アメリカワインおすすめ6選|ワイン専門家が選ぶ!【品種や産地に着目】

アメリカワインおすすめ6選|ワイン専門家が選ぶ!【品種や産地に着目】
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

ワインエキスパートが選ぶアメリカワイン6選をご紹介します。アメリカワインはおもに西海岸と東海岸に産地が分布しています。なかでも最大の産地は、「ナパヴァレー」で知られるカリフォルニア州。アメリカワインのほとんどがカリフォルニアワインといわれるほど代表的な産地です。本記事では、カリフォルニアを中心にその他産地のアメリカワインの選び方とおすすめ商品について、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんにお話をうかがいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


アメリカワインの選び方 ワイン専門家に聞いた!

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんに、アメリカワインを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。アメリカワインならではの個性を理解してワイン選びをするために、詳しく見ていきましょう。

グラスに入れられたアメリカワイン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アメリカワインには赤ワイン・白ワインともに豊富な種類がある。

ワインの個性を育む産地に注目して選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

アメリカではおもに西海岸と東海岸にワインの産地が分布しています。アメリカ最大の産地は、有名な「ナパヴァレー」のあるカリフォルニア州。日照に非常に恵まれており、濃厚でパワフルなワインが多く生産されています。

一方、西海岸の北部のオレゴン州やワシントン州では、冷涼な気候を活かし、繊細でエレガントなワインが多く生産されています。このように、ワインの個性ががらりと変化する産地に注目して選んでみてください。

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー『スワロー リースリング 2018』

冷涼な気候のオレゴン州産のワインは繊細でエレガントなタイプが多い。

>> Amazonで詳細を見る

香りや味の決め手となるブドウ品種から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

アメリカではさまざまなブドウ品種が栽培されています。しっかりと渋みも感じられる濃厚な赤ワインがお好きなら、「カベルネ・ソーヴィニヨン」や「シラー」「ジンファンデル」といった品種のワインがおすすめ。一方、渋みの少ない赤ワインをお求めの方は、「メルロ」や「ピノ・ノワール」のワインを選ぶといいでしょう。

また、白ワイン用の品種としては、多彩な個性のワインを生み出す「シャルドネ」やハーブのような香りが爽やかな「ソーヴィニヨン・ブラン」、華やかな香りの「リースリング」などが栽培されています。このように、ブドウ品種ごとにワインの香りや味が大きく異なるので、お好みに合わせてブドウ品種から選ぶというのもいいでしょう。

合わせたい料理から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

先述したように、アメリカではさまざまな個性をもつワインが生産されているため、相性のいい料理もそれぞれ変わってきます。たとえば、どっしりとした赤ワインは牛肉料理や濃厚な味つけの料理などとよく合い、軽やかな赤ワインは鶏肉料理や比較的あっさりとした味つけの料理とよく合います。

もちろんワインを購入してから料理を決めるという方法もありますが、すでにワインに合わせたい料理が決まっている場合は、その料理と相性のいいワインを選ぶというのもおすすめです。

シャトー・サン・ミッシェル『コロンビア・ヴァレー シャルドネ 2016』

さわやかな酸味があるワインはシーフード料理と相性抜群。

>> Amazonで詳細を見る

生産者のヒストリーから選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ヨーロッパほど法律の縛りが厳しくなく、比較的自由にワイン造りがおこなえるアメリカには、多彩な個性をもつ生産者が数多く存在します。そのような個性が生まれる背景には、それぞれの生産者のヒストリーがあるのです。

生産者のヒストリーは、ワインに付加価値を与え、ワインをいっそう味わい深いものにしてくれます。ある程度ワイン選びに慣れている方は、このような生産者のヒストリーに目を向けながら選ぶというのもいいでしょう。

アメリカワインのおすすめ6選 ワイン専門家が厳選!

