PR(アフィリエイト) article type icon アンケート・調査

ドライブレコーダーの口コミ・アンケート調査結果|種類別の評判や人気メーカーも紹介

ドライブレコーダーの口コミ・アンケート調査結果|種類別の評判や人気メーカーも紹介
ドライブレコーダーの口コミ・アンケート調査結果|種類別の評判や人気メーカーも紹介

◆本記事はプロモーションが含まれています。

今回はマイナビニュース会員304名を対象に、「ドライブレコーダーについて」のアンケート調査を実施しました。本記事では、その結果をご紹介いたします。

本アンケート結果を、ぜひドライブレコーダー購入の際の参考にしてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

今回、マイナビニュース・ウーマン会員計304名に向けてドライブレコーダーについてのアンケートを実施し、「ドライブレコーダーを持っている」と回答した199名の調査結果をご紹介いたします。

【 アンケートの実施内容について 】
・調査期間: 2023年10月26日
・調査対象: マイナビニュース・ウーマン会員
・調査数: 合計199名(304名のうちドライブレコーダーを持っていると回答した人数)
・調査方法: インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース・ウーマン会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

ドライブレコーダーの購入・取り付けについて

Q:ドライブレコーダーの購入・取り付けについて教えてください

ドラレコの購入・取り付け
ドラレコの購入・取り付け

あおり運転や交通事故などの証拠映像をおさめるという需要の増加もあり、近年はドライブレコーダーを車に搭載する方が増えています。

アンケートの結果、ドライブレコーダーの購入・取り付けで最も多くの票が集まったのは「自動車の購入の際、オプションで取り付けた」でした。

一方で、「ドライブレコーダーは持っていない」と答えた方が30%強いることからもわかるように、ドライブレコーダーのない車にも取り付けようとするほどの普及にはいたっていないようです。

また、「自分で取り付けた」と答えた割合が低いことから、「ドライブレコーダーの取り付けは難しい」と感じている方が多いこともわかります。

多くのユーザーは「車を新しく買い替える際に、ドライブレコーダーも取り付けてもらおう」と考えているのかもしれません。

ドライブレコーダーの種類について

Q:購入したドライブレコーダーの種類を教えてください

ドラレコの種類
ドラレコの種類

ユーザーのドライブレコーダーの種類については上記のような結果になりました。

▼前後2カメラ

 

主流となっている前後2カメラ型は、前と後ろの2カ所にカメラを取りつけるタイプです。

後方から追突されたときもしっかり映像を残せるのが特徴。後ろの車からもカメラが見えるため、あおり運転などの危険な運転を抑止するためにも役立ちます。

【ユーザーの口コミ】

・前だけでなく後ろも記録しているので安心できる

・前後ドライブレコーダーだと安心感が違う。煽り運転防止にもなるかと思います

・手軽に購入できた

・コストパフォーマンスにこだわった

・前方だけではやっぱり不安だった

・横から突っ込まれたり後ろからつっこまれる場合もある事故を経験しているので360℃であればさらに安心だった

・360度全周にすれば良かった

▼360度カメラ

 

360度タイプは、周囲の全方位を撮影できます。側面側もしっかり映るので、出会いがしらの事故や右折・左折時に衝突した際も映像が残せるのが特徴。

すり抜けや駐車中の盗難など、より幅広いトラブルに対応できます。

ただし半天球タイプだと車内から後方を撮影するため、後ろの録画範囲が狭くなったり画質が下がったりする場合もあるため注意しましょう。

【ユーザーの口コミ】

・360度撮影なのですごくいい

・全方向録画なので安心感がある

・運転中以外での当て逃げやいたずらにも対応できるカメラが良いと思ったので安心できる。

・360度全体を監視できる方が一番安心できるため

・360度死角や隙なく見れる

・全方位見れるのが安心

▼フロント用カメラ

 

