デイパックおすすめ7選【軽量で防水も】通勤・通学から登山にまで使える!

(グレゴリー)GREGORY (新ロゴ) バックパック デイパック DAY PACK 日本正規品 ブラック ggy16-036-black
出典:Amazon

登山やレジャー、スポーツだけでなく、背中を彩るタウンユース向けのアイテムとして注目されているのがデイパック。リュックサックよりもタウンユース向けの傾向が強いため、容量は比較的コンパクトなものが多いのが特徴です。おしゃれなデザイン性の高いものから人気のリュックメーカーや高級ブランドまでご紹介します。

この記事では、デイパックのおすすめと選び方をご紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

「デイパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Dell(デル)『Dell Pro バックパック 15(PO1520P)』
CHUMS(チャムス)『エコハリケーンデイパック2』
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)『Big Apple Backpack』
JanSport(ジャンスポーツ)『SUPERBREAK(T501)』
THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)『BCヒューズボックス2』
GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『デイパック(NM71952)』
商品名 Dell(デル)『Dell Pro バックパック 15(PO1520P)』 CHUMS(チャムス)『エコハリケーンデイパック2』 Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)『Big Apple Backpack』 JanSport(ジャンスポーツ)『SUPERBREAK(T501)』 THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)『BCヒューズボックス2』 GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『デイパック(NM71952)』
商品情報
特徴 パソコンやガジェット類をスマートに持ち運べる 独創的なデザインとすぐれた耐久性を両立 シンプルながらも耐久性にすぐれた逸品 シアトル生まれの定番モデルのデイパック 15インチノートPC対応で荷物管理の容易さが魅力 動き回っても疲れないフィット感 人気ブランドのレトロなデイパック
素材 1680D防弾ポリエステル ポリエステル ナイロン 600Dポリエステル 1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、1680Dナイロン ナイロン、ポリエステル 100%リサイクルポリエステル
サイズ 幅31×奥行16×高さ43.5cm 幅30×奥行12×高さ45cm 幅29×奥行12×高さ40cm 幅33×奥行21×高さ42cm 幅33×奥行15×高さ46cm 幅29×奥行12×高さ45cm
容量 - 18L 25L 30L 24L 22L
重量 780g 390g 440g 約300g 1,010g 700g 約655g
カラー ブラック Black、Forest Green、Navy、Red、Tree、Flamingo、ほか9色 Black、Red、Navy、D.Navy グレー、ホワイト、ネイビー、ブラック、スパニッシュティール、アクアダッシュ、サンセットストライプほか ブラック、サミットゴールド、TNFレッド、TNFブルー、ヒーローパープル、ブリティッシュカーキ、ほか10色 グラファイトグレー、フレームブラック、レフレックスブルー ネイビーライトヘザー、ブラックほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月22日時点 での税込価格

デイパックとは 1日分の収納ができる

 

デイパックとは、1日分の荷物を持ち運ぶのにちょうどいい小型のリュックのこと。一般的なリュックサックよりも容量が小さめで、コンパクトなのが特徴です。

軽量や防水、パソコン収納ポケットつきなど、機能性も充実。通勤・通学から、登山やキャンプといったアウトドアに対応したものまで、各メーカーからさまざまなデイパックが販売されています。

主要メーカーをチェック! グレゴリーやノースフェイス

長く愛用するならお気に入りのメーカーやブランドで購入するのもひとつの手です。人気メーカーを4つご紹介します。

Gregory(グレゴリー)

 

1977年にアメリカ・カリフォルニア州で誕生したグレゴリー。登山用などアウトドア向けバックパックを専門に製造するブランドです。創業者のウェイン・グレゴリー氏は、バックパックのフィッティングを重要視しており、快適な背負い心地、フィット感、機能性をつねに追求し続けています。

グレゴリーのバックパックは、ブラックを基調としたシンプルなデザインが多い印象ですが、なかには迷彩柄や花柄といった個性的な柄を起用したものもあります。

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)

 

ザ・ノース・フェイスは、テントや寝袋といった登山用品から、ウェア、バッグ、シューズまで幅広く手掛けるアメリカ発のアウトドアブランド。過酷なアウトドアシーンに対応したアイテムだけでなく、タウンユース向けも豊富に展開しています。

ザ・ノース・フェイスのデイパックは、カラーバリエーションもデザインもさまざまなのが特徴。ふだん使いを意識したおしゃれなデイパックが多くそろっています。

patagonia (パタゴニア)

 

ARC'TERYX(アークテリクス)

アークテリクスは、カナダで生まれたアウトドアブランド。厳しい条件下での登山やロッククライミング、トレイルランニングにも対応した本格仕様のアウトドアアイテムを数多く手掛けています。

アークテリクスのバックパックは、高機能なのが大きな特徴です。軽量で丈夫なだけでなく、高い防水性まで備えたタウンユースモデルも販売されています。

デイパックおすすめ7選 通勤通学やお出かけに

ここからは、おすすめのデイパックをご紹介します!

