『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

『FLEXNOTE』は使いやすい? 気になる使い方&リフィルについても徹底レビュー!

ノートの金具にリングではなくディスクを使った、個性的でスタイリッシュな『FLEXNOTE』。自分にとって使いやすいか、リフィルがどんな感じなのか気になっている人もいるのではないでしょうか? また、『FLEXNOTE』の使い方や活用方法がイマイチわからないと悩んでいる人もいるはず。そこで、ここでは『FLEXNOTE』を実際に購入し、使ってみた様子を写真を交えながらお伝えします。レビューだけでなく、少しわかりづらい組み立て方や、使い方の実例も紹介しています。『FLEXNOTE』について気になっている人は、本記事を参考にしてみてくださいね。


『FLEXNOTE』を実際に購入して使ってみた結果

FLEXNOTEと2種類のレフィル

『FLEXNOTE』の大きな特徴は、ノート紙やカバーを留める金具に、リングではなくディスクと呼ばれる金具を使っている点です。

ディスクはシルバーで小銭とおなじくらいの大きさ。見た目がスタイリッシュなうえにノート紙の取り外しもかんたんで機能性も高いのが特徴です。仕事用のデスクやパソコンの横に置くだけで、その場の雰囲気がガラリと変わる……そんなノートです。

また、リフィルとカバーのカスタマイズ次第で、自分好みのオリジナルノートをつくることが可能。「自分だけのオリジナル」というキャッチフレーズに特別感を抱く人にぴったりなノートだといえます。

そんな『FLEXNOTE』を実際に使ってみたところ、持ち運びがしやすく、作業効率のアップも期待できる、すばらしいノートでした。

『FLEXNOTE』はどんなノート?

『FLEXNOTE』は、東京にある文具メーカー「K-DESIGN WORKS」から発売されているノートです。

カバーとリフィルの大きさは3種類あり、リフィルは1袋に50枚入っています。リフィルの罫線の種類は無地、6.67mm方眼、横罫の3種類があります。

方眼、横罫タイプのリフィルは片面のみ罫線があるタイプと、両面に罫線があるタイプがあり、どちらも価格は変わりません。

カバーとリフィルは別売で、自分の好きなもの選べます。自分に合った自分だけのノートにすることができる点が魅力です。

『FLEXNOTE』の口コミ・評判は?

FLEXNOTE口コミ

『FLEXNOTE』のインターネット上の口コミを調べてみたところ、メモ帳やTODOリストとして使っている人が多いことがわかりました。デザインもおしゃれで質感もよく、ワンランク上のメモ帳を持ち歩きたい人に愛されている印象です。

『FLEXNOTE』の口コミはそれほど多くはありませんでしたが、そのなかから信用できる口コミを抜粋してご紹介します。

ここがいい!『FLEXNOTE』のいい口コミ

「リングではなくディスクを使うのが他社製品にはなく個性的でおしゃれ」 という声がちらほらありました。「持ち歩きやすい」「TODOリストや買い物リストに使える」という声も。

「カフェなど外でPC作業をするときに横におくとおしゃれでテンションがあがる」という人も。ノマドワーカーにも多く愛されていることがわかりました。

ここはイマイチ……『FLEXNOTE』の悪い口コミ

「カバー&リフィルともに値段が高い」という声がちらほらありました。「ディスク(金具)が机などに置くとき当たるのが気になる」という声も。机や家具を傷つけたくない人は注意したほうが良いでしょう。

『FLEXNOTE』の質感&使い方を徹底レビュー!