ここまでで紹介したアメリカワインの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。料理との相性や好みを思い浮かべながら、飲みやすいアメリカワインを探していきましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015』

ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジカベルネ・ソーヴィニヨン2015』 ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジカベルネ・ソーヴィニヨン2015』 ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジカベルネ・ソーヴィニヨン2015』 ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジカベルネ・ソーヴィニヨン2015』

出典:Amazon

ぶどうの品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
産地 カリフォルニア/ローダイ
生産者名 ロバート・モンダヴィ
タイプ
アルコール度数 13.5%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

カリフォルニアの赤ワインを気軽に試せる1本

カリフォルニアワインを気軽に試してみたいという方におすすめの1本が、こちらの「ウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニヨン」です。「ウッドブリッジ」とは、カリフォルニアワインの父と讃えられるロバート・モンダヴィ氏が手掛けるスタンダート・クラスのワインシリーズのこと。ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨン。

カシスやブラックチェリーなどの色の濃いベリーの香りに、黒こしょうなどのスパイスの香りが深みを与えています。果実の凝縮感とほどよいコク、心地よい熟成感を楽しめるバランスのとれた味わいです。相性のいい料理はローストビーフやハンバーグなど。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オー・ボン・クリマ『ピノ・ノワール ツバキ・ラベル サンタ・バーバラ・カウンティ 2017』

オー・ボン・クリマ『ピノ・ノワールツバキ・ラベルサンタ・バーバラ・カウンティ2017』

出典:Amazon

ぶどうの品種 ピノ・ノワール
産地 カリフォルニア/サンタ・バーバラ
生産者名 オー・ボン・クリマ
タイプ
アルコール度数 13%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

日本限定のブルゴーニュ・スタイルの赤ワイン

ブルゴーニュの赤ワインがお好きな方にとくにおすすめのワインがこちら。カリフォルニアでブルゴーニュ・スタイルのワインを造りはじめた先駆者、オー・ボン・クリマが手掛ける1本です。

オーナーのジム・クレンデネン氏はサンタ・バーバラの巨匠とも呼ばれる存在。20回以上もの来日経験があり、日本人の嗜好をよく知る彼が生み出したのが、この日本限定のツバキ・ラベル。

ブドウ品種はピノ・ノワールで、ストロベリーやラズベリー、バラのような魅惑的な香りが特徴的な、なめらかな口当たりで非常に奥深い味わいのワインです。グリルチキンやカモ肉のローストなどとよく合います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナパ・セラーズ『ジンファンデル ナパ・ヴァレー』

ナパ・セラーズ『ジンファンデルナパ・ヴァレー』 ナパ・セラーズ『ジンファンデルナパ・ヴァレー』 ナパ・セラーズ『ジンファンデルナパ・ヴァレー』

出典:Amazon

ぶどうの品種 ジンファンデル87%、プチシラー13%
産地 カリフォルニア/ナパヴァレー
生産者名 ナパ・セラーズ
タイプ
アルコール度数 14.5%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

コスパにすぐれたナパ・ヴァレーの赤

「ジンファンデル ナパ・ヴァレー」は、カリフォルニアのナパ・ヴァレーのコスパのいい赤ワインです。

生産者のナパ・セラーズは、ナパ・ヴァレーの小さなワイナリーで、この地の「成熟・豊満・バランス」という伝統的なスタイルを守り続けています。ブドウ品種はジンファンデル主体。イタリアで「プリミティーヴォ」と呼ばれる品種と同一の品種です。

ダークチェリーやブラックベリーのような香りに、クミンやペッパーなどのスパイスの香りを合わせたような芳香と、果実味豊かな厚みのある味わいが特徴的。ポークソテーや熟成チーズなどとよく合います。コストパフォーマンスにすぐれたワインをお探しの方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シャトー・サン・ミッシェル『コロンビア・ヴァレー シャルドネ 2016』

シャトー・サン・ミッシェル『コロンビア・ヴァレーシャルドネ2016』

出典:Amazon

ぶどうの品種 シャルドネ
産地 ワシントン/コロンビアバレー
生産者名 デビッド・ローゼンタール
タイプ
アルコール度数 -
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

幅広い料理と合わせやすいワシントン州の白

カリフォルニア州に次いで2番目のワインの生産量を誇るワシントン州のおすすめのワインがこちら。生産者のシャトー・サン・ミッシェルは、同州のコロンビア・ヴァレーを有数のワイン産地として世界に広めたワイナリーです。

ブドウ品種は世界各地で栽培されている白ワイン用品種のシャルドネ。樽発酵やマロラクティック発酵といった特殊な製法と、約7カ月間の樽熟成により、リッチで複雑な味わいが表現されています。

