記事種別: article type icon レビュー

フォルティアシリーズで使いやすいのは? 実際に使って検証してみました!

フォルティアシリーズで使いやすいのは? 実際に使って検証してみました!

ボールペンは価格の安いものから高いものまでさまざまです。「高級感のあるデザインのボールペンが欲しいけど、そんなにお金はかけたくない」と、安いボールペンをとりあえず使っている人も多いのではないでしょうか。ゼブラから発売されている油性ボールペン『フォルティア』は、価格のわりに高級感があり、書き心地もよいと人気です。この記事では『フォルティア300』『フォルティア500』『フォルティアVC』の3種類を購入し、書き心地などを検証してみました。高級感のあるデザインのボールペンを求める人はぜひ読んでみてください。


フォルティアを実際に購入して使ってみました

フォルティア3本

書きやすく、デザインのよいボールペンが欲しいと思っても、「値段は抑えめに……」と思う人は多いはず。筆者も「このボールペンがいいけどちょっと高いなぁ」と思い、安さとペン先の細さのみにこだわって今までは選んでいました。

高級感があって価格も抑えめのボールペンがないか探してみたところ、目についたのが『フォルティア』でした。口コミを見ても、「価格のわりに重量感や高級感がある」という高評価が多いので期待も高まります。

『フォルティア』には形状の違うものがいくつかあります。ノック式、ツイスト式の違い、太さの違いで使い心地にどれほどの差があるのかは気になるところです。

本記事では、『フォルティア』の使い心地が気になっている人のために、形状の異なる『フォルティア300』『フォルティア500』『フォルティアVC』の3種類を実際に購入して試した結果をお伝えします!

フォルティアってどんなボールペン? 公式サイトの情報などを調査

 

ゼブラから発売されている『フォルティア』。300と500は「スマートでシンプルなフォルム」がキャッチフレーズのボールペン。高級感をもたせながらもスリムなデザインが特徴です。

『フォルティアVC』は、見た目の高級感に加え重厚感もあり、持つ人の個性を演出しやすいよう20色のボディカラーが特徴。

3種類とも油性インクを搭載し、ペン先サイズは0.7mmですがボディサイズはそれぞれ異なります。

ボールペンのペン先を出す形式は、『フォルティア300』のみがノック式で、『フォルティア500』と『フォルティアVC』がツイスト式(回転式)です。

フォルティアの口コミ&評判 SNSやECサイトでの評価は?

フォルティア口コミ

『フォルティア300』『フォルティア500』『フォルティアVC』で共通して多かった口コミは、「価格のわりに高級感がある」といった内容でした。ほかにも、いくつか意見があったので、ポジティブな口コミ、ネガティブな口コミにわけて紹介しておきます。

ポジティブな口コミ

3種類に共通するのは、「書き出しがスムーズ」「書き心地がよい」といった口コミでした。『フォルティア300』と『フォルティア500』には、「高級感があるのに軽くて使いやすい」という声もありました。

ネガティブな口コミ

3種類に共通するのは「クリップがきつい」という意見が目につきました。そのほかのネガティブな口コミについてはそれぞれの商品の特徴に基づくものなので種類ごとに分けて紹介します。

フォルティア300

・この細さならもう少し長いほうがいい

フォルティア500

・かなり細いため、力を入れないと滑ってしまう
・長い時間使うと疲れる
・ツイスト式だが、細いため回しにくい

フォルティアVC

・重心が上部にあるため、書くときに安定しない
・日常使いには重すぎる
・ゲルインキに比べると薄い

フォルティアを実際に使用してわかったこと 検証レビュー

今回は、『フォルティア300』『フォルティア500』『フォルティアVC』の3種類を購入しました。

筆記用具に欲しい基本的な要素として「書き心地」「握りやすさ」「乾きの早さ」「裏うつり」のほか、「ボディサイズ」「クリップの強さ」についても検証したので、その結果をお伝えします。

書き心地は?

