ストロボディフューザーのおすすめ4選【静物撮影やポートレート撮影で活躍!】

ストロボディフューザーのおすすめ4選【静物撮影やポートレート撮影で活躍!】
料理写真専門カメラマン:長谷川 敬介
料理写真専門カメラマン
長谷川 敬介

広告スタジオでコマーシャルフォトを学び、フリーランスとして独立。 現在は、料理の撮影を中心に活動しています。「ハワイ・ライフスタイル・フォト・アワード2015」グランプリ受賞。"写真好きな人もっと増えてしまえ!"をモットーにセミナー講師としても活動中。 【撮影実績】 Samantha Thavasa SWEETS・宅麺・株式会社ニッセーデリカ・中華そば四つ葉・株式会社青梅インターフローラ・パイホリックなど200店舗以上

料理写真専門カメラマンが選ぶストロボディフューザー5選をご紹介します。ストロボディフューザーは、クリップオンストロボや内蔵ストロボの光が強すぎたり、濃い影ができてしまったりする場合に、光量を調整したり、自然光のような柔らかな光に調整したりするために使われます。室内での静物撮影やポートレート撮影など、活用の場は幅広く、うまく使いこなすことで写真のクオリティを引き上げることができるでしょう。本記事で、料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんにお話をうかがい、ストロボディフューザーの選び方とおすすめ商品5選を紹介していただきます。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。


ストロボディフューザーの選び方|料理写真専門カメラマンに聞く

料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんに、ストロボディフューザーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。自分に合ったストロボディフューザーを選べるように着目するべきポイントをしっかり押さえておいてください。

ストロボ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ストロボディフューザーを使うと、ストロボの光を調整して被写体の印象を変えられます。

ストロボの種類で選ぶ

料理写真専門カメラマン

ストロボの種類は大きく分けて2つあります。おもにコンセントから電源を供給して使用する大型ストロボ(モノブロックなど)と、カメラの上につけて使うことが多いクリップオンストロボ。このどちらを使っているかで、購入するディフューザーも異なる場合があります。ディフューザーにはバウンス型、ボックス型、カップ型などがあります。

<ディフューザーの種類>
・バウンス型:光が拡散しやすいため、全体に光がまわりやすい。
・ボックス型:光に指向性があり、アンブレラ型に比べて影がつきやすい。
・カップ型:クリップオンストロボ本体に直接かぶせて使います。簡易的なディフューザー。

たとえば、ディフューザーのタイプがソフトボックスの場合、大型ストロボ用ソフトボックスをクリップオンストロボで使うことは可能ですが、別途アクセサリーが必要になります。逆に、クリップオンストロボ用は大型ストロボで使用することができないので、まずはお手持ちのストロボの種類を確認してください。

エツミ『ストロボディフューザー』

クリップオンストロボにかぶせるだけのかんたん仕様。手軽にストロボの光を柔らかく調整できます。

>> Amazonで詳細を見る

光のかたさ・やわらかさで選ぶ

料理写真専門カメラマン

ストロボが「太陽」とすると、ディフューザーは「雲」の役割をしています。ディフューザーがない状態のストロボはかたい光になり、ディフューザーをつけると光がやわらかくなります。また「薄い雲」より「厚い雲」のほうが、光がやわらかくなります。

さらに、ディフューザーも「アンブレラにディフューザーをつける」「ソフトボックスのなかにインナーディフューザーをつける」と光はとてもやわらかくなります。初心者の方はやわらかい光のほうがあつかいやすいので、そのことも念頭に置いてディフューザー選びをしてください。

ディフューザーの大きさで選ぶ

料理写真専門カメラマン

ディフューザーには、さまざまな大きさがあります。大きいディフューザーは、広い範囲をカバーできることがメリットです。可能な限り大きいディフューザーを購入したほうが、対応できる幅が広がるので便利です。

しかし大きいディフューザーは、「持ち運びがしにくくなる」ことがデメリットです。屋外などロケで撮影することが多い方は、持ち運びやすさを考慮して購入するようにしてください。

