラーレス一眼も

うえで紹介した登山カメラの選び方のポイントをふまえて、カメラマンの山下大祐さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部で選んだ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー 『Cyber-shot(サイバーショット) RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』

ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 ソニー『Cyber-shot(サイバーショット)RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』

出典:Amazon

本体サイズ W101.6×H58.1×D42.8 mm
重量 約301(バッテリーNP-BX1、メモリーカードを含む)
センサー 1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2
有効画素数 約2,010万画素
バッテリー時間(枚数) 液晶モニタ使用時(モニター自動オフ 2秒設定時):約310枚 / 約155分、ファインダー使用時:約220枚 / 約110分
防滴防塵対応 なし
動作環境 -

Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29

カメラマン

大口径内蔵レンズが作品性の高い写真撮影をサポート

『RX100Ⅵ』はポケットに入れても取り出しやすい大きさと形状がウリの1台。その一役を担うポップアップ式のビューファインダーは、日光が照りつける雲の上においても撮影画像の見やすさを確保するために重要な装備です。

そして内蔵レンズが比較的大口径であることも特徴です。大きなボケをつくること、夜空を写せば小さな星まで捉えることが可能なので、作品性の高い写真に挑戦したいと考える方におすすめ。

予備バッテリーも良心的な価格で、かつUSBケーブルでパソコンから給電を受けることが可能です。ただメーカーのスペック表に耐水性や使用可能温度についての表記がありません。要するに水分や低温には注意して扱う必要があるということです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン 『PowerShot(パワーショット) G3 X(PSG3X)』

キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』 キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』 キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』 キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』 キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』 キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』 キヤノン『PowerShot(パワーショット)G3X(PSG3X)』

出典:Amazon

本体サイズ W123.3×H76.5×D105.3mm
重量 約733g(バッテリーおよびメモリーカード含む)
センサー 1.0型高感度CMOS(裏面照射型)
有効画素数 約2,020万画素
バッテリー時間(枚数) 約300枚(液晶モニター表示時)、約410枚(エコモード時)
防滴防塵対応 防滴、防塵
動作環境 温度:0~40℃、湿度:10~90%

Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29

カメラマン

広角から望遠までカバーする防塵防滴対応カメラ

レンズ内蔵のコンパクトデジカメでありながら、35mm換算24ー600mmと広角から望遠までのズーム域をカバーしているため、大パノラマを広く撮ることも遠くの景色を大きく撮ることもできる万能カメラです。

登山で出くわすいろいろなシャッターチャンスに妥協せず撮りたい方にはおすすめ。パワーショットGシリーズの中で唯一、防塵・防滴をうたっているので、少々ラフに取り回したい方にもおすすめです。

そういうメリットのある半面、123.3mmの横幅に対してレンズを含めた奥行きが105.3mmとポケットでは収まりません。ザックのショルダーストラップに取り付けたり、首から下げたりして行動しやすくする工夫が必要あります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』

ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』 ニコン『COOLPIX(クールピクス)A1000』

出典:Amazon

本体サイズ 約W114.2×H71.7×D40.5mm
重量 約330g(電池、メモリーカード含む)
センサー 1/2.3型原色CMOS
有効画素数 1,604万画素
バッテリー時間(枚数) 約250コマ(EN-EL12使用時)※標準付属バッテリーのみの場合
防滴防塵対応 なし
動作環境 使用温度:0℃~40℃/使用湿度:85%以下(結露しないこと)

Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29

カメラマン

小型でも高倍率。すばやい動物撮影もサポート

ジャケットやザックのちょっとしたポケットに収まるサイズにも関わらず、35mm換算24〜840mmの高倍率ズームが特徴です。

野鳥や小動物など、山の上でしか出会えない動物たちの記録をしたいという方におすすめ。およそ3段分の手ぶれ補正機能のほか「クイックバックズームボタン」「サイドズームレバー」などが備わっています。

動きの読めない動物たちをファインダー上で追いやすくするサポート機能はよく考えられた設計です。

フル充電時の撮影可能枚数も少なくなく、予備バッテリーも入手しやすい価格ではありますが、昨今のデジカメの中ではかなり控えめな1604万画素という画素数。なので、写真を大きくプリントするには少々不利な部分にはなるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム 『X Series(エックスシリーズ)FUJIFILM X-A5』

