4Kチューナーおすすめ10選|絶対に間違えないための基礎知識も解説

ピクセラ 『4K Smart Tuner(PIX-SMB400)』
出典:Amazon

本記事では、そもそもの4Kの基礎知識から、4Kチューナーを選ぶ際に注目しておきたいポイント、そしておすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。


そもそも、4K放送ってなに?

 

そもそも4K放送とは、通常のテレビの画素数よりもさらに細かい画素数で映し出す、超高画質の放送のこと。通常の地上デジタルの場合は2Kとなり、現在一般化しつつある4K、そして近年出始めている8Kの順で画素数が上がっていきます。下記はそれぞれの画素数の一覧です。

・2K......1,920×1,080 = 約207万画素
・4K......3,840×2,160 = 約829万画素
・8K......7,680×4,320 = 約3,318万画素


画素数が上がれば上がるほど、映し出される映像はリアルに、表現力は豊かになり、そして、映像の臨場感や迫力がはるかに上がります。

4Kチューナーとは|必要性や注意点も解説

 

4Kチューナーとは、4K放送の電波をキャッチし、テレビに映し出すためのデバイスのこと。

そもそも、4K放送は2018年に実用化され、「衛星放送(BS・CS)」つまり宇宙のある人工衛星から発せられる電波を通じて、自宅のアンテナがキャッチし、4K放送を観ることができます。

詳しく解説すると、実は一般的な家庭でも4K放送の電波だけでなく、様々な衛星放送の電波をキャッチしています。しかし、従来のBSやCS放送の電波はテレビで映し出せても、4Kに対応した電波は映し出すことができません。

そこで、4K放送の電波を掬い上げ、映し出すためのデバイスとして、4Kテレビや4K対応テレビ・4Kチューナーが必要になるのです。

注意:4Kチューナーだけでは4K放送は観られない

4K放送が見られるデバイス一覧

4K放送を観るためには、4Kチューナーだけでなく、4K対応テレビとセットで必要になるのでご注意ください。

前述しましたが、4K放送を観るためには、「4Kを映すテレビ」である必要があります。つまり、4K放送が観られるのは「4Kテレビ(4Kチューナー内蔵)」か「4K対応テレビ+4Kチューナー」の2種類のみになります。

2018年以降に発売されたテレビの場合、たいていは4K放送に対応している製品も多いですが、通常のフルハイビジョンテレビに4Kチューナーを繋いでも、4K放送は観られないので、購入前にご自身のテレビが4K対応かどうかはチェックしておきましょう。

『すべてのおすすめ商品』を今すぐ見る

4Kチューナーの選び方

それでは、4Kチューナーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】使い方に適したタイプ
【2】2Kチューナーを搭載しているか
【3】テレビとの相性
【4】サイズ・重量
【5】ライフスタイルに適した機能


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】使い方に適したタイプをチェック

4Kチューナーのタイプによって、同時に視聴可能な番組数が異なります。用途に適したタイプを利用しましょう。

●シングルチューナー:4Kを手軽に楽しむのにピッタリ

 

1人世帯などでテレビの視聴頻度が低い場合や、お試し感覚で4K放送を楽しみたいときは、シングルチューナーが適しています。作りがシンプルなぶん、価格も抑えられているのが特徴です。

内蔵されているチューナーが1基のため、ひとつの番組を録画しながら同時に裏番組を観ることはできませんが、テレビを少しずつ楽しむ程度なら、コスパもよくじゅうぶん使えるでしょう。

『シングルチューナーのおすすめ商品』を今すぐ見る

●ダブルチューナー:裏録画などテレビを存分に楽しむのにピッタリ

 

ダブルチューナータイプの商品を使うと、録画中にも裏番組が観れるのが大きなメリットです。家族で一緒にテレビを利用している場合や、いろんな番組を楽しみたいテレビ好きにはぴったりでしょう。

チャンネルを争うこともなく、効率よく観たい番組が楽しめるので、たくさんテレビを観る場合はダブルチューナーを選んでください。

『ダブルチューナーのおすすめ商品』を今すぐ見る

(★)ポイント:4K放送を録画する方はダブルチューナーを

新4K衛星放送を視聴するための4Kチューナーは、4Kチューナーを1基搭載していれば4K放送の試聴はできますし、外づけHDDを接続すれば録画にも対応します。ただし、機能差が現れるのが4K放送を視聴しつつ、裏番組を録画したいというシチュエーション。4Kチューナーを2基搭載した機種を選ばないと、録画中はチャンネルが視聴しているチャンネルに固定されてしまいます。

