【上級者向けテント】選び方&おすすめ6選|アウトドアライターに聞く製品の選び方

スノーピーク『アメニティドーム M 5人用(SDE-001RH)』
出典:Amazon
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

キャンプやアウトドア熟練者になると、テントの設営や運搬もスムーズにできるため、より選べるテントの幅も広がります。そこで、大規模テントや個性的テントなど、上級者のためのテントの選び方とおすすめ製品について作家でアウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがいました。キャンプやアウトドアの熟練度に応じたテントを利用したい人や、トレンドに沿ったテントを導入したい人も、ぜひ参考にしてください。


上級者向けテントの選び方 アウトドアライターに聞く

アウトドアライターの夏野 栄さんに、上級者向けテントを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。上級者向けテントへのステップアップを検討している人や、今までと異なる上級者らしいテントを上手に選ぶポイントをおさえておきましょう。

雪山に設営されたテント
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

雪山やソロキャンプなどある程度過酷なシーンの上級者向けテントの選び方を知っておこう。

スペックから選ぶ

作家/アウトドアライター

キャンプをやり倒した上級者なら、効率的なテントはだいたい経験済みではないでしょうか。次はハイスペックなテントをキャンプ地に持ち込んで、冒険心を満たしてみてはいかがでしょう。

価格帯は上がりますが、得られる経験値も確実に多いハイスペックテント。たとえば、居住性の高いスケール、あるいはハンモックタイプ、ツリーテントといったような強めのキャラクターをもったテントなど、上級者ならではの「遊び」で選ぶのも大いにありです。

また一方で、極地仕様やヘビーデューティーなテントを選んで、あえて過酷な環境に出かけてみる、これもまた上級者ならではの自然とのつき合い方です。とはいえ、もちろん安全第一で楽しみましょう。

上級者だからこそスペックの高いテントを選んでも上手に使いこなせます。

スケールから選ぶ

作家/アウトドアライター

経験豊富で通常のキャンプに慣れ気味の上級者なら、大スケールなテントでキャンプ場を盛り上げてみるのはいかがでしょう。個人所有の、なかなか難しいベースキャンプ用の大型テントなど、一度は泊まってみたいと思いませんか?

高額で持ち運びや幕営の難易度も上がりますが、中には比較的扱いやすい大スケールな幕もあります。ふつうの幕に飽きた上級者のみなさん、思い切ってベースキャンプ級のテントに挑戦してみてください。

キャラクターから選ぶ

作家/アウトドアライター

キャンプ&アウトドアの盛り上がりから、最近ではテントタイプを超えた新しいテントが続々登場しています。フルコットンのヴィンテージテントやポールを使わないエアーテント、ハンモック型のテントからまるでツリーハウスのようなテントまで。

最新テントでは水上に幕営できるという超キャラの濃いテントだってあります。ひととおり優れたテントを使ってきた上級者こそ、キャラのあるテントで「遊び」を楽しんでみてはいかがでしょう。

上級者ならテントのスケールやキャラクターで選ぶのも選択肢のひとつです。

上級者向けテントのおすすめ6選 定員・インナー生地・フライシートもチェック!

上で紹介した上級者向けテントの選び方のポイントをふまえて、アウトドアライター夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。より自分らしくキャンプやアウトドアが楽しめる製品との出会いに役立ててください。

大型テント
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

用途やシーンに応じたキャンプやアウトドアを楽しみたい、そんな上級者だからこその事情を解決する納得のいくテントや、今まで発見できなかったテントを探してみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヒルバーグ『サイタリス』

ヒルバーグ『サイタリス』

出典:Amazon

サイズ(定員) 長さ525×幅220×高さ125cm(4人用)
重量 最小5.6kg、総重量6.6kg
インナー生地 -
フライシート -

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

極地仕様のオーバースペックを楽しむ

ヒルバーグのテントはレーベルシステムというグレード分けがされています。なかでもブラックレーベルは「あらゆる環境に対応した」グレードです。極地遠征や特殊部隊でも採用されているシリーズで、キャンプ場ではまさにハイスペック。

そんなブラックレーベルのテントで居住性が高く、2~3人にハマるテントがサイタリス。キャンプ上級者なら厳冬期のキャンプやあえて悪天候時を凌ぐキャンプなど、スペックを感じられる状況を味わうキャンプなんていかがでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヘネシーハンモック『ジャングルサファリZIP』

