爽やかでどんなシーンでも飲みたい! 『ヨービック』ヨーグルト風味や飲みやすさを検証レビュー

爽やかでどんなシーンでも飲みたい! 『ヨービック』ヨーグルト風味や飲みやすさを検証レビュー

2014年発売と、比較的ルーキーな『ヨービック』。ネットで見て気になっている人も多いのではないでしょうか? 試してみたくて口コミを見てみても、なんだかイマイチわからない…と余計悩んでしまうこともありますよね。そこで今回は実際に購入して、『ヨービック』の紹介からいい口コミ・悪い口コミをもとに、味や特徴などを検証しました。ぜひ参考にしてみてくださいね!


謎のドリンク!? 『ヨービック』を飲んでみた

ヨービックとコップ

『ヨービック』はお店で見かけることも少なく、いったいどんな飲み物なのか気になりますよね。

『ヨービック』という名前からして、飲むヨーグルト系なのかな……? それとも、『ビックル』みたいなイメージなの……? など、それぞれに受ける印象は異なるかもしれません。

また、パッケージには、ローヤルゼリーやオリゴ糖などの成分の記載もあり、飲んでみたいと思ってるひとも多いのではないでしょうか。

そこで、実際に飲んで味や他の商品との違いを検証しました!

『ヨービック』はこんな飲み物だった!

『ヨービック』は、ダイドードリンコより2014年に発売されました。乳酸菌以外にもオリゴ糖、ローヤルゼリー、はちみつといった成分を配合。爽やかで、適度な酸味の乳性飲料に仕上げているそうです。

サイズは280mlのみの一種類。ゴクゴクと飲めるよう、サイズや飲みやすさも考えられているということです。

『ヨービック』の口コミや評判は? いい口コミ・悪い口コミを調査!

ヨービック口コミ

まずは、実際飲んでみたひとの口コミにはどのようなものが多いのかを見ていきましょう。気になる口コミをまとめてみました。

『ヨービック』の悪い口コミ

甘みが強く、喉が乾いているときには飲まないといった声がありました。水分がほしくなってしまうという声も。

『ヨービック』のいい口コミ

ローヤルゼリーやはちみつが入っているのがお気に入り、ヨーグルト風味で爽やか、おいしいという口コミが多数見られました。

その他に、甘すぎなくて後味もよく飲みやすいという声もありました。甘みは人によって意見が分かれるところなので、検証する時はしっかり他の商品と比較したいと思います!

『ヨービック』を実際に試してみたレビュー

『ヨービック』含め、ほか6商品の乳酸菌入りの飲料

今回は『ヨービック』含め、6商品の乳酸菌入りの飲料を購入し、飲み比べています。『ヨービック』がどんな味なのか、人によって差がある甘みについても検証!

特に、同じ清涼飲料水の部類に入っている『ビックル』と『ぐんぐんグルト』との違いも気になるところ。他の商品と比較して、いろいろな項目を5段階で評価してみました。

ヨービック手持ち画像

『ヨービック』の280mlを購入してみました。女性の手でも収まる小さめサイズで、持ち運びもしやすい大きさですね。

ヨービックパッケージ裏

「オリゴ糖・ローヤルゼリー・はちみつ」がしっかりと入っています。オリゴ糖は『ビックル(ミルクオリゴ糖)』にも入っていますが、ローヤルゼリーとはちみつは、今回検証した他の5商品には入っていない成分なので、『ヨービック』の特徴といえますね!

『ヨービック』の味を細かく検証!

グラスに入ったヨービック

果たして、『ヨービック』はどんな味なのか、口コミにもあった甘みや風味についてもじっくり味わってみました。

一口飲むと、ふわっとヨーグルトのような爽やかな風味に包まれます。ヨーグルト感が強いのではなく、あくまで爽やかというところがポイントです。それぞれ項目ごとに、その他の5商品と比較していきます。

甘み

ヨービックのキャップを開けている画像

比較的甘みがある『ぐんぐんグルト』と同じくらいですが、ヨーグルト風味で爽やかなので甘みはそれほど強くはありませんでした。6商品のなかで、中間くらいの評価です。

口コミにもあった甘さは確かにありますが、「飲みやすい! 」というのが第一印象で、これなら280mlを仕事の合間に飲み干してしまうほどでした。

酸味

ヨービックのボトルとグラスに入ったヨービック

酸味は、6商品のなかでも少ない方に入ります。ヨーグルト風味ながら、『ぐんぐんグルト』のように甘酸っぱくはありませんでした。ヨーグルトはあくまで風味だという印象です。

香りの強さ

ヨービックをグラスに注いでいる画像

香りの強さは、他の商品と比較すると高くもなく低くもない中間地点の評価です。香りも、ヨーグルトのような香りがして爽快です。

後味のよさ

空になったグラスとヨービックのボトル

『ぐんぐんグルト』の後味のよさにはおよびませんが、後味がよく口に残りにくいと感じました。他の商品は口に残る感じが強いものが多かったです。

今回検証した6商品のなかでは、『ヨービック』は後味がいい方であると思います。

濃度

グラスに入った二つのヨービックとボトル

濃度が低く、爽やかさが群を抜いています。検証した6商品のなかで、一番低い濃度となりました。ヤクルト系ではなく、『カルピス』のような印象。乳酸菌入り飲料の濃厚さが好きな人には、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

爽やかさ

グラスに入ったヨービッックのアップとボトル

爽やかさは、6商品のなかで一番高く感じました。『ヨービック』の特徴といっても過言ではないと思います。

濃度が薄く、後味がよく、ヨーグルト風味。他の乳酸菌入り飲料との差がしっかりある商品だと感じました。もう一回買いたくなってしまう、そんな飲みやすさがありました!

