書いて消して何度も使える! 『wemo ウェアラブルメモ』の便利さや機能性と使い心地を検証レビュー

書いて消して何度も使える! 『wemo ウェアラブルメモ』の便利さや機能性と使い心地を検証レビュー

『ウェアラブルメモ』は、シリコン素材に独自コーティングを施したアイテムです。ボールペンで書いて、指や消しゴムで消し、何度も繰り返して使えます。腕に巻きつけるバンドタイプとパソコンやスマホなどに貼りつけられるパッドタイプがあり、用途によって使い分けられます。この記事では、『ウェアラブルメモ』を実際に購入し、タイプごとの使い心地について検証してみました。少しでも興味をもっている人はぜひ読んでみてください。


『wemo ウェアラブルメモ』を実際に購入し使ってみました

ウェアラブルメモパッドタイプとバンドタイプのパッケージ

忘れたくないことをメモ用紙や付箋に書いていたけど、いつの間にか紛失してしまったという経験をしたことはありませんか?

また、手に直接メモをする人もいますが、それだと消すのに一苦労で、間違って書くと簡単には訂正しにくいものです。メモをしすぎて重要なことがわからなくなった人もなかにはいるのではないでしょうか。

『wemo ウェアラブルメモ』は、携帯しやすい、書き消しがしやすいなど、メモのしづらさを解消してくれるアイテムなので、使い心地に興味をもっている人は多いと思います。

本記事では、『wemo ウェアラブルメモ』を実際に購入し、多くの人が気になっている素材感や使い心地について検証してみました。筆者が感じたことや使った結果を正直にお伝えするので、気になる人はぜひ参考にしてください。

『wemo ウェアラブルメモ』ってどんなメモ?

コスモテックの『wemo ウェアラブルメモ』は、素材にシリコンを採用し、独自コーティングにより、油性ボールペンで書いても消しゴムや指で消せる、便利なメモ。

弾力のあるシリコン製なので、鉛筆では書けませんが、通常であれば簡単には消えない油性ボールペンを使って書いたり消したりができます。

また、水に濡れてもインクが溶け出さず、書いた文字が消えないため、水仕事をしている人がちょっとしたメモをするのにも適しています。

手に巻きつけられるバンドタイプ、粘着剤が施されたパッドタイプ、スマホケースタイプなどがあるため、使いたい場所や状況にあわせて使い分けがしやすいのも特徴。

パッドタイプの粘着も、弱くなれば水洗いをすると吸着力が復活するため、長く使い続けられます。

『wemo ウェアラブルメモ』の口コミ&評判

ウェアラブルメモの口コミは?

『wemo ウェアラブルメモ』の口コミは、「使いやすくて便利」といった高評価のものと、「思っていたものと違う」など低評価な意見が混在している印象でした。細かく検索しているとさまざまな意見があったので、ポジティブな口コミとネガティブな口コミに分けて紹介します。

ポジティブな口コミ

ポジティブな口コミの中で一番目についたのが、バンドタイプの利用者の「サッとメモできて目につきやすいのが便利」との意見でした。そのほかにも「書いても消して使えるので経済的」「付箋と違ってなくしにくい」という口コミも目につきました。

また、「書いたまま放置していると消しにくくなるけど、書いて消せるメモとしては便利」という意見もありました。

ネガティブな口コミ

ネガティブな口コミで一番多かったのは、「書いて長時間放置していると消えない」との意見でした。

サッと消せるようにゲルインキのボールペンを使っている人もいましたが、「書いた文字が接触した部分に写ってしまう」などのデメリットがあるようです。

そのほか、何回も書いたり消したりを繰り返していると、筆圧を強くしなければ書けなくなるという口コミもありました。

『wemo ウェアラブルメモ』を実際に使用してわかったこと

ウェアラブルメモパッドタイプとバンドタイプ

『wemo ウェアラブルメモ』の商品情報を確認した段階で、筆者が疑問に思っていたのは「油性ボールペンで書いた文字が指や消しゴムで本当に消えるのか」という点でした。

今回は、さまざまなタイプが販売されている『ウェアラブルメモ』の中から、バンドタイプとパッドタイプを選んで実際に使い、「使い勝手のよさ」「書きやすさ」「消しやすさ」について検証してみました。

使い勝手のよさは?

