PR(アフィリエイト)

【2024年】アクションカメラのアクセサリーおすすめ10選|旅行やスポーツの撮影に

【2024年】アクションカメラのアクセサリーおすすめ10選|旅行やスポーツの撮影に
【2024年】アクションカメラのアクセサリーおすすめ10選|旅行やスポーツの撮影に

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年07月29日に公開された記事です。

旅行やアクティビティ、スポーツの撮影にピッタリなアクションカメラ。アクセサリーを取り付けることで、より撮影の幅を広げられます。ここでは、アクションカメラのアクセサリーのおすすめと選び方をご紹介します。

記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ITガジェット・家電ライター
荒俣 浩二
IT・家電ライターとして活動。PC、関連デバイスの記事に定評があり、様々な媒体へ寄稿している。電脳街の練り歩きを日課とし、常に情報収集(趣味)を怠らない。散財するのも大好きなので、新しいものが出るとすぐに飛びついてしまう傾向が強い。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

カメラのアクセサリーっていつ使うの?

 
EXSHOW カメラマウント 吸盤式カーフロントガラスホルダー 粘着デスク付きダッシュボード取り付けるマウント デジタルカメラ/GoPro Hero/Canon/Garmin/Nikon/SONY/CASIO/Kodakに対応
EXSHOW カメラマウント 吸盤式カーフロントガラスホルダー 粘着デスク付きダッシュボード取り付けるマウント デジタルカメラ/GoPro Hero/Canon/Garmin/Nikon/SONY/CASIO/Kodakに対応

アクションカメラを買ったものの、想像していたような撮影が出来ない、なにか違う…そんな時ありませんか?

そんな時はアクションカメラ用のアクセサリーが手助けしてくれるかもしれません。

アクセサリーを使うと便利なシーンを具体的に挙げてみましょう。

・自撮りがしたい
・自転車やバイク、ヘルメットなどにカメラを固定したい
・建物の壁や車の天井にカメラを固定したい
・ダイビングで水中撮影がしたい
・激しい揺れでも画面酔いしないような映像が撮りたい

どれか一つでも当てはまるものがあれば、アクションカメラ用のアクセサリーを検討してみてください。

アクションカメラのアクセサリーの種類と選び方

 

Sametop『GoPro フローティング ハンド グリップ ゴープロ 浮きハンドラー ダイビング用』

アウトドアをはじめ、様々なシーンで活躍するアクションカメラ。海水浴や旅行などでは、単体でも十分キレイな写真や動画を撮れますが、別途で付属のアタッチメントに加え、別売のアクセサリーを活用することで、撮影の幅や撮れ高が大きく変わってきます。自分の撮りたいスポーツやシーンに合わせてアクセサリーを選びましょう。

アクセサリーの種類は大きく分けて以下のものがあります。
【1】ハウジング
【2】グリップ
【3】マウント
【4】ストラップ
【5】その他
【6】アクセサリーセット

下記の記事では、有名なアクションカメラ「GoPro」のアクセサリーの選び方を紹介しています。
参考になりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

アクションカメラのアクセサリーのおすすめ10選

手首に引っ掛け、手持ちのサポートをしてくれるものや、頭の上に乗せて野外撮影で便利なものなど、さまざまなアクセサリーがあります。

Hohem『Pro4 アクションカメラ用ジンバル』

Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』 Hohem『Pro4アクションカメラ用ジンバル』
出典:Amazon この商品を見るview item

各種アクションカメラと幅広い互換性

アクションカメラ用の電子スタビライザーです。各種アクションカメラと幅広い互換性があり、GoPro HeroやSony RXO、DJI OSMOなどはワンクリックで簡単にBluetooth接続できます。

3軸の手振れ防止機能により自転車の走行はもちろん、スケートボードやMTB、スカイダイビングといった激しい揺れを従う撮影も滑らかでスムーズな映像を撮影できます。

タイプ
サイズ
重量
対応機種

タイプ
サイズ
重量
対応機種

FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』

FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』
出典:Amazon この商品を見るview item

アングル調節で様々な撮影シーンに対応

グリップ、エクステンションアーム、三脚用一体型カメラを組み合わせて、どんな種類のショットにも対応できる3ウェイのアクションカメラ用の三脚です。

タイプ
サイズ
重量
対応機種

タイプ
サイズ
重量
対応機種

EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント 吸盤式カーフロントガラスホルダー』

EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント吸盤式カーフロントガラスホルダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

吸着性能に優れたカメラマウント

GoPro HEROシリーズをはじめ、市販のデジタルカメラやビデオカメラにも利用可能なカメラマウントで、表面の粗いダッシュボードにも取り付けができるほどの吸着性の高さを誇ります。

車載動画用に使われることも多く、ダッシュボードやボンネットに付けて臨場感溢れる写真や動画を撮影することができます。価格もお手頃なので、コストパフォーマンスもバッチリの一品です。