富士フイルム『XSeries(エックスシリーズ)FUJIFILMX-A5』 富士フイルム『XSeries(エックスシリーズ)FUJIFILMX-A5』 富士フイルム『XSeries(エックスシリーズ)FUJIFILMX-A5』 富士フイルム『XSeries(エックスシリーズ)FUJIFILMX-A5』 富士フイルム『XSeries(エックスシリーズ)FUJIFILMX-A5』 富士フイルム『XSeries(エックスシリーズ)FUJIFILMX-A5』

出典:Amazon

本体サイズ W116.9×H66.7×D40.4mm
重量 約361g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
センサー 正方画素CMOSセンサー
有効画素数 2,424万画素
バッテリー時間(枚数) 約450枚(XF35mmF1.4 R 使用時)
防滴防塵対応 なし
動作環境 温度:0℃~40℃、湿度:10%~80%(結露しないこと)

Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29

カメラマン

多彩な「セルフィー」機能で人物と一緒の記念撮影に

レンズ交換式のミラーレス一眼に分類されるカメラです。

イメージセンサーも比較的大きく高感度にしてもノイズが出にくいのが特徴です。専用レンズ群のなかから自分のレベルや用途に応じたレンズ選択ができるのが楽しいところ。腕前の成長とともに拡張していけるシステムです。

デザインはレトロでかわいく3色のカラーバリエーションが展開されています。

ソロ登山でも自分撮りがしやすい「セルフィー」機能や「瞳AF」機能などが充実しているほか、女性ユーザーを意識してか「自動美肌」機能なども備えます。耐水性や耐低温性に特筆すべき点はないものの、バッテリー1個の撮影可能枚数は多く、推奨モバイルバッテリーからなら充電も可能です。

風景だけでなく、人物も収めた記念撮影をしたい方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』

オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』 オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』 オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』 オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』 オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』 オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』 オリンパス『T(Toughタフ)シリーズTG-6』

出典:Amazon

本体サイズ W113×H66×D32.4 mm
重量 約253g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む)
センサー 1/2.33インチ
有効画素数 1,200万画素
バッテリー時間(枚数) 約340枚(TOSHIBA SDHC UHS-Iカード EXCERIA ™ Type1 32G 使用時)
防滴防塵対応 防水:15m JIS / IEC保護等級8級(IPX8)、防塵:JIS / IEC保護等級6級(IP6X)
動作環境 温度:-10~+40℃(動作時)、湿度:30~90%(動作時)

Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29

カメラマン

耐水耐衝撃性にすぐれ、マクロ撮影も得意なカメラ

アクションカメラのように、とにかくタフに使いまくりたい方におすすめのカメラです。

水滴だらけの藪(やぶ)のなかでも豪雨のなかでも、はたまた水のなかに浸けてしまっても撮影可能。ダブルガラス構造でレンズ前が曇りにくく、-10℃まで使用に耐えます。耐衝撃性も抜きん出ていて、多少岩場にぶつけてしまっても気になりません。

カメラ性能としては「顕微鏡モード」という被写体まで1センチの距離でマクロ撮影が可能で、昆虫や花にグッと寄って肉眼では見えない世界を撮ることができます。マクロ撮影用のライティングオプションの充実など、遊べるカメラといえるでしょう。

一方、山の上からの大パノラマを緻密に撮るには画素数が少なく感じる面もあります。

富士フイルム『 FinePix XP140(FX-XP140)』

FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS FUJIFILM防水カメラXP140ダークシルバーFX-XP140DS

出典:Amazon

本体サイズ W109.6×H71.0×D27.8mm
重量 約207.4g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
センサー 1/2.3型 裏面照射CMOS 原色フィルター採用
有効画素数 1,635万画素
バッテリー時間(枚数) 約210枚(AUTOモード時)
防滴防塵対応 防水、防塵機能:JIS保護等級 IP68、防塵:IP6X、防水:IPX8(25m以内、120分)
動作環境 温度:-10~40℃、湿度:10%~80%(結露しないこと)

ハードなシーンでも安心、4つのタフネス機能

防水・防塵と耐衝撃に加えて、-10℃耐寒機能も備えたカメラ。冬の雪山などのハードな登山でも安心して使用できます。さらに高い手ブレ補正も搭載しているので、レアなシーンで活躍してくれること間違いなし。タフさを売りにしているモデルの中では手頃な価格であることも魅力的です。

