パソコンはゴミとして処分できない?状況に合わせた6種類の捨て方を解説

パソコンはゴミとして処分できない?状況に合わせた6種類の捨て方を解説

不要になったパソコンは、法律によってゴミとして処分できず、適切な方法で廃棄しなければいけません。さらに、捨てたいパソコンのなかにあるデータによって、詐欺などの思わぬ被害にあうことも。そこで、本記事では不要なパソコンを適切に処分するための6種類の方法や、捨てる前に行っておくべきことを解説していきます。自分の状況に合う方法を選び、トラブルに巻き込まれないように対策をして安全にパソコンを処分しましょう。


パソコンの処分は資源有効利用促進法のリサイクル対象

「資源有効利用促進法」とは、リサイクルやリデュースなどの取り組みを促進するための法律で、法律で定められたものは自治体がゴミとして回収することはできません。
パソコンは、この法律の対象となっているため、不要になったときにはゴミとして捨てる以外の方法で廃棄する必要があります。きちんと正しい処分方法を知っておき、自分にとって最適な方法で廃棄しましょう。

パソコンを処分する6つの方法

パソコンの処分方法には、大きく6種類の方法があります。そこで、それぞれの処分方法がどんなものなのか、特徴やメリットなどを解説していきます。

無料回収サービスで廃棄する

手間をかけずすぐに処分したい人にぴったりなのが、企業による「無料回収サービス」を利用すること。使っているメーカーや自作など、依頼すれば幅広い種類のパソコンを引き取ってもらえます

さらに、自宅への出張回収に応じている企業なら、持ち運ぶ手間もいりません。予定を合わせる必要はありますが、捨てたいときにサッと捨てられるのがメリットの方法です。

買取業者に売却する

新しいパソコンの購入費用を捻出したいという人は、買取業者へ依頼するのもよいでしょう。不要なパソコンのスペックや使っているパーツなどから査定し、そのパソコンに見合う価格で買い取ってもらえます

お金をもらえて処分できる一方で、壊れていたり古すぎたりするものだと買取価格がつかないことも。そのため、新しいパソコンを処分したいなら、まずは買取業者へ査定してもらいましょう。

パソコンメーカーによる回収

資源有効利用促進法には、製造したパソコンメーカーが回収する責任があります。そこで、「PCリサイクルマーク」が貼ってあるパソコンは、メーカーに問い合わせて回収してもらいましょう。

メーカーならパソコンに残ったデータの扱いも信頼できるのもメリット。当たり前のことですが、メーカーが販売していないパソコンは引き取ってもらえないため、依頼する際には注意しましょう。

家電量販店やパソコン販売店による回収

平成25年4月1日に施行された「小型家電リサイクル法」により家電量販店などでも引き取ってもらうことができるようになりました。ただし、すべての家電量販店で回収しているわけではありませんし、すべての店舗で回収しているわけではありませんのでご注意を。またパソコン内のデータの取り扱いもさまざまなので、まえもってしっかりチェックしておきましょう。

自治体の回収ボックスを活用する

ノートパソコンをかんたんに処分する方法として、「自治体の回収ボックス」を活用する方法もあります。この方法は、「小型家電リサイクル法」によって設けられたボックスにパソコンを入れるだけで完了し、事前連絡も必要ありません

データの取り扱いは自己責任であることや、ボックスに入るサイズしか処分できないといったデメリットもきちんと理解したうえで活用しましょう。

フリマやオークションに出品する

フリマやオークションでは、壊れたパソコンでも価値が生まれやすいため、業者へ依頼するよりも高額で販売できる可能性があります。ただし、商品の梱包や発想までを自分でやらなければならず、意外に手間がかかります。

さらに、パソコン内のデータは確実に消去しておく必要があります。消去したと思っていても完全に削除できていないと大切な情報を悪用されてしまうことにつながります。そういったリスクなどもしっかり認識したうえで大きなトラブルがおきないように注意して行いましょう。

パソコン処分をする前にやるべきこと

パソコンは電化製品のなかでもとくに多くの個人情報が詰まったアイテム。そこで、トラブルを起こさないために、パソコンを処分する前にしておくべきことを解説していきます。

データを確実に消去する

パソコン内には保存したファイルだけでなく、クレジットカードや仕事上の重要な書類など、さまざまな情報が詰まっています。そのため、処分前にパソコン内のデータを確実に消去しておきましょう。

具体的には、専用ソフトウェアを使用したりハードディスクを壊したりするなどの方法があります。メーカーや回収業者にはハードディスクを壊してデータを消去してくれるサービスもあるので、わからなければ相談してみましょう。

パソコンを買い替えるときなど、データを消す機会はたびたび訪れますが、ただ単ににデータを消去するだけでは、簡単に復元されてしまう可能性があります。そこで必要なのがデータ消去ソフト。個人情報など、確実に消去しなければならないデータをしっかり消去してくれます。ここでは、ITライターの柳谷智宣さんが厳...

