軽くておしゃれ【子ども用水筒おすすめ6選】アウトドアライターに取材

軽くておしゃれ【子ども用水筒おすすめ6選】アウトドアライターに取材

夏場のお出かけやアウトドアなどで必要になってくる水筒。子どもは、大人に比べて脱水症状になりやすく、こまめな水分補給が必要です。軽くてシンプルな水筒を選んであげたいですが、子ども用の水筒は飲み口の形状がさまざまありますし、メーカーによって容量や重さもバラバラです。子ども用の水筒を購入する場合、どれがいいのか迷うかたも多いのではないでしょうか。この記事では、アウトドアライターの高橋庄太郎さんに取材し、子ども用の水筒を選ぶときのポイントをうかがいました。おすすめ商品もあわせてご紹介いたします。


子ども用水筒の選び方|山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞く

山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに、子どもの水筒を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました

赤色と青色の水筒の写真

Photo by Shrey Gupta on Unsplash

「飲み口」のサイズで選ぶ

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

大人と子どもの大きな違いは、体の大きさです。
この点から子ども用の水筒を考えると、重要ポイントとなるのが「飲み口」のサイズです。この部分が大きいと子どもの小さな口から飲み水がこぼれてしまいます。ただキャップを開いて飲むシンプルなタイプよりも、子どもがくわえやすいストローのような細い飲み口になっているものを選びましょう。

ただ、細いタイプの飲み口は水筒の外に出っ張っているデザインのものが多く、汚れやすいのが難点です。飲み口に汚れ防止のカバーがついているものが適しています。カバーがわりにカップがついているものもあり、便利に使えます。

サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

「飲み口」のサイズが子どもにあっているか確認しましょう。

手に持ちやすい「サイズ」と「形状」

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

子どもの手は大人よりも小さく、握力も強くはありません。そんな手でも握りやすいものは、ボトルが細身のタイプです。特にどこかにくぼみがついているデザインは指へのかかりがよく、滑り落とすことが少なくなります。

また、キャップに指をかけられるループがあるものも子どもの手には適しています。水筒に入れられる水の量はボトルによって変わりますが、大きいものほど重くなり、子どもには持ちにくくなります。子どもの年齢をひとつの目安にセレクトする容量に見当をつけましょう。
2~3歳の小さな子どもなら0.3L前後がよく、子どもが幼稚園や保育園に入り、それでは足りないようになったら大きめのものに買い直します。

ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』

「パウダーコーティング」で手から滑り落ちにくくなっています。

「保冷/保温」の機能を持つものも重宝する

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

大人よりも体温調整が苦手な子どもには、飲み物の温度を長く維持して持ち運べる保温/保冷ボトルもおすすめです。

しかし、この手のボトルは断熱性を高めるために、ボトルの壁を二重にしてキャップを深くねじ込むデザインにしなければならず、どうしてもボトルが重くなってしまいます。
水分補給のためならばシンプルな構造の水筒のほうが軽量で、使用する子どもの体力を損ないません。できれば保温/保冷ができる水筒と、一般的な水筒を使い分けるとよいでしょう。

子ども用水筒のおすすめ6選|山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんが厳選

上で紹介した子どもの水筒の選び方のポイントをふまえて、山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

クリーンカンティーン『KID カンティーンクラシック 12oz シッピーボトル』

出典:Amazon

容量
355ml
重量
147g
素材
18/8 ステンレススチール素材
保温/保冷時間
-
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204
山岳/アウトドアライター&プロデューサー

幼児も安心、怪我をしにくい丸みのある形状

355mlの容量をもつステンレス製のボトルです。1歳未満の子どもが使用することを考え、やわらかくて口にくわえやすい形状の飲み口にデザインされています。

飲み口にはかんたんに取り外せるカバーもついていて衛生的なうえに、製造過程でも有害な可能性がある加工は一切施さず、安心して使えます。飲み口以外は丸みを帯びた形状になっていて、思わぬ怪我をしにくい点も長所です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ハイマウント『ナルゲン OTFボトル』

