記事種別: article type icon レビュー

人気ドッグフード『Butch(ブッチ)』の口コミ・評判・おすすめポイントをご紹介【トライアルセットを検証レビュー!】

人気ドッグフード『Butch(ブッチ)』の口コミ・評判・おすすめポイントをご紹介【トライアルセットを検証レビュー!】

愛犬は大切な家族。できるだけ、身体に良いものを食べさせてあげたいですよね。筆者のワンちゃんはとにかく偏食で、ドライフードをなかなか食べず……いろいろな商品を試してきました。でも、なかなか、美味しそうには食べてくれません。

たくさん食べて、健康で長生きしてくれそうなドックフードがあればと格闘しているなか、今回試してみたのが、口コミなどで人気急上昇中の「ブッチ」です。

この記事ではドッグフード『ブッチ』のトライアルセットを実際に愛犬に食べさせてみた感想やレビューをご紹介しています。小食、偏食のワンちゃんの救世主となりえるのか? トライアルセットを実際に試してみて、徹底検証していきます!


マイナビおすすめナビ編集部

担当:ペット
桑野 美帆子

「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する20代編集部員。いかに安く、お得に買えるかがモットーで、セール情報や特集も見逃さない。なかでも某大手ECサイトを愛用し、買い物だけで年間10万以上のポイントを稼ぐ。コスメやお取り寄せスイーツを買い漁るのが大好き。プライベートはほぼ愛犬のポメラニアンに注いでいる。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

人気のドッグフードButch(ブッチ)とは?

ブッチを食べている犬
ペイレスイメージズのロゴ

Butch(ブッチ)はニュージーランドに本社を置く、ペットフード専門の企業になります。原材料のビーフやラムは、このニュージーランド産のもの使用。世界有数の酪農大国としても知られており、環境・検査規制の厳しい基準をクリアした農家だけが育てているお肉のみを使用。その日のうちに製品化されているので、とても安全・安心なドッグフードとして知られていますよ。

Butch(ブッチ)の特徴は?

ブッチのドッグフードの特徴はどのようなものでしょうか?主に下記の3つになりますので合わせて確認をしていきましょう。

特徴1|素材と新鮮さのこだわり
特徴2|アレルギーでも安心のグルテンフリー
特徴3|人工添加物は不使用

ブッチ商品写真

Photo by マイナビおすすめナビ

特徴1|素材と新鮮さのこだわり

ブッチのドッグフードの特徴は、「生肉以上のフード」を目指した、素材と新鮮さへのこだわりにあります。本国のニュージーランドの厳しい審査基準をクリアしたお肉のみを使用、また人間の食用にもなっているヒューマングレードの品質のお肉を採用しており品質のこだわりを感じられます。

特徴2|アレルギーでも安心のグルテンフリー

小麦・グルテン・イーストなどを一切含まないグルテンフリー食品なので、アレルギー持ちのワンちゃんにもおすすめです。健康を内側からサポートする必須脂肪酸にも配慮し、素材由来の「オメガ6」のほか、サバやマグロを配合することで「オメガ3」もバランスよく摂取することができます。

特徴3|人工添加物は不使用

人工添加物(人工的な調味料、合成香料、着色料、保存料)不使用で、お肉の味と栄養素を活かした独自の低温調理法で作られています。水分含有度量はドライフードが10%程度であるのに対し、ブッチは生肉と同じ最大75%に調整されており、消化吸収がスムーズで身体へのストレスがかかりにくいと言われています。子犬や老犬でも無理なく食べさせることができる点は高ポイントですね。

シニア犬や子犬専用のドッグフードは下記からチェック!

担当:ホビー

安全性や品質などを感じられるドッグフードですが、ワンちゃんは食べてくれるのでしょうか?

気になる口コミも含めて実際に検証していきましょう!

Butch(ブッチ)のドッグフードを詳しく見てみる

今回検証する商品はこちら!

