カメラ用レンズクリーナーおすすめ9選|汚れをサっと落とす!【正しい使い方も】

カメラ用レンズクリーナーおすすめ9選|汚れをサっと落とす!【正しい使い方も】

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


目次

この記事を担当するエキスパート

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

カメラ用レンズクリーナーの選び方 フォトグラファーに聞く

フォトグラファーの瀬川陣市さんにレンズクリーナーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。チェックポイントを意識しながら、目的にあったレンズクリーナーを選びましょう。

ウェットティッシュタイプを選ぶ

 

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

携帯に便利なレンズクリーナーという観点で選ぶのであれば、ウェットティッシュタイプのものをおすすめします。そのなかでも一枚ずつ個包装されているタイプのものは、必要な枚数分を携帯できて便利です。

また、ティッシュにはクリーナー溶液が含まれているので、ティッシュでクリーニングしたい箇所を拭き取るだけという手軽さも利点です。ただし、汚れのひどいものや広範囲のクリーニングなどには適さない場合があります。

クリーナー溶液を選ぶ

 

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

クリーナーの量をコントロールして使いたいという場合は、ボトルに入ったクリーナー溶液を選ぶのがいいでしょう。汚れ具合に応じてクリーナー溶液を使えるので、過度の汚れなどにも対応できます。

拭き取るときは、レンズ専用ティッシュやレンズ用のクロス布を使うことをおすすめします。ただし、目の粗い生地は、レンズの表面などをキズつけてしまう可能性があるので注意が必要です。

クリーニングクロスやレンズティッシュを選ぶ

 

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

液体のクリーナーではありませんが、レンズ表面をクリーニングするものとしてクリーニングクロスやレンズティッシュを選ぶという選択肢もあります。クリーナー溶液をウェット系とするなら、これらはドライ系のレンズクリーニング用品です。

鹿革のセーヌ革や合成繊維クロス、ペーパーティッシュなどがあり、これらの材質は目がこまかくレンズ表面にキズをつけにくくなっています。常に携帯しておけば、カメラなどに付着した埃などを取り除くのにも使えるので便利です。

カメラ用レンズクリーナーおすすめ9選 持ち運びしやすい、スプレーで手軽になど

上記で紹介したレンズクリーナーの選び方をふまえて、フォトグラファーの瀬川陣市さんが選んだおすすめ商品を紹介します。目的に合った使いやすい商品をぜひ見つけてくださいね。

エキスパートのおすすめ

ケンコー・トキナー『激落ちくん カメラレンズクリーナー』

ケンコー・トキナー『激落ちくんカメラレンズクリーナー』 ケンコー・トキナー『激落ちくんカメラレンズクリーナー』 ケンコー・トキナー『激落ちくんカメラレンズクリーナー』

出典:Amazon

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

持ち運びに便利な個包装が決め手

クリーナー溶液を含ませたレンズクリーニングティッシュです。一枚ずつ個包装されているのが特徴。必要なときにパッケージを開けて使えるので、携帯性にもすぐれています。カメラバックにいつでも使えるレンズティッシュを携帯しておきたいという方にはおすすめです。

ただし、アルコール成分を含むクリーナー溶液のため、パッケージを開けて時間が経つと乾燥します。開けたら素早くクリーニングをするのがポイントです。

エキスパートのおすすめ

FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

使いやすいドライタイプ

ティッシュ状になっているレンズクリーニングペーパーです。ひとつのパッケージに50枚入っていて、一枚ずつ必要な量を取り出して使えるようになっています。ドライなペーパーですので、別途クリーニング溶液を含ませて使うことも可能です。

軽くレンズ表面に息を吹きかけ、くもらせた状態でクリーニングペーパーで拭き取ると、レンズ表面の軽い汚れがぬぐえます。ドライタイプのレンズクリーニング用品を携帯したいという方には便利です。

エキスパートのおすすめ

FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド 』

FUJIFILMレンズクリーニングリキッド30CCLENSCLEANINGLIQUID30CC FUJIFILMレンズクリーニングリキッド30CCLENSCLEANINGLIQUID30CC

出典:Amazon

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

活用の幅広がるクリーニング溶液

単体のレンズクリーニング溶液です。使用するときは、この溶液をレンズ用のティッシュやクロスに染み込ませて使います。溶液の量を自在に調整して使いたいという方には、このクリーニング溶液を選択肢に入れてみるのもよいでしょう。

レンズだけでなくカメラボディや眼鏡などのクリーナーとしても活用できるので、クリーニング対象のものをたくさんもっている方には重宝します。

エキスパートのおすすめ

3i『蔵Cura レンズクリナー・スプレータイプ』

3i『蔵Curaレンズクリナー・スプレータイプ』 3i『蔵Curaレンズクリナー・スプレータイプ』

出典:Amazon

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

スプレー式で手軽にクリーニング

スプレー式のボトルに入っているレンズクリーナー溶液です。スプレーボトルなので、溶液を染み込ませるときには広範囲に噴霧(ふんむ)することができます。スプレー式の噴霧が使いやすいという方には、こちらのレンズクリーナーがおすすめです。

