子ども用水筒おすすめ6選【ストローつきステンレス製商品などを厳選】

子ども用水筒おすすめ6選【ストローつきステンレス製商品などを厳選】
山岳/アウトドアライター&プロデューサー
高橋 庄太郎

1970年宮城県仙台市出身。高校山岳部で山歩きを始め、早稲田大学卒業後は出版社に勤務。 その後、フリーランスのライターに。著書に『山道具 選び方、使い方』(枻出版社)、『テント泊登山の基本』(山と渓谷社)などがあり、近年はテレビ番組やイベントへの出演も増えている。また、アウトドアメーカー各社とのコラボレーションを行なう自身のブランド「SCREES」を立ち上げ、製品開発にも取り組んでいる。

夏場のお出かけやスポーツ、アウトドアなどで必要になってくる水筒。子どもは、大人に比べて脱水症状になりやすく、こまめな水分補給が必要です。軽くてシンプルな水筒や、動き回ってもリュックのなかで中身が漏れないような商品を選んであげたいですよね。子ども用の水筒は飲み口の形状がさまざまありますし、メーカーによって容量や重さもバラバラです。子ども用の水筒を購入する場合、どれがいいのか迷うかたも多いのではないでしょうか。この記事では、アウトドアライターの高橋庄太郎さんに取材し、子ども用の水筒を選ぶときのポイントをうかがいました。おすすめ商品もあわせてご紹介いたします。


子ども用水筒の選び方 山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞く

山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに取材をして、子ども用水筒の選び方のポイントを教えていただきました。飲み口や容量をよくチェックすることが大切です。ぜひ子ども用水筒選びの参考にしてください。

年齢に合わせて材質を選ぶ

子ども用水筒には、おもにプラスチック製とステンレス製があります。実際に取り扱う子どもの年齢に合わせた材質のものを選びましょう。

未就学児はあつかいやすいプラスチック製

小学校入学前の子ども用水筒は、軽くてあつかいやすいプラスチック製が向いています。デザインも豊富にあるので、子どもが好きなキャラクターやモチーフのものも見つかりやすいです。

一方、ステンレス製に比べると保温や保冷性が劣る、壊れやすいのがデメリットです。手ごろな価格のものが多いので、子どもの成長にあわせて買い替えていくのがよいでしょう。

小学生以降なら保冷/保温ができるステンレス製も

小学生以降になると、保温や保冷性の高いステンレス製も選択肢に入ります。飲みものの温度を長い間キープできるだけでなく、プラスチック製よりも丈夫なため、長く使える水筒を探しているときにもぴったりです。

ただし、ステンレス製はプラスチック製よりも重さがあります。子どもの年齢にあわせて持ち運びできる容量のものを選びましょう。

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

大人よりも体温調節が苦手な子どもには、飲み物の温度を長く維持して持ち運べる保温/保冷ボトルもおすすめです。

しかし、この手のボトルは断熱性を高めるために、ボトルの壁を二重にしてキャップを深くねじ込むデザインにしなければならず、どうしてもボトルが重くなってしまいます。

水分補給のためならばシンプルな構造の水筒のほうが軽量で、使用する子どもの体力を損ないません。できれば保温/保冷ができる水筒と、一般的な水筒を使い分けるとよいでしょう。

飲み口の形状で選ぶ

子ども用水筒は、直飲み、ストロー、コップと飲み口の形状が異なります。使用する子どもやシーンに応じた飲み口の形状のものを選びましょう。

ペットボトル飲みができるなら直飲みタイプ

ペットボトル飲みができる年齢の子どもなら、直飲みタイプの子ども用水筒が向いています。そのまま飲めるのですぐ水分補給ができます。ワンタッチで開くものならより便利です。パーツも少ないため、お手入れもしやすいです。

