ジム用シューズおすすめ11選|ランニングマシンから室内トレーニングにも使える

[ナイキ] フリー ラン 5.0 28 ブラック/ホワイト/アンスラサイト/ボルト
出典:Amazon
[ナイキ] フリー ラン 5.0 28 ブラック/ホワイト/アンスラサイト/ボルト
出典:Amazon

スポーツジムやトレーニングジムなどの屋内で運動する際、ジム用のトレーニングシューズが必要です。

ランニングマシンや筋トレなど、運動にフィットしたものを選ぶのはもちろん、おしゃれで機能的なジム用シューズでトレーニングしたいですよね。

この記事では、ジム用シューズの選び方とおすすめ商品をご紹介。トレッドミルなどのランニングマシンに使えるシューズや筋トレ時にも使えるシューズのほか、ナイキやアディダスなどの人気ブランドのシューズをピックアップしています。

記事後半には、比較一覧表、通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるので、口コミや評判もチェックしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

マラソン完走請負人
牧野 仁
アスレティックトレーナー、ストレングス&コンディショニングトレーナーとして活躍。 アスリートのケガの復帰から、競技力向上まで、様々な知識と経験を駆使して、市民ランナーの指導を専門に行うJapanマラソンクラブを設立。 NHKBS「ラン×スマ」などで指導。著書「楽して走ろうフルマラソン」など多数執筆。(有)スポーツネットワークサービス代表

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品、ドリンク・お酒、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

◆本記事の公開は、2019年09月13日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

ジム用シューズの選び方

屋内でのランニングや筋トレにも使えるジム用シューズを選ぶときのポイントを見ていきましょう。

ジムのトレーニング内容にあわせて選ぶ

トレッドミルを走る様子
ペイレスイメージズのロゴ
トレッドミルを走る様子
ペイレスイメージズのロゴ
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

ジムではランニングだけでなく、筋力トレーニングをするためにマシンを使ったり、ダンベルやバーベルなどを使ってトレーニングをします。トレーニング内容に合わせシューズを選ぶようにしましょう。

▼ジムで総合的に運動するなら万能モデルを

ジムにはランニングマシーンや、筋トレマシーンなどさまざまです。どのトレーニングにも万能に馴染むシューズを選べば、ジム用シューズは1足ですみます。怪我防止のためにも、クッション性やフィット具合などを考慮して選ぶようにしましょう。

▼ダンスなどのエクササイズにはホールド感があるモデルを

ダンスやエクササイズは動きが激しいので、ぬげにくいシューズを選ぶ必要があります。ランニングシューズは浅いので、あまり向いていません。くるぶしまであるハイカットタイプのシューズがおすすめです。ハイカットだと足首に負担をかけないので、年齢が高めな人こそしっかりしたものを選びましょう。

▼ウェイトトレーニングには裏面にグリップ力のあるモデルを

ウェイトトレーニングは重たい重量を全身でささえなければいけません。足でしっかり踏みとどまれるグリップ力の高いソールタイプを選びましょう。重量をあげたときに滑ったりしてはたいへん危険です。また、足首をいためないようにホールド感も大切です。

▼トレッドミルなどのランニングならクッション性が重要

ランニングマシンによく乗る人は、クッション性があるシューズを選びましょう。跳ねたときに足の負担を軽減してくれます。また、きちんと足のサイズにフィットするシューズを選ぶことで靴ずれも防げます。

ジム用シューズのおすすめ11選


ここまで紹介した選び方のポイントをふまえ、おすすめの商品を選んでいただきました。

MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバース LG 3』

MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバースLG3』
出典:Amazon この商品を見るview item

やわらかい着地で、しなやかな動きへつなげる

足の指先で動きをコントロールしやすいよう屈曲性をサポートしています。高いクッション性と安定性を両立したシューズです。

柔らかさを体感できるようにこだわって設計しているので、安定性が抜群です。通気性も取り備えており、湿気を輩出してシューズ内を快適に保つシューズです。

エキスパートのおすすめ

NIKE(ナイキ)『フリー ラン 5.0』

NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』 NIKE(ナイキ)『フリーラン5.0』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

5kmまでのランに最適! 素足感覚のシューズ

NIKEの『フリーラン5.0』は、5kmまでのランに適しているのが特徴で、素足感覚のシューズとして登場しました。フィットネスジムでは、トレッドミルの使用時間が30分に制限されている施設が多く、その限られた時間を考えると時速10kmで30分間走ればちょうど5km(6分/km)。ジムで使用するのに適したシューズです。

シューズ自体はやわらかくさまざまな動きに対応できるので、スタジオにも筋力トレーニングにもおすすめです。

エキスパートのおすすめ

MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズ TF-01』

MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズTF-01』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