Dell(デル)『Dell Pro バックパック 15(PO1520P)』

DellProバックパック15PO1520P DellProバックパック15PO1520P DellProバックパック15PO1520P DellProバックパック15PO1520P DellProバックパック15PO1520P DellProバックパック15PO1520P DellProバックパック15PO1520P

出典:Amazon

パソコンやガジェット類をスマートに持ち運べる

パソコンメーカーとして知られるDellの商品。スーツ姿で背負っても違和感を与えないシックなデザインです。

メインコンパートメントを含め4層式のような構造になっているのが特徴的。最大15インチまでのノートPC、出張用衣類、小物類など、荷室ごとにアイテムを整理できます。衝撃性にすぐれた素材を使うことでPCを保護していたり、内部にモバイルバッテリーのケーブルをとおすための穴が設けられていたりするなど、パソコンメーカーならではのこだわりも魅力です。

CHUMS(チャムス)『エコハリケーンデイパック2』

[チャムス]リュックEcoHurricaneDayPackIIネイビー [チャムス]リュックEcoHurricaneDayPackIIネイビー [チャムス]リュックEcoHurricaneDayPackIIネイビー [チャムス]リュックEcoHurricaneDayPackIIネイビー

出典:Amazon

独創的なデザインとすぐれた耐久性を両立

柄やカラーのバリエーションがとても豊富。比較的シンプルなものから思わず目を引くカラフルなものまで、自分好みのデザインがチョイスできます。

生地だけでなく、ジッパーの引き手など細部までこだわったデザインが魅力的です。軽量で丈夫な素材を採用するなど耐久性も考慮されている点はさすがアウトドアブランドといったところ。タウンユースはもちろん、ハイキングやキャンプにも役立ちそうです。

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)『Big Apple Backpack』

[[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック [[マンハッタンポーテージ]ManhattanPortage]正規品【公式】BigAppleBackpackバックパックMP1210ブラック

出典:Amazon

シンプルながらも耐久性にすぐれた逸品

丸みのあるシルエットのシンプルなデザインに、ワンポイントで配置されたマンハッタンポーテージのロゴがアクセント。通常のナイロンよりも強度の高いコーデュラナイロンを素材に採用しているため、耐久性にすぐれています。

A4サイズが収納可能。メインコンパートメントだけでなく、フロントポケットもダブルジッパー式で開閉が便利です。また、フロントポケットはマチつきなので小物類の管理がしやすいでしょう。

JanSport(ジャンスポーツ)『SUPERBREAK(T501)』

ジャンスポーツリュックスーパーブレイクT50125Lバックパック(ブルーストリークT501-5CS) ジャンスポーツリュックスーパーブレイクT50125Lバックパック(ブルーストリークT501-5CS) ジャンスポーツリュックスーパーブレイクT50125Lバックパック(ブルーストリークT501-5CS)

出典:Amazon

シアトル生まれの定番モデルのデイパック

ジャンスポーツのデイパックのなかでも不動の人気を誇るヒット商品。ベーシックなスタイルながら、軽量で使い勝手がいいのが特徴です。デイパックとしての基本性能がいいのが、長い間人気を保持する理由なのかもしれません

14インチ程度のPCやA4ファイルなどがらくらく入る口の大きいメインコンパートメントや、肩へかかる荷重が分散しやすいパッドが備わったショルダーストラップ、オーガナイザーつきのフロントポケットなど、ベーシックな安心感が魅力です。

カラーリングの豊富さもとにかく圧倒的で、毎年のように新色が追加されるので目が離せません。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)『BCヒューズボックス2』

[ザノースフェイス]リュックBCヒューズボックス2NM81817サミットゴールド [ザノースフェイス]リュックBCヒューズボックス2NM81817サミットゴールド [ザノースフェイス]リュックBCヒューズボックス2NM81817サミットゴールド [ザノースフェイス]リュックBCヒューズボックス2NM81817サミットゴールド