ヘネシーハンモック『ジャングルサファリZIP』

出典:Amazon

サイズ(定員) 366×150cm
重量 約1.9kg
インナー生地 210デニールオックスフォードナイロン
フライシート 1.9オンスクロスデニールポリウレタンコーティングポリエステル

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ハンモックでもはやノーテントプレイ

ヘネシーハンモックはハンモックとテントを融合した、進化系キャンピングハンモックです。ナイロンのハンモックにテントのフライにあたる屋根がついたオールインワンの寝床。地面がぬかるんでいたり傾斜地でも快適に眠れます。

ジャングルサファリはヘネシーハンモックのラインナップ中最大サイズ。大柄の方はもちろん、カップルでも使用できる大きさです。キャンプをし尽くした上級者の方、次はハンモックでノーテントキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』

ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』

出典:Amazon

サイズ(定員) 長さ230×幅218×高さ210cm(4人用)
重量 11.07kg(平均重量)
インナー生地 キャノピー:75Dリップストップポリエステル フロア:150D ポリエステルオックス 10,000mmPUコーティング
フライシート 75D ポリエステルタフタ 1,500mmPUコーティング

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

一度は寝てみたい宇宙船系ドーム

テントの知識が広がると、マウンテンハードウェアのスペースステーションはじめとしたいつもとは趣の違う宇宙船系の大型ドームテントで一度は寝てみたくなりますよね。本来は極地遠征のベースキャンプ用として作られたテントが多く、サイズもお値段も大スケール。

そんな宇宙船系ドームの中でも、ザ・ノース・フェイスのジオドーム4はキャンパーが個人所有しやすいテントです。一見不安定そうに見えなくもない球状ですが超高耐久。設営も困難さもなく、日常使いの宇宙船ドームとしていかがでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヘイムプラネット『ニアス(NIAS)』

ヘイムプラネット『ニアス(NIAS)』

出典:Amazon

サイズ(定員) 設置面積(インナーテント)3.5㎡x2+(玄関)2.9㎡ 全高153cm、インナーテント118cm(4~6人用)
重量 6.8kg
インナー生地 40Dリップストップナイロン
フライシート 75Dリップストップナイロン(耐水圧5,000mm)

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

2ルームのビッグエアーテント

空気で膨らませるフレームを使ったエアーテントの代表格がヘイムプラネットです。一度は使ってみたいエアーテント、ポールがなく幕営の作業が「空気を入れること」で、数分で設営できるという利点も魅力。浮き輪づくりの準備そのものというお手軽さです。

そのラインナップ中このニアスは2ルームのロングタイプ。大人3名でも窮屈さを感じない居住性の高さです。また耐風、耐水に優れているため安心感もあります。楽できて、いつものテントと違う構造を楽しめてしかも実用的。ニアスはかなりおすすめです。

スノーピーク『アメニティドーム M 5人用(SDE-001RH)』

スノーピーク(snowpeak)テントアメニティドームM5人用SDE-001RH

出典:Amazon

サイズ(定員) 幅505×奥行280×高さ150(5人用)
重量 8kg
インナー生地 68Dポリエステルタフタ
フライシート 210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミン

最高レベルの防水・撥水・耐久性能

地上高を低くおさえたスノーピークのテントは、風の抵抗を受けづらく、テント破損のリスクを大幅に低下させるよう設計されています。また、耐久性だけでなく、テフロン撥水加工とUVカット加工が施された素材により、水滴をはじき、紫外線も反射します。防水・撥水加工にくわえ、耐水圧は,800mm保証としています。

なかは広々としたもので、270×270、畳約4.5畳分の広さ。前室に大きめのテーブルを置いて余裕があるほどです。

ロゴス『ROSY ドゥーブル XL(71805022)』

ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント ロゴス(LOGOS)テント4~5人用ROSYドゥーブルXL71805022広々2ルームテント

出典:Amazon

サイズ(定員) (約)幅440×奥行290×高さ190cm(5人用)
重量 約10.5kg
インナー生地 ポリエステルタフタ(ブリーザブル撥水加工)
フライシート ポリエステルタフタ

2ルームテント&スクリーンタープの2通りの使い方

素材は、高い断熱効果と90%以上の有害紫外線をカットする素材。縫製線をシームテープで加工し、雨の侵入を防ぎます。また、小物用のポケットが備え付けられており、スマートフォンなどが収納できるようになっています。

寝室+リビングの2ルームテント、そしてインナーを取り外せば大型のスクリーンタープの2通りの使い方ができる高コスパテント。リビングにはランタンフックがあるので、夜でも内部を明るく照らすことができます。大きめのベンチレーションがついているので、換気も可能です。