ウェアラブルメモパッドタイプの動画

『wemo ウェアラブルメモ』の表面はサラッとした触感のシリコン製です。パッドタイプは、1mm程度の厚みがあり、繰り返し使っても劣化しにくそうだと感じました。使いはじめは、粘着部分に透明のフィルムがついているため、はがして使います。

ウェアラブルメモバンドタイプを手首に巻く

バンドタイプもパッドタイプと表面の素材は同じです。しかし、少し硬めの板状になっており、腕などに巻きつければ「身に着けるメモ」として使えて便利だと感じました。

ウェアラブルメモバンドタイプの動画

バンドタイプは、中央にくぼみがある形状で、反って出っ張っている側を軽く押すと、クルッと丸まります。装着の仕方は非常に簡単です。腕に装着したい場合は、腕にパチンと叩きつければ勝手に巻きついてくれます。少し硬めの素材なので、強い力で叩きつけないように注意が必要です。

ウェアラブルメモバンドタイプの定規になるメモリ

バンドタイプは目盛りがついているため定規としても使えます。

パッドタイプは、検証にMサイズを使用し、「iPhone6plus」に貼りつけてみました。片手にもった状態でも軽く書くことができ、『wemo ウェアラブルメモ』がスマホから滑り落ちることもありません。はがすのも簡単なので、いろんな場所に貼り替えられる点は便利だと思いました。

パッドタイプのSサイズにはクリップタイプも販売されています。クリップはしっかりホールドできるものではなく、手帳のポケットなどに挟み込む仕様になっています。

クリップにMサイズのパッドを貼ってみましたが、しっかり密着するため、落ちる心配はありません。

書きやすさは?

ウェアラブルメモパッドタイプの書きやすさ検証

弾力のあるシリコン素材のため、書いているときの抵抗感が強く、「スラスラと書きやすい」とは感じませんでした。しかし、弱い筆圧でも書くことができるため、サッと走り書きをすることも可能です。メモを取るときは緊急の場合もあるため、サッと書ける点は利用価値が高いと思いました。

消しやすさは?

『wemo ウェアラブルメモ』に書いたボールペンの文字は、指や消しゴムを使ってサッと消すことができます。消す際は指や消しゴムにボールペンのインクが写るので、その点は注意が必要です。

口コミには「書いたまま長時間放置するとボールペンの文字が消えなくなる」との意見があったため、書いたあとに4時間ほど放置してみましたが、問題なくきれいに消せました。

また『wemo ウェアラブルメモ』は、水に濡れても文字が消えない特徴もあるため、水を吹きかけてみました。

検証の結果は、したたるほどの水を吹きかけても文字が消えることはありませんでした。

コスモテック『wemo ウェアラブルメモ パッドタイプ』

wemoパッドタイプMサイズ(ブルー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ブルー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ブルー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ブルー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ブルー)2枚

出典:Amazon

サイズ M(54×85.6×1.0mm)
材質 シリコン

コスモテック『wemo ウェアラブルメモ バンドタイプ』

wemoバンドタイプ(白) wemoバンドタイプ(白) wemoバンドタイプ(白) wemoバンドタイプ(白) wemoバンドタイプ(白)

出典:Amazon

サイズ 45×238×8mm
材質 シリコン

『ウェアラブルメモ』を実際に購入して試してみたうえでのまとめ

ウェアラブルメモレーダー

『wemo ウェアラブルメモ』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『wemo ウェアラブルメモ』は、好きなときにメモでき、目につくところに貼ったり巻いておけるため、とても便利なアイテムだと思いました。また、消えにくい油性ボールペンで書いても、こすると簡単に消せるのも魅力的です。

長時間放置すると消えにくいとの情報が多いため、『wemo ウェアラブルメモ』は、あくまでも一時的な短期間のメモとして使うのが適しているようです。しかし、残ったインク跡は、70%以上のアルコール綿を使って拭くときれいになると公式サイトに記載があるので、表面が汚れて使えなくなるという心配はないでしょう。

パッドタイプのサイズは、S(54×85.6×1.0mm)M(90×68×1.0mm)、 L(95×140×1.0mm)の3種類で、クリップはSサイズのみです。

ほかにも、スマホケースタイプ、ToDoリスト様式になっているバンドタイプ、IDカードホルダータイプなど、いろいろな種類があるので、使いやすそうだと感じるものをぜひ試してみてください。

コスモテック『wemo ウェアラブルメモ ケースタイプ iPhone12/12Pro用』

wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン) wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン) wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン) wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン) wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン) wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン) wemoケースタイプ(iPhone12/12Pro,ペールグリーン)

出典:Amazon

サイズ
材質 シリコン、ポリカーボネート、ソフトマイクロファイバー

そのほかのメモ・パッド・ノートに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:澤田、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


方眼ノートのおすすめ26選|勉強やビジネスに書きやすい!サイズやデザインも紹介

方眼ノートのおすすめ26選|勉強やビジネスに書きやすい!サイズやデザインも紹介

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』で注目を集めている方眼ノートですが、最近では100均でもよく見かけますよね。方眼の大きさや方眼罫の濃さ、中紙の綴じ方や表紙の材質などさまざまな種類があります。この記事では学生や社会人の皆さんのためになる方眼ノートの使い方や選び方をご紹介します。さらに通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


