R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選【公認チャイルドシート指導員が解説】

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんにR129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。法律で義務づけられているチャイルドシート。その中でも、「R129(i-Size)」は、ISOFIX対応のチャイルドシートに関わる最新の安全基準です。これまでの、子どもの「体重」を基準としていたものから「身長」を目安に使用をすることになります。日本国内ではまだ「R129(i-Size)」に対応した機種は少なめですが、欧州ブランドを中心に増えてきています。新しい基準のチャイルドシートだけに、どのように選んだらいいか迷う方もいるでしょう。ぜひこちらの記事を参考にしてください。


R129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方を公認チャイルドシート指導員が解説

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、R129(i-Size)対応チャイルドシートを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。新しい安全基準R129(i-Size)対応の商品を選ぶうえで、覚えておきたいポイントをおさえておきましょう。

ベビーシートに乗っている赤ちゃん
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

R129(i-Size)は新しい安全基準。ほかと大きく違うのは「身長」を目安にする点です。

「体重」ではなく「身長」の基準をチェックしよう

自動車生活ジャーナリスト

チャイルドシート最新の安全基準である「R129(i-Size)」とこれまでの安全基準「ECE R44/04」とのおもな違いは、子どもの体格の目安がこれまでの体重から身長に変わることです。

チャイルドシートを紹介するスペックの部分に、適合身長「身長40~83cm」などのように書いてあれば、それはR129に適合したチャイルドシートであることを意味します。お子さまの身長に適したチャイルドシートを選ぶようにしましょう。

ブリタックスレーマー『ベビーセーフ アイサイズ』

身長40~83cmまで対応したR129(i-Size)対応チャイルドシート。ヘッドレストと肩ベルト、背もたれも適切な位置に調整が可能です。

>> Amazonで詳細を見る

後ろ向きで使用できる期間をチェックして選ぶ

自動車生活ジャーナリスト

R129(i-Size)では、後ろ向きに設置する乳児用シートの使用を生後15カ月まで義務づけています。衝突事故の際、後ろ向きシートと前向きシートでは、後ろ向きのほうがチャイルドシートのシェルで背中側から衝撃を分散することが可能。そのため、後ろ向きで使うほうが衝突安全性が高いという結果が出ています。

R129(i-Size)に適合している乳児用チャイルドシートは、使用期間が「0~15カ月」と書かれているはず。もちろん、15カ月をすぎても適合身長を超えるまでは後ろ向きで使用したほうが安全です。

安全先進国の欧州製シートのなかには4歳まで後ろ向きで使えるシートも。長く後ろ向きで使いたい方は、対象年齢もチェックしておきましょう。

欧州メーカーか国内メーカーかで選ぶ

自動車生活ジャーナリスト

現在のところ、日本国内で流通しているR129(i-Size)の安全基準を満たしたチャイルドシートは、欧州メーカー製のものが主流です。マキシコシ、ブリタックスレーマー、サイベックスのISOFIX乳児用シートは、新しいものはすべてR129(i-Size)に適合しています。

日本のメーカーではアップリカのクルリラプラス(旧クルリラR129)と、2019年5月にコンビからも初のR129(i-Size)対応チャイルドシートが発売されました。また、ホンダなど一部自動車メーカー純正のチャイルドシートでR129(i-Size)基準に適合したものがあります。

コンビ『プロガード ISOFIX エッグショック RK』

日本の育児グッズメーカー、コンビのR129(i-Size)対応チャイルドシート。乳児・幼児兼用タイプの国産R129(i-Size)対応チャイルドシートとして、はじめて4歳ごろ(身長100cm)まで後ろ向きで使用できる製品です。

>> Amazonで詳細を見る

R129(i-Size)対応チャイルドシートおすすめ8選! 公認チャイルドシート指導員が厳選

うえで紹介したR129(i-Size)対応チャイルドシートの選び方のポイントをふまえて、公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。これから新しくチャイルドシートの購入を検討している人は、R129(i-Size)対応のおすすめ商品を参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ブリタックスレーマー『BABY SAFE i-SIZE(ベビーセーフ アイサイズ)』