出典:Amazon

容量
約420ml
重量
約120g
素材
本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、ループ部:ポリプロピレン・TPE、パッキン:シリコン
保温/保冷時間
-
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204
山岳/アウトドアライター&プロデューサー

飲みこぼしが減る「楕円形の飲み口」

飲みものを入れるときや洗浄のときは大きいキャップをまわして開け、飲むときはワンタッチで開けられる小さな飲み口から飲みます。

キャップの構造が二重なので、目的によって開く部分を変えられ、使い勝手がよい製品です。
飲み口の形状は小さな楕円形で口への収まりがよく、飲みこぼしが少なくなるのはうれしい点です。本体の耐熱温度は100℃。熱湯消毒ができ、清潔さを保てます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『キャメルバック エディキッズボトル』

出典:Amazon

容量
400ml
重量
149g
素材
本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、飲み口:シリコーンゴム
保温/保冷時間
-
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204
山岳/アウトドアライター&プロデューサー

飲み口を「噛んで飲む」から水が漏れにくい

こちらの商品の最大の特徴は、シリコーンゴムを使った飲み口のバルブです。
そのままでは水の出口が見えず、ひっくり返しても水が流れ出さないのですが、ここを軽く噛むことによってわずかなスリットが開き、飲み水が流れ出します。つまり、飲むためには「噛む」という動作が必要なので、あまり小さな子どもには適しませんが、ある程度大きくなれば難なく使用できるでしょう。

このバルブは誤飲防止のために外れにくいのも安心できる点です。水筒内部にはストローがのび、ボトルを立てたままで飲むことができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SIGG(シグ)『キッズボトル』

出典:Amazon

容量
400ml
重量
120g
素材
ボトル本体:アルミニウム、キャップ:ポリプロピレン
保温/保冷時間
-
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204
山岳/アウトドアライター&プロデューサー

子どもが喜ぶ楽しい「デザインボトル」

さまざまなデザインがそろえられているイラストこそ子ども向けになっていますが、水筒の本体自体は大人用と同じものです。

しかし、ここにキッズキャップを組み合わせることで、子どもに使いやすいものにチェンジされているボトルです。半球形のキッズキャップの内側には小さな飲み口がつけられており、軽く回転させないと水が流れ出さない構造になっています。複雑な構造のキャップは掃除が大変そうですが、これは分解して掃除できるため、お手入れもかんたんです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』

出典:Amazon

容量
354ml
重量
274.4g
素材
本体:18/8ステンレス鋼、フタ:ポリプロピレン、パッキン:シリコン、ストラップ:TPE
保温/保冷時間
最大6時間/最大24時間
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204
山岳/アウトドアライター&プロデューサー

パウダーコーティングで手から滑り落ちない

ボトルの壁が二重構造になっている保冷、保温ボトルです。
本体にはサビにくいステンレスが使われています。飲み口は内側のストローと連結されており、飲み口を垂直に立てると水が飲めるようになり、折りたたむとストッパーがきいて水が流れ出しません。

ポップなカラーリングは、特殊なパウダーコーティングによるもので、滑り止めの効果を発揮して、握力が弱い子どもでも滑り落としにくくなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

出典:Amazon

容量
中せん使用時:800ml、キャップユニット使用時:830ml
重量
400g
素材
内びん:ステンレス鋼、胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)、コップ・中せん:ポリプロピレン ほか
保温/保冷時間
保温効力(6時間):72度以上 、保冷効力(6時間)9度以下
Thumb lg fe2a519f 6b8a 4ece b03d cf72fb154204
山岳/アウトドアライター&プロデューサー

保冷のみ、保冷&保温と使い方が選べる

パーツの組み合わせで、保温と保冷を兼ねたボトルにも、保冷専用ボトルにも使えるユニークな水筒です。保温&保冷の場合は中栓とそれを覆うコップを合わせて使い、保冷のみの場合はそれらを省いて軽量にして使えます。

容量0.83Lで重量400g(中栓使用時)とそれほど軽くはありませんが、付属のベルトつきカバーを合わせれば肩から下げることもでき、持ち運びがらくになります。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