さわやかな酸味も心地よく、幅広い料理と合わせやすいワインをお探しの方におすすめです。とくに相性のよい料理は、シーフードサラダやサーモンのグリルなど。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー『スワロー リースリング 2018』

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー『スワローリースリング2018』

出典:Amazon

ぶどうの品種 リースリング
産地 オレゴン
生産者名 フォリス・ヴィンヤーズ
タイプ
アルコール度数 -
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

コスパ抜群のオレゴン州のやや甘口リースリング

オレゴン州のコスト・パフォーマンス抜群のおすすめのワインが、こちらの「スワロー リースリング」です。生産者のフォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリーは、ブドウ栽培に適さないと考えられていたオレゴン州のログ・ヴァレーで大成功を収めた、いわばオレゴン州のブドウ栽培のパイオニア的存在。

ブドウ品種はリースリングで、オレゴン州のように冷涼な地域を好む品種です。ピーチやジャスミンのような華やかな香りに、ほのかな甘みを感じるふくよかな味わいが特徴的。ワイン初心者の方や、甘いお酒がお好きな方にもおすすめです。てんぷらや甘辛い味つけの料理とよく合います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ボンテッラ『ボンテッラ ソーヴィニヨン・ブラン 2017』

ボンテッラ『ボンテッラソーヴィニヨン・ブラン2017』

出典:Amazon

ぶどうの品種 ソーヴィニヨン ブラン、シャルドネ 、マスカット
産地 カリフォルニア/メンドシ―ノ
生産者名 ボンテッラ
タイプ
アルコール度数 13.1%
内容量 750ml

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

カリフォルニアのオーガニックの白ワイン

オーガニックを好む方におすすめなカリフォルニアの白ワインがこちら。無農薬のオーガニック栽培にこだわるボンテッラが手掛ける、「ボンテッラ ソーヴィニヨン・ブラン」です。

ブドウ品種はソーヴィニヨン・ブランを主体とし、マスカットとシャルドネを少しずつブレンド。グレープフルーツやキウイなどの果実の香りに、刈りたての牧草を思わせるような、いかにもソーヴィニヨン・ブランらしいさわやかな香りが感じられます。フレッシュな果実味といきいきとした酸味のバランスのよいワインです。

グリーンサラダや白身魚のカルパッチョなどとよく合います。

「アメリカワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015』
オー・ボン・クリマ『ピノ・ノワール ツバキ・ラベル サンタ・バーバラ・カウンティ 2017』
ナパ・セラーズ『ジンファンデル ナパ・ヴァレー』
シャトー・サン・ミッシェル『コロンビア・ヴァレー シャルドネ 2016』
フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー『スワロー リースリング 2018』
ボンテッラ『ボンテッラ ソーヴィニヨン・ブラン 2017』
商品名 ロバート・モンダヴィ『ウッドブリッジ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015』 オー・ボン・クリマ『ピノ・ノワール ツバキ・ラベル サンタ・バーバラ・カウンティ 2017』 ナパ・セラーズ『ジンファンデル ナパ・ヴァレー』 シャトー・サン・ミッシェル『コロンビア・ヴァレー シャルドネ 2016』 フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー『スワロー リースリング 2018』 ボンテッラ『ボンテッラ ソーヴィニヨン・ブラン 2017』
商品情報
特徴 カリフォルニアの赤ワインを気軽に試せる1本 日本限定のブルゴーニュ・スタイルの赤ワイン コスパにすぐれたナパ・ヴァレーの赤 幅広い料理と合わせやすいワシントン州の白 コスパ抜群のオレゴン州のやや甘口リースリング カリフォルニアのオーガニックの白ワイン
ぶどうの品種 カベルネ・ソーヴィニヨン ピノ・ノワール ジンファンデル87%、プチシラー13% シャルドネ リースリング ソーヴィニヨン ブラン、シャルドネ 、マスカット
産地 カリフォルニア/ローダイ カリフォルニア/サンタ・バーバラ カリフォルニア/ナパヴァレー ワシントン/コロンビアバレー オレゴン カリフォルニア/メンドシ―ノ
生産者名 ロバート・モンダヴィ オー・ボン・クリマ ナパ・セラーズ デビッド・ローゼンタール フォリス・ヴィンヤーズ ボンテッラ
タイプ
アルコール度数 13.5% 13% 14.5% - - 13.1%
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする アメリカワインの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのアメリカワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:アメリカ赤ワインランキング
Yahoo!ショッピング:アメリカワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アメリカ生まれの「カルトワイン」とは? ワイン専門家が解説!