一方、傾けると中身が出てしまうのと、何度も口をつけるので衛生面が気になるデメリットがあります。年齢の低い子どもの取り扱いには向いていません。

小さい子どもも飲みやすいストロータイプ

水筒の写真

Photo by Shrey Gupta on Unsplash

ストロータイプなら傾けてもこぼれないので、小さい子どもも飲みやすいです。

サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

コップ付き・カバー付きの水筒です。カバーを付ければ肩からかけて使うことができます。直接飲めるタイプとコップタイプの2way式になっています。「飲み口」のサイズが子どもにあっているか確認しましょう。

>> Amazonで詳細を見る

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

大人と子どもの大きな違いは、体の大きさです。この点から子ども用の水筒を考えると、重要ポイントとなるのが「飲み口」のサイズです。

この部分が大きいと子どもの小さな口から飲み水がこぼれてしまいます。ただキャップを開いて飲むシンプルなタイプよりも、子どもがくわえやすいストローのような細い飲み口になっているものを選びましょう。

ただ、細いタイプの飲み口は水筒の外に出っ張っているデザインのものが多く、汚れやすいのが難点です。飲み口に汚れ防止のカバーがついているものが適しています。カバーがわりにカップがついているものもあり、便利に使えます。

ストロータイプなら傾けても中身が出ないため、小さい子どもも扱いやすいです。ストローに汚れがたまりやすいデメリットがあるので、ストローを洗浄するグッズや予備のストローを準備しておきましょう。

いろいろなシーンで使えるコップタイプ

カップのイメージ写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

用途で付け替えられるコップタイプも便利です。

水筒の中身を付属のコップにそそいで飲むコップタイプは、いろいろな使い方ができます。直飲みができない、ストローでは食べものが水筒のなかに入ってしまう子どもの場合、コップ飲みなら衛生的に飲めます。

ただし、中身をコップにそそぐので小さい子どもの場合大人がやってあげなければいけません。自分で飲める年齢の子どもがすぐに飲みたいときにも、そそぐひと手間があります。直飲みとコップ飲み2wayのものもあるので、シーンに応じて使い分けましょう。

子どもにあったサイズと形状を選ぶ

ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』

女の子にも男の子にも! カラフルでおしゃれなデザインの水筒。ストロー付きなので、サッカーなどのスポーツの休憩中に素早く飲むことができます。「パウダーコーティング」で手から滑り落ちにくくなっています。

>> 楽天市場で詳細を見る

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

子どもの手は大人よりも小さく、握力も強くはありません。そんな手でも握りやすいものは、ボトルが細身のタイプです。特にどこかにくぼみがついているデザインは指へのかかりがよく、滑り落とすことが少なくなります。

また、キャップに指をかけられるループがあるものも子どもの手には適しています。水筒に入れられる水の量はボトルによって変わりますが、大きいものほど重くなり、子どもには持ちにくくなります。子どもの年齢をひとつの目安にセレクトする容量に見当をつけましょう。

2~3歳の小さな子どもなら0.3L前後がよく、子どもが幼稚園や保育園に入り、それでは足りないようになったら大きめのものに買い直します。

小学生以上になると500ml以上、学童保育やスポーツをしている場合は800ml以上の水筒を選ぶ場合もあります。

持ち運びに便利な付属品をチェック

子どもの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

子どもが持ち運びしやすいなど付属品はいろいろなメリットがあります。

水筒は中身を入れると重くなります。子どもが持ち運びしやすいように肩紐やカバーがついているものを選ぶと便利です。肩にかけて持ち運ぶと、飲みたいときにすぐ飲めるのもメリット。カバーがあれば水筒を傷や破損から守ってくれます。

肩紐はシーンによって外したほうがよいことがあるので、取り外しできるタイプを選びましょう。カバーは丸洗いできるとお手入れが楽です。

メーカーの特徴で選ぶ

子ども用水筒はいろいろなメーカーから発売されています。どの水筒を購入するか迷ったときには、メーカーで選ぶのもひとつの選択肢です。メーカーごとの特徴を解説します。

保温/保冷などの機能性で選ぶなら「サーモス」

大人用のステンレス水筒や調理器などを製造販売するメーカーがサーモスです。子ども用水筒も大人用と同じくステンレス製がそろっています。ストロータイプも保冷、直飲みタイプなら保温保冷機能がついています。

