Apple Watchの選び方&おすすめ5選! Apple Watch解説本の著者に聞く!

Apple Watchの選び方&おすすめ5選! Apple Watch解説本の著者に聞く!

IT編集者:中筋 義人
IT編集者
中筋 義人

最新技術搭載のカッコいいグッズを見つけるとつい買ってしまう、IT系編集者。そんな性格ゆえに、いわゆる「人柱」経験多数。 そうした経験を生かして、スマホ、電子ガジェット、デジタル家電を中心にいいモノをおすすめしてまいります。

最近、周りでも腕に着けている人が増えてきたApple Watch。時刻だけでなく、iPhoneと連携してさまざまな通知を受けたり、情報を確認できるデジタルガジェットです。自分も買ってみようかなと思っても、種類が多くて何をどう選んだらいいのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。そんなApple Watchの選び方について、iPhoneやスマートウォッチに詳しく、「Apple Watchのすべてがわかる本」の著者である中筋義人さんに聞きました。


Apple Watchの選び方|Apple Watch解説本著者によるガイド!

Apple Watchの解説本「Apple Watch のすべてがわかる本」の著者でもあるIT系編集者の中筋義人さんに、Apple Watchを選ぶときのポイントを5つ挙げてもらいました。色やバンドの見た目の違いはもちろん、世代やモデルごとで機能やサイズに細かな差もあるのでチェックしましょう。

Apple watchを装着した腕
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

Apple Watchは世代が上がるにつれて進化しています。

「シリーズ」「ケース」「バンド」をチェック

IT編集者

Apple Watch選びのポイントとなるのは、「シリーズ」「ケース」「バンド」の3つの要素です。

シリーズとは、Apple Watchの発売時期による世代のことで、第4世代の「Series 4」まで登場していて、世代が上がるにつれて画面や処理速度が進化しています。ケースとは機械と画面の部分、バンドは腕に巻きつけるベルトの部分です。

まずはこの3つの要素について確認していきましょう。

安い旧シリーズか、進化した最新シリーズか

IT編集者

まずシリーズについて、現在販売されているのは、2017年に発売された「Series 3」と2018年に発売された「Series 4」の2種類。

大きな違いは、ケース部分の縦の長さがSeries 4のほうが2mm大きくなっていて、画面(表示領域)も30%ほど大きくなっている点です。また、搭載しているプロセッサがSeries 4のほうが高速なため、ほんの少しですがタッチ操作の反応などがスムーズになっています。

気になるバッテリーですが、フル充電からの最大稼働時間はどちらも18時間で同じです。

ひと世代前のモデルにあたるSeries 3は、Series 4に比べて値段が安いのがメリットです。

Apple『Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド(MTEY2J/A)』

ひと世代前のSeries 3。とりあえずApple Watchを使ってみたい方におすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

ケースのサイズ、素材、カラーで選択

IT編集者

次の重要なポイントは時計本体のケース。ケースは、サイズと素材とカラーが異なるものが販売されています。ケースのサイズは、Series 3が38/42mm、Series 4が40/44mm。

よく、小さいケースを女性向けのように紹介されていることがありますが、最近はレディースのデカ厚時計も人気ですので、デザインの好みや装着感、あとは画面の見やすさ(表示領域の広さ)で選べばいいでしょう。

ケースの種類は、素材の種類とカラーで選択可能です。素材は、アルミニウムかステンレスの2種類。アルミニウムのカラーはシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ゴールド。ステンレスのカラーは、ステンレス(着色なし)/ゴールド/スペースブラックがあります。

Apple『Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 40mmゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ(MU692J/A)』

ケース素材はゴールドアルミニウム。派手すぎず程よい目立ち具合なのでファッション重視の方におすすめです。

>> Amazonで詳細を見る

バンドは購入後に交換することも可能

IT編集者

バンドは、さまざまな種類が用意されていますが、Apple Watchを購入するさいは、ケースとの組み合わせが決まっていて、自由に組み合わせて選択することができません。

しかし、ほとんどのバンドは単体でも販売されているので、Apple Watch自体(ケースとバンドのセット)を購入後に別途バンドを購入して交換できます。

とはいえ、バンドだけでも数千〜数万円するものなので、交換は最終手段として、できるだけ気に入るものをしっかり選びましょう。

なお、交換バンドは、アップル純正以外のものも多数販売されていて選択肢は豊富です。ただし、廉価なものだと純正バンドに比べて品質が劣るものものあるので注意が必要です。

携帯回線対応は必要?