メモ帳おすすめ30選【ビジネスにも学生にも】使いやすいノートタイプからアプリと連動まで

メモ帳おすすめ30選【ビジネスにも学生にも】使いやすいノートタイプからアプリと連動まで

メモ帳は、身近な文房具のひとつです。ひと口にメモ帳と言っても、機能性やサイズ、書き味などさまざま。この記事では、教育・受験指導専門家の西村 創さんにお話をうかがい、メモ帳の選び方とおすすめ商品をビジネス向けから子ども用まで幅広くご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


コピーしても線が写りにくい! 『プロジェクトペーパー』の使い心地を検証レビュー

コピーしても線が写りにくい! 『プロジェクトペーパー』の使い心地を検証レビュー

『プロジェクトペーパー』は、罫線を薄い水色にし、コピーをすると線が写りにくいといった特徴をもっています。とくに製作活動において使いやすいよう開発された商品です。再生紙ではなく上質な紙を採用していることで白色度も高く、クリエイティブ分野だけでなく、日常に使う用紙としても書きやすいと人気です。この記事では『プロジェクトペーパー』を実際に購入し、使い心地について検証してみました。購入を検討している人はもちろん、興味がある人もぜひ一度読んでみてください。


ロディアホチキス留めノートは丈夫&持ち運びに便利? 口コミをもとに徹底検証!

ロディアホチキス留めノートは丈夫&持ち運びに便利? 口コミをもとに徹底検証!

ふだん持ち歩くノートはそれなりに耐久性がいいものを選びたいもの。それに加え、文字も図もキレイにかけるということないですよね。本記事で紹介するロディアのホチキス留めノートは、耐久性&文字や図のかきやすさなど、機能性も高くて便利に使え、持ち運び用のノートとしてもぴったりの一品です。毎日持ち歩けるノートをお探しの人は、ぜひ参考にしてくださいね。


【2020年版】ノートおすすめ37選|勉強やビジネスで使いやすい商品を紹介!

【2020年版】ノートおすすめ37選|勉強やビジネスで使いやすい商品を紹介!

この記事では、教育・受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、2020年版ノートおすすめ商品をご紹介します。学生の勉強用だけでなく、ビジネスシーンでも活躍する使いやすいノートなど、種類やタイプも豊富です。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


新着記事


ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

さまざまな原因で起こるニキビ。薬を使って早く治したいですよね。場合によっては皮膚科を受診することも大切ですが、市販薬も販売されています。この記事では、医療ライターの西村テツジさんへの取材をもとに、ニキビ用塗り薬の選び方や思春期ニキビ・大人ニキビにおすすめの塗り薬を12点ご紹介。商品選びの参考にしてください。


空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機は快適な空間作りには欠かせないアイテムですが、故障などの異常がわかりにくく、どのタイミングで買い替えをすべきか悩むことがありますよね。しかし空気清浄機にも寿命があり、さまざまなサインを出していることがあります。この記事では空気清浄機の寿命や買い替えサイン、故障の原因、長く使うためのポイントなどをご紹介します。


掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

ほぼ毎日使う掃除機は、長く使えるものは10年以上使えますが、寿命が短いものは数年で使えなくなってしまうことはあまり知られていません。最近吸引力が弱くなってきた、途中で止まってしまうことが増えた場合は、そのタイミングで修理や買い替えを検討しましょう。この記事では、掃除機の寿命や故障の原因をタイプごとに詳しく紹介しています。掃除機の買い替えを検討している際は、ぜひ参考にしてください。


ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)の寿命は何年?買い替えサインや故障の原因は

ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)の寿命は何年?買い替えサインや故障の原因は

ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)をある程度の期間、継続して使っていると、調子がおかしくなったり、故障してしまったりすることもあります。そんなときは、買い替えるべきか、修理すべきかなど、どう対応するのが適切なのか、判断に迷ってしまいがちです。そこでこの記事では、ブルーレイレコーダーの寿命や、故障の原因、買い替えのタイミングなどについて、詳しくご紹介します。


IHクッキングヒーター(IHコンロ)の寿命は何年?故障・買い替えサインや耐用年数は?

IHクッキングヒーター(IHコンロ)の寿命は何年?故障・買い替えサインや耐用年数は?

IHクッキングヒーターになにかのトラブルがあると、一時的な不調か、故障か寿命か迷う人も多いです。IHクッキングヒーターの不調の原因と対策方法、故障や寿命のサインを知っておくと適切なタイミングで修理依頼や買い替えができます。この記事では、IHクッキングヒーターの不調の原因と故障や寿命のサイン、寿命を延ばして長く使う方法を解説しています。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。

 

生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る