PR(アフィリエイト)

ひとり暮らしで使いきれない食材を消費するおすすめの料理法とは?食材を余らせない方法も紹介

ひとり暮らしで使いきれない食材を消費するおすすめの料理法とは?食材を余らせない方法も紹介
ひとり暮らしで使いきれない食材を消費するおすすめの料理法とは?食材を余らせない方法も紹介

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年09月29日に公開された記事です。

ひとり暮らしをしていると、使い切れない食材が出てくることがありますよね。そんなときに役立つおすすめの料理レシピをご紹介します。かんたんに作れて、しかもおいしい料理ばかりです。冷蔵庫に眠っている食材を無駄にすることなく、上手に活用して満足感のある食事を作りましょう。

また、記事後半では、できるだけ食材が余らないようにする方法として、食材宅配サービスの魅力についても紹介しています。ぜひ参考にしてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:その他
花島 優史

モノ以外のサービス全般を担当。趣味~実用系のサブスクをはじめ、日常生活を快適かつ豊かにするおすすめ情報やハウツー情報までをカバーしている。

余った野菜を一気に使える野菜消費レシピ

まずはじめに、余らせることの多い食材の代表選手である野菜のおすすめ料理法を紹介していきましょう。

野菜のあまりで作るかんたんスープ

ミネストローネの画像
ミネストローネの画像
ペイレスイメージズのロゴ

ひとり暮らしで野菜が余ったときにおすすめなのが、野菜スープ。なぜ野菜スープがおすすめかというと、スープは野菜の栄養素を摂る方法であり、一度に多くの野菜を消費できるため、食材の無駄を減らすのに役立ちます。

また、自分好みの味にアレンジしやすいため、ひとり暮らしの食事によいです。ぜひ、色んな余った野菜を入れたおいしいスープを作って、無駄なく栄養を摂ってください。

以下は具体的なスープレシピと調理手順です。分量は余った野菜の量に応じて、変更してください。

◆スープのレシピ(2人分)

【材料】
・余った野菜(キャベツ、にんじん、じゃがいもなど)
・玉ねぎ
・にんにく
・オリーブオイル
・コンソメ顆粒
・調味料(塩、黒こしょう)


【調理手順】
▼余った野菜を洗い、適切な大きさに切ります。にんじんとじゃがいもを入れる際は、小さなサイコロ状に切ります。
▼大きめの鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りの玉ねぎとにんにくを炒めます。香りが立つまで炒め続けます。
▼切った野菜を鍋に加え、さらに5分間炒め続けます。野菜が柔らかくなるまで炒めることで、風味が引き立ちます。
▼コンソメ顆粒を加え、中火で煮立たせます。煮立ったら、火を弱めて蓋をして約20分間煮ます。野菜が柔らかくなり、スープがコクを増します。
▼塩、黒こしょうで味を調えたら、アツアツのうちに食べましょう。

豆腐を使ったヘルシーサラダ

豆腐サラダの画像
豆腐サラダの画像
ペイレスイメージズのロゴ

豆腐を使ったヘルシーサラダはひとり暮らし中にぴったりです。調理がかんたんで、豆腐はたんぱく質を豊富に含み、野菜の大半はビタミンや食物繊維が豊富です。さらに、サラダドレッシングで風味を引き立て、美味しさをプラスさせながらヘルシーな食事を楽しめます。分量は余った野菜の量に応じて、変更してください。


◆サラダのレシピ(1人分)

【材料】
・絹ごし豆腐
・余った生で食べられる野菜(トマト、キュウリ、アボカド、玉ねぎなど)
・お好みのサラダドレッシング
・調味料(塩、黒こしょう)

【調理手順】
▼絹ごし豆腐を水切りし、1.5cm角に切ります。キッチンペーパータオルで余分な水分を拭き取ります。
▼豆腐の上に塩と黒こしょうをふりかけ、サラダボウルに入れます。
▼余った野菜をサラダボウルに加えます。
▼お好みのサラダドレッシングをかけて、優しく混ぜ合わせます。ドレッシングが全体に行き渡るように注意しましょう。

パスタで冷蔵庫の食材を一気に消費

パスタの画像
パスタの画像
ペイレスイメージズのロゴ

パスタは食材を有効活用するための選択肢としてとても優れています。さまざまな野菜や調味料と組み合わせられるから、余った食材を一気に消費可能です。また、ひとり分の調理がかんたんで、その日の気分や冷蔵庫にあるものに合わせてバリエーション豊かなパスタを楽しむことができるので、飽きずに食べられるのもメリット。余った食材を無駄にしないために、パスタを取り入れてみてください。

ひとり暮らし中におすすめの、冷蔵庫にある食材を使っておいしいパスタを作る方法を紹介します。このレシピは余った野菜や調味料を一気に消費できるうえ、おいしいひとり分のパスタを楽しむことができます。

◆パスタのレシピ(1人分)