FLEXNOTE手持ち画像

個性的でスタイリッシュな『FLEXNOTE』。実際に手にとってノートの質感や書き味、組み立て方、使い方を写真を交えながらご紹介していきます。

今回購入し使っていくのは、『FLEXNOTE』のD4(ディスクが4つついているタイプのノート)リサイクルレザーカバーセットと、D4用リフィル2種類です。

『FLEXNOTE』の質感をチェック

ノートの見た目のよさも大事なポイントではありますが、使い心地を左右するカバーやディスク、紙の質感も長く使ううえでは見逃せないポイント。まずは、カバー(表紙&裏表紙)の質感をチェックしていきます。

FLEXNOTE表紙

こちらは表紙。合成皮革ではありますが、牛革繊維が70%ほど入っていることもありなめらかで高級感を感じられる質感です。

FLEXNOTE表紙を曲げている画像

合成皮革なので、やわらかくしなやかに曲がるのでめくりやすいです。ほどよく弾力性があり、折れ曲がりにくいです。

FLEXNOTE裏表紙

こちらは裏表紙。プラスチック製で硬く、表紙とは異なり固く曲がりにくいです。そのため、ノートを持ったまま、立ったままなにかを記入しやすいですよ。

FLEXNOTE ディスクを指においている画像

『FLEXNOTE』の大きな特徴ともいえるディスクをチェック。小銭くらいの大きさで、スタイリッシュなデザインです。このディスクに表紙とリフィルをひっかけて使います。

FLEXNOTE レフィル(方眼タイプと無地タイプ)

D4サイズ用のリフィル2種類。6.67mm方眼タイプと無地タイプです。色は、コピー用紙とおなじ白色です。

FLEXNOTE 方眼リフィルをめくっている画像

やや厚めで、質感は表面なめらかですべすべしています。

今回購入した方眼リフィルは裏面は無地ですが、両面に罫線がかかれているものもあります。罫線ははっきりとしたグレー色で、透け感のあるシールやペンを使うと線が見えてしまいます。

FLEXNOTE カバーとリフィルをディスクに取りつけたところ

カバーとリフィルをディスクに取りつけたところ。パラパラとめくりやすいです。

『FLEXNOTE』の書き味は?

毎日使うノートだからこそ、手持ちの筆記用具での書き心地や書き味が気になりますよね。さまざまな筆記用具を使って、リフィルに文字を書いていきます。

FLEXNOTE 方眼レフィル試し書き

リフィルにシャープペン、ボールペン、鉛筆、油性ペン、水性ペンを使って文字を書いてみました。蛍光マーカーで線もひいてみました。

紙の表面がなめらかなので、どの筆記用具でも書き心地はよかったです。マーカーや色ペンの発色も良好ですが、万年筆のインクがほんのわずかですが、にじんでしまいました。

FLEXNOTE レフィル裏面

気になる裏うつり、書き跡チェック。万年筆と油性ペンがにじんではいるものの、紙が厚いので次ページにはうつっていません。書き跡もボールペンは少しだけ残ったものの、ほかの筆記用具では書き跡も目立ちませんでした。

この写真だとわかりにくいですが、水性ペンでも本当にすこしだけにじんでいました。にじみには若干弱いです。

『FLEXNOTE』の組み立て方

『FLEXNOTE』は、ディスクとよばれる金具にカバーとリフィルを取りつけ、組み立てて使うのですが、正直取り付けに手間取りましたので、動画にて取り付け方を紹介してみましたので、是非ご覧ください。

文章でも写真を交えて組立て方をお伝えします。動画を見るのが面倒な人は記事を読みすすめてみてくださいね。

FLEXNOTE ディスクをつけている画像

まず、ディスクを裏表紙にひっかけていきます。裏表紙は固いので、慣れるまでは取りつけにくいので注意しましょう。

FLEXNOTE 裏表紙にディスクを4つつけた画像

裏表紙にディスクを4つつけ終わったところです。次に、リフィルをつけていきます。

FLEXNOTE レフィルをつけている画像

まずは10枚ずつ無地のリフィルをつけていきます。リフィルは柔らかい紙質ということもあり取り付けしやすかったです。

リフィルを取り付ける際、一度に取り付けられる枚数は10枚前後。それ以上の枚数を取り付けようとすると取り付けにくいうえに穴の部分が折れ曲がって、あとで外れやすくなってしまいます。