MIZUNO COBで足裏の感度が向上

MIZUNOのトレーニングシューズは、跳んだり跳ねたりとクロスフィットにも適したシューズを展開しています。『TC-01』の最大の特徴は、「MIZUNO COB」といわれるソールの凹凸が、シューズでありながら裸足のような足の裏の感覚を実現し、バランス感覚がとりやすくなっていることです。

トレッドミルの上のランニングでは真っすぐ走っているようで左右に動いてしまうことが多いのですが、このシューズは走りのバランスを修正しやすくなる新感覚シューズです。フォームを安定させたい方やジムに通いはじめたばかりの方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

adidas(アディダス)『アルファバウンス ビヨンド 2M』

adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』 adidas(アディダス)『アルファバウンスビヨンド2M』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

ミッドソールの安定感抜群のトレーニングシューズ

見た目にもわかるほどアッパーから多くはみ出ているアウトソール。クッション性の高いミッドソールはバランスを安定させてくれるので、快適なランニングができます。

また、ウエイトトレーニングなど力を使うトレーニングにおいても、しっかりバランスを取って力が伝わりやすいシューズが望ましく、このシューズは安全かつ力を発揮してくれるのでおすすめです。

エキスパートのおすすめ

YONEX(ヨネックス)『 ランニングシューズ セーフラン950』

YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』 YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』 YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』 YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』 YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』 YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』 YONEX(ヨネックス)『ランニングシューズセーフラン950』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

シューレースがなく、かんたんに脱ぎ履きできる

ヨネックスの『セーフラン950』の最大の特徴はシューレースがないこと。フィットネスジム内でシューズを内履きに履きかえるときや、ストレッチをする際にもシューズの脱ぎ履きがかんたん。靴ひもを結びなおす手間から解放されたい方におすすめです。

ランニングシューズとしても、ミッドソールにパワークッションを搭載しており、走る際のひざや腰への負担を軽減してくれます。さらにアッパーにニットを使用し、フィット感が向上しているのもよい点です。

Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』

Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』
出典:Amazon この商品を見るview item

ウェイトリフティングのための安定性の高いシューズ

ウエイトリフティングをしっかりとサポートするデザインです。ヒールが高くなっているので、最適なスクワットポジションでリフティングが可能になっています。

ソフトな肌触りで、足にもぴったりとフィットする履き心地の良さが特徴です。耐久性と安定性に優れているランニングシューズです。

エキスパートのおすすめ

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』

UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 UNDERARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

タウンシューズ、ロード、ジム用にもできる汎用性

24時間ジムなどの最近のジムは、内履きに履き替えることがなく、普段のシューズで利用できる施設が増えています。『UAホバーソニック』は、ロード用の充分なクッション性とアッパーメッシュのオシャレさでさまざまな場面で使用可能。

ジムでは安定感はもちろん、左右の動きにも適したシューズのやわらかさも兼ね備えており、汎用性の高いシューズです。

エキスパートのおすすめ

イノヴェイト『inov-8(F-LITE 245 MS)』

イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE245MS)』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

ドロップが3mmとフラットなシューズ

『inov-8』はトレイルランニングシューズとして慣れ親しまれているブランドです。このシューズの特徴はかかととつま先の差であるドロップが低いのが特徴。通常のランニングシューズではドロップが10~12mmと高めですが、このシューズは3mm。その低さはトレーニングをするために非常にバランスが取れており、とくにフリーウエイトのトレーニングでは力が伝わりやすくおすすめです。

もちろんランニングシューズブランドなので、走りのバランスもコントロールしてくれます。

エキスパートのおすすめ

Reebok(リーボック)『フォーエバーフロートライド エナジー』

Reebok(リーボック)『フォーエバーフロートライドエナジー』 Reebok(リーボック)『フォーエバーフロートライドエナジー』 Reebok(リーボック)『フォーエバーフロートライドエナジー』
出典:Amazon この商品を見るview item
マラソン完走請負人:牧野 仁

マラソン完走請負人

クロスフィットにも適したランニングシューズ

リーボックの『フォーエバーフロートライド エナジー』の特徴は、ミッドソールに「フロートライド フォーム」が搭載されていることです。通常使われるEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)より30%軽量化し、アッパーもシームレスにしてさらなる軽量化を実現。

リーボックのランニングシューズはクロスフィットにも対応しているので、跳んだり跳ねたりするスタジオエクササイズなどにも適しています。また、疲れにくいので、フルマラソンにも対応している一石二鳥のランニングシューズです。

adidas(アディダス)『トレーニングシューズ FitBounce Trainer M』

調整や筋力トレーニング向きの、安定感

安定感と汎用性、反発力に優れたシューズです。ウェイトリフティングからラダートレーニング、ショートランまでも対応可能です。

あらゆる方向へ駆動力を発揮するアウトソールが特徴です。快適な履き心地を実現しており、弾力性・敏しょう性により長時間も苦にならない履き心地の良さです。

SAGUARO『ベアフット ランニングシューズ』

SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』 SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』 SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』 SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』 SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』 SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』 SAGUARO『ベアフットランニングシューズ』
出典:Amazon この商品を見るview item

