中級者向けテントのおすすめ5選|スノーピーク、コールマンなど厳選

snow peak(スノーピーク)『ランドロック(TP-671R)』
出典:Amazon

キャンプをはじめアウトドアの場数を踏むようになると、テントを使う場面や用途も幅広くなってきます。

ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだアウトドアシーンの用途に応じて選べる中級者向けテントおすすめ5選と選び方のポイントについてご紹介します。

後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ
天野 駿太郎

「アウトドア・キャンプ」カテゴリーを担当。元雑誌編集者で、アウトドアギアやファッションに親しむ。休日は愛車のロードバイクでツーリングがてらキャンプをしたり、野山やアルプスで登山を楽しんだりする。軽量&コンパクトなギアに目がない。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

中級者向けテントの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドアライター夏野 栄さんに、中級者向けテントを選ぶときのポイントを教えてもらいました。今のテントからの買い替えを検討している方も、購入前に選び方を覚えておくと製品選びに役立ちます。

人数から選ぶ

 

テントを実際に使用する人数は、選ぶうえで重要なポイントになります。

テントを選ぶ際、最もオーソドックスかつマストな条件が利用人数。もちろんソロで大きなテントを使うことだってアリですが、設営を考えるとやはりある程度人数に比例したサイズのテントを選ぶ必要があります。また、最近はだいぶ状況も変わってきてはいますが、「実際に快適にテントを利用できる人数はメーカー指定人数マイナス2名」と言われていたりします。

メーカー指定人数は「最大で(限界値)」という視点で計算している場合が多いため、ゆったり過ごしたいならばソロからデュオならば2、3名以上のテントを探すという方法で選ぶとベターなサイズ感のテントに出会えます。

フィールドから選ぶ

夜空とテント
Pixabayのロゴ

アウトドア技術の向上と用途に合わせて、より機能性の高いテントを選びましょう。

キャンプをするフィールドは季節や地形、天候によって状況が大きく違います。どんなフィールドに、いつのシーズンに行くのか? あるいはあるシーズンには行かない、決まった場所に通うなど、自分がキャンプするフィールドをもとに使用するテントを選ぶと、より快適に過ごせます。

フィールドを特定せずキャンプをするという場合、本来テントひと張りで済ませるのは難しい部分もあります。オールラウンドというケースでは耐久性のあるテントを選びたいところですが、重量がかさむようなら、どこかを削りベストを模索します。

タイプ(スタイル)から選ぶ

 

数あるテントのなかから、使い勝手の良いものを選びましょう。

キャンプが盛り上がるにつれて多くのテントが登場し、テントのタイプ(スタイル)にも注目が集まるようになりました。

オーソドックスなドーム型やロッジ型のほか、最近人気のトンネル型や2ルームテントなど、ねらったテントタイプから選ぶという方法もあります。テントのタイプごとに使い勝手が違うため、それぞれのタイプの特徴をつかみ、好みのタイプから選んでみる方法もおすすめです。

軽さで選ぶ

中型テント
ペイレスイメージズのロゴ

「U.L.」(ウルトラライト)という言葉が定着してひさしい現在、「軽いは正義」という方向に振られた軽量テントが多数ラインナップされています。軽さを追求するということは、そのぶん耐久性や居住性といったなんらかの要素を犠牲にしています。

どこまで軽さにこだわるか、その優先度から選ぶという方法も、理想のテントに出会える近道のひとつです。

中級者向けテントのおすすめ5選 収納サイズ・設営しず・耐水圧もチェック!

上で紹介した中級者向けテントの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。はじめて中級者向けテントを購入する人も、プロの視点から選んだおすすめ製品を参考に、納得の製品選びに役立ててください。

エキスパートのおすすめ

snow peak(スノーピーク)『ランドロック(TP-671R)』

スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R スノーピーク(snowpeak)テントランドロック[6人用]TP-671R
出典:Amazon この商品を見るview item
作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

居住性が高いタープいらずのオールインワン

スノーピークの進化し続ける人気ファミリーテント「ランドロック」。サイズは625×405×205cmと家族でも広々使えます。インナーテントを寝室とした場合、居住性の高いリビングができるためタープは必要ありません。

さらに、ドアを跳ね上げてタープとして使うことで空間を拡張することもできます。防水性遮光性に優れた安心のフライに、サイドは大きくオープン可能でメッシュドアも完備。季節を問わず、長く快適に使える完成されたオールインワンテントです。