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ワインに関心のある方は、一度は「カルトワイン」という言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか? 「カルトワイン」とは、1990年頃にカリフォルニアで誕生した言葉で、生産量がきわめて少ない、高品質かつ高級なワインのことを指しています。また、著名なワイン評論家から高評価を得て、一挙に価格が高騰し、入手困難になったワインのことも含んでいます。

このようなワインは非常に希少なため、仮にオンラインショップで取り扱いがあったとしても、在庫がわずかであったり、数十万円もするようなのも珍しくありません。ですから本記事ではあえて紹介しておりませんが、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ワイン専門家からのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

アメリカワインは奥深い! 様々な種類を楽しもう

アメリカワインは、産地やブドウ品種、生産者などの違いにより、それぞれが実に多彩な個性を放っています。リーズナブルな価格帯のものも数多く存在するので、特別なときだけでなく、ふだんの生活で気軽にワインを楽しみたい、という方にも重宝するでしょう。

さまざまな産地やブドウ品種、生産者のワインを試し、ぜひアメリカワインの奥深い魅力に触れてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:mtakepanda、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/1/20 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カリフォルニアワインおすすめ6選!【JSA認定ソムリエが厳選】

カリフォルニアワインおすすめ6選!【JSA認定ソムリエが厳選】

ニューワールドと呼ばれる、比較的歴史の新しいワイン産地のひとつであるカリフォルニア。最先端の科学や研究結果を盛りこみ、恵まれた気候のなかでワインづくりが行なわれている地域です。しっかりとした飲み心地とストレートな味わいのものや、複雑で繊細な味わいのものなど、ワインのスタイルはとても多様です。魅力的なワインが多く、どんな商品を選べばいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、日本ソムリエ協会(JSA)認定ソムリエである井出玲子さんへの取材をもとに、カリフォルニアワインの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。本記事を参考に、お気にいりのカリフォルニアワインを探してみてください。


ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

「ワイングラスでワインの味が変わる」といわれるほど、ワインを楽しむのに欠かせないワイングラス。ここでは、食空間プランナーの赤松真紀子さんと編集部が選ぶワイングラスのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。人気ブランドからアウトドアにも使いやすいプラスチック製など厳選しています。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュは、ボルドーと並びフランスの高級ワインの生産地として、世界中で認知されています。有名な「ロマネ・コンティ」や「ボージョレ・ヌーヴォー」もブルゴーニュ地方で作られたワインなのです。ワインは、値段の幅も大きく、味の好みもあるのでどれを選べばよいか迷うことはありませんか? この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに取材をもとに、ブルゴーニュの白ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。さらに記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングとは、ドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種のこと。世界中の寒冷地で栽培されている、最も有名な品種のひとつです。こちらでは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、初心者向けの甘口のリースリングから、上級者向けの辛口リースリングまで、選び方とおすすめ商品をご紹介いたします! さらに、アメリカやオーストラリアなどの産地や生産者の違いよるリースリングの楽しみ方も教えていただきました。また記事後半では通販サイトの最新人気ランキングも確認できるので、口コミなども参考にしながらお気に入りの1本を見つけていきましょう!


【おしゃれに保冷!】ワインクーラーおすすめ12選|自宅用やプレゼント向けも

【おしゃれに保冷!】ワインクーラーおすすめ12選|自宅用やプレゼント向けも

ワインは温度変化によって味わいが変わる繊細な飲み物。コルク栓を開けてから飲み終わるまで、最適な温度をキープしておいしく飲むためには、ワインクーラーが欠かせません。この記事では、ワインクーラーの選び方とおすすめの商品を厳選! おしゃれなものからプレゼントにぴったりの高級品、自宅でも使いやすいリーズナブルな価格のものなど幅広く紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る