【ライトスタンド】選び方&おすすめ4選|Manfrotto・ETSUMI製など商品を厳選!

【ライトスタンド】選び方&おすすめ4選|Manfrotto・ETSUMI製など商品を厳選!
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーが選ぶライトスタンドおすすめ4選をご紹介します。ライトスタンドは、ストロボを乗せるための撮影機材です。最近のカメラはストロボが標準装備されているものも多いですが、ライトスタンドにストロボを乗せて独立させれば、被写体に合わせてライトの位置を細かく動かせます。使いこなせるようになれば、きっと写真撮影の幅が広がりますよ。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、ライトスタンドの選び方について教えてもらいました。使いやすいライトスタンドを見つけて、今以上に写真撮影を楽しみましょう。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ライトスタンドの選び方 フォトグラファーが解説!

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ライトスタンドを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ストロボ撮影をする方はぜひ参考にしてみてくださいね。

フォトスタジオにならぶライトスタンド
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ライトスタンドを使えば光がまわり、より魅力的な写真が撮れるでしょう。

スタンドの全長を把握する

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

実際に使用したい高さよりも長めのサイズを選ぶ

ライトスタンドを選ぶ際は、まずスタンドの全長を確認しましょう。脚部をすべて伸ばした状態がどれくらいの長さになるのかをチェックします。スタンドにライト部分を加える前の高さが、必要なサイズであるかを確認しておくことが重要です。

実際に使用したい高さよりも長めのサイズを選ぶのがおすすめ。スタンドの高さに余裕のあるものを選ぶといいでしょう。

Manfrotto(マンフロット)『ナノスタンド(001JB)』

重量が約1.2kgとやや重めの部類に入るスタンドだが、その分安定感はある。

>> Amazonで詳細を見る

収納時のサイズを確認する

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

持ち運ぶならコンパクトに収納できるスタンドが便利

ライトスタンドは折りたたんだ状態で持ち運びます。運搬時の大きさの目安になりますので、スタンドをすべて収納した状態のサイズも事前に確認しておくことが重要。重さもあわせてチェックしておくといいでしょう。

配送時や乗りものなどへの持ち込みなど、移動をともなう場合、必要以上に大きいサイズは負担になります。持ち歩きにはコンパクトなスタンドが便利です。

ライト本体の重さに耐えられるスタンドを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

脚部のつくりや材質なども確認

ライトスタンドは、ライト本体をセッティングして使用します。まずは耐荷重をチェックし、使用するライトの重さをじゅうぶん支えられるスタンドなのかを確認。その次に、脚部のつくりや材質などを確認しましょう。

脚部がじゅうぶんに開いて重心を保てるかどうかだけでなく、重りを取りつける場合、材質などの耐性もチェックしておきたいポイントです。使用するライトをしっかりと支えられるスタンドを選びましょう。

ETSUMI(エツミ)『コンパクトスタンド1700』

脚部が広く開脚するつくりで、重量などもあり安定した使用感が特徴のスタンド。反射板のアンブレラなど、重心が後方になるようなセッティングでも安心して使える。

>> Amazonで詳細を見る

ライトスタンドのおすすめ4選 フォトグラファーが選ぶ

ここまで紹介したライトスタンドの選び方のポイントをふまえて、フォトグラファーの瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。撮影シーンやお持ちのストロボに適したライトスタンドを見つけてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nissin(ニッシン)『スーパーライトスタンド(LS-50C)』

Nissin(ニッシン)『スーパーライトスタンド(LS-50C)』

出典:Amazon

サイズ 全高200cm/収納時48.5cm
重量 0.545kg
最大耐荷重 1.5kg

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ロケ撮影にうれしい軽量モデル

ストロボ専用メーカーであるニッシン製のライトスタンド。クリップオンストロボ専用のスタンドです。カーボン製で、重さ545gの軽量モデル。

収納時のサイズは48.5cmで、脚部を最大に伸ばすと2mになります。コンパクトに持ち運びできるので、クリップオンストロボを活用してロケ撮影をしたい方にとくにおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット)『ナノスタンド(001JB)』