Godox(ゴドックス)『ソフトボックス(SFUV6060)』

ストロボディフューザーを持ち出して使うことが多い方は、コンパクトに収納できるタイプが利便性が高くおすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

ストロボディフューザー4選|料理写真専門カメラマンのおすすめ品

上で紹介したストロボディフューザーの選び方のポイントをふまえて、料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。撮影はまず最適なライティングを用意するところから。よりクオリティの高い写真を撮るために使用目的に合ったストロボディフューザーを選んでください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』

出典:楽天市場

タイプ
バウンス型
サイズ
直径:108-399cm
対象ストロボ
-
設置・固定方法
-
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

さまざまな撮影に対応。初心者向け

アンブレラタイプ。大型ストロボ・クリップオンストロボ、どちらでも使用することができます。アンブレラは光もやわらかいので、ブツ撮りやモデル撮影などさまざまな撮影に対応することができます。

また、アンブレラに加えて、対応する別のディフューザーも一緒に購入しておくと、さらに光をやわらかくすることができます。ディフューザー初心者の方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Godox(ゴドックス)『Godox ソフトボックス(SFUV6060)』

出典:Amazon

タイプ
ボックス型
サイズ
幅60×高さ60cm
対象ストロボ
クリップオン
設置・固定方法
はめ込み
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

コンパクト収納でもち運びしやすい

Godoxソフトボックスは、クリップオンストロボ専用のソフトボックス。ソフトボックスはアンブレラよりかたい光が特徴です。

Godoxソフトボックスは、付属でインナーのディフューザーもついているので、2種類の光質で撮影できます。折りたたみ方にコツが必要ですが、コンパクトに収納できるためもち運びもしやすいです。移動先(屋内・屋外)で撮影する機会が多い方におすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エツミ『ストロボディフューザー』

出典:Amazon

タイプ
カップ型
サイズ
-
対象ストロボ
クリップオン
設置・固定方法
はめ込み
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

ストロボに取りつけるだけでかんたんにセッティング

クリップオンストロボに装着して使用するディフューザーです。取りつけ・取り外しがかんたんにでき、商品自体も小さいので持ち運びもしやすいことがメリットです。クリップオンストロボに取りつけるだけで、光が拡散しやわらかくなります。

「クリップオンストロボではじめて撮ったけど、光がかたくて上手に撮れない」「ディフューザーをつけるとどんな効果が得られるのかよくわからない」とお考えの初心者さんや、セッティングがかんたんにできるディフューザーをお探しの方におすすめです。

お使いのクリップオンストロボごとに形状が違うため、購入時はクリップオンストロボの型番と対応するディフューザーを確認して購入するようにしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

出典:楽天市場

タイプ
バウンス型
サイズ
幅110×長さ200cm
対象ストロボ
-
設置・固定方法
-
Thumb lg 74d2abb9 9b8d 4b0d 9450 5973be9f8e4c
料理写真専門カメラマン

調整の自由度が高く、しかも安価

垂らして使うタイプのディフューザーです。大型ストロボとクリップオンストロボのどちらでも使用可能。垂らして使うタイプのディフューザーは、ユポ・アートレなどの種類がありますが、なかでもトレーシングペーパーは安価なので、多くのカメラマンに愛用されています。

ストロボとディフューザーなどとの距離を変更できるため、光質を調整しやすいのがメリット。ただし、ディフューザーを垂らすために別途機材を準備する必要があるので手間がかかります。ブツ撮りをする方におすすめです。

「ストロボディフューザー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』
Godox(ゴドックス)『Godox ソフトボックス(SFUV6060)』
エツミ『ストロボディフューザー』
堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

商品

銀一 (ギンイチ)『ホワイト・アンブレラ(GP0143)』 Godox(ゴドックス)『Godox ソフトボックス(SFUV6060)』 エツミ『ストロボディフューザー』 堀内カラー『トレペM(HCL 35826)』

