『ビーグレン』のトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

『ビーグレン』のトライアルセットを体験! 口コミや評判を徹底レビュー

海外のスキンケアブランドながら、日本でも注目度の高い『ビーグレン』。決して安いスキンケアブランドではありませんが、美容に意識の高い女性たちの間で話題になっています。個人に合わせて提案されるスキンケアプログラムや丁寧なカスタマーサポートなど、商品だけでなく一人ひとりに寄り添う姿勢も魅力的です。肌のお悩みに合わせてアドバイスを受けられます。『ビーグレン』のスキンケアプログラムでは、まずは肌の状態に合わせたトライアルケアから始めることをおすすめしています。今回は、年齢による肌の悩みが気になっていた筆者が『ビーグレン』のトライアルセットを使用してみました。


ビーグレンを実際に購入し、試してみました

ビーグレンパッケージ

『ビーグレン』のスキンケアプログラムに従って、トライアルセットを申し込んでみました。

『ビーグレン』は、アメリカのブランドですが、アメリカに本社を置きつつ、品質を追求するために生産拠点を日本に移しています。全製品が日本製であること、そして繊細な日本人女性の肌に向けて開発されていることが特徴です。

そのため、私たち日本人との相性もよさそうに感じられますが、実際に使いやすいのでしょうか?スキンケア商品は人によって合う合わないがあるため、使用感は気になりますよね。

本記事は、『ビーグレン』のトライアルセットを実際に購入し、みなさんが気になる使い心地を検証しました。

ビーグレンの魅力・特徴とは

『ビーグレン』は、独自のテクノロジーを使って作られたスキンケア商品。

アメリカのカリフォルニア大学で「ドラッグデリバリーシステム」という浸透*技術を開発したブライアン・ケラーが、美容分野に応用し、『ビーグレン』が生まれました。有用成分を超極小カプセルに包みこんだ『QuSome』(キューソーム)という技術が特徴です。

『ビーグレン』では、利用者の肌に合わせて「トライアル」から「集中悩みケア」、「カスタマイズケア」まで、スキンケアから生活習慣の提案を行うスキンケアプログラムを採用。充実したサポートによって、異なる肌の悩みにアプローチします。

*角層まで

トライアルセットの内容

『ビーグレン』トライアルセットの内容は、約1週間分のメイク落とし、洗顔料、化粧水、保湿クリームです。独自の技術『QuSome』の使い心地を試すことができます。

それぞれの内容量は、『QuSome ナノオフ クレンジング』(メイク落し)30g、『クレイウォッシュ』(洗顔料)15g、『QuSome ローション』(高機能化粧水)20ml、『QuSome モイスチャーリッチクリーム』 (保湿クリーム)7gとなっていました。

成分の特徴

ビーグレンパッケージ裏

画像の左が『QuSome ナノオフ クレンジング』(メイク落し)の全成分。画像の右が『クレイウォッシュ』(洗顔料)の全成分です。

『QuSome ナノオフ クレンジング』は、水とオイルのいいとこ取りをしたハイブリッド構造のメイク落しです。やさしく花粉やホコリを落とす水クレンジングとメイクをしっかり落とすオイルクレンジングの特徴を兼ね備えた「バイコンティニュアス構造」を採用しています。ケラチン配合で、まつ毛エクステンションをきれいな状態のまま保ちやすくなっています。

『クレイウォッシュ』は、汚れを吸着する天然クレイを配合しているのが特徴です。

ピーグレンパッケージ裏2

画像の左が『QuSome ローション』(高機能化粧水)の全成分。画像の右が『QuSome モイスチャーリッチクリーム』 (保湿クリーム)の全成分です。

『QuSome ローション』『QuSome モイスチャーリッチクリーム』は、美容成分を包み込んだ超微小カプセル『QuSome』の技術が使われています。

ローションは、ホメオシールド、アッケシソウエキス、VCエチル、EDP3の4つの美容成分を配合。

クリームはAgeCap Smooth、ビタペプチドB7、スキナーク、ポリアミン、ネオクレア プロの5つの成分を複合した「QuSome」カプセルが使われており、年齢肌の悩みをサポートします。

ビーグレントライアルセットの口コミ・評判は?

ビーグレンの口コミは?