出典:Amazon

対象身長
40~83cm
対象月齢、体重(参考)
新生児~15カ月、13kgまで
固定方法
ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用)、シートベルト
本体重量
4.8kg
サイズ
幅44×奥行58×高さ67cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

安全性と人間工学に基づいた完ぺきな姿勢を実現

メルセデス・ベンツやボルボ、フォルクスワーゲンなど、安全の最先端を行くメーカーの純正品に採用されるなど、世界トップの安全性と使いやすさを誇るブリタックスレーマーのR129(i-Size)チャイルドシートです。後ろ向き専用で身長83cmまで使用可能。より安全により快適に使える装備を満載しており、たとえばヘッドレストの高さ調整と同時に、肩ベルトの位置と背もたれの角度が最適な状態に動きます。

お子さんの体が小さいときにはよりフラットに、成長するにつれて直立姿勢に近づく仕様となっています。別売りの『FLEX BASE』を使ってISOFIXの固定が可能です。ベースなしで単体でのシートベルト固定にも対応しているので、ISOFIX金具がついていない少し古い車など幅広い車種に適合します。乳幼児期のお子さんを車に乗せるうえで、高い安全性を求める方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マキシコシ『Pebble Plus(ぺブルプラス)』

出典:Amazon

対象身長
45~75cm
対象月齢、体重(参考)
新生児~15カ月
固定方法
ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用)、シートベルト
本体重量
4.55kg
サイズ
幅44×奥行67×高さ56cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

安全性に加えて、乗せ降ろしのしやすさも抜群

マキシコシの『ぺブルプラス』は、欧州最新安全基準R129(i-Size)に世界ではじめて準拠した製品です。

側面衝突時の頭頸部(とうけいぶ)の安全性をより強化するため衝撃吸収素材を採用するなど、R129(i-Size)で求められる側面衝突対応をさらに強化しているほか、インナークッション「ハグインレイ」を新たに内蔵。フィット感を高めるなど、乗り心地のよさにも配慮しています。

マキシコシといえば、子どもの乗せ降ろしのしやすさが魅力のメーカー。超先進的機構「ウィングハーネス」と「スプリングクロッチ」が赤ちゃんを乗せる際に、邪魔になる肩ベルトと股バックルを立ち上げるので、ストレスなく赤ちゃんを乗せることができます。

一度使ったらもうほかは使えないといっても大げさではないほど便利な、おすすめの機構です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サイベックス『クラウドZ i-Size』

出典:楽天市場

対象身長
45~87cm
対象月齢、体重(参考)
新生児~18カ月ごろ、13kgまで
固定方法
ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用)
本体重量
4.8kg
サイズ
幅44×奥行67×高さ38~60cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

R129(i-Size)初の360度回転シート

『クラウド Q』の後継機となる『クラウドZ i-Size』は、回転可能なベビーシートです。最大の特徴は、ベビーシートとしては世界初(2018年10月時点)となるR129(i-Size)適合の回転ベースを採用した点で、高い安全性と乗せ降ろしのスムーズさを両立させています。

トラベルシステムにも対応しているので、指定ベビーカーにドッキングして使ったり、ベビーキャリーやロッキングチェアとして多様に使うことが可能。チャイルドシート以外にあらゆる用途で使えるアイテムを探している方におすすめです。

また、『クラウド Q』に比べてシートカバーはより高級感のある素材を採用したことで、さらにスタイリッシュなビジュアルを実現しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アップリカ『クルリラ プラス』

出典:Amazon

対象身長
後ろ向き:40~83cm 、前向き:71~100cm
対象月齢、体重(参考)
後ろ向き:新生児から18カ月ごろ、前向き:15カ月を超えてから4歳ごろ、体重18kg以下
固定方法
ISOFIX
本体重量
14.8kg※すっぽりまも~るシェード(幌)を除く
サイズ
後ろ向き:幅44×奥行71.3~76.5×高さ54.7~57.2cm、前向き:幅44×奥行65.1×高さ72~77.8cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

国産ブランドのR129汎用チャイルドシート

『クルリラR129』の後継機種として、2018年に発売されたアップリカ最新モデルです。前面衝突に加え、側面衝突も考慮された安全性の高いチャイルドシートで、新生児から使える回転式シートとして日本ではじめてR129(i-Size)に合格し適合した製品となります。

