生酛(きもと)造りの日本酒おすすめ6選|酸味の強さが料理に合う!

大七純米生もと 1800ml
出典:Amazon

生酛(きもと)とは、日本酒造りの伝統的な手法で、生酛によって醸造(じょうぞう)された日本酒を「生酛造り(きもとづくり)」と称します。同じ日本酒でも、醸造法によって味わいが異なり、それによって一緒に楽しみたい料理もかわってきます。では生酛造りにはどんな特徴があるのでしょうか? 本記事では、日本酒のプロフェッショナルである、国際唎酒師の宇津木聡子さんに聞いた、生酛造りの選び方とおすすめ商品についてご紹介します。生酛造りのことを深く知れば、味わいがちょっと変わるかもしれませんね。ぜひチェックしてみてください!


目次

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント
宇津木 聡子

日本の風土、知恵、歴史が生み出した日本酒の魅力や楽しみ方を、より多くの人に広めるため、訪日外国人へのプライベート日本酒体験、外国人・日本人向け日本酒にまつわるセミナーやイベントの企画を行っている。 外国人のプライベート日本酒体験では、これまでに30か国以上から400人余りをお迎えしている。 日々の生活でも、カンパイは日本酒、スキンケアは日本酒と酒粕で、そして朝晩の甘酒を欠かさない。

「生酛造り」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
大七酒造『大七 純米生酛』
東北銘醸『初孫 伝承生酛 本醸造』
菊正宗酒造『菊正宗 上撰』
久保本家『睡龍 生もと純米酒』
藤井酒造『龍勢 別格品 純米大吟醸』
本田商店『龍力 特別純米 生酛仕込み』
商品名 大七酒造『大七 純米生酛』 東北銘醸『初孫 伝承生酛 本醸造』 菊正宗酒造『菊正宗 上撰』 久保本家『睡龍 生もと純米酒』 藤井酒造『龍勢 別格品 純米大吟醸』 本田商店『龍力 特別純米 生酛仕込み』
商品情報
特徴 大七といえば生酛!王道の生酛造りを味わう ぬる燗で旨味が引き立つ、世界でも認められた味わい 身近に味わえる本格生酛は「押し味」が魅力 旨味・キレ・ボディのバランスが◎ ちょっと特別なときに楽しみたい大吟醸の生酛造り 上質なお米の味わいと生酛の特徴が融和した味わい
内容量 1800ml 1800ml 1800ml 1800ml 720ml 1800ml
度数 15% 15.5% 15% 15.5% 17% 16%
原料米 - 山形県美山錦 - 山田錦 山田錦 山田錦
精米歩合 - 55% - 65% 40% 65%
おすすめの飲み方 冷、常温、ぬる燗 冷、常温、ぬる燗 常温、ぬる燗、上燗 - 燗酒
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月13日時点 での税込価格

生酛(きもと)造りの日本酒とは?どんな製法?

 

お酒造りでは、少量の酒母(しゅぼ)という発酵のタネといえるものを仕込んで十分な酵母を育ててから、それを元に多量のお酒を仕込みます。ところが、酒母に含まれるお米由来の糖分は様々な菌の大好物。そのため、酵母菌が酸に強い性質を利用して、乳酸を使って酵母をそのほかの雑菌から守る手法がとられます。

乳酸をくわえる方法には、人工的な方法(速醸酛)と、蔵に住みついている自然の乳酸菌を取り込んで乳酸を発生させる方法とがあり、後者が「生酛(きもと)」です。「生酛造り」は人工の乳酸などがなかった江戸時代に確立されたといわれ、自然の力に寄り添った伝統的な酒造りの手法のひとつです

生酛造りの日本酒の選び方 蔵元もチェック!

国際唎酒師の宇津木聡子さんに、生酛造りを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。特徴をしっかり確認して、自分にあった生酛造りを選ぶ参考にしてみてください。

生酛の個性を知り、相性のいい料理と楽しむ

日本酒の一升瓶3本と寿司

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

自然の乳酸を取り入れているだけあって、乳製品を思わせる丸みのある自然な酸味、複雑さや野性味、飲みごたえを感じられる味わいが、生酛造りの特徴。また、天然の乳酸菌に守られて元気に育った酵母が、活発に糖分を使って発酵を進めるため、余分な糖分がのこらず、キレのある味わいを生み出します。

わかりやすくいえば、コクとボディがありつつも後味スッキリな味わい。食とのあわせ方にも幅があります。どちらかといえば、淡泊で軽い味わいの料理よりは、旨味や塩味の強めのもの、スパイシーなものや乳製品を使ったクリーミーなものなどとのペアリングを考えて選ぶといいでしょう。

冷酒や熱燗など、楽しみたい温度帯で選ぶ

熱燗

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

酸度と複雑な味わいが特徴の生酛は、季節・シチュエーション・食事内容などによってさまざまな温度帯を楽しむことができます。冷酒~常温の比較的低めの温度で楽しみたいときには、精米度合の高いお米を使って造られていた、クリアな味わいのものを選ぶといいでしょう。純米大吟醸/大吟醸、あるいは純米吟醸/吟醸の生酛のなかにお好みのものが見つけられると思います。