『ビーグレン』のトライアルセットは、30代~アラフィフ年代まで、幅広い人が口コミ評価を書きこんでいました。

口コミではいい評価をしている人が多く、使い勝手にも使用感にもおおむね問題はないようでした。ただし、全員の評価がよかったわけではなく、使ってみた人の中にはあまり好感をもっていない人もいたようです。

ポジティブな口コミもネガティブな口コミも挙げられていたのでチェックしてみましょう。

ビーグレントライアルセットのポジティブな口コミ

『ビーグレン』のトライアルセットは、「期待していた通りだった」という口コミが多くありました。特に、洗顔料は使い勝手がよく、時短ケアとしても魅力を感じる人が多いようです。また、化粧水ではテクスチャーやなじみのよさを評価する声がありました。

中には、『ビーグレン』のトライアルセットを使った後で「きれいになった」と人から褒められたという人もいたようです。

ビーグレントライアルセットのネガティブな口コミ

『ビーグレン』のトライアルセットを使ってみた結果、肌荒れしたという声もありました。肌との相性が悪かったのでしょうか。残念な口コミですが、本商品を購入する前にお試ししておいてよかったとも考えられます。クリームについて、「若干べたつきを感じる」と口コミしている人もいました。

また、「あまりうるおわなかった」「ほかの化粧品との違いがわからない」といった意見もありました。もしかしたら、トライアルセットの量では不十分なのかもしれません。

ビーグレントライアルセットを体験してみました

ビーグレン本体

口コミでは使ってよかった派とそうではなかった派に分かれた『ビーグレン』のトライアルセットですが、実際はどうなのでしょう? トライアルセットを実際に使って確かめてみました。肌への刺激があるかどうかもチェックしています。

ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジング(メイク落とし)

ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジング(メイク落とし)

『ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジング』は、水とオイルのいいとこ取りが特長のクレンジングです。チューブからほど絞り出し、泡立てずに使用します。

ビーグレンクレンジングのテクスチャ

絞り出したクレンジングは、柔らかめのジェル状でした。みずみずしいジェルで、肌につけた後はスルスルと伸びました。

QuSome ナノオフ クレンジングでメイクを落としてみました

ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジングでメイク落とし実験

『ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジング』を使って、実際にメイクを落としてみました。

画像は、上からアイシャドウ(濃い・薄い)、口紅、アイブロウ、アイラインです。口紅は、落ちにくいといわれるティント系にしてみました。

『ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジング』をゆっくりなじませると落ちやすいようです。

ビーグレン QuSome ナノオフ クレンジングでメイクを落とした様子

すすぎ終わった状態です。落ちにくいといわれるティント系の口紅も、各アイテムのキラキラしたラメも、しっかりと落ちました。

ビーグレン クレイウォッシュ(洗顔料)

ビーグレン クレイウォッシュ(洗顔料)

『ビーグレン クレイウォッシュ』は、泡立てずに洗う洗顔料です。

クレイとあったのでざらっとした触感を想像していましたが、意外にもざらつきは一切感じません。クリーミーで伸びのいいジェルクリームのようでした。

伸びがいいので、肌に摩擦を与えずにすみそうです。また、洗い上りはつっぱりを感じませんでした。

ビーグレン QuSome ローション(化粧水)

ビーグレン QuSome ローション(化粧水)

洗顔の後は、化粧水の『ビーグレン QuSome ローション』で水分を補います。

ビーグレン QuSome ローション(化粧水)のテクスチャ

透明で香りもなく、まろやかな感触の化粧水です。シンプルながら肌になじみやすく、刺激を感じることもありませんでした。

ビーグレン QuSome モイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)

ビーグレン QuSome モイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)

『ビーグレン QuSome モイスチャーリッチクリーム』で最後のケアです。小さなチューブですが、少量で済むので1週間分としては十分でした。

硬めのテクスチャーで、ちょっと伸びにくい印象でした。「べたつきを感じる」という口コミもありましたが、筆者の感想としてはべたつきより「長くしっとり感が残る」という印象でした。

ビーグレン QuSome モイスチャーリッチクリームのテクスチャ

チューブから出した形状のまま崩れていません。それくらい硬めのクリームです。

水分量・油分量・肌の弾力をスキンチェッカーで測定

トライアルセットの使用前、使用後の肌の状態をスキンチェッカーで計測してみました。普段の私の肌の水分量・油分量・弾力は以下の通りです。

ビーグレン図解
トライアルセット使用後のスキンチェッカー

『QuSome ナノオフ クレンジング(メイク落とし)』から『QuSome モイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム)』までを使用し、約30分経過した肌(ほお)の状態をスキンチェッカーで計測。

