コピーボード&電子メモパッドおすすめ11選|オフィスや自宅で使いやすい!

【 組立・設置サービス付き 】プラス キャプチャーボード  C-21シリーズ C-21W  スタンドセット 423-560
出典:Amazon
文具研究家
秋月 千津子

文具研究家、ISOT (国際文具・紙製品展。国内外のメーカーが集う日本最大級の「文具PR商談会」)PRサポーター、「文房具カフェ」会員。 文具についての情報をさまざまなメディアで発信中。 得意ジャンルはノートなどの紙類、ボールペン。 オフィスや文房具屋に必ず置いてあるような定番文具を好む。 推しメーカーは三菱鉛筆、リヒトラブ、クルーシャル。

タイプはもちろん、書き込み方や送信の仕方、耐久性など、さまざまな種類があるコピーボード(電子黒板)や電子メモパッド。会社、教育、家庭など場面によって、機能が活躍する場面が異なります。この記事では、文具研究家の秋月千津子さんと編集部がコピーボードや電子メモのタイプや選び方について解説。さらにおすすめ商品を紹介します! ぜひ参考にしてみてくださいね。


コピーボードや電子メモパッドとは?

机の真ん中に置かれたiPad。
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

コピーボード、電子メモパッドの特徴や選び方をみていきましょう。

コピーボードとは、書いた内容をメールなどで送信できる機能が搭載された電子黒板のことです。ホワイトボードとの違いはその使える機能にあり! 従来のように全員が写し終わるまで待たずに済み、書くスペースにこまらないので企業や教育現場で普及しつつあります。

一方、電子メモパッドは、ペーパーレスでメモが取れてすぐに消せるという電子機器。タブレットに比べて安価な製品が多いことが魅力で、個人ユースや家庭内でのメモや伝言など身近な場面で活躍します。

コピーボードや電子メモパッドを選ぶポイント 文具研究家に取材

コピーボードは、使用する場所のスペースによって大きさを変えたり、用途に合わせて送信機能の有無を確認したりして選ぶのが適当。安価なものから高価なものまで幅広いため、使用する環境に適したものを購入してくださいね

また、電子メモパッドは書きやすさやメモ管理機能などにより、安価なものからスマホ並みの価格のものまでさまざま。用途に合わせて選択しましょう。

記録機能重視のコピーボード

最近のコピーボードは、ホワイトボードタイプ、プロジェクタータイプが主流

それぞれ使用する場所や相手を把握してから購入しないと、必要な機能がついていないということもあるので、特徴を踏まえながら詳しくご紹介します。

主流のホワイトボードタイプ

今まで使用してきたホワイトボードと見た目が同じコピーボード。専用のペンを使ってボードに書き込みます。使用感は変わらず同じなので、はじめての人でもかんたんに使用可能

ただし、サイズが大きいため広い場所が確保できるところでの使用に限られます。

映し出されるプロジェクタータイプ

大きな壁さえあれば、ホワイトボードができあがるプロジェクタータイプ。天井や壁などに取りつけるものもあれば、机の上におくだけで投影されるすぐれものもあります

サイズも比較的小さいため、気軽に持ち運ぶことも可能。

書き込んだ内容を送信する使い方があるか

普通のホワイトボードと違う点は、書いた文字をスマホやパソコンに送信できる機能がついたことです。

電子機器ならではの機能が加わることで、写し漏れを防ぐとともに一斉送信を可能に。以前よりも円滑に作業を進めることができます。

持ち運び重視の電子メモパッド

持ち運びしやすい大きさが特徴なのは、電子パッドタイプです。大勢に向けてというわけでなく、自分用のメモ帳や家族への伝言板として使うケースが多いもの

マグネット仕様で冷蔵庫や金属製のドアに貼れるものもあり、家族間で情報共有するのに便利ですね。

コピーボードは使用する人数や集まる人のイメージ合わせて選ぼう 文具研究家からのアドバイス

文具研究家

コピーボードは、データ送信がかんたんな仕様のものや、保存先が複数選択できるものなど、機種ごとに特徴が異なります。使用する人数やどういった人と使うのかというイメージに合わせて選ぶといいでしょう。

電子メモはサイズ選びが重要です。メモとして使う場合は小さめのもの、筆談に使う場合は大きめのものがおすすめです。

コピーボードのおすすめ6選 文具研究家と編集部が選ぶ

据え置き型で記録機能重視のコピーボード商品について、タイプの違いや電子機器ならではの機能がついているかなど、それぞれの違いを説明しながら、おすすめ6商品をご紹介します。

