初心者でも使いやすい! 『ロイヒトトゥルム バレットジャーナル』のカバーや中身を徹底レビュー!

初心者でも使いやすい! 『ロイヒトトゥルム バレットジャーナル』のカバーや中身を徹底レビュー!

「バレットジャーナル」という手帳術を試してみたいけれど、難しそうだし、どのノートを選べばいいのかわからない! と悩む人もいるのではないでしょうか。そんな悩みを抱えている人にぴったりのノートが『ロイヒトトゥルム バレットジャーナル』というバレットジャーナル専用ノート。これを利用すれば初心者でもラクに、自分の好きなようにタスク&スケジュール管理が出来ますよ。ここでは、『バレットジャーナル』を実際に購入して使用した様子を写真を交えてご紹介します。


『バレットジャーナル』が初心者に選ばれる理由とは

バレットジャーナル本体

「バレットジャーナル」は、学習障害のあるアメリカ人デザイナーのライダー=キャロル氏が考案した、箇条書きでタスクを記録・管理する手帳術。日本でも近年書籍で紹介されたことにより、実践する人が増えています。

今回紹介する『ロイヒトトゥルム・バレットジャーナル』は、「バレットジャーナル」でスケジュールやタスク管理ができるよう、さまざまな工夫がされています。

ほかのノートやビジネス手帳にはない特徴として挙げられるのは、「バレットジャーナル」のタスク管理に必要不可欠な「KEY」の一覧表があるところ。「KEY」は自分で独自のものを作って活用することも可能ですが、『ロイヒトトゥルム バレットジャーナル』に表記されている「KEY」は、ライダー=キャロル氏が考案したものです。

そのため、基本のルールに沿って「バレットジャーナル」を試したい人や、自分で「KEY」をつくるのはニガテな人に適したノートだといえます。

また、『バレットジャーナル』は、各ページにページ番号を振り、「INDEX」(目次)「FUTURE LOG」(年間カレンダー)「MONTHLY LOG」(月間カレンダー)「DAILY LOG」(1日ごとのタスクを書く欄)をつくるという基本ルールがあり、この部分がわかりづらいと感じて挫折してしまう人も多いようです。

しかし、『ロイヒトトゥルム・バレットジャーナル』には、全ページにあらかじめページ番号が振ってあるうえ、「INDEX」(目次ページ)と「FUTURE LOG」(年間カレンダーページ)が用意されているので、はじめてバレットジャーナルに挑戦する人でもノートをつくりやすいでしょう。

『バレットジャーナル』はどんなノート?

『ロイヒトトゥルム・バレットジャーナル』はドイツの伝統的なノートブランド「ロイヒトトゥルム」の商品のなかのひとつ。

バレットジャーナルでは「ラピッドロギング」と呼ばれる方法で、中点「・」(英語ではBullet)を使ってタスクを箇条書きに記載していきます。

『バレットジャーナル』では、中点「・」を打ったり「KEY」を記入しやすくしたりするためにドット方眼を採用しています。ページ数は大容量の240ページ。一年中のスケジュールやタスクを書き込めます。

ノートサイズはA5サイズでやや大きめ。ポケットには入りませんがハードカバー仕様で耐久性にすぐれているので、カバンに入れて持ち運んで使える手帳です。

『バレットジャーナル』の口コミ&評判

バレットジャーナルの口コミ

『バレットジャーナル』の口コミ&評判をインターネット上で調査してみたところ、「バレットジャーナル」にはじめて挑戦する人や、「バレットジャーナル」を活用して夢や目標を叶えたい! という向上心の強い人が多く利用していることがわかりました。

『ロイヒトトゥルム・バレットジャーナル』を実際に使用した人の生の声のなかから信ぴょう性の高いものをいくつかご紹介します。

『バレットジャーナル』のいい口コミ

はじめて「バレットジャーナル」に挑戦する人が、イチからノートを作るとなると大変だけれど、このノートには、KEY(もちろん自分で追加も可能)やFUTURE LOGページなどが設定されている。そのためKEYをどうしようか、どう書けばいいのか迷うことがないのがいい。という声が多くありました。

