『ニーモシネ』って実際どうなの? リングノートとノートパッドを徹底検証!

『ニーモシネ』って実際どうなの? リングノートとノートパッドを徹底検証!

ノート紙が上質なことで知られる『ニーモシネ』のノート。紙質や書き心地は実際のところどうなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。『ニーモシネ』のノートはリングノートやノートパッドなどさまざまな種類の商品が販売されていますが、どのノートを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこでここでは、『ニーモシネ』のリングノートとノートバッドを全部で6品購入したうえでわかったことや、それぞれのノートのレビュー、紙質や書き心地を写真を交えて紹介していきたいと思います。この記事を参考に、あなたに合った『ニーモシネ』のノートを見つけてみてくださいね。


『ニーモシネ』のノートを実際に使ってみてわかったこと

ニーモシネ 6冊

『ニーモシネ』のノートは、ビジネスシーンでの使用に適した、機能性&紙質ともにワンランク上のノートです。

『ニーモシネ』のノートの一番の特徴は、その紙質のよさ。自社オリジナル(国産)のノート紙のなかでもとくに書きやすい厚みの紙を使用しており、どんな筆記用具でも書きやすい印象でした。

実際にノート紙にふれてみるとわかるのですが、表面がツルッとしていて高級感があります。ペン先が紙の繊維にひっかかりやすい万年筆を紙上で走らせても、ひっかかる感じが全くありません。

また、リングノートとノートパッドはどの種類のノートもかんたんにページの切り離しが可能。紙質だけでな機能性にもすぐれています。

『ニーモシネ』はどんなノート?

『ニーモシネ』は、ノートや画材のメーカーである「マルマン」から発売されているノートブランド。

「書くこと、考えることが仕事を創造的にする」というキャッチコピーのとおり、ひとりで重要な情報を書いて整理することはもちろん、仲間や多人数でのディスカッション、アイデアを出し合うときに重宝するノートです。

紙の枚数はリングノート、ノートパッドともにすべて70枚。基本的にノートの罫線や題名の記載欄は紙の片面にしかなく、裏面は真っ白です。(一部商品を除く)

マルマンの上質紙のなかでも二番目に上質で厚みのある80g/mの紙を使用。厚みがあり高級感のある質感で、表面の手触りがツルツルでペン先が引っかかりにくいのが特徴です。

今回紹介するのは、『ニーモシネ』のリングノートのN180A、N181A、N182A、N183A、N199Aと、ノートパッドであるN187Aの6冊。ノートのサイズと向き、罫線の種類は以下の通りです。

ニーモシネ サイズ表

『ニーモシネ』の口コミ・評判は?

ニーモシネ口コミ

『ニーモシネ』のノートの口コミや評判をインターネットで調べてみた結果、紙質を重視しているノートユーザーに愛されている商品だということがよくわかりました。

また、万年筆を愛用している人のノートとしてもよく選ばれていました。

愛用者の多い『ニーモシネ』の口コミ・評判をいい口コミ&悪い口コミのなかからとくに信憑性の高いものをピックアップして紹介します。

『ニーモシネ』のいい口コミ! ここがGOOD!

「とにかく紙質がよく書き味がいい! 」「紙の表面がツルッとなめらかなので万年筆も引っかかることなくスルスルかける」という声が多くありました。

切り取り線があるのでキレイに切り離せて便利。そのうえ紙質がいいので上司やお客様など、目上の人にもメモを渡しやすいという声もありました。

ひとりで考えをまとめてわかりやすく記入したいときや、ビジネス会議や商談のときに重宝するノートだということがわかります。

『ニーモシネ』の悪い口コミ! ここはちょっと……

「滑りやすい紙質なので、紙がペン先に引っかかる感じが好きな人には向かない」という声がありました。「紙質がいいので仕方がないが、そのぶん高価なのでコスパがよくない」という声もありました。