会社用か教育現場用かなど、どんな場面で使用するかを考えると決めやすくなるもの。ご自身の目的にあった商品を選びましょう。

文具研究家

PLUS『ネットワークボード N-32S』は、社員証だけでデータ送信ができる、業界初の機能を搭載したコピーボードです。便利ですし、誤送信の心配がなく安心ですね。

メール送信後30秒間はスキャンデータが保持されており、その間に別の社員証をタッチすると再スキャンを待たずにデータを送ることができるので、多数の社員で使う場合にもストレスなく利用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PLUS『ネットワークボード N-32S』

PLUS『ネットワークボードN-32S』

出典:Amazon

タイプ ホワイトボード
サイズ 幅1480×奥行687×高さ1855mm
送信機能 あり

社員証をタッチするだけでデータが送られる

社員証に登録してある個人IDとメールアドレスの紐づけをしておけば、コピーボードの緑のマークに社員証をタッチするだけで、書いたデータが送られる仕組み。1対1で確実に送れます。

ボード本体にはデータを残さないので、セキュリティも安心。会議資料が外部に漏れる心配もありません。広いオフィスのある会社向けの商品。

文具研究家

PLUS『ネットワークフリップチャート』は、横幅が標準サイズのコピーボードの約半分のコンパクトなデザインです。少人数の会議や設置スペースが限られる場面でも使いやすいですね。

手送りできる「エンドレスシート」により、標準サイズのコピーボード一面分のデータを保存できるので、機能面でもすぐれています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PLUS『ネットワークフリップチャート』

PLUS『ネットワークフリップチャート』

出典:Amazon

タイプ ホワイトボード
サイズ 幅830×奥行674×高さ1850mm
送信機能 あり

書いたものを手送りでさっと動かせる

書いた内容を手でおさえて、別の場所に動かすことができるコピーボード 。書いている間でもボード上がどんどん整理されていきます。流れがしっかりできるので、頭のなかも整理されやすいのはうれしいところ。

書いた面をスキャンする音が、従来よりも小さい静音設計になっています。音が気にならなくなったため、会議中や授業中でも内容に集中することが可能。

文具研究家

PLUS『キャプチャーボード』は、プロジェクター画像とボードに書き込んだ内容を合わせて保存できるため、情報の確認や修正を中心とした会議などで非常に便利です。

図面を映し出しながらそこにメモを書き加えるなど、クリエイティブな議論の記録を残すのにも適しています。なお、合成保存専用ソフトウェアはWindowsのみ対応なので、注意が必要です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PLUS『キャプチャーボード』

PLUS『キャプチャーボード』 PLUS『キャプチャーボード』 PLUS『キャプチャーボード』 PLUS『キャプチャーボード』 PLUS『キャプチャーボード』

出典:Amazon

タイプ ホワイトボード
サイズ 幅1980×奥行687×高さ1855mm
送信機能 あり

プロジェクターに映された画面に書き込み合成

Windows専用の合成保存ソフトを導入すると、プロジェクターに映された内容とボードに書き込んだ内容を合成し、画像データとして出力することが可能に。2面をひとつにまとめるだけで作業効率も上がります。

複数の面を連続でスキャン、保存できてスピード感UP。資料が多くても、短時間で読み取りが終わるので便利です。

JMACS『インタープロミニ』

JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』 JMACS『インタープロミニ』

出典:Amazon

タイプ プロジェクター
サイズ -
送信機能 -

映像の前におくだけで電子ホワイトボード化

持っているプロジェクターや液晶テレビの前におくだけで、あっという間にコピーボードに変身。さらに、パソコンとUSBでつなげておけば、専用電子ペンで書き込んだ内容がそのまま保存できます

軽量かつコンパクトに設計されていて、持ち運びがかんたんにできる商品。出張先で会議や授業をする方にはありがたい大きさです。

NICHIGAKU『電子黒板 プラン テージ 』

NICHIGAKU『電子黒板プランテージ』

出典:楽天市場

タイプ ホワイトボード
サイズ 幅1980×奥行675×高さ1647~1847mm
送信機能 あり

高さ調節ができるコピーボード

3段階の高さ調節ができるコピーボードです。立って書くのはもちろん、座ったままでも腕が疲れることなく書くことが可能。長時間の会議でも体力を使わずに集中できるでしょう。

