記事種別: article type icon レビュー

『マークス手帳』はどんな手帳? カバー&中身を徹底レビュー!

『マークス手帳』はどんな手帳? カバー&中身を徹底レビュー!

『マークス手帳』はどんな手帳なのか、カバーや中身が気になっている人もいるのではないでしょうか。『マークス手帳』が自分にとって使いやすい手帳であるかどうか、購入する前にわかればいいのにと思っている人も多いはず。

この記事では、2021年度の『マークス手帳』を実際に購入し、気になるカバーや手帳の中身を写真を交えつつ徹底レビューしました。この記事を参考に、『マークス手帳』を購入するかどうかを判断していただければ幸いです。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
吉川 優美

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。時短につながる日用品や、生活の質を上げてくれるモノを探すのが趣味の主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、ECサイトで魅力的な商品を探すのが日課となっている。

◆本記事の公開は、2020年11月25日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

2021年版『マークス手帳』を手にしてわかったこと

マークス手帳パッケージ入り

『マークス手帳』はシンプルで見やすく記入もしやすい手帳で、スケジュールをわかりやすく記載したい人にぴったりな一品。とくにビジネスシーンでの使用に適しています。

手帳の中身は月間カレンダー、週間カレンダーが多くをしめており、内容はとてもシンプル。どちらも月曜始まりでビジネスの予定も立てやすいです。

重量も軽いうえに表紙&手帳用紙ともに丈夫なので毎日持ち歩きやすく、毎日使用してもかんたんにはヘタりません。

いまどきの手帳にありがちな英語表記の比重が高い手帳ではありますが、祝日や六曜などは日本語で表記されています。縁起のいい日にちや祝日の名前を知りたいときにすぐわかって便利です。

2020年12月はじまりなので、年末を迎える前から今年の予定や目標を書き込んで来年に備えることができますね。

『マークス手帳』とは?

 

『マークス手帳』は手帳をはじめとした文房具メーカーであるマークスから発売されている手帳のひとつ。

月間カレンダー、週間カレンダーともに月曜はじまり。2020年12月から使えてページ数は192ページです。重量は203gと比較的軽めで、紙製ハードカバーで汚れやキズ、衝撃にも強いです。

カバーは取り外し不可。小さなポケットが裏表紙の裏側にひとつついています。手帳のサイズはB6変形、A6の2種類。今回ご紹介するのはB6変形サイズ・マグネットタイプ開閉タイプの手帳です。

マグネットタイプの『マークス手帳』のカラーバリエーションはブラック、カーキ 、ラメゴールドの3種類ですが、マグネットタイプではない『マークス手帳』も多く販売されていて、たくさんの色柄のものがあります。

『マークス手帳』の口コミ・評判

マークス手帳口コミ

『マークス手帳』の口コミ・評判をインターネット上で独自に調べてみたところ、使い勝手と耐久性の高さが気に入り、長年愛用している人が多く存在していることがわかりました。

『マークス手帳』の愛用者の口コミを、いい口コミから悪い口コミまで集めてみました。参考にしてみてください。(※今回はマグネットタイプの口コミのみをピックアップしています。)

『マークス手帳』のいい口コミ ここがよかった!

大きすぎず、小さすぎず持ち歩くのに丁度よいサイズ。マグネットで止められるので知らないうちにカバンの中でぐちゃぐちゃにならず、キレイに使えるという声が多くありました。

表紙がしっかりとしているため、1年間毎日使用してもへたらないなど、耐久性を評価する声もありました。手帳の機能面や扱いやすさを評価する口コミが多かったです。

『マークス手帳』の悪い口コミ ここはイマイチ……

ペンをさすところがないのが不便という声もありました。マグネットの磁力が思った以上に強く、爪にジェルしているとあけにくいという声も。

あとに記載しますが、マグネットの磁力は女性である筆者が試しに使ってみたところ、そこまで強くは感じませんでした。長過ぎる爪や凝ったネイルアートをしていなければ問題なく開けられる磁力の強さです。

『マークス手帳』を実際に購入して使ってみました

今回購入したのは、B6変形サイズのマグネットタイプの『マークス手帳』。気になるカバーや中身の様子を写真を交えつつレビューしていきます。

レビューを参考に、『マークス手帳』が自分に合っているかどうかを判断してみてくださいね。

『マークス手帳』のデザイン&カバーはどうなっている?