IT編集者

Apple Watchには、携帯電話回線によるデータ通信機能を搭載した「GPS + Cellularモデル」と、同機能を搭載していない「GPSモデル」があります。通信機能は、docomo、au、SoftbankでのiPhone回線契約のオプション契約(月額350〜500円)で提供されています。Cellularモデルだと、ペアリングしたiPhoneがない状態でも通話やメッセージの送受信などが可能です。

価格については、Cellularモデルのほうが、約11,000円ほど高くなっています。MVNO、いわゆる格安スマホの契約ではApple Watchの通信契約はできないので、注意しましょう。
なお、Cellularモデルを回線契約せずに利用することは問題ありません。

Apple Watchのおすすめ5選|Apple Watch解説本著者がセレクト!

以上で挙げた5つのポイントを踏まえて、Apple Watch解説本著者の中筋義人さんにApple Watchのおすすめモデルを選んでもらいました。色やサイズだけでなく、重量感や使い心地などの情報も参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple『Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド(MTEY2J/A)』

出典:Amazon

モデル(シリーズ)
Series 3
ケースサイズ
38mm
ケース素材
アルミニウム
バンド
ホワイトスポーツバンド
携帯電話ネットワーク接続
GPS
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

最初の1台ならお手頃価格のSeries 3

ひと世代前のSeries 3なので、価格的には最もお手頃なモデル。Series 4だと画面が大きかったり、動作がスムーズになったりしますが「とりあえずApple Watchを使ってみたい」という人にはこれでじゅうぶんです。

このモデルでは真っ白なバンドになりますが、購入後、互換性のあるバンドを別途購入して付け替えれば印象を一新できるので、最初の1台としておすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple『Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmステンレススチールケースとミラネーゼループ(MTX12J/A)』

出典:Amazon

モデル(シリーズ)
Series 4
ケースサイズ
44mm
ケース素材
ステンレススチール
バンド
ミラネーゼループ
携帯電話ネットワーク接続
GPS + Cellular
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

バンドの使い勝手、着け心地が最高!

Apple Watchの純正バンドの中で、もっとも出来がいいと私が思っているのが、ミラネーゼループです。特殊なステンレススチールのメッシュで作られたバンドで、長さが無段階に調整できるのが特徴です。自分の腕の太さと好みの締め付け具合を自在に選択できるので、非常に気に入っています。

またステンレスケースだとサファイアクリスタルガラスが採用されていて、アルミニウムケースのIon‑Xガラスより傷つきにくいところがポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple『Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループ(MU672J/A)』

出典:Amazon

モデル(シリーズ)
Series 4
ケースサイズ
40mm
ケース素材
スペースグレイアルミニウム
バンド
ブラックスポーツループ
携帯電話ネットワーク接続
GPS + Cellular
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

スポーツウォッチとして使うならアルミモデル

Apple Watchはアプリ次第で高機能なスポーツウォッチとしても使えます。さらにCellularモデルだと、ペアリングしたiPhoneを身につけていなくても、Siriで天気予報を確認できたり、Apple Musicで音楽をストリーミングすることができたり何かと便利です。

Apple Payのチャージも単体でできるので、いざという時にも手ぶらでお出かけのお供に最適です。

運動時用と考えると小型で軽いアルミニウム40mmのケースというチョイスになります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple『Apple Watch Nike+ Series 4(GPSモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラック Nikeスポーツバンド(MU6H2J/A)』

出典:楽天市場

モデル(シリーズ)
Series 4
ケースサイズ
40mm
ケース素材
シルバーアルミニウム
バンド
ピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド
携帯電話ネットワーク接続
GPS
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