横幅が広く、余すことなくたっぷり書ける仕様になっており、重要な会議などでも一目見ただけで、頭のなかに情報をインプット。ただし、場所をとるので広いところで使用してくださいね。

RICHO『インタラクティブホワイトボード』

RICHO『インタラクティブホワイトボード』

出典:楽天市場

タイプ 電子パッド
サイズ 幅789×奥行70×高さ480mm
送信機能 あり

小型省スペースで小人数の打ち合わせに便利

32V型フルHDタッチパネルのコピーボードで、少人数でのミーティングに便利です。画面に資料を表示させ、その上に書き込みながらミーティングが行なえます。

ミーティングの形態により、横置き、平置き、縦置きで使えて効率的。オプションのコントローラを使えば、ディスプレイ画面に直接書き込みが行なえ、アイデアを可視化しながら打ち合わせを進められるのもうれしいところ。

電子メモパッドのおすすめ5選

コピーボードあるいは電子黒板は会議など多人数での使用を想定された製品ですが、電子メモパッドは持ち運びしやすい大きさで、自分用のメモ帳や家族への伝言板として利用されます

マグネットで冷蔵庫や金属製のドアに貼れるものもあり、家族間で情報共有するのに便利です!

KINGJIM『ブギーボード』

KINGJIM『ブギーボード』 KINGJIM『ブギーボード』 KINGJIM『ブギーボード』 KINGJIM『ブギーボード』 KINGJIM『ブギーボード』 KINGJIM『ブギーボード』 KINGJIM『ブギーボード』

出典:Amazon

タイプ 電子パッド
サイズ 幅86×奥行5.5×高さ86mm
送信機能 -

ふせんサイズの電子メモパッド

付属のペンの筆圧で線の太さが変わる電子メモパッド。ふせんサイズなので、ちょっとしたことをメモ代わりにどんどん書きこめ、確認が終わればボタンひとつで消去できるスグレモノ。

平面にマグネットがついているので、冷蔵庫など金属面に貼りつけることもでき、家族間での伝言などにも便利。また、ペンは本体に取り付け可能なのでなくす心配も不要です。

YSYS『デジタルメモ』

YSYS『デジタルメモ』 YSYS『デジタルメモ』 YSYS『デジタルメモ』 YSYS『デジタルメモ』 YSYS『デジタルメモ』 YSYS『デジタルメモ』 YSYS『デジタルメモ』

出典:Amazon

タイプ 電子パッド
サイズ 幅145×奥行5×高さ227mm
送信機能 -

滑らかに描けて画面をキズつけない

専用ペンでLCD液晶画面に直接書き込みができる電子パッドタイプ。カラフルな文字や絵柄を滑らかに描くことができ、画面がキズつきにくい設計となっています。大人だけでなく子どもが使っても壊れにくいので安心。

防水、耐衝撃性も兼ね備えており、飲みものをこぼしたり落下させたりしても丈夫な商品なので日常生活で活躍するでしょう。

NAKAGAMI『スマリー 電子メモパッド』

NAKAGAMI『スマリー電子メモパッド』 NAKAGAMI『スマリー電子メモパッド』 NAKAGAMI『スマリー電子メモパッド』 NAKAGAMI『スマリー電子メモパッド』 NAKAGAMI『スマリー電子メモパッド』 NAKAGAMI『スマリー電子メモパッド』

出典:Amazon

タイプ 電子パッド
サイズ 幅146×奥行5×高さ226mm
送信機能 -

筆圧感知機能で線の太さは自由自在

線の太さを自由自在に操れる、筆圧感知機能つきの電子パッドタイプ。大事な部分を強調したり、こまかい絵柄を描いたりするのに便利な機能です

付属のマグネットつきで背面に取りつけるだけで、冷蔵庫などにピタッと貼れる商品。ほかにも専用ペンを差し込んでスタンドタイプに変えることもできるので、用途に合わせて設置しましょう。

E=mc2『電子メモ 8.5インチ』

E=mc2『電子メモ8.5インチ』 E=mc2『電子メモ8.5インチ』 E=mc2『電子メモ8.5インチ』 E=mc2『電子メモ8.5インチ』 E=mc2『電子メモ8.5インチ』 E=mc2『電子メモ8.5インチ』 E=mc2『電子メモ8.5インチ』

