article type icon アンケート・調査

30代のニキビ事情をアンケート調査!「治らない」人向けに医師が対策を解説!

30代のニキビ事情をアンケート調査!「治らない」人向けに医師が対策を解説!
30代のニキビ事情をアンケート調査!「治らない」人向けに医師が対策を解説!

「30代でなかなか治らないニキビに悩んでいる・・・」「同年代のニキビ事情が気になる・・・」という声があることから、本記事では、30代のニキビの実態に迫るべく、マイナビニュース・ウーマンの30代女性会員150人を対象に、ニキビに関するアンケートを実施!

そのうち、「ニキビに悩んでいる」と回答した107名を対象に、ニキビに悩む30代女性を徹底調査しました。

また、一部のアンケート結果に対してアルバアレルギークリニックの続木康伸院長に解説していただきました! ニキビ跡の解決方法や洗顔のポイントなども、アドバイスいただいたので、ぜひ、最後までチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長
続木 康伸
札幌で新生児からシニアまで治療する、アルバアレルギークリニックの院長。日本テレビ系「カズレーザーと学ぶ。」、東京MX「医史」出演。学研「保湿をかえればアトピーは治せる」著者。

ハピコス編集部

松林 麻衣

日本化粧品検定1級保有。とくにスキンケアジャンルに詳しい20代編集者。スキンケア選びは、トレンドを意識しつつ成分とメーカーの技術力を重視。肌悩みに合わせて、必要な成分が配合されたアイテムをプチプラでそろえるのが得意。

【30代】ニキビに関するアンケート

それでは早速、ニキビに関するアンケート結果を発表していきます!

Q1.ニキビ・ニキビ跡で悩んでいる or 悩んだことがある?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

30代女性のニキビの事情に迫るべく、現在・過去含めて状況を聞いたところ、28.7%の人は「悩んでいない」と回答したものの、49.3%の人が「現在悩んでいる」、22.0%の人が「現在は悩んでいないが、過去に悩んだことがある」と回答。計71.3%の人が現在もニキビの悩みを抱えている、もしくは過去に悩みを抱えていたことが分かりました。

Q2.ご自身にニキビができたとき、その要因として思い当たるものは?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

ニキビができる要因は、1位:ストレス(56.1%)、2位:不規則な生活(47.7%)、3位:食生活の乱れ・生理周期(44.9%)という結果に。仕事や育児に追われる人も多い年齢ですが、なるべく自身を大切に、食生活の改善や十分な睡眠、ストレス管理もニキビケアにおいては不可欠です。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

スキンケアの方法や生活習慣を見直そう!

過度のストレス、寝不足、食生活の乱れ、肌の乾燥、間違ったスキンケア方法、油分過多なスキンケアアイテムの使用などがニキビの原因となることがあります。これらの要因を改善することでニキビの状態が改善される可能性があります。

Q3.ニキビに悩むあなたの肌質は?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

ニキビ・ニキビ跡で悩んでいる、もしくは悩んだことがある人に自身の肌質を聞いたところ、43.0%の人が「混合肌」、22.4%の人が「乾燥肌」、15.9%の人が「脂性肌(オイリー肌)」、12.1%の人が「敏感肌」という結果に。

30代のニキビの主な原因には、皮脂の過剰分泌や乾燥によるターンオーバーの乱れなども挙げられます。肌の状態によってニキビができる原因が異なる可能性もあるので、自分の肌の特徴を理解し、それに応じて必要なケアをすることも重要です。

Q4.悩んでいる or 悩んだことがあるニキビの種類は?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

どんなニキビに悩んでいるか聞いたところ、30代は特に、白ニキビ(59.8%)と赤ニキビ(55.1%)に悩む人が多いよう。次いで、黒ニキビ(27.1%)、黄ニキビ(18.7%)という結果でした。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

ニキビの種類によっては、スキンケアの方法や生活習慣の見直しで改善できる可能性があります。

Q5.悩んでいる or 悩んだことがあるニキビ跡の症状は?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

ニキビ跡について聞いたところ、53.3%の人が「色素沈着」、51.4%の人が「赤み」、36.4%の人が「肌の凹み」に悩んでいるという結果に。特に30代では、「色素沈着」と「赤み」に悩む人が多いようです。

20代は、圧倒的に「赤み(81.2%)」に悩んでいる人が多いという結果でしたが、30代になると「色素沈着」が気になる方が増えています。若い頃にケアしきれなかったニキビの蓄積が、ニキビ跡となりますので、現在ニキビに悩んでいる方は、日々正しくケアすることを心掛けましょう。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

ニキビ跡の消し方・治し方

ニキビ痕は、自身のケアの範囲で消すのは難しく、保険治療の範囲内でも無理です。自費の治療としては、ピーリング、ダーマペン、フラクショナルレーザー、サブシジョンなどの方法がありますが、ニキビ後の形状によって効果が違いますし、上記は美肌目的のやり方とニキビ痕を消す方法で違いがあります。クリニックに行って相談しましょう。

Q6.ニキビができやすい季節は?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

30代では、54.2%の人が「季節関係なく1年中ニキビができやすい」と感じているよう。次いで、18.7%の人が「夏」、15.0%の人が「春」、12.1%の人が「秋」、10.3%の人が「冬」と季節によっての差はほとんどないという結果に。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

ニキビのできやすさは季節で大きくは変わらない

この結果の通り、ニキビは通年が大多数です。ただし、花粉症に関連して、ニキビが悪化する人が一定数います。花粉で肌があれてのことだと思いますが、当院の様なアレルギー科でも、少なくありません。