レンズは広角28mm。自然な遠近感で風景をイメージに近い形で撮影できます。ボタンひとつでアクセスできる連写機能があるので、動きのある被写体にも慌てず対応可能です

ニコン『COOLPIX P950』

NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950 NikonデジタルカメラCOOLPIXP950ブラッククールピクスP950

出典:Amazon

本体サイズ W140.2×H109.6×D149.8mm(突起部除く)
重量 約1005g(電池、メモリーカード含む)
センサー 1/2.3型原色CMOS
有効画素数 1679万画素
バッテリー時間(枚数) 約290枚(EN-EL20a使用時)
防滴防塵対応 なし
動作環境 温度:0~40℃、湿度:85%以下(結露しないこと)

迫力の超望遠!野鳥の撮影に最適

登山では景色だけではなく、そこに住む生き物達の姿にも心惹かれますよね。このカメラの特徴は何と言っても2000mm相当の光学83倍ズーム。そして高性能の手ブレ補正により、遠く離れた被写体でも綺麗に撮影できます。

画質は野鳥の羽一枚まで捉えるほどの精細さです。別売りとなりますが、Bluetoothの専用リモコンを使えば、さらにカメラから離れた位置での操作が可能に。より臨場感のある撮影を楽しめそうですね。

リコー『RICOH THETA SC2』

RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803 RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803 RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803 RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803 RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803 RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803 RICOHTHETASC2BLUEブルー360度全天球カメラ360°手振れ補正機能搭載4K動画進化したHDR合成機能(THETASC比2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り)高速WiFi転送精度の高い自然なスティッチング910803

出典:Amazon

本体サイズ W45.2×H130.6×D22.9mm
重量 約104g
センサー 1/2.3型裏面照射型CMOSイメージセンサー×2
有効画素数 約1200万画素(×2)
バッテリー時間(枚数) 約260枚
防滴防塵対応 なし
動作環境 温度:0~40℃、湿度:90%以下

360°天球撮影ができるカメラ

360°全方向を一度に撮影できるカメラ。画像処理の精度が高いので、まるでその場にいるようなダイナミックな画が撮れます。静止画だけでなく動画も同様に撮影可能。片手で持ちながら移動できるコンパクトな形状です。また、スマホの専用アプリを使うことで、視点を動かして鑑賞できるVRビューが楽しめます。

カメラの性質上、撮影した画像は遠近感が強く出てしまうので、綺麗な風景を残したい場合には向きません。登山の楽しさを誰かと共有したい方におすすめです。

リコー『 PENTAX K-70(16245)』

PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245 PENTAXK-70ボディブラックデジタル一眼レフカメラ超高感度・高画質2424万画素APS-Cセンサーアウトドアに最適全天候型一眼レフ4.5段ボディ内手振れ補正搭載明るく見やすいガラスペンタプリズム採用の視野率100%光学ファインダー搭載バリアングルモニター16245

出典:Amazon

本体サイズ W125.5×H93.0×D74.0mm(突起部除く)
重量 約688g (バッテリー、SDカードを含む)
センサー 種類:原色フィルター/CMOS、サイズ:23.5mm×15.6mm
有効画素数 約2424万画素
バッテリー時間(枚数) フラッシュ50%発光:約410枚、フラッシュ発光なし:約480枚
防滴防塵対応 防滴、防塵
動作環境 使用温度:-10~40℃、使用湿度:85%以下(結露しないこと)

初めて一眼レフを買うならコレ

画質のよさを求めるなら、一眼レフが選択肢に入る方もいるでしょう。こちらは初心者でも扱いやすいと評判のモデル。防滴・防塵に加え耐寒も備えているので、登山に限らずアウトドアに気軽に持ち出せます

一眼レフのメリットはやはり画像の綺麗さ。約2424万画素とコンパクトデジカメに比べて圧倒的な画素数です。さらにリアル・レゾリューション・システムという機能で、自動で再現性の高い画像を生成してくれます。カメラに慣れて、より自然かつ高解像度での撮影をお求めの方におすすめです。

オリンパス『OM-D E-M10 MarkIII』

OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック OLYMPUSミラーレス一眼カメラOM-DE-M10MarkIIIボディーブラック

出典:Amazon

本体サイズ W121.5×H83.6×D49.5mm(突起部除く)
重量 約410g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む)
センサー 4/3型Live MOS センサー
有効画素数 約1605万画素
バッテリー時間(枚数) 約330枚
防滴防塵対応 防塵
動作環境 温度:0~40℃、湿度:30~90%