子どもの年齢や水筒を使用するシーンに応じて選べる、機能性の高い子ども用水筒が豊富にラインナップされています。長く使える子ども用水筒を探しているときにも向いています。

キャラクターをはじめいろいろなデザインがそろう「スケーター」

水筒のほか、お弁当グッズやキッチン用品を手掛けるメーカー、スケーターからは豊富な種類の子ども用水筒が発売されています。漫画やアニメなどのキャラクターを使用したデザインも多く、子どもがよろこぶデザインのものが見つかりやすいです。

小さい子どもも持ちやすい小さなストローボトルや、軽くて扱いやすいプラスチック製からステンレス製まで、手にしやすい価格の子ども用水筒がそろっています。

機能性とお手入れのバランスがよい「象印」

魔法瓶メーカーとして知られている象印は、ステンレス製の子ども用水筒も発売しています。スポーツメーカーデザインで保冷力の高いスポーツモデルや、軽量コンパクトでかばんなどに入れられるモデルなど、用途にあわせたいろいろなモデルが発売されています。

シンプルなデザインも多く、高学年以降の子ども用水筒を探しているときにもぴったり。広口ボトルで洗いやすい、ボトル用の洗浄剤も発売しているなど、お手入れしやすい工夫もあります。

子ども用水筒のおすすめ6選 山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんが厳選

上で紹介した子どもの水筒の選び方のポイントをふまえて、山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品を、保温/保冷機能のある・なし別に紹介します。

保温/保冷機能なしの水筒

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エイアンドエフ『クリーンカンティーン KID カンティーンクラシック 12oz シッピーボトル』

エイアンドエフ『クリーンカンティーンKIDカンティーンクラシック12ozシッピーボトル』

出典:楽天市場

容量 355ml
重量 147g
素材 18/8 ステンレススチール素材
保温/保冷時間 -

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

幼児も安心、怪我をしにくい丸みのある形状

355mlの容量をもつステンレス製のボトルです。1歳未満の子どもが使用することを考え、やわらかくて口にくわえやすい形状の飲み口にデザインされています。

飲み口にはかんたんに取り外せるカバーもついていて衛生的なうえに、製造過程でも有害な可能性がある加工は一切施さず、安心して使えます。飲み口以外は丸みを帯びた形状になっていて、思わぬ怪我をしにくい点も長所です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ハイマウント『ナルゲン OTFボトル』

ハイマウント『ナルゲンOTFボトル』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル』 ハイマウント『ナルゲンOTFボトル』

出典:Amazon

容量 約420ml(満水容量)
重量 約120g
素材 本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、ループ部:ポリプロピレン・TPE、パッキン:シリコン
保温/保冷時間 -

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

飲みこぼしが減る「楕円形の飲み口」

飲みものを入れるときや洗浄のときは大きいキャップをまわして開け、飲むときはワンタッチで開けられる小さな飲み口から飲みます。

キャップの構造が二重なので、目的によって開く部分を変えられ、使い勝手がよい製品です。

飲み口の形状は小さな楕円形で口への収まりがよく、飲みこぼしが少なくなるのはうれしい点です。本体の耐熱温度は100℃。熱湯消毒ができ、清潔さを保てます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『キャメルバック エディキッズボトル』

モンベル『キャメルバックエディキッズボトル』 モンベル『キャメルバックエディキッズボトル』 モンベル『キャメルバックエディキッズボトル』 モンベル『キャメルバックエディキッズボトル』

出典:Amazon

容量 400ml
重量 149g
素材 本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、飲み口:シリコーンゴム
保温/保冷時間 -

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

飲み口を「噛んで飲む」から水が漏れにくい

こちらの商品の最大の特徴は、シリコーンゴムを使った飲み口のバルブです。

そのままでは水の出口が見えず、ひっくり返しても水が流れ出さないのですが、バルブを軽く噛むことによってわずかなスリットが開き、飲み水が流れ出します。つまり、飲むためには「噛む」という動作が必要なので、あまり小さな子どもには適しませんが、ある程度大きくなれば難なく使用できるでしょう。