FLEXNOTE 無地のリフィル取り付け後

無地のリフィル10枚を取り付けたところ、次に方眼リフィルを取り付けていきます。

FLEXNOTE 方眼リフィル10枚を取り付けているところ

方眼リフィル10枚を取り付けているところ。無地のリフィル同様取り付けはしやすいです。取り付けるリフィルの種類や枚数などは、ご自身の用途に合わせて自由に決めてくださいね。

FLEXNOTE 方眼リフィル取り付け後

方眼リフィルをつけ終わったところです。ディスクとリフィルの組み合わせが本当にスタイリッシュですね。

FLEXNOTE 表紙をつけている画像

最後に合成皮革でできた表紙をつけていきます。表紙は柔らかい素材なので取り付けはラク。ここまでくればノートの完成はもうすぐです!

FLEXNOTE レフィルを装着した本体画像

『FLEXNOTE』が完成しました! シンプルでスタイリッシュな見た目です。ページの継ぎ足しや取り外しもあとから容易にできます。

FLEXNOTE 手に持って横から見た画像

ディスクにカバーをリフィル2種類(全部で100枚)を取り付けたところ。個性的&高級感のあるノートができあがりました。

『FLEXNOTE』の使い方実例

『FLEXNOTE』の使い方に悩んでいる人もそれなりに多かったので、SNSやブログで使い方を調査した結果、TODOリストや買い物リストなど、日々のタスク管理に役立てている人が多くいました。

『FLEXNOTE』で作ったTODOリスト

それらを参考に、『FLEXNOTE』でTODOリストをつくり、商売道具であるパソコンの横に置いて使ってみました。パソコンの横においても絵になるデザイン。カフェなど外で作業をするときもおしゃれなのでテンションがあがります!

FLEXNOTE 買い物リスト

TODOリストとは別のページに買い物リストも作成してみました。ふと思い出したときにサッと書き出せるうえに、いざ買い物へいく時にはリスト切り離して持っていけるので、本当に便利です。

K-DESIGN WORKS『FLEXNOTE RECYCLED LEATHER COVER SET D4』

FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D4/ブラック FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D4/ブラック FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D4/ブラック FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D4/ブラック FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D4/ブラック FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D4/ブラック

出典:Amazon

サイズ D4サイズ(123×163 mm )
素材 リサイクルレザー、 PPシート、アルミニウムディスク
タイプ ディスクバインド方式

K-DESIGN WORKS『D4 REFILL』

FLEXNOTE専用リフィル-D4無地 FLEXNOTE専用リフィル-D4無地 FLEXNOTE専用リフィル-D4無地 FLEXNOTE専用リフィル-D4無地 FLEXNOTE専用リフィル-D4無地 FLEXNOTE専用リフィル-D4無地 FLEXNOTE専用リフィル-D4無地

出典:Amazon

サイズ D4サイズ(120×160mm)
素材 FSC 森林認証紙
タイプ 無地(方眼、横罫もあり)

『FLEXNOTE』はちょっとしたメモに使いやすいノート!

『FLEXNOTE』レーダー

『FLEXNOTE』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『FLEXNOTE』は、用途や自分の好みに合わせてリフィルをつけたり外したりできる、スタイリッシュで使い勝手のいいノートであることがわかりました。

持ち運びやすく、リフィルの取り外しも簡単なので、忙しい毎日のなかでやるべきタスクやひらめきをメモするのに適しています。

日々のToDoリストをしっかりとまとめたい人。思いついたアイデアや用事を書き留めておきたい人。やるべきことを忘れやすい性格をなんとかしたいという人は、このノートを活用してみてはいかがでしょうか。

『FLEXNOTE』には、今回紹介したD4タイプの他にも、ディスクが7つついているD7タイプやディスクが3つでさらに小さく持ち運びに便利なD3タイプがあり、それぞれのサイズのカバーとリフィルも販売されています。

サイズの異なる『FLEXNOTE』もみてみたいという人は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