低価格で高い手ぶれ補正が欲しいなら

手頃な価格ながら、5軸手ぶれ補正を搭載しているモデル。一般的に搭載されているレンズ内補正では対応できない手ぶれも抑え、綺麗に撮影ができます。登山で歩きながらでも、短いシャッターチャンスをカメラに収めることが可能です。

また、レトロさを感じるデザインもこのモデルの人気のひとつ。シンプルな操作感でカメラ初心者の方も簡単に扱えます。逆に、機能の多いカメラをお探しの方には、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

「登山カメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ソニー 『Cyber-shot(サイバーショット) RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』
キヤノン 『PowerShot(パワーショット) G3 X(PSG3X)』
ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』
富士フイルム 『X Series(エックスシリーズ)FUJIFILM X-A5』
オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』
富士フイルム『 FinePix XP140(FX-XP140)』
ニコン『COOLPIX P950』
リコー『RICOH THETA SC2』
リコー『 PENTAX K-70(16245)』
オリンパス『OM-D E-M10 MarkIII』
商品名 ソニー 『Cyber-shot(サイバーショット) RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 キヤノン 『PowerShot(パワーショット) G3 X(PSG3X)』 ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』 富士フイルム 『X Series(エックスシリーズ)FUJIFILM X-A5』 オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』 富士フイルム『 FinePix XP140(FX-XP140)』 ニコン『COOLPIX P950』 リコー『RICOH THETA SC2』 リコー『 PENTAX K-70(16245)』 オリンパス『OM-D E-M10 MarkIII』
商品情報
特徴 大口径内蔵レンズが作品性の高い写真撮影をサポート 広角から望遠までカバーする防塵防滴対応カメラ 小型でも高倍率。すばやい動物撮影もサポート 多彩な「セルフィー」機能で人物と一緒の記念撮影に 耐水耐衝撃性にすぐれ、マクロ撮影も得意なカメラ ハードなシーンでも安心、4つのタフネス機能 迫力の超望遠!野鳥の撮影に最適 360°天球撮影ができるカメラ 初めて一眼レフを買うならコレ 低価格で高い手ぶれ補正が欲しいなら
本体サイズ W101.6×H58.1×D42.8 mm W123.3×H76.5×D105.3mm 約W114.2×H71.7×D40.5mm W116.9×H66.7×D40.4mm W113×H66×D32.4 mm W109.6×H71.0×D27.8mm W140.2×H109.6×D149.8mm(突起部除く) W45.2×H130.6×D22.9mm W125.5×H93.0×D74.0mm(突起部除く) W121.5×H83.6×D49.5mm(突起部除く)
重量 約301(バッテリーNP-BX1、メモリーカードを含む) 約733g(バッテリーおよびメモリーカード含む) 約330g(電池、メモリーカード含む) 約361g(付属バッテリー、メモリーカード含む) 約253g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む) 約207.4g(付属バッテリー、メモリーカード含む) 約1005g(電池、メモリーカード含む) 約104g 約688g (バッテリー、SDカードを含む) 約410g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む)
センサー 1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2 1.0型高感度CMOS(裏面照射型) 1/2.3型原色CMOS 正方画素CMOSセンサー 1/2.33インチ 1/2.3型 裏面照射CMOS 原色フィルター採用 1/2.3型原色CMOS 1/2.3型裏面照射型CMOSイメージセンサー×2 種類:原色フィルター/CMOS、サイズ:23.5mm×15.6mm 4/3型Live MOS センサー
有効画素数 約2,010万画素 約2,020万画素 1,604万画素 2,424万画素 1,200万画素 1,635万画素 1679万画素 約1200万画素(×2) 約2424万画素 約1605万画素
バッテリー時間(枚数) 液晶モニタ使用時(モニター自動オフ 2秒設定時):約310枚 / 約155分、ファインダー使用時:約220枚 / 約110分 約300枚(液晶モニター表示時)、約410枚(エコモード時) 約250コマ(EN-EL12使用時)※標準付属バッテリーのみの場合 約450枚(XF35mmF1.4 R 使用時) 約340枚(TOSHIBA SDHC UHS-Iカード EXCERIA ™ Type1 32G 使用時) 約210枚(AUTOモード時) 約290枚(EN-EL20a使用時) 約260枚 フラッシュ50%発光:約410枚、フラッシュ発光なし:約480枚 約330枚
防滴防塵対応 なし 防滴、防塵 なし なし 防水:15m JIS / IEC保護等級8級(IPX8)、防塵:JIS / IEC保護等級6級(IP6X) 防水、防塵機能:JIS保護等級 IP68、防塵:IP6X、防水:IPX8(25m以内、120分) なし なし 防滴、防塵 防塵
動作環境 - 温度:0~40℃、湿度:10~90% 使用温度:0℃~40℃/使用湿度:85%以下(結露しないこと) 温度:0℃~40℃、湿度:10%~80%(結露しないこと) 温度:-10~+40℃(動作時)、湿度:30~90%(動作時) 温度:-10~40℃、湿度:10%~80%(結露しないこと) 温度:0~40℃、湿度:85%以下(結露しないこと) 温度:0~40℃、湿度:90%以下 使用温度:-10~40℃、使用湿度:85%以下(結露しないこと) 温度:0~40℃、湿度:30~90%
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 登山カメラの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山カメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コンパクトデジタルカメラランキング
楽天市場:コンパクトデジタルカメラランキング
Yahoo!ショッピング:コンパクトデジタルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