頻繁に4K放送を録画する方は、裏番組録画もできるダブルチューナー搭載の4Kチューナーを選びましょう。

【2】2Kチューナーを搭載しているかチェック

4K映像
Pixabayのロゴ

4Kチューナーを購入する方のなかには、PCモニターや格安4Kモニター、プロジェクターなどと4Kチューナーを組み合わせて、オリジナルの4Kテレビにしようと考えている方もいますよね。そんな方に注意してほしいポイントは、地デジ/BS/CSといった2K放送への対応です。

ほとんどの4Kチューナーは、地デジ/BS/CS兼用になっていますが、一部の4Kチューナーには4K専用で2Kチューナーを搭載しない機種もあります。まだまだ地デジ放送でしか視聴できない番組も多いので、地デジ/BS/CSチューナーを兼用しているかはチェックしておきましょう。

【3】テレビとの相性をチェック

4Kチューナーは、テレビとつなげて使用する機器のため、接続の相性もしっかりチェックしましょう。

●リモコンなどによる操作性や接続性

リモコンでテレビを操作する
Pixabayのロゴ

4KチューナーはHDMI端子で接続するので、原則として他社製品でも接続して利用できます。ただし、TVと同じメーカーで買いそろえておくと、操作性や接続性にプラスアルファの機能が作り込まれているケースもあります。

たとえば4Kテレビのリモコンからダイレクトに4Kチューナーに切り替えられたり、4Kテレビの電源オンに連動して4Kチューナーの電源が作動したりなど。リモコンがひとつで済むといったこまかな使い勝手の向上は、同じメーカーの組み合わせのみ保証していることがほとんどです。

また、購入後に映像が映らない……といったトラブルの際にも、TVと同じメーカーのほうがサポートへ問い合わせしやすいでしょう。

●HDR10対応かどうか

 

4K放送が高画質なのは、4K解像度であるだけでなく、放送向けのHLG方式によるHDR規格で輝度信号を拡大しているためでもあります。

市販の4Kテレビでは基本的にHDMI端子からの映像入力で4K解像度に対応していますが、HDRへの対応は発売時期によって異なります。映画向けのHDR10方式は大手メーカー製のテレビでは2015年発売以降の機種が対応していますが、放送向けのHLG方式のHDR規格の入力に対応する4Kテレビは、おおむね2017年以降に発売された機種が該当します。

そんなHDR10信号のみ対応する4Kテレビを使っている方は、「HLG→HDR10変換」に対応した4Kチューナーを選ぶと、4K放送本来の高画質で視聴できます。

【4】設置スペースを考えてサイズ・重量をチェック

 

4Kチューナーは、テレビの周辺に設置する機器のため、チューナー本体のサイズや重さも大切なポイントです。設置スペースがあまり取れない場合は、薄型デザインのチューナーを選ぶと、見た目もスッキリ収まるでしょう。

また、チューナーを設置するための電源が必要なため、コンセントの位置も想定しながら、適切なサイズをみつけてください。

【5】ライフスタイルに適した機能もチェック

放送波や接続について確認できたら、便利なプラスアルファの機能についてもみておきましょう。

●忙しい人は録画機能にこだわって選ぶ

番組表とリモコン
Pixabayのロゴ

「忙しい平日は番組を録りためて、休日にまとめて観る」「映画が好きなので、長時間の録画が多い」といった場合は、テレビのメモリーが不足しやすいでしょう。

そんな場合は、録画機能に注目してみてください。外づけのハードディスクを利用して、チューナーで録画ができる商品なら、録画再生がメインの人でもじゅうぶんな容量が確保できます。

●スマートTV機能で選ぶ手も

テレビで映像配信サービスの番組を視聴
Pixabayのロゴ

どうせ4Kチューナーを購入するなら、ネット接続による映像配信などのスマートTV機能搭載のものを重視して選ぶと、一気に視聴できるコンテンツを増やせます。たとえば、Googleアシスタントに対応した機種ならネット情報を大画面で探す際に便利。また、NetflixやHulu、ABEMAなどの映像配信に対応した機種なら、映画やドラマ、アニメの視聴にも活躍します。

