一脚のおすすめ5選|長さなどの選び方【クイックシュー付き商品も紹介】

一脚のおすすめ5選|長さなどの選び方【クイックシュー付き商品も紹介】
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、一脚の選び方やおすすめの商品をご紹介します。写真を撮ったり、ビデオカメラで録画したりするときにカメラを安定させるための一脚。子どもの発表会や運動会ではいい写真が撮りたいですよね。一脚は手持ちでの撮影と比べてブレを大幅に抑えられ、省スペースで使えて三脚よりも取り回しがいいので、バッグに一本忍ばせておくと役立つアイテムです。本記事を参考にして最適な一脚を見つけてくださいね。


一脚の選び方と見るべきポイント フォトグラファーに聞く

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、一脚を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

カメラ 一脚
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

一脚を選ぶ際は、耐荷重や全高、最低高などチェックすべきポイントがいくつかあります。

カメラの重さを支えられるもの

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

一脚を選ぶときに、まず重要視すべきことは、使うカメラを支えられるだけの耐荷重です。一眼カメラに望遠レンズを付けた場合、組み合わせによっては1キロを超えるサイズになります。

あまり細いサイズの一脚では、このような重いカメラを支えられません。こういった問題を避けるため、使いたいカメラを乗せられるだけの耐荷重がある一脚を選びましょう。

余裕のある長さのもの

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

一脚は脚を伸ばして、高さを調整しながら使います。立ったまま使う場合は、自分の身長より少し高めくらいの長さに伸びる一脚がほしいところです。

また、足場より低いところに一脚を設置する場合は、その段差分の長さが必要になります。一脚の長さが短いと腰をかがめて撮影することになり、不便です。一脚の長さは、想定される使用状況より少し長めのものを持っておくと余裕をもって使うことができます。

「自立型の一脚」

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

かつて一脚と地面の設置部分は、ゴム型のストッパータイプのものが主流でした。しかし、最近では自立型の機種も増えてきました。自立型とは、小さな三脚がついていて、一脚が自立できるタイプです。

自立型の利点は、設置部分が安定できること。カメラをしっかりと支えるには、設置面の安定化を図ることが重要となります。不安定な場所で一脚を使う場合は、自立型の一脚を選択肢に入れてみるのもいいでしょう。特に動画撮影で使うときには、自立型タイプの一脚が使いやすいです。

Velbon『スタンド型一脚 Pole Pod EX BALLHEAD 4段/2段 レバーロック 脚径23mm/17mm 小型 自由雲台 クイックシュー対応 アルミ脚』

三脚部分が着脱可能な自立タイプの一脚。コンパクトにたためて、軽いので持ち運びにも便利です。

>> 楽天市場で詳細を見る

一脚のおすすめ商品5選 フォトグラファーが厳選!

うえで紹介した一脚の選び方のポイントをふまえて、実際にフォトグラファーの瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

一脚

Photo by Thomas William on Unsplash

カメラ本体に高スペックなものを求めがちですが、一脚があれば、不安定な地面でも安定性を保て、結果的にISO感度やシャッタースピードを下げて明るくきれいな写真が撮れます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Amazonベーシック『カーボン一脚5段』

Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』

出典:Amazon

耐荷重 9.7kg
段数 5段
最大/最小パイプ径 -
商品素材 カーボン
全高(EVあり) 154cm
最低高 44.5cm
重さ 431g

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

基本仕様の一脚

ベーシックタイプが必要な方におすすめの、最長154センチまで伸びる一脚です。

こちらの商品に雲台とカメラの高さが加わるので、身長170センチ程度の方であれば、あまりかがまずにすみます。撮影時の足のポジション取り次第では、身長が高い方でもカメラのファインダーまたはモニターを見ながら撮影することができます。

耐荷重は9.7キロで、一眼タイプのボディに望遠レンズをつけての撮影が可能です。また、足場の設置面には尖ったスパイクも装備されていて、荒れた地面でもしっかり設置ができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GITZO『カーボン一脚4型6段』

GITZO『カーボン一脚4型6段』 GITZO『カーボン一脚4型6段』 GITZO『カーボン一脚4型6段』 GITZO『カーボン一脚4型6段』 GITZO『カーボン一脚4型6段』 GITZO『カーボン一脚4型6段』