タイプ -
サイズ 9×6×19.5cm
重量 205g
対応機種 GoPro Hero/Canon/Garmin/Nikon/SONY/CASIO/Kodak

タイプ -
サイズ 9×6×19.5cm
重量 205g
対応機種 GoPro Hero/Canon/Garmin/Nikon/SONY/CASIO/Kodak

ActyGo『チェストハーネス』

ActyGo『チェストハーネス』 ActyGo『チェストハーネス』 ActyGo『チェストハーネス』 ActyGo『チェストハーネス』 ActyGo『チェストハーネス』
出典:Amazon この商品を見るview item

両手を離して撮影できる便利なチェストハーネス

アクションカメラを胸の位置につけることで、手放しでも臨場感あふれる映像を撮影することができます。登山の様子を撮影してみたり赤ちゃんを抱きながらその様子を撮影してみたり、さまざまなシーンで使うことができます。

カメラの位置や左右の角度は自由に調節することができ、さらにL字マウントは少し長く作られているので、自分でカメラをのぞき込み撮影することも可能です。

タイプ チェストハーネス
サイズ -
重量 -
対応機種 GoPro(HERO5/6/7/8/6/MAX)

タイプ チェストハーネス
サイズ -
重量 -
対応機種 GoPro(HERO5/6/7/8/6/MAX)

Aozcu『カメラマウント クランプ式 フレキシブルアーム』

Aozcu『カメラマウントクランプ式フレキシブルアーム』 Aozcu『カメラマウントクランプ式フレキシブルアーム』 Aozcu『カメラマウントクランプ式フレキシブルアーム』 Aozcu『カメラマウントクランプ式フレキシブルアーム』 Aozcu『カメラマウントクランプ式フレキシブルアーム』 Aozcu『カメラマウントクランプ式フレキシブルアーム』
出典:Amazon この商品を見るview item

好きな場所に設置し自由に撮影できるアームホルダー

アクションカメラ用のアームホルダーです。クランプでポールに設置し、任意の角度をもって撮影することができます。

ネックの部分は35cmまで伸び、クランプの部分は最大約4.5cmまで開くので直径がそれ以下のポールを挟むことができます。コンパクトカメラや1/4穴のあるカメラまで対応でき、使用範囲が広いのもうれしいポイントです。

タイプ アームホルダー
サイズ 最大延長時:34.036cm
重量 -
対応機種 GoPro(HERO1/2/3/3+/4/5/6、Session)

タイプ アームホルダー
サイズ 最大延長時:34.036cm
重量 -
対応機種 GoPro(HERO1/2/3/3+/4/5/6、Session)

TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』

TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』
出典:Amazon この商品を見るview item

バックパックにクリップでカメラを固定できる

このアクセサリーはクリップ式のマウントアクセサリーなので、バックパックにつけて登山やハイキング、街歩きなどをして、両手を離したまま撮影が可能です。

クランプの部分は鋸歯付きでしっかりと固定することができ、バックパックから落ちる心配がありません。また、ヘッドの部分は360度回転するので、自由な角度での撮影ができます。

タイプ クリップマウント
サイズ 6×4×5cm
重量 60g
対応機種 GoPro(HERO7/6/5/4/3+/3/2、Session、Fusion)

タイプ クリップマウント
サイズ 6×4×5cm
重量 60g
対応機種 GoPro(HERO7/6/5/4/3+/3/2、Session、Fusion)

Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』

Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』
出典:Amazon この商品を見るview item

3つの機能で幅広い使い方ができるアクセサリー

自撮り棒、一脚、三脚の3つの使い方ができるアクセサリーです。1本持っておくと幅広く使うことができ便利です。伸縮式で軽量なので持ち運びも容易にできます。

折りたたんだときは、手のひらに収まるほどのサイズになります。手持ちの部分や三脚の足の部分にきちんとゴムパッドなどですべり止めが施されているのも、使いやすいポイントです。

タイプ 自撮り棒、伸縮一脚、三脚
サイズ 25.1cm
重量 74g
対応機種 GoPro(HERO9/8/7/6、MAX)

タイプ 自撮り棒、伸縮一脚、三脚
サイズ 25.1cm
重量 74g
対応機種 GoPro(HERO9/8/7/6、MAX)

Neewer『50-In-1 アクションカメラアクセサリーキット』

Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』 Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』 Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』 Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』 Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』 Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』 Neewer『50-In-1アクションカメラアクセサリーキット』
出典:Amazon この商品を見るview item

必要不可欠なアクセサリーがセットに!

自撮り棒、三脚、ヘッドストラップ、ヘルメットマウントやクリップマウントなど、アクションカメラを買ったら手に入れたいアクセサリーがセットになったオールインワン商品。このキットひとつあれば、さまざまなシーンでの撮影が可能になります。

アクセサリーを収納するキャリーケースがついているので、こまごまとしたパーツを整理するのがラクなうえ、旅行などに行く際も、ケースごと持って行けるのでたいへん便利です。

タイプ 自撮り棒、三脚、マウント、ほか
サイズ 32×21×8cm
重量 -
対応機種 GoPro(HERO2/3/3+/4/5/6/7)

タイプ 自撮り棒、三脚、マウント、ほか
サイズ 32×21×8cm
重量 -
対応機種 GoPro(HERO2/3/3+/4/5/6/7)

IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』

IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』 IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』 IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』 IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』 IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』 IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』
出典:Amazon この商品を見るview item

二重の安全保護で落ちる防止!