出典:Amazon

タイプ 電子パッド
サイズ 幅145×奥行5×高さ225mm
送信機能 -

専用ペンが2本ついていて紛失しても安心

専用ペンが2本ついている電子パッドタイプ。紛失した際のスペアとして保管しておいてもいいですし、ふたり同時に記入する際に使ってもいいですね。

間違えた部分のみを消すことができる消しゴム機能を搭載。全消去のものが多いなか、部分消しができるのはうれしい機能です。もちろん従来の全消去もあるので、場面によって使いわけることが可能。

HOMESTEC『電子メモ』

HOMESTEC『電子メモ』 HOMESTEC『電子メモ』 HOMESTEC『電子メモ』

出典:楽天市場

タイプ 電子パッド
サイズ 幅111×奥行3×高さ177mm
送信機能 -

専用ペンだけでなく指でもさっと描ける

もし専用ペンを紛失したとしても、指でなぞって描くことができる電子パッドタイプ。圧力感知技術のおかげで、指以外にボールペンや鉛筆などにも対応しています。

耐久性のあるABSフレームを採用し、軽量なのにも関わらず丈夫で壊れにくい設計に。持ち運びの多い電子パッドを守るための機能がついているので安心しますね。

「コピーボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
PLUS『ネットワークボード N-32S』
PLUS『ネットワークフリップチャート』
PLUS『キャプチャーボード』
JMACS『インタープロミニ』
NICHIGAKU『電子黒板 プラン テージ 』
RICHO『インタラクティブホワイトボード』
KINGJIM『ブギーボード』
YSYS『デジタルメモ』
NAKAGAMI『スマリー 電子メモパッド』
E=mc2『電子メモ 8.5インチ』
HOMESTEC『電子メモ』
商品名 PLUS『ネットワークボード N-32S』 PLUS『ネットワークフリップチャート』 PLUS『キャプチャーボード』 JMACS『インタープロミニ』 NICHIGAKU『電子黒板 プラン テージ 』 RICHO『インタラクティブホワイトボード』 KINGJIM『ブギーボード』 YSYS『デジタルメモ』 NAKAGAMI『スマリー 電子メモパッド』 E=mc2『電子メモ 8.5インチ』 HOMESTEC『電子メモ』
商品情報
特徴 社員証をタッチするだけでデータが送られる 書いたものを手送りでさっと動かせる プロジェクターに映された画面に書き込み合成 映像の前におくだけで電子ホワイトボード化 高さ調節ができるコピーボード 小型省スペースで小人数の打ち合わせに便利 ふせんサイズの電子メモパッド 滑らかに描けて画面をキズつけない 筆圧感知機能で線の太さは自由自在 専用ペンが2本ついていて紛失しても安心 専用ペンだけでなく指でもさっと描ける
タイプ ホワイトボード ホワイトボード ホワイトボード プロジェクター ホワイトボード 電子パッド 電子パッド 電子パッド 電子パッド 電子パッド 電子パッド
サイズ 幅1480×奥行687×高さ1855mm 幅830×奥行674×高さ1850mm 幅1980×奥行687×高さ1855mm - 幅1980×奥行675×高さ1647~1847mm 幅789×奥行70×高さ480mm 幅86×奥行5.5×高さ86mm 幅145×奥行5×高さ227mm 幅146×奥行5×高さ226mm 幅145×奥行5×高さ225mm 幅111×奥行3×高さ177mm
送信機能 あり あり あり - あり あり - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コピーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコピーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コピーボード・電子黒板ランキング
楽天市場:コピーボード・電子黒板ランキング
Yahoo!ショッピング:黒板、電子黒板ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

コピーボード・電子メモパッド関連商品はこちら 【関連記事】

文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部で選ぶ、ブギーボードのおすすめ7選をご紹介します。ボタン操作ひとつでスッと消える、ペーパーレスで環境にもやさしい電子メモパットのブギーボード。アメリカで2010年1月に発売され、日本では同年10月にキングジムが輸入販売を開始しました。この記事を読んで、自...

フリーライター、小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに、2020年版電子メモ帳16選をご紹介します。紙のメモ帳代わりに電子メモ帳を使いたいと考えている人にも役立つ電子メモ帳をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイトボードには、従来の大きなものや壁掛けタイプ以外にも、小さいサイズで持ち運びしやすいノートタイプ、シートタイプなど、さまざまな種類があります。ミーティングの活性化に役立つホワイトボードですが、大きさ、機能など、どのように選べばいいのでしょうか。この記事では、文房具ライター猪口フミヒロさん...