登山スタイルに合ったカメラ選びとバッテリー対策を カメラマンからのアドバイス

カメラマン

そもそも登山カメラという名のカメラはありません。

ハイキングから本格的なトレッキング、クライミングまで、登山といってもいろいろあるように、カメラにも適材適所があるのです。登山スタイル・写真を撮る目的、このふたつが見えればカメラの選択肢も絞られてくることでしょう。

また、どんなカメラも電池がなくなればただの金属の重りと化します。撮影可能枚数が多いことは魅力ですが、どのカメラにしても予備のバッテリーはひとつ以上用意しておくべきです。

バッテリー残量を気にしながらの登山は避けたいですから。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/26 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カメラの防水ケースおすすめ9選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介!プロカメラマンが厳選!

カメラの防水ケースおすすめ9選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介!プロカメラマンが厳選!

雨の日や水辺、ダイビング時において、カメラ防水ケースを使うことで、非日常の風景を撮影できます。一眼レフ、デジカメなどカメラの種類によりカメラケースも専用のものが販売されています。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんおすすめのカメラの防水ケースを紹介します。記事後半にはAmazonやヤフー、楽天の人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


ライカカメラおすすめ5選|カメラのレンズの特徴と一緒に商品を紹介!

ライカカメラおすすめ5選|カメラのレンズの特徴と一緒に商品を紹介!

100年の歴史を持つライカは高級カメラの代名詞。一度は手に入れてみたいと思っている方も多いでしょう。しかし、一口にライカといってもコンパクトカメラから一眼タイプまでさまざまな種類があり、なかには比較的手の出しやすい価格帯の製品もあります。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、ライカのカメラを選ぶ際のポイントとおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年】運動会向けカメラおすすめ11選|軽量で手軽にズームができるモデルも

【2021年】運動会向けカメラおすすめ11選|軽量で手軽にズームができるモデルも

小学校や幼稚園、保育園で行われる運動会。1年で1回の大イベントの思い出を残すのであれば、スマホではなくカメラで撮影したいもの。本記事では、コンデジやミラーレスまで、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選んだおすすめの運動会向けカメラを紹介します。また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2020年最新】SDカードのおすすめ12選|主な種類や選び方を徹底解説!

【2020年最新】SDカードのおすすめ12選|主な種類や選び方を徹底解説!

この記事では、SDカードのおすすめ商品と選び方を紹介します。パソコンのデータ交換用やデジタルカメラなどの記録用媒体として使われるSDカード。SD/SDHC/SDXCといった規格の違いなどをわかりやすく解説しています。


【2020年】コンパクトデジタルカメラおすすめ11選|価格帯別に厳選!

【2020年】コンパクトデジタルカメラおすすめ11選|価格帯別に厳選!

コンパクトデジタルカメラは、軽くて持ち運びに便利。スマホの内蔵カメラにはない機能や画素数などをもった製品がたくさんあります。本記事では、高画質・手ブレ・防水機能付きカメラを価格帯別に厳選。写真家・藤井智弘さんと編集部が選んだコンパクトデジタルカメラおすすめ商品11選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る