【折りたたみリュック】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説!

【折りたたみリュック】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説!
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターが選ぶ折りたたみリュック5選をご紹介します。旅行やハイキングなど、移動先で小回りのきくリュックがあると便利ですよね。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんに、折りたたみリュックを選ぶ際に注目すべきポイントやおすすめの商品についてお話をうかがいました。ザ・ノース・フェイス、アークテリクス、カリマー、オスプレーなどアウトドアブランドを中心に商品を紹介しています。最後に売れ筋ランキングも掲載していますので、こちらも参考にしながら自分のニーズにぴったりのリュックを見つけてください。


折りたたみリュックの選び方|アウトドアライターが解説!

アウトドアライターの夏野 栄さんに、折りたたみリュックを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。どれも商品選びの参考になるポイントですので、一読しておきましょう。

崖の端に腰を下ろし海の写真を撮る女性
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コンパクトで楽に持っていける折りたたみリュックがあれば、旅先での機動力があがります。

携帯性から選ぶ

作家/アウトドアライター

折りたたみリュック「パッキングできるリュック」のもっとも重要な要素といえば、その収納性です。移動した先でリュックを使いたいという根本ニーズに対し、いかにコンパクトに、あるいは効率的にパッキングして持ち運ぶことができるかという点をはじめにチェックしましょう。

多くの該当商品は「パッカブル(折りたたみ可能)」という言葉で収納性について記載されていますが、その表記がない商品についてもパッキングすることが可能なリュックもあります。リュックがパッキングできるかどうかを判断するポイントとしては、背面部分にフレームやプレートがない、もしくは外せるという点が判断基準となります。

オスプレー『ウルトラライトスタッフパック』

内蔵ポーチに丸々収納できてコンパクトなうえに90gという軽さで携帯性抜群!

>> Amazonで詳細を見る

用途・容量から選ぶ

作家/アウトドアライター

ここはリュックを選ぶ限りすべて共通の項目です。まずは「何に使うか?」を考え、持参したい道具を想定し、合致する容量のザックを選びます。

とはいえ、パッカブルなリュックの場合、コンパクトに携帯できるという特性から、通常20L以下程度の容量のリュックがメインのラインナップとなります。そのリュックの性能を最大限発揮させると考えた場合、大は小を兼ねません。荷物量にマッチしたサイズのリュックがベストです。用途を考え、必要な荷物を運ぶのにマッチした容量のリュックを選びましょう。

機能面から選ぶ

作家/アウトドアライター

パッカブルを想定したリュックは基本的にシンプル設計です。もっとも重要な要素である「携帯性」を確保するため、多くの商品は通常のリュックに比べ機能面や快適性を削られています。通常のリュックよりも大幅に機能が少ないという特徴があるため、移動先で少しでも快適に使うためには機能面のチェックも欠かせません。

水分補給のためのハイドレーションやツールループなど、使用するうえで、もし外せない機能がある場合には、はじめに確認する必要があります。機能の少ないリュックが多いものの、なかにはハイドレーション対応だったり一般的な機能の多くを備えたリュックも存在します。

シートゥサミット『ウルトラシルドライデイパック』

パッカブルでありながら防水性能が強化されたデイパック。突然の雨でも心強い。

>> Amazonで詳細を見る

折りたたみリュックおすすめ5選|アウトドアライターが厳選

ここまで紹介した折りたたみリュックの選び方のポイントをふまえて、夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ザ・ノースフェイス『グラムバックパック』

出典:Amazon

用途 ライトハイク、トラベル
容量 28L
重量 400g
サイズ H50×W28×D16cm
折りたたみ時のサイズ -
カラー ブラック、シルトグレー、ニュートープ、ブリティッシュカーキ
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

パッカブルなのに大容量で機能面も充実

ノースフェイスのこちらはパッカブルとしては大容量の28L、重量は400gです。28Lザックで400gという重さを考えると、パッカブルとはいえ優秀なウルトラライトザックといってもいいバランスです。またクッション性のある厚手のショルダーハーネスにくわえ、フロントとサイドのメッシュポケットやツールループなど、パッカブルとは思えないほど機能面も充実しています。

