カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|汚れをサっと落とす

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|汚れをサっと落とす

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


目次

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

カメラ用レンズクリーナーの選び方 フォトグラファーに聞く

フォトグラファーの瀬川陣市さんにレンズクリーナーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。チェックポイントを意識しながら、目的にあったレンズクリーナーを選びましょう。

ウェットティッシュタイプを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

携帯に便利なレンズクリーナーという観点で選ぶのであれば、ウェットティッシュタイプのものをおすすめします。そのなかでも一枚ずつ個包装されているタイプのものは、必要な枚数分を携帯できて便利です。

また、ティッシュにはクリーナー溶液が含まれているので、ティッシュでクリーニングしたい箇所を拭き取るだけという手軽さも利点です。ただし、汚れのひどいものや広範囲のクリーニングなどには適さない場合があります。

クリーナー溶液を選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

クリーナーの量をコントロールして使いたいという場合は、ボトルに入ったクリーナー溶液を選ぶのがいいでしょう。汚れ具合に応じてクリーナー溶液を使えるので、過度の汚れなどにも対応できます。

拭き取るときは、レンズ専用ティッシュやレンズ用のクロス布を使うことをおすすめします。ただし、目の粗い生地は、レンズの表面などをキズつけてしまう可能性があるので注意が必要です。

クリーニングクロスやレンズティッシュを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

液体のクリーナーではありませんが、レンズ表面をクリーニングするものとしてクリーニングクロスやレンズティッシュを選ぶという選択肢もあります。クリーナー溶液をウェット系とするなら、これらはドライ系のレンズクリーニング用品です。

鹿革のセーヌ革や合成繊維クロス、ペーパーティッシュなどがあり、これらの材質は目がこまかくレンズ表面にキズをつけにくくなっています。常に携帯しておけば、カメラなどに付着した埃などを取り除くのにも使えるので便利です。

カメラ用レンズクリーナーおすすめ9選 持ち運びしやすい、スプレーで手軽になど

上記で紹介したレンズクリーナーの選び方をふまえて、フォトグラファーの瀬川陣市さんが選んだおすすめ商品を紹介します。目的に合った使いやすい商品をぜひ見つけてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンコー・トキナー『激落ちくん カメラレンズクリーナー』

ケンコー・トキナー『激落ちくんカメラレンズクリーナー』 ケンコー・トキナー『激落ちくんカメラレンズクリーナー』 ケンコー・トキナー『激落ちくんカメラレンズクリーナー』

出典:Amazon

種類 ウエットシート

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

持ち運びに便利な個包装が決め手

クリーナー溶液を含ませたレンズクリーニングティッシュです。一枚ずつ個包装されているのが特徴。必要なときにパッケージを開けて使えるので、携帯性にもすぐれています。カメラバックにいつでも使えるレンズティッシュを携帯しておきたいという方にはおすすめです。

ただし、アルコール成分を含むクリーナー溶液のため、パッケージを開けて時間が経つと乾燥します。開けたら素早くクリーニングをするのがポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』

FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』

出典:Amazon

種類 ペーパー

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

使いやすいドライタイプ

ティッシュ状になっているレンズクリーニングペーパーです。ひとつのパッケージに50枚入っていて、一枚ずつ必要な量を取り出して使えるようになっています。ドライなペーパーですので、別途クリーニング溶液を含ませて使うことも可能です。

軽くレンズ表面に息を吹きかけ、くもらせた状態でクリーニングペーパーで拭き取ると、レンズ表面の軽い汚れがぬぐえます。ドライタイプのレンズクリーニング用品を携帯したいという方には便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド 』

FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド』

出典:Amazon

種類 リキッド

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

活用の幅広がるクリーニング溶液

単体のレンズクリーニング溶液です。使用するときは、この溶液をレンズ用のティッシュやクロスに染み込ませて使います。溶液の量を自在に調整して使いたいという方には、このクリーニング溶液を選択肢に入れてみるのもよいでしょう。

レンズだけでなくカメラボディや眼鏡などのクリーナーとしても活用できるので、クリーニング対象のものをたくさんもっている方には重宝します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

3i『蔵Cura レンズクリナー・スプレータイプ』

3i『蔵Curaレンズクリナー・スプレータイプ』

出典:Amazon

種類 スプレー

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

スプレー式で手軽にクリーニング

スプレー式のボトルに入っているレンズクリーナー溶液です。スプレーボトルなので、溶液を染み込ませるときには広範囲に噴霧(ふんむ)することができます。スプレー式の噴霧が使いやすいという方には、こちらのレンズクリーナーがおすすめです。

