PR(アフィリエイト) article type icon レビュー

プラチナレーベル「ハトムギ化粧水」を正直レビュー【1000mlの大容量】使い勝手はいかに?

プラチナレーベル「ハトムギ化粧水」を正直レビュー【1000mlの大容量】使い勝手はいかに?
プラチナレーベル「ハトムギ化粧水」を正直レビュー【1000mlの大容量】使い勝手はいかに?

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ドラッグストアなどで気軽に手に入るハトムギ化粧水は、いまやプチプラ化粧水の定番になっています。しかし、いろいろなメーカーから販売されており、成分や使い心地もさまざま。どれを選ぼうか迷う人も多いのでは?

そこで今回は、市販のハトムギ化粧水といえばコレ!という声も多い「プラチナレーベル」のハトムギ化粧水を実際に使って検証!成分などの特徴から使ってみた感想や効果を詳しくレビューしていきます!

購入前に使い方や使い勝手、口コミをチェックしておきたい方はぜひ、参考にしてみてくださいね。


ハピコス編集部

松林 麻衣

日本化粧品検定1級保有。とくにスキンケアジャンルに詳しい20代編集者。スキンケア選びは、トレンドを意識しつつ成分とメーカーの技術力を重視。肌悩みに合わせて、必要な成分が配合されたアイテムをプチプラでそろえるのが得意。

プラチナレーベル「ハトムギ化粧水」の特徴

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水の特徴

出典:マイナビおすすめナビ

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水の特徴

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルは「全ての人に 自信あふれる美しい笑顔を」をコンセプトに展開するブランドです。ハトムギシリーズには、化粧水以外にもクレンジングや乳液など、さまざまなアイテムがラインナップされています。

今回は、プラチナレーベルのハトムギシリーズの代表格である、ハトムギ化粧水をレビューしていきます!

軽いつけ心地でベタつきにくいのに保湿力もあり! 特徴1

化粧水を出したところ

出典:マイナビおすすめナビ

化粧水を出したところ

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルのハトムギ化粧水は、水のような軽いテクスチャー。つけると肌にスッとなじんでくれ、重ねてもベタベタしません。化粧水がなじんだあとの肌はペトッと吸いつくような触感で、保湿されている感じもあります。

さっぱりタイプの化粧水が好みの人や、重くてベタつく化粧水が苦手な人も使いやすいでしょう。

成分はコレ!お肌に優しい処方! 特徴2

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水の成分表

出典:マイナビおすすめナビ

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水の成分表

出典:マイナビおすすめナビ

水、BG、グリセリン、加水分解ローヤルゼリータンパク、ハトムギ種子エキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

プラチナレーベルのハトムギ化粧水は、アルコールフリー、無着色、無香料、界面活性剤フリーと、肌に優しい処方です。ハトムギ種子エキス以外に、皮膚コンディショニング成分である加水分解ロイヤルゼリータンパクが配合されているのが特徴。

アルコールフリーなのにフェノキシエタノールが入っているの?と思いましたが、フェノキシエタノールはアルコールとは違う性質のもの。防腐剤として、化粧品によく使われる成分のひとつです。

ポンプ式ですぐに使える! 特徴3

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水のパッケージ

出典:マイナビおすすめナビ

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水のパッケージ

出典:マイナビおすすめナビ

500mlのペットボトルと比べるとこんな感じ。ほかのスキンケアと並べても迫力があります。私が購入したお店では619円(税込)となっており、容量を踏まえるとかなりコスパよし! 顔はもちろん体にも惜しみなく使えそうです。

また、1,000mlと大容量なのでやや重たいのですが、ポンプ式なので持ち上げずに使えて便利です。

【徹底レビュー】実際に使って検証!

それではここからは、プラチナレーベルのハトムギ化粧水を使ってみた感想を詳しくご紹介していきます。

実際に試す人の簡単なプロフィール

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水を試す人のプロフィール

出典:マイナビおすすめナビ

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水を試す人のプロフィール

出典:マイナビおすすめナビ

はじめに、検証者の簡単なプロフィールを紹介します!

◆年代:30代後半
◆肌質:混合肌
◆肌悩み:毛穴の目立ち、乾燥
◆普段のスキンケア:化粧水、美容液、クリーム

【1】化粧水として使ってみた!