エキスパートのおすすめ

Nordisk(ノルディスク)『レイサ6』

[ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品] [ノルディスク]NORDISKレイサ6PUテント6人用2ルームテントドームテントトンネル型大型ファミリー家族キャンプ122057カシューブラウンTentReisa6PUCashew/Brown[並行輸入品]
出典:Amazon この商品を見るview item
作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

使い勝手抜群のトンネルテント

人気のトンネル型テントの筆頭ともいえるノルディスクの「レイサ」。広いリビングルームを境に両サイドに2つのインナーを装備しています。両端で別々の寝室として使う、あるいは片側は寝室、もう片側は荷室にするなど有効に空間を使える点が魅力です。

さらにドアをタープとして跳ね上げて使えたり、サイドを大きくオープンにしてメッシュ窓にできたりと、解放感抜群で快適に過ごせます。家族はもちろん、プライベート空間を分けることもできるため、グループ単位での活用にもぴったりです。

エキスパートのおすすめ

NEMO Equipment(ニーモ・イクイップメント)『ヘキサライト6Pキャニオン』

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

低コストでアレンジを楽しめる汎用シェルター

外と内をシームレスに活用できる人気のツーポールシェルター。カラバリも現代キャンパーに刺さるラインナップでサイトコーデしやすい幕です。ローカスギアのソリスシルと似ているためよく比較されますが、重さはあるものの「ソリスシル」よりもかなりお手ごろ価格です。

「ヘキサライト」は幕体自体にペグ穴があるため、フルクローズできる点も魅力です。お手ごろなツーポールシェルターを使ってみたいという方におすすめ。

エキスパートのおすすめ

ベルガンス『ウィグロ(Wiglo)』

ベルガンスBergansウィグロLT4グリーン[テントワンポール] ベルガンスBergansウィグロLT4グリーン[テントワンポール] ベルガンスBergansウィグロLT4グリーン[テントワンポール]
出典:楽天市場 この商品を見るview item
作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター

冬季も安心のティピー型ドーム

ノルウェーのアウトドアブランド「ベルガンス」。ウィグロは冬季も安心して使える4シーズンテントです。4人対応の比較的大きな幕ですが、天井は低めで風にも強い高耐久を誇ります。周囲全体にスカートがついているため、冷気や風、雨をしっかりカット。

また、サイドウォールはオープンが可能で、夏場は快適なシェルターとしても使えます。真に4シーズン楽しめる高スペックテント。一年中キャンプを楽しむ方には重宝することでしょう。

Coleman(コールマン)『ウェザーマスター 4S T.P.クレスト(2000031567)』

耐久性と快適性を兼ね備えた4シーズン対応テント

2ルームで大人4人収容も可能なグランドシート付きの4シーズン対応ティピーテント。前後に大型のメッシュスクリーンとサークルベンチレーションを配備しています。スカート付きフライシートは冬でも暖かく、換気をよくするコットン混紡インナーも採用しているので、結露や湿気を防いでくれます。

耐水圧は、フライシート3000mm、フロアシート10000mmと抜群の耐久性。テーブルイスとイスを用意しても大人4人収容できるゆったりとしたスペースです。

「中級者向けテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
snow peak(スノーピーク)『ランドロック(TP-671R)』
Nordisk(ノルディスク)『レイサ6』
NEMO Equipment(ニーモ・イクイップメント)『ヘキサライト6Pキャニオン』
ベルガンス『ウィグロ(Wiglo)』
Coleman(コールマン)『ウェザーマスター 4S T.P.クレスト(2000031567)』
商品名 snow peak(スノーピーク)『ランドロック(TP-671R)』 Nordisk(ノルディスク)『レイサ6』 NEMO Equipment(ニーモ・イクイップメント)『ヘキサライト6Pキャニオン』 ベルガンス『ウィグロ(Wiglo)』 Coleman(コールマン)『ウェザーマスター 4S T.P.クレスト(2000031567)』
商品情報
特徴 居住性が高いタープいらずのオールインワン 使い勝手抜群のトンネルテント 低コストでアレンジを楽しめる汎用シェルター 冬季も安心のティピー型ドーム 耐久性と快適性を兼ね備えた4シーズン対応テント
収納サイズ キャリーバッグ:長さ75×幅33×高さ36cm フレームケース:長さ72×幅17×高さ22cm - - 長さ51×幅27×高さ27cm 約φ28×72cm
設営サイズ 長さ625×幅405×高さ205cm 長さ645×幅295×高さ210cm 長さ561×幅470×高さ226cm 長さ400×幅345×高さ170cm インナー:(約)長さ330x幅210x高さ195cm
重量 22.0kg(付属品含む) 17kg 5.5kg(本体)+1.5kg(ポール) 6.1kg 約14kg
耐水圧 フライ耐水圧:3,000mm(ルーフ)1,800mm(ウォール) ボトム耐水圧:1,800mm フライ:3,000mm ボトム:8,000mm - テント:3,000mm インナーテント:5,000mm 3,000mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 中級者向けテントの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの中級者向けテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:中級者向けテントランキング
楽天市場:中級者向けテントランキング
Yahoo!ショッピング:中級者向けテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