“裸足”のように快適な履き体験をもたらします

一つの重さはわずか136gで簡単にバッグの中に入れることが可能です。高弾性で通気性に優れたスパンデックス生地で、裸足のような快適さを実現したシューズです。

裸足のような快適さですが、靴の先端部分が厚めなので、衝突防止で安心できます。インソールに通気孔を設計しているため、通気性もよく履き心地に優れています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバース LG 3』
NIKE(ナイキ)『フリー ラン 5.0』
MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズ TF-01』
adidas(アディダス)『アルファバウンス ビヨンド 2M』
YONEX(ヨネックス)『 ランニングシューズ セーフラン950』
Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』
イノヴェイト『inov-8(F-LITE 245 MS)』
Reebok(リーボック)『フォーエバーフロートライド エナジー』
adidas(アディダス)『トレーニングシューズ FitBounce Trainer M』
SAGUARO『ベアフット ランニングシューズ』
商品名 MIZUNO(ミズノ)『ウエーブダイバース LG 3』 NIKE(ナイキ)『フリー ラン 5.0』 MIZUNO(ミズノ)『トレーニングシューズ TF-01』 adidas(アディダス)『アルファバウンス ビヨンド 2M』 YONEX(ヨネックス)『 ランニングシューズ セーフラン950』 Reebok(リーボック)『レガシーリフター2』 UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)『UAホバーソニック4』 イノヴェイト『inov-8(F-LITE 245 MS)』 Reebok(リーボック)『フォーエバーフロートライド エナジー』 adidas(アディダス)『トレーニングシューズ FitBounce Trainer M』 SAGUARO『ベアフット ランニングシューズ』
商品情報
特徴 やわらかい着地で、しなやかな動きへつなげる 5kmまでのランに最適! 素足感覚のシューズ MIZUNO COBで足裏の感度が向上 ミッドソールの安定感抜群のトレーニングシューズ シューレースがなく、かんたんに脱ぎ履きできる ウェイトリフティングのための安定性の高いシューズ タウンシューズ、ロード、ジム用にもできる汎用性 ドロップが3mmとフラットなシューズ クロスフィットにも適したランニングシューズ 調整や筋力トレーニング向きの、安定感 “裸足”のように快適な履き体験をもたらします
サイズ 22.0~27.5cm(0.5刻み) 24.5~30.0cm(0.5刻み) 23.0~29.0cm(0.5刻み) 25.0~29.0cm(0.5刻み) 24.5~29.0cm(0.5刻み) 24.5~32.0cm(0.5刻み) 25.0~29.0(0.5刻み) 23.0~30.0cm(0.5刻み) 25.0~30.0cm(0.5刻み) 24.5~29.0cn(0.5刻み) 22.5~30.0cm
ソールの厚さ 2cm - 2.0cm 2.5cm 2.5cm - - 1.5cm 1.0cm 2cm -
重量 約255g(23.5cm片方) - 335g(27.0cmの場合) 350g(27.0cmの場合) 250g(26.0cmの場合) 575 g - - - - 136g(片方)
カラー ブラック、ホワイト、ガンメタル、ホワイト×マルチカラー ブラック/アンスラサイト/ボルト/ホワイト、レーザーブルー/ホワイト/ブラック ほか イエロー×ブラック、ブラック×ダークグレー コアブラック/シルバーメット/カーボン、ランニングホワイト/グレーTWO、コアブラック/トゥルーオレンジ インフィニットブルー、アッシュブラック ブラック、ホワイト、リーボックラバーガム Black、Gray ホワイト/ブラック、レッド/ホワイト、ブルー/ホワイト、ブラック/ホワイト ブライトシアン/ブラック/ホワイト、ブラック/ホワイト/ゴールドメット ほか ソーラーレッド×コアブラック、コアブラック×ウェアホワイト、テックインディゴ×シルバーメタリック レッド、ブラック、オレンジ、ホワイト、グリーン、グレー、ブルー、ピンク
商品リンク

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ジム用ランニングシューズの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのジム用ランニングシューズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ジム用ランニングシューズランキング
楽天市場:ジム用ランニングシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのジム・トレーニングに関連する記事はこちら 【関連記事】

初心者は自分の運動レベルに合わせて選ぼう


ジム初心者の人は、まずは自分の運動レベルにあわせてシューズを選びましょう。いきなりハイスペックなプロ仕様のシューズを選んでも運動のレベルが違うと逆に負担になることもあります。

また、紐がほどけない、しっかり足にホールドするように脱ぎにくい構造のシューズや、紐がないシューズのような、脱ぎ履きしやすくフィット感のよいシューズを選ぶこともポイントです。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button