レンズフィルターの表面などに、直接スプレーで溶液を噴霧するという使い方もできそうです。

エキスパートのおすすめ

ハクバ写真産業『ハクバ セーム革 MS』

ハクバ写真産業『ハクバセーム革MS』 ハクバ写真産業『ハクバセーム革MS』 ハクバ写真産業『ハクバセーム革MS』

出典:Amazon

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

高級感のある自然素材

鹿革を使ったセーム革のクリーニングクロスです。やわらかくて油分が多く、目がこまかいセーム革は、昔からレンズや眼鏡用のクロス革として使われていました。クリーニング液を使わなくてもセーム革のクロスだけでも、レンズ表面の軽い汚れをぬぐうことができます。

セーム革は高級感もあり、耐久性もあるので長く使用したいという方におすすめ。自然素材のクリーニングクロスは、一度使うとそのよさがわかります。

HAKUBA 『レンズクリーニングティッシュ』

HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA『レンズクリーニングティッシュ』

出典:Amazon

仕上がり抜群!拭取り痕が残らないウエットシート

アルコール性で除菌率99%以上でスマホ液晶画面などを清潔に保つウエットシートです。120mm×160mmとサイズも大きめなので、タブレットなどの画面も楽に拭き取れます。

速乾性で拭き取り痕も残らず、簡単に汚れを落とせます。パルプ100%の柔らかい素材なので傷つきやすいカメラレンズ等の拭き取りも安心できます。

シートは1枚ずつ小分けの状態で2枚綴りとなっているので、その日使う分をまとめて持ち運びたい時にも便利です。

HAKUBA 『レンズペン3』

HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』 HAKUBA『レンズペン3』

出典:Amazon

プロカメラマン愛用のクリーニングレンズペン!

ブラシとチップのみでレンズのクリーニングができる手軽さで、世界中のプロが愛用しているクオリティの人気商品です。

セーム革製チップ+カーボン粉末で指紋や皮脂を確実に吸収し、さらに静電気を除去してくれるのでホコリも付着しにくいのが特徴です。レンズペンには上質な山羊の毛で出来たブラシも内蔵されています。

3D曲面チップを採用しており、レンズの曲面にフィットするようになっているので、しっかりと拭くことができます。

通常500回使用可能で付属ヘッドスペアを合わせると1000回の使用が可能。
ペン型なので持ち運びも簡単で便利な商品です。

TYCKA『カメラクリーニングキット 9点セット』

TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット TYCKA9点セットカメラクリーニングキット

出典:Amazon

初心者でも簡単に使えるカメラクリーニングセット!

このセットにはエアーブロワーが入っており、耐久性・弾力性が高く、強風圧で隙間のホコリを綺麗に取り除けます。

付属しているレンズペンはクリーニング液不要で、チップにはカーボン粉末が付いているので指紋や皮脂を綺麗に取り除き、静電気を除去できるのでホコリの付着を防止できます。

また、防水加工が施された全クリーニングキットを収納できる便利なケース付きなので、持ち運びも便利です。

DABLOCKS『クリーニングクロス 8枚セット』

DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス DABLOCKSクリーニングクロス

出典:Amazon

柔らか素材で傷がつきにくく、レンズ拭きに最適!

素材はマイクロファイバー繊維で軽く拭くだけで指紋やホコリなどの汚れが綺麗に落ち、拭き残しがありません。

大きめのサイズなのでカメラレンズはもちろん、メガネ・スマホ・タブレット画面などサイズが広いものにも使用しやすく、活躍の場面が多い商品です。

繰り返し洗えるので、長く使用できるのも特徴です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ケンコー・トキナー『激落ちくん カメラレンズクリーナー』
FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』
FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド 』
3i『蔵Cura レンズクリナー・スプレータイプ』
ハクバ写真産業『ハクバ セーム革 MS』
HAKUBA 『レンズクリーニングティッシュ』
HAKUBA 『レンズペン3』
TYCKA『カメラクリーニングキット 9点セット』
DABLOCKS『クリーニングクロス 8枚セット』
商品名 ケンコー・トキナー『激落ちくん カメラレンズクリーナー』 FUJIFILM『レンズクリーニングペーパー』 FUJIFILM『レンズクリーニングリキッド 』 3i『蔵Cura レンズクリナー・スプレータイプ』 ハクバ写真産業『ハクバ セーム革 MS』 HAKUBA 『レンズクリーニングティッシュ』 HAKUBA 『レンズペン3』 TYCKA『カメラクリーニングキット 9点セット』 DABLOCKS『クリーニングクロス 8枚セット』
商品情報
特徴 持ち運びに便利な個包装が決め手 使いやすいドライタイプ 活用の幅広がるクリーニング溶液 スプレー式で手軽にクリーニング 高級感のある自然素材 仕上がり抜群!拭取り痕が残らないウエットシート プロカメラマン愛用のクリーニングレンズペン! 初心者でも簡単に使えるカメラクリーニングセット! 柔らか素材で傷がつきにくく、レンズ拭きに最適!
種類 ウエットシート ペーパー リキッド スプレー クロス ウエットシート レンズペン カメラクリーニングセット クロス
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レンズクリーナーの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのレンズクリーナーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:レンズクリーナーランキング
Yahoo!ショッピング:レンズクリーナーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