特別な文字盤を選べるNikeコラボモデル

スポーツウォッチとしてもう1種類おすすめなのが、ナイキとのコラボレーションモデル『Apple Watch Nike+』です。他のモデルと違うのは文字盤のデザインがそれぞれ独自のものが用意されていることです。

『Apple Watch Nike+』独自デザインのバンドとセットになっているのですが、これはバンド単体でも販売されているので、本当に特別なのは文字盤デザインだけということになります。

独自の文字盤デザインとバンドが気に入ればこちらを選択しましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple『Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 40mmゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ(MU692J/A)』

出典:Amazon

モデル(シリーズ)
Series 4
ケースサイズ
40mm
ケース素材
ゴールドアルミニウム
バンド
ピンクサンドスポーツループ
携帯電話ネットワーク接続
GPS
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

昔は100万円!? ゴールドも今なら手が届く!

2015年に登場した初代Apple Watchには「EDITION」という、18Kの金をケース素材に採用した価格100万円以上のモデルがありましたが、現在は販売されていません。

現在は、素材がアルミとステンレスでカラーがゴールドの庶民にも手が届く価格のモデルが用意されています。このアルミケースのゴールドは、表面の仕上げがマットで「金ピカ」でなく、派手すぎず程よい目立ち具合です。

シルバーやスペースグレイ/ブラックとは違った存在感がある、ファッション重視の人におすすめのモデルです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

Apple『Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド(MTEY2J/A)』
Apple『Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmステンレススチールケースとミラネーゼループ(MTX12J/A)』
Apple『Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループ(MU672J/A)』
Apple『Apple Watch Nike+ Series 4(GPSモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラック Nikeスポーツバンド(MU6H2J/A)』
Apple『Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 40mmゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ(MU692J/A)』

商品

Apple『Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド(MTEY2J/A)』 Apple『Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmステンレススチールケースとミラネーゼループ(MTX12J/A)』 Apple『Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループ(MU672J/A)』 Apple『Apple Watch Nike+ Series 4(GPSモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラック Nikeスポーツバンド(MU6H2J/A)』 Apple『Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 40mmゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ(MU692J/A)』

特徴

最初の1台ならお手頃価格のSeries 3 バンドの使い勝手、着け心地が最高! スポーツウォッチとして使うならアルミモデル 特別な文字盤を選べるNikeコラボモデル 昔は100万円!? ゴールドも今なら手が届く!

価格

Amazon : ¥ 34,344
楽天市場 : ¥ 36,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 37,685
※各社通販サイトの 2019年6月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 92,653
楽天市場 : ¥ 99,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 96,911
※各社通販サイトの 2019年6月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 56,340
Yahoo!ショッピング : ¥ 61,419
※各社通販サイトの 2019年6月28日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 72,980
※各社通販サイトの 2019年6月28日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 44,460
Yahoo!ショッピング : ¥ 55,575
※各社通販サイトの 2019年6月28日時点 での税込価格

モデル(シリーズ)

Series 3 Series 4 Series 4 Series 4 Series 4

ケースサイズ

38mm 44mm 40mm 40mm 40mm

ケース素材

アルミニウム ステンレススチール スペースグレイアルミニウム シルバーアルミニウム ゴールドアルミニウム

バンド

ホワイトスポーツバンド ミラネーゼループ ブラックスポーツループ ピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド ピンクサンドスポーツループ

携帯電話ネットワーク接続

GPS GPS + Cellular GPS + Cellular GPS GPS

商品情報

商品を選ぶ人へのアドバイス・注意点

IT編集者

Apple Watchは、カラーとバンドとの組み合わせは実にさまざま。自分のスタイルに合わせて選ぶのが基本。

モデルとバンドが掲載されているApple公式サイトで、ラインナップと価格を購入前に一度チェックしましょう。

【関連記事】Apple Watch関連のおすすめ商品はこちら

Apple Watchのおすすめベルト5選! ITライターが教える

機能性の高さだけではなく、おしゃれなアイテムとしても楽しめるApple Watch。ベルト(バンド)を交換すれば、シーンに合わせた楽しみ方ができます。そこで、ITライターである鈴木朋子さんへの取材をもとに、Apple Watchのベルトの選び方と、おすすめの製品を紹介します。純正品だけではなく、サードパーティー製も揃っていますので、Apple Watchのベルト選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