データのバックアップを忘れずに

新しく手に入れたパソコンを、処分したパソコンと同じように使うために必要な作業が、データのバックアップです。バックアップさえあれば、すぐに同じように使えるため、設定などの手間を省くことができます

バックアップの方法は、「Windows転送ツール」や外部メモリを使う方法や有料のソフトウェアなどを使う方法があります。自分の知識や好みに合わせて、やりやすい方法を選びましょう。

パソコンが壊れたり、新しいパソコンに買い換えたりした際には、データ復元や新しいパソコンへデータを移行する作業が必要になります。そんな作業に欠かせないのがデータのバックアップソフトです。さまざまな機能やサービスを追加したバックアップソフトが多数販売されていますが、自分に合ったものとなると、どれが...

パソコンの買い替えを検討ならおすすめはこちら 【関連記事】

編集部まとめ 正しい方法でパソコンを安全に処分しよう

パソコンの処分で大切なことは、内部データを確実に消去しておくこと。悪用されてしまうと想像もつかないトラブルに巻き込まれてしまうため、しっかりと削除しておきましょう。

とくに、処分業者にデータの削除を依頼する際には、その業者が本当に信頼できるか、しっかり調べておくことが大切。データの取り扱いが心配ならメーカーや自治体の回収サービスを活用するのがおすすめです。正しい方法と適切な手段を用いて、データを悪用されないようにパソコンを廃棄しましょう。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/5/10 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【Windows/Mac対応】名刺管理ソフトおすすめ6選|スマホやクラウド対応も

【Windows/Mac対応】名刺管理ソフトおすすめ6選|スマホやクラウド対応も

「名刺管理ソフト」は大量の名刺を整理したり、まとめたリストをエクセルで見たり、クラウド管理することもできます。この記事では、ITライターの柳谷智宣さんに聞いた「Windows/Mac対応」の名刺管理ソフトを紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


おしゃれで使い勝手のいいタブレット用キーボードおすすめ15選

おしゃれで使い勝手のいいタブレット用キーボードおすすめ15選

タブレットにキーボードをつけて効率的に作業したいと感じているが、全て同じに見えてしまい、何を基準に選んでいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。実は、タブレット用のキーボードを選ぶ際、どれも同じだろうと思って購入してしまいがち。しかし、実際はワイヤレス、有線、さらにはiPadのようにできるカバー型、もっと言うと、特別のショートカットキーが付いたものなど、幅広い種類があります。本記事では、そんなタブレット用キーボードについて、どんな種類があるか、重さやサイズはどのくらいか、便利な機能はあるかなど、選ぶ際のポイントの解説をいたします。さらに、Bluetooth・有線・カバータイプそれぞれのおすすめ商品もご紹介。本記事で様々なバリエーションを見れば、きっと自分にピッタリの商品が見つかるはず。ぜひ参考にしてください。


タブレット対応USBメモリおすすめ12選|高速データ移行や防水モデルも

タブレット対応USBメモリおすすめ12選|高速データ移行や防水モデルも

パソコンやタブレット、スマホでも使えるデータのやり取りに便利なタブレット対応USB。USBポートの規格や種類、容量などが異なる商品がありすぎて、どれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、タブレット対応USBメモリの選び方やおすすめの商品をご紹介。多機能なモデルや大容量タイプまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


SATA USB変換アダプタおすすめ11選|2.5/3.5インチに使える商品をご紹介

SATA USB変換アダプタおすすめ11選|2.5/3.5インチに使える商品をご紹介

SATA USB変換アダプタを購入するとき、違いを見比べようと思っても、知識がないと時間がかかってしまいますよね。選び方を頭に入れておけば、SATA USB変換アダプタを選びやすくなります。そこで、ITライターの酒井麻里子さんと編集部が、選び方と厳選した11商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


kindle fire ケースおすすめ11選|シリーズごとに対応ケースを紹介

kindle fire ケースおすすめ11選|シリーズごとに対応ケースを紹介

値段の割に性能が高く、コスパのよさがKindle Fireタブレットの魅力。しかし種類が少ないので、周りの人との差別化を図りたいと思う方も多いのではないでしょうか? この記事では、ITライターの傍島康雄さんと編集部が選んだおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。個性的なケースを見つけて、自分だけのタブレットにしましょう! 後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。