口コミを見る限り、殴り書き用というよりは、書いたページを保管したり、誰かにアイデアを渡すための清書用として使う人が多い印象です。

『ニーモシネ』のノート6種類を実際にレビュー

ニーモシネ 6冊

それでは早速、『ニーモシネ』のノートを実際に使っていきます。

まず、デザインやカバー、ノート紙の紙質や書き心地についてレビューしたあと、6冊のノートを詳しく紹介します。

『ニーモシネ』の見た目やカバー&紙質をチェック

『ニーモシネ』のノートは、どのシリーズも表紙は黒。金色の文字で商品の番号と「Mnemosyne」の文字が記載されていて、シンプルでカッコいいデザインです。

ニーモシネ 表紙アップ

『ニーモシネ』のリングノートの表紙はプラスチック製。素材は硬くてキズに強いですが、必要に応じてしなやかに曲がります。角も折れていて耐久性にすぐれているのがわかります。

ニーモシネ裏表紙

リングノート裏表紙はかなり厚めのボール紙を採用。机においてノートをとるのはもちろん、手に持って立ちどまって書くことも可能です。

ニーモシネ 表紙をめくっている画像

ノートパッドの表紙は、プラスチック製ではなくボール紙でできています。適度に厚みがありますが、ほどよくやわらかくめくりやすいです。角は丸くなっていないので持ち歩いて使うのには適していません。

リングノートもノートパッドも、1ページ目には鮮やかな黄色の厚紙が。黒と黄色のコントラストがとてもスタイリッシュです。

ニーモシネ 紙アップ

続いて、『ニーモシネ』の紙質をチェック。リングノートもノートパッドも使っている紙は一緒です。それなりに厚みはあるものの、とてもなめらかでやわらかく、肌触りがつるっとしています。色味はコピー用紙と同じ明るい白です。

ニーモシネ 試し書き

ノート紙にシャープペン、ボールペン、えんぴつ、万年筆、水性ペン、油性ペンで文字を記載してみました。マーカーで罫線も引いてみました。ノート紙の色が白いので、色ペンの発色もとてもよく見やすいです。

紙の表面がすべすべなめらかなので、スラスラと書き心地もGOOD。紙の繊維が引っかかる感じが全くありません。インクのにじみもありませんでした。

ニーモシネ ノートをめくった後の画像

気になる裏うつり・書き跡をチェック。油性ペンは裏面までにじんで次ページに少しだけ写ってしまいましたが、水性ペンやマーカー、万年筆のインクのにじみや裏うつりはありません。

紙がしっかりしているのでボールペンの書き跡もわずかでした。ノートの裏面は、一部商品をのぞいて基本的には無地になっているのがわかります。

ニーモシネ 万年筆試し書き

万年筆の書き心地や質感を気にしている人も多かったので、手持ちの万年筆で文字や図形を書いてみました。にじむことなくスラスラとかけて、線がかすれることもありませんでした。万年筆の書き心地は本当によかったです。

ただ、スラスラとかける反面、万年筆ならではのガリガリとした書き心地は感じられません。ガリガリとした書き心地が好きな人には不向きです。

ニーモシネ ミシン目に沿って切り取っている画像

ノートパッドにもリングノートにも、切り取り用のミシン目がついています。どちらもミシン目ちかくで軽く指でひっぱるだけでかんたんに、キレイに切ることができます。

ニーモシネ ミシン目切り取った後の画像

切り離しもカッターがなくてもかんたんに、キレイに切ることができます。ノートの切り離しがニガテな人でも安心です。

『ニーモシネ』のリングノートN180A、N181Aをレビュー

ニーモシネ A4横型のノート

N180A、N181AはA4サイズ。縦型のノートを横向きにして無理やり使っているという人のためにつくられた横向きのノートです。

マインドマップやイメージを広げてまとめたいときは横型のノートのほうが記入がしやすいという人も。自分の考えや、会議で出た案などを記入したりするのに役立つノートです。

ニーモシネ A4横型のノート開いた画像

ふたつのノートを開いてみたところ。1ページ目の黄色い厚紙の裏には、それぞれのノートの特徴が記載してあります。

N181Aは無地で、N180Aは5mm方眼タイプ。罫線は薄いグレーで、コピーやスキャンをしても目立ちにくい色合いです。

ニーモシネ 181無地

N181Aは無地ですが、ページ上部のタイトル欄に薄いグレーの線が引かれています。N180A、N181Aともにリング部分近くに切り取り線があり、ここから切り取ることができます。