フォルティア書き心地

書き始めがスムーズな点や紙滑りがよいといった点では3種類とも同じです。書き心地はどれもよかったです。机の上に紙を1枚だけ置いた状態で書いてもペン先のボールは空回りせず、スムーズに書けました。

『フォルティア500』は、ペン先と紙との摩擦でかかるボールペン特有の抵抗感が若干あると思いました。

修正テープ上の書き心地

フォルティア修正テープ

口コミの一つに「修正テープの上でもスムーズに書ける」とあったので、本当かどうか検証してみました。

結果は、ボールペン特有の抵抗感が若干ある『フォルティア500』も、引っかかることなくスムーズに書くことができました

握りやすさは?

フォルティアサイズ

『フォルティア300』(一番上)は全長138.9mm、最大幅が8.8mm
『フォルティア500』(真ん中)は全長131.2mm、最大幅7.6mm
『フォルティアVC』(一番下)は全長137.2mm、最大幅12.1mm

『フォルティア300』『フォルティア500』『フォルティアVC』の中で筆者がもっとも握りやすく、ほどよい重量感だと感じたのは『フォルティア300』でした。『フォルティア300』はグリップに滑り止めが付属しており、ほかの2種類よりも握り心地はよかったです。

『フォルティア500』は滑り止めがなくボディも細いため、筆圧が強い人はしっかり握っていないとペン先のほうに手が滑っていきます。ただし、軽く支えて書く人であれば滑る心配はないと思います。

『フォルティアVC』は、重量感があり、ボールペン上部のほうが重いため、書いているときの安定感に欠ける印象を受けました。筆者も最初は書きづらかったのですが、慣れてくるとそれほど苦には感じませんでした。

ノック&ツイストのしやすさを検証

ノック式は『フォルティア300』のみで、『フォルティア500』と『フォルティアVC』はボディの中央部分でひねってペン先を出すツイスト式です。

『フォルティアVC』は特にひねりにくいとは感じませんでしたが、『フォルティア500』は本体が細く、支えられる部分が少ないせいか、ひねるのに力が必要だと感じました。

フォルティアノック

ノック式の『フォルティア300』は、ノック部分をしっかり押し込むとペン先がでる仕様です。

フォルティアノック2

ペン先を出した後、もう一度ノック部分を押した場合、写真の位置までであればペン先は戻りません。ですので、「ノックの部分にちょっと触れただけでペン先が引っ込んでしまうようなボールペンは苦手」と感じている人にはおすすめできます。

乾きの早さは?

フォルティアマーカー

『フォルティア300』と書き、すぐにマーカーを引く。同様の作業を『フォルティア500』と『フォルティアVC』でも行い、インクがどれくらい早く乾くのかを検証してみました。

フォルティアマーカーアップ

じっくり見ると、3種類とも文字に若干こすれた跡が残っています。ただ、写真を拡大しないとよくわからない程度なので、インクの乾きは早いといえるのではないでしょうか。

裏うつりはする?

フォルティア裏うつり

書き心地を調べた際に使用した紙をそのまま裏返しにして、裏写りの具合を確認しました。

筆者は、筆圧が強いほうなので、紙1枚だけを机の上に置いても若干裏に凸凹した跡が出ます。ノートの場合だと、凸凹とした跡はもっと出るでしょう。油性ボールペンなのでインクが染み出してしまうことはありませんでした。

クリップの強さを検証

フォルティアクリップ

口コミで「クリップが強い」という意見が目についたため、強さの程度を検証するつもりでノートに挟んでみたところ、それぞれクリップの深さに大きな違いがあることがわかりました。