このバルブは誤飲防止のために外れにくいのも安心できる点です。水筒内部にはストローがのび、ボトルを立てたままで飲むことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SIGG(シグ)『キッズボトル』

SIGG(シグ)『キッズボトル』

出典:Amazon

容量 400ml
重量 120g
素材 ボトル本体:アルミニウム、キャップ:ポリプロピレン
保温/保冷時間 -

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

子どもが喜ぶ楽しい「デザインボトル」

さまざまなデザインがそろえられているイラストこそ子ども向けになっていますが、水筒の本体自体は大人用と同じものです。

しかし、ここにキッズキャップを組み合わせることで、子どもに使いやすいものにチェンジされているボトルです。半球形のキッズキャップの内側には小さな飲み口がつけられており、軽く回転させないと水が流れ出さない構造になっています。

複雑な構造のキャップは掃除が大変そうですが、これは分解して掃除できるため、お手入れもかんたんです。

保温/保冷機能ありの水筒

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』

ハイドラフラスク『12ozワイドマウスキッズ』

出典:Amazon

容量 354ml
重量 274.4g
素材 本体:18/8ステンレス鋼、フタ:ポリプロピレン、パッキン:シリコン、ストラップ:TPE
保温/保冷時間 最大6時間/最大24時間

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

パウダーコーティングで手から滑り落ちない

ボトルの壁が二重構造になっている保冷、保温ボトルです。

本体にはサビにくいステンレスが使われています。飲み口は内側のストローと連結されており、飲み口を垂直に立てると水が飲めるようになり、折りたたむとストッパーがきいて水が流れ出しません。

ポップなカラーリングは、特殊なパウダーコーティングによるもので、滑り止めの効果を発揮して、握力が弱い子どもでも滑り落としにくくなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

出典:Amazon

容量 中せん使用時:800ml、キャップユニット使用時:830ml
重量 400g
素材 内びん:ステンレス鋼、胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)、コップ・中せん:ポリプロピレン ほか
保温/保冷時間 保温効力(6時間):72度以上 、保冷効力(6時間)9度以下

Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

保冷のみ、保冷&保温と使い方が選べる

パーツの組み合わせで、保温と保冷を兼ねたボトルにも、保冷専用ボトルにも使えるユニークな水筒です。保温&保冷の場合は中栓とそれを覆うコップを合わせて使い、保冷のみの場合はそれらを省いて軽量にして使えます。

容量0.83Lで重量400g(中栓使用時)とそれほど軽くはありませんが、付属のベルトつきカバーを合わせれば肩から下げることもでき、持ち運びがらくになります。

「子ども用水筒」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
エイアンドエフ『クリーンカンティーン KID カンティーンクラシック 12oz シッピーボトル』
ハイマウント『ナルゲン OTFボトル』
モンベル『キャメルバック エディキッズボトル』
SIGG(シグ)『キッズボトル』
ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』
サーモス『真空断熱2ウェイボトル』
商品名 エイアンドエフ『クリーンカンティーン KID カンティーンクラシック 12oz シッピーボトル』 ハイマウント『ナルゲン OTFボトル』 モンベル『キャメルバック エディキッズボトル』 SIGG(シグ)『キッズボトル』 ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』 サーモス『真空断熱2ウェイボトル』
商品情報
特徴 幼児も安心、怪我をしにくい丸みのある形状 飲みこぼしが減る「楕円形の飲み口」 飲み口を「噛んで飲む」から水が漏れにくい 子どもが喜ぶ楽しい「デザインボトル」 パウダーコーティングで手から滑り落ちない 保冷のみ、保冷&保温と使い方が選べる
容量 355ml 約420ml(満水容量) 400ml 400ml 354ml 中せん使用時:800ml、キャップユニット使用時:830ml
重量 147g 約120g 149g 120g 274.4g 400g
素材 18/8 ステンレススチール素材 本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、ループ部:ポリプロピレン・TPE、パッキン:シリコン 本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、飲み口:シリコーンゴム ボトル本体:アルミニウム、キャップ:ポリプロピレン 本体:18/8ステンレス鋼、フタ:ポリプロピレン、パッキン:シリコン、ストラップ:TPE 内びん:ステンレス鋼、胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)、コップ・中せん:ポリプロピレン ほか
保温/保冷時間 - - - - 最大6時間/最大24時間 保温効力(6時間):72度以上 、保冷効力(6時間)9度以下
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月9日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 子ども用水筒の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの子ども用水筒の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キッズ用ボトルランキング
楽天市場:水筒(子供用)ランキング
Yahoo!ショッピング:子ども用水筒ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