『ニーモシネ』のN182A、N183Aをレビュー

ニーモシネ A5 182と183

続いて、A5サイズの横型ノートであるN182AとN183Aをご紹介します。A5(148×210mm)サイズはカバンにいれて持ち運びのしやすいサイズ。外出先などでノートをとるときに便利なノートです。N182Aは5mm方眼、N183Aは無地タイプです。

ニーモシネ A5 182と183開いた画像

ふたつのノートを開いてみたところ。タイトル欄はA4サイズよりも細く、小さくなっているので少し書きにくいです。

ニーモシネ A5 182と183中心部アップ

中心部分を少しアップにしてみました。A4サイズ同様リング手前に切り取り線があります。

『ニーモシネ』の縦型ノートN199Aをレビュー 裏にも罫線がかかれている!

ニーモシネ 199 A4サイズ

N199AはA4サイズの縦型ノートです。7mm間隔で横罫線がひかれています。縦型なので、マインドマップやスケッチのようにイメージを膨らませるというよりは、日記や時系列で考えをまとめたい場合に適しています。

ニーモシネ 199 A4サイズ開いた画像

ノートを開いてみたところ、上部に日付やタイトル欄が広く取られています。

ページを4分割する罫線が引かれているので、項目ごとに書きたいことをまとめたり、短めの日誌を書くこともできますね。

少しわかりにくいですが、ページの中心部分には小さな矢印が印字されてあり、切り離したあと折り曲げるときに役立ちます。

ニーモシネ 199 A4サイズ裏側

最後に『ニーモシネ』のノートパッドN187Aをレビュー

ニーモシネ ノートパッド187

最後に、ノートパッドのN187Aを紹介します。リングノートとは異なり、表紙はボール紙で、上部に3つホチキス止めがしてあります。表表紙の上部には折り曲げて使えるように折れ線があります。

ニーモシネノートパッド 開いた画像

ノートパッドを開いてみました。高級感があるので単なるメモ帳としてつかうのはもったいなく感じてしまいます。薄めの5mm方眼の罫線は、文字や図形を均等に書きたいときに便利ですね。

ニーモシネ ノートパッドミシン目

ページがとじてある部分に隠れていてとてもわかりにくいのですが、ノートパッドにも切り取りができるミシン目があります。

日付やタイトルを書く欄が大きいので、とても見やすく、書きやすいノートです。自分の考えをメモしたり、切り取って誰かにシェアしたり、説明したいときにも重宝します。

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)N180A』

マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A マルマンノートニーモシネA4方眼罫N180A

出典:Amazon

サイズ A4サイズ(235×297mm)
タイプ 横型、特殊5mm方眼罫
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)N181A』

マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A マルマンノートニーモシネA4無地N181A

出典:Amazon

サイズ A4サイズ(235×297mm)
タイプ 横罫、無地
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

maruman(マルマン)『Mnemosyne(N182A)』

マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A マルマンノートニーモシネA5方眼罫N182A

出典:Amazon

サイズ A5サイズ(160×210mm)
タイプ 横型5mm方眼罫
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)N183A』

マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A マルマンノートニーモシネA5無地N183A

出典:Amazon

サイズ A5サイズ(160×210mm)
タイプ 横罫、無地
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)N187A』

マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A マルマンノートパッドニーモシネA4方眼罫N187A

出典:Amazon

サイズ A4サイズ(314×210mm)
タイプ 特殊5mm方眼罫
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)N199A』

マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A マルマンノートニーモシネ7mm罫A4N199A

出典:Amazon

サイズ A4サイズ(297×235mm)
タイプ 特殊メモリ入7mm横罫
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

『ニーモシネ』はアイデアを広げるのにふさわしい ビジネスマンにおすすめのノート!