しっかりと濃醇(のうじゅん)な旨味やコクをお燗(かん)で楽しみたいときには、精米度合が低めの純米あるいは本醸造から選んでみてください。お酒の個性はさまざま。気に入った生酛が見つかったら温度での味わいの違いや好みに合う飲みごろや温度を探すこともまた楽しみのひとつです。

蔵元の特徴から選ぶ

蔵元

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

蔵に住む天然乳酸菌を取り込んで乳酸を発生させるという伝統的な手法には、それだけの手間と時間そして労力を要します。それゆえに生酛造りに取り組む蔵元にはそれぞれに目指すものとそれを実現するための挑戦があります。

なぜその作り方を選んで醸造しているのか、そしてそこにはどんな歴史や背景があるのか。そういった蔵元の思いを知りながら選ぶことも大切です。そしてそれを心に浮かべながら味わうお酒はきっと格別なことでしょう。

生酛造りのおすすめの日本酒6選 国際唎酒師が厳選!

うえで紹介した生酛造りの選び方のポイントをふまえて、国際唎酒師の宇津木聡子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。味の個性や蔵元のことなど、日本酒のプロフェッショナルである宇津木さんならではのセレクトになっていますので、気になる生酛造りがないかぜひチェックしてみてくださいね。

大七酒造『大七 純米生酛』

大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml 大七純米生もと1800ml

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

大七といえば生酛!王道の生酛造りを味わう

1752年の創業以来、今なおすべてのお酒を生酛造り一筋で続けています。その逸品は業界内はもちろん、数多くの食通にも高く評価されて愛されています。

大七には数々の素晴らしい生酛のラインナップがありますが、こちらはそのなかでもスタンダードといえる品。生酛らしいクリームのような香りとうま味、心地よい酸味で、和食のみならずクリームやチーズを使った洋食ともとても相性がいいといえます。また、お燗にするとさらにその味わいがまろやかにボリュームを増します。

まずは生酛造りの王道を味わってみたいという方や、お燗でお酒を楽しむのが好きな方におすすめします。

東北銘醸『初孫 伝承生酛 本醸造』

東北銘醸(株)初孫いなほ純米吟醸1800ml山形e165

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

ぬる燗で旨味が引き立つ、世界でも認められた味わい

こちらは、IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2018本醸造酒部門で最高位のトロフィー賞を受賞したお酒です。

こちらの蔵元もすべてのお酒を生酛造りでおこなっています。その味わいが高く評価され、ワインの本場イタリアにも輸出しており、現地のイタリア料理店で提供されているほど。

幅広い温度帯で楽しめますが、とくに40度程度の「ぬる燗」にすると旨味が引き立ちます。コクのある料理、濃いめの味つけをした料理との相性も素晴らしく、イタリア料理店で楽しまれているというのも納得の味わい。

お手ごろな価格でもありますのでご家庭で楽しむ定番のお酒としてもおすすめです。

菊正宗酒造『菊正宗 上撰』

菊正宗上撰[日本酒兵庫県1800ml]

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

身近に味わえる本格生酛は「押し味」が魅力

創業360年。「生酛造りは酒造りの原点、菊正宗の原点」という言葉を掲げ、今なお妥協なく酒造りを続けている菊正宗酒造の1品。天然の乳酸菌を使うと安定的につくるのが難しい生酛造りを、長年の研究によって大量に、そして安定した品質で提供することを実現しています。

清々しいキレのあとに奥行きと深みのある旨味を(蔵元では「押し味」といいます)しっかりと感じることができます。きりりとした辛口がお好きな方におすすめです。

久保本家『睡龍 生もと純米酒』

久保本家睡龍生もと純米吟醸古酒瓶燗火入れ19BY1.8L(茶ラベル)

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

旨味・キレ・ボディのバランスが◎

「古事記」や「日本書記」ゆかりの地のひとつである奈良県大宇陀(おおうだ)で醸造されているお酒です。通常2年ほど蔵で熟成されて出荷されます。そのためほんのり黄味がかった色味、そして旨味・キレ・ボディのバランスが非常によく、ほどよい熟成感が味わえるお酒です。

さらに、まろやかな酸味と旨味が引き立つお燗での味わいは格別。お燗酒が好きな方、あるいは赤身の魚や肉などコクのある料理がお好きな方におすすめしたいお酒です。

藤井酒造『龍勢 別格品 純米大吟醸』

龍勢別格品【720ml】

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

ちょっと特別なときに楽しみたい大吟醸の生酛造り

酒米の王ともいわれる山田錦を40%まで磨き、生酛造りによってその名のとおり別格といえる味わいを醸し出した逸品。純米大吟醸だけあり、フルーティーな香り、そしてクリアな味わいでありながら、生酛の個性であるキレと奥行きが見事に調和しています。

少し冷やして、あるいは常温程度で、ワイングラスに注いで香りと味わいを楽しんでみてください。専用の木箱に入っていますので、特別な日にちょっと贅沢(ぜいたく)に楽しみたい方に、または大切な方への贈り物としてもおすすめです。