Manfrotto(マンフロット)『ナノスタンド(001JB)』

出典:Amazon

サイズ 全高190cm/収納時49cm
重量 0.96kg
最大耐荷重 1.5 kg

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

収納性・安定感・コスパの高い三脚スタンド

イタリアの三脚メーカー、マンフロット社製のライトスタンドです。スタンド収納時は、49cmとコンパクトサイズ。ライトを取りつけるヘッド部分は別途購入が必要です。最長1.9mで、重量は約1.2kg。やや重めですが、そのぶん安定感のあるスタンドともいえます。

頑丈で耐久性もじゅうぶんですので、長く使うことができるでしょう。コスパのよいライトスタンドをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ETSUMI(エツミ)『コンパクトスタンド(1700)』

ETSUMI(エツミ)『コンパクトスタンド(1700)』

出典:Amazon

サイズ 全高190cm/収納時54cm
重量 1.3kg
最大耐荷重 -

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

マルチに使いやすい安定感のあるモデル

コスパがよくコンパクトサイズなライトスタンドです。脚部を収納した時のサイズは54cmで、全長は1.9m、重量は約1.3kg。脚部が広く開脚するつくりで、安定した使用感が特徴です。

反射板のアンブレラなど、重心が後方になるようなセッティングでも使える設計です。汎用性が高いので、さまざまな照明機材での使用を検討している方におすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto(マンフロット)『コンビブームスタンド黒(サンドバッグG100付)』

Manfrotto(マンフロット)『コンビブームスタンド黒(サンドバッグG100付)』

出典:Amazon

サイズ 全高392cm/収納時113cm
重量 3kg
最大耐荷重 9kg

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

物撮りに便利なアーム付きライトスタンド

調節可能な移動式アームを備えたライトスタンドです。アームバーがあるので、被写体にピンポイントで照明を上から当てたいときなどに使えます。テーブル上での物撮りのときなどに便利です。

小物などの撮影で、細かなライティング設定をしたいときなどに重宝するライトスタンドです。

「ライトスタンド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Nissin(ニッシン)『スーパーライトスタンド(LS-50C)』
Manfrotto(マンフロット)『ナノスタンド(001JB)』
ETSUMI(エツミ)『コンパクトスタンド(1700)』
Manfrotto(マンフロット)『コンビブームスタンド黒(サンドバッグG100付)』
商品名 Nissin(ニッシン)『スーパーライトスタンド(LS-50C)』 Manfrotto(マンフロット)『ナノスタンド(001JB)』 ETSUMI(エツミ)『コンパクトスタンド(1700)』 Manfrotto(マンフロット)『コンビブームスタンド黒(サンドバッグG100付)』
商品情報
特徴 ロケ撮影にうれしい軽量モデル 収納性・安定感・コスパの高い三脚スタンド マルチに使いやすい安定感のあるモデル 物撮りに便利なアーム付きライトスタンド
サイズ 全高200cm/収納時48.5cm 全高190cm/収納時49cm 全高190cm/収納時54cm 全高392cm/収納時113cm
重量 0.545kg 0.96kg 1.3kg 3kg
最大耐荷重 1.5kg 1.5 kg - 9kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ライトスタンドの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのライトスタンドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ライトスタンドランキング
Yahoo!ショッピング:ライトスタンド カメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フォトグラファーの「ここがポイント」 ライトスタンド選びに迷ったら……

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

照明機材や撮影環境に応じたライトスタンドを!

収納性や使い勝手など、重視するポイントによって選択肢はさまざま。もっとも大切なのは、照明機材をじゅうぶんに支えることができるライトスタンドを選ぶことです。

どのような照明機材を、どんな撮影環境で使うのかをしっかりと考慮してスタンド選びをするのがよいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:Mako、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【大光量!持ち運びラク!】撮影用モノブロックストロボおすすめ5選

【大光量!持ち運びラク!】撮影用モノブロックストロボおすすめ5選

フォトグラファーの瀬川陣市さんが選ぶ撮影用モノブロックストロボ5選と選び方のポイントをご紹介します。写真撮影には光の強さ、当たり方がとても重要です。とくにモデルや小物をはっきりと撮影するには、光の調節が不可欠です。そこで利用される機材が、モノブロックストロボです。カメラ搭載のストロボより、もっと大きな光量を出力することができる、電源一体型のストロボです。活用の場の多い機材ですが、選び方の難しい製品でもあります。この記事で紹介する選び方やおすすめ商品をぜひ参考にしてみてください。