マークス手帳表紙

『マークス手帳』の外観。黒地のカバーに大きな白い文字で来年の西暦「21」とかかれています。シンプルながらも目立つデザインです。

マークス手帳表紙を開いている画像

この手帳は開き方が独特で、表紙右側部分のふたを写真のように手で開いて使います。手に持っているふたの部分にはマグネットが埋め込まれていて、ふたを閉じるとピタリと閉まります。

このマグネット式のふたがジェルネイルをしていると開けにくいという口コミがありましたが、力をかけることなくかんたんに開けられました。ネイルをしていても、よほどゴテゴテしたネイルアートをしていない限りはネイルが剥がれる心配はありません。

マークス手帳表紙を開いている画像②

カバーはハードカバーで固く、厚みがあり衝撃から中身を守ります。表面はツルッとしているので汚れにくいです。

マークス手帳 綴じてある面アップ

手帳の綴じ方としおりひもをチェック。水色とブラックのしおりひもが一品ずつついています。

綴じ方は丈夫で開きやすい糸かがり綴じを採用。どのページも開きやすく記入がしやすかったです。手帳の紙質は、手帳用紙としては厚めでノート紙のような感触。筆圧の高い人でも書きやすい印象。

マークス手帳 背表紙のポケット

カバー裏をチェック。小さなポケットが背表紙にひとつだけついています。多くの書類や小物を手帳に収納することは難しいですね。

『マークス手帳』の中身をチェック!

『マークス手帳』の中身はどんな感じなのか、自分にとって使いやすいかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

気になる手帳の中身をチェックしていきます。

マークス手帳年間カレンダー

手帳を開いてすぐあるのが、2020〜2022年までの3年カレンダーと、21年度の年間カレンダー。年間カレンダーの記載欄は小さめですが、大まかな予定や行事などは書き込めるので、1年の流れがつかみやすいです。

マークス手帳 月間カレンダー

年間カレンダーの次にあるのが月間カレンダー。月曜始まりで、「大安」や「仏滅」などの六曜や祝日は日本語で記載されています。各週の右側にはメモ欄があり、週間目標などを書き込めます。月間カレンダーは2020年12月分から2022年1月分まであります。

マークス手帳 週間カレンダー

月間カレンダーのあとは週間カレンダーに。バーチカルではなく、横書きタイプのカレンダーです。右側のページはメモ欄になっていて、予定や目標、その週に起きた出来事などをメモすることができます。週間カレンダーは2020年12月〜2021年12月分までです。

マークス手帳 メモ欄

週間カレンダーのあとには、メモ欄が30ページ続きます。手帳のサイズも少し大きめでページ数も従来の手帳にくらべ少し多いので、いろいろなことを書き込むことができます。

マークス手帳 巻末

巻末には郵便料金や年齢早見表、都市部の地下鉄マップ、ネットサービスのID&パスワードを書き込めるページなどもありました。ビジネスシーンで役立つ情報が書き込めるのはうれしいですね。

『マークス手帳』には住所録はありませんでした。住所録がほしい人は別冊でつくっておく必要があります。

MARK'S(マークス)『マークス手帳2021 マグネット21』

手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV 手帳2023スケジュール帳ダイアリー2022年12月始まり週間レフトA6変型マグネット23マークスアイボリー23WDR-AHF01-IV
出典:Amazon この商品を見るview item
サイズ B6変型(185×125×12mm)
重量 203g
記入欄 マンスリーページ:ブロック式 、ウィークリーページ:週間レフトタイプ

『マークス手帳』はビジネスシーンでの使用に最適!

マークス手帳レーダー

『マークス手帳』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『マークス手帳』はデザインも中身もシンプルで扱いやすく、ビジネスにおけるスケジュール管理に適した手帳です。

軽くて持ち運びもしやすく、ハードカバーで汚れにも強く丈夫なつくり。クールなデザインで男女問わず使えます。

見た目がシンプルで日本語表記もあり見やすく、手帳用紙も厚めなので、とっさにスケジュールや六曜を確認したり、メモをするときにも重宝します。

その分、毎日の日記をたくさん書いたり、イラストや絵を交えた日記が好きな人には不向き。夢リストやお気に入りのものを書くようなスペースもないのでプライベートについてを書き込みたい人には物足りない印象でした。

2021年のビジネスの相棒になる手帳をどれにしようか迷っているという人は、『マークス手帳』を選んでみてはいかがでしょうか。

なお、今回ご紹介したマグネットタイプの『マークス手帳』には、B6変形サイズのほかに、少し小さめのA6変形サイズの手帳も発売されています。B6サイズだと大きすぎるという人は、そちらもチェックしてみてくださいね。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 手帳の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの手帳の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:手帳ランキング
楽天市場:手帳ランキング
Yahoo!ショッピング:手帳(文具)ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかの手帳に関する記事はこちら 【関連記事】

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部