出典:Amazon

15インチノートPC対応で荷物管理の容易さが魅力

スクエアフォルムのボックス型シルエットが特徴的。メインコンパートメント(荷室)の開閉口がとても大きく、収納した荷物を見渡せて出し入れしやすいのが魅力です。15インチまで収納可能なPCスリーブを備えています。

サイドポケットやフロントポケットもあるので、小物類の管理に便利。ボディに大々的に配置されたノースフェイスのロゴがアイコニックです。

GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』

[グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE [グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE [グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE [グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE [グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE [グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE [グレゴリー]バックパックリュック公式ミウォック24現行モデルREFLEXBLUE

出典:Amazon

動き回っても疲れないフィット感

アウトドア系のバックパックを数多く手がけるグレゴリーの商品。トレイル向けに開発されたデイパックですが、タウンユースにも気軽に使えるシンプルなデザインが特徴です。

ショルダーベルトに加えてヒップベルトも備えているので、身体を包むようなフィット感が得られるでしょう。背面部分はメッシュになっていて通気性も考慮されています。ヒップベルトポケットにはスマホやコンパクトカメラを収納できて便利です。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『デイパック(NM71952)』

[ザノースフェイス]リュック/バッグDaypackデイパックNM71952TNFネイビーライトヘザー [ザノースフェイス]リュック/バッグDaypackデイパックNM71952TNFネイビーライトヘザー [ザノースフェイス]リュック/バッグDaypackデイパックNM71952TNFネイビーライトヘザー [ザノースフェイス]リュック/バッグDaypackデイパックNM71952TNFネイビーライトヘザー [ザノースフェイス]リュック/バッグDaypackデイパックNM71952TNFネイビーライトヘザー

出典:Amazon

人気ブランドのレトロなデイパック

人気アウトドアブランド、ザ・ノース・フェイスのクラシカルなデイパックです。容量は22Lで、普段使いにぴったり。13インチまでのラップトップPCスリーブがあるので、通勤や通学にも便利です。

素材は600デニールのリサイクルポリエステルを使用し、耐久性の高さも魅力です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする デイパックの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのデイパックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:デイパック(35リットルまで)ランキング
楽天市場:バックパック・リュックランキング
Yahoo!ショッピング:リュックサック、デイパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

デイパックの選び方 素材・デザイン・ポケット数など

手に提げたデイパック

Photo by Scott Webb on Unsplash

デイパックを選ぶときのポイントをご紹介します。素材やデザインだけでなく、収納力や防水機能などもチェックしておきましょう。

使用する場所と目的で選ぶ

通勤、通学、登山など目的に合わせてデイパックを選ぶ基準が変わります。ポイントを抑えて、あなたにあったデイパックを見つけてくださいね。

通勤用にはパソコン専用の収納があるタイプを

 

仕事でパソコンを持ち運ぶ機会が多い方には、パソコン専用の収納スペースがついたデイパックがおすすめです。パソコンをすっきり収納できるうえに、キズや衝撃から守ってくれます。

また、利便性を重視するなら、USBポートつきのデイパックを選ぶのもいいでしょう。事前にモバイルバッテリーを繋げておけば、デイパックを背負ったままスマホやタブレットの充電が可能です。

通学にはフタが大きく開く収納力を

 

通学用には、収納力があって荷物を出し入れしやすいデイパックが便利。フタが大きく開くタイプなら、教科書やノートをさっと取り出せて、しまうときもスムーズです。メインポケットに仕切りがないタイプを選べば、洋服や大きな荷物もまとめて収納できます。

もちろん、カラーやデザインも大事なポイント。ふだんの通学ファッションとのコーディネートを意識して選びましょう。

登山などのアウトドアには通気性を重視

 

登山やトレッキングといったアウトドア用なら、デイパックの機能性に注目しましょう。とくに、背負いやすさ通気性は大事なポイントです。

ウエストベルトつきなら、腰でも支えられるため安定感が増します。荷物の重さが分散されて、疲労感を軽減してくれるのもメリットです。

また、デイパックを長時間背負っていると、背中の部分が蒸れたり汗をかいたりしやすくなります。背面にメッシュ素材を使用するなど、通気性をよくするための工夫がほどこされたデイパックがおすすめです。

用途に合わせて素材を選ぶ

 