箱+中身

Photo by マイナビおすすめナビ

ブッチのトライアル3本セット(1本800g)を、早速注文してみました。1本で体重5キロのワンちゃん約3日分なので、3本セットで約9日分になります。

3本セット(約9日分)の通常価格は4,455円(税込)。1日あたり約500円と、ドッグフードとしては少々お高めですが、トライアルセットは1本分約1,500円が無料の3,000円(税込)で、クール便送料も無料と、かなりお得になっています。

早速、商品をチェック!

箱から出した写真

Photo by マイナビおすすめナビ

クール便で届いたブッチ。箱を開けるとブラック・ホワイト・ブルーの3種類が詰められていました。ソーセージみたいなフォルムで、なんだかカワイイ印象です。

手に取ってみた感想は、デカい! そして、ずっしり重い!

箱にはパンフレット、使用説明書も同梱されていました。3種類は原材料の配分に違いがあり、味や栄養素もそれぞれ特色があるようなので、それぞれの違いを見ていきましょう。

ブラック・レーベル

ブラックパッケージ写真

Photo by マイナビおすすめナビ

ブラック断面図

Photo by マイナビおすすめナビ

ビーフ33%・ラム25%・チキン18.5%。赤身肉をメインにチキン、野菜類、魚肉をブレンドしており、肉好きなワンちゃんにぴったり。ブッチの商品ラインでは一番人気となっています。

ホワイト・レーベル

ホワイトパッケージ写真

Photo by マイナビおすすめナビ

ホワイト断面図

Photo by マイナビおすすめナビ

チキン80%。消化器系や皮膚が敏感で、赤身肉が苦手なワンちゃん向けの商品です。高品質なニュージーランド産チキンをメインに、野菜類や米をバランスよくブレンドしています。

ブルー・レーベル

ブルーパッケージ写真

Photo by マイナビおすすめナビ

ブルー断面図

Photo by マイナビおすすめナビ

チキン67%・フィッシュ25%。犬・猫兼用フードとして開発。チキンをメインに新鮮なサバなどをブレンドし、肉食性の強い猫に合せて、魚介類のタウリンを強化しています。

Butch(ブッチ)口コミは?

気になるユーザーの口コミも調べてみました。ここでは良い口コミ、悪い口コミの両方をご紹介します。

良い口コミ

良い口コミでは「食いつきがよい」「栄養バランスに優れているし毛ツヤが良くなった気がする」といった声が多く見られました。また「無添加の優しい製造方法が魅力的」といったような安全性を評価している口コミもあり、良いドッグフードを食べさせたいという飼い主さんの気持ちにも応えているドッグフードだと言えますね。

悪い口コミ

逆に悪い口コミだと「お値段が高い」「開封後の賞味期限が短く、ドライフードにくらべ保管が大変
」「他のドックフードを一切食べなくなってしまった」などの声がありました。

保存などは確かに少し慣れが必要かもしれません……。しかしながらSNSの口コミは、良い口コミが大多数。なかでも食いつきがとにかく良いという声が目立っていましたよ。

Butch(ブッチ)のドッグフードを詳しく見てみる

実際に愛犬に与えてみます!

商品と犬の写真

Photo by マイナビおすすめナビ

いよいよ、ブッチをワンちゃんに与えてみます! 気に入ってくれるかしら……。

パッケージに目盛りが付いているのでとても便利!

目盛り写真

Photo by マイナビおすすめナビ

ブッチのパッケージは、裏面に目盛りが付いており、分量の調整にとても便利!

わが家のワンちゃんは6.5㎏の小型犬なので、一日の給与量約300gになります。犬種によって1日のあげる量が変わりますが、目安を下記にまとめていますので参考にしてみてください。

犬の体重目安 1日にあげる量 メモリ目安
超小型犬

体重1〜3kg

103〜186g/日

2.8〜5cm/日

小型犬

体重3〜10kg

186〜466g/日

5〜12.6cm/日

中型犬

体重10〜20

466〜776g/日

12.6〜20.9cm/日

大型犬

体重20〜60

776〜2,483g/日

20.9〜60.7cm/日

カット方法や食べさせ方はパンフレットを確認

パンフレット内容写真

Photo by マイナビおすすめナビ

普段のドッグフードとは、まったく形状が違うブッチ。どうやって食べさせたらよいのかわからない方もいるかと思いますが、そこは、パンフレットがあるので安心です!