国産ブランド最高レベルの安全性を備えたシートですが、ゆったりした内角130度のシートやアップリカ独自のフットステップなど、アップリカらしく赤ちゃんの快適性やママの使い勝手にも配慮。無理のない姿勢で赤ちゃんを守ります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サイベックス『シローナS i-Size』

出典:Amazon

対象身長
新生児~105cm
対象月齢、体重(参考)
新生児~4歳ごろ、18kgまで
固定方法
ISOFIX
本体重量
15kg
サイズ
幅43×奥行70×高さ63.5cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

確実な装着が確認できるインジケーターを新採用

サイベックスは日本に導入されてまだ数年という新しいブランドですが、先進のテクノロジーと高いデザイン性をあわせ持つことで人気急上昇のブランドです。

『シローナS i-Size』は『シローナ』の後継機種で、最新安全基準R129(i-Size)(UN R129/02)に準拠しています。

ISOFIX対応なので脱着はかんたんに行なえますが、さらに同製品には新たに見えやすい場所にインジケーターが搭載され、より安心で確実な装着が可能。お子さんと車で出かける機会が多いご家庭など、スピーディーで正確な着脱を求める方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マキシコシ『AXISSFIX PLUS(アクシスフィックス プラス)』

出典:Amazon

対象身長
45~105cm
対象月齢、体重(参考)
新生児~4歳ごろ
固定方法
ISOFIX
本体重量
12.45kg
サイズ
幅44.5×奥行55~71×高さ65cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

マキシコシ初の360度回転式シートを採用

身長87cmまで後ろ向きで使える、R129(i-Size)適合のチャイルドシートです。ベースメント一体型なので、使いやすく全体的にコンパクト。マキシコシ初の新生児から使える360度回転式シートを採用したことで、せまい車内でも乗せ降ろしやおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話がラクにできます。

シート本体のサイズもコンパクトなので後部座席がやや狭い車にも、ストレスなく装着ができるでしょう。リクライニング機構も充実しており、眠った子どもを乗せたまま起こさずに調節が可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マキシコシ『2WAY パール』

出典:Amazon

対象身長
67~105cm
対象月齢、体重(参考)
6カ月~4歳ごろ
固定方法
ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用)
本体重量
7.25kg
サイズ
幅47.5×奥行61×高さ59.5cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

4歳ごろまで安全性が高い後ろ向きでの使用が可能

一般的にチャイルドシートは体重10~13kgを超えると後ろ向きから前向きにセットし直しますが、こちらの製品は105cm(4歳ごろ)まで、前向きより安全性が高い後ろ向きでの使用が可能となっています(前向きでも使用可能)。

子どもの成長や好みに合わせて前向き・後ろ向きが選べるのはうれしい限り。マキシコシ自慢の「STAY OPEN HARNESS機構」はこのモデルにも採用されており、ハーネスが跳ね上がって股ベルトが前傾することで、使いやすさは抜群です。

リクライニング調節やヘッドレストの動きも秀逸。数年にわたって使用できるチャイルドシートです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コンビ『プロガード ISOFIX エッグショック RK』

出典:Amazon

対象身長
後ろ向き:40~100cm、前向き:76cmかつ月齢15カ月以上~100cm
対象月齢、体重(参考)
新生児~4歳ごろ、18kgまで
固定方法
ISOFIX
本体重量
11.6kg
サイズ
後ろ向き:幅43×奥行69×高さ50~55cm、前向き:幅43×奥行64.5×高さ66.5~69.5cm
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

コンビ初のR129、4歳ごろまで後ろ向きで使える

2019年5月に発売されたコンビ初のR129(i-Size)対応チャイルドシートです。万が一の事故の際、背中全体で衝撃を分散できる後ろ向き装着は安全性の高さが証明されていますが、こちらの製品は、乳児・幼児兼用タイプの国産R129(i-Size)チャイルドシートとしては、はじめて4歳ごろ(身長100cm)まで後ろ向きで使うことを可能にした非常に安全性の高いシート。