防災・危機管理ファシリテーターの南部優子さんへの取材をもとに、ホワイトボードシート選びのポイントとおすすめの商品を紹介します。壁や棚などにかんたんに貼り付けることのできる「ホワイトボードシート」。粘着が強力なタイプやマグネットタイプ、特殊吸着タイプなどさまざまな種類のシートが販売されています。...

家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに取材をし、Windowsタブレットの選び方とおすすめ商品を紹介します。性能はもとより画面サイズや重さ、LTEへの対応など違いがあって、Windowsタブレットを選ぶ際にはさまざまな点で迷うことも多いかもしれません。本記事を参考に、最適な1台探しにぜひお役立てく...

まとめ

コピーボードと電子メモパッドのおすすめ11選を紹介しました。

データの転送方法や書き込み方法など種類はさまざま。どのような機能がついていれば、より物事を円滑に進められるかを考えてから、商品を決定しましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ラミネートフィルムおすすめ11選! 高品質から機械不要の手貼りタイプまで

ラミネートフィルムおすすめ11選! 高品質から機械不要の手貼りタイプまで

印刷物や写真を水濡れや汚れなどから守ってくれるラミネート。サイズや厚み、仕上がりのタイプ、そしてメーカーもさまざまと種類が豊富です。本記事では、IT・家電ライターの河原塚 英信さんへの取材をもとに、おすすめのラミネートフィルムと選び方のポイントを解説します。後半では、Amazon、楽天市場でのラミネートフィルムの売れ筋ランキングも載せています。ぜひ参考にしてください。


A3ラミネーターおすすめ10選|アイリスオーヤマやナカバヤシなどの人気機種も!

A3ラミネーターおすすめ10選|アイリスオーヤマやナカバヤシなどの人気機種も!

A3ラミネーターは業務用と思う人もいるかもしれませんが、名刺サイズからA3の大きなサイズまで加工できるので家庭用にもおすすめです。メニュー表やPOPなど掲示物の加工や、大切な書類を水や汚れから保護したり、趣味のイラストでラミネートカードを作ったりできるラミネーター。使ってみたいけどローラーの本数や性能も違い、価格にも幅があるためどれを選んだらいいかわからないという人もいるのでは。そこで本記事では、 IT・家電ライターの河原塚 英信さんへお話をうかがい、A3ラミネーターの選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひA3ラミネーターを選ぶ際の参考にしてくださいね!


製本機おすすめ11選│中綴じ・リング式でカンタン自作本を【無線タイプも】

製本機おすすめ11選│中綴じ・リング式でカンタン自作本を【無線タイプも】

会社の資料作成や、学校行事などで行われる製本作業。最近では個人で利用できる簡易製本機が多数販売されています。卓上タイプもあるため、わざわざ製本機のために大きなスペースを使う必要もなく、購入しやすい価格帯の商品も登場しています。この記事では、文具研究家の秋月千津子さんと編集部が、製本機の選び方とおすすめ商品11選を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。


電子メモ帳おすすめ16選|アプリ連携タイプや保存機能付きも!

電子メモ帳おすすめ16選|アプリ連携タイプや保存機能付きも!

フリーライター、小物王の納富廉邦さんへの取材をもとに、2020年版電子メモ帳16選をご紹介します。紙のメモ帳代わりに電子メモ帳を使いたいと考えている人にも役立つ電子メモ帳をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【プロ厳選ランキング】ラミネーターおすすめ13選|長期保存用に強度を高める【A3・A4対応 】

【プロ厳選ランキング】ラミネーターおすすめ13選|長期保存用に強度を高める【A3・A4対応 】

ラミネーターは印刷物や写真、カードなどの保存性や強度を高めるのに使われます。特殊なフィルムで包装加工するので、紙の状態で保存するよりも水分や経年劣化に強くなるため、店舗のポップにはもちろん、メニュー表や掲示物などにも使われていて、街なかで見ない日はないくらい活躍しています。この記事では、文房具ライター&ブロガーの猪口フミヒロさんに、ラミネーターの選び方のポイントとおすすめ商品を伺ってみました。


関連するブランド・メーカー


KingJim(キングジム) PLUS(プラス)

新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る