クリーンカンティーン『KID カンティーンクラシック 12oz シッピーボトル』
ハイマウント『ナルゲン OTFボトル』
モンベル『キャメルバック エディキッズボトル』
SIGG(シグ)『キッズボトル』
ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』
サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

商品

クリーンカンティーン『KID カンティーンクラシック 12oz シッピーボトル』 ハイマウント『ナルゲン OTFボトル』 モンベル『キャメルバック エディキッズボトル』 SIGG(シグ)『キッズボトル』 ハイドラフラスク『12oz ワイドマウスキッズ 』 サーモス『真空断熱2ウェイボトル』

特徴

幼児も安心、怪我をしにくい丸みのある形状 飲みこぼしが減る「楕円形の飲み口」 飲み口を「噛んで飲む」から水が漏れにくい 子どもが喜ぶ楽しい「デザインボトル」 パウダーコーティングで手から滑り落ちない 保冷のみ、保冷&保温と使い方が選べる

価格

Amazon : ¥ 2,200
楽天市場 : ¥ 2,260
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,260
※各社ECサイトの 2019年4月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,944
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,725
※各社ECサイトの 2019年4月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,944
楽天市場 : ¥ 1,944
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,944
※各社ECサイトの 2019年4月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,132
楽天市場 : ¥ 3,132
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,132
※各社ECサイトの 2019年4月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,104
楽天市場 : ¥ 4,104
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,104
※各社ECサイトの 2019年4月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,940
楽天市場 : ¥ 5,679
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,975
※各社ECサイトの 2019年4月11日時点 での税込価格

容量

355ml 約420ml 400ml 400ml 354ml 中せん使用時:800ml、キャップユニット使用時:830ml

重量

147g 約120g 149g 120g 274.4g 400g

素材

18/8 ステンレススチール素材 本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、ループ部:ポリプロピレン・TPE、パッキン:シリコン 本体:飽和ポリエステル樹脂、キャップ:ポリプロピレン、飲み口:シリコーンゴム ボトル本体:アルミニウム、キャップ:ポリプロピレン 本体:18/8ステンレス鋼、フタ:ポリプロピレン、パッキン:シリコン、ストラップ:TPE 内びん:ステンレス鋼、胴部:ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)、コップ・中せん:ポリプロピレン ほか

保温/保冷時間

- - - - 最大6時間/最大24時間 保温効力(6時間):72度以上 、保冷効力(6時間)9度以下

商品情報

ECサイトのキッズ用水筒ランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのキッズ用水筒の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キッズ用水筒ランキング
楽天市場:キッズ用水筒ランキング
Yahoo!ショッピング:キッズ用水筒ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

子ども用水筒を買う前に、高橋さんからのアドバイス

山岳/アウトドアライター&プロデューサー

使用されている素材にもこだわって

子ども用の水筒には、大人向けのもの以上に使い勝手や軽量性が重要です。水はただでさえ重いものですから、必要以上の大きさや機能をもつ水筒は子どもには使いにくく、体に負担をかけるだけです。子どもが扱いやすい重さのものに留めましょう。

それとともに、忘れてはいけない視点は、使用されている素材の安全性でしょう。水筒類によく見られる表示としては「BPAフリー」というものがあり、これは素材のプラスチック類にビスフェノールAという化学物質が使われていないことを表示しています。

樹脂製のボトルのなかには間違って高熱の飲みものを入れると有害な物質が溶け出す恐れのある製品があり、BPAフリーは、購入時のひとつの目安になります。また、金属製は素材の成分が溶解して流れ出すリスクは低いのですが、安価なものはコーティングが剥がれやすいのが問題です。そのような点も購入時に確認してください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/6/10 主に誤字・脱字の修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/06/27 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドアライターが選ぶ! おすすめの登山用ヘルメット6選

アウトドアライターが選ぶ! おすすめの登山用ヘルメット6選

本格的な登山にチャレンジする際に、欠かすことのできないアイテムのひとつが登山用ヘルメットです。ヘルメットで大事な頭部を守り、安心して登山を楽しみたいですね。とはいえ、いざ購入するとなると何を基準に選んだらよいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。素材や重さ、構造など、チェックしておきたい要素はいろいろあります。そこで本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用ヘルメットの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。本記事を参考に、快適に登山をするための大切な相棒となるヘルメットを見つけてみてください。


旅行用バックパックおすすめ6選|[着こなし工学]提唱者が解説!