正しいレンズクリーナーの使い方

カメラのレンズを清掃する場合、ただクリーナーで拭き取ればいいわけではありません。手順をしっかり踏むことで、綺麗になりますので、本項を参考に、ぜひ正しい清掃の仕方を試してみてください。

Step.1:ブロアーなどでレンズの表面のホコリを取る

 

最初は、ブロアーなどでレンズについたホコリやゴミを吹き飛ばします。こうすることで、リキッド性のクリーナーで表面のホコリをくっつけてしまうことを防ぎます。

レンズ面を下に向けておくと、ホコリが落ちやすくなるのでポイントです。

Step.2:クリーニングクロスにクリーナーを少量付けて拭き取る

 

クリーニングクロスに、クリーナーを1〜2滴ほど付け、中心から円を描くようにゆっくりと外側へ向けて拭き取っていきます。もちろん、汚れやホコリが少ない場合は、クリーナーを付けなくても大丈夫です。

そのほかの関連記事はこちら 【関連記事】

【最後に】フォトグラファーからのアドバイス

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

レンズクリーナーは、溶液自体とそれを含ませたペーパーやクロス生地、さらに、ドライ系のペーパーや生地に大別できます。どれを選ぶかは携帯性やクリーニングの仕方に合わせて選択するのがよさそうです。

クリーナー溶液とドライ系のペーパーなどを組み合わせて選ぶという方法もありです。クリーニングする対象によっても使いやすいタイプが分かれるので、総合的に判断するのがいいでしょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


GoProバッテリーのおすすめ5選|バッテリーチャージャー付きやグリップ式の商品もご紹介!

GoProバッテリーのおすすめ5選|バッテリーチャージャー付きやグリップ式の商品もご紹介!

旅行やアクティビティの撮影にピッタリなGoPro。より迫力のある映像を撮影できることで人気がありますが、長時間の撮影だとバッテリー切れが心配になりますよね。そこで、この記事ではGoProで使えるバッテリーのおすすめ商品をご紹介しています。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックをしてみてください。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ , ビデオカメラ

GoProのマウントおすすめ7選|自転車やバイクなどの車載動画にも使える商品も!

GoProのマウントおすすめ7選|自転車やバイクなどの車載動画にも使える商品も!

旅行やアクティビティの撮影にピッタリなGoPro。アクセサリーを取り付けることで、より撮影の幅を広げられます。そこでこの記事ではより迫力のある映像を撮影できる『マウント』をピックアップ。おすすめ商品をご紹介しています。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックをしてみてください。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ , ビデオカメラ

ネックストラップおすすめ14選|スマホ・カメラの落下防止に

ネックストラップおすすめ14選|スマホ・カメラの落下防止に

スマホやカードなどを携帯するのに便利なアイテムが「ネックストラップ」です。よく使うものを首から下げておけるので落下防止になります。スマホ以外にも、カメラや双眼鏡、鍵、社員証などにも使えて両手が空くのでとっても便利です。本記事では、ネックストラップの選び方やおすすめ商品をご紹介。また、Amazonなどの通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon 携帯電話アクセサリ , カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ

GoProアクセサリーおすすめ18選|旅行・ダイビング・スポーツに! セット商品も

GoProアクセサリーおすすめ18選|旅行・ダイビング・スポーツに! セット商品も

旅行やアクティビティの撮影にピッタリなGoPro。アクセサリーを取り付けることで、より撮影の幅を広げられます。ヘルメットに取り付けるマウントや自撮り用のグリップ。そして、ダイビング撮影など水中撮影には防水性のあるハウジングが必須。ここでは、GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんと編集部が厳選したGoProアクセサリーのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ , ビデオカメラ

三脚おすすめ30選【安い&コンパクト】一眼・スマホ・ビデオカメラ用など!初心者にも!

三脚おすすめ30選【安い&コンパクト】一眼・スマホ・ビデオカメラ用など!初心者にも!

自撮りや動画の撮影に役立つ三脚。手ブレ防止にも必須の道具です。ここでは、ベルボン、ジッツォ、スリックなど信頼あるメーカーのなかから、フォトグラファーの高月 優さんのアドバイスをもとに、三脚のおすすめ30選を厳選してご紹介します。記事の後半には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , カメラ三脚

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。