衝撃吸収性にこだわったR129(i-Size)対応チャイルドシートを求める人におすすめです。

なお、R129(i-Size)では生後15カ月まで後ろ向きでの使用が義務づけられています。また、R129(i-Size)の安全基準に合わせて側面衝突(ドア側から衝撃を受けた場合の安全試験)にも対応した「3層構造のサイドプロテクション」や「エアプロテクター」も新たに採用されています。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

ブリタックスレーマー『BABY SAFE i-SIZE(ベビーセーフ アイサイズ)』
マキシコシ『Pebble Plus(ぺブルプラス)』
サイベックス『クラウドZ i-Size』
アップリカ『クルリラ プラス』
サイベックス『シローナS i-Size』
マキシコシ『AXISSFIX PLUS(アクシスフィックス プラス)』
マキシコシ『2WAY パール』
コンビ『プロガード ISOFIX エッグショック RK』

商品

ブリタックスレーマー『BABY SAFE i-SIZE(ベビーセーフ アイサイズ)』 マキシコシ『Pebble Plus(ぺブルプラス)』 サイベックス『クラウドZ i-Size』 アップリカ『クルリラ プラス』 サイベックス『シローナS i-Size』 マキシコシ『AXISSFIX PLUS(アクシスフィックス プラス)』 マキシコシ『2WAY パール』 コンビ『プロガード ISOFIX エッグショック RK』

特徴

安全性と人間工学に基づいた完ぺきな姿勢を実現 安全性に加えて、乗せ降ろしのしやすさも抜群 R129(i-Size)初の360度回転シート 国産ブランドのR129汎用チャイルドシート 確実な装着が確認できるインジケーターを新採用 マキシコシ初の360度回転式シートを採用 4歳ごろまで安全性が高い後ろ向きでの使用が可能 コンビ初のR129、4歳ごろまで後ろ向きで使える

価格

Amazon : ¥ 38,880
楽天市場 : ¥ 38,880
Yahoo!ショッピング : ¥ 38,880
※各社通販サイトの 2019年7月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 37,800
楽天市場 : ¥ 37,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 30,240
※各社通販サイトの 2019年7月28日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 43,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 43,200
※各社通販サイトの 2019年8月22日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 55,539
楽天市場 : ¥ 60,480
Yahoo!ショッピング : ¥ 60,480
※各社通販サイトの 2019年8月22日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 69,120
楽天市場 : ¥ 69,120
Yahoo!ショッピング : ¥ 69,120
※各社通販サイトの 2019年7月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 68,040
楽天市場 : ¥ 68,040
Yahoo!ショッピング : ¥ 68,040
※各社通販サイトの 2019年7月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 37,800
楽天市場 : ¥ 37,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 37,800
※各社通販サイトの 2019年7月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 42,800
楽天市場 : ¥ 43,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 49,799
※各社通販サイトの 2019年8月22日時点 での税込価格

対象身長

40~83cm 45~75cm 45~87cm 後ろ向き:40~83cm 、前向き:71~100cm 新生児~105cm 45~105cm 67~105cm 後ろ向き:40~100cm、前向き:76cmかつ月齢15カ月以上~100cm

対象月齢、体重(参考)

新生児~15カ月、13kgまで 新生児~15カ月 新生児~18カ月ごろ、13kgまで 後ろ向き:新生児から18カ月ごろ、前向き:15カ月を超えてから4歳ごろ、体重18kg以下 新生児~4歳ごろ、18kgまで 新生児~4歳ごろ 6カ月~4歳ごろ 新生児~4歳ごろ、18kgまで

固定方法

ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用)、シートベルト ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用)、シートベルト ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用) ISOFIX ISOFIX ISOFIX ISOFIX(別売りの専用ベースメント使用) ISOFIX

本体重量

4.8kg 4.55kg 4.8kg 14.8kg※すっぽりまも~るシェード(幌)を除く 15kg 12.45kg 7.25kg 11.6kg

サイズ

幅44×奥行58×高さ67cm 幅44×奥行67×高さ56cm 幅44×奥行67×高さ38~60cm 後ろ向き:幅44×奥行71.3~76.5×高さ54.7~57.2cm、前向き:幅44×奥行65.1×高さ72~77.8cm 幅43×奥行70×高さ63.5cm 幅44.5×奥行55~71×高さ65cm 幅47.5×奥行61×高さ59.5cm 後ろ向き:幅43×奥行69×高さ50~55cm、前向き:幅43×奥行64.5×高さ66.5~69.5cm