パッカブルのグラムシリーズには、こちらのバックパックよりも容量の少ない『グラムデイパック』もあります。機能面でもデザイン面でもパッカブルを感じさせない作りこみなので、携帯用だけでなく常用もしたいという方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アークテリクス『インデックス 15 バックパック』

アークテリクス『インデックス 15 バックパック』

出典:Amazon

用途 ハイキング、トラベル、通勤、タウンユース
容量 15L
重量 220g
サイズ H43×W24×D15cm
折りたたみ時のサイズ -
カラー Black、Robotica、Bushwhack、Iliad
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

15Lながら街でも活躍する高い収納性

アークテリクスのパッカブルリュックは15Lと小ぶり。別途の収納袋があるわけではなく、ザックのフロントポケットで飲み込む方法でコンパクトにパッキングできます。

「インデックス」シリーズらしく、効率的に荷物へアクセスできる高い収納性を備えているため、荷物の出し入れが多い旅行のサブザックやタウンユースにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カリマー『マース パネルロード18』

出典:Amazon

用途 ピークハント、フェス、キャンプ、トラベル
容量 18L
重量 290g
サイズ H43×W26×D20cm
折りたたみ時のサイズ H20×W20cm
カラー Mustard、Navy、Black
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

完成度が高く日常使いにも対応

カリマーにもコンパクトに収納できるリュックがあります。折りたたみリュックの場合、まずはウェストベルトの有無が気になるところですが、こちらはウェストベルトだけでなく、チェストストラップも装備しています。ショルダーハーネスも厚みとクッション性があり、折りたたみリュックとしては上位の背負い心地です。

さらに荷物のブレを防ぐサイドコンプレッションベルトやキーフックといった充実の機能面。快適かつカジュアルな素材感のリュックなので、サブザックとしてだけでなく、タウンユースや日常使いにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オスプレー『ウルトラライトスタッフパック』

出典:Amazon

用途 ハイキング、ショッピング
容量 18L
重量 90g
サイズ H42×W22×D19cm
折りたたみ時のサイズ H11×W11×D5cm
カラー エレクトリックライム、シャドーグレー、ポピーオレンジ、トロピックティール
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

シンプル設計ながらじゅうぶんな機能でわずか90g

世界で信頼されるザックブランド、オスプレー。こちらのパッカブルリュックは容量18Lでわずか90gという軽さ。シンプル設計ですがペラペラではなく、しっかりしたショルダーハーネスでサイドポケットも装備、実用面で不自由のないじゅうぶんな機能性です。

さらにロープライスという優秀さ。さまざまなシーンでの携帯用としてはもちろん、登山でのアタックザックとしてもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シートゥサミット『ウルトラシルドライデイパック』

出典:Amazon

用途 -
容量 22L
重量 110g
サイズ H45×W28×D18cm
折りたたみ時のサイズ H6×W12cm
カラー Sky Blue、Lime、Black
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

防水性に優れたパッカブルデイパック

シートゥサミットには注目すべきパッカブルリュックが数点あります。なかでもこちらはパッカブルなリュックとしては珍しく、防水面を強化したリュック。独自の軽量素材ウルトラシルをベースに、ダブルステッチと高密度シームテープによるシーリングで防水性を向上。さらにパッカブルザックとしては珍しくロールトップ仕様という妥協のなさで防水面が注力されています。

素材と機能面にこだわるシートゥーサミットらしいキャラの立ったアイテムです。また22Lの容量で110gという軽さも大きな魅力のひとつです。ほかのラインナップであるウルトラシルデイパック、ウルトラシルナノデイパックもそれぞれに個性があり要チェックです。

