トレイルランザックおすすめ8選|軽量・高機能などタイプ別に紹介

トレイルランザックおすすめ8選|軽量・高機能などタイプ別に紹介


ランニングや登山人気から火がつき、山や森のなかを駆け抜けるトレイルラン。ウェアやシューズのほか、最小限の行動食や水分、防寒具などを収納するのに欠かせない「トレイルランザック」。登山と同様に山や森では、万一の場合に備える必要があります。

しかし、サロモンやグレゴリーといった人気メーカーをはじめ、リュック・ベスト型など機能や種類はざまざま。何を選べばいいか迷ってしまいますよね。

本記事では、トレイルランザックを選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。


ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

トレイルランザックの機能性

トレイルランザックを背負ってトレイルランニングをする男性の後ろ姿

Photo by Brian Erickson on Unsplash

山や森を走り回るトレイルランはアップダウンが激しく、行動食や水分などを一般的なバックパックに入れていると背中で揺れて走りづらくなってしまいます。トレイルラン用に体へのフィット感を重視して設計されたトレイルランザックなら、背中の揺れが解消され、より快適に走ることが可能になります。

また、ハイドレーションシステムを備えたり、ボトルを取り出しやすいホルダーがショルダーストラップの2カ所ついていたりと、とても便利で機能的。トレイルランだけでなく、登山用やロードでの長距離ランニングなどにも重宝するでしょう。

トレイルランザックの選び方


それでは、トレイルランザックの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】走る距離や季節で容量
【2】リュック型かベスト型か
【3】水分補給がしやすい設計


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】走る距離や季節で容量をチェック


トレイルランザックの容量は商品によって異なります。大きすぎると走るのに邪魔になるため、必要最低限のサイズを選ぶことが重要です。走る距離や季節に合わせて、必要なトレイルランザックの容量をご紹介していきます。

▼一般的なトレイルランなら10~15Lが目安

幅広く使えるトレイルランザックを探している方には、10~15Lほどの商品がおすすめ。トレイルランに必要な装備といえば、行動食、水分、防寒具、応急手当キットなどです。また、天候や季節に応じてレインウエアや防寒具、さらに知らない土地でのレースランなら地図も欠かせません。これらの装備を入れるとなると大体10~15Lが目安となります。

▼ショートレースには5L前後が便利

トレーニング感覚で短いコースを走ったり、ショートレースに出場したりする際には5L前後が比較的使いやすく便利です。

トレイルランでは行動食を1時間に1個食べるペースで栄養補給をします。山のなかを走るので、道に迷ったり、日が暮れて下山できなかったりといった万が一のことを考慮し、ラン時間の分量+予備も持参するスペースを確保しましょう。

▼ロングレースや荷物の増える冬には15~20Lクラス

20kmを超えるような長距離や、4時間以上かかる走行、荷物が増える冬場なら15~20L程度の容量があると安心です。

ただし、荷物が多いからと必要以上に大きいものを選ぶと、走るたびに荷物が揺れて気になってしまいます。持っていくものを確認してサイズを選びましょう。

【2】リュック型かベスト型かチェック

トレイルランザックには、リュック型とベスト型があります。リュック型のメリットは荷物の容量がベスト型に比べて多く、長距離を走行する際に便利なところです。

一方で、ベスト型は容量は少なめなのがデメリットですが、体へのフィット感がよく、荷物を装着していることを感じさせないのがメリット。走りやすいことから、ランナーから注目を集めています。

自分が入れたい荷物の分量から必要な容量を割り出し、それぞれのスッペクを比較検討してからリュック型かベスト型を選ぶのがよいでしょう。

【3】水分補給がしやすい設計をチェック

トレイルランだけでなく、登山を含む山のアクティビティでは水分補給がとても重量です。走行しながら水分補給をするトレイルランでは、スムーズな補給ができる機能がついたザックを選びましょう。

多く販売されているのがショルダーストラップにボトルホルダーを装着したもの。体の正面にボトルがついているため、取り出しやすいのがメリットです。また、最近ではハイドレーションを携帯できるザックも増えています。長いストローがザックに装着されており、それを吸うだけで背中のハイドレーションからかんたんに水分を補給することができるようになっています。

エキスパートのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ストレスなく使えて振られないものを選ぼう

トレイルランバックを選ぶポイントは振られないことが一番! ハイドレーションや食料の取り出しが容易でアクセスしやすいものを選ぶことをおすすめします。

また、脇の部分はできるだけ干渉しないものを選ぶとよいでしょう。長時間ランニングで、スレなどのストレスが軽減されます。トレイルランのザックは大は小を兼ねることは少ないので、レースの内容に合わせて容量を選択しましょう。