いざ、実食!

盛りつけたドックフードの写真

Photo by マイナビおすすめナビ

「ブッチのベストセラー」と謳われているブラック・レーベルをさっそく実食させてみます!

パッケージに目盛りがついているので、どのくらい切ったらよいか迷うことはありません。今回は3目盛分カットしました。包丁がスーッと入って、気持ちいい! 大きなソーセージをカットしている気分です。

食べている様子

Photo by マイナビおすすめナビ

赤身肉の芳醇な香りが漂い、とてもおいしそう!ワンちゃんも鼻をひくひくさせながら近づいてきました。早くも興奮している様子。白いお皿に乗せると、まるでフレンチのようです。

待ちきれない様子のワンちゃん。早く食べたいという気持ちが伝わってきますね。

食べている様子

Photo by マイナビおすすめナビ

いざ「どうぞ」と促したとたんに食べる、食べる!

筆者の愛犬は偏食で、ドライフードをなかなか食べないのですがすごい食いつきです。目の輝きも、なんだか増しているような。数分でペロリと平らげてしまいました。

保存は付属のキャップを使用

キャップ本体

Photo by マイナビおすすめナビ

ウエットフードのブッチ。保存方法も気になるところですよね。トライアルセットには特典として、開封したブッチを冷蔵庫に保管するのに、便利な専用キャップが付いています。断面に密着させるように覆うと、酸化防止効果が高まりますよ。

キャップをしているブラック・レーベル

Photo by マイナビおすすめナビ

開封後は冷蔵保存、もしくは冷凍保存が必要となります。冷凍保存すれば比較的、賞味期限がのびますので賞味期限を過度に心配する必要はなさそうです。冷蔵の場合と冷凍の場合の賞味期限は下記の通りになりますので必ず確認をしましょう。

冷蔵の場合:開封後7〜10日
冷凍の場合:開封後約6か月

気になるButch(ブッチ)のFAQ

ブッチのトライアルセットを試す前に気になるFAQをまとめてみました。

question iconドライフードに混ぜても大丈夫?

answer icon

ほかのフードのトッピングとして利用している方も多いようです。あまり食べないワンちゃんも、嗜好性の高いブッチを混ぜることで、ドライフードごと食べてくれる可能性があります。

question iconトライアル以外でお得に購入できる方法は?

answer icon

毎月決まった日に商品を届ける「定期コース」で注文すると、常に通常価格の10%OFFで購入でき、6600円(税込)以上で送料無料となります。

コースは「2週間毎」「1か月毎」「2か月毎」の3タイプ。公式サイトや電話で簡単に注文できます。公式サイトによると、購入者の7割が定期コースを選んでいるそうです。

詳しくはこちらから確認をしてみてください!

question icon子犬や老犬でも食べさせることはできますか?

answer icon

ブッチは全犬種、全年齢に対応したドッグフードなので子犬や老犬でも問題なく使用することができます。

今回ご紹介した『Butch(ブッチ)』はこちら!

Butch(ブッチ)『無添加(※)ドッグフード』

内容量 800g×3本
成分(ブラック) ビーフ、ラム、チキン、フィッシュ(サバand/or マグロ)、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆) ほか
成分(ブルー) チキン、米(破砕・ゆで)、ココナッツ、パセリ、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム) ほか
成分(ホワイト) チキン、フィッシュ(サバand/or マグロ)、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆 ほか
対象犬種/年齢 全犬種/全年齢
原産国 ニュージーランド

(※)無添加
糖類、小麦、グルテン、イースト、着色料、人工調味料、合成香料、エトキシキン、プロピレングリコールなどの成分は一切含んでいません。

口コミ以上の食いつきに驚き! 検証まとめ

実際にブッチを与えてみると、食いつきの良さにとても驚きました。やはりお肉本来の味がおいしいのか、あっという間に完食という結果になりました。ドライフードとはかなり差が出ているように感じます。

また、一番良かったのは食べているときのワンちゃんの目がキラキラしていて幸せそうだったことです!飼い主としてはお気に入りのドッグフードが見つかって嬉しい限り。残りもペロリと食べてしまいそうなので追加で購入しておきます!