上級者向けテントに関するQ&A よくある質問

question iconテントを安く買う方法は?

answer icon

Amazonや楽天といったネット通販サイトでは、毎月のようにセールを開催されています。30%オフ以上の値引き率を目安に選んでみてください。また、スポーツ用品店「ヒマラヤ」で購入するのもおすすめです。ヒマラヤは、有名ブランドが20%オフなどの価格で販売されることで知られています。

question iconテントの寿命はどれくらい?

answer icon

一般的に塩ビ製で約5年、非塩ビ製(キャンバス生地)で約3年以上といわれています。

question iconテントのメンテナンス方法は?

answer icon

テントの汚れは、中性洗剤で水洗いしましょう。洗う際、強く擦りすぎないのがポイントです。

【関連記事】中級者向けテントに関するそのほかの商品

状況にマッチしたテントを選んでより快適に アウトドアライターからのアドバイス

ベーシックなことを学び、キャンプ&アウトドアの経験値が深まっている中級者の方。これまでのスタイルからさらに一歩踏み出し、状況によりマッチさせたテントをセレクトして、快適なサイト作りを追求してみてはいかがでしょう。

効率を追求することで、またさらにスキルもアップしていきます。その先の上級者へとつながる過程を存分にお楽しみください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


自在金具おすすめ11選|タイプ・穴の大きさ・素材・耐久性で選ぶ

自在金具おすすめ11選|タイプ・穴の大きさ・素材・耐久性で選ぶ

自在金具はテントやタープを設営するときに使う自在金具。ロープを強く張ったり、緩めたりするのにとても便利なアイテムです。本記事では、アウトドアライターでキャンプブロガーでもあるSAMさんと編集部が、自在金具の選び方、厳選したおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon テント , タープ , 登山・トレッキング

【プロ厳選】DODテントおすすめ7選| ワンポールテントやワンタッチテントなど!人気のカマボコも!

【プロ厳選】DODテントおすすめ7選| ワンポールテントやワンタッチテントなど!人気のカマボコも!

DOD(ディーオーディー)は日本のアウトドア用品メーカー。ウサギとDODが組み合わされたロゴマークのテントやタープでおなじみです。この記事では、キャンプライターの中山一弘さんに聞いた、DODテントの選び方のコツとおすすめ商品を紹介します。記事後半には、テントのお手入れ方法、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon テント , 靴(登山・トレッキング用) , テント・タープ

ツーリングテントおすすめ18選|【1人用・2人用】軽量で簡単に設営可能

ツーリングテントおすすめ18選|【1人用・2人用】軽量で簡単に設営可能

バイクや自転車、車でのツーリング旅行の際に野外で寝泊りするときに使うツーリングテント。ここでは、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選したツーリングテントのおすすめと選び方をご紹介します。 記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon テント , テント・タープ , アウトドア・キャンプ

格安テントおすすめ23選|【1人~6人用】ソロキャンプからファミリー向けまで

格安テントおすすめ23選|【1人~6人用】ソロキャンプからファミリー向けまで

テントには、安いものから高額なものまで、機能もふくめたくさんの種類が選べます。本記事では、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんと編集部が厳選したコスパのいい格安テントのおすすめと選び方をご紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon テント , テント・タープ , ソロキャンプ

登山用テントマットおすすめ12選|底冷えを防ぐ! クローズドセル、エアー式も

登山用テントマットおすすめ12選|底冷えを防ぐ! クローズドセル、エアー式も

寝ている間に地面からの冷気で身体が冷えることを防いでくれる「登山用のテントマット」。山は冬場だけでなく夏場でも思った以上に気温が下がるため、登山などのアウトドアシーンには必要なアイテムです。本記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が厳選したテントマットのおすすめと選び方をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon テント , コット・ハンモック・マットレス・マット , 登山・トレッキング

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。