出典:Amazon

耐荷重 30kg
段数 6段
最大/最小パイプ径 37.0/18.2mm
商品素材 カーボン
全高(EVあり) 154cm
最低高 44cm
重さ 0.67kg

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

絶対の安定感プロ仕様一脚

三脚のフランス製老舗メーカー、GITZOの一脚。全長は154センチ、耐荷重はなんと30キロで、重装備での動画撮影などにも対応できる仕様です。

これだけの性能がありながらカーボンファイバー製で、自重は670グラムと携帯のしやすさも抜群。

設置面には内蔵ボールが組み込まれており、設置部分を支柱に一脚を自由に動かしやすくなっています。安定感のあるプロ仕様の一脚です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Manfrotto『XPRO フルード ビデオ一脚 アルミニウム4段』

Manfrotto『XPROフルードビデオ一脚アルミニウム4段』 Manfrotto『XPROフルードビデオ一脚アルミニウム4段』 Manfrotto『XPROフルードビデオ一脚アルミニウム4段』

出典:Amazon

耐荷重 8kg
段数 4段
最大/最小パイプ径 30/19mm
商品素材 アルミ
全高(EVあり) 192cm
最低高 68cm
重さ 1.2kg

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

写真だけでなく動画撮影もしやすい一脚

設置部分が小さな三脚になっている、自立タイプの一脚。ビデオ一脚という名のとおり、動画撮影に使いやすい一脚です。

全長は192センチもあり、高所から見下ろすアングルの撮影にも扱いやすいよう設計されています。また、耐荷重は8キロで、一眼レフを支えるのにもじゅうぶんです。

写真撮影の一脚としても使いやすいように、稼働部分のロック機構も備わっています。動画と写真撮影を並行して行なう場合におすすめの一脚です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Velbon『自立式4段アルミ一脚 Pole Pod EX BALL HEAD』

Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』 Velbon『自立式4段アルミ一脚PolePodEXBALLHEAD』

出典:Amazon

耐荷重 1kg
段数 ポール:4段、脚部:2段
最大/最小パイプ径 23/17mm
商品素材 アルミ
全高(EVあり) 188cm
最低高 65.7cm
重さ 742g

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

3通りに使えてコスパもよい一脚

一見するとやや大きめな三脚に見えますが、こちらも自立タイプの一脚です。しっかりと自立できるため、安定して一脚を操作できます。

また、この三脚部分は着脱が可能で、ミニ三脚として使うことも可能。さらに三脚部分を外せば、ノーマルな一脚としても使用できます。

全長188センチでありながら、重さは742gとシリーズ最軽量であることもポイント。クイックシューのついた自由雲台も標準装備されており、コストパフォーマンスを追求する方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HAKUBA『アルミ一脚 4段伸縮 180cm 3Way雲台 フットレスト 』

HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』 HAKUBA『アルミ一脚4段伸縮180cm3Way雲台フットレスト』

出典:Amazon

耐荷重 3kg
段数 4段
最大/最小パイプ径 最大径:26.8mm
商品素材 アルミ
全高(EVあり) 180cm
最低高 63cm
重さ 625g

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

安定させるフットレストつきのビギナー向け一脚

自立タイプの一脚ではないものの、フットレストと呼ばれる足で踏み安定させるレバー部分がある機種です。全長が180センチあり、高所で一脚を伸ばして撮影も可能です。

クイックシューのある雲台、水準器も装備されているオールインワンタイプ。耐荷重3キロになっていますが、備えつけ型の雲台であることを考慮するとミラーレス機のような小さめのカメラで使うのに適しているでしょう。

はじめて一脚を使ってみたいユーザーの方にはコスパもいい機種です。

「一脚」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Amazonベーシック『カーボン一脚5段』
GITZO『カーボン一脚4型6段』
Manfrotto『XPRO フルード ビデオ一脚 アルミニウム4段』
Velbon『自立式4段アルミ一脚 Pole Pod EX BALL HEAD』
HAKUBA『アルミ一脚 4段伸縮 180cm 3Way雲台 フットレスト 』
商品名 Amazonベーシック『カーボン一脚5段』 GITZO『カーボン一脚4型6段』 Manfrotto『XPRO フルード ビデオ一脚 アルミニウム4段』 Velbon『自立式4段アルミ一脚 Pole Pod EX BALL HEAD』 HAKUBA『アルミ一脚 4段伸縮 180cm 3Way雲台 フットレスト 』
商品情報
特徴 基本仕様の一脚 絶対の安定感プロ仕様一脚 写真だけでなく動画撮影もしやすい一脚 3通りに使えてコスパもよい一脚 安定させるフットレストつきのビギナー向け一脚
耐荷重 9.7kg 30kg 8kg 1kg 3kg
段数 5段 6段 4段 ポール:4段、脚部:2段 4段
最大/最小パイプ径 - 37.0/18.2mm 30/19mm 23/17mm 最大径:26.8mm
商品素材 カーボン カーボン アルミ アルミ アルミ
全高(EVあり) 154cm 154cm 192cm 188cm 180cm
最低高 44.5cm 44cm 68cm 65.7cm 63cm
重さ 431g 0.67kg 1.2kg 742g 625g
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 一脚の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの一脚の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラ用一脚ランキング
楽天市場:一脚ランキング
Yahoo!ショッピング:カメラ用一脚ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