K-DESIGN WORKS『FLEXNOTE RECYCLED LEATHER COVER SET D7』

FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D7/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D7/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D7/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D7/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D7/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D7/ネイビー

出典:Amazon

サイズ D7サイズ(213×163mm)
素材 リサイクルレザー、 PPシート、アルミニウムディスク
タイプ ディスクバインド方式

K-DESIGN WORKS『D7 REFILL』

FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D7横罫/片面印刷

出典:Amazon

サイズ D7サイズ(210×160mm)
素材 FSC 森林認証紙
タイプ 横罫(方眼、無地もあり)

K-DESIGN WORKS『FLEXNOTE RECYCLED LEATHER COVER SET D3』

FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D3/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D3/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D3/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D3/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D3/ネイビー FLEXNOTEリサイクルレザーカバーセット-D3/ネイビー

出典:Amazon

サイズ D3サイズ(93×163 mm)
素材 リサイクルレザー、 PPシート、アルミニウムディスク
タイプ ディスクバインド方式

K-DESIGN WORKS『D3 REFILL』

FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷 FLEXNOTE専用リフィル-D3方眼/片面印刷

出典:Amazon

サイズ D3サイズ(90×160mm)
素材 FSC 森林認証紙
タイプ 方眼(横罫、無地もあり)

そのほかのノートに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:伊藤、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】ノートおすすめ37選|勉強やビジネスで使いやすい商品を紹介!

【2020年版】ノートおすすめ37選|勉強やビジネスで使いやすい商品を紹介!

この記事では、教育・受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、2020年版ノートおすすめ商品をご紹介します。学生の勉強用だけでなく、ビジネスシーンでも活躍する使いやすいノートなど、種類やタイプも豊富です。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


方眼ノートおすすめ24選【A4、A5】かわいい&安い!デザインにも注目!

方眼ノートおすすめ24選【A4、A5】かわいい&安い!デザインにも注目!

方眼ノートには、方眼の大きさや方眼罫の濃さ、中紙の綴じ方や表紙の材質など種類がさまざまです。この記事では数ある方眼ノートの中から、厳選した商品を紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


勉強用ノートおすすめ17選【学生も社会人も】サイズや罫線など選ぶポイントも解説

勉強用ノートおすすめ17選【学生も社会人も】サイズや罫線など選ぶポイントも解説

勉強用ノートは授業の予習復習や資格勉強など、多様な場面に利用できる便利なアイテムです。勉強用ノートは、デザインだけでなく綴じ方やサイズまでさまざま。ここでは、SRP教育研究所所長の伊丹龍義さんに取材し、勉強用ノートの選び方とおすすめ商品17選をご紹介します。用途に合わせて、自分にピッタリのノートを選んでくださいね。


文房具おすすめ21選|リモートワークや在宅学習に便利! 年代別にご紹介

文房具おすすめ21選|リモートワークや在宅学習に便利! 年代別にご紹介

2020年もさまざまな文房具が各メーカーから開発・発表されました。文房具屋さん大賞やグッドデザイン受賞のかんたん・便利・かっこいい文房具などが豊富です。この記事では文房具研究家の秋月千津子さんに、いま注目すべき文房具をメーカーの動向や、対象年齢別(小学生・中学生・高校生・大学生・社会人向け)のおすすめ商品を教えてもらいました。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。


自由帳のおすすめ11選│かわいいキャラクターの表紙もチェック!

自由帳のおすすめ11選│かわいいキャラクターの表紙もチェック!

文房具ライターへの取材をもとに、おすすめの自由帳を厳選してご紹介します。 子どもが好きなキャラクターが表紙のノートから、シールやコラムなどのおまけ付きで楽しめるもの、学習意欲を高めてくれるものも。自由帳は幼児から小学生低学年、高学年まで幅広い世代の子どもが使いますが、年代にあったものを選んであげるのも大切ですよ。また、最近でも大人にも活用されています。想像力が豊かになる自由帳をぜひ使ってみてください!


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る