レンズフィルターの表面などに、直接スプレーで溶液を噴霧するという使い方もできそうです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ハクバ写真産業『ハクバ セーム革 MS』

ハクバ写真産業『ハクバセーム革MS』 ハクバ写真産業『ハクバセーム革MS』 ハクバ写真産業『ハクバセーム革MS』

出典:Amazon

種類 クロス

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

高級感のある自然素材

鹿革を使ったセーム革のクリーニングクロスです。やわらかくて油分が多く、目がこまかいセーム革は、昔からレンズや眼鏡用のクロス革として使われていました。クリーニング液を使わなくてもセーム革のクロスだけでも、レンズ表面の軽い汚れをぬぐうことができます。

セーム革は高級感もあり、耐久性もあるので長く使用したいという方におすすめ。自然素材のクリーニングクロスは、一度使うとそのよさがわかります。

HAKUBA 『レンズクリーニングティッシュ』

HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』

出典:Amazon

種類 ウエットシート

仕上がり抜群!拭取り痕が残らないウエットシート

アルコール性で除菌率99%以上でスマホ液晶画面などを清潔に保つウエットシートです。120mm×160mmとサイズも大きめなので、タブレットなどの画面も楽に拭き取れます。

速乾性で拭き取り痕も残らず、簡単に汚れを落とせます。パルプ100%の柔らかい素材なので傷つきやすいカメラレンズ等の拭き取りも安心できます。

シートは1枚ずつ小分けの状態で2枚綴りとなっているので、その日使う分をまとめて持ち運びたい時にも便利です。

HAKUBA 『レンズペン3』

HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』

出典:Amazon

種類 レンズペン

プロカメラマン愛用のクリーニングレンズペン!

ブラシとチップのみでレンズのクリーニングができる手軽さで、世界中のプロが愛用しているクオリティの人気商品です。

セーム革製チップ+カーボン粉末で指紋や皮脂を確実に吸収し、さらに静電気を除去してくれるのでホコリも付着しにくいのが特徴です。レンズペンには上質な山羊の毛で出来たブラシも内蔵されています。

3D曲面チップを採用しており、レンズの曲面にフィットするようになっているので、しっかりと拭くことができます。

通常500回使用可能で付属ヘッドスペアを合わせると1000回の使用が可能。
ペン型なので持ち運びも簡単で便利な商品です。

TYCKA『カメラクリーニングキット 9点セット』

TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット

出典:Amazon

種類 カメラクリーニングセット

初心者でも簡単に使えるカメラクリーニングセット!

このセットにはエアーブロワーが入っており、耐久性・弾力性が高く、強風圧で隙間のホコリを綺麗に取り除けます。

付属しているレンズペンはクリーニング液不要で、チップにはカーボン粉末が付いているので指紋や皮脂を綺麗に取り除き、静電気を除去できるのでホコリの付着を防止できます。

また、防水加工が施された全クリーニングキットを収納できる便利なケース付きなので、持ち運びも便利です。

DABLOCKS『クリーニングクロス 8枚セット』

DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス

出典:Amazon

種類 クロス

柔らか素材で傷がつきにくく、レンズ拭きに最適!