ザ・ノース・フェイス『シャトル デイパック』

デイパックを持ち歩くシーンをイメージして、素材を選びましょう。耐久性のあるナイロン生地やレザーなどの高級生地などさまざまです。

耐久性のある軽量タイプは【ナイロン・ポリエステル】

 

ナイロンやポリエステル素材のデイパックは、軽くて丈夫なのが特徴です。摩擦に強く、耐久性にすぐれているため、登山やトレッキングといったアウトドア向けのデイパックにも多く採用されています。

軽くて使いやすいので、通勤や通学用にもぴったり。ふだん使いしやすいおしゃれなデザインのものも多く販売されています。

カジュアルな雰囲気には【ファブリック】

布製のバックパック
Pixabayのロゴ

ナチュラルであたたかみのある素材感。

ファッション性を重視したいなら、ファブリック素材のデイパックがおすすめです。布が持つ素朴でやわらかな風合いが、ラフなコーディネートとよく合います。デニムなどのカジュアルファッションとも相性バッチリです。

ただし、ファブリック素材は水に濡れると色褪せや色移りしやすいため要注意。雨の日にはデイパックが濡れないようにレインカバーを利用しましょう。

通気性があって、丈夫な【オックスフォード】

Pixabayのロゴ

オックスフォードとは、縦糸と横糸を2本ずつ一緒にそろえて平織りにした生地のこと。ソフトで通気性があり、丈夫なのが特徴です。

オックスフォードは、織目がはっきりしていて光沢があり、上質な雰囲気を感じさせます。ブラックやグレーといったダークカラーのデイパックであれば、スーツとの相性もよく、通勤用としても活躍してくれるでしょう。

高級感のある【レザー】

Pixabayのロゴ

高級感のあるレザー素材のデイパック。スーツをはじめとするフォーマルなスタイルにもよく合います。本革は使い込むほどに味が出て、風合いの変化が楽しめるのが魅力。長く大切に愛用したい方にぴったりです。

ただし、本革は擦れやキズに弱く、シミができるとなかなか落ちません。また、革クリームやスプレーなどで定期的なお手入れが必要です。手間なく気軽に使いたい方は、合皮を選ぶといいでしょう。

パソコンやタブレットなどを持ち運ぶなら防水・撥水だと安心

 

パソコンやタブレットといった電子機器を持ち運ぶ際、水濡れにはとくに気をつけたいものです。雨風が強いと、傘をさしていても濡れてしまうことがあるので、できるだけ防水・撥水加工のデイパックを選びましょう。

雨天時には、撥水ナイロンゴアテックスなど水を弾く生地を使用したデイパックが役立ちます。生地だけでなく、ファスナー部分にも防水・撥水加工がほどこされたデイパックもあるので、ぜひチェックしてみてください。

メインの収納サイズと構造も確認

 

メインの収納、つまりメインコンパートメントの構造がどうなっているのかを吟味するのは、デイパック選びの基本です。フラップのカバーがあるものは、取り出し口がカバーされているので、雨などの水濡れには強い構造。しかし、中身を取り出すのにカバーを開けるという手間があります。

全体が大きなファスナーのものは出し入れがかんたんですが、防水処理がなされていないジッパーだと、雨で中身が濡れる心配も。ファスナーの側面がカバーになっているタイプはその点心配ありません。自分が持っている電子機器のサイズとメイン収納のサイズが合っているかどうか。同時にウレタンなどのクッションがあるかどうかも確認したいですね。

ポケットの数を確認することは重要

 

[ザ・ノース・フェイス] リュック BCヒューズボックス 2 メンズ ブラック

デイパックは日常的な外出に便利なものですから、ふだん持ち歩くものをどこに収納するのかを購入前に考えるようにしましょう。

とくに便利なのは、ペットボトルのホルダーや、スリット式の出し入れがかんたんなポケット。そこにスマホや交通系ICカード、チケット類などを入れておけば出し入れが便利です。

また、海外旅行時に便利なのは、カバーがついたパスポートなどを入れるポケット。これがあると本当に便利ですよ。

デイパックならではのギミックが意外に便利

 

Dell Pro バックパック 15 PO1520P

デイパックはクライマーのためのバッグとして生まれたものなので、未だにその名残がデザインとして残っている製品も多いのが特徴。

たとえば革パッチの「ブタ鼻」(デイパックの上部についている皮製のひし形のパッチ)はピッケルを引っかけるためのもの。短いループもハンマーなどを引っかけるためのパーツです。いまならそこにカラビナやヒモなどをつけて、頻繁に使用する定期や、鍵などをぶら下げておくと便利ですよね。

クラシックなデザインのパーツは、外側にあるツールホルダーと考えればいいでしょう。

デイパックに関するQ&A よくある質問

デイパックは洗えますか?