一脚を選ぶ際のアドバイス フォトグラファーに聞いた

一脚

Photo by Nathanael Deck on Unsplash

一脚には三脚にないメリットがたくさんあります。不安定な地面での撮影以外にも、レリーズを使えば、高い位置から人込みの中でのライブ撮影や動画撮影も可能です。

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

身長に合った長さ、カメラ重量に耐えられる一脚を

一脚を購入する際は、自分の身長、カメラのサイズと重量、撮影するスタイルなど多くのことを考慮しなければなりません。

これらすべてに合致するものが、自身にとって最適な一脚になるのです。そのため、最適な一脚というものは、使用するユーザーによって異なります。

一脚選びの際は、どのような撮影で、どういった機材を使うために一脚を使うのかをできるだけ明確にしておいてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/7 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

2020年【ドローン】おすすめ23選|コスパ? 高性能? 価格帯別に厳選!

空からの撮影シーンで大活躍のドローン。この記事では、ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間などドローンの選び方のポイントを解説。あわせて、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選ぶ価格帯別おすすめ商品23選と、ランキングTOP5をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


写真のクオリティをアップさせる【撮影ボックスおすすめ4選】プロ仕様まで紹介

写真のクオリティをアップさせる【撮影ボックスおすすめ4選】プロ仕様まで紹介

この記事では、カメラマン・三浦一紀さんへの取材のもと、撮影ボックスの選び方とおすすめ商品を紹介します。ネットオークションやブログなどに掲載する洋服や小物、料理の写真がきれいだと、劇的に閲覧者の反応をよくすることも可能!そんなときに役立つのが「撮影ボックス」。撮影ボックスは、周囲の光を被写体に均一に拡散させることができ、ワンランク上の写真に仕上げます。そんな撮影ボックスのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ミニ三脚のおすすめ4選|マンフロットやゴリラポッドなど厳選して紹介

ミニ三脚のおすすめ4選|マンフロットやゴリラポッドなど厳選して紹介

ITジャーナリストの一条真人さんに聞いた、ミニ三脚のおすすめ4選をご紹介します。デジカメやスマホの普及で画像や動画の「撮影」が身近になりましたよね。みなさんの周りにも気軽に撮影を楽しんでいる方は意外と多いのではないでしょうか。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。最近はコンパクトながらもすぐれた製品が数多く販売されています。この記事では、一条さんに、ミニ三脚を選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。


SDカードリーダーおすすめ5選【高速転送、コンパクト、持ち運び可能】

SDカードリーダーおすすめ5選【高速転送、コンパクト、持ち運び可能】

ITサポートエンジニアである古賀竜一さんへの取材をもとに、SDカードリーダーの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。SDカードなどに入った画像データをパソコンに移す際に便利なSDカードリーダー。最近では複数のスロットの同時使用ができたり、カード間でデータのやり取りができたりするなど進化しています。「所持するならば高性能のものがほしい」と考えても、どれがいいのか戸惑うことも多いのではないでしょうか。本記事を参考にしてぜひ最適なSDカードリーダーを見つけてください。


ネックストラップおすすめ13選【カメラやスマホ、コンデジなどの携帯に!】

ネックストラップおすすめ13選【カメラやスマホ、コンデジなどの携帯に!】

ネックストラップはシーンを選ばず便利に使えるアイテム。カメラだけでなく、スマホや双眼鏡など、なにかを首から下げたいときに活躍します。機能性やデザインにこだわったものなど、さまざまな特徴の商品がありますが、どこに注目して選ぶべきなのでしょうか? 本記事では、ネックストラップの特徴や選び方のポイント、おすすめの商品をフォトグラファーの高月 優さんにうかがいました。


新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る