ほお
【水分】使用前:37→使用後:45
【油分】使用前:33→使用後:24
【弾力】使用前:中→使用後:高

ほおは水分量の増加と油分の減少、さらに弾力も「中」から「高」へアップしました。すべての項目が良好になり、かつ理想の範囲内に入りました。

また、理想の範囲に至らない部分もありますが、鼻も理想範囲に近づいた部位です。


【水分】使用前:33→使用後:39
【油分】使用前:40→使用後:30
【弾力】使用前:低→使用後:中

使用前と比べて、多すぎた油分量が大幅な減少をみせ、弾力もアップしました。べたつきやすい鼻の油分が減ったのは、うれしい変化です。

個人差はありますが、筆者の場合、『ビーグレン』のトライアルセットを使うことで、水分と油分のバランスが整った印象でした。

使用後のべたつきを検証

クレンジング、洗顔からクリームまで塗布した5分後にどらくらいのべたつきが残っているのか、スパンコールを使ってチェックしてみました。

大量のスパンコールを肌に押し付けましたが、ほとんど貼りつきませんでした。

口コミではべたつきを気にする意見もありましたが、とくにべたつくことはなく、使用後のメイクにも影響はない印象でした。

b.glen(ビーグレン)『QuSome<休息スキンケア> トラベルセット』

【Amazon.co.jp限定】b.glen(ビーグレン)【公式】休息スキンケアトラベルセット&メイク落とし|QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>30g/クレイウォッシュ<洗顔料>15g/QuSomeローション<化粧水>20ml/QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>7g 【Amazon.co.jp限定】b.glen(ビーグレン)【公式】休息スキンケアトラベルセット&メイク落とし|QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>30g/クレイウォッシュ<洗顔料>15g/QuSomeローション<化粧水>20ml/QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>7g 【Amazon.co.jp限定】b.glen(ビーグレン)【公式】休息スキンケアトラベルセット&メイク落とし|QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>30g/クレイウォッシュ<洗顔料>15g/QuSomeローション<化粧水>20ml/QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>7g 【Amazon.co.jp限定】b.glen(ビーグレン)【公式】休息スキンケアトラベルセット&メイク落とし|QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>30g/クレイウォッシュ<洗顔料>15g/QuSomeローション<化粧水>20ml/QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>7g

出典:Amazon

内容・内容量 ナノオフ クレンジング:30g、クレイウォッシュ:15g、ローション:20mL、モイスチャーリッチクリーム:7g
成分 水、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、(C13-15)アルカン、ほか

ビーグレンを実際に購入し試してみた上でのまとめ

ビーグレンレーダー

『ビーグレン』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ビーグレン』のトライアルセットを試しましたが、仕上がりの気持ちよさとお肌の変化というダブルの魅力を体験できました。

クレンジングや洗顔料の洗い心地は快適で、肌をごしごしとこすることなく洗えました。また、化粧水とクリームの仕上がりのよさも感じられ、口コミ評価の高さに納得しました。コンパクトに思えるセットですが、1週間分としては適量です。

肌に合わずに刺激を感じる人もいるようですが、筆者の体験ではヒリヒリや赤みなども出ず、快適に使い終わりました。なじみがいいので、年齢肌の悩みのほか、乾燥しやすい人にもおすすめです!

『ビーグレン』には、今回筆者が試したトライアルセットの本商品があります。お肌との相性がいいと感じたら本格的なケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

b.glen (ビーグレン)『QuSome ナノオフ クレンジング <メイク落し> 120g / 4.23oz.』

b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>120g/4.23oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>120g/4.23oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>120g/4.23oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>120g/4.23oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>120g/4.23oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeナノオフクレンジング<メイク落し>120g/4.23oz.

出典:Amazon

内容・内容量 120g
成分 水、ジミリスチン酸PEG-12、グリセリル、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、(C13-15)アルカン、ほか

b.glen (ビーグレン)『Clay Wash - クレイウォッシュ <洗顔料> 150g / 5.29oz.』

b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz. b.glen(ビーグレン)【公式】ClayWash-クレイウォッシュ<洗顔料>150g/5.29oz.

出典:Amazon

内容・内容量 150g
成分 水、モンモリロナイト、イソノナン酸エチルヘキシル、ソルビトール、BG、ココイルグルタミン酸Na、ほか

b.glen (ビーグレン)『QuSome ローション <化粧水> 120ml / 4.06 fl.oz.』

b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeローション<化粧水>120ml/4.06fl.oz.