トレイルランザックおすすめ3選|リュック型


長距離ランナーや荷物がかさばる天候時に便利な、容量が大きいリュック型トレイルランザックのおすすめ商品をご紹介します。ハイドレーションシステムが搭載されたものや、ヘルメットを装着できるものなど、機能はさまざま。自分に合ったリュック型のトレイルランザックを見つけてみましょう。

AONIJIE『ランニング バックパック』

ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M) ランニングバックパックアウトドアスポーツ18Lハイドレーションベストバックパックユニセックスライディングハイキングバックパック2個入り420mlウォーターボトル(青,S/M)

出典:Amazon

容量 18L
重量 240g

18Lの大容量で冬の長距離ランも安心

長距離トレイルランに適した大容量のリュック型ザックです。ハイドレーションバッグを搭載でき、ボトルホルダーもついているので、長距離でも充分に水分を補給できます。また、防水・軽量・耐久性にすぐれた素材を使用しているので、急な天候の変化にも慌てることはないでしょう。

容量は18Lで充分な装備を持ち運べます。万が一のときに備えて万全に準備を整えておきたい方も安心です。

SALOMON『AGILE 6 SET』

SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』 SALOMON『AGILE6SET』

出典:Amazon

容量 7L
重量 360g

3Dメッシュで通気性にすぐれ動きやすい

通気性にすぐれた3Dメッシュを採用したザックです。調節可能なストラップで体へのフィット感と安定性を高めてくれます。ストレッチ性に富んでいるのでとても動きやすく、スムーズな水分補給が可能です。

容量は7Lで中距離トレイルランに適したサイズ感。ハイドレーションシステムのソフトフラスクもセットになっているので追加で購入する必要がなく、初心者にもおすすめの商品です。

GREGORY(グレゴリー)『トレイルランザック マヤ10』

[グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー [グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー [グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー [グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー [グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー [グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー [グレゴリー]トレイルランザック公式マヤ10旧モデルスカイブルー

出典:Amazon

容量 10L
重量 658g

品質、快適さ、機能性を追求し続けるグレゴリー製

マヤ10は小ぶりながら、アクティブな女性用バックパックの基準を満たす、数少ないモデルのひとつです。容量10リットルはミニマムな装備を持ち運ぶのにちょうどよいサイズで、ハイドレーションを収納するポケットも装備しています。柔軟なバイオシンク・サスペンションにより、どんなトレイルでも優れた性能を発揮します。

トレイルランザックおすすめ5選|ベスト型


続いて、ベスト型のトレイルランザックのおすすめ商品をご紹介します。ベスト型は体のフィット感にすぐれ、日常のトレーニングなどでも必要最小限の荷物を持ち運べるのでとても便利です。最近はベスト型とリュック型の中間的アイテムもあり、使いやすく改良されていますよ。自分に合ったベスト型トレイルランザックを探してみましょう。

CAMELBAK『ウルトラプロベスト10L』

CamelbakUltraVest10L CamelbakUltraVest10L

出典:楽天市場

容量 10L
重量 -

水が減っても体にフィット! 水分補給しやすい一品

特殊構造で内容量が減ったハイドレーションパックでも体にフィットしやすいザックです。水を飲みきって容量が減った際には、脇下のテープで圧縮することが可能。体へのフィット感を維持することができます。

リザーバーが取り出しやすく、走りながらでもサッと水分補給が可能。ポールも収納できるなど小さくても抜群な機能を持ち、短中距離向けにおすすめです。

AONIJIE『10L ハイドレーション バッグ』

AONIJIE登山リュックザックハイドレーションバッグランニングバッグサイクリングバッグ軽量自転車バックパック10L(L/XL-97-109cm(バスト),ブラック) AONIJIE登山リュックザックハイドレーションバッグランニングバッグサイクリングバッグ軽量自転車バックパック10L(L/XL-97-109cm(バスト),ブラック) AONIJIE登山リュックザックハイドレーションバッグランニングバッグサイクリングバッグ軽量自転車バックパック10L(L/XL-97-109cm(バスト),ブラック) AONIJIE登山リュックザックハイドレーションバッグランニングバッグサイクリングバッグ軽量自転車バックパック10L(L/XL-97-109cm(バスト),ブラック) AONIJIE登山リュックザックハイドレーションバッグランニングバッグサイクリングバッグ軽量自転車バックパック10L(L/XL-97-109cm(バスト),ブラック) AONIJIE登山リュックザックハイドレーションバッグランニングバッグサイクリングバッグ軽量自転車バックパック10L(L/XL-97-109cm(バスト),ブラック)