商品情報

機能面だけでなく正しい使用方法を理解することが大事|公認チャイルドシート指導員からアドバイス

自動車生活ジャーナリスト

欧州最新安全基準R129(i-Size)に適合したチャイルドシートは今後、日本メーカーを含めて、どんどん増えてくることが予想されます。R129(i-Size)は高い安全性が魅力ですが、大事なことは子どもの体にあったチャイルドシートを正しい向き、確実な取りつけで使うことです。

シート自体が先進の安全性をマークしていても、使い方を間違ったりハーネスが緩(ゆる)かったりすれば、万が一の事故の際に子どもの命を守れない危険性もじゅうぶんにあります。子どもの成長に合ったチャイルドシートを選ぶことはもちろん、正しい使い方をしっかり理解したうえで使用するようにしましょう。

R129対応チャイルドシート以外も検討したい方はこちらの記事もご覧ください!

回転式チャイルドシートは座面を回転させることができるため、赤ちゃんを乗せやすく、お世話がしやすいといったメリットがあります。公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、回転式チャイルドシートの選び方とおすすめ商品をうかがいました。コンビやアップリカなど人気メーカーをはじめとして、本当におすすめできる商品をご紹介します。購入前の参考にしてみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


砂場セットのおすすめ8選+α! おもちゃコンサルタントマスターが解説

砂場セットのおすすめ8選+α! おもちゃコンサルタントマスターが解説

この記事では、おもちゃコンサルタントマスター・加藤理香さんに砂場セットの選び方と、おすすめ商品をお聞きしました。セットになっているものに加えて、買い足しにもうれしい単品アイテムも紹介しています。幼いころ、砂場で泥だらけになって遊んだ思い出のある人は多いのではないでしょうか。そんな砂遊びには、スコップやバケツなどがセットになった「砂場セット」が便利です。商品によって、セット内容も異なりますので、お子さまにぴったりの砂場セットをみつけてあげましょう。


ビニールプールおすすめ10選【滑り台つきも】おもちゃコンサルタントマスターに聞く

ビニールプールおすすめ10選【滑り台つきも】おもちゃコンサルタントマスターに聞く

おもちゃコンサルタントマスター加藤理香さんへの取材をもとに、家庭用のビニールプールのおすすめ商品10選をご紹介します。子どもの年齢や設置場所、サイズなど、ビニールプールを購入するとなると悩んでしまいますね。では、ビニールプールを購入するには、どのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事ではビニールプールを選ぶときのポイントや、おすすめの商品を紹介します。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。はじめて購入する方はもちろん、追加購入や買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


ストローマグおすすめ5選【ベビーグッズ・コンシェルジュが解説】リッチェルも!

ストローマグおすすめ5選【ベビーグッズ・コンシェルジュが解説】リッチェルも!

ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子さんに、ストローマグのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。赤ちゃんが離乳食を始める時期や、哺乳びん以外からでも飲みものを飲めるようにしたいとお考えのママやパパに、おすすめのストローマグを厳選してご紹介します。大切な赤ちゃんのために、どんな商品を選べばいいのか、専門家の意見を参考にしてみてください。また、通販サイトのランキングもありますので、こちらもあわせて参考にしてくださいね。


【赤ちゃん用虫除けグッズおすすめ5選】チャイルドボディセラピストが教えます!

【赤ちゃん用虫除けグッズおすすめ5選】チャイルドボディセラピストが教えます!

この記事では、チャイルドボディセラピストの榮 樹実さんへの取材をもとに、赤ちゃん用虫除けグッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。あなたは赤ちゃんの虫除け対策に、なにを使用していますか? お出かけの際などはとくに、赤ちゃんに虫を近づけたくないですよね。しかし、赤ちゃんに使うものなので、成分などどれを選べばいいのか迷っている方も多いのでは。この記事を参考に、大切な赤ちゃんのために安心して使える商品を探してみてください。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。