出典:Amazon

内容・内容量 120mL
成分 水、プロパンジオール、BG、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、ジステアリン酸PEG-23グリセリル、ラフィノース、ほか

b.glen (ビーグレン)『QuSome モイスチャーリッチクリーム <保湿クリーム> 30g / 1.06oz.』

b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz. b.glen(ビーグレン)【公式】QuSomeモイスチャーリッチクリーム<保湿クリーム>30g/1.06oz.

出典:Amazon

内容・内容量 30g
成分 水、スクワラン、ジグリセリン、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、グリセリン、シクロペンタシロキサン、BG、ほか

そのほかのスキンケアに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:宮本、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【高保湿・ニキビ対策にも】無印化粧水おすすめ13選&ランキング|口コミも!

【高保湿・ニキビ対策にも】無印化粧水おすすめ13選&ランキング|口コミも!

高保湿、エイジングケア、敏感肌、美白ケアなど肌悩みに合わせたシリーズを展開している無印化粧水。この記事では、美容のプロ・増村ゆかりさんがおすすめする無印化粧化粧水を、ランキング形式で発表! さらに「しっとり」「さっぱり」とテクスチャー別におすすめの商品も紹介します。スキンケアシリーズ別の特徴や選び方も掲載。記事後半には、実際に使ってみたユーザーの口コミや通販サイトの人気売れ筋ランキング、効果的な使い方もあるので、いろいろ比較して自分の肌悩みや肌質にぴったりの商品をみつけてくださいね。


混合肌化粧水おすすめ14選【プチプラ・デパコス別】メンズ向けや口コミも紹介!

混合肌化粧水おすすめ14選【プチプラ・デパコス別】メンズ向けや口コミも紹介!

乾燥肌とベタつきが両方ある混合肌さんは、自分に合うスキンケアアイテムを見つけるのが大変ですよね。この記事では、そんな混合肌さん向けの化粧水の選び方とおすすめの商品を厳選! 20代、30代、40代など年代別の選び方や、プチプラからデパコス、メンズ向けまで幅広く紹介します。記事後半ではAmazonや楽天市場など大手通販サイトの、人気売れ筋ランキングや、実際に使った方の口コミもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


セラミド化粧水おすすめ14選&ランキング|人気の市販プチプラや口コミも!

セラミド化粧水おすすめ14選&ランキング|人気の市販プチプラや口コミも!

美容のプロ・増村ゆかりさんに取材のもと、セラミド化粧水の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介! ドラッグストアなど市販で買える人気のプチプラからデパコスまで、幅広く厳選しています。天然・ヒト型など配合されているセラミドの種類や保湿力をよくチェックしながら選んでみてくださいね。後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、実際に使った方の口コミ、セラミド化粧水の効果的な使い方も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!


ハトムギ化粧水おすすめ18選【美白やニキビ対策に】効果的な使い方や口コミも!

ハトムギ化粧水おすすめ18選【美白やニキビ対策に】効果的な使い方や口コミも!

コスメ&メイクライター・古賀令奈さんへの取材をもとに、ハトムギ化粧水の選び方とおすすめの商品を厳選! さっぱりタイプやしっとりタイプ、スプレータイプや大容量のものなど、さまざまな種類の商品を紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、効果的な使い方、実際に使った方の口コミも掲載! さらにハトムギ化粧水の人気ブランドも紹介するので、どれがいいのか比較してみてください!


 【朝用パックの厳選おすすめ8選】メイク前、朝の時短ケアで化粧ノリを良くする!

【朝用パックの厳選おすすめ8選】メイク前、朝の時短ケアで化粧ノリを良くする!

美容ライターの宮井美佳さんに取材した内容をもとに、朝用パックの選び方とおすすめ商品を紹介します。スキンケアとして夜にパックをしている方は多いと思いますが、実は朝のパックもおすすめ。寝ている間に乾燥した肌にうるおいを与えることで、化粧ノリがよくなりますよ! 1枚で”洗顔・スキンケア・化粧下地”が完了する「朝専用パック」も多数販売されています。この記事では、そんな朝用パックをはじめ、朝のシーンにぴったりのシートマスクを厳選して紹介します。忙しく慌ただしい朝を過ごしている方はぜひチェックしてみてくださいね。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


美容・健康の人気記事


>>もっと見る