使用されている素材にもこだわろう 山岳・アウトドアライターからアドバイス

子どもが使いやすい水筒を選ぶのがポイントです。

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

「BPAフリー」は購入時のひとつの目安

子ども用の水筒には、大人向けのもの以上に使い勝手や軽量性が重要です。水はただでさえ重いものですから、必要以上の大きさや機能をもつ水筒は子どもには使いにくく、体に負担をかけるだけです。子どもが扱いやすい重さのものに留めましょう。

それとともに、忘れてはいけない視点は、使用されている素材の安全性でしょう。水筒類によく見られる表示としては「BPAフリー」というものがあり、これは素材のプラスチック類にビスフェノールAという化学物質が使われていないことを表示しています。

樹脂製のボトルのなかには間違って高熱の飲みものを入れると有害な物質が溶け出す恐れのある製品があり、BPAフリーは、購入時のひとつの目安になります。また、金属製は素材の成分が溶解して流れ出すリスクは低いのですが、安価なものはコーティングが剥がれやすいのが問題です。そのような点も購入時に確認してください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/11  記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


マイボトルおすすめ15選|洗いやすく・コンパクトから大容量まで【保冷・保温も】

マイボトルおすすめ15選|洗いやすく・コンパクトから大容量まで【保冷・保温も】

オフィスや学校、スポーツ、アウトドアなどさまざまな場面で活躍するマイボトル。選ぶときに気にするのは容量だけだと思っていませんか? マイボトルを選ぶときは、容量はもちろん、保温性や軽さ、洗いやすさなど、用途によって選ぶ基準がたくさんあります。本記事では、マイボトル選びに詳しいエコライター・曽我美穂さんにお話しをうかがい、おすすめのマイボトルをピックアップしてご紹介します。


登山用水筒おすすめ7選|ナルゲンやプラティパスなど人気ブランドをプロが厳選

登山用水筒おすすめ7選|ナルゲンやプラティパスなど人気ブランドをプロが厳選

水分補給に必要となる登山用水筒。登山では水を確保できる場所が限られており、脱水症状を防ぐためにも水筒の携帯は欠かせません。しかし登山用水筒を選ぼうと思っても、材質や形状、容量など、なにを基準に買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用水筒の選び方とおすすめ商品をご紹介します!


ウォータージャグおすすめ4選|保冷力に優れたものもご紹介!

ウォータージャグおすすめ4選|保冷力に優れたものもご紹介!

キャンプで使用する水を確保できるウォータージャグ。水場から離れている場合に持っていたいアイテムのひとつです。しかし、自分にぴったりのウォータージャグを選ぼうとすると、案外悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、アウトドアライターでキャンプブロガーのSAMさんに、ウォータージャグの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。実用的なものからデザイン性にすぐれたものまで紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


ステンレス水筒おすすめ5選|形状や洗いやすさをチェック!

ステンレス水筒おすすめ5選|形状や洗いやすさをチェック!