素材はマイクロファイバー繊維で軽く拭くだけで指紋やホコリなどの汚れが綺麗に落ち、拭き残しがありません。

大きめのサイズなのでカメラレンズはもちろん、メガネ・スマホ・タブレット画面などサイズが広いものにも使用しやすく、活躍の場面が多い商品です。

繰り返し洗えるので、長く使用できるのも特徴です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ケンコー・トキナー『激落ちくん カメラレンズクリーナー』
FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』
FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド 』
3i『蔵Cura レンズクリナー・スプレータイプ』
ハクバ写真産業『ハクバ セーム革 MS』
HAKUBA 『レンズクリーニングティッシュ』
HAKUBA 『レンズペン3』
TYCKA『カメラクリーニングキット 9点セット』
DABLOCKS『クリーニングクロス 8枚セット』
商品名 ケンコー・トキナー『激落ちくん カメラレンズクリーナー』 FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』 FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド 』 3i『蔵Cura レンズクリナー・スプレータイプ』 ハクバ写真産業『ハクバ セーム革 MS』 HAKUBA 『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA 『レンズペン3』 TYCKA『カメラクリーニングキット 9点セット』 DABLOCKS『クリーニングクロス 8枚セット』
商品情報
特徴 持ち運びに便利な個包装が決め手 使いやすいドライタイプ 活用の幅広がるクリーニング溶液 スプレー式で手軽にクリーニング 高級感のある自然素材 仕上がり抜群!拭取り痕が残らないウエットシート プロカメラマン愛用のクリーニングレンズペン! 初心者でも簡単に使えるカメラクリーニングセット! 柔らか素材で傷がつきにくく、レンズ拭きに最適!
種類 ウエットシート ペーパー リキッド スプレー クロス ウエットシート レンズペン カメラクリーニングセット クロス
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レンズクリーナーの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのレンズクリーナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レンズクリーナーランキング
Yahoo!ショッピング:レンズクリーナーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

正しいレンズクリーナーの使い方

カメラのレンズを清掃する場合、ただクリーナーで拭き取ればいいわけではありません。手順をしっかり踏むことで、綺麗になりますので、本項を参考に、ぜひ正しい清掃の仕方を試してみてください。

Step.1:ブロアーなどでレンズの表面のホコリを取る

最初は、ブロアーなどでレンズについたホコリやゴミを吹き飛ばします。こうすることで、リキッド性のクリーナーで表面のホコリをくっつけてしまうことを防ぎます。

レンズ面を下に向けておくと、ホコリが落ちやすくなるのでポイントです。

Step.2:クリーニングクロスにクリーナーを少量付けて拭き取る

クリーニングクロスに、クリーナーを1〜2滴ほど付け、中心から円を描くようにゆっくりと外側へ向けて拭き取っていきます。もちろん、汚れやホコリが少ない場合は、クリーナーを付けなくても大丈夫です。

【最後に】フォトグラファーからのアドバイス

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

レンズクリーナーは、溶液自体とそれを含ませたペーパーやクロス生地、さらに、ドライ系のペーパーや生地に大別できます。どれを選ぶかは携帯性やクリーニングの仕方に合わせて選択するのがよさそうです。

クリーナー溶液とドライ系のペーパーなどを組み合わせて選ぶという方法もありです。クリーニングする対象によっても使いやすいタイプが分かれるので、総合的に判断するのがいいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(協力:マグスター 制作協力:山岡光、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/26 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カメラグリップおすすめ10選|デジカメ・GoPro・iPhoneなどスマホ対応も

カメラグリップおすすめ10選|デジカメ・GoPro・iPhoneなどスマホ対応も

カメラグリップがあれば、片手でカメラを支えたりスティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレの少ない撮影が可能になります。ここでは、おすすめのカメラグリップと選び方をご紹介します。


ストロボディフューザーおすすめ14選|物撮りやポートレート撮影に

ストロボディフューザーおすすめ14選|物撮りやポートレート撮影に

ストロボディフューザーは、クリップオンストロボや内蔵ストロボの光が強すぎたり濃い影ができてしまったりする場合に、光量を調整して自然光のような柔らかな光に調整するために使われます。ここでは、ストロボディフューザーのおすすめと選び方をご紹介します。


ビデオカメラ用「一脚」おすすめ10選|自立式・物ポッド・自撮り棒タイプも

ビデオカメラ用「一脚」おすすめ10選|自立式・物ポッド・自撮り棒タイプも

三脚よりも手軽に持ち運びができ、手持ち撮影よりも強力な手ぶれ補正を得られるビデオカメラ用一脚。場所を取らず足元にスッと伸ばすだけなので気軽に使えます。本記事では、一脚のおすすめ商品と選び方についてご紹介します。


レンズフードおすすめ8選|レンズを保護! ニコン、キヤノンなど厳選

レンズフードおすすめ8選|レンズを保護! ニコン、キヤノンなど厳選

レンズフードは、不要な光が写りこまないようにする日よけのような存在。帽子のつばで目が影に入るとものが見やすくなるように、レンズ周りをおおうことによって被写体をとらえやすくしてくれます。また、衝突や落下からレンズを保護してくれます。ここでは、レンズフードのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。


カメラ用ブロアーおすすめ10選|空気の調節がしやすいモデルもご紹介

カメラ用ブロアーおすすめ10選|空気の調節がしやすいモデルもご紹介

本記事では、カメラ用ブロアーの必要性や使い方、失敗しない選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。ぜひ参考に、自分にピッタリの商品を見つけてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。