登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶ、山での撮影に適したデジタルカメラ

カメラマン:山下 大祐
カメラマン
山下 大祐

1987年生まれの兵庫県出身 日本大学芸術学部写真学科卒業後、フリーランスとしてwebや雑誌等の撮影をする。2014年からレイルマンフォトオフィス所属。鉄道会社のカレンダーや車両カタログ等の撮影に携わるなか、カメラ広告、鉄道誌のグラフ等で独創性の高いビジュアルを発表している。日本鉄道写真作家協会会員。

なくても山は登れますが、できれば持っていきたいアイテムがカメラです。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、その思いは共通でしょう。近年のスマホカメラは画質がよくなったとはいわれるますが、拡大やプリント時にアラに気づいたユーザーも多いことでしょう。イメージセンサー(撮像素子)がスマホカメラのそれより大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは登山では不便です。ではどのようなカメラが適しているか、カメラマンの山下大祐さんに伺いました。登山カメラ選びで気をつけたいポイント、おすすめの機種をていねいな解説といっしょに教えていただきました。


登山カメラの選び方|カメラマンに聞く、山での撮影に必要なポイントとは?

カメラマン・山下大祐さんに、登山カメラを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。登山というやや特殊な環境でのカメラ選びでは、重視すべきポイントも変わってくるようです。

雪山の風景をカメラで撮影する男性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

美しい木々や壮大な山岳風景は、記憶だけでなく映像にも残しておきたいものです。

小型軽量で収納しやすいカタチのカメラが便利

カメラマン

イメージセンサーの大きさは画質に関わりますが、むやみに大きいセンサーのカメラだと大きくて重いので、自分がもっていける大きさ、重さのカメラを選ぶことが大切です。

「カメラ選びの一番のバッドチョイスは億劫(おっくう)になってもっていかなくなることである」と自身に言い聞かせましょう。

レンズを含めたカメラ全体の形状も考慮するとよいでしょう。一般的な一眼カメラはレンズが出っ張った立体的な形状をしています。それに対しコンパクトデジカメと呼ばれるカメラには一枚の板状になるようなものも存在します。

行動中にカメラを収納するか否かは、意外とこのカタチによるところが大きいのです。

ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』

収納時は1枚の板状ですが、撮影時にはレンズが伸びて高倍率のズームも可能なカメラ。

>> Amazonで詳細を見る

冬山登山なら耐水性、耐低温性性能をチェックしよう

カメラマン

0度以下の冬山登山にもって行くなら、耐低温性能は見逃せないトピックです。夏山であれば、たいていのカメラは使用温度に問題はないですが、悪天候のなかでもハードに使えるカメラは耐水性のすぐれたカメラに限られてきます。

それも降雪や積雪のなかをバリバリ撮影するとなったら、いずれも一歩リードしたものを選びたいところ。温度に関しては仕様書の「使用温度」という項目を確認します。耐水性は「防滴」や「防水」といった言葉が使われているかによって判断しましょう。

目的の被写体に適したカメラを選ぼう

カメラマン

登山カメラに限りませんが、自分がなにを撮りたいかという根本的なところがカメラ選びには大切です。たとえば、かんたんには近づけない野鳥や小動物を撮るには望遠レンズがそなわったカメラの方が向いています。草花や昆虫を撮るのであれば近接撮影にすぐれたカメラがいいでしょう。

といったように、なにを撮りたいかによってもカメラ選択は大きく異なります。メーカーは撮影の目的別でカメラに個性をもたせているので、商品ウェブサイトに出てくる作例写真はなにを撮っているかという点を参考にしてもいいでしょう。

オールマイティーに撮りたい方でも、あまりにズーム倍率の高いものは避けた方が無難です。高倍率ズームを組み込んだカメラは形状がゴツゴツしがちで、もち運びなどの点でデメリットも大きいためです。

オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』

雨つゆにぬれた茂みをかき分け、小さな花や虫の姿を追う。そんな用途なら1cmのマクロ撮影も可能な本製品が向いています。

>> Amazonで詳細を見る

登山では充電手段の用意や予備バッテリー対策も考慮

カメラマン

登山中の時間は当然、無電源の時間でもあります。日帰りの場合や電源のある宿泊施設などがあればなんとかなるとしても、充電せずに2〜3日撮り続けられるデジタルカメラはほとんどありません。