「折りたたみリュック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ザ・ノースフェイス『グラムバックパック』
アークテリクス『インデックス 15 バックパック』
カリマー『マース パネルロード18』
オスプレー『ウルトラライトスタッフパック』
シートゥサミット『ウルトラシルドライデイパック』
商品名 ザ・ノースフェイス『グラムバックパック』 アークテリクス『インデックス 15 バックパック』 カリマー『マース パネルロード18』 オスプレー『ウルトラライトスタッフパック』 シートゥサミット『ウルトラシルドライデイパック』
商品情報
特徴 パッカブルなのに大容量で機能面も充実 15Lながら街でも活躍する高い収納性 完成度が高く日常使いにも対応 シンプル設計ながらじゅうぶんな機能でわずか90g 防水性に優れたパッカブルデイパック
用途 ライトハイク、トラベル ハイキング、トラベル、通勤、タウンユース ピークハント、フェス、キャンプ、トラベル ハイキング、ショッピング -
容量 28L 15L 18L 18L 22L
重量 400g 220g 290g 90g 110g
サイズ H50×W28×D16cm H43×W24×D15cm H43×W26×D20cm H42×W22×D19cm H45×W28×D18cm
折りたたみ時のサイズ - - H20×W20cm H11×W11×D5cm H6×W12cm
カラー ブラック、シルトグレー、ニュートープ、ブリティッシュカーキ Black、Robotica、Bushwhack、Iliad Mustard、Navy、Black エレクトリックライム、シャドーグレー、ポピーオレンジ、トロピックティール Sky Blue、Lime、Black
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする 折りたたみリュックの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの折りたたみリュックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:折りたたみリュックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

アウトドアライターの「ここがポイント」|折りたたみリュックで機動力アップ!

作家/アウトドアライター

パッカブルなリュックというと中途半端なイメージをもたれがちですが、パッキングサイズがどんどん小さくなり、機能面でもキャラの立ったアイテムが登場しています。

旅行やアウトドアで往来の荷物を運ぶバッグとは別に、散策にマッチするサイズのリュックがあると、現地での機動力が大幅にアップします。またサブバッグとして職場や車などに常備しておくと、急な荷物ができたときにも便利でおすすめです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/01/14 コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


ベースボールキャップのおすすめ21選【メンズ・レディース】ニューエラなどのブランドも!

ベースボールキャップのおすすめ21選【メンズ・レディース】ニューエラなどのブランドも!

性別問わず幅広い世代から親しまれるベースボールキャップ。おしゃれ度をぐんと上げてくれるファッションアイテムですが、さまざまな種類がありどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、ベースボールキャップの選び方と、メンズもレディースも使えるおすすめ商品を21選ご紹介します。


バンズのおすすめスニーカー11選【メンズもレディースも】オールドスクールやコラボアイテムなど

バンズのおすすめスニーカー11選【メンズもレディースも】オールドスクールやコラボアイテムなど

スケーター以外にもさまざまな年齢層や男女共に支持を得ているバンズのスニーカー。どんなコーディネートにも合わせやすいシンプルなデザインが特徴で、1足持っておくとなにかと便利です。カラーバリエーションや柄もの、さらにはコラボモデルも豊富で、いざ購入したいというときに迷ってしまうことでしょう。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、バンズのスニーカーの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。


地下足袋おすすめ16選 |ふだんに履ける!おしゃれスニーカー足袋も紹介!

地下足袋おすすめ16選 |ふだんに履ける!おしゃれスニーカー足袋も紹介!

今回は地下足袋を選ぶポイントと、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選んだ、おすすめ地下足袋を16商品紹介します。足底はゴム製で、足先が二股にわかれてフィット感があって作業がしやすい地下足袋。農作業用や建築業用、祭り用などたくさんの商品があってどれを選んだらいいかわからない人も多いと思います。履く場面によって選ぶ地下足袋の種類も変わってきます。用途別に紹介していくので、購入するときの参考にしてくださいね。


ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

ハードクーラーボックス11選┃アウトドアやキャンプに【保冷力抜群!】

キャンプやバーベキュー、海水浴や釣りなどあらゆるアウトドアで活躍するハードクーラーボックス。コールマン、イグルー、キャプテンスタッグなどさまざまな企業が商品を製造・販売しています。そのため、どれを選べばいいか分からないと悩む方も少なくないようです。そこで今回は、ハードクーラーボックスの選び方とおすすめの11商品を、アウトドアライターのSAMさんと編集部がご紹介します。ぜひあなたの用途にあったものを見つけてくださいね!


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る