出典:Amazon

容量 10L
重量 340g

防寒具などの装備がセットされた初心者向けアイテム

通気性にすぐれ、フィット感抜群のザックです。体に接する部分はすべてメッシュ素材で、熱を素早く放出し、汗をかいても快適にトレイルランを続けることができます。

ハイドレーションバッグ、ホイッスル、簡易防寒具までセットになっているので、トレイルランを始める初心者にもおすすめの商品。命を守る最低限の装備は距離に関わらずそろえておきたいですね。

SALOMON『S/LAB SENSE ULTRA 5 SET』

SALOMON『S/LABSENSEULTRA5SET』 SALOMON『S/LABSENSEULTRA5SET』 SALOMON『S/LABSENSEULTRA5SET』

出典:Amazon

容量 5L
重量 191g

軽量&コンパクトで装着を忘れてしまうフィット感

とにかく軽量&コンパクトかつ体にフィットさせたい人におすすめのモデルです。重量は191gと軽量で、防臭性にすぐれた伸縮メッシュ素材を採用して通気性や放湿性が確保されています。

前面と背面の両方に重量を分散してくれる特殊構造になっていて、体に装着している感覚を忘れさせてくれるほどのフィット感。本格的な短距離走行をする方やスピードを競う方にもおすすめです。

Aonijie『ランニングバッグ 5.5L』

Aonijieランニングバッグ5.5L Aonijieランニングバッグ5.5L Aonijieランニングバッグ5.5L Aonijieランニングバッグ5.5L Aonijieランニングバッグ5.5L Aonijieランニングバッグ5.5L Aonijieランニングバッグ5.5L

出典:Amazon

容量 5.5L
重量 250g

ロードでのトレーニングにも使いやすい!

大きめメッシュ構造で通気性にすぐれた短距離ラン向けのコンパクトザックです。ショルダーストラップに4つものポケットがあり、カギやスマホなどのこまかいものを入れるのに便利。メインルームにはハイドレーションバッグ、さらに専用ポケットに2本のボトルが収納可能で、水分も充分に持ち運ぶことができます。

リフレクターがついているので、夕方から夜にかけてのランニングも安心。トレイルランからロードでのトレーニングまで、幅広いシーンで使えるアイテムです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Flight Trail Vest』

[ザ・ノース・フェイス]ベストFlightTrailVestブラック [ザ・ノース・フェイス]ベストFlightTrailVestブラック [ザ・ノース・フェイス]ベストFlightTrailVestブラック [ザ・ノース・フェイス]ベストFlightTrailVestブラック [ザ・ノース・フェイス]ベストFlightTrailVestブラック [ザ・ノース・フェイス]ベストFlightTrailVestブラック

出典:Amazon

容量 -
重量 200g

スピードランナー向けの軽量テクニカルベスト

THE NORTH FACEのサポートアスリートと共同開発しながら進化を繰り返す、スピードランナー向けの軽量テクニカルベストです。薄手のウエアに重ねることを想定した肌触りのよい素材を使用し、高いフィット感と軽さを両立。さらに通気機能に着目することで、ウエアとギアの機能を兼ね備えたランニングベストとして活用できます。背面にパック機能はもたず、フロントに4か所のストレッチポケット、サイドに2カ所のファスナーポケットを配備。補給ポイントを戦略的に考慮しながら挑む、ショートからミドルまでのスピードレースにおすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
AONIJIE『ランニング バックパック』
SALOMON『AGILE 6 SET』
GREGORY(グレゴリー)『トレイルランザック マヤ10』
CAMELBAK『ウルトラプロベスト10L』
AONIJIE『10L ハイドレーション バッグ』
SALOMON『S/LAB SENSE ULTRA 5 SET』
Aonijie『ランニングバッグ 5.5L』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Flight Trail Vest』
商品名 AONIJIE『ランニング バックパック』 SALOMON『AGILE 6 SET』 GREGORY(グレゴリー)『トレイルランザック マヤ10』 CAMELBAK『ウルトラプロベスト10L』 AONIJIE『10L ハイドレーション バッグ』 SALOMON『S/LAB SENSE ULTRA 5 SET』 Aonijie『ランニングバッグ 5.5L』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『Flight Trail Vest』
商品情報
特徴 18Lの大容量で冬の長距離ランも安心 3Dメッシュで通気性にすぐれ動きやすい 品質、快適さ、機能性を追求し続けるグレゴリー製 水が減っても体にフィット! 水分補給しやすい一品 防寒具などの装備がセットされた初心者向けアイテム 軽量&コンパクトで装着を忘れてしまうフィット感 ロードでのトレーニングにも使いやすい! スピードランナー向けの軽量テクニカルベスト
容量 18L 7L 10L 10L 10L 5L 5.5L -
重量 240g 360g 658g - 340g 191g 250g 200g
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月25日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする トレイルランザックの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのトレイルランザックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:トレイルランニング用パックランキング
Yahoo!ショッピング:ランニング バックパックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