これらは4Kチューナーとしては付加機能ですが、ワンボディでネット機能も追加できると考えるとお得とも言えます。

4Kチューナーのおすすめ商品

それでは、おすすめの4Kチューナーをご紹介いたします。

▼おすすめ4選|シングルチューナー

▼おすすめ6選|ダブルチューナー

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ4選|シングルチューナー

上記で紹介した4Kチューナーの選び方のポイントをふまえて、編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。

まずは、シングルチューナーのおすすめ商品です。それぞれの機種の機能の違いを見比べて自分の用途に合うものを選んでください。

シャープ 『4Kチューナー (4S-C00AS1)』

シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1 シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1 シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1 シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1 シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1 シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1 シャープ4Kチューナー新4K衛星放送対応220×146×34mm4S-C00AS1

出典:Amazon

TV台に省スペースで設置

国内の薄型テレビで高いシェアを誇る『AQUOS』と連動できるシャープ製の4Kチューナーです。4K放送専用のチューナーでスタンダードな作りですが、HLG→HDR10変換に対応しているので少し前のテレビまでの互換性は問題なし。

チューナー本体の高さが3.4cmと薄型で、テレビ台と画面の間に設置しやすく、省スペース性で選ぶならベスト。テレビ台の上にあまりスペースがない方におすすめです。

マスプロ電工『4Kチューナー (DT814)』

マスプロ電工4Kチューナー新4K衛星放送対応DT814 マスプロ電工4Kチューナー新4K衛星放送対応DT814 マスプロ電工4Kチューナー新4K衛星放送対応DT814 マスプロ電工4Kチューナー新4K衛星放送対応DT814

出典:Amazon

接続するだけで新4K衛星放送を楽しめる

従来の4K対応テレビでは、新4K衛星放送を受信することはできません。しかしこのチューナーを接続すれば、すぐにでも新4K衛星放送が楽しめるばかりではなく、外付けハードディスクに録画をすることも可能になります。また4K放送のBT.2020の広色域にも対応しているので、実際に見ている色に近い色の表現ができます

また、4K画質をフルハイビジョンに変換するダウンコンバート出力機能が搭載されていますので、少し古いテレビでも新4K衛星放送を楽しめます。

I-O DATA(アイ・オー・データ)『4Kチューナー(HVT-4KBC/E)』

アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E アイ・オー・データ4KチューナーBS/CS外付けHDD録画リモコン付土日サポート日本メーカーHVT-4KBC/E

出典:Amazon

簡単に録画もできる新4K衛星放送対応のチューナー

お持ちのテレビがHDMI端子を備えた4K対応テレビであれば、本製品を接続するだけで迫力の新4K衛星放送が視聴できるようになります。外付けHDDを接続すれば、迫力もそのままに録画、再生が可能です

Gガイド番組表を採用していますので、録画予約は番組表から選ぶだけ、見たい番組を探すのもキーワードやジャンルなど多様な条件での検索ができます。録画しながら録画済み番組を再生したり、スローモーションで楽しんだり、再生モードも多彩です。

FUNAI(フナイ)『新4K衛星放送対応テレビチューナー(FT-4KS10) 』

FUNAIフナイFT-4KS10テレビチューナー新4K衛星放送対応 FUNAIフナイFT-4KS10テレビチューナー新4K衛星放送対応 FUNAIフナイFT-4KS10テレビチューナー新4K衛星放送対応 FUNAIフナイFT-4KS10テレビチューナー新4K衛星放送対応

出典:Amazon

AndroidTVとしても使えるチューナー

YouTubeなどのネット動画も手持ちのテレビで楽しみたい。できれば4K画質の美しい画面で、と考えている方にはおすすめのチューナーです。インターネットに接続して多くのコンテンツを利用できます

また4K放送の受信だけでなく、地上デジタルのチューナーも搭載していますので、これ1台でテレビ放送をほぼカバーできます。地上デジタルはアップコンバートされて表示されますので、従来の映像よりも柔らかな自然な美しさが得られます。

▼おすすめ6選|ダブルチューナー

続いては、ダブルチューナーのおすすめ商品です。ぜひ参考にしてください。

東芝『BS/CS 4K録画対応チューナー (TT-4K100)』

東芝BS/CS4K録画対応チューナー新4K衛星放送対応TT-4K100 東芝BS/CS4K録画対応チューナー新4K衛星放送対応TT-4K100 東芝BS/CS4K録画対応チューナー新4K衛星放送対応TT-4K100 東芝BS/CS4K録画対応チューナー新4K衛星放送対応TT-4K100