「上級者向けテント」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ヒルバーグ『サイタリス』
ヘネシーハンモック『ジャングルサファリZIP』
ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』
ヘイムプラネット『ニアス(NIAS)』
スノーピーク『アメニティドーム M 5人用(SDE-001RH)』
ロゴス『ROSY ドゥーブル XL(71805022)』
商品名 ヒルバーグ『サイタリス』 ヘネシーハンモック『ジャングルサファリZIP』 ザ・ノース・フェイス『ジオドーム4』 ヘイムプラネット『ニアス(NIAS)』 スノーピーク『アメニティドーム M 5人用(SDE-001RH)』 ロゴス『ROSY ドゥーブル XL(71805022)』
商品情報
特徴 極地仕様のオーバースペックを楽しむ ハンモックでもはやノーテントプレイ 一度は寝てみたい宇宙船系ドーム 2ルームのビッグエアーテント 最高レベルの防水・撥水・耐久性能 2ルームテント&スクリーンタープの2通りの使い方
サイズ(定員) 長さ525×幅220×高さ125cm(4人用) 366×150cm 長さ230×幅218×高さ210cm(4人用) 設置面積(インナーテント)3.5㎡x2+(玄関)2.9㎡ 全高153cm、インナーテント118cm(4~6人用) 幅505×奥行280×高さ150(5人用) (約)幅440×奥行290×高さ190cm(5人用)
重量 最小5.6kg、総重量6.6kg 約1.9kg 11.07kg(平均重量) 6.8kg 8kg 約10.5kg
インナー生地 - 210デニールオックスフォードナイロン キャノピー:75Dリップストップポリエステル フロア:150D ポリエステルオックス 10,000mmPUコーティング 40Dリップストップナイロン 68Dポリエステルタフタ ポリエステルタフタ(ブリーザブル撥水加工)
フライシート - 1.9オンスクロスデニールポリウレタンコーティングポリエステル 75D ポリエステルタフタ 1,500mmPUコーティング 75Dリップストップナイロン(耐水圧5,000mm) 210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミン ポリエステルタフタ
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月20日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 上級者向けテントの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの上級者向けテントの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:上級者向けテントランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】上級者向けテントに関するそのほかの商品

上級者こそ「遊び」を追求 アウトドアライターからのアドバイス

作家/アウトドアライター

キャンプで多くの経験をし、さまざまなテント、そしてフィールドを知る上級者。そんなみなさんは効率の追求はすでに済んでいると思います。さらなるレベルアップはキャンプをするたびに、もう自然と継続されるはず。それならば、次はこれまでの経験、アウトドアの英知を生かし思いっきり「遊び」へシフトしてみてはいかがでしょう?

ただのキャンプではなく「~プレイ」のような遊びのテーマを設定し、その遊びにマッチするキャラの濃いテントで寝てみると、新しい世界が開けるかも。効率追求のキャンプとは違う、また新たな楽しみが待っているはずです!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/10/20 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

キャンプをはじめアウトドアの場数を踏むようになると、テントを使う場面や用途も幅広くなってきます。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだアウトドアシーンの用途に応じて選べる中級者向けテントおすすめ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りの必需品といえば「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも安心なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型など種類はさまざまです。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこでこの記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品8選とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。


スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

スノーピークテントおすすめ6選【人気のアメニティドーム・2ルームタイプほか】

新潟県の三条市を本拠地とするアウトドア総合メーカーのSnow Peak(スノーピーク)。この記事では、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。動画による組み立て方のコツや通販サイトのおすすめランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

ツェルトおすすめ10選|ビバークや登山中の悪天候に! 超軽量モデルも紹介

登山やアウトドア時のビバーク(緊急避難的・突発的な野宿)用シェルターとして使用されるツェルト。昨今、UL(ウルトラライト)やファストアンドライトなど装備を軽量化し、行動を快適化する概念が一般的になりました。ここでは、山岳写真家・荒井裕介さんと編集部が選んだツェルトのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


登山用テントおすすめ11選|【1人~3人用】軽量・4シーズン対応も

登山用テントおすすめ11選|【1人~3人用】軽量・4シーズン対応も

本格的に登山を楽しむようになるとほしくなるのが、登山用テント。定番のモンベルを始め、多くのアウトドアブランドから幅広い製品が発売されています。そこで、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が登山用テントのおすすめ商品を「軽量」「4シーズン対応」などタイプ別に厳選しました。選び方のポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る