オートバイに乗る人ならば誰もが、ヘルメットにカメラを取り付けて撮影してみたいと思うのではないでしょうか? だけど、走行中にカメラが落ちてしまわないか心配、そんな不安を解消してくれるのが、こちらの商品。バックルステッカーと吊りロープの二重の安全保護で、落下を防止してくれます。

顎、側面、頭頂部と、取り付けられる場所が選べるだけでなく、スタンドの角度が自由に調整できるので、さまざま角度から、臨場感あふれる撮影をすることが可能です。

タイプ マウント
サイズ -
重量 -
対応機種 GoPro(HERO5/6/7/8)

タイプ マウント
サイズ -
重量 -
対応機種 GoPro(HERO5/6/7/8)

ActyGo『ネックレス式マウント』

ActyGo『ネックレス式マウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』
出典:Amazon この商品を見るview item

簡単装着のネックレス式カメラマウント

首にかけるだけという簡単な仕組みなので、急な撮影や何人かで交代しながら撮影するときなどに便利です。作りがシンプルなので強度が気になるところですが、ABS素材を使用し、耐久テストも行われているので、心配無用。

首から下げることによって、カメラのマイクが口元に近くなるため、声を拾いやすいというメリットも。マウント部分の角度が調整できるので、撮影アングルを変えて、変化のある撮影をすることも可能です。

タイプ ネックマウント
サイズ -
重量 -
対応機種 Gopro(HERO5/6/7/8)

タイプ ネックマウント
サイズ -
重量 -
対応機種 Gopro(HERO5/6/7/8)

「アクションカメラアクセサリー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Hohem『Pro4 アクションカメラ用ジンバル』
FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』
EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント 吸盤式カーフロントガラスホルダー』
ActyGo『チェストハーネス』
Aozcu『カメラマウント クランプ式 フレキシブルアーム』
TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』
Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』
Neewer『50-In-1 アクションカメラアクセサリーキット』
IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』
ActyGo『ネックレス式マウント』
商品名 Hohem『Pro4 アクションカメラ用ジンバル』 FiTSTILL(フィットスティル)『防水3ウェイ三脚』 EXSHOW(イーエックスショウ)『カメラマウント 吸盤式カーフロントガラスホルダー』 ActyGo『チェストハーネス』 Aozcu『カメラマウント クランプ式 フレキシブルアーム』 TELESIN『バックパックショルダーストラップクリップマウント』 Ulanzi(ウランツィ)『MT-09』 Neewer『50-In-1 アクションカメラアクセサリーキット』 IIKisan『オートバイヘルメット用下顎ストラップマウント』 ActyGo『ネックレス式マウント』
商品情報
特徴 各種アクションカメラと幅広い互換性 アングル調節で様々な撮影シーンに対応 吸着性能に優れたカメラマウント 両手を離して撮影できる便利なチェストハーネス 好きな場所に設置し自由に撮影できるアームホルダー バックパックにクリップでカメラを固定できる 3つの機能で幅広い使い方ができるアクセサリー 必要不可欠なアクセサリーがセットに! 二重の安全保護で落ちる防止! 簡単装着のネックレス式カメラマウント
タイプ - チェストハーネス アームホルダー クリップマウント 自撮り棒、伸縮一脚、三脚 自撮り棒、三脚、マウント、ほか マウント ネックマウント
サイズ 9×6×19.5cm - 最大延長時:34.036cm 6×4×5cm 25.1cm 32×21×8cm - -
重量 205g - - 60g 74g - - -
対応機種 GoPro Hero/Canon/Garmin/Nikon/SONY/CASIO/Kodak GoPro(HERO5/6/7/8/6/MAX) GoPro(HERO1/2/3/3+/4/5/6、Session) GoPro(HERO7/6/5/4/3+/3/2、Session、Fusion) GoPro(HERO9/8/7/6、MAX) GoPro(HERO2/3/3+/4/5/6/7) GoPro(HERO5/6/7/8) Gopro(HERO5/6/7/8)
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

【ランキング】通販サイトの最新人気! アクションカメラのアクセサリーの売れ筋をチェック

Amazonでのアクションカメラのアクセサリーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:アクションカメラのアクセサリーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】アクションカメラの記事はこちら

【まとめ】必要に応じてアクセサリーを選ぼう

ITガジェット・家電ライター:荒俣 浩二

ITガジェット・家電ライター

アクションカメラのアクセサリーのおすすめ商品はいかがでしたか?

まずはどこでどんな写真を撮りたいか、具体的に決めてから必要なアクセサリーを探しましょう。

自転車、バイク、自動車、サーフィン、スキー、スノーボード、スカイダイビング、スキューバダイビング…撮りたいシーンに応じて必要とされるアクセサリーは異なります。

記事を参考にしながら、最適なアクションカメラのアクセサリーを選んでくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button