『フォルティア300』(左)が一番頭が飛び出ており、『フォルティアVC』が一番深い位置で収まっています。

3種類のクリップの強さをそれぞれ検証

どのくらいクリップが強いのかを検証するため、A4のコピー用紙1枚にそれぞれのボールペンを挟んでみました。

クリップの強さ

『フォルティア300』は、紙とクリップの接点を手で支えるとスッと挟めますが、ペン先のほうを持った状態だと動画のように紙が曲がってしまいます

『フォルティア500』『フォルティアVC』も同様に、紙1枚には挟みづらいです。

フォルティア300クリップ

『フォルティア300』はボディが軽いため、紙に挟んだ状態で横にしても落ちてくることはありません。

フォルティア500クリップ

『フォルティア500』は『フォルティア300』に比べてかなり細く、クリップを掴みづらいため、紙には挟みにくいと感じました。『フォルティア500』もボディは軽いため、挟んだ状態で紙を横にしても落ちてくることはありません。

フォルティアVCクリップ

『フォルティアVC』はボディが太いため、紙に一番挟みやすいと感じました。しかし、重量が3つの中で一番重いため、紙を横にすると下に傾きます。

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティア300』

ゼブラ油性ボールペンフォルティア3000.7mmBA80-BK黒 ゼブラ油性ボールペンフォルティア3000.7mmBA80-BK黒 ゼブラ油性ボールペンフォルティア3000.7mmBA80-BK黒

出典:Amazon

サイズ 軸径8.8×全長138.9mm
重量 16.3g
ボール径 0.7mm
インクタイプ 油性インク
本体カラー 黒、青、緑、銀、ワイン

※レーダーチャートは執筆者の主観を数値化したものです

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティア300』

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティア500』

ゼブラ油性ボールペンフォルティア5000.7mm黒BA81-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティア5000.7mm黒BA81-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティア5000.7mm黒BA81-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティア5000.7mm黒BA81-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティア5000.7mm黒BA81-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティア5000.7mm黒BA81-BK

出典:Amazon

サイズ 軸径7.6×全長131.2mm
重量 13.4g
ボール径 0.7mm
インクタイプ 油性インク
本体カラー 黒、青、緑、銀、ワイン

※レーダーチャートは執筆者の主観を数値化したものです

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティア500』

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティアVC』

ゼブラ油性ボールペンフォルティアVC0.7mmブラックBA93-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティアVC0.7mmブラックBA93-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティアVC0.7mmブラックBA93-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティアVC0.7mmブラックBA93-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティアVC0.7mmブラックBA93-BK ゼブラ油性ボールペンフォルティアVC0.7mmブラックBA93-BK

出典:Amazon

サイズ 軸径12.1×全長137.2mm
重量 34.2g
ボール径 0.7mm
インクタイプ 油性インク
本体カラー 全20色(ブラック、ブルー、レッド、グリーン、ブラウン、ピンク、パープル、オレンジ、ライトブルー、ホワイト、ブロンズ ほか)

※レーダーチャートは執筆者の主観を数値化したものです

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティアVC』

フォルティアを実際に購入して試してみたうえでのまとめ レビュー総括

フォルティア3種類を実際に使ってみた結果、『フォルティア300』はスルスルとした書き心地に加え、握り心地のよさも求める人におすすめのボールペンだと感じました。

『フォルティア500』はペン先と紙との摩擦でかかるボールペン特有の抵抗感が欲しい人、コンパクトに持ち歩きたい人におすすめできるボールペンだと感じました。

『フォルティアVC』は重厚感があり、書き心地のよさを求める人におすすめできるボールペンだと感じました。

ただし、『フォルティア300』はノック式、『フォルティア500』『フォルティアVC』はツイスト式という点は認識しておきましょう。

3種類ともに、替えインクも販売されているので、ボディはそのまま、中身を入れ替えれば引き続き使えます。

また、今回検証した3種類のほかに、ペン先の太さ0.5mm、全長106mmの『フォルティアef』も販売されています。

どのバージョンも高級感があるわりにはリーズナブルだと思うので、使いやすそうだと思った人はぜひ試してみてください。

ZEBRA(ゼブラ)『油性ボールペン替芯 F-0.7芯(BR-1B-F-BK)』

ゼブラ油性ボールペン替芯F-0.7芯黒10本B-BR-1B-F-BK ゼブラ油性ボールペン替芯F-0.7芯黒10本B-BR-1B-F-BK ゼブラ油性ボールペン替芯F-0.7芯黒10本B-BR-1B-F-BK ゼブラ油性ボールペン替芯F-0.7芯黒10本B-BR-1B-F-BK