『ヨービック』におすすめのアレンジ方法はこれ!

乳酸菌入り飲料は、氷を入れて冷たくして飲みたくなる時もありますよね。

しかし、『ヨービック』は濃度が低め。簡単にいえば他の商品より薄めだから、氷が溶けてしまうと薄くならないか心配です。そんな時におすすめなアレンジ方法を発見したのでご紹介します。

ヨービックで作った氷

その名も「ヨービック氷」。よく、アイスコーヒーを薄めないようにコーヒーで氷を作りますが、『ヨービック』でもぜひ試してみてください。

ヨービック氷をグラスに入れた画像

氷だけでもおいしそうです。普通の氷のようにカチカチに固くないので、まるでシャーベットのよう。ひとつ口に含めば、甘く爽やかな味とシャリシャリの触感で、思わず次に手が伸びてしまいます。

ヨービック氷入りのヨービック

これなら、最後までおいしく楽しめます。前日の夜、製氷機に入れて凍らせるだけなので簡単ですよ。

DyDo(ダイドー)『ヨービック』

ダイドーヨービック280gPET×24本入

出典:Amazon

容量 280ml
原材料 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂粉乳、発酵乳(殺菌)、ガラクトオリゴ糖液糖、はちみつ、デキストリン、ローヤルゼリーほか
アレルギー品目 乳、大豆

『ヨービック』はヨーグルト風味で飲みやすい!

ヨービックレーダー

『ヨービック』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ヨービック』は、ヨーグルト風味で比較的濃度が低く、爽やかで飲みやすいことが特徴でした。以上の点とサイズ感をふまえると、こんな時に飲みやすいのではないかと思います。

・仕事やスポーツなど、何かの途中で飲みやすい
・頑張った後、ちょっとひと息つきたいとき

また、女性にもおすすめ。

・小腹がすいた時のおやつ代わり
・ランチ
・ドライブ
・通勤時

などに、さまざまなシーンにお供として持っていくのはいかがでしょうか?

実際『ヨービック』を試してみて、日常に手軽に取り入れることができることはもちろん、アレンジが楽しめるなど、心がウキウキする商品だと感じました。

そのほかの乳性飲料に関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:丹羽、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クリスマスノンアルコールドリンクおすすめ16選&ランキング|シャンメリーも

クリスマスノンアルコールドリンクおすすめ16選&ランキング|シャンメリーも

クリスマスには特別な料理を食べるという人が多いのではないでしょうか。特別な料理には特別な飲み物を合わせたくなりますよね。そんなときにぴったりなのが、みんなで楽しめるノンアルコールドリンクです。この記事では、ソムリエ・利き酒師/株式会社ケトル女将の岩倉久恵さんと編集部が厳選したクリスマスノンアルコールドリンクのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。


粉末アサイースムージーおすすめ9選|鉄分やポリフェノールが豊富【ダイエットに】

粉末アサイースムージーおすすめ9選|鉄分やポリフェノールが豊富【ダイエットに】

料理ライターの横川仁美さんへの取材をもとに、粉末アサイースムージーの選び方とおすすめの商品を厳選! 豊富な鉄分やポリフェノールで知られるアサイーを手軽に摂取できる、粉末アサイースムージー。記事の後半には、Yahoo!ショッピングでの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

抹茶シロップおすすめ11選|かき氷・タピオカ・抹茶ラテなど多用途に使える!

かき氷用や抹茶ラテなどに使われる抹茶シロップ。抹茶好きの方も、お家でカフェの味を再現したり楽しめる便利なアイテムのひとつです。ここでは、抹茶シロップの選び方と、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が容量・素材別に厳選したおすすめ11選をご紹介します。お気に入りの抹茶シロップを買って、気軽に家でも抹茶メニューを楽しんでみましょう!


カフェラテベースおすすめ11選|無糖・カフェインレス・オーガニックも!

カフェラテベースおすすめ11選|無糖・カフェインレス・オーガニックも!

加糖や無糖、無添加、フレーバーの有無などさまざまな特徴があるカフェラテベース。作り方は超カンタン。オフィスやお家カフェなど、どこでも牛乳を注ぐだけ。おしゃれなセットもあるので、ギフトにもおすすめですよ。ここでは、フードスタイリスト・料理家の江口恵子さんと編集部が厳選したカフェラテベースのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルーベリードリンクのおすすめ12選【おいしくて栄養たっぷり!】無農薬栽培も

ブルーベリードリンクのおすすめ12選【おいしくて栄養たっぷり!】無農薬栽培も

豊富なアントシアニンが含まれ、目の疲れに効果的といわれているブルーベリー。生で食べるのももちろんおいしいですが、ドリンクにしても手軽にその栄養素を取ることができます。本記事では、インナービューティー料理研究家の國塩 亜矢子さんへの取材をもとに、ブルーベリードリンクの選び方とおすすめの商品をご紹介します! 着色料や保存料など添加物不使用の商品も厳選しました。Amazonの人気売れ筋ランキングもあわせて参考にしてくださいね!


関連するブランド・メーカー


DyDo(ダイドー)

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る