より快適にトレイルランを楽しもう


トレイルランザックのおすすめ商品をタイプ別にご紹介しました。

トレイルランザックを選ぶ際のポイントは、まずは自分が収納したいものから必要な容量を知ることが大切。するとリュック型がよいのか、ベスト型もしくはその中間的なモデルにすべきか、絞り込むことができますよ。また、水分補給は山でのアクティビティには欠かせません。距離や天候などを考慮し、ドリンク類を充分に収納できるものを選びましょう。

自分に合った商品を選んで、より快適にトレイルランを楽しみましょう!

【関連記事】トレイルランザックに関連する記事をご紹介

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


男性向け登山用ザックおすすめ15選【容量別に紹介】人気アウトドアブランドから厳選!

男性向け登山用ザックおすすめ15選【容量別に紹介】人気アウトドアブランドから厳選!

登山愛好家のフリーエディター・山崎友貴さんに取材し、男性向け登山ザックの選び方とおすすめの商品をご紹介します。登山に必要な水やレインウェアなど多くの荷物を入れるザック。しっかりと設計された高機能なザックは山歩きの快適さをサポートしてくれる登山の重要アイテムです。記事の最後には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 メンズファッション , アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング

スキー・スノーボード用バックパックおすすめ11選|防水機能付き!プロ厳選ランキングも

スキー・スノーボード用バックパックおすすめ11選|防水機能付き!プロ厳選ランキングも

スキーやスノーボードをするときに、スマホや貴重品などでポケットがパンパンになってしまった経験はないですか? 最近では動画や写真で景色や自分の滑っているところを撮影するという人も多く、なにかと荷物も増えてしまいがちですよね。そんな時に便利なのがバックパック! この記事では、スキー・スノーボード用のバックパックの選び方と、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が厳選したおすすめ商品をランキングとともにご紹介します。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング , リュック・ザック(登山・トレッキング用)

折りたたみリュックおすすめ14選|軽量・大容量・防水タイプを紹介!収納袋付きも

折りたたみリュックおすすめ14選|軽量・大容量・防水タイプを紹介!収納袋付きも

旅行やハイキングなど、移動先で小回りのきくリュックがあると便利な折りたたみリュック。容量は10Lから45Lまで幅広く展開されており、パタゴニアやノースフェイスなどさまざまなメーカーから販売されています。ここでは、折りたたみリュックのおすすめと選び方についてご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 レディースファッション , メンズファッション , アウトドア・キャンプ

【通学や遠足に】小学生用リュックのおすすめ3選! ママライターに聞く

【通学や遠足に】小学生用リュックのおすすめ3選! ママライターに聞く

ママライターとして活躍する榮 樹実さんに聞いた、小学生用の通学リュックの選び方とおすすめ商品をご紹介。小学生の通学カバンといえばランドセルが一般的ですが、体が大きくなったり本人の好みが変わったりして、小学生の途中でランドセルからリュックへ買い替えることもあるでしょう。近年では、ランドセルのように使える小学生用の通学リュックも販売されています。通学以外に遠足や習い事、旅行の用途で使えるリュックを探している人も、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 キッズ用品(小学生) , キッズファッション , リュック・ザック(登山・トレッキング用)

サイクリングバックおすすめ7選【通勤・通学にも】防水・通気性の高いタイプも!

サイクリングバックおすすめ7選【通勤・通学にも】防水・通気性の高いタイプも!

自転車移動や自転車通勤、ロードバイクを楽しむ人にとって欠かせないのがサイクリングバッグです。マウンテンバイクやロードバイクといった自転車はかごがなく、荷物の持ち運びには向いていません。そういった自転車に乗るときはサイクリングバッグが重宝します。現在では通気性にすぐれたものや軽量なもののほか、容量の多いものなどさまざまです。今回は[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、選び方のポイントやおすすめアイテムをご紹介します。Amazonなどの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。

Icon mini tag 91f52eddef7eaef71a7aa3e8284a36ddc3181b175c3e256a783662e0cc770dc5 メンズファッション , アウトドア・キャンプ , 登山・トレッキング

関連するブランド・メーカー


SALOMON(サロモン)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。