PR(アフィリエイト)

ファミリー層に人気の理由!コールマンのサンシェードおすすめ6選

コールマン(Coleman) シェード ポケットイージーシェード
出典:Amazon
コールマン(Coleman) シェード ポケットイージーシェード
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年06月23日に公開された記事です。

キャンプやビーチ、公園、プール、野外イベントで活躍する「サンシェード」。コールマンのサンシェードは、夏の強い日差しを防ぐダークルームテクノロジーやフルクローズにできるスクリーンシェードが特徴でファミリー層に高い支持を得ています。この記事では、コールマンのサンシェードのおすすめ商品を紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

コールマンとは

 

コールマン(Coleman)は、アウトドア用品の製造と販売で世界的に知られるアメリカの企業です。1901年に設立され、その起源はガソリンランプの製造から始まりました。明るくて安定した光を提供するランプを開発し、これがコールマンの成功の基礎となりました。

その後、コールマンはキャンプ用品とアウトドア用品の製造に焦点を当て、テント、スリーピングバッグ、クーラーボックス、ストーブ、ランタンなど、幅広い製品を提供するようになりました。これらの製品は、耐久性と信頼性で知られ、アウトドア愛好家やキャンパーから高い評価を受けています。

コールマンは、アウトドア体験をより楽しく、快適にするための製品を提供することに専念しています。そのため、同社の製品は、家族のキャンプからバックパッキング、フェスティバルまで、さまざまなアウトドア活動に適しています。

コールマンのサンシェードの魅力 ダークルームテクノロジーとは

 

コールマンのサンシェードは、耐久性のある素材と堅固な構造で作られています。これにより、厳しい天候条件でも使用することができ、長期間にわたって信頼性を保つことができます。

また、Olytecメッシュという防虫技術が採用されています。これは、虫の侵入を防ぎつつ、通気性を確保するための特殊なメッシュ素材です。これにより、虫の多い環境でも快適に過ごすことができます。

さらに、コールマンのサンシェードは、ダークルームテクノロジーを採用しているモデルもあります。これは、日光の90%以上をブロックし、UVを99.99%以上遮る特殊な素材技術です。これにより、シェード内部の温度上昇を抑え、快適な空間を提供します。また、フロントドアは光を透過する仕様で、フルクローズ時でも室内に光を取り込むことが可能です。

その高品質と革新的なテクノロジーは、アウトドア体験をより楽しく、快適にするための必需品として、ファミリー層だけでなく世界中のアウトドア愛好家から愛され続けています。

サンシェードの選び方

サンシェード
Pixabayのロゴ
サンシェード
Pixabayのロゴ

テント型サンシェードがあれば、熱い日差しも怖くないですね。

ここからは、サンシェードを選ぶときのポイントを紹介します。

・サンシェードの種類で選ぶ
・テント全体のサイズを確認・収納時のサイズも
・機能性で選ぶ
・設営や撤収、持ち運びのしやすさで選ぶ!

上記のポイントを押さえることで、より欲しい商品をみつけることができます。

コールマンのサンシェードテントおすすめ6選

ここからは、編集部が厳選したコールマンのサンシェードのおすすめ商品を紹介します。

Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』

Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』
出典:Amazon この商品を見るview item

日光をブロックし涼しい空間を実現した簡単シェード

設営や撤収が簡単なポップアップ式のサンシェードです。特徴的なのは、日光を90%以上ブロックし、UVを99.99%以上遮るダークルーテクノロジーを採用している点。これにより、シェード空間の温度上昇を軽減し、快適な空間を提供します。フロントドアは光を透過する仕様で、フルクローズ時でも室内に光を取り込むことが可能な点もポイントです。

使用時サイズ 200×150×125cm
収納時サイズ 59×8cm
重量 2.7kg
耐水圧 3000mm
定員 2~3人
材質 75Dポリエステルタフタ
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

使用時サイズ 200×150×125cm
収納時サイズ 59×8cm
重量 2.7kg
耐水圧 3000mm
定員 2~3人
材質 75Dポリエステルタフタ
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』

Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』 Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』 Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』 Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』 Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』
出典:Amazon この商品を見るview item

バッグにいれて持ち運べるコンパクトシェード

その名の通りポケットサイズに収納可能な超コンパクトなサンシェードです。収納サイズは40cm以下で、バッグに入れて持ち運べる便利さが魅力です。ポール一体型の簡単組立で、迷わず設営できます。また、セミクローズフラップやメッシュポケット付きといった多機能性も備えています。大人2人または大人1人と子供2人が利用できるサイズ。

使用時サイズ 170x195x104cm
収納時サイズ 13x38x6cm
重量 1.4kg
耐水圧 -
定員 2人
材質 68Dポリエステルタフタ
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

使用時サイズ 170x195x104cm
収納時サイズ 13x38x6cm
重量 1.4kg
耐水圧 -
定員 2人
材質 68Dポリエステルタフタ
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』

Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』
出典:Amazon この商品を見るview item

日光をブロックし温度上昇を軽減するシェード

日光をブロックし、涼しい空間を実現するポップアップ式のサンシェードです。ダークルームテクノロジーを採用しており、日光をブロックし、温度上昇を軽減します。フロントドアは光を透過する仕様で、フルクローズ時でも室内に光を取り込むことが可能です。コンパクトに収納でき、背負えるハンドル付きなので、両手をあけたまま移動が可能なのがうれしいですね。

使用時サイズ 200×150×125cm
収納時サイズ 59×8cm
重量 2.7kg
耐水圧 1500mm
定員 2~3人
材質 75Dポリエステルタフタ
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

使用時サイズ 200×150×125cm
収納時サイズ 59×8cm
重量 2.7kg
耐水圧 1500mm
定員 2~3人
材質 75Dポリエステルタフタ
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『シェード スクリーンIGシェード+』

Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェードスクリーンIGシェード+』
出典:Amazon この商品を見るview item

高い防虫効果も魅力

米国のブランド「コールマン」のサンシェードです。シェードスキンの部分にはダークルームテクノロジーを採用したポリエステルタフタが用いられており、降り注ぐ日光の90%以上をしっかりブロック。UV遮蔽率も99.99%以上に達しています。レジャーシートと組み合わせれば、上質なテントの中にいるかのような居心地を味わえますよ。

使用時サイズ W‎210×D180×H120cm
収納時サイズ W‎15×D15×H60cm
重量 3kg
耐水圧 約3,000mm
定員 3~4名
材質 シェードスキン:75D ポリエステルタフタ フロアシート:ポリエチレン フレーム:FRP
紫外線対策 日光を90%遮断/紫外線遮蔽率99.99%以上
全てを見る全てを見る

使用時サイズ W‎210×D180×H120cm
収納時サイズ W‎15×D15×H60cm
重量 3kg
耐水圧 約3,000mm
定員 3~4名
材質 シェードスキン:75D ポリエステルタフタ フロアシート:ポリエチレン フレーム:FRP
紫外線対策 日光を90%遮断/紫外線遮蔽率99.99%以上
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』

Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』
出典:Amazon この商品を見るview item

夏場以外にも使えるハイスペックな商品

さまざまな仕様や構造がテント並みに高機能な、サンシェードを代表するモデルです。風に強いクロスポール、UVカットの表素材、防水性の高いPE素材のフロア、フルクローズ・フルオープン可能な4面メッシュ&ドアと、どれをとってもハイスペック。しかも、コールマンと住友化学が独自開発した防虫素材「Olytecメッシュ」が採用され、虫にも強いのでますます安心感があります。ただしそれなりに重量はあるので、車での移動が前提の方が選んだほうがよいでしょう。夏場のレジャーだけではなく、スリーシーズンでも使いたい方にとくにおすすめです。