フロント用は、ひとつのカメラで前方を撮影するシンプルな設計になっています。

商品価格・設置費用ともリーズナブルに収まりやすいため、費用を抑えたい人に適しているでしょう。

あおり運転や横の衝突が起こった時には映像が残りませんが、前方だけ撮影できればいいという場合や、事故防止の意識を高めたいときには役立ちます。

【ユーザーの口コミ】

・ドラレコの映像が事故において重要な証拠となっていることを知ったので、とりあえず安くても設置することにしました

・前方のみで不安はあるが、コストパフォーマンスで決めた

・犯罪抑止にさえなればよいと思ったので性能は二の次だった

・自分で取り付けるので、できるだけ簡単そうなヤツにした。

・前のみなので購入してから後悔しました。後ろも映るものにすればよかった

・後部のカメラが必要だと思いました

▼ルームミラー型タイプ

 

ルームミラー型ドライブレコーダーは通常のドライブレコーダーとは違い、ルームミラーと一体になっているので、搭載してもスペースを取らず、視界の邪魔になりにくいのが特徴です。

画面のサイズが大きいものが多く、後方が確認しやすい特徴もあります。また、カメラとミラーが一緒になったものであれば、カメラをフロントガラスに取り付ける必要がないので、フロントガラスの視界が遮られることがないので、通常通りに運転することができます。

取りつけも比較的カンタンで、バンドを使って既存のミラーに取りつけるだけのものもあります。視界を遮ることなく、取りつけもカンタンで手軽なのがルームミラー型ドライブレコーダーの魅力です。

【ユーザーの口コミ】

・前後あることで万が一に備えられること

・デジタルミラーと一体のが欲しかったから気に入ってます。

・インテリアの邪魔にならない目立たないものを選んだ。

・スマートルームミラーにもなって便利です

ドライブレコーダーのメーカー・ブランドについて

Q:お持ちのドライブレコーダーのメーカー・ブランドを教えてください。

ドラレコのメーカー
ドラレコのメーカー

アンケートの結果、ドライブレコーダーのメーカー・ブランドの1位に輝いたのは「Panasonic(パナソニック)」でした。

また、COMTEC(コムテック)やKENWOOD(ケンウッド)、Pioneer(パイオニア)、Yupiteru(ユピテル)といった自動車製品メーカーなどは近い標数で横並びといったイメージです。

基本的に、Panasonic(パナソニック)の製品は価格帯が広く、初心者でも購入しやすい安価な製品も展開しているため、現在の自動車に設置するといったニーズに応えられているのかもしれません。

一方、安定・信頼性の面で自動車製品メーカーも根強い人気を誇るのも事実。製品としての質も高く、こちらも価格帯は広いため、普段聞きなれないメーカーではありますが、検討の価値がありますよ。

購入してよかったポイント

Q:購入してよかったポイントや外せない機能を教えてください。(複数回答/5つまで)