Butch(ブッチ)はこんな方におすすめ!

担当:ホビー

「ドッグフードをいろいろ試したけど食べてくれない」「食が細くて心配」など、ワンちゃんの食の悩みを抱える方はもちろん、「健康で長生きしてほしい」という愛犬家にぴったりです。

ちょっと贅沢なフードなので、お値段が気になる方は、普段の食事のトッピング用として、栄養サポートや食欲アップを目的として混ぜて使ってみるのも良いかもしれませんね。

その他のドッグフード記事はこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


犬用ミルクおすすめ13選【安心安全なものを】栄養補給にも! 与え方も解説

犬用ミルクおすすめ13選【安心安全なものを】栄養補給にも! 与え方も解説

子犬から老犬まで、いろいろな用途で活用する犬用ミルク。与えすぎると太ってしまうためspan class="text_mark text_strong">愛犬の年齢や使い方によって適したものを選ぶのが重要です。この記事では、ペット専用エディターの井手綾子さんにお話をうかがい、犬用ミルクの選び方とおすすめ13商品をご紹介します。犬用ミルクの与え方や、いつまで与えればいいかも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon ドッグフード , 犬用おやつ ,

大型犬用ドッグフードおすすめ11選|栄養素やコスパをチェック!

大型犬用ドッグフードおすすめ11選|栄養素やコスパをチェック!

ゴールデンレトリーバーやラブラドールなどの大型犬用は、体が大きいぶん、タンパク質や関節をサポートする成分など重視したい栄養素がたくさんあります。また、食事量も多いのでコスパの高さもチェックしたいポイント。本記事では、大型犬用ドッグフードの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon ドッグフード ,

犬用骨のおやつおすすめ4選【犬の心理栄養カウンセラーに聞く】愛犬も飼い主も満足!

犬用骨のおやつおすすめ4選【犬の心理栄養カウンセラーに聞く】愛犬も飼い主も満足!

犬の心理栄養カウンセラーの三苫恵理子さんに、犬用の骨のおやつについてお話しをうかがいました。骨のおやつは上手に使えばカルシウム補給、ストレス解消、歯磨き効果などが期待できます。その一方で、与え方を間違えると歯が折れたり、摩耗して歯髄がむき出しになってしまったりということにもなりかねません。購入するときには愛犬に合ったサイズを選んであげつつ、与えっぱなしにはしないよう注意しましょう。この記事では犬の心理栄養カウンセラーの三苫さんに、骨のおやつを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、犬用の骨のおやつを選ぶときの参考にしてみてください。

tag icon ドッグフード , 犬用おやつ ,

チワワ用おすすめドッグフード10選|愛犬に安心のペットフードを!

チワワ用おすすめドッグフード10選|愛犬に安心のペットフードを!

愛らしいルックスが人気のチワワ。元気で活発なイメージもありますが、小柄ゆえに骨や関節のトラブルが多く、毎日のご飯からケアすることが大切です。ここでは、チワワ向けのドッグフードの選び方とおすすめ商品を紹介。人気のニュートロやチワワ専用の美味しいフード、無添加の国産フードなどもありますよ。記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミでの評判もぜひチェックしてみてください。

tag icon ドッグフード ,

犬用介護食のおすすめ11選【ウェット・ペースト・流動食などまとめて紹介!】

犬用介護食のおすすめ11選【ウェット・ペースト・流動食などまとめて紹介!】

ペット専門エディター&ライターの井手綾子さん監修のもと、犬用介護食の選び方と、井手綾子さんと編集部が選んだおすすめの商品を12選ご紹介します。噛む力が弱くなった高齢犬や、病中・病後の犬のために作られた「犬用介護食」。ウェット・ペースト・流動食などさまざまなタイプの商品が販売されています。愛犬の状態に合った適切な介護食を選んであげましょう。

tag icon ドッグフード ,

関連するタグ


ドッグフード

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。