まずは、最もベーシックな化粧水として使用してみました。

使い方は、500円硬貨サイズの量を手もしくはコットンに取り、肌になじませます。

手でなじませる場合は、手の温もりが伝わるようハンドプレス。小鼻や目もと、口もとは指先を使って浸透させ、最後は首にも化粧水をつけましょう。この工程を3回ほど繰り返すと、肌に化粧水がしっかり浸透します。

コットンを使う場合は、ひたひたになるまで化粧水をしみこませてから肌を優しくパッティングしてなじませましょう。

肌への刺激、肌にのせたときの感触、香りはどう?

プラチナレーベルハトムギ化粧水を手に出した様子

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルハトムギ化粧水を手に出した様子

出典:マイナビおすすめナビ

◆手でつけたver

テクスチャーはサラサラとしており、乳白色の水のような感じ。肌にのせるとスッとなじむ、さっぱりと軽いつけ心地です。特に気になる香りや刺激もありません。

ポンプ式なのはいいのですが、サラサラしたテクスチャーのせいか出るときの勢いがいい! うまくやらないと思う方向に化粧水が出せず、手で受け止められないこともありました。

プラチナレーベルハトムギ化粧水をコットンに出した様子

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルハトムギ化粧水をコットンに出した様子

出典:マイナビおすすめナビ

◆コットンver

コットンでつけるとひんやり感があって気持ちいい! 化粧水を出すときもポンプの先をコットンでカバーできるので、こぼれにくい気がします。

肌なじみのよさや保湿力は?べたつく?

プラチナレーベルハトムギ化粧水をつけた肌

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルハトムギ化粧水をつけた肌

出典:マイナビおすすめナビ

さっぱりとした使い心地で、べたつきもなく、肌がしっとりうるおう感じです。コットンでパッティングしていると肌になじむ感じがあります。

なじんだあとに肌を触ると、ペトッと吸いつくような感じ。ヒアルロン酸入りの化粧水を使ったときと同じような使用感です。プラチナレーベルのハトムギ化粧水にヒアルロン酸は配合されていないのですが、加水分解ローヤルゼリータンパクの効果なのかもしれません。

使用後の肌感はどう?

化粧水ビフォーアフター

出典:マイナビおすすめナビ

化粧水ビフォーアフター

出典:マイナビおすすめナビ

肌なじみもよく、なじんだ後の肌はしっとり感があります。使用後のメイクのりもよかったです。すごく保湿された! という感じはないので、保湿力はそう高くないのかもしれませんが、日々のお手入れには問題なく使えそうです。

【2】プレ化粧水として使ってみた!

化粧水ボトル

出典:マイナビおすすめナビ

化粧水ボトル

出典:マイナビおすすめナビ

プレ化粧水とは、導入液やブースターとも呼ばれ、一般的な化粧水の前に使うスキンケアアイテム。次に使う化粧水や美容液の浸透を高める効果を期待できます。

プレ化粧水として、普段使用しているナンバーズインの化粧水の前にハトムギ化粧水を使ってみました!洗顔後は乾燥しやすいので、とりあえず保湿したいときにも便利です。

スプレータイプの容器に移し替えると使いやすい!

化粧水ボトル

出典:マイナビおすすめナビ

化粧水ボトル

出典:マイナビおすすめナビ

プレ化粧水として使うには、スプレータイプの容器に移し替えて使うのもあり!

化粧水を手に取り顏全体になじませたら、手のひらで肌に押し込むようなイメージでハンドプレス。スプレータイプの容器に移し替えた場合でも、肌に吹きかけたあとはなじませるようにハンドプレスしましょう。

次の化粧水を使うのは、プレ化粧水が肌になじんだタイミング。乾燥しないよう間を開けず次の工程に移ります。

使用感はどうだった?

化粧水ボトル

出典:マイナビおすすめナビ

化粧水ボトル

出典:マイナビおすすめナビ

ある程度保湿力があるので、プレ化粧水の時点で肌がしっとり。肌になじむのも早く、そう時間を置かず次の工程に進めました。

さらに化粧水を重ねるとしっかり保湿された感じ。乾燥が気になるときはプレ化粧水として使うのがいいかも。

【3】ローションパックをしてみた!

ローションパックとは、化粧水を浸したコットンを肌に貼りパックすること。化粧水が滴るくらいコットンをひたひたにし、はがして数枚にわけます。左右に伸ばし、乾燥が気になる箇所に貼って5分ほど置きましょう。

プラチナレーベルの公式サイトでも、ローションパックがおすすめされています!