ニーモシネレーダー

『ニーモシネ』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ニーモシネ』のリングノートとノートパッドを手にとってみて、機能性&紙質ともにワンランク上のノートであることがわかりました。

紙質が非常によく、万年筆でもスラスラ書けるので、ビジネスシーンでの利用に適しています。切り離して自分以外の誰かに渡すときも便利なうえに、その紙質のよさに驚かれることでしょう。

書き殴り用というよりは、自分の頭で浮かんだ考えや構想をキレイに残しておきたいというときや、ここぞというときの会議やプレゼン、目上の人や顧客に説明するときなどに役立ちます。万年筆でも文字を書きやすいのでキレイな字でノートをとりたい人にもぴったりです。

なお、『ニーモシネ』には、今回ご紹介したリングノートやノートパッドのほかに、手のひらサイズでポケットにも入るリングメモ、スケジュールなどを書き込めるダイアリーもあります。
リングノートやノートパッドと併用して、仕事を効率化してみてはいかがでしょうか。

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)N193A』

マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット マルマンメモニーモシネ横罫A7N193A10冊セット

出典:Amazon

サイズ A7変型(115×60mm)
タイプ 5mm横罫
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

maruman(マルマン)『Mnemosyne(ニーモシネ)MND 283-21』

マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり マルマンニーモシネ手帳2021年A5マンスリーブラックMND283-212021年1月始まり

出典:Amazon

サイズ A5サイズ(210×155mm)
タイプ ダイアリー
用紙素材 国産筆記用紙MPS800

そのほかのノートに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:伊藤、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ブギーボードおすすめ7選|書いて消せる! 便利な電子メモ帳

ブギーボードおすすめ7選|書いて消せる! 便利な電子メモ帳

ボタン操作ひとつでスッと消える、ペーパーレスで環境にもやさしい電子メモパットのブギーボード。アメリカで2010年1月に発売され、日本では同年10月にキングジムが輸入販売を開始しました。ここでは、文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部で選ぶ、ブギーボードのおすすめ7選をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


原稿用紙のおすすめ11選|縦書きも横書きも! 文字数やサイズから選ぶ

原稿用紙のおすすめ11選|縦書きも横書きも! 文字数やサイズから選ぶ

作文や小論文など、意外と使い道の多い原稿用紙。縦書きタイプの400字詰めだけではなく、200字詰めや横書きタイプなどさまざまな商品が発売されています。最近では、無料ダウンロードやWordで作成することもできますが、事前に用意したほうがやっぱりラクです。この記事では、monoライター・杉浦 直樹さん監修のもと、原稿用紙の選び方とおすすめ商品を紹介します。原稿用紙の間違えやすい書き方や通販サイトの売れ筋ランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!


トラベラーズノートおすすめ12選|カスタマイズして自分だけのノートを作ろう!

トラベラーズノートおすすめ12選|カスタマイズして自分だけのノートを作ろう!

トラベラーズノートは「毎日を旅するように過ごす人のためのノート」というコンセプトのもとに生まれた、デザインフィルの革製手帳です。手帳との違いは、カスタマイズを含む自由度の高さ。旅先はもちろん日常のなかでも自由に使うことができます。ここでは、トラベラーズノートの選び方とおすすめ商品をご紹介。ノートをより使いやすくするアクセサリー3選も一緒に紹介します。記事後半では、ヤフーショッピングの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


エンディングノートおすすめ15選|終活と向き合うために!書き方がわかるものも

エンディングノートおすすめ15選|終活と向き合うために!書き方がわかるものも

「終活」が注目を集めるにつれて、家族や大切な人へのメッセージ、葬儀の要望、重要書類の整理などをエンディングノートでまとめようとお考えの方も多いのではないでしょうか。コクヨなどの文具メーカーのものをはじめとして、さまざまなエンディングノートが販売されていますが、意外と種類が多く、どのように選べばいいか困ってしまうこともあるでしょう。本記事では、ライフアレンジニストの有賀照枝さんへの取材をもとに、エンディングノートの選び方と、おすすめの商品15選をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年1月はじめ】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ22選|自作タイプや月間、週間タイプまで紹介!

【2021年1月はじめ】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ22選|自作タイプや月間、週間タイプまで紹介!

バイブルサイズのシステム手帳は、持ち運びにもちょっとしたメモにも便利。リフィルを変えることでいろいろな使い方ができます。この記事では、文房具の専門家に取材し、バイブルサイズ手帳のリフィルの選び方からおすすめ商品まで紹介します。無地や自作で書き込むタイプ、週間、月間まで人気商品を集めました。さらに、Amazonや楽天、ヤフーのシステム手帳リフィル売れ筋ランキングも掲載しています。最後までお見逃しなく!


関連するブランド・メーカー


maruman(マルマン)

新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る