子どもの遠足用などの用途はもちろん、ビジネスワーカーもスリムで保冷保温能力に優れた水筒を愛用するようになりました。自宅からお気に入りのドリンクをつめていくこともでき、コーヒーショップで補充も可能。ペットボトルのゴミを出さずにすむのもいいですね。タイガー、アイリスオーヤマ、サーモス、ドウシシャなどから、良い商品がたくさん発売されていますが、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。今回はエコエディター・エコライターの曽我美穂さんにステンレス水筒の選び方・おすすめの商品について取材しました。毎日愛用できるステンレス水筒を見つけてみてください。


スタバのタンブラーおすすめ26選&ランキング|人気の2020年新作や海外モデルも

スタバのタンブラーおすすめ26選&ランキング|人気の2020年新作や海外モデルも

コーヒー専門家に取材のもと、スタバタンブラーのおすすめ26選をご紹介! 2020年に販売された季節限定や新作モデルのほか、人気の海外モデル、使い勝手がよくデザイン性にもすぐれたロングセラー商品などを厳選しています。後半には、専門家が選ぶスタバのタンブラーおすすめランキングTOP10や通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう!


新着記事


白髪染めヘアマニキュアのおすすめ10選|ダメージを抑え美しく

白髪染めヘアマニキュアのおすすめ10選|ダメージを抑え美しく

ヘアデザイナー・毛髪改善スペシャリストである窪田圭志さんへの取材をもとに、白髪染めヘアマニキュアの選び方とおすすめ商品をご紹介します。髪にやさしくセルフカラーリングができるヘアマニキュア。美容院に行けなくて根元が白く気になってきたとき、ヘアマニキュアがあればすぐリカバーできて便利ですね。忙しい方、コスパが気になる方にも強い味方です。ぜひこの記事を参考に自分にぴったりの商品を見つけてくださいね。


SIXPACKプロテインバーチョコレート味はおいしい? 実際に食べてレビューしました

SIXPACKプロテインバーチョコレート味はおいしい? 実際に食べてレビューしました

健康や筋トレのため、タンパク質が注目を集めています。でも、普段の食事だけで必要なタンパク質をとるのは大変。そんなときに役に立つのがプロテインバーです。今回はUHA味覚糖の『SIXPACKプロテインバー』を試してみました。一本で約1/3日分のタンパク質がとれるそうです。


MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

MDノートの口コミは? 万年筆でもかきやすいって本当? 使い方の実例&レビュー!

どんな筆記具でも書きやすく、一冊の本をつくるようにおしゃれに記入できるノートを探している人もいるのではないでしょうか。ふつうのノートじゃ満足できないというあなたにぴったりなノートが、今回ご紹介する『MDノート』です。昔の文庫本のようなシンプルかつ個性的なデザインで、にじみにくく上質なオリジナル用紙を使用。糸かがりとじで製本されていることもあり耐久性もすぐれています。ここでは、『MDノート』を実際に使用している様子を写真を交えたレビューをお届けするとともに、使い方の実例もご紹介します。


『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

『ジェットストリーム』油性なのになめらかに書けて速乾性がスゴイ! 書き心地と使い勝手を検証レビュー

手帳にぴったりのボールペンを探している方におすすめしたいのが三菱鉛筆のボールペン、その名も『ジェットストリーム』。油性ボールペンでありながら力を入れなくてもなめらかに書けるのが特徴です。また油性なので速乾性に優れていて、商談先で手帳に予定を書き込んでさっと閉じても写り込む心配がいりません。ですが油性ボールペンと水性ボールペンを迷っていたり、もうボールペン選びで悩みたくない! と思っている人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックしてみました! さらに実際に購入して使ってみた感想もお伝えします。


牛乳嫌いでも食べやすい! 愛知ヨークのヨーグルト『コアコア』を実際に食べて味を検証レビュー

牛乳嫌いでも食べやすい! 愛知ヨークのヨーグルト『コアコア』を実際に食べて味を検証レビュー

食後のデザートとしても食べやすい少量サイズのヨーグルト。お子さんのおやつとしても手軽で便利ですよね。でも、種類も豊富で購入する際に悩んでしまうこともあるでしょう。また、食べたことないメーカーだと不安に感じて成分表示やパッケージを眺めて買わずに終わる、ということもあるかもしれません。今回は、色んなメーカー・種類のヨーグルトを食べ比べた筆者が愛知ヨークの『コアコア』について実際に食べて特徴や味について解説していきます。購入を考えている方も是非参考にしてみて下さいね。


ベビー・キッズの人気記事


>>もっと見る