Apple Watchのバンドをお探しの方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

【関連記事】そのほかのスマートウォッチのおすすめ商品はこちら

スマートウォッチ5選! 『monoマガジン』元編集長が教える選び方とおすすめ製品

『monoマガジン』元編集長の土居輝彦さんへの取材をもとに、スマートウォッチの選び方と、Apple、SAMSUNG、GRAMIN、Fossilなどのメーカーから発売されている製品のなかから厳選したおすすめウォッチ5選をご紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/01 コンテンツ追加修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ソーラーチャージャーのおすすめ5選!】カメラ・ガジェットライターに聞いた

【ソーラーチャージャーのおすすめ5選!】カメラ・ガジェットライターに聞いた

カメラ・ガジェットライターである水澤 敬さんにソーラーチャージャーのおすすめ5選と選び方のポイントを教えてもらいました。外出先でスマホの充電が切れてしまい、困った経験をした方も少なくないのでは。しかし、うっかりモバイルバッテリーの充電を忘れてしまった場合や、そもそもモバイルバッテリーが充電できない環境に行く人もいるでしょう。そういうときに役立つのがソーラーチャージャーです。太陽光を利用してどこでも充電することが可能なのですが、いざ購入しようと思ってもどれを選べばいいかいいのか悩んでしまいますよね。この記事ではチェックするべきポイントのほかにショッピンサイトのランキングもご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


IT編集者に聞く、iPhone 11 用ケースの選び方&おすすめ5選

IT編集者に聞く、iPhone 11 用ケースの選び方&おすすめ5選

iPhone 11 はカラバリな華やかな分、ケース選びが難しいですよね。いままさに「困ってる!」という方のために、ケースを選ぶ際のポイントとおすすめの商品を、多数のiPhone関連の雑誌や書籍を手がけてきた編集者、中筋義人さんに聞いてみました。


【最新】iPhone 11 Pro用ケースの選び方とおすすめ5選|IT編集者に聞く

【最新】iPhone 11 Pro用ケースの選び方とおすすめ5選|IT編集者に聞く

iPhoneの隠れた魅力のひとつといえば、ケースの種類の多さではないでしょうか。同一機種の出荷台数が多いため、ケースメーカーがしのぎを削って多種多様なケースを発売しています。その反面、種類が多すぎでなにがいいのかわからない、どこを見て選んだらいいのかわからない、といった声も聞こえます。本記事では、発売されたばかりのiPhone 11のケース選びで困ってる方に向けて、iPhone 11用のケースを選ぶ際のポイントとおすすめの商品を、多数のiPhone関連の雑誌や書籍を手がけてきたIT編集者の中筋義人さんに聞いてみました。


【IT編集者に聞く】iPhone 11 Pro Max用ケースの選び方&おすすめ5選

【IT編集者に聞く】iPhone 11 Pro Max用ケースの選び方&おすすめ5選

『iPhone 11 Pro Max』は販売価格119,800円からと、2019年の新iPhoneの中で最も高価格な機種です。それだけに落として破損……なんてことは避けたいところ。本体をしっかり保護しつつ、見た目もいいケースを選びたいけど、種類が豊富なiPhoneケースの中からなにを選んだらいいか迷いますよね。そんなお悩みの方へ向けて、おすすめの『iPhone 11 Pro Max』のケースをご紹介。多数のiPhone関連の雑誌、書籍を手がけてきたIT編集者の中筋義人さんに、選ぶ際のポイントもあわせて聞きました。


おすすめiPhoneは? 11/Pro/Pro Max/XR/XS/8 比較|意外と売れてるのは?

おすすめiPhoneは? 11/Pro/Pro Max/XR/XS/8 比較|意外と売れてるのは?

結局、なにに注意して、どの iPhone を買ったらいいの? この記事では、最新のiPhone 11/ Pro / Pro Maxはもちろん、実は今お買い得な旧機種の選び方やポイントについて、多数のiPhone関連の雑誌、書籍を手がけてきたエキスパートにズバリ聞きました。2019年10月以降の最新価格表や作例画像も掲載!


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。