おすすめの「味千汐路(あじせんしおじ)」に関する記事

Ofukuro(オフクロ)

市販のベビーフードのおかゆ11選|長期保存できる粉末まで紹介

市販のベビーフードのおかゆ11選|長期保存できる粉末まで紹介


ベビーフードは赤ちゃんのお世話で忙しい人の強い味方。サッと作れて、栄養や食べやすさも満足できるアイテムです。種類も豊富にあり、アレンジにも便利な粉末タイプや有機栽培されたお米を原料にした安心安全な商品もあり、迷ってしまいますよね。

本記事では、おかゆのベビーフードの選び方やおすすめ商品をご紹介。記事後半では、プロが選ぶおすすめランキング、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてください。


【月齢別】無添加ベビーフードのおすすめ11選|保存料・着色料・化学調味料不使用!

【月齢別】無添加ベビーフードのおすすめ11選|保存料・着色料・化学調味料不使用!

この記事では、社)わこう産前・産後ケアセンター代表の伊東優子さんへの取材をもとに、赤ちゃんに安心して食べさせられる無添加ベビーフードの選び方とおすすめの商品をご紹介! 離乳食をつくってあげられないときに大活躍の市販の離乳食。市販のものでも、安全でおいしいベビーフードを食べさせてあげたいのが親心。プロの意見をもとに選んだ、保存料・着色料・化学調味料無添加で安心の商品ばかりです。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!


6カ月頃からのベビーフードおすすめ13選|専門家が厳選【外出用や無添加タイプも!】

6カ月頃からのベビーフードおすすめ13選|専門家が厳選【外出用や無添加タイプも!】

ベビーフードは、離乳食がはじまった赤ちゃんに適した食品です。離乳食をスタートしてまもない月齢5~6カ月ごろは、離乳食のメニューや外出先での対応について戸惑ってしまうこともありますが、そんなときは、ぜひベビーフードを上手に活用しましょう。この記事では、保育士ライターのすぎ けいこさんに取材し、生後6カ月ごろから利用できるベビーフードのおすすめ商品13選や選び方をご紹介します。


1歳4カ月ごろのベビーフードおすすめ6選【食育スペシャリストに聞く】

1歳4カ月ごろのベビーフードおすすめ6選【食育スペシャリストに聞く】

赤ちゃんの離乳のお手伝いをするベビーフード。1歳4カ月ごろになると食べられるものが増えて、食感や「噛む」ということを覚えていきます。安全なものやさまざまな種類の食品を食べさせたいと思っていても、忙しい毎日の中で手間をかけるのが難しいときもありますよね。そんな時に上手に利用したいのがベビーフードです。この記事では、食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに、お子さんの成長に合わせたベビーフードの選び方とベビーフードのおすすめ商品を教えていただきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


オーガニックベビーフードのおすすめ17選【無添加・無農薬】ギフトにもおすすめ!

オーガニックベビーフードのおすすめ17選【無添加・無農薬】ギフトにもおすすめ!

身体がまだ敏感な赤ちゃんに食べさせるベビーフード。ママやパパとしては、できるだけ農薬が少ないオーガニックの商品を選んであげたいものですよね。しかし、オーガニックベビーフードといっても種類が豊富なので、どのようなものを選べばいいのか迷う方もいるのではないでしょうか。そこで、食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに聞いた、オーガニックベビーフードを選ぶポイントとおすすめ商品を紹介していきます。


7~8カ月頃の赤ちゃんにおすすめのベビーフード11選|専門家が厳選【オーガニック・有機野菜など】

7~8カ月頃の赤ちゃんにおすすめのベビーフード11選|専門家が厳選【オーガニック・有機野菜など】

ベビーフード(離乳食)を選ぶときは、対象月齢に適したメニューや包装タイプなどがポイントです。7~8カ月頃で上手に飲み込めるようになったら、少し形のあるものをあげて、歯ぐきで食材をつぶす練習をはじめましょう。また、よく食べたり、ぱったりと食べない時期があったりと、食べムラが出てくるタイミングでもあります。そこで、フードアナリスト/食育スペシャリストである、とけいじ千絵さんに取材した内容をもとに、ベビーフードの選び方をはじめ、7~8カ月頃の赤ちゃんにおすすめ商品を紹介します。


ベビーフード(5~6カ月ごろ)のおすすめ6選|【離乳食初期】の選び方のポイントやオーガニック商品もご紹介!

ベビーフード(5~6カ月ごろ)のおすすめ6選|【離乳食初期】の選び方のポイントやオーガニック商品もご紹介!

食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに、5、6カ月ごろのベビーフードの選び方とおすすめの商品をうかがいました。離乳期の5、6カ月ごろは、栄養のほとんどを母乳やミルクから取ります。そのため、離乳食は「食べ物になれる」ことが目的です。手作りをしてあげたいですが、忙しかったりちょっと調理するのがめんどうに感じたりすることもありますよね。そんなときに便利なのが、市販のベビーフード。和光堂やキユーピーなどのメーカーからさまざまな商品が販売されています。いろいろなものを試して、たくさん素材の味を体験させてあげてくださいね。


ベビーフード ウェットタイプのおすすめ5選【和光堂・森永など】そのまま食べられる!

ベビーフード ウェットタイプのおすすめ5選【和光堂・森永など】そのまま食べられる!

赤ちゃんの離乳時に便利なベビーフード。なかでもウェットタイプは、封を開けてそのまま食べられるのでお手軽です。国産のお米や有機野菜、お魚やレバーなど使用されている食材もさまざま。そんなウェットタイプのベビーフードは、赤ちゃんの月齢に合ったものや、シンプルな味付けのものを選ぶことが重要です。そこで、食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに、ウェットタイプのベビーフードの選び方とおすすめの商品をうかがいました。


1歳頃からのベビーフードおすすめ8選【ピジョン・和光堂など】無添加タイプも!

1歳頃からのベビーフードおすすめ8選【ピジョン・和光堂など】無添加タイプも!

1歳頃になると、だんだん食への興味も湧いてよく食べるようになったり、逆に興味を示さず食べなくなったりと、個性が出てきます。3回食に慣れた子やこれから始める子にも便利なのがベビーフード。市販されているベビーフードは多くありますが、塩分や糖分、添加物など、子どもに食べさせるものにはとくに注意して商品を選びたいものです。そんなベビーフードの選び方とおすすめ商品を、フードアナリストで食育スペシャリストでもあるとけいじ千絵さんに伺いました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。