Q7.ニキビができやすい部位は?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

30代では、1位:口まわり(45.8%)、2位:おでこ(41.1%)、3位:アゴ・フェイスライン(33.6%)、4位:鼻(29.0%)、5位:頬(24.3%)という結果でした。

大人ニキビは、頬やフェイスライン、顎、口周りなどUゾーン(顔の下半分)を中心に発生するのが特徴です。皮脂の少ない乾燥しやすい部位にできることが多いのでしっかりケアしましょう。

Q8.顔を洗わずに寝てしまうことがある?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

半数以上の63.6%の人が「ない」という素晴らしい結果でしたが、13.1%の人が「たまにある(1カ月に1~2回)」、17.8%の人が「ときどきある(1週間に1~2回)」、5.6%の人が「頻繁にある(ほぼ毎日)」と回答。

顔を洗わずに寝てしまうことが、肌トラブルや肌のくすみの原因になるため、夜の洗顔は欠かさずに行いましょう。

Q9.ニキビの正しいケア方法って知ってる?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

30代で、正しいケア方法を「知っている」と回答した人は30.8%、「知らない」と回答した人は69.2%でした。情報が溢れているなかで、正しいものを精査するのは難しいですが、正確な知識を身につけておくことが美肌への近道です。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

ニキビケアにおける正しい「洗顔方法」を解説!

知らない人が多いため、ニキビにおける洗顔のポイントをまとめます。

●洗い流して落とせるクレンジングを使用する
●アイメイク、口紅はポイントメイク落としを使用する
●オイル、バーム系のクレンジングが良い→油脂系クレンジング
●ジェル、リキッド系は、洗浄力が弱いので向かない
●肌が突っ張るのは、あなたには強すぎる製品


保湿に関しては、肌バリアが壊れているわりに、皮脂が多いのがニキビ肌の特徴なので、肌バリアを回復させるセラミド入りの保湿剤がよいでしょう。

Q10.ニキビケアのために洗顔やスキンケア1カ月いくらかけてる?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

30代では、53.3%の人が1,000円未満、25.2%の人が1,000円~3,000円未満で対策しているよう。計78.5%の人が3,000円未満でニキビ対策を行っているということがわかりました。

特に30代は、仕事と子育ての両立でバタバタしていたり、子供にもお金がかかる年齢。いまやドラッグストアのプチプラ商品でも、優秀なものが豊富に揃っているので、お金をかけなくてもニキビ対策は叶います。

Q11.ニキビ対策のために使っているアイテムは?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

ニキビ対策として使っているアイテムでは、洗顔料が72.0%、クレンジングが55.1%と汚れを「落とすケア」に力を入れている人が多いよう。次いで、化粧水が47.7%、美容液が33.6%、乳液が26.2%、フェイスパックが9.3%とスキンケアにも、そこそこ力を入れているということが分かりました。

Q12.ニキビ対策のために使っているアイテムのなかで効果を感じたものは?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

効果を感じたと思うアイテムは、洗顔料が46.7%、クレンジングが32.7%と汚れを「落とすケア」が多いよう。次いで、化粧水が28.0%、美容液と乳液が12.1%、フェイスパックが7.5%と基礎化粧品にこだわることで効果を感じられた人もいたようです。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

この結果は妥当と言える!

特にクレンジングは、皮脂や汚れを落とすことで毛穴の詰まりを防ぎ、化粧水は肌のpHバランスを整え、後に続くスキンケア製品の吸収を助けます。また、乳液は、肌を柔らかく保ち、水分の蒸発を防ぎます。さらに、紫外線による肌へのダメージはニキビの炎症を悪化させる可能性があるため、日焼け止めも重要です。

Q13.効果を感じたニキビケア方法は?

30代のニキビに関するアンケート
30代のニキビに関するアンケート

40.2%の人が洗顔方法を見直すことで、効果を感じたと実感。次いで、スキンケアを見直すことが、37.4%、規則正しい生活が31.8%、食事の改善が25.2%、病院・クリニックの受診が17.8%という結果でした。

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

この結果は妥当と言える!

ある程度のニキビであれば、自宅での対応でよくなることも多い状態です。良くならない場合には病院受診が必要でしょう。

どんなニキビの症状なら皮膚科を受診するべき? 医師が解説!

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長:続木 康伸

医療法人社団蓮桜会理事長・アルバアレルギークリニック院長

ニキビが長期間治らない場合や、症状が悪化している場合は皮膚科の受診をお勧めします。特に、炎症を伴うニキビ、痛みやかゆみが伴う場合、またはニキビ跡が残る可能性がある場合には、専門的な治療が必要になることがあります。

今からでも遅くない!正しい方法でニキビ対策! 編集部からひとこと

30代の大人ニキビは、原因が1つと単純なものではなく、生活習慣の乱れ、ストレス、食生活など含めいろいろな要素が絡み合って発生します。肌の状況やニキビのタイプによって、ケア方法が異なる場合もあるものの、日々の生活習慣を見直すことがニキビ対策にも繋がります。

本記事では、アルバアレルギークリニックの続木康伸院長にもアドバイス頂いているので、ニキビに悩む30代の女性は参考にしてみてくださいね。

◆アンケート情報
調査時期:2023年11月17日~11月18日
調査対象:マイナビニュース・ウーマン会員
調査数:30代女性150名(Q2~Q13は、ニキビに悩んでいると回答した107名を集計)
調査方法:インターネットアンケートフォーム
※マイナビニュース・ウーマン会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button