さらにINDEX、ページ番号、ページ用のシールがすでに用意されているのでラクに「バレットジャーナル」を作ることができて便利。目次もあり、ページ数も入っているので、分類や検索も容易に行えるという声も。

「バレットジャーナル」初心者でも、手間をかけずともラクにノートを作るための工夫がされているノートだということがわかります。

『バレットジャーナル』の悪い口コミ

思った以上に紙が薄めで、筆圧が強い方だと裏うつりするかもしれないとの声がありました。また、値段の割には紙質がイマイチだという声もちらほら。

後ほどレビューにて詳しく説明しますが、高級ビジネス手帳のような薄くてなめらかな紙質を求めている人には不向きです。

『バレットジャーナル』を徹底レビュー!

今回ご紹介するのは、『バレットジャーナル』のブラックカラーのノートです。サイズはA5版です。

バレットジャーナル本体

『バレットジャーナル』の外観。表紙に「BULLET JOURNAL」と型押しがしてありカッコいい見た目です。表紙はゴムでとめるタイプで中身が開いたり折れたりするのを防げます。

表紙の帯からお察しのとおり、ノートの中身は全て英語表記で、日本語表記は一切ありません。帯には『バレットジャーナル』の説明書が付属しているのと、しおり紐が3本ついていること、そして、ページ数が記載してあることが小さく記載されています。

『バレットジャーナル』のカバーや紙質、機能性をチェック!

バレットジャーナルカバー

まず、カバーの厚みや質感をチェック。ハードカバーなので曲がったり折れたりはしません。適度に厚みがあり表面はツルッとしていて、水や汚れ、衝撃に強く毎日持ち歩いてもOK。

バレットジャーナル 綴じ部分

綴じ方としおり紐をチェック。しおり紐白、グレー、黒の太めの紐がついています。ノートの綴じ方は糸かがり綴じでどのページもフラットに開いて書きやすく、ページによって書き心地が異なるということはありません。

バレットジャーナル開いた画像

ノート紙の紙質をチェック。紙が薄いことを指摘する口コミがありましたが、他社製品のノートと比較しても厚すぎず、薄すぎずといった印象で、表面もなめらかでした。ペンを走らせるには申し分ない紙質です。

バレットジャーナル ページ番号

ただ、ノート紙の角部分が毛羽立っているページが少しありました。個人差があると思いますが、紙質が荒っぽいと感じる方もいるかもしれません。

また、各ページ角部分にはページ番号がふってあります。後ほど説明しますが、ノートの最初の部分にあるインデックスページに自分の見たいページを記入しておくと、あとで見返すときに便利ですよ。

バレットジャーナルポケット部分

裏表紙の裏側には、丈夫な紙のポケットがついています。ノートをとる際に必要なシールやしおり、メモなどを入れておくのに役立ちます。

バレットジャーナル ラベルシール

ノートを保管するときに役立つラベルシール付。ラベルシールは背表紙にはりつけて題名や年度などを書いておくと、本棚に入れたとき見つけやすくなります。

『バレットジャーナル』の使い方は? 実際の使用レビュー

ノートのとり方が、イマイチわからない……という人のために、手帳やノートをとるのがニガテな筆者が、実際に『バレットジャーナル』を試してみました。

バレットジャーナル  「KEY」の一覧表

まず、表紙裏側を見ると、ノートをつくるために必要不可欠な「KEY」の一覧表があります。この「KEY」を「DAILY LOG」(1日のタスク管理をするページ)でそのまま使っていけば、「バレットジャーナル」初心者の人でもかんたんにタスク管理をすることができます。

もちろん、自分で思いついた独自のKEYをここに書き記して、使うことも可能です。

「KEY」の意味は以下のとおりです。

「・」タスク(To Doリストなど)
「ー」Note(メモ、思いついたことや、実行するかどうかわからないこと)
「○」Event(誕生日のタスクなど、とくに大事な予定)
「*」Priority signifier(重要なイベント!)
「取り消し線」Irrelevant(不必要になったタスク)