ドラレコを購入する際にこだわったポイント
ドラレコを購入する際にこだわったポイント

購入してよかったポイントとしては上記のようになりました。

▼カメラの視覚範囲はできるだけ広いほうが望ましい

ドライブレコーダーを購入するうえで外せない機能として、「カメラの視覚範囲」が最も票を集めました。「カメラの視覚範囲」についての口コミは以下のとおりです。

【ユーザーの口コミ】

・全方向録画なので安心感がある

・当て逃げに対策するため

・事故の場合の証拠としては綺麗に広範囲を撮したいからです。

・やはり全方位を監視できる方が安心できるので、画角にはこだわった。

・事故を考えると、範囲が広いと安心できる

・運転中以外での当て逃げやいたずらにも対応できるカメラが良いと思ったので安心できる。

・録画する際になるべく死角を少なくしたかったので。

・どの角度で、事故が発生するかわからないため、広角を選んだ

口コミの内容をみると、死角を減らして事故などの証拠映像を確実におさめるために、「カメラの視覚範囲」を重視していることがわかります。

近年、ドライブレコーダーの需要が高まっている理由の1つに運転中のトラブルの増加があるため、「カメラの視覚範囲」が圧倒的な1位になるのも頷けます。

▼はっきりとした画像を得るためには画素数が重要

「カメラの視覚範囲」に次いで、「画素数」がドライブレコーダーに外せない機能であるという結果がでました。「画素数」の口コミとして、以下のものが挙げられます。

【ユーザーの口コミ】

・しっかりとした、画質で安心感があります。

・画素数が粗いとせっかく撮っても見えないと意味がない。

・暗い場所でも、画像がきれいに見えていることは重要

・夜に運転することも多く、映像がクリアでなければ価値が半減する。

いくら「カメラの視覚範囲」が広くても、見にくい画像では意味がありません。基本的に、画素数の数値が高いほど細かな部分まで鮮明な映像を撮れるので、「画素数」を重視する方が多い傾向にあるようです。

ただし、夜の暗い中での運転が多い方は、「画素数」にこだわるだけでは必要な映像は撮れない可能性があります。夜間の撮影に特化した機能が付いているかも、あわせて確認したほうがよいでしょう。

▼取り付けが楽だと使いやすい

トップ2と比べると票は少ないものの、「取り付けやすさ」もドライブレコーダーを購入してよかったポイントに挙げられています。ユーザーの口コミを見てみましょう。

【ユーザーの口コミ】

・自分で取り付けたので、取り付けが楽なのがよかった

・設置が簡単な商品でないと自分一人で取り付けられないから

・自分で取り付けるので、できるだけ簡単そうなヤツにしました

記事冒頭の「ドライブレコーダーの購入・取り付けについて」のアンケート結果によると、ドライブレコーダーを購入した多くの方がプロの人に取り付けてもらっていました。ただ、なかには自分で取り付けている方もいるため、「取り付けやすさ」もある程度は重視されているようです。

おそらく、今使っている車に後からドライブレコーダーを取り付ける際、プロの人に依頼する手間を省くために、自分でも取り付けられるタイプのものを探したと考えられます。

もっと重視すればよかったポイント

Q:購入後に気づいた、「もっと重視しておけばよかった」というポイントや機能を教えてください。(複数回答/5つまで)

ドラレコを購入する際にもっと重視すればよかったポイント
ドラレコを購入する際にもっと重視すればよかったポイント

ここでは、もっと重視すればよかったポイントについてのアンケート結果をご紹介いたします。

様々なユーザーが後悔したポイントでもあるため、購入する際はぜひチェックし、参考にしてくださいね。

▼カメラの視覚範囲が狭いと期待したほどの効力が得られない

ドライブレコーダーに外せない機能の第1位に挙げられていただけに、「カメラの視覚範囲」で後悔する羽目になった方も多いようです。ガッカリの具体的な内容は以下のとおりです。

【ユーザーの口コミ】

・カメラにうつらない場所があるので、視覚が広い方がいいなと思った

・実際に映像を見てみると、意外と視野が狭く感じます

・前後のカメラだけで通常は十分だと思うが、歩行者の道から、道路の車体に向かって、手で叩き付ける行為をして来た人がおり、その事案の場合、加害者が常に車体の横からだった為、警察に届けた時、叩いている瞬間が見辛かった

口コミからすると、「カメラの視覚範囲」が狭く死角が生じたために、期待していたほどの効力が得られなかったと感じている方が多いことがわかります。

なかには、交通事故などの証拠映像とする際に肝心な部分が見づらかったと、実際に困った経験がある方もいました。

▼画素数が低いと必要な情報を読み取れない

「カメラの視覚範囲」と同様に、「画素数」もドライブレコーダーに外せない機能と考えられているため、軽く考えると後悔することになるようです。購入後にガッカリしないよう、下記の口コミを参考にしましょう。