本田商店『龍力 特別純米 生酛仕込み』

龍力生酛仕込み特別純米酒瓶1800ml

出典:Amazon

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

上質なお米の味わいと生酛の特徴が融和した味わい

酒米の王様といわれる山田錦の柔らかで雑味のない旨味と、生酛ならではの深みのある酸が見事に調和したお酒。お燗にすると品のあるお米の旨味、コクがさらにふくらみを増し、食中のお酒としてゆっくり楽しみたくなります。温度の違いによる味わいの変化を楽しむ飲み方もおすすめ。

本田商店では、「米の酒は米の味」をモットーに、お米にこだわり抜いた酒造りをしており、なかでも山田錦については品質がすばらしいとされる兵庫県特A地区で産出されたもののみが使われています。そんなこだわりに「なるほど」とうなずける味わいです。

生酛造りの日本酒の飲み方 国際唎酒師からのアドバイス

唎酒師・国際唎酒師、マーケティングコンサルタント

飲み方やお料理との合わせ方で広がる生酛の魅力

自然を生き抜いている乳酸で醸す「生酛」。時折、生酛(きもと)の乳酸系の酸が苦手という方もいらっしゃいます。嗜好はそれぞれですが「ちょっと強いな」とか「酸が高いな」と感じるときには、少し割り水をしたり、お燗にしたりすると自分好みの味わいを発見できることもあるので、ぜひお試しください。

生酛は「お料理と合わせるのが楽しいお酒」。ぜひ、食中酒として「自然の力と人の手が融合して生みだす味わい」を楽しんでください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

趣味は「某アイドルの推し活」の30代主婦。『美容・食品』カテゴリを主に担当。推しに会える日を夢見て美容にも惜しみなく投資する、「すべては推しのため」が口癖。これまでライターや編集経験を積み、2020年1月におすすめナビへ。ミーハー気質なため、流行りを常に追うが飽きるのも早い。ナチュールワインとエイジングケアコスメが好き。

関連する記事


新潟の日本酒おすすめ15選【飲み比べセットや純米大吟醸】も紹介

新潟の日本酒おすすめ15選【飲み比べセットや純米大吟醸】も紹介

米どころ新潟の日本酒は端麗辛口の味わいが多く、有名銘柄がたくさん誕生しています。今回は日本酒ジャーナリストの松﨑晴雄さんにお話をうかがい、新潟の日本酒の選び方とおすすめの銘柄について教えてもらいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 新潟

『山廃』仕込みの日本酒おすすめ10選|辛口&甘口の人気酒を紹介!

『山廃』仕込みの日本酒おすすめ10選|辛口&甘口の人気酒を紹介!

山廃(やまはい)仕込みの日本酒は、深い旨味とコクや力強いフルボディの味わいが特徴です。山廃仕込みの日本酒に合う、おつまみや徳利なども紹介します。国際唎き酒師の宇津木聡子さんに選ぶポイントとおすすめの山廃仕込みの日本酒を教えていただきましたのでぜひ参考にしてください。

日本酒 , お酒

大吟醸の日本酒おすすめ22選【酒匠の評価あり】純米大吟醸も紹介

大吟醸の日本酒おすすめ22選【酒匠の評価あり】純米大吟醸も紹介

大吟醸とは米と米麹と水以外に「醸造アルコール」が使われている日本酒です。大吟醸は米の甘みを感じるよりはキリっとした味わいが美味しい日本酒です。今回は大吟醸を初めて選ぶ人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品を紹介します。さらに通販サイトの大吟醸日本酒ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

日本酒 , お酒

高級日本酒おすすめ13選|プレゼントに好評な辛口・甘口の日本酒を紹介

高級日本酒おすすめ13選|プレゼントに好評な辛口・甘口の日本酒を紹介

父の日やお誕生日などのプレゼントに人気のある高級日本酒。本記事では、プレゼント用にもピッタリな高級日本酒について、日本酒の専門家に取材し、おすすめ商品や選び方をご紹介します。十四代や辛口の日本酒など、通販で買える人気の日本酒を集めたので、ぜひ参考にしてください。記事後半には通販サイトの人気ランキングもありますので参考にしてみてくださいね。

甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 日本酒

愛媛の日本酒おすすめ17選|銘柄や蔵元など地酒選びのポイントを解説

愛媛の日本酒おすすめ17選|銘柄や蔵元など地酒選びのポイントを解説

日本の南部に位置し、温暖な気候のイメージがある愛媛県ですが、実はかくれた良質の酒どころです。今から400年以上前の戦国時代後期、1611年(慶長11年)にはすでに「伊予の道後酒」として人気だったという記録が残っていて、現在県内には小さな酒蔵が46も存在しています。西日本最高峰「石鎚山(標高1,982m)」をはじめとした四国山地が南北を貫き、そこに雪が降り積もり、平地にも寒風が吹きつけることで、冬場は酒づくりに適した気候になります。この記事では、県外の人にはあまりなじみのない日本酒もご紹介します! 通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

甘口の日本酒 , 辛口の日本酒 , 中国・四国の日本酒

関連するタグ


日本酒 お酒

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。