出典:Amazon

東芝REGZAユーザーにぴったり

4Kチューナー内蔵テレビをいち早く発売した東芝も外づけの4Kチューナーを発売しています。最大の特徴は2Kチューナーを2系統搭載しているので、4K放送だけでなく地デジ/BS/CS放送にも使いやすい点。

東芝の『REGZA』ゆずりの文字の大きな番組表のデザイン、レスポンスの早い操作性もあり、PCモニターやプロジェクターなどチューナーを内蔵していない機種をオリジナルの4Kテレビにしたい方に向いています。

パナソニック『4Kチューナー(TU-BUHD100)』

スマホ連携も追加

薄型テレビの『VIERA』が人気なパナソニックの4K放送チューナーです。4K/2Kチューナーはスタンダードなどちらも1基タイプですが、Googleアシスタント内蔵で、リモコンもマイクからネット情報の検索に対応。

『Chromecast built-in』なのでAndroidのスマホから映像や音楽を反映して再生できます。放送だけでなく、テレビにスマホ連携機能も追加したい方にピッタリですね。

ソニー 『地上・BS4K・110度CS4Kチューナー(DST-SHV1)』

ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1 ソニー4KチューナーBS/CS4K地上デジタル裏録対応ダブルチューナーHDMIケーブル付属DST-SHV1

出典:Amazon

4K放送の裏番組録画にも対応

2019年6月現在で発売されている4Kチューナーで唯一、4K放送チューナーを2基搭載して裏番組録画にまで対応したモデル。地上/BS/CSの2Kチューナーも2基搭載しているので、さまざまな組み合わせでも録画機能の制限がありません。

高画質で裏番組を楽しみたい方におすすめです。チューナーをすべてダブルで搭載した高機能モデル。ソニーの『4Kブラビア』ならテレビ側のリモコンで連動して操作できるので、内蔵チューナーのように扱えます。

リモコン連動機能こそソニー製テレビのユーザー専用ですが、裏番組録画ができることを考えると、現在売られている4Kチューナーでもっとも高性能なモデルであるため、ソニー製テレビのユーザー以外にもおすすめです。

ピクセラ 『4K Smart Tuner(PIX-SMB400)』

ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400 ピクセラ4KSmartTunerBS/CS4K放送対応チューナーPIX-SMB400

出典:Amazon

4K放送だけでなくネットの動画配信対応も

4K放送の視聴・録画はもちろん、ネット対応、映像配信まで対応するコンセプトで作り上げられたAndroidTVベースの4Kチューナー。Googleアシスタント対応によって音声での番組検索をできるというだけでなく、映像配信への対応も本格的。専用ボタン搭載のNetflixに、Hulu、ABEMA、DAZN、そしてYouTubeなど数多くの映像配信サービスに対応しています。TV一台で配信サービスを楽しみたい方におすすめ。

標準でこれらの映像配信に対応した機種も増えていますが、PCモニターやプロジェクターなどに接続した際に4K放送と映像配信を1台で対応できると考えると、ハイコスパと呼べるでしょう。

Panasonic(パナソニック)『4K DIGA(DMR-4W201)』

パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応 パナソニック2TB3チューナーブルーレイレコーダー4KDIGADMR-4W2014Kチューナー内蔵4K放送長時間録画/2番組同時録画対応

出典:Amazon

新4K衛星放送も2番組同時録画可能

新4K衛星放送の美しい動画の大容量データも2TBのHDDでたっぷりと保存できます。3つのチューナーを搭載していますので、新4K衛星放送2番組と、ハイビジョン番組1番組を同時録画できます。従来の2倍の速さで反応する番組表機能で録画予約も快適です

VODに対応していますので、NETFLIXなどのネット動画のコンテンツやネットラジオも視聴できます。HDDはサーバ機能「おうちクラウド」に対応していますので、写真や音楽なども一括管理して多様なデバイスで楽しめます。