旅行用バックパックおすすめ6選|[着こなし工学]提唱者が解説!

旅行に行くとなると、スーツケースに荷物を詰める人も多いでしょう。しかし、旅行用バックパックがあれば、両手があき、たくさんの荷物もラクに持ち運びできます。宿泊日数や目的によって、必要な容量なども変わってきますので、適切なものを選びたいですよね。この記事では、[着こなし工学]提唱者・平 格彦さんへの取材をもとに、旅行用バックパックの上手な選び方とおすすめ商品を紹介します。平さんならではの選び方を参考に、自分に合った旅行用バックパックを選んで旅にでかけましょう!


【アウトドアライターが選ぶ!】登山向けベビーキャリア6選|長時間でも疲れにくい

【アウトドアライターが選ぶ!】登山向けベビーキャリア6選|長時間でも疲れにくい

「子どもと一緒に登山をしたいけど、もう少し成長してからでないと難しいかなぁ……」と思っている人なら、ベビーキャリアを使ってみませんか。ベビーキャリア、チャイルドキャリア、キッズキャリアなど、いくつかの名称がありますが、抱っこひもやおんぶひもなどとは違い、登山向けなので長時間背負っても疲れにくく、子どもはもちろん、大人も快適に使えます。この記事では、アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山向けベビーキャリアの選び方やおすすめ商品を紹介します。小さな子どもと一緒に登山を楽しめる登山向けベビーキャリア選びの参考にしてみてくださいね!


キャンプライターが選ぶ! おすすめのナルゲンボトル5選【アウトドアやオフィスで活躍】

キャンプライターが選ぶ! おすすめのナルゲンボトル5選【アウトドアやオフィスで活躍】

いつでも飲み物が手に入る日常とは違って、キャンプや登山などのアウトドアでは、飲み物も持って行かなければならないケースがよくあります。そんなとき、軽くて丈夫なナルゲンボトルがとても役立ちます。アウトドアはもちろん、オフィスやスポーツの場面など、日常的にも活躍してくれるので1つ持っていると便利ですね。コラボモデルなども豊富なので、コレクションして楽しむこともできます。本記事ではキャンプライターの中山一弘さんへの取材をもとに、ナルゲンボトルの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。本記事を参考に、シーンを選ばず毎日使いたくなるようなナルゲンボトルを探してみてください。


登山用テントマットのおすすめ9選! 山岳写真家が選び方も解説

登山用テントマットのおすすめ9選! 山岳写真家が選び方も解説

寝ている間に地面からの冷気で身体が冷えることを防いでくれる「登山用のテントマット」。山は、冬場だけでなく夏場でも思った以上に気温が下がるため、登山などのアウトドアシーンには必要なアイテムです。しかし、折りたたんで持ち運べるタイプやエアーを注入して膨らませるもの、断熱性のちがいなど、テントマットの種類もさまざま。どのようなタイプを買うべきなのか、迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんに、登山用のテントマットの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。


最新の記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

ペレットとは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためたエサのことで、ハムスターに必要な栄養が詰まっています。しかし、ペレットはメーカーによってかたさや大きさが異なります。さらに、ハムスターの種類によってもペレットの選び方が異なるため、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さんへの取材のもと、おすすめのペレットをご紹介いたします。


虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除け剤の効果確認試験を行なう有限会社モストップの取締役で、蚊についての書籍を複数執筆されている害虫防除専門家の白井良和さんに、虫除けスプレーの選び方とおすすめ商品9選をお聞きしました。虫除けスプレーには、効果の持続時間や使用タイプなどによってさまざまな種類があります。アース製薬、フマキラー、ジョンソンなどの商品が定番となっています。持ち運びにも便利ですし、虫が多そうなところで、さっと吹きかければ虫が近寄ってきにくくなるので有効に使って快適にレジャーを楽しんでください。