バッテリー1個で何枚撮れるかというカタログの数字も参考にしたいですが、市販のポータブルバッテリーから給電が可能かどうかや、予備バッテリーの価格も気にしておきたいところです。

高画質すぎるカメラは登山では重荷になることも

カメラマン

写真の画質の基礎となるセンサーサイズや画素数は、風景写真派の登山者には譲れない要素です。しかし、センサーサイズの大きさはカメラとレンズの大きさに比例するうえ、大きいほど撮影にも時間がかかります。

センサーサイズが大きく画素数が多いと、大きくプリントした際にちがいが出てきますが、高画質プリントを目的とした楽しみ方をしない場合は、登山の重荷になってしまうことも。登山中にどれくらい集中して写真撮影に時間を割くか、撮った写真を下山後にどのようにあつかうか。自身の登山スタイルにあった性能を求めましょう。

登山カメラおすすめ5選|カメラマンが選ぶシチュエーション別カメラ

うえで紹介した登山カメラの選び方のポイントをふまえて、カメラマンの山下大祐さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。どのような写真を撮りたいのか、どんな山に登るのかを想像しながら、商品を比べてみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー 『Cyber-shot(サイバーショット) RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』

出典:Amazon

本体サイズ
W101.6×H58.1×D42.8 mm
重量
約301(バッテリーNP-BX1、メモリーカードを含む)
センサー
1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2
有効画素数
約2,010万画素
バッテリー時間(枚数)
液晶モニタ使用時(モニター自動オフ 2秒設定時):約310枚 / 約155分、ファインダー使用時:約220枚 / 約110分
防滴防塵対応
なし
動作環境
-
Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29
カメラマン

大口径内蔵レンズが作品性の高い写真撮影をサポート

『RX100Ⅵ』はポケットに入れても取り出しやすい大きさと形状がウリの1台。その一役を担うポップアップ式のビューファインダーは、日光が照りつける雲の上においても撮影画像の見やすさを確保するために重要な装備です。

そして内蔵レンズが比較的大口径であることも特徴です。大きなボケをつくること、夜空を写せば小さな星まで捉えることが可能なので、作品性の高い写真に挑戦したいと考える方におすすめ。

予備バッテリーも良心的な価格で、かつUSBケーブルでパソコンから給電を受けることが可能です。ただメーカーのスペック表に耐水性や使用可能温度についての表記がありません。要するに水分や低温には注意して扱う必要があるということです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キヤノン 『PowerShot(パワーショット) G3 X(PSG3X)』

出典:Amazon

本体サイズ
W123.3×H76.5×D105.3mm
重量
約733g(バッテリーおよびメモリーカード含む)
センサー
1.0型高感度CMOS(裏面照射型)
有効画素数
約2,020万画素
バッテリー時間(枚数)
約300枚(液晶モニター表示時)、約410枚(エコモード時)
防滴防塵対応
防滴、防塵
動作環境
温度:0~40℃、湿度:10~90%
Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29
カメラマン

広角から望遠までカバーする防塵防滴対応カメラ

レンズ内蔵のコンパクトデジカメでありながら、35mm換算24ー600mmと広角から望遠までのズーム域をカバーしているため、大パノラマを広く撮ることも遠くの景色を大きく撮ることもできる万能カメラです。

登山で出くわすいろいろなシャッターチャンスに妥協せず撮りたい方にはおすすめ。パワーショットGシリーズの中で唯一、防塵・防滴をうたっているので、少々ラフに取り回したい方にもおすすめです。

そういうメリットのある半面、123.3mmの横幅に対してレンズを含めた奥行きが105.3mmとポケットでは収まりません。ザックのショルダーストラップに取り付けたり、首から下げたりして行動しやすくする工夫が必要あります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』

出典:Amazon

本体サイズ
約W114.2×H71.7×D40.5mm
重量
約330g(電池、メモリーカード含む)
センサー
1/2.3型原色CMOS
有効画素数
1,604万画素
バッテリー時間(枚数)
約250コマ(EN-EL12使用時)※標準付属バッテリーのみの場合
防滴防塵対応
なし
動作環境
使用温度:0℃~40℃/使用湿度:85%以下(結露しないこと)
Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29
カメラマン