洗えます。まず中のホコリやゴミを取り除き、汚れが目立つ箇所は洗濯用中性洗剤とブラシ、スポンジを使って部分洗いをしておきます。次に、水を張った洗濯おけに中性洗剤を投入し、デイパックを沈ませて押し洗いします。汚れが落ちたらすすいで逆さ干ししてください。

デイパックの処分方法を教えてください。

デイパックの処分方法は、「ゴミとして処分」「ネットオークションやフリマに出品」「買取り業者に売る」などがあります。ゴミとして処分する場合は、金具付きのまま燃えるゴミとして出せるようです。取り外せる場合は、取り外して処分してください。

デイパックやリュックに関するそのほかのおすすめ 【関連記事】

女性は20L、男性は30L程度がおすすめ

デイパックの容量は、20~30Lほどが主流です。体に対して小さすぎる、あるいは大きすぎるものを選ぶとバランスが悪くなってしまうので、自分にとってちょうどいいサイズを見極めることが大事です。女性や小柄な方なら20L、男性や身長が高い方なら30Lをひとつの目安として選ぶといいでしょう。

容量とあわせてメインポケットの仕切りもチェックしておきたいポイントです。入れたい物がきれいに収まるデザインかどうか、きちんと確認しておきましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


ウェストポーチのおすすめ17選|ザ・ノース・フェイスやポーターなど

ウェストポーチのおすすめ17選|ザ・ノース・フェイスやポーターなど

腰につけたり、肩にかけたり、斜めがけしたり、いろいろな持ち方ができるウェストポーチ。最近では、各ブランドがおしゃれで使い勝手がいいアイテムを販売しています。タウンユースや旅行用のサブポーチなど、さまざまな用途で使えるので、ひとつ持っておくと便利。この記事では、スタイリストの高橋禎美さんと編集部が、選び方とザ・ノース・フェイスやポーターなど厳選したおすすめウェストポーチをご紹介します。

tag icon メンズウエストバッグ , レディースバッグ , メンズバッグ

【2022年】メンズボディバッグおすすめ38選|ポーターなど人気ブランドからハイブランドまで!

【2022年】メンズボディバッグおすすめ38選|ポーターなど人気ブランドからハイブランドまで!

ファッションライター平格彦さんへの取材をもとに、メンズボディバッグのおすすめ商品や選び方などをご紹介します。おしゃれに役立つメンズボディバッグをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。

tag icon メンズウエストバッグ , メンズバッグ , メンズファッション

ロールトップバックパックおすすめ13選|防水・ビジネスで使えるモデルも

ロールトップバックパックおすすめ13選|防水・ビジネスで使えるモデルも

アウトドアでもタウンユースでも使える汎用性の高い「ロールトップバックパック」。開口部を丸めるデザインなので、ふだん目にするバックよりもインパクトがつよく、コーデのアクセントにもなります。アディダスやポーターをはじめ、大きさや素材、防水性能など、さまざまな商品があります。本記事では、ロールトップバックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon レディースリュック・バックパック , メンズリュック・バックパック , レディースバッグ

最旬メンズ向け黒バックパック 通勤や通学でも使える!

最旬メンズ向け黒バックパック 通勤や通学でも使える!

手軽で便利なバックパックはいくつあっても欲しくなってしまうアイテムです。この記事では人気のアウトドアブランド、スポーツブランドのものからスタンダードでシンプルなタイプまで、タウンユースとしても通勤や通学でも使えるメンズ向け黒バックパックのおすすめ商品を紹介します。

tag icon メンズリュック・バックパック , メンズビジネスバッグ , ZOZOTOWN

リュックからボディバッグまで!ノースフェイスのおしゃれバッグ特集

リュックからボディバッグまで!ノースフェイスのおしゃれバッグ特集

大人気のアウトドアブランド、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)。デイリーユースのおしゃれアイテムとしても幅広い支持を集めています。この記事では、ノースフェイスのバッグを大特集!定番のリュックからおしゃれなボディバッグまで、人気商品を集めました!

tag icon レディースリュック・バックパック , メンズリュック・バックパック , メンズビジネスバッグ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。