TOSHIBA(東芝)『レグザ ハードディスクレコーダー(D-4KWH209)』

東芝2TBHDDレコーダー新4K衛星放送対応TOSHIBAREGZAレグザハードディスクレコーダーD-4KWH209 東芝2TBHDDレコーダー新4K衛星放送対応TOSHIBAREGZAレグザハードディスクレコーダーD-4KWH209 東芝2TBHDDレコーダー新4K衛星放送対応TOSHIBAREGZAレグザハードディスクレコーダーD-4KWH209 東芝2TBHDDレコーダー新4K衛星放送対応TOSHIBAREGZAレグザハードディスクレコーダーD-4KWH209 東芝2TBHDDレコーダー新4K衛星放送対応TOSHIBAREGZAレグザハードディスクレコーダーD-4KWH209

出典:Amazon

合計5つのチューナーで同時録画も余裕でこなす

新4K衛星放送に対応するチューナー2つのほかに、通常の衛星放送や地上デジタル用のチューナーを3つ備えていますので、見たい番組が重なっても余裕で応えます。HDD録画に機能を絞り、従来のレコーダーと比べて省スペースのサイズとなっており置き場所を選びません

またVODにも対応しており、dTVやYouTube、TSUTAYA TV、U-NEXTなどの配信サービスの動画をテレビで楽しめます。HDDは2TBの大容量の物を搭載していますので、お好みの番組をたっぷりと保存できます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
シャープ 『4Kチューナー (4S-C00AS1)』
マスプロ電工『4Kチューナー (DT814)』
I-O DATA(アイ・オー・データ)『4Kチューナー(HVT-4KBC/E)』
FUNAI(フナイ)『新4K衛星放送対応テレビチューナー(FT-4KS10) 』
東芝『BS/CS 4K録画対応チューナー (TT-4K100)』
パナソニック『4Kチューナー(TU-BUHD100)』
ソニー 『地上・BS4K・110度CS4Kチューナー(DST-SHV1)』
ピクセラ 『4K Smart Tuner(PIX-SMB400)』
Panasonic(パナソニック)『4K DIGA(DMR-4W201)』
TOSHIBA(東芝)『レグザ ハードディスクレコーダー(D-4KWH209)』
商品名 シャープ 『4Kチューナー (4S-C00AS1)』 マスプロ電工『4Kチューナー (DT814)』 I-O DATA(アイ・オー・データ)『4Kチューナー(HVT-4KBC/E)』 FUNAI(フナイ)『新4K衛星放送対応テレビチューナー(FT-4KS10) 』 東芝『BS/CS 4K録画対応チューナー (TT-4K100)』 パナソニック『4Kチューナー(TU-BUHD100)』 ソニー 『地上・BS4K・110度CS4Kチューナー(DST-SHV1)』 ピクセラ 『4K Smart Tuner(PIX-SMB400)』 Panasonic(パナソニック)『4K DIGA(DMR-4W201)』 TOSHIBA(東芝)『レグザ ハードディスクレコーダー(D-4KWH209)』
商品情報
特徴 TV台に省スペースで設置 接続するだけで新4K衛星放送を楽しめる 簡単に録画もできる新4K衛星放送対応のチューナー AndroidTVとしても使えるチューナー 東芝REGZAユーザーにぴったり スマホ連携も追加 4K放送の裏番組録画にも対応 4K放送だけでなくネットの動画配信対応も 新4K衛星放送も2番組同時録画可能 合計5つのチューナーで同時録画も余裕でこなす
チューナー数 BS4K/110度CS4K×1 BS4K/110度CS4K×1 BS4K/110度CS4K×1 地上デジタル/BS4K/110度CS4K×1 (BS4K/110度CS4K)×1、(地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタルチューナー)×2 (BS4K/110度CS4K/地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル)×1 (BS4K/110度CS4K)×2、地上デジタル×2、(BS/110度CSデジタル)×2 (BS4K/110度CS4K/地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル)×1 地上デジタル/BS/BS4K/CS/110度CS4K 共用×2 地上デジタル/BS/CS 共用×1 地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル×3個(1個は視聴専用)新4K衛星放送×2個
録画対応
HLG→HDR10変換 - × × × - -
ネット機能 × - - あり × × あり あり
本体サイズ(幅×奥行×高 220×146×34mm 220×146×34mm 220×146×34mm 230 ×137×44mm 165×195×57mm 230×137×44mm 283×225×50mm 230×137×44mm 430×199×60mm 288×227×52mm
重量 約600g 約600g 約600g 430g 660g 約450g 約1,700g 約450g 2500g 約2000g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年7月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 4Kチューナーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの4Kチューナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テレビチューナーランキング
楽天市場:地デジ・BS・CSチューナーランキングランキング
Yahoo!ショッピング:BS/CSチューナーランキングランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連記事はこちら