タスクを箇条書きするときに、タスクの前に「・」を入れるのですが、完了したり、予定を先送りしたりしたときに、以下のマークを「・」の部分に書きこみます。

「×」Completed(完了・終了したことを表す)
「>」Migrated(タスクを明日または近日中に移行したことを表す)
「<」Scheduled(翌月以降の未来に予定を移したことを表す)

バレットジャーナル「DAILY LOG」

「KEY」は「DAILY LOG」ページでタスクを記入・管理するときに使います。これは筆者が『バレットジャーナル』を使用しはじめたばかりのころの「DAILY LOG」。『バレットジャーナル』のルールに則り、完了したタスクには「×」先送りしたタスクには「>」、不必要となったタスクには取り消し線を入れてみました。

『バレットジャーナル』で日々のタスク管理をおこなうことにより、どのようなタスクをしっかりとその日にこなせたのか、先送りしがちになるのかが、ひと目でわかるようになります。

バレットジャーナル 「INDEX」

「バレットジャーナル」は、ノートの最初のページに目次ページをつくるというルールがあります。『ロイヒトトゥルム バレットジャーナル』でも、最初のページに「INDEX」とかかれた目次をつくるための横罫のページがあり、自分でページ数や項目を書きやすいです。

「INDEX」(目次ページ)は通常、ある程度ノートを書き込んでからつくるのですが、筆者は最初にどんなことをノートにまとめたいのか、あらかじめ設定しておいたほうがやりやすいタイプだったため、おおまかに項目だけを書き、ページ数を後から書き足すことにしました。

月々のテーマ&目標と振り返りは、独自にページをつくりました。好みによって、デイリーログをウィークリーログに変更したり、自分の好きな使い方ができるのがバレットジャーナルのいいところですね。

バレットジャーナル 巻末 叶えたいことリスト

スケジュールやタスクの管理だけでなく、やりたいことや叶えたいこと、目標などを記載したかったので、巻末に叶えたいことリストや、理想の自分象、ビジョンボードなどを独自につくってみました。

ページ数が240ページととても多いので、スケジュールやタスクの管理だけでなく目標達成のためのノート術も応用し、活用することができます。

バレットジャーナル 年間カレンダー
バレットジャーナル 年間カレンダー

「INDEX」(目次ページ)の次にあるのが「FUTURE LOG」(年間カレンダーを記載するページ)が4ページあります。うまく罫線を引いて2020年10月〜2021年12月までのカレンダーをつくることができました。

旅行や大切な人の誕生日、子どもの学校のイベントなど、ざっくりと日付がわかっている予定を書き込んでいきます。

バレットジャーナル月間カレンダー

「FUTURE LOG」(年間カレンダー)で1年のおおまかなスケジュールを書いたら、次に「MONTHLY LOG」(月間カレンダー)を書いていきます。

「FUTURE LOG」(年間カレンダー)に記載した事柄を、時間や場所などをさらに細かく書くイメージです。右側にはおおまかなタスクや、誰かに言われたことや指示されたことなどのメモをとる欄にしてみました。

「MONTHLY LOG」(月間カレンダー)を書いたあと、先ほど紹介した「DAILY LOG」をつくっていきます。これを、毎月ごとにつくり積み重ねていきます。

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)『BULLET JOURNAL』

ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルブラック346703正規輸入品

出典:Amazon

サイズ A5サイズ(横14.5×縦21cm)
紙質 上質紙
仕様 見出し用ラベルステッカー、しおり、ポケット

『バレットジャーナル』を使ってみてわかったこと

バレットジャーナルレーダー

『バレットジャーナル』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ロイヒトトゥルム バレットジャーナル』は、手帳やノートをとるのがニガテな人でもルールを守れば記入しやすいノートであることがわかりました。

「KEY」を活用することで日々のタスクややるべきこと、やれなかったことなどを客観視できるので、自分の行動パターンを見直し、今後どう行動すべきかがわかるようになります。

『バレットジャーナル』を使ってバレットジャーナルに挑戦し、日々のタスクを効率よくこなせるようになりましょう!