【材料】
・スパゲッティ - 80g
・オリーブオイル - 大さじ2
・ニンニク - 1片、みじん切り
・トマト - 1個、中サイズ、みじん切り
・余った野菜(例:パプリカ、ズッキーニ、茄子) 好みの大きさに切る
・調味料(塩 - 少々、黒こしょう - 少々)
・パルメザンチーズ - 好みの量(トッピング用)

【調理手順】
▼スパゲッティを表示にしたがってゆで、アルデンテ(食感が残る程度)に仕上げ、ゆで汁を少量取っておきます。
▼フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクを炒めます。香りが立ったら、トマトを加えてさらに炒めます。
▼余った野菜をフライパンに加え、炒めます。野菜がしんなりするまで調理します。
▼ゆでたスパゲッティをフライパンに加え、軽く混ぜます。必要に応じて、少量のゆで汁を加えてソースを調整します。
▼塩とこしょうで味を調え、お好みでパルメザンチーズをふりかけて完成!

鍋を使った食材消費レシピ

余った食材を効率よく使える料理として、鍋料理はとっても有効です。寒い季節なら、温かい鍋料理はことさらおいしく感じられるでしょう。ここからは、一人暮らしでも作れる鍋レシピを紹介していきます。

しゃぶしゃぶ鍋

しゃぶしゃぶの画像
しゃぶしゃぶの画像
ペイレスイメージズのロゴ

なぜ鍋が使い切れない食材を活用するのに適しているのか?鍋は、冷蔵庫にある野菜や肉、もやしなど、さまざまな食材を一気に消費できるため、使い切れない食材を有効活用するのによいです。寒い日に温かい鍋を楽しみながら、食材の無駄を減らしましょう。

◆鍋のレシピ(1人分)

【材料】
・ひとり前のしゃぶしゃぶ用の薄切り肉(豚、羊、牛など余った肉で利用可能) - 100g
・白菜 - 4〜6枚、食べやすい大きさに切る
・しいたけ - 4個、石づきを切り落とす
・にんじん - 1本、薄切り
・ねぎ - 適量、斜め薄切り
・ごまだれ - お好みで(市販のものを使用してもよい)

【調理手順】
▼寒い日にぴったりのしゃぶしゃぶ鍋を用意します。電気鍋やIH鍋を使うととても便利
▼鍋に水を注ぎ、野菜を入れて温めます。白菜、しいたけ、にんじん、ねぎなどの野菜は冷蔵庫に余っていることが多いし、鍋にぴったり。
▼野菜がしんなりするまで煮込み、お好みでだしを加えて味を整えます。
▼しゃぶしゃぶ用の薄切り肉を鍋に加え、さっと茹でます。肉が色づいたら、すぐに取り出します。
▼ごまだれを用意し、しゃぶしゃぶ用の薄切り肉、野菜、もやしにつけて食べます。

野菜と肉を使ったヘルシー鍋

野菜と肉のヘルシー鍋の画像
野菜と肉のヘルシー鍋の画像
ペイレスイメージズのロゴ

ひとり暮らしの人向けな野菜と肉を組み合わせたヘルシーな鍋のアイディアを詳しく紹介します。このレシピは、野菜と肉を組み合わせて、栄養バランスも考慮された鍋料理となります。鍋のだしは自家製でも市販品でも構いません。色んなアレンジが可能なので、家にあるもので作ってください。

◆鍋のレシピ(1人分)

【材料】
・余った肉(牛、羊、豚、鶏、なんでもよいです)- 100g、一口大に切る
・しいたけ - 4個、石づきを取り除き、薄切り
・にんじん - 1本、薄切り
・もやし - 1/2カップ
・だし - 400ml(煮干しや昆布から取ったものを使ってもよい)
・調味料(醤油 - 大さじ2、みりん - 大さじ1、塩 - 少々、黒こしょう - 少々)

【調理手順】
▼鍋にだしを注ぎ、中火にかけます。だしが温かくなったら、醤油とみりんを加え、味を調えます。
▼余っている肉、しいたけ、にんじんを鍋に加えて煮ます。食材が煮えたら、もやしも加えてさらに煮ます。
▼余った肉に火を通し、野菜がしんなりするまで調理します。
▼必要に応じて塩と黒こしょうで味を調えましょう。

アレンジしやすい手軽な食材消費レシピ

余ったご飯でチャーハンを作ろう

チャーハンの画像
チャーハンの画像
ペイレスイメージズのロゴ

ひとり暮らしでよくあるシチュエーションとして、ご飯を炊いても食べきれずに冷蔵庫に残りがち。そこで、余ったご飯を使っておいしいチャーハンを作る方法を紹介します。

◆基本のチャーハンレシピ

【材料】
・余ったご飯 - 1杯
・卵 - 1個
・鶏肉やエビ、ベーコンなどの具材 - お好みで
・ごま油 - 小さじ1
・にんにく - 1片(みじん切り)
・青ねぎ - 2本分(みじん切り)
・調味料(醤油 - 大さじ1、塩とこしょう - 好みで調整)
・ごま(オプション)