小型でも高倍率。すばやい動物撮影もサポート

ジャケットやザックのちょっとしたポケットに収まるサイズにも関わらず、35mm換算24〜840mmの高倍率ズームが特徴です。

野鳥や小動物など、山の上でしか出会えない動物たちの記録をしたいという方におすすめ。およそ3段分の手ぶれ補正機能のほか「クイックバックズームボタン」「サイドズームレバー」などが備わっています。

動きの読めない動物たちをファインダー上で追いやすくするサポート機能はよく考えられた設計です。

フル充電時の撮影可能枚数も少なくなく、予備バッテリーも入手しやすい価格ではありますが、昨今のデジカメの中ではかなり控えめな1604万画素という画素数。なので、写真を大きくプリントするには少々不利な部分にはなるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

富士フイルム 『X Series(エックスシリーズ)FUJIFILM X-A5』

出典:Amazon

本体サイズ
W116.9×H66.7×D40.4mm
重量
約361g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
センサー
正方画素CMOSセンサー
有効画素数
2,424万画素
バッテリー時間(枚数)
約450枚(XF35mmF1.4 R 使用時)
防滴防塵対応
なし
動作環境
温度:0℃~40℃、湿度:10%~80%(結露しないこと)
Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29
カメラマン

多彩な「セルフィー」機能で人物と一緒の記念撮影に

レンズ交換式のミラーレス一眼に分類されるカメラです。

イメージセンサーも比較的大きく高感度にしてもノイズが出にくいのが特徴です。専用レンズ群のなかから自分のレベルや用途に応じたレンズ選択ができるのが楽しいところ。腕前の成長とともに拡張していけるシステムです。

デザインはレトロでかわいく3色のカラーバリエーションが展開されています。

ソロ登山でも自分撮りがしやすい「セルフィー」機能や「瞳AF」機能などが充実しているほか、女性ユーザーを意識してか「自動美肌」機能なども備えます。耐水性や耐低温性に特筆すべき点はないものの、バッテリー1個の撮影可能枚数は多く、推奨モバイルバッテリーからなら充電も可能です。

風景だけでなく、人物も収めた記念撮影をしたい方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』

出典:Amazon

本体サイズ
W113×H66×D32.4 mm
重量
約253g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む)
センサー
1/2.33インチ
有効画素数
1,200万画素
バッテリー時間(枚数)
約340枚(TOSHIBA SDHC UHS-Iカード EXCERIA ™ Type1 32G 使用時)
防滴防塵対応
防水:15m JIS / IEC保護等級8級(IPX8)、防塵:JIS / IEC保護等級6級(IP6X)
動作環境
温度:-10~+40℃(動作時)、湿度:30~90%(動作時)
Thumb lg 307a3e36 3db4 4728 a66c f0321f024e29
カメラマン

耐水耐衝撃性にすぐれ、マクロ撮影も得意なカメラ

アクションカメラのように、とにかくタフに使いまくりたい方におすすめのカメラです。

水滴だらけの藪(やぶ)のなかでも豪雨のなかでも、はたまた水のなかに浸けてしまっても撮影可能。ダブルガラス構造でレンズ前が曇りにくく、-10℃まで使用に耐えます。耐衝撃性も抜きん出ていて、多少岩場にぶつけてしまっても気になりません。

カメラ性能としては「顕微鏡モード」という被写体まで1センチの距離でマクロ撮影が可能で、昆虫や花にグッと寄って肉眼では見えない世界を撮ることができます。マクロ撮影用のライティングオプションの充実など、遊べるカメラといえるでしょう。

一方、山の上からの大パノラマを緻密に撮るには画素数が少なく感じる面もあります。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

ソニー 『Cyber-shot(サイバーショット) RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』
キヤノン 『PowerShot(パワーショット) G3 X(PSG3X)』
ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』
富士フイルム 『X Series(エックスシリーズ)FUJIFILM X-A5』
オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』

商品

ソニー 『Cyber-shot(サイバーショット) RX100Ⅵ(DSC-RX100M6)』 キヤノン 『PowerShot(パワーショット) G3 X(PSG3X)』 ニコン 『COOLPIX(クールピクス) A1000』 富士フイルム 『X Series(エックスシリーズ)FUJIFILM X-A5』 オリンパス 『T(Tough タフ)シリーズ TG-6』