使用時サイズ 約W210×D180×H120cm
収納時サイズ 約φ15×60cm
重量 約3kg
耐水圧 約500mm(フロア:約1,500mm)
定員 3~4人
材質 シェードスキン:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:ポリエチレン、フレーム:FRP約φ9.5mm
紫外線対策 「UVPRO」生地を採用
全てを見る全てを見る

使用時サイズ 約W210×D180×H120cm
収納時サイズ 約φ15×60cm
重量 約3kg
耐水圧 約500mm(フロア:約1,500mm)
定員 3~4人
材質 シェードスキン:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:ポリエチレン、フレーム:FRP約φ9.5mm
紫外線対策 「UVPRO」生地を採用
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード』

設置も簡単なポップアップ式

米国のブランド「コールマン」のサンシェードです。設置方式はポップアップ式のため、誰にでも手軽に設置や片付けができるのが嬉しいポイント。側面の部分はフルオープンにもフルクローズにもできるので、日よけ、雨よけが欲しい時から公園で着替えをしたい時まで様々なシチュエーションに対応できます。

使用時サイズ W200×D150×H125cm
収納時サイズ W‎59×D59×H8cm
重量 2.5kg
耐水圧 約500mm
定員 2~3名
材質 シェードスキン:68Dポリエステルタフタ フロアシート:ポリエチレン フレーム:スチール
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

使用時サイズ W200×D150×H125cm
収納時サイズ W‎59×D59×H8cm
重量 2.5kg
耐水圧 約500mm
定員 2~3名
材質 シェードスキン:68Dポリエステルタフタ フロアシート:ポリエチレン フレーム:スチール
紫外線対策 -
全てを見る全てを見る

「サンシェード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』
Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』
Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』
Coleman(コールマン)『シェード スクリーンIGシェード+』
Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』
Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード』
商品名 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+(JIブラック)』 Coleman(コールマン)『ポケットEZシェード』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード+』 Coleman(コールマン)『シェード スクリーンIGシェード+』 Coleman(コールマン)『スクリーンIGシェード』 Coleman(コールマン)『クイックアップIGシェード』
商品情報
特徴 日光をブロックし涼しい空間を実現した簡単シェード バッグにいれて持ち運べるコンパクトシェード 日光をブロックし温度上昇を軽減するシェード 高い防虫効果も魅力 夏場以外にも使えるハイスペックな商品 設置も簡単なポップアップ式
使用時サイズ 200×150×125cm 170x195x104cm 200×150×125cm W‎210×D180×H120cm 約W210×D180×H120cm W200×D150×H125cm
収納時サイズ 59×8cm 13x38x6cm 59×8cm W‎15×D15×H60cm 約φ15×60cm W‎59×D59×H8cm
重量 2.7kg 1.4kg 2.7kg 3kg 約3kg 2.5kg
耐水圧 3000mm - 1500mm 約3,000mm 約500mm(フロア:約1,500mm) 約500mm
定員 2~3人 2人 2~3人 3~4名 3~4人 2~3名
材質 75Dポリエステルタフタ 68Dポリエステルタフタ 75Dポリエステルタフタ シェードスキン:75D ポリエステルタフタ フロアシート:ポリエチレン フレーム:FRP シェードスキン:68Dポリエステルタフタ、フロアシート:ポリエチレン、フレーム:FRP約φ9.5mm シェードスキン:68Dポリエステルタフタ フロアシート:ポリエチレン フレーム:スチール
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サンシェードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのサンシェードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サンシェードランキング
楽天市場:テント・タープランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コールマンのキャンプアイテム 【関連記事】

エキスパートからのアドバイス 日光をブロックするコールマンのサンシェード

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

コールマンのサンシェードは、その多機能性と便利さから、アウトドア活動をより楽しく、快適にするための必須アイテムと言えます。それぞれのモデルは、特定のニーズに対応するよう設計されており、日光をブロックし、涼しい空間を提供する技術を採用しています。しかし、最終的な選択は、あなた自身のニーズと好みによるものです。そのため、実際に店頭で見て、触って、試してみることをお勧めします。それにより、あなたに最適なサンシェードを見つけることができるでしょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button