出典:Amazon

ボール径 0.7mm
インクカラー

※『フォルティア300』『フォルティアVC』対応

ZEBRA(ゼブラ)『油性ボールペン替芯 4C-0.7芯(BR-8A-4C)』

ボール径 0.7mm
インクカラー 黒、青、赤、緑

※『フォルティア500』対応

ZEBRA(ゼブラ)『フォルティアef』

サイズ 軸径8.6×全長106mm
重量 8.5g
ボール径 0.5mm
インクタイプ 油性インク
本体カラー 黒、青、緑、銀、ワイン

そのほかのボールペンの記事はこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


ラミーのボールペンおすすめ13選|人気のサファリやアルスター、高級モデルも紹介!

ラミーのボールペンおすすめ13選|人気のサファリやアルスター、高級モデルも紹介!

ラミーボールペンは、世界的なドイツの文具ブランド「ラミー」製のボールペンです。デザインや機能性にこだわった製品がそろい、プレゼントやふだん使いにもぴったり。本記事では、ラミーのボールペンの選び方のポイントを解説し、おすすめの商品をご紹介します。定番の2000から、人気のサファリや高級モデルまでピックアップ。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon ボールペン , 文具

高級ボールペンおすすめ30選|有名ブランド〜知る人ぞ知るブランドまで紹介

高級ボールペンおすすめ30選|有名ブランド〜知る人ぞ知るブランドまで紹介

一生使える筆記具として人気の高級ボールペン。書きやすいという点はもちろん、長く使えるのでプレゼントでもらうと嬉しい人も多いアイテムですよね。高級ブランドのパーカーやモンブラン、日本製のパイロットなどが有名ですが、種類がたくさん販売されていてどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。本記事では、ビジネス用としても記念品としても使える高級ボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。さらにamazonなどの通販サイトの人気ランキングもありますのでチェックしてみてください。

tag icon 誕生日プレゼント , ボールペン , クリスマスプレゼント

油性ボールペンおすすめ13選|ジェットストリームなど書き味抜群の人気商品を紹介!

油性ボールペンおすすめ13選|ジェットストリームなど書き味抜群の人気商品を紹介!

にじみにくくきれいな文字を書ける油性ボールペンは、仕事でも学校でも使いやすいアイテムです。しかし、さまざまなメーカーから数多くの商品が販売されているため、どれが使いやすいのかわからない人も多いはず。本記事では、書きやすい油性ボールペンの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon ボールペン , 筆記用具 , 文具

ブレずに書きやすいと評判の『ブレン』本当に振動が少なくブレないのか書き心地を検証レビュー!

ブレずに書きやすいと評判の『ブレン』本当に振動が少なくブレないのか書き心地を検証レビュー!

ブレずに書けるのでストレスフリーとアピールされている『ブレン』ですが、本当にブレないのでしょうか。また、ブレないということで本当に書きやすくストレスフリーになるのか疑問ですよね。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『ブレン』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!

tag icon ボールペン , 筆記用具 , 文具

ゲルインクボールペンおすすめ14選【書きやすい】人気のuniやサラサも!

ゲルインクボールペンおすすめ14選【書きやすい】人気のuniやサラサも!

水性インクのなめらかさと、油性インクの耐水性を兼ね備えたゲルインクボールペン。ゲルインクを開発したサクラクレパスをはじめ、三菱鉛筆、ゼブラ、パイロット、ぺんてるなどさまざまなメーカーから販売されていて、ダイソーなどの100均や、コンビニなど身近なお店でも手に入ります。この記事では、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、ゲルインクボールペンの選び方とおすすめの商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ボールペン , 筆記用具 , 文具

関連するブランド・メーカー


ZEBRA(ゼブラ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。