特徴

大口径内蔵レンズが作品性の高い写真撮影をサポート 広角から望遠までカバーする防塵防滴対応カメラ 小型でも高倍率。すばやい動物撮影もサポート 多彩な「セルフィー」機能で人物と一緒の記念撮影に 耐水耐衝撃性にすぐれ、マクロ撮影も得意なカメラ

価格

Amazon : ¥ 117,799
楽天市場 : ¥ 117,799
Yahoo!ショッピング : ¥ 117,799
※各社通販サイトの 2019年9月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 66,710
楽天市場 : ¥ 92,727
Yahoo!ショッピング : ¥ 92,727
※各社通販サイトの 2019年9月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 47,865
楽天市場 : ¥ 58,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 53,280
※各社通販サイトの 2019年9月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 53,082
楽天市場 : ¥ 72,587
Yahoo!ショッピング : ¥ 53,615
※各社通販サイトの 2019年9月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 49,616
楽天市場 : ¥ 55,744
Yahoo!ショッピング : ¥ 50,990
※各社通販サイトの 2019年9月4日時点 での税込価格

本体サイズ

W101.6×H58.1×D42.8 mm W123.3×H76.5×D105.3mm 約W114.2×H71.7×D40.5mm W116.9×H66.7×D40.4mm W113×H66×D32.4 mm

重量

約301(バッテリーNP-BX1、メモリーカードを含む) 約733g(バッテリーおよびメモリーカード含む) 約330g(電池、メモリーカード含む) 約361g(付属バッテリー、メモリーカード含む) 約253g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む)

センサー

1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2 1.0型高感度CMOS(裏面照射型) 1/2.3型原色CMOS 正方画素CMOSセンサー 1/2.33インチ

有効画素数

約2,010万画素 約2,020万画素 1,604万画素 2,424万画素 1,200万画素

バッテリー時間(枚数)

液晶モニタ使用時(モニター自動オフ 2秒設定時):約310枚 / 約155分、ファインダー使用時:約220枚 / 約110分 約300枚(液晶モニター表示時)、約410枚(エコモード時) 約250コマ(EN-EL12使用時)※標準付属バッテリーのみの場合 約450枚(XF35mmF1.4 R 使用時) 約340枚(TOSHIBA SDHC UHS-Iカード EXCERIA ™ Type1 32G 使用時)

防滴防塵対応

なし 防滴、防塵 なし なし 防水:15m JIS / IEC保護等級8級(IPX8)、防塵:JIS / IEC保護等級6級(IP6X)

動作環境

- 温度:0~40℃、湿度:10~90% 使用温度:0℃~40℃/使用湿度:85%以下(結露しないこと) 温度:0℃~40℃、湿度:10%~80%(結露しないこと) 温度:-10~+40℃(動作時)、湿度:30~90%(動作時)

商品情報

通販サイトの登山カメラランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの登山カメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コンパクトデジタルカメラ ランキング
楽天市場:コンパクトデジタルカメラ ランキング
Yahoo!ショッピング:コンパクトデジタルカメラ ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

登山スタイルに合ったカメラ選びとバッテリー対策を

カメラマン

そもそも登山カメラという名のカメラはありません。

ハイキングから本格的なトレッキング、クライミングまで、登山といってもいろいろあるように、カメラにも適材適所があるのです。登山スタイル・写真を撮る目的、このふたつが見えればカメラの選択肢も絞られてくることでしょう。

また、どんなカメラも電池がなくなればただの金属の重りと化します。撮影可能枚数が多いことは魅力ですが、どのカメラにしても予備のバッテリーはひとつ以上用意しておくべきです。

バッテリー残量を気にしながらの登山は避けたいですから。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:拝島祐子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/01 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

【クライミングロープ】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶクライミングロープ5選をご紹介します。クライミングにもさまざまな種類があり、それぞれ適したロープがあります。命を預けることになるロープなので、安全性を考慮して商品を選びたいですよね。そこで、夏野さんに選ぶときに気をつけるポイントとおすすめの商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

【アウトドアライターが解説】バラクラバおすすめ5選|スノボやサバゲーで使える

作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにバラクラバ(目出し帽)のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。防寒性に優れ、ウィンタースポーツやロードバイクなどで使用することも多いバラクラバですが、夏場に嬉しいUVカット機能付きのタイプや、花粉をカットしてくれるタイプなど種類がさまざまです。この記事では、数あるバラクラバの中から厳選した商品をご紹介します。最後に各ショッピングサイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。