ピッタリの商品を選ぼう

本記事では、4Kチューナーについて、4Kの基礎知識から注意点、選び方や用途別のおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、4Kの基礎知識を把握した上で、使い方に適したタイプ、2Kチューナーを搭載しているかなどを確認すると、放送や映像をより楽しめる機種を選ぶことができます。その上で、テレビとの相性やサイズ・重量、そして、ライフスタイルに適した機能などもいくつかチェックすると、より使い勝手のいい商品を選ぶことができます。

過去まで振り返れば、4Kチューナーを内蔵していない4Kテレビは各社が2013年ごろから発売していて、その多くが4KチューナーをHDMIで接続すれば4K放送を4K画質で視聴できます。また、格安4Kテレビとして販売されている製品でも、HDMIで4Kチューナーを接続できる製品が数多くあります。

ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリのチューナーを見つけて、4K放送を楽しんでくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


ICレコーダーおすすめ33選|取材・勉強・音楽録音用など用途別に紹介

ICレコーダーおすすめ33選|取材・勉強・音楽録音用など用途別に紹介

ビジネスシーンだけでなく、習い事やゲーム実況などの趣味にも役立つICレコーダー。録音はスマホで十分、と思っているあなた。録音することに特化したICレコーダーだからこその機能性に注目してみてください。会議や取材、音楽の録音などは特に活躍するはずですよ。本記事では、アイテムの選び方と、パナソニックやオリンパス、ソニーといった人気メーカーのおすすめ商品をご紹介していきます。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon メモリーカード・記録メディア , パソコン , 生活家電

HDMI延長ケーブルのおすすめ7選|エレコムやサンワサプライなど

HDMI延長ケーブルのおすすめ7選|エレコムやサンワサプライなど

1本で映像と音声をほとんど劣化することなく伝送できるHDMIケーブル。HDMIケーブルの長さが足らない時は延長ケーブルを使うことができます。この記事では、HDMIケーブルの延長ケーブルのみをピックアップしてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、是非参考にしてみてください。

tag icon テレビ周辺機器 , パソコン周辺機器 , テレビ

HDMI タイプC(mini)ケーブルおすすめ7選|ビデオやカメラとの接続に

HDMI タイプC(mini)ケーブルおすすめ7選|ビデオやカメラとの接続に

1本で映像と音声をほとんど劣化することなく伝送できるHDMIケーブル。デジタルビデオカメラなどの電子機器にはタイプAよりも小さなタイプC(mini)が多く使われています。この記事では、タイプC(mini)のHDMIケーブルのみをピックアップしてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、是非参考にしてみてください。

tag icon テレビ周辺機器 , パソコン周辺機器 , テレビ

iPhone用のHDMI変換ケーブルおすすめ7選|Apple純正商品や他のメーカー商品も【iPhoneをテレビで楽しもう】

iPhone用のHDMI変換ケーブルおすすめ7選|Apple純正商品や他のメーカー商品も【iPhoneをテレビで楽しもう】

情報をリアルタイムでキャッチできるスマホは現代人に欠かせないツールといえるでしょう。スマホで撮影した動画や写真、ネットを通じてさまざまな映像を見ることもできますが、HDMIケーブルをつなげばテレビの大画面で楽しむことができますよ。この記事ではiPhoneをテレビなどにつなぐiPhone用のHDMIケーブルについてのおすすめ商品や選び方のポイントをご紹介しています。テレビに映らないときの対処法なども掲載しているので是非参考にしてみてください。

tag icon テレビ周辺機器 , パソコン周辺機器 , テレビ

5mのHDMIケーブルおすすめ6選|パナソニックやサンワサプライ、エレコムなど

5mのHDMIケーブルおすすめ6選|パナソニックやサンワサプライ、エレコムなど

1本で映像と音声をほとんど劣化することなく伝送できるHDMIケーブル。テレビやディスプレイが少し離れている場合、ケーブルの長さは5mくらい必要ですよね。この記事では、5mのHDMIケーブルのみをピックアップしてご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、是非参考にしてみてください。

tag icon テレビ周辺機器 , パソコン周辺機器 , テレビ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。