特徴

さまざまな撮影に対応。初心者向け コンパクト収納でもち運びしやすい ストロボに取りつけるだけでかんたんにセッティング 調整の自由度が高く、しかも安価

価格

楽天市場 : ¥ 5,470
PayPayモール : ¥ 5,370
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
Amazon : ¥3,248
楽天市場 : ¥ 4,850
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,405
※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格
Amazon : ¥964
楽天市場 : ¥ 1,705
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,945
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 1,510
PayPayモール : ¥ 1,518
※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

タイプ

バウンス型 ボックス型 カップ型 バウンス型

サイズ

直径:108-399cm 幅60×高さ60cm - 幅110×長さ200cm

対象ストロボ

- クリップオン クリップオン -

設置・固定方法

- はめ込み はめ込み -

商品情報

ECサイトのストロボディフューザーランキングを参考にする

Amazon、Yahoo!ショッピングでのストロボディフューザーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ストロボ用ディフューザーランキング 
Yahoo!ショッピング:ストロボ ディフューザーランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

料理写真専門カメラマンの「ここがポイント」|被写体や撮影場所によって使い分けを

料理写真専門カメラマン

ストロボのディフューザーは、光の拡散具合や光質など数値であらわすことがむずかしいジャンルなので、「慣れ」や「経験」が必要になってくる部分があります。被写体によっても、向き不向きがありますし、屋内撮影か屋外撮影かによってディフューザーを使い分ける必要があります。

ただ、ストロボとディフューザーを使って自分が思い描く光をつくり、1枚の作品を仕上げていくことはとても楽しい作業です。「どのディフューザーをどう使ったらベストなのか」と試行錯誤すること自体が楽しくなってきます。ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/25 タイトルを修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

おしゃれな【カメラバッグ】おすすめ6選|ショルダータイプからバックパックまで!

フォトグラファーが選ぶおしゃれなカメラバッグおすすめ6選をご紹介します。カメラバッグと聞くと、機能面は充実してるけど見た目はちょっと……という人も多いのではないでしょうか。しかし、よく探してみると一目見ただけではカメラバッグとはわからない、おしゃれなものも意外とみつかります。なかにはハイブランドがだしている高級感あるデザインのものも。この記事ではフォトグラファーの瀬川陣市さんが、機能的にもしっかりしながら見た目もおしゃれなカメラバッグのおすすめ商品を紹介してくれているので、自分のスタイルにあったカメラバッグ選びの参考にしてみてください。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

ミラーレス一眼のおすすめ10選と選び方【写真家が直伝】カメラ初心者必見!

写真家の藤井智弘さんに、カメラ初心者向けミラーレス一眼の選び方とおすすめ商品をうかがいました。普段はスマートフォンで写真をよく撮るけど、もっとキレイに撮りたい、という方におすすめなのがミラーレス一眼。スマホやコンパクトデジカメよりもセンサーサイズが大きく、高画質でボケのある写真も撮れます。最近ではコンパクトでおしゃれなものや、Wi-Fiなどでスマホとも連携できるものもあるので、スマホからのステップアップにぴったりです。この記事を参考に、どんな撮影をしたいのか、どんなデザインが好みなのかをよく吟味して、自分の使い方にあったミラーレス一眼をみつけてください。


格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ビデオカメラ用【SDカード】おすすめ商品5選|SDXC、スピードクラスなど徹底解説

ビデオカメラ用【SDカード】おすすめ商品5選|SDXC、スピードクラスなど徹底解説

フォトグラファーに聞いたSDカードの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ハイビジョンから4K、さらには8Kと、ますます解像度が高まる映像の世界。これにともない記録メディアのひとつであるSDカードもさまざまな進化を続けています。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、ビデオカメラ用のSDカードの選び方のポイントとおすすめの商品について解説しても。TOSHIBA、SanDisk、SONYなど信頼できるメーカーの製品をピックアップしました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。ビデオカメラはあるけれど、どんなSDカードを購入したらよいのだろう……と迷っている方は、合わせて参考にしてみてください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る