一脚おすすめ5選|自立式、コンパクトなもので旅行に【クイックシュー付き】

一脚おすすめ5選|自立式、コンパクトなもので旅行に【クイックシュー付き】

写真を撮ったり、ビデオカメラで録画したりするときにカメラを安定させるための一脚。子どもの発表会や運動会ではいい写真が撮りたいですよね。一脚は手持ちでの撮影と比べてブレを大幅に抑えられ、省スペースで使えて三脚よりも取り回しがいいので、バッグに一本忍ばせておくと役立つアイテムです。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


【鮮明な写真を手軽に撮れる】おすすめの露出計5選|フォトグラファー厳選

【鮮明な写真を手軽に撮れる】おすすめの露出計5選|フォトグラファー厳選

本記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、露出計の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。光に左右されず思ったとおりの写真を撮るために、ぜひ本記事を参考に露出計を選んでみてください。


【汚れをサラっと落とす】レンズクリーナーの選び方&おすすめ5選

【汚れをサラっと落とす】レンズクリーナーの選び方&おすすめ5選

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方や種類、おすすめの商品を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでレンズの汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせませんので、さまざまなレンズクリーナーを見て検討してみてください。


カメラマングローブおすすめ5選と選び方【操作性のいい商品を厳選】

カメラマングローブおすすめ5選と選び方【操作性のいい商品を厳選】

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、カメラマングローブの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。雨の降るなかや冬の寒い時期でも、カメラでの撮影を快適にしてくれるのがカメラマングローブです。撮影するときのことを考えて、シャッターを押す際にじゃまにならないよう指先が出せるようになっているものや、大事なカメラをしっかりと持つことができるように工夫されたものが販売されています。しかし、商品によって少しずつ特徴が異なるため、どんなものを選んだらいいのか迷ってしまいますね。フォトグラファーの瀬川陣市さんが教えてくれる選び方やおすすめ商品をぜひ参考にしてみてください。


新着記事


日本の歴史小説おすすめ52選|【司馬遼太郎・吉川英治・池波正太郎】傑作を厳選

日本の歴史小説おすすめ52選|【司馬遼太郎・吉川英治・池波正太郎】傑作を厳選

過去の歴史背景や人物の足跡を学び、史実を知ることができる日本の歴史小説。この記事では、作家/脚本家・南原 順さんと編集部が選ぶ日本の歴史小説おすすめ52作品をご紹介します。あわせて選び方のポイントも解説していますので、ぜひ作品選びの参考にしてみてください。


チューナーマイクおすすめ10選|【ヤマハ・コルグ・セイコー】など厳選

チューナーマイクおすすめ10選|【ヤマハ・コルグ・セイコー】など厳選

チューニングをするとき、チューナーマイクを使うことで楽器の音を拾いやすくなり、正確なチューニングができます。当記事では、サックスプレイヤーの加度克紘さんと編集部が、チューナーマイクの選び方のポイントとおすすめのチューナーマイク10選をランキングとともに紹介していきます。


ペンライトおすすめ19選|【電池式・使い捨て】タイプ別に厳選!

ペンライトおすすめ19選|【電池式・使い捨て】タイプ別に厳選!

ライブやコンサートで会場の一体感を演出するのに欠かせない「ペンライト」。電池式や使い捨てなどさまざまなタイプがあります。この記事では、韓流ソムリエの平畑有梨さんと編集部が選んだペンライトのおすすめ商品19選と選び方を紹介します。電池式と使い捨てタイプにわけて厳選しています。


シフトノブおすすめ13選|好みのグリップ感でドライブにより楽しさを!

シフトノブおすすめ13選|好みのグリップ感でドライブにより楽しさを!

車の運転で何気なく使用しているシフトノブ。マニュアル車に乗る方は、握ったまま運転していることも多いのではないでしょうか。シフトノブはカンタンに交換、カスタマイズできる反面、さまざまな種類があって迷ってしまいがちですよね。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


カブトムシマットおすすめ11選|成長期や飼育方法に合わせて!【幼虫から成虫まで】

カブトムシマットおすすめ11選|成長期や飼育方法に合わせて!【幼虫から成虫まで】

カブトムシを飼育するときに、下に敷くマットをホームセンターなどで購入されると思いますが、実は選び方があります。成長段階によって適しているものが違いますし、においを抑えるような機能をもったものもあります。この記事では、ペット専門エディター&ライターである井手綾子さんと編集部が選んだ、おすすめカブトムシマット11商品を厳選しご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る