【ユーザーの口コミ】

・ブロックノイズがあったり、車両ナンバーが読みにくいなど問題があった

・画質が悪いと本当に見えない

・相手の顔も鮮明にはっきりわかるように画素数が高いほうがいいと思った

・画素数にはあまり詳しくなかったので気にしていなかったのですが 後で思うと 鮮明に映るためには 必要なものだと思いました

・画素数が低くてナンバーがよく分からなかった

「画素数」が低く画像が粗いドライブレコーダーであったために、車両ナンバーや相手の顔などの必要な情報を読み取ることができなかったという経験をもつ方は意外と多いようです。

画像の鮮明さは画素数に大きく左右されます。ドライブレコーダーのおもな利用目的は証拠映像を残すことなので、特にこだわりがないという方も、できるだけ画素数が高いものを選ぶようにしましょう。

▼駐車監視機能がないと不安

ドライブレコーダーの証拠映像が必要になるのは、運転中だけではありません。駐車時のトラブルが実際に発生してから、「駐車監視機能の有無」にこだわらなかったことを後悔する方がいるようです。下記の口コミを見て、同じ後悔をしないようにしましょう。

【ユーザーの口コミ】

・自分が乗っていないときが一番不安

・駐車中にぶつけられたことがあるから

・駐車中に車に擦り傷ができていたことがあったからです。

・駐車監視があれば、エンジンを切っていても録画されるのだろうから、スーパーやモールで停めているときも安心なのだろうなと思った。

・あおり運転をされるより、がら空きの駐車場で、入口からもはるかに離れて不便な場所に止めたのにも関わらずドアパンチをくらったことがある

・以前コンビニに車を止めている間にいたずらされて泣き寝入りしたことがあります。

・駐車中の監視があればイタズラされた際に対応しやすい。

運転中の事故などに備えてドライブレコーダーを取り付ける方が多いですが、実は駐車時にも被害を受ける可能性があるのです。

例えば、駐車してあった車にぶつけられたりイタズラされたりしても、証拠映像がなければ泣き寝入りになる可能性が高まります。

「カメラの視覚範囲」や「画素数」と比べて忘れられがちな機能ですが、常に車を見張っていられるわけではないので、ドライブレコーダーの「駐車監視機能」はかなり有用です。

【関連記事】

まとめ|自分の車を守るために機能にはこだわろう

本記事では、ドライブレコーダーについてのアンケート調査の結果をご紹介しました。

ドライブレコーダーのメーカー・ブランドは比較的バラけた印象がありましたが、外せない機能として「カメラの視覚範囲」と「画素数」は鉄板であることがわかりました。その2つについては、こだわらなかったために後悔する羽目になったという口コミも多いので、できるだけ視覚範囲が広く、画素数が高いものを選ぶようにしましょう。

さらに、「駐車監視機能」があるタイプであれば、運転中だけでなく駐車時の車も守ることができます。自分の車をあらゆる場面から守れるよう、必要な機能を見極めてこだわるのがおすすめです。

【 アンケートの実施内容について 】
▼基本情報
・調査期間: 2023年10月26日
・調査対象: マイナビニュース・ウーマン会員
・調査数: 合計199名(304名のうちドライブレコーダーを持っていると回答した人数)
・調査方法: インターネットログイン式アンケート
※マイナビニュース・ウーマン会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

▼質問内容
・Q1:ドライブレコーダーの購入・取り付けについて教えてください。
・Q2:購入したドライブレコーダーの種類を教えてください。
・Q3:お持ちのドライブレコーダーのメーカー・ブランドを教えてください。
・Q4:購入する際にこだわったポイントや外せない機能を教えてください。(複数回答可)
・Q5:Q4で選んだ項目の理由を教えてください。(記述回答)
・Q6:購入後に気づいた、「もっと重視しておけばよかった」というポイントや機能を教えてください。(複数選択可)
・Q7:Q6で選んだ項目の理由を教えてください。(記述回答)

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button