【調理手順】
▼具材を切って準備します。鶏肉やエビ、ベーコンなどを使用する場合、事前に調理しておきます。
▼卵を割って、混ぜておきます。
▼フライパンにごま油を熱し、にんにくと青ねぎを炒めます。香りが立ってきたら具材を加えて炒めます。
▼具材が炒められたら、いったん別のお皿に取っておきましょう。
▼再び温めたフライパンに、ごま油を熱し、卵を入れます。
▼すぐに余ったご飯をフライパンに加え、卵とよく混ぜます。
▼別皿の具材を加えます。
▼醤油をかけ、塩とこしょうで味を調えます。最後にごまを振りかければ完成。


ご飯が余るケースはひとり暮らしに本当に多いはず、チャーハンはアレンジの効く料理です。具材や調味料を変えて、自分好みのバリエーションにすれば飽きずにご飯を食べられます。

たとえば、野菜をたっぷり入れてヘルシーに仕上げたり、スパイスを使って辛くアジアン風にアレンジしたり。余ったご飯を有効活用し、おいしいチャーハンを召し上がってみてください。

色んな食材に合う中華炒め

豚肉とキャベツの中華風炒め
豚肉とキャベツの中華風炒め
ペイレスイメージズのロゴ

この中華風炒めのバリエーションはたくさんあります。
たとえば、鶏肉や牛肉を使ってみたり、野菜の組み合わせを変えてみたりすることで、いつも新しい味わいを楽しむことができるので、余った食材ごとの美味しさがあります。

また、作りすぎて余ってしまった場合は冷凍しておき、忙しい日に使えるようにするのもおすすめ。ひとり暮らしで毎日料理をするのはたいへんなので、作り置きは便利ですよ。

◆豚肉とキャベツの中華風炒め

【材料】
・豚こま切れ肉 - 150g
・キャベツ - 1/4個(ざく切り)
・にんじん - 1本(千切り)
・青ねぎ - 2本分(小口切り)
・しょうが - 1片(みじん切り)
・にんにく - 1片(みじん切り)
・調味料(醤油 - 大さじ2、ごま油 - 大さじ1、砂糖 - 小さじ1、ごま - 適量、塩とこしょう - 好みで調整)

【調理手順】
▼フライパンにごま油を熱し、しょうがとにんにくを香りが立つまで炒めます。
▼豚肉を加えて炒め、色が変わるまで調理します。
▼にんじん、キャベツを加えて炒め、野菜がしんなりするまで調理を続けます。
▼醤油と砂糖を加え、全体に絡ませます。
▼最後に青ねぎを加え、塩とこしょうで味を調え、ごまを散らして完成です。

食材宅配サービスで食材の余りを抑えよう

食材宅配サービスとは

食材宅配サービスは、食材を自宅まで届けてくれる便利なサービスです。このサービスには通常、2つの注文方法があって、定期コースは、顧客が決めた頻度で食材を定期的に受け取ることができるプランです。たとえば、毎週、隔週、月に一度など、個人の食事スケジュールに合わせて食材を届けてくれます。この注文方法は、忙しい人々や定期的な食事プランを持ちたい人々に特に便利。

そして、もうひとつの選択肢が単品購入。単品購入は、必要なときに必要な分だけ食材を注文できる柔軟な注文方法です。単品購入が可能な食材宅配サービスの場合、自分の好みや食事計画に合わせて、必要な食材を選択し、注文できます。

食材宅配サービスは、快適な食材の調達方法として急速に広まっており、多くの人々に受け入れられています。食材の新鮮さと品質を確保しながら、食事計画を簡素化し、食材の無駄を減らすことが可能となっています。また、多くの食材宅配サービス業者が、オーガニック、地元産、特別なダイエットに適した食材など、多ような選択肢を提供しており、顧客の多ようなニーズに対応しています。

料理に合った食材を必要な分量で届けてくれる

食材宅配サービスの一部ではミールキットを販売しています。ミールキットでは料理にぴったり合った食材を必要な分量で手軽に手に入れることが可能。

仮にスーパーなどで買いものをした場合、レシピと分量が合わなくて食材が余るケースが多いでしょう。しかし、ミールキットは、あらかじめレシピを想定したうえで、必要な分量の食材を宅配してくれます。ですから、食材を確実に使い切れるのが大きなメリットですね。

しかもレシピとセットだから作り方もわかるし、献立を考える手間も省けるので、宅配による買いものの手間も削減できることと合わされば、毎日の料理がかなり時短となるでしょう。

ミールキットを色んな種類やコースで販売している食材宅配サービス業者もあるので、飽きが来づらいのもいいですね。

自分の生活スタイルに合わせて便利にチョイス!

ひとり暮らしで野菜があまったら、野菜スープ、チャーハンや中華炒めなどがおすすめの料理です。

さらに、食材宅配サービスは食材を自宅まで届けてくれる便利なサービスで、定期コースと単品購入の2つの注文方法があります。特にミールキットは料理に合わせた食材を必要な分だけ提供し、レシピも含まれているため、料理の手間もかなり削減できます。

ひとり暮らしでの食材あまりを解消するレシピと、宅配サービスについてご紹介しました。食材の無駄を減らし、おいしい料理を楽しみましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button