今回紹介した『バレットジャーナル』のカバーはブラックですが、カバーのカラーバリエーションはブラックの他にもエメラルド、ノルディックブルーの2種類があります。ブラックカラー以外を探しているという人は、そちらもチェックしてみてくださいね。

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)『BULLET JOURNAL』

ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルエメラルド355280正規輸入品

出典:Amazon

サイズ A5サイズ(横14.5×縦21cm)
紙質 上質紙
仕様 見出し用ラベルステッカー、しおり、ポケット

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)『BULLET JOURNAL』

ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品 ロイヒトトゥルムノートA5ドット方眼バレットジャーナルノルディックブルー357675正規輸入品

出典:Amazon

サイズ A5サイズ(横14.5×縦21cm)
紙質 上質紙
仕様 見出し用ラベルステッカー、しおり、ポケット

そのほかのノートに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:伊藤、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ブギーボードおすすめ7選|書いて消せる! 便利な電子メモ帳

ブギーボードおすすめ7選|書いて消せる! 便利な電子メモ帳

ボタン操作ひとつでスッと消える、ペーパーレスで環境にもやさしい電子メモパットのブギーボード。アメリカで2010年1月に発売され、日本では同年10月にキングジムが輸入販売を開始しました。ここでは、文房具ライターの猪口フミヒロさんと編集部で選ぶ、ブギーボードのおすすめ7選をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


原稿用紙のおすすめ11選|縦書きも横書きも! 文字数やサイズから選ぶ

原稿用紙のおすすめ11選|縦書きも横書きも! 文字数やサイズから選ぶ

作文や小論文など、意外と使い道の多い原稿用紙。縦書きタイプの400字詰めだけではなく、200字詰めや横書きタイプなどさまざまな商品が発売されています。最近では、無料ダウンロードやWordで作成することもできますが、事前に用意したほうがやっぱりラクです。この記事では、monoライター・杉浦 直樹さん監修のもと、原稿用紙の選び方とおすすめ商品を紹介します。原稿用紙の間違えやすい書き方や通販サイトの売れ筋ランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!


トラベラーズノートおすすめ12選|カスタマイズして自分だけのノートを作ろう!

トラベラーズノートおすすめ12選|カスタマイズして自分だけのノートを作ろう!

トラベラーズノートは「毎日を旅するように過ごす人のためのノート」というコンセプトのもとに生まれた、デザインフィルの革製手帳です。手帳との違いは、カスタマイズを含む自由度の高さ。旅先はもちろん日常のなかでも自由に使うことができます。ここでは、トラベラーズノートの選び方とおすすめ商品をご紹介。ノートをより使いやすくするアクセサリー3選も一緒に紹介します。記事後半では、ヤフーショッピングの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


エンディングノートおすすめ15選|終活と向き合うために!書き方がわかるものも

エンディングノートおすすめ15選|終活と向き合うために!書き方がわかるものも

「終活」が注目を集めるにつれて、家族や大切な人へのメッセージ、葬儀の要望、重要書類の整理などをエンディングノートでまとめようとお考えの方も多いのではないでしょうか。コクヨなどの文具メーカーのものをはじめとして、さまざまなエンディングノートが販売されていますが、意外と種類が多く、どのように選べばいいか困ってしまうこともあるでしょう。本記事では、ライフアレンジニストの有賀照枝さんへの取材をもとに、エンディングノートの選び方と、おすすめの商品15選をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【2021年1月はじめ】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ22選|自作タイプや月間、週間タイプまで紹介!

【2021年1月はじめ】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ22選|自作タイプや月間、週間タイプまで紹介!

バイブルサイズのシステム手帳は、持ち運びにもちょっとしたメモにも便利。リフィルを変えることでいろいろな使い方ができます。この記事では、文房具の専門家に取材し、バイブルサイズ手帳のリフィルの選び方からおすすめ商品まで紹介します。無地や自作で書き込むタイプ、週間、月間まで人気商品を集めました。さらに、Amazonや楽天、ヤフーのシステム手帳リフィル売れ筋ランキングも掲載しています。最後までお見逃しなく!


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る