パックとして使うと、1回でどのくらいの量使う?

プラチナレーベルハトムギ化粧水をコットンに出した様子

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルハトムギ化粧水をコットンに出した様子

出典:マイナビおすすめナビ

ローションが滴るくらい浸さないといけないので、たっぷり使います。写真のサイズのコットンを使った場合、10プッシュほどでひたひたになりました。ポンプの入り口が細めのため、コットンの位置を調整しながら出す必要があるかもしれません。

使用感や使用後の肌感はどう?

ローションパックビフォーアフター

出典:マイナビおすすめナビ

ローションパックビフォーアフター

出典:マイナビおすすめナビ

5分置いてコットンをはがすと肌がしっとり! 普通に化粧水をつけたときよりも、肌に水分が入っている感じがしました。

ローションパックはたくさんの量の化粧水が必要なので、高い化粧水ではもったいなく感じてしまうこともあるでしょう。大容量でプチプラのハトムギ化粧水なら、惜しみなくローションパックできるのがうれしい!

市販のシートマスクでは小鼻周りや目元などにフィットしにくいのですが、コットンなら自由に調整できるのもいいですね。使用後の肌はしっとりして、メイクのりもよくなりました。

【4】ボディにも使ってみた!

スキンケアは顔だけという人もいるかもしれませんが、乾燥している体も顔と同じように化粧水や乳液をつけてケアするのがベストです。皮脂腺の少ないうでや足は、特に乾燥しやすい箇所。

お風呂上がりに軽く体を拭き、乾燥が気になる箇所にプラチナレーベルのハトムギ化粧水をつけてうるおいを補給しましょう。お風呂上りは乾燥しやすいため、10分以内に保湿することが大事なんだとか!

肌をこすらないよう、手で押し込むように優しくつけるのがベストです。化粧水のあとに乳液などを重ねて乾燥対策をしましょう。

使用感はどうだった?

腕に化粧水をつけている様子

出典:マイナビおすすめナビ

腕に化粧水をつけている様子

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルのハトムギ化粧水はとにかく大容量なので、体にも惜しみなく使えます。べたつきもないので、化粧水をつけてもお風呂上りのさっぱり感はそのまま持続! 肌にスッとなじんで、気になるカサカサが目立たなくなりました。

【総合評価】ズバリ!使ってみてどうだった?

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水の総評

出典:マイナビおすすめナビ

【プラチナレーベル】ハトムギ化粧水の総評

出典:マイナビおすすめナビ

プラチナレーベルのハトムギ化粧水は、軽いつけ心地ですがしっとり感もあるのが特徴。肌なじみもよく保湿力もそれなりにあるので、たっぷり使う前提で乾燥肌や混合肌にもおすすめです。

肌に優しい処方であることに加えて、加水分解ローヤルゼリータンパク(皮膚コンディショニング成分)が配合されているため、肌が敏感なときや敏感肌さんにもいいかもしれません。値段と量を考えると、コスパも質も優秀と言えそうです。

ひとつ気になる点を挙げるとすると、容器の使い勝手。ポンプタイプで便利なのですが、ポンプの勢いがよく何度か床にこぼしたり、服にかかったりしてしまいました。毎回気を使いつつそっと押すのは面倒なので、別のボトルに入れ替えたほうが使いやすいかもしれません。

ハトムギ化粧水の詳細情報

プラチナレーベル『ハトムギ化粧水』

プラチナレーベル『ハトムギ化粧水』 プラチナレーベル『ハトムギ化粧水』
出典:Amazon この商品を見るview item
おすすめの肌質 敏感肌、乾燥肌、混合肌
使用感 しっとり
主な保湿成分 グリセリン

おすすめの肌質 敏感肌、乾燥肌、混合肌
使用感 しっとり
主な保湿成分 グリセリン

ほかのハトムギ化粧水の比較・レビューはこちら!

プラチナレーベルのハトムギ化粧水は肌に優しい処方が魅力

プラチナレーベルのハトムギ化粧水は、肌に優しい処方が特徴です。肌が敏感なときにも安心して使えるでしょう。

大容量でコスパもよく、普段使いの化粧水として重宝すること間違いなし! プラチナレーベルのハトムギ化粧水が気になる人は、この記事を